ライフカード

審査が不安な方におすすめ!
ポイントもお得に稼げるライフカード

次のクレジットカードはライフカードに!その魅力を一挙公開

次のクレジットカードはライフカードに!その魅力を一挙公開

ライフカードという名前は、多くの人がご存じかと思います。でも、数ある日本のクレジットカード会社の中では、もしかしたら地味な方かもしれません。

でも実際のところライフカードは、クレジットカード事業の他にも保険事業や銀行保証事業なども行っており、様々な提携カードや魅力的なサービスがいっぱいの注目すべきカード会社なんです。

今回は、そんなライフカードの全貌をご紹介したいと思います。一般の方から学生さんや個人事業主の方まで、どなたにとってもぴったりな一枚がきっと見つかるはずですよ!

ライフカードにはどんなカードが?基本的なカードとその特徴とは

ライフカードはカード会社こそ地味なイメージがあるものの、カードの種類自体はたくさんあるし、興味深いサービスもいっぱい用意されているカード会社です。

まずは、どんなカードがあるのかということの概要と、その中でもっともベーシックなカードの内容についてご紹介します。

ライフカードで選べる国際ブランド

ライフカードには多くの種類のカードがあります。ライフカード社のオリジナルカードをはじめ、様々な提携先との提携カードが多数あります。

また、国際ブランドとしてはこれら3種類があります。

  • VISA
  • Master Card
  • JCB

基本的なライフカード

ライフカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ライフカードの中でもっともベーシックなのが、こちらの「ライフカード」です。深い青が爽やかなカードフェイスです。このカードの概要は、以下の表の通りです。

年会費がずっと無料で機能的にもシンプルなので、初めてのクレジットカードには最適な一枚と言えそうです。

  • 初年度はポイント1.5倍
  • 誕生月はポイント5倍
  • 盗難紛失に遭っても損害保証可能
項目 内容
年会費 永年無料
利用可能枠 200万円
(内ショッピング枠:10万~200万円、キャッシング枠0~200万円)
申し込み資格 ・日本に住んでいる18歳以上の人
・電話連絡が可能な人

お好みでカスタマイズ!

上記のライフカードは、過不足のない非常にシンプルな内容のカードでした。でも、これでは物足りないという方もいらっしゃるかもしれません。ライフカードに国内・海外旅行傷害保険がついたものもあります。

さらにもう一声欲しいという方のためには、「トッピングカード」というものがあります。

トッピングカード/トッピングEdyカードは、ご希望のサービス/機能(保険サービス、レジャーサービス、生活サービスなど)を自由に組み合わせて、オリジナルサービスのカードとしてご利用いただけます。
また、海外・国内旅行傷害保険のほか、ショッピングプロテクション(動産保険)などが自動付帯。
すでにライフカードをお持ちの方は、トッピングサービスの機能を追加することができます。
引用元:ライフカード

トッピングできる機能は、以下の通りです。

  • ゴルファー保険
  • 交通事故傷害保険(賠償責任危険担保特約付き)
  • 携行品損害保険
  • ロードサービス
  • 野口ドクターホットライン

トッピングカード
トッピングカード

トッピングカードはベーシックなブルーのカードの他、これらの動物のカードフェイスも選べます。トッピングカードの場合は、年会費が1,250円かかります。しかし、好きな機能だけをプラスできるというのは、ちょっとうれしいサービスですね。

好きな機能を後からトッピングできるよう、ベーシックなライフカードはかなりシンプルな一枚になっています。これだけでも充分満足という方は、もちろん、そのままでもいいですね。

自分がどんな機能を求めているか、あらかじめ考えてから申し込むといいですね。

あなたはどれにする?ライフカードは提携カードがとっても豊富!

前章ではライフカードのうち基本的なカードをご紹介しましたが、次は提携カードをすべてご紹介したいと思います。可愛いものからカッコいいものまで、デザインも機能もバラエティ豊富なので、お好きなものを探しながら見ていただくと楽しいですよ!

Barbieカード

Barbieカード

まずは女子の永遠の憧れ、Barbieカードから。カードフェイスは全部で3種類あって、どれも女子心をくすぐる可愛らしさです。

しかも、2000円以上カード利用すると、毎月抽選でバービーグッズが当たったり、ポイントをBarbieカード専用の特典と交換できたりと、思わず申し込みたくなる特典が満載です。しかも、うれしい年会費無料です。

18歳以上なら申し込めますが、Barbieカードには後にご紹介する学生カードもあるので、学生さんはそちらを選ぶと良いでしょう。

ライフカードStella

ライフカードStella

こちらも女性向けのクレジットカードです。Barbieカードよりも、年齢や趣味を問わず持つことができるカードです。

年会費は1250円(税抜き)ですが、初年度は無料です。また、170サンクスポイントで年会費無料コースに申し込むことができます。

海外ショッピング3%キャッシュバックや旅行傷害保険付帯など、女子が楽しく生活するための特典も充実していますが、それだけではありません。

乳がん検診クーポンがもらえたり、毎年11月のショッピング利用の0.5%を公益財団法人「日本対がん協会」へ寄付できたりと、健康で美しくあるための特典もしっかりついているのが素晴らしいところです。

LiSAカード

LiSAカード

LiSAカード

ミュージシャンのLiSAさんと提携したクレジットカードです。特典として、LiSAさん手書きのメッセージカードやオリジナルパスケースを申し込んだ人全員にプレゼントや、ライブチケットをカード会員から抽選など、ファン垂涎の内容になっています。

年会費は初年度無料で、翌年度以降は1,250円(税別)かかります。ただし、年間1回以上カードショッピングをすれば無料になるので、実質永久無料と言っても良さそうです。

龍馬カード

龍馬カード

龍馬カード

幕末の志士、坂本龍馬のクレジットカードです。年会費は初年度無料で、翌年度以降は1,250円(税別)です。しかし、これもまた年に1回でも使えば年会費無料になります。

龍馬関連の特典としては、カードを提示することで、高知県立坂本龍馬記念館の入館料の優待が受けられます。幕末好きや龍馬ファンには、持ってるだけでもうれしいカードですよね。

SAVE THE GREAT APESカード

ゴリラの親子が愛らしい、大自然を思わせるカードフェイスです。ゴリラなど類人猿や彼らが住む熱帯雨林を守るための活動に、カード利用の0.5%がライフカードから寄付されます。

寄付金の自己負担は無いですし、年会費も永久無料です。普通に楽しくカード決済しているだけで、自然を守ることに貢献できちゃう優れものの一枚です。動物好きの方は、ぜひどうぞ!

メイク・ア・ウィッシュカード

メイク・ア・ウィッシュカード

こちらの「メイク・ア・ウィッシュカード」は、黄色にキラキラ可愛い模様が印象的です。このカードを持つと、以下のように入会時と利用時の2段構えで、病気の子どもたちのために寄付ができます。

難病とたたかっている子どもたちの夢をかなえることを目的とした国際的な非営利のボランティア団体であるメイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパンと提携したカードです。

メイク・ア・ウィッシュカードにご入会いただくと、ライフカードからメイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパンに500円が寄付されます。さらに、カードショッピングのご利用金額の0.5%が寄付金となり、難病とたたかう子どもたちの生きる力と夢の実現を助けます。

引用元:ライフカード

これだけの社会貢献ができて、しかも年会費は永久無料です。誰かの役に立ちたいとお考えの方は、このカードを通して寄付してみるのも良さそうですね。

ライフカードには、これらの提携カードがあるんですね。若い女性向けから男性向けまで、いろんなカードがあって充実していますね。

年会費無料のものも多いですが、翌年度も無料にするには年1回以上利用するなどの条件があるものもありますので、その条件を満たすのを忘れないようにしましょうね。

学生さんにはコレ!特典いっぱいの学生専用カードがお得で便利!

ここまで、ライフカードから発行されている様々な種類のカードをご紹介してきました。それぞれ特典や魅力のあるカードばかりですが、これらはすべて一般カードです。

もしもここをお読みの方で学生さんがいらっしゃったら、一般カードではなく学生カードを作ってみるのもオススメなんです。そこで、以下にライフカードの学生カードをご紹介します!

学生カードとは?

学生カードとは文字通り、学生の身分を持つ人だけが申し込むことができるクレジットカードのことです。もちろん、ライフカードからも学生専用カードが発行されています。ライフカードの学生専用カードの申し込み資格は以下の通りです。

  • 高校生を除く満18歳以上満25歳以下の人
  • 大学・大学院・短期大学・専門学校に現在在学中の人

学生といっても高校生は含まれませんのでご注意ください。また、未成年の方は保護者の同意が必要となります。

学生カード

ご覧のように、ベーシックなデザインのライフカードだけでなく、Barbieカードの学生専用カードもあります。もちろん、すべて年会費無料です。

ライフカードの学生専用カードの特長

では、そんな学生専用カードにはどんな特徴があるのでしょうか?

  • 海外ショッピング利用分を5%キャッシュバック
  • 海外旅行傷害保険が無料で自動付帯
  • LIFEサンクスポイントが貯まる
  • 携帯料金カード決済で毎月抽選でAmazonギフト券(500円分)プレゼント

このような学生専用カードならではの特典があるんです。海外での滞在をお得にできる特典は、学生にはありがたいですよね。また、貯まったサンクスポイントはマイルやドコモポイントなどに交換できるほか、図書カードが商品券にも交換できます。

本をたくさん読まなければならない学生にとっては、ポイントを図書カードにも交換できるのって魅力的ですよね。

卒業したらどうなる?

学生専用カードってことは、卒業して学生ではなくなったら使えなくなるのでしょうか?「それはちょっと困る…」という方も、ご安心ください。カード自体は卒業後も継続して使うことができます。

ただし、上記の学生専用特典はなくなります。年会費は永久無料なので、そのまま使っていて損になることは何もありませんが、別のカードの特典で良いと思うものあったら、そちらに切り替えても良いでしょう。

原則として、一般のライフカードと学生専用ライフカードを重複して持つことはできませんので、いったん学生専用ライフカードを解約してから、別のライフカードに申し込むという流れになります。
大学生になったらクレジットカードデビューという方も多いと思います。そんな方にも、この学生専用ライフカードはオススメですよ。卒業後もひきつづき使えますので、忙しい卒業時に煩わしい手続きもなく、安心です。

なんと年会費無料!ライフカードの法人カードの特長とは!?

学生カードの次は、ライフカードの法人カードについてご紹介したいと思います。ライフカードの法人カードは、他のカード会社のそれと比べて大変オトクになっています。中小企業や個人事業主の方は、ぜひ検討してみてくださいね!

ライフカードの法人カードとは

ライフカードの法人カードは、「ライフカードビジネス」という名称がついています。
法人カード

法人カード

ライフカードビジネスには、ゴールドとスタンダードがあります。それぞれの内容は、以下の通りです。

種類 年会費 特典
スタンダード 永久無料 なし
ゴールド 2,000円(初年度無料) ・空港ラウンジサービス
・ポイントサービス
・付帯保険

どちらも使い道は事業費決済のみで、ショッピング枠は500万円までとなっています。ただし、相談によっては500万円以上の枠も用意してくれることもあるようです。キャッシング枠は、どちらもありません。

ライフカードビジネスに申し込むには?

ライフカードビジネスは、個人事業主か法人が申し込むことができます。申し込み方法は、インターネットか郵送があります。必要書類は、法人と個人事業主ではちょっと異なっており、以下のようになっています。

法人の場合

希望限度額 必要書類
100万円以下 ・登記事項証明書
・代表者の本人確認資料
100万円超500万円以下 ・登記事項証明書
・代表者の本人確認資料
・決算書2期分
500万円超 ・登記事項証明書
・代表者の本人確認資料
・決算書2期分
・不動産謄本(法人もしくは代表者名義)

個人事業主の場合

希望限度額 必要書類
100万円以下 事業主の本人確認資料
100万円超 ・事業主の本人確認資料
・確定申告書2期分

必要書類も、比較的シンプルですので、気軽に申し込むことができそうですね。

ライフカードビジネスの特長

さて、ライフカードビジネスには、どんな特徴があるでしょうか?特筆すべきは、スタンダードカードの年会費が無料ということ。

法人カードで年会費無料は、ちょっと他では聞いたことのないサービスです。ゴールドが2000円というのも安いですね。

その分、スタンダードカードは空港ラウンジサービスなどが付かないのですが、以下にご紹介する会計サービスを利用できます。

  • Visa優待サービス
  • クラウド会計ソフトfreeeを2か月無料で延長利用可能
  • 福利厚生サービス
  • ゴルフ場予約サービス
  • 海外アシスタンスサービス
  • 旅行サービス

オリジナルカードを作ってみよう!

ここで、法人カードではないのですが、法人や個人事業主の方のためのサービスをご紹介したいと思います。お客様に使っていただく提携カードを簡単に作れるというサービスが、ライフカードにはあるのです。

それが、オリジナルデザインを施せる「ザ・カード」というサービスなのです。
ザ・カード
こちらは、「ザ・カード オリジナル」で、白い部分に自由にデザインをすることができます。デザイン料は作る側の自己負担となりますが、ポイントプログラムやWebサービスなどライフカードのサービスは、そのままお客様に提供することができます。

ザ・カード ネクスト
こちらは「ザ・カード ネクスト」で、あらかじめデザインされた3種類のものから下地を選べます。そして、白いスペースにお店のロゴなどを入れれば、オリジナル提携カードを簡単に安く作ることができます。

法人カードが年会費無料だとは、珍しいですね。ゴールドの年会費が2000円というのも、他社なら一般の法人カードのレベルですね。

ライフカードビジネスの特典である、クラウド会計ソフトfreeeは、専門知識がなくても簡単に確定申告書類などが作成できる便利なものです。「ザ・カード」も、手軽に提携カードを作りたい人には、うってつけのサービスですね。

携帯がドコモならぜひ使ってみて!ライフカードiDで簡単支払い!

ライフカードのサービスは、まだあります。最後にご紹介するのが、「ライフカードiD」です。ライフカードを使っている方の中で携帯がドコモだという方は、知っておいて損はないですよ!

ライフカードiDとは?

ライフカードiDというものについて、まずは簡単にご説明します。

ライフカードiD(ケータイ)は、iDマーク(上記のマーク)のあるお店や自動販売機などで携帯電話をかざすだけでショッピングができるクレジットサービス(後払い)です。

事前のチャージ(入金)の必要がなく、カンタン・便利に、スピーディにショッピングができます。

引用元:ライフカード

つまり、携帯さえあれば現金もカードも使わずに支払いができるという、便利で手軽なサービスなのです。

ライフカードiDのメリットとデメリット

このライフカードiDには、どんなメリットとデメリットがあるでしょうか?メリットとしては、

  • 事前にチャージしなくてもいい
  • 他のカード払いと一括決済
  • 100円単位の少額からポイントが貯まる

チャージしなくてもいいので、残高を気にせずどんどん使えますし、何度使ってもその他の支払いと一緒に月に1回後払いするだけです。毎日のちょっとしたお買い物に小銭を用意しなくても良いうえに、ポイントが貯まるので非常に手軽でお得です。

ただ、デメリットとしてはライフカードiDの場合、携帯がドコモでない人は使えないという点が挙げられます。

また、ドコモでもすべての機種がiDに対応しているわけではないので、注意が必要です。

基本的にiDはドコモが提供しているサービスで、ドコモユーザーではなくてもiD対応のクレジットカードがあれば使えます。しかし、ライフカードはiD対応ではないため、ライフカードでiDを使うにはドコモの携帯を持っていなければならないのです。

ちょっとややこしいですが、ライフカードとドコモの携帯がどちらもあるという方は、iDに登録することをオススメします。

ライフカードのサイトから簡単に登録できますよ。

iDは、いわゆる「おサイフケータイ」のことですね。Master Cardコンタクトレス加盟店なら、海外でもドコモのスマホでiDサービスが利用できるなど、使える場所は拡大中です。

請求は後からなので、手持ちがなくてもいつでもどこでもお買い物ができて、しかもポイントが貯まるのは、かなり有り難いですね。

ライフカードって審査は厳しいの!?申し込む際の注意点とは

最後にライフカードに申し込んでみたいとお考えの方のために、ライフカードの審査についてお話したいと思います。ライフカードの審査には、何か特徴があるのでしょうか?審査は厳しいのでしょうか?

ライフカードの特徴

ここまで、ライフカードのデザインや特典などご紹介してきましたが、それらを「審査」という視点から見直してみましょう。

ライフカードは、年会費が永久無料のものが多く、年会費がかかるものでも初年度無料だったり、少数回の利用で翌年度の年会費を無料にすることができたりします。法人カードでもスタンダードなものは年会費無料でした。

カード会社は基本的に年会費でもうけを出すものですが、これを無料でやっていくためにはやはり特典はシンプルになっています。これが、ライフカードの大きな特徴です。

審査はそれほど厳しくない!?

このような年会費無料である代わりに特典がシンプルなカードは、多くの人に門戸を開放しています。つまり、審査は緩めであると考えることができます。

しかも、ライフカードは、いわゆる信販系クレジットカードです。クレジットカードの審査については、銀行系などは比較的厳しく、信販系は審査が緩い傾向があると言われています。

したがって、ライフカードの審査はそれほど厳しくないことが期待できます。属性に大きな問題がない人ならば、スムーズに通ると考えられます。

ただし、いくら審査が緩めと言っても延滞などしていると、次のカードでは審査に通らないこともあり得ますので、ご注意ください。

ライフカードはそれほど審査が厳しくないと聞いて安心しましたが、僕でも作れますか?申し込みの時点で、何か気を付けることはありますか?
18歳以上で電話連絡が可能な人なら、誰でも申し込めます。事故歴や他社からの借入が多すぎるなどの問題がなければ、比較的柔軟な審査をしてもらえると言われています。

もしも心配ならば、申し込むときにキャッシング希望枠を0円にすると、可決率が高まりますよ。

自分好みのカードが見つかった?年会費無料のカードもたくさん!

スタンダートタイプから凝ったデザインの提携カードまで、多くの種類のライフカードをご紹介してきました。お気に入りの一枚が見つかったでしょうか?

個人カードや学生カード、法人カードもありますし、ライフカードiDというサービスもありました。これだけあれば、常にライフカードとともに人生を歩んでいくことも、可能です。

多くのカードが年会費無料ですから、お気軽に申し込めます。お好きなカードが見つかりましたら、申し込んでみても損はないですよ!

ライフカードは地味ながらも素朴な魅力といいますか、年会費無料で誰でも受け入れてくれるような、シンプルな良さがあるクレジットカードです。

自己負担ゼロで社会貢献ができる提携カードも何種類もありますし、自分の生活や趣味に合うカードをじっくり選んでみてくださいね!

メニューを閉じる