アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード
  • amex
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星なし
3.0
  • ETCカード対応
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • 電子マネー
  • 海外旅行保険あり
  • 入会キャンペーン中
  • 家族カード
  • ショッピング保険あり
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、アメックス社が発行する航空サービスに特化したプロパーカードです!ステイタスの高いサービスを受けながら、マイルを貯めることの出来る唯一のカードです!
年会費 ポイント還元
初年度 10,000円 1%~3%
2年目以降 10,000円
このカードの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードはマイル自在!

ノーイメージ

アライアンスとは航空会社の提携グループのことで、スターアライアンス・スカイチーム・ワンワールド、この3つのグループが世界3大アライアンスグループであり、各国の主要航空会社はこの3つのグループのいずれかに属しているのです!

クレジットカードで貯めたマイルを利用する多くの場合は、所属グループでの利用が優遇され、他のグループの航空会社利用は限られてしまいます。

しかし、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードなら、グループの垣根を超えてマイルを利用することが可能なのです!

ステイタスの高いアメリカン・エキスプレスブランドで、どのようなマイルサービスが提供されるのか!?詳しい情報を解説していきましょう!

ポイント無期限!マイル自由!アメックス・スカイ・トラベラーカードの魅力

  • アライアンスの垣根を超えた!提携15社のマイルが自由に移行可能!
  • マイラーにとって最大の魅力!ポイント・マイルが無期限で貯まる!
  • ボーナスマイルも漏れなく用意!通常状態のマイル還元率は1%!
  • 対象空港26社の航空券・対象2社の旅行代理店でマイルアップ3倍!
  • 国内28空港・海外2空港!空港ラウンジ利用が同伴者1名まで無料!

もちろんアメリカン・エキスプレスブランドある以上、上記のサービスだけに留まることはありません!

海外で困った時に頼りになる「グローバル・ホットライン」も利用することができますし、オンラインプロテクションなどの補償サービスも、アメリカン・エキスプレスならではのサービスが利用できますから、安心して海外へ出かけることができます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、アメリカン・エキスプレス社が発行する航空サービスに特化したプロパーカードなのです!

どこかの航空会社と提携して発行されるカードではなく、アメリカン・エキスプレス社が航空サービスに特化させて、グリーンカードよりも低コストでサービスを提供できる仕組みを持っています。

ですから、アメリカン・エキスプレスのステイタスはそのままに、年会費10,000円(税別)でサービスを受けることができるので、マイラーにとっては魅力あるクレジットカードと言えるでしょう!

アメックスブランドが提供するサービスは、他の国際ブランドと比較にならないほど多彩です!

その代わり、審査基準も高く誰もが簡単に取得できるブランドで無いことも事実です。

ですが、スカイ・トラベラーカードはアメックスブランドの中でも、比較的取得が優しいカードですから、アメックスブランドファンの方には魅力のあるカードとなりますね。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

アライアンスの垣根を超えた!提携15社のマイルが自由に移行可能!

飛行機を利用する場合には利用する航空会社が、どのアライアンスグループに属しているのかを知っておく必要があります。

基本的に同じアライアンスグループの航空会社であれば、フライトでマイルも貯まりますし、貯めたマイルで特典航空券を購入することも可能ですからね。

アライアンスグループが異なるとマイルを利用することはできない!?

先ずは、アライアンスグループが異なる場合を判りやすく解説しておきましょう。

航空会社 アライアンスグループ マイル利用
ANA スターアライアンス JALのマイルは使えない!
JAL ワンワールド ANAのマイルは使えない!

簡単に国内大手の航空会社である、ANAとJALだけを例にすると上記のようになります。

JALで貯めたマイルをANAで利用することはできませんし、ANAで貯めたマイルをJALで利用することもできません。

利用するには、ANAマイル⇔JALマイルの方法で交換することが必要になり、方法によっては交換することは可能ですが、次のとおり面倒です!

  • 交換するためのカードが複数必要となる!
  • G-POINTを経由することとなるので、一旦ポイントに変更する!
  • G-POINTをカードポイントとして取り込む!
  • カードから各マイルに交換する!
  • JALマイル⇒ANAマイルの場合は、10,000マイルが9,000マイルに減少!
  • ANAマイル⇒JALマイルの場合は、10,000マイルが5,000マイルに減少!

このようにアライアンスの異なるJALとANAではお互いのマイルを、交換することなく利用することはできませんし、JALカードでANAマイルマイルを貯めることもできないのです。

もし、交換するとすれば面倒な交換ルートや、交換手数料として減額されるレートが適用となってしまうので、お得とは言えませんね。

アメックス・スカイ・トラベラーは15社のマイレージへ移行可能!

提携航空会社15社のゴロ

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、次の提携航空会社のマイレージプログラムにポイントを移行することが可能となっています。

No スターアライアンス加盟 マイレージプログラム
1 ANA ANAマイレージクラブ
2 スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス
3 シンガポール航空 クリスフライヤー
4 タイ国際航空 ロイヤルオーキッドプラス
No スカイチーム加盟 マイレージプログラム
5 アリタリア‐イタリア航空 クラブ・ミッレミリア
6 エールフランス・KLM空港 フライングブルー
7 チャイナエアライン ダイナスティ・フライヤー・プログラム
8 デルタ航空 スカイマイル
9 フィンランド航空 フィンエアー・プラス
10 ブリティッシュ・エアウェイズ エグゼクティブ・クラブ
No ワンワールド加盟 マイレージプログラム
11 キャセイパシフィック航空 アジア・マイル
12 カタール航空 プリビレッジクラブ
No 独立系:アライアンス未加盟 マイレージプログラム
13 ヴァージンアトランティック航空 フライングクラブ
14 エティハド航空 エティハド ゲスト
15 エミレーツ航空 エミレーツ・スカイワーズ

上記は、各アライアンスグループの航空会社とマイレージクラブを一覧表にまとめたもので、各アライアンスグループの代表的な航空会社のマイレージクラブにポイントを移行することができます。

ご覧頂くとおり、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、アライアンスグループ全体をとおして15社の航空会社マイルに、ポイント移行することができるようになっています。

ただし、希望する航空会社のマイルに移行するのであれば、その航空会社のマイレージクラブに登録する必要がありますのでご注意くださいね。

登録したいマイレージクラブがどのようなものなのか、簡単にご確認して頂けるよう一覧表にリンクを貼ってありますので、是非ご活用ください!

ご注意ください!ANAマイレージへのポイント移行は有料ですよ!

先に説明した15社の航空会社マイルへの移行の際に、ANAマイレージへの移行だけは年間5,000円(税別)の参加登録費が必要となっています。

これはANAマイレージクラブ側で必要となってくる費用ですが、アメリカン・エキスプレスカードの利用では相応の金額をカード利用するはずなので、5,000円を支払ってもANAマイルへの交換はメリットがあると思います。

また、ANAマイルへの年間移行ポイントは、80,000ポイントが上限となっていて、初回のみ登録手続きが必要ですが、2年目以降は自動更新となるので手間いらずです。

ANA特典航空券を見てみると、東京⇔ハワイ間のレギュラーシーズン・ビジネスクラス利用で65,000マイルとなっていますから、十分な上限ポイントと言えますね。

記事内にあるとおり、アメックス・スカイ・トラベラーズカードは、全てのアライアンスグループに属する主要航空路線を運航する航空会社のマイルと交換が可能です!

これは、特定の航空会社が発行するカードで無く、アメックスのプロパーカードだからできることですね。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

マイラーにとって最大の魅力!ポイント・マイルが無期限で貯まる!

マイルを貯めるマイラーにとっては、マイルの有効期限はできるだけ長い方が嬉しいですよね。

と、言うことはカードのポイント有効期限も長くなければダメと言うことになります。なにせ、カードのポイントとマイルは対となっているので、両方の有効期限が長くないといけません。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、アメリカン・エキスプレスが提供する「メンバーシップ・リワード・プラス」を無料で利用できるので、無期限にマイルを貯めることが可能となっています!

マイルが無期限に貯まる!メンバーシップ・リワード・プラスが無料!

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワード・プラスは、ポイントの換算レートがアップするだけでなく、登録することでポイントの有効期限が無期限となるサービスです。

通常は年会費3,000円(税別)必要ですが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードにはこのポイントプログラムが無料で付帯してしるのです!

  • 通常メンバーシップ・リワード・プラスは、年会費3,000円(税別)が必要!
  • アメックス・スカイ・トラベラーカードは、標準付帯なので年会費は無料!
  • 1,000Pt=1,000マイル!移行タイミングとマイルレートが2倍お得になる!
  • 旅行代金などへの支払いレートも2倍になるのでお得!

メンバーシップ・リワード・プラスはこのように、マイルへの移行だけでなく様々なケースでポイントをお得に使うことができるプログラムです!

ここでは、メンバーシップ・リワード・プラスの特徴を一覧表でご紹介しておきましょう。

ポイント
移行目的
利用先 登録の場合 未登録の場合
マイルを移行 提携航空
マイレージ
1,000Pt=
1,000マイル
2,000Pt=
1,000マイル
ポイントを移行 提携ホテル
ポイント
1,000Pt=
1,250HオーナーズPt
330スターポイント
2,000Pt=
1,250HオーナーズPt
330スターポイント
提携会社の
ポイント
プログラム
楽天スーパー
ポイント
3,000Pt=
1,500Pt
3,000Pt=
1,000Pt
旅行代金への
支払い利用1
アメックス
トラベル・オンライン
1Pt=1円 1Pt=0.4円
旅行代金への
支払い利用2
アメックス
メンバーシップ・
トラベル・サービス
1Pt=0.8円 1Pt=0.4円
カード利用の
代金に充当利用1
航空会社で
ード利用
1Pt=1円 1Pt=0.3円
カード利用の
代金に充当利用2
ホテル・代理店
でカード利用
1Pt=0.8円 1Pt=0.3円
カード利用の
代金に充当利用3
旅行関係以外
でカード利用
1Pt=0.3円 1Pt=0.3円

ポイントで楽しむ!メンバーシップ・リワード・プラス利用方法 1!

貯めたポイントを、アメリカン・エキスプレスが提供するオリジナルイベントの参加費や、大人気のアメリカン・エキスプレスオリジナル商品との交換ができます。

  • アメックス・メンバーズコンペの参加費!
  • 京都 醍醐寺・三宝院の桜の特別夜間拝観!
  • ベッキオジノリホワイト マグカップと交換!
  • バカラ グローリアタンブラーと交換!
  • Apple iPod shuffleと交換!
  • オーガニックイタリアンジェラートと交換!

上記はほんの一例で、アメリカン・エキスプレスサイトには多くのイベントやアイテムが用意されています。

ここでは、全てをご紹介することができませんので、サイトリンクを記載しておきますので、ご興味のある方はそちらからご確認くださいね。

アメリカン・エキスプレスのイベントの確認は、ココからご覧いただけます!

アメリカン・エキスプレスのアイテムカタログの確認は、ココからご覧いただけます!

ポイントが使える!メンバーシップ・リワード・プラス利用方法 2!

カードを使い過ぎた!と思ったら、ポイントをカード利用代金へ充当して支払い額を軽減することもできますし、旅行代金やショッピング時に利用できる商品券にも交換することができますよ!

  • カード利用代金へ充当して利用できる!
  • 各社国際線航空券・パッケージツアーや国内宿泊料金に利用できる!
  • ヨドバシカメラや高島屋の商品券に交換できる!
  • 提携航空会社のマイルに移行できる!
  • 提携ホテルグループのポイントに移行できる!
  • 楽天やT-POINTのポイントプログラムへ移行できる!

メンバーシップ・リワード・プラスで交換レートも高くなっていますし、年会費も不要なのでアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、とてもお得に利用することができるカードですね。

教授にお聞きしたいのですが、マイルの有効期限は普通どのくらいなのですか?

また、有効期限が無期限になると、マイルを貯めるのにメリットとなる理由を教えて頂けないでしょうか!?

僕はほとんど飛行機を利用しないので、マイルのことについて判らないことばかりなので・・

先ずは、マイルの有効期限は3年です!3年目にはマイルを使わないと失効して無くなってしまいますよ。

有効期限が無期限になれば、失効することはなくなるので、たくさんのマイルを貯めることが可能となってきます。

3年間では、貯めることのできるマイルに限界があるので、韓国までしか行けなくても、無期限になることで、パリまで旅行することもできるのですよ!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

ボーナスマイルも漏れなく用意!通常状態のマイル還元率は1%!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、航空会社の提携カードではありませんが、ボーナスマイルもしっかり用意されています。

正確にはボーナスポイントとなりますが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、ポイント=マイルとなりますからボーナスマイルと呼んでも差し支えないでしょう!

入会・初回旅行・継続でもらえる3つのボーナスポイント(マイル)!

  • 入会ボーナスポイント=3,000ポイント
  • 最初の旅行でファーストトラベル・ボーナスポイント=5,000ポイント
  • カード継続時にもらえる、継続ボーナスポイント=1,000ポイント

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードには、上記の3種類のボーナスポイントが用意されています。

ANAと提携して発行している「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」のボーナスマイルと比較してみましょう。

アメックス・スカイ・トラベラー ANAアメックス
入会ボーナス3,000ポイント 入会ボーナスマイル1,000マイル
ファーストトラベル・ボーナス
5,000ポイント
なし
継続時ボーナス1,000ポイント 継続時ボーナスマイル1,000マイル
なし フライトボーナスマイル
区間マイレージの10%

上記の比較で判ることは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードで貯まるマイルは基本的にカード利用した場合で、ANAアメリカン・エキスプレス・カードのように、フライトで貯まるポイントは存在しないと言うことですね。

ファーストトラベル・ボーナスは、入会後1年内に購入指定条件を満たせば初回に限って、5,000マイルがボーナスとしてプレゼントされます。

購入指定条件については、この後の「マイルアップ3倍!」で一緒に詳しく解説しますので、そちらをご覧くださいね。

ショッピングポイントは100円=1ポイント=1円!還元率1%

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード利用で貯まるポイントは、100円=1ポイントとなり還元率1%となっています。

アメックス・スカイ・トラベラーカードでは、直接マイルが貯まるので無くポイントを貯めてマイルに交換することになります。

ですが、1ポイント=1マイルで交換出来るので、ポイント=マイルと考えても良いですね。

当然、ポイントで商品と交換したり、カード利用代金に充当できたり使い道はいろいろありますよ!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

対象空港26社の航空券・対象2社の旅行代理店でマイルアップ3倍!

さて、先ほどANAアメリカン・エキスプレス・カードとの比較をしましたが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードには「フライトボーナスマイル」は用意されていませんでしたよね。

それに代わるボーナスと言えるのが、航空券購入でマイルが3倍になる「スカイトラベラー3倍ボーナス」です!

フライトボーナスの代わり!?航空券購入時にマイルが3倍になる!

フライトボーナスは飛行機に搭乗した際に、利用した距離に応じて区間マイルの10%がボーナスとして加算されるボーナスマイルです。

飛行機に搭乗する際には航空券が必要で、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでは、その航空券を購入すればマイルが3倍になるボーナスポイントが用意されています。

  • 飛行機に搭乗する際には航空券が必要!
  • アメックス・スカイ・トラベラーでは航空券購入時にマイルが3倍になる!
  • フライトボーナスよりもお得にポイントが貯まる!

「でも、ANAカードだとフライトボーナスとは別に、フライトマイルも貯まるから、その分損してるんじゃない!?」そう感じてしまう方もいらっしゃるかも知れませんね。

それは全然大丈夫!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードでもフライトマイルはちゃんと貯まりますよ!

フライトマイルは搭乗した航空会社のマイルが、搭乗距離に応じて貯まるマイルのことで、このマイルはそれぞれの航空会社のマイレージクラブに入会していれば、必然的に貯まっていきます。

  • ANAマイレージクラブに入会すればフライトマイルが貯まる!
  • スターアライアンスグループ内の航空会社のマイルが貯まる!
  • フライトマイル+アメックス・スカイ・トラベラーのポイントが3倍になる!

例えばANAを利用して、東京⇔ハワイに搭乗した時のフライトボーナスと、マイル3倍とどちらがお得か比較してみましょう。

ボーナス種別 料金 フライト
マイル
フライト
ボーナス
マイル3倍
ボーナス
フライト
ボーナス
75,000円 2,681マイル 268マイル
マイル3倍
ボーナス
75,000円 2,681マイル 1,500Pt

上記はANA便利用で、最も格安の料金で計算しています。マイル3倍のポイントは、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでも100円=1マイル貯まるので、75,000円÷100円×2倍で計算したマイル数になります。

それでも、フライトボーナスでは268マイルのところが、1,500ポイント=1,500マイルとなるので5倍以上お得な結果になっていますね!

マイル3倍は条件を満たす必要あり!国内で購入すれば問題無し!

スカイ・トラベラー3倍ボーナスは、どこで航空券を購入しても良い訳ではありませんので、購入時の注意点をお伝えしておきましょう。

先に説明を先延ばしした、ファーストトラベル・ボーナスの購入条件も同じとなりますので、良く確認しておいてくださいね。

条件1:次の航空会社27社の航空券購入が対象となる!

スカイ・トラベラー3倍ボーナス 適用航空会社(五十音順)
ANA、アシアナ航空、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、エア タヒチ ヌイ、エールフランス航空、エティハド航空、エバー航空、エミレーツ航空、オーストリア航空、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、キャセイパシフィック航空、KLMオランダ航空、シンガポール航空、スイス インターナショナル エアラインズ、スカンジナビア航空、スターフライヤー、タイ国際航空、大韓航空、チャイナエアライン、デルタ航空、日本航空、フィリピン航空、フィンランド航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ ドイツ航空

上記の航空会社27社の航空券がスカイ・トラベラー3倍ボーナスの対象となりますが、獲得したポイントをマイルに移行できるのは、先に説明した15社となりますので、ご注意くださいね。

例えば、日本航空(JAL)の航空券はスカイ・トラベラー3倍ボーナスの対象となりますが、ポイントをJALマイルに移行することはできません。

ただ、上記の航空会社の航空券は、対象航空会社のWABサイトで購入しても大丈夫です!その場合、日本円で決済する必要があることを覚えておいてください。

例えば、シンガポールへ行く場合はANA便よりも、シンガポール航空便の方が安くなる場合があります。

シンガポール航空の日本サイトでは、金額が日本円で表示されていて決済も日本円で決済されますが、海外サイトではドル表示、ドル支払いとなってしまいます。

為替の関係で海外サイトで購入した方が安くなるケースがありますが、海外サイト利用はNGだと言うことを知っておきましょう。

条件2:日本旅行・アップルワールドの旅行商品は3倍になる!

条件1は航空券の購入だけでしたが、次の2社では旅行会社が提供するホテルの宿泊代金やバス・JRの運賃も対象になっています。

  • 日本旅行(WEBサイトおよび日本旅行の全店舗)の商品!
  • アップルワールド(WEBサイト)が提供するホテルの宿泊料金!

例えば、ハワイ旅行に行くとすれば条件1の航空会社を利用している、日本旅行のパッケージツアーを利用すれば、ツアー料金のポイントが3倍となり、空港までのJRチケットを併せて日本旅行で予約しておけば、この料金も3倍になります。

JTBのツアーを利用して条件1にある航空会社の航空券を購入したとしても、ポイントは3倍にはなりませんので、利用する旅行代理店は注意しておきましょう。

アメックス・スカイ・トラベラーカードのポイント3倍ボーナスは、マイラーの方にはとても魅力あるプログラムです!

航空会社27社の航空券購入で、確実にポイントは3倍になりますからね。余程、旅行者が滅多に行かない国に行こうとしない限り、ほとんどの国への航空券が対象になっていますよ。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

国内28空港・海外2空港!空港ラウンジ利用が同伴者1名まで無料!

この空港ラウンジ利用サービスも、アメリカン・エキスプレスならではのサービスになっています。

国際線が就航している国内主要空港の空港ラウンジを、同伴者1名まで無料で利用することができるのは、旅行者にとってとても嬉しいサービスです!

リンクから写真も見れる!利用できる空港ラウンジを一覧でご紹介!

ハワイ・韓国の海外2空港と、国内のビッグ空港である羽田・成田・関空の紹介欄から、各空港ラウンジの写真・空港内のラウンジの場所・営業時間・サービス内容など、詳細情報を確認できるサイトにリンクしてありますので、是非ご利用ください。

その他の空港ラウンジについては、空港ラウンジ紹介サイトの右側に一覧がありますので、そちらからご覧いただけますよ。

利用可能空港 ラウンジ名/ラウンジリンク
ハワイ ホノルル国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE
韓国 仁川国際空港 MATINA
羽田空港 国際線ターミナル Sky Lounge
第1および第2ターミナル エアポートラウンジ
成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ  比叡
新千歳空港 スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ(Royal Sky)
仙台空港 ビジネスラウンジ
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
小松空港 スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港) ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジDAISEN
山口宇部空港 ラウンジ きらら
高松空港 ラウンジ 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ・スカイラウンジ
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
北九州空港 ラウンジ ひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジ TIME
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
大分空港 ラウンジ くにさき
熊本空港 ラウンジ ASO
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ 華~hana~
空港ラウンジを利用できることは、トラベラーにとってとても嬉しいサービスです!通常の航空カードでは、ラウンジサービスが付帯していないことが多いです。

特に出発が大幅に遅延する場合など、空港内で時間を潰すところがあると、疲れ方が違いますからね。

記事内のリンクから、各ラウンジの様子を写真で確認出来ますので、是非ご利用ください!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

国内・海外旅行傷害保険が利用付帯!航空券購入で付帯条件クリア!グローバル・ホットラインなど、豊富な付帯サービス!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードには、付帯条件は利用付帯となりますが、国内・海外旅行傷害保険が無料付帯していています。

ポイント獲得の部分で解説しましたが、提携航空会社の航空券を購入すればポイントが3倍になると同時に、海外旅行傷害保険の付帯条件をクリアすることができます!

国内旅行の場合は、ツアーであればツアー料金を支払うか、JRなどの公共交通機関の料金をカードで支払えば付帯条件はクリアできます。

航空便遅延費用補償は安心して海外旅行を楽しめるサービス!

海外旅行でもっとも困るのは、ロストバゲージやディレイトバゲージですよね。

飛行機に預けたはずのスーツケースが空港に届かないトラブルをそう呼んでいますが、戻って来た時はスーツケースが壊れていたり、中身が無くなっていたりするケースもあります。

さらに、荷物のトラブルだけでなく乗り継ぎができなかった場合や、気象状況などで欠航した場合など、仕方なく現地に滞在する状況になった場合でも、宿泊費や食事代の補償があると助かりますよね。

そんな荷物や予想しない現地のトラブルにも、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードはしっかりサポートしていますから、安心して海外旅行を楽しむことができますよ!

保険種類 補償金額 適用条件
乗継遅延費用 最高20,000円
到着便の遅延
1回当たり
乗り継ぎ予定の空港に遅れて到着し、
実際の到着時刻から4時間以内に代替
便に搭乗できなかった場合の宿泊費や
食事代を補償
出航遅延・
欠航・
搭乗不能費用
最高20,000円
欠航・運休・
搭乗不能
1回当たり
搭乗予定の航空便が予定時刻から4時間
以上の出航遅延や欠航などで搭乗できず、
出港予定時刻から4時間以内に代替便に
搭乗できなかった場合の食事代を補償
受託手荷物遅延
ディレイトバゲージ
最高20,000円
荷物遅延
1回当たり
目的地に到着して6時間以内に、預けた荷
物が目的地に到着しなかった場合に、
目的地で購入した衣類や生活必需品の購
入費用を補償
受託手荷物紛失
ロストバゲージ
最高40,000円
荷物の紛失
1回当たり
目的地に到着して48時間以内に預けた荷物
が目的地に到着しなかった場合に、到着後
96時間以内に目的地で購入した衣類や生活
必需品の購入費を補償

補償の対象となる条件や購入品については、細かい決まりごとがありますので、トラブルに遭遇した場合は、この後で解説する「グローバル・ホットライン」を利用して相談することをお薦めします!

空港サービスも充実!手荷物無料宅配・空港パーキング優待!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、他のアメリカン・エキスプレスカードに比べると、付帯する空港サービスは少なくなっています。

それでも帰国時に手ぶらで帰宅することができる手荷物宅配サービスや、空港周辺の駐車場を割引で利用できるサービスが付帯しているのです!

手荷物無料宅配
サービス
成田・中部・関空の3空港にて、帰国時に空港から
自宅までスーツケース1個を無料で宅配できる!
空港パーキング優待 成田・羽田・関空・福岡の各空港周辺の駐車場を
最大40%オフで利用できる!

グローバル・ホットラインは、海外での不安を解消できるサービス!

グローバル・ホットラインはアメリカン・エキスプレスの付帯サービスの中でも、最も頼りになる安心できるサービスです!

ホテルや航空券の予約や購入はもちろん、旅行先でのイベントチケットの紹介や予約、現地で起きたトラブルの相談を、365日24時間日本語でサポートしてくれます。

しかも、コレクトコールを利用して相談できるので携帯電話料金を心配することなく、詳しく相談することが可能なのです。

  • 航空券の予約、発券、変更などチケットに関する全てのサービス
  • ホテルやレンタカーの紹介、予約、変更、取り消し
  • 希望の食事ができるレストランの紹介、予約、取り消し
  • ゴルフコースの紹介、予約、取り消し
  • 主要都市でのミュージカルなどのチケットの手配
  • 現地の天気予報のインフォメーション
  • パスポート、ビザについてのインフォメーション
  • パスポート、ビザなど所持品の紛失、盗難時のサポート
  • 最寄りの日本大使館、領事館のインフォメーション
  • アメリカン・エキスプレスのトラベルサービス・オフィスへの案内
  • カードの紛失、盗難についての手続きと再発行
  • フラワーデリバリーサービスの手配
  • 電話による簡単な通訳サービス(個人利用に限る)
  • 通訳派遣の紹介、手配
  • 医師、病院、弁護士の紹介
  • カード付帯の海外旅行傷害保険の保険金請求のサポート

グローバル・ホットラインでは、上記のサービスを受けることができます。

ここで掲載していないトラブルや相談内容も対応してくれることもありますので、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードを持っているのなら、何か困ったことがあれば先ずは、グローバル・ホットラインで相談することをお薦めしますよ!

アメックスならではのサービス!サポートされるサービスは豊富!

アメリカン・エクスプレスが提供するサービスは、驚くほど豊富です!

ここまでで紹介したサービスだけでも、様々なサービスが提供されていますが、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードを持っていれば、旅行先やカード利用でサポートされるサービスはまだまだ豊富にあるのです!

カーシェアリングサービス
タイムズカープラス
全国のタイムズカープラスのステーションで
24時間いつでもレンタルできるタイムズカー
プラスの発行手数料1,550円(税込)が無料!
国内レンタカーの利用が
基本料金5%オフ
オリックス・トヨタ・日産・ニッポン・タイ
ムズの各レンタカーを基本料金5%オフで利用
できる!
アメリカン・エキスプレス・
トラベル オンライン
カード会員専用の旅行予約サイトで航空券・
ホテルなどを特別優待価格で提供。
予約手数料無料で100円=2ポイント獲得できる!
一休.comで優待サービス アメックスのWEBサイトを経由して一休.comで
予約すると、毎月先着100名に3,000円オフの
クーポンプレゼント&カード会員限定特典付き
プランを利用できる!
日本旅行の特選の宿が
5%オフ
日本旅行の「特選の宿」が5%オフで利用可能!
世界最大の予約サイト
エクスぺディアを利用
世界最大の旅行予約サイト「エクスペディア」
で、宿泊料金8%オフで利用できる!
アップルワールド.comを
5%オフ
全世界10万件のホテルを通常価格から5%オフ
で利用できる!
H.I.S.アメックス
会員専用WEBサイト
アメックスカード会員だけに提供されるツアー
や優待特典を利用できる!
アメックスのカード付帯サービスは、豊富で覚えきることができないくらいですが、その中で私が特にお薦めするサービスは「グローバル・ホットライン」ですね。

このサービスは海外で困った時には、日本語で色んな相談ができるので、とても助かるサービスですよ!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードの基本情報!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

公式サイトはコチラ

一覧表内の表示金額は、全て税別で表示してあります。

情報項目 情報内容
搭載国際ブランド AMEX
年会費 10,000円 初年度、次年度も同様
家族カード 5,000円 初年度、次年度も同様
ETCカード 年会費初年度無料
次年度500円 年1回以上のETCカード利用で無料
電子マネー
電子マネーへ
のチャージ
ポイントレート 100円=1ポイント or 100円=3ポイント※1
ポイント還元率 1.0%~3.0%※1
マイルレート 100円=1マイル
ポイント還元率
各マイレージ
1.0%※2
マイル上限 上限なし
入会ボーナス 3,000ポイント
継続ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス
スカイ・トラベラー
3倍ボーナス
100円=3ポイント
マイル有効期限 無期限
マイル移行レート 1,000Pt=1,000マイル※2
国内・海外旅行
傷害保険付帯条件
利用付帯
傷害死亡補償 海外:最高3,000万円 国内:最高2,000万円
傷害後遺障害補償 海外:最高3,000万円 国内:最高2,000万円
傷害治療補償 海外:最高100万円
疾病治療補償 海外:最高100万円
賠償損害補償 海外:最高3,000万円
携行品損害補償 海外:最高100万円 30万円/1事故
救援者費用 海外:最高200万円
補償期間 海外:90日間 国内:事故時に補償
海外緊急医療サービス グローバルホットライン※3
ショッピング保険 最高200万円/年 自己負担1万円
オンライン
プロテクション
インターネット上の不正利用に対して
全額を補償
空港ラウンジサービス 国内主要28空港 海外2空港
その他付帯サービス ・帰国時空港手荷物無料宅配
(成田・中部・関空の3空港利用時)
・空港パーキング割引サービス
(成田・羽田・関空・福岡空港利用時)
・グローバルホットラインによるトラベルサービス
・エクスぺディア優待サービス
・アメリカン エキスプレス セレクト優待、特典
・チケット アクセス先行利用
・アップルワールド.com利用5%オフ
・H.I.S会員限定割引特典
・一休.com会員限定特典
・日本旅行「厳選の宿」5%オフ
・Expediaで会員優待料金 ホテル8%オフ
・クラブ エッセンシア会員限定特典、イベント紹介
・アメリカン エキスプレス コネクト会員限定優待特典
・ダイニング トレンドでライフスタイル別のレストラン紹介

※1:スカイ・トラベラー3倍ボーナス適用時にポイント3倍
※2:提携航空会社のマイレージクラブに等価で移行
   ANAマイレージのみ参加登録料5,000円(税別)/年が必要
※3:グローバルホットライン利用で365日24時間対応

基本情報をご覧のとおり、付帯サービスはとても多くあります。

海外旅行だけでなく国内旅行でも、ステイタスの高い宿泊先を割引価格で予約できるので、ゆったりした旅行を希望する方にはピッタリです!

あなたにイチオシの人気クレジットカード
  • 詳細を見る
    ANA VISA Suicaカード
    飛行機も電車もショッピングも、全てお得に利用することが出来ます
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    ANA アメリカン・エキスプレス・カード
    ANAカードの特典と、ハイステイタスな海外旅行を同時楽しむことができます
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    JALカード
    JAL国内線の利用と相性バツグン、高対費用効果のカード
    詳細を見る

スカイ・トラベラーカードはアメックスの航空系プロパーカード!

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードは、ステイタスの高い国際ブランドで有名なアメックス社が発行するプロパーカードです。

航空会社が提携して発行するカードでは、発行する航空会社に限定したサービスとなってしまいますが、様々な航空会社に適用されるアメックス独自のサービスが付帯しているのが、魅力のカードとなっています!

貯まって行くのはアメックスのポイントですが、等価でマイルに交換することができるので、マイルが貯まっていくことと同じとなります。

アメックスブランドを使用してマイルを貯めたい方には、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカードが、お薦めですよ!

メニューを閉じる