ライフカード

審査が不安な方におすすめ!
年会費無料!誕生月1.5%の高還元

【ライフカード】誕生月の利用で還元率1.5%!

【ライフカード】誕生月の利用で還元率1.5%!

ライフカードは還元率が高いと聞いたことのある方は多いでしょう。

でもこのカード、ただ使うだけでは思ったほどポイントが貯まらないってご存知でしたか?

ライフカードは使い方にちょっとしたコツが必要。カードの性質をよく理解して使えば、大きなパワーを発揮します。

そこで今回は、初心者の方にもわかりやすくポイントアップの仕組みをご説明したいと思います。

キラキラライフカードの写真ライフカードの公式はこちら

ライフカードの魅力!工夫次第で還元率アップのチャンスが多数あり!

  • 誕生月はポイント3倍で還元率1.5%!
  • 年会費無料で1年目はポイント1.5倍にアップ
  • 年間利用額50万円以上でボーナスポイント
  • 還元率アップ!ステージ制プログラム
  • ライフカードは家族全員がお得

ライフカードは、利用次第で多くのポイントが稼げます。

特にこのカードの目玉「誕生月のポイント3倍」は高倍率!

サブカードとして大活躍が期待できるカードです。では早速その中味をご紹介しましょう。

ライフカードはちょっとした工夫で還元率がアップするカードです。誕生月ポイント3倍など、色んなポイントアップのチャンスを最大限に活用しましょう!

ライフカードの還元率!誕生月はポイント3倍(還元率1.5%)

ライフカードは利用次第で還元率がアップするクレジットカードです。

ポイント付与にムラがあるプログラムとなっています。

ライフカードは年会費無料だからポイント還元率が生きる!

ライフカードは年会費が無料ですから、コストが一切かかりません。

しかも、本カード会員だけでなく、家族カードやETCカードも全て無料!

だからこそ、付与されたポイントも無駄なく活かせますね。

ではどんなタイミングでポイントアップするのか、これから順番にご紹介しましょう。

ライフカードの基本還元率は0.5%

ライフカード標準還元率は0.5%です。

これは通常ショッピングや公共料金の支払いの際に適用される、基本的な還元率です。

ライフカードで付与されるのは「サンクスポイント」で、付与率は1,000円毎に1ポイントとなります。

  • 1,000円の利用で1ポイント
  • 1ポイント=5円相当
  • 標準還元率は0.5%

ライフカードは基本の還元率0.5%のまま使うのではなく、これからご紹介するポイントアッププログラムを賢く使いこなしてこそ実力を発揮します。

ライフカードは誕生月がおトク!ポイント3倍で還元率1.5%!

ポイントアップ倍率の高さで目を引くのが、「誕生月は一律3倍」のボーナスです。

年に1ヶ月間だけですが、ポイント3倍=還元率1.5%という、滅多にない高還元率が実現!

ライフカード会員なら、この誕生月イベントを決して無駄にはできませんね。

auユーザーに大きなメリット!au WALLETチャージ

でも誕生月に他にもおトクな活用法ってないんでしょうか?

すぐ思いつくのが電子マネーなどのチャージです。これなら入金してすぐ使わなくていいので、還元率が高い時の使い道としてはうってつけですよね。

でもポイントを獲得したいなら、何でもいいという訳にはいきません。

例えば楽天Edyやnanacoもチャージ可能ですが、いずれもポイントがつかないのです(2017年7月より)。

オススメなのは「au WALLET プリペイドカード」です。

チャージ可能なブランドは「ライフカードMasterCard」だけ。

ライフカードは他にVISAとJCBブランドも選べますが、これだとau WALLETのチャージはできないのでご注意くださいね。

WALLETとMasterCardは黄金コンビ

「ライフカードMasterCard → au WALLETにチャージ」の組み合わせは、正に黄金コンビです。

以下に、電子マネーの種類による組み合わせ例を表にまとめました。

電子マネー等 ライフカードでチャージ ポイント付与 誕生月の還元率
au WALLET MasterCardブランドのみ 1.5%(利用時+0.5%)
楽天Edy 可能 ×
nanaco 可能 ×

楽天Edyとnanacoのライフカードからのクレジットチャージは、2017年7月からは「ポイント付与対象外」となります。

従ってチャージポイントも誕生月加算もつきませんのでご注意ください。

au WALLETは利用時にもWALLETポイントが獲得(還元率0.5%)できるので、この方法なら還元率は合計2.0%になります。

「au WALLET プリペイドカード」はauサービス契約が条件なので、これはauユーザー限定のメリットです。

ライフカードはポイント3倍の誕生月に一気にチャージしておけば、後でゆっくり使えて便利ですよね。ところでチャージするカードは何でもOKなんですか?
「ライフカードMasterCard」で「au WALLET プリペイドカード」にチャージするのがお得です。この組み合わせなら合計還元率2%になりますよ!

ライフカードは使うほどに有利!魅力のポイントアッププログラム

ライフカードには、誕生月以外にもポイントアップするプログラムが幾つかあります。

1つ目は初年度のボーナス加算、そして2つ目は利用額に応じて加算率が変わるステージ制のプログラムです。

2つ目は利用すればするほどお得な仕組みになっています。

次にこの二つの特典についてご説明しましょう。

ライフカード初年度は誰でもポイント1.5倍!

ライフカードに入会すると、初年度はどなたでもポイント1.5倍(還元率0.75%)が適用されますよ。

このポイントアップは、次年度以降適用されるステージ制のボーナス加算と関わってきます。

初年度ポイント1.5倍は、次にご紹介するステージプログラムの助走段階なのです。

ライフカードのポイントアップステージプログラムは最大2倍!

こちらがそのステージプログラムのイメージ図です。

ポイントアッププログラムイメージ画像

そしてこちらがその数字を表にしたものです。最上位のステージなら、還元率はいつでも1.0%です。

前年度利用額 ポイント倍率 還元率
200万円以上 2倍 1.0%
100万円以上 1.8倍 0.9%
50万円以上 1.5倍 0.75%
50万円未満 1倍 0.5%

ライフカード入会直後の1年間はこのステージの判定期間なので、ボーナスはまだ適用されませんが、その代わりに一律1.5倍が適用されるというわけです。

2年目からは、前年度の利用額に応じて決まったステージの倍率が次年度1年間適用されます。

年間利用額50万円以上でボーナス300ポイントゲット!

ライフカードは、前年度の年間利用額が50万円以上になると一律300ポイント(1,500円相当)がプレゼントされるという嬉しい特典があります。

ポイントアップのためにカード利用額を増やすなら、スペシャルステージの1.5倍とこの300ポイントボーナスを視野に入れて、とりあえず50万円を利用目標にしてはいかがでしょう。

ライフカードの初年度ポイント1.5倍はどなたにでも適用されますが、2年目以降は年間50万円利用が条件のポイント1.5倍のステージが狙い目ですよ。

ライフカードを使ってお得なショップ&おすすめポイント活用法

ライフカードは、利用するお店によってもポイント加算が違ってきます。

ここでは特にお得なライフカード会員向けのショップと、貯まったポイントの活用方法をご紹介しましょう。

貯まったポイントはVプリカに交換できる

ライフカード利用で貯まったポイントは、Vプリカに交換すれば使い道が広がりますよ。

Vプリカとは、VISAブランド加盟店のオンラインショップでクレジットカード同様に使えるインターネット専用のプリペイドカードの事です。

ライフVプリカ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
Vプリカ 交換に必要なポイント数 1ポイントの価値
3,000円 590ポイント→※600 5.08円→※5.00円
5,000円 980ポイント→ ※1,000 5.10円→※5.00円
10,000円→※交換廃止 1780ポイント → ※- 5.62円 → ※-
20,000円→※交換廃止 3550ポイント → ※- 5.63円 → ※-
50,000円→※交換廃止 8700ポイント → ※- 5.75円 → ※-
100,000円→※交換廃止 14,800ポイント → ※- 6.76円 → ※-

Vプリカの年会費は無料だが注意点がある

ポイント交換のメリットはなくなりましたが、Vプリカはライフカードでクレジット購入できる便利なプリペイドカードですので、もう少しご説明を続けましょう。

Vプリカの年会費は無料ですが、注意点があります。

Vプリカを3ヶ月利用していないと、25日に125円(休眠カード維持費)が残高から引落されてしまうのです。

前日の24日迄に利用すれば125円引かれる事はありません。また、Vプリカの残高が124円未満の場合でも残高分しか引かれません。

また有効期限は1年で、これを過ぎるとカード番号が無効となり残高が失効してしまうことにも注意が必要です。

Vプリカの端数はAmazonギフト券で使い切ればお得

Amazonギフト券(チャージタイプ)画像

Vプリカの端数については、チャージタイプのAmazonギフト券に交換すれば使い切る事ができます。

チャージタイプのAmazonギフト券は、15円以上の金額であれば1円単位で購入ができますし、Amazonを利用した際に自動的に消費されてとても便利ですよ。

Amazonギフト券は、近頃有効期限が一気に10年に延長されたばかり。この改変によって、より使い勝手がよくなりました。

オンラインショッピングで最大25倍ポイント獲得!

ライフカードのショッピングモール「L-Mall(エルモール)」は、最大25倍ポイント獲得できるお得な会員限定サイトです。

340サイト以上のショップが揃っており、ファッション、ホビー、レジャー、トラベルなどジャンルも多様。

ポイント倍率は常時変動しますので、高倍率のタイミングで利用するとお得です。

それにはサイトのチェックが欠かせません。

サイトではマイページにお気に入りショップを登録できるので、誕生月の利用に向けてリストを作っておくのもいい方法です。

トラベル関連サービスは10%割引も!

ライフカードには、エルモール以外にもこのようなオンラインサービスが揃っています。

海外おみやげ宅配サービスは10%割引といったライフカード会員特典つきでお得ですよ。

旅行サービスのTravelGateも、トップツアーやANAスカイホリデーの利用で3~5%割引です。

  • ワールドフラワーサービス
  • お取り寄せサービス
  • トラベルグッズショッピング
  • 海外おみやげ宅配サービス
  • 旅行サービスTravelGate

ライフカードはポイント有効期限を最大5年延長できる!

次にポイント有効期限を延長する方法をご紹介したいと思います。

ライフカードのポイントの有効期限は2年。でも簡単な手続きでこれを最大5年まで延長できます。

手続きは「ポイント交換サイト」で行いますが、これにはポイントも費用も一切かかりません。

ここで「ポイント繰越コース」に申し込むだけで、最大5年のポイント有効期限延長が可能です。

サンクスポイント有効期限延長の注意点をまとめると、以下のようになります。

ライフカードのサンクスポイント有効期限

  • 2年までは自動延長される
  • ポイント繰越コース」には年一回応募可能
  • 1年分をとりまとめて延長できる
  • 3年繰越して合計最大5年の延長が可能

ANAマイルへの移行もおすすめ!

ライフカードをサブカードとして使う方には、他ポイントへの移行も便利でしょう。

そこでライフカード会員限定特典のある移行先とレートをご紹介します。ANAマイレージへの移行は手数料や登録料もかからないのでおすすめですよ。

移行先ポイント 最低交換単位 移行レート
dポイント 300ポイント 1ポイント=5dポイント
ベルメゾン・ポイント 300ポイント 1ポイント=5ベルメゾン・ポイント
楽天スーパーポイント 300ポイント 1ポイント=5楽天スーパーポイント
ANAマイレージ 300ポイント 1ポイント=2.5マイル※
Gポイント 300ポイント 1ポイント=4Gポイント※

※2017年7月よりレート改変

サンクスポイントはビットコインクーポンとの交換も可能!

ポイントは普段よく利用するものに替えるのが一番ですね。

ライフカードでは様々な商品とも交換できますが、その中には電子マネーやクーポンも含まれます。

交換先 移行レート
ビットコインクーポン 600ポイント=3,000円分
Vプリカ 600〜1,000ポイント=3,000〜5,000円分
Amazonギフト券 1,000ポイント=5,000円分

ビットコインとは!?

ビットコインとは、インターネット上で利用できる仮想通貨の事です。

銀行などを介さず、直接ネット上で取引ができ、世界中で利用ができます。

ライフカードで貯まったポイントの有効期限は、最大5年先まで延長可能です。ANAマイルなどあなたが普段ご利用のポイントや電子マネーなどに交換してぜひ有効活用してください。

ライフカードは家族会員より本会員がお得ってホント?その理由とは

ライフカードは、家族カードを作るより、家族の方も本会員としてカードを作る方がお得です。

ライフカードは家族カードも年会費無料

ライフカードは家族会員も全て年会費無料ですので、会員ならどなたでも気軽に追加カードを申し込めます。

家族カードの良いところは、家族の利用分も合算でポイントが貯まること。

ポイント3倍の誕生月に一緒に使ってもらえば、よりたくさんポイントが獲得できます。

でもよく考えたら家族にもそれぞれ誕生月があるはず・・・各人の誕生月もポイント3倍になるんでしょうか?

残念ですが、そうはなりません。誕生月ポイント3倍になるのは、本カード会員の誕生月のみ。誕生月ポイントのチャンスは、あくまでも本カード1枚につき年1回きりなのです。

家族カード会員には誕生月のポイント3倍は適用されない

家族の方も本会員として入会すれば、年に2回(本会員の誕生月と家族の誕生月)ポイントが3倍の月ができますね。

家族カードの利用分を合算できないとポイントアップステージには不利ですが、こちらは通年適用とはいえ最高でも還元率1%。

それなら家族全員で誕生月に利用を絞った方がいいかもしれませんね。

なお2017年7月のプログラム改変により、家族間でのポイント贈与はできませんのでご注意ください。

学生の方には学生専用ライフカードがお得!

もしも家族の中で大学生・短期大学生・専門学校生のお子さんが居られたら、学生専用ライフカードへの入会も検討してみてください。

通常のライフカードよりもこちらの方がずっと条件が良いですよ。勿論このカードも誕生月3倍の対象なので、ポイントはガッツリ稼げます。

学生用ライフカード

カードの詳細へ
  • 年会費無料
  • 誕生月ポイント3倍
  • ポイントアップステージプログラム対象
  • 海外利用分5%キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険 自動付帯(補償は在学中のみ)

大きな特徴は海外旅行傷害保険がつくことです。

通常のライフカードには旅行保険が付帯しませんが、学生専用ライフカードならちゃんと保険機能がついてきます。

海外利用分は5%キャッシュバックというメリットもあるので、海外旅行に強いクレジットカードとしてもおすすめですよ。

ライフカード<旅行傷害保険付き>もおすすめ!

でも学生専用ライフカードは18歳以上の大学生・短期大学生・専門学校生が対象ですから、いくら旅行好きでも一般の方は入会できません。

そこでおすすめなのがライフカード<旅行傷害保険付き>です。以下がその特徴です。

  • 年会費1,250円(税抜)、初年度無料
  • 誕生月ポイント3倍
  • ポイントアップステージプログラム対象
  • 海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険
  • シートベルト傷害保険

年会費はかかりますが、その代わりに学生専用ライフカードよりも保険内容が一気にレベルアップします。

海外・国内旅行保険に加え、シートベルト傷害保険まで付帯するという充実ぶり。

旅行保険の詳細を簡単にご紹介すると、海外旅行傷害保険は自動付帯で最高2,000万円。

個人賠償責任や携行品損害の補償もカバーしています。

国内旅行傷害保険は利用付帯で、項目は傷害死亡と傷害後遺障害で最高1,000万円です。

シートベルト傷害保険は最高200万円となっています。

ライフカードは170ポイントで年会費が無料になる!

ライフカード<旅行傷害保険付き>は年会費がかかりますが、実は年会費を無料にするいい方法があります。

これは貯まったポイントを「年会費無料コース」と交換するという、ちょっと変わった方法です

ライフカードのサイト内コンテンツ「LIFEサンクスプレゼント 特典Webカタログ」で「年会費無料コース」を選んで応募すれば、これで次回の年会費が無料になります。

170ポイントを1,250円の年会費と交換できるんならお得ですよね。

年会費請求月の前月末日(返済日が3日の方は前々月末日)が期限ですので、忘れないよう手続きしてください。

なお「年会費無料コース」への応募は、上位カードのライフカードゴールドには使えません。

ライフカードで自分の誕生月のポイント3倍を味わうには、家族も本カード会員になるしかありません。また学生には学生専用ライフカード、旅行保険つきの好きの方にはライフカードもおすすめです。

ライフカードの基本情報をご紹介します!

ライフカードカード

公式サイトはコチラ

最後にライフカードの基本情報をご紹介しましょう。これを見ても、不要なものが付帯しておらず、ポイント獲得に特化したカードだということがよく分かりますね。

カード情報 内容
年会費 無料
申込資格 18歳以上
家族カード 発行可能 無料
ETCカード 発行可能 無料
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他付帯保険
電子マネー(追加) ライフカードiD(ケータイ)
トッピングEdyカード
還元率 0.5%~1.5%
ライフカードは賢く使えばかなりポイントが稼げるクレジットカードです。ポイント有効期限は最大5年まで延長できますので、是非ご家族でもライフカードを上手に使いこなしてくださいね。

ライフカードは高還元率を活かしたサブカードとしておすすめです!

ライフカードは、一定条件下で還元率が非常に高くなるタイプのクレジットカードです。従って、普段使いのメインカードよりはサブカードとしての方が実力を発揮します。

ポイント獲得率がアップするタイミングや利用先に集中して使うことで、かなりのポイントを稼げるはず。家族も本会員として入会して、ご家族全員で誕生月「ポイント3倍」を味わってはいかがでしょう?

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断