JCB ゴールドカード
  • jcb
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星なし
3.0
  • ETCカード対応
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • 電子マネー
  • 海外旅行保険あり
  • 入会キャンペーン中
  • 家族カード
  • ショッピング保険あり
本家JCBカードのJCBゴールドは、意外と手に入れやすいカードですが、付帯保険などサービス内容は充実。また上位カードへの移行も可能で、実質同じ年会費でよりグレードの高い特典が利用できます。
年会費 ポイント還元
初年度 無料 0.5%~2.8%
2年目以降 10,000円
このカードの公式サイトはこちら

国際ブランドJCBゴールドだから愛される!魅力の底力を徹底解剖!

ノーイメージ

JCBゴールドといったら知らない人はいないでしょう。

でも「じゃ、どんなカードなの?」と聞かれたら、ちゃんと答えられる人はいないのではないでしょうか?あって当たり前のJCBゴールドですが、その詳細は意外と知られていません。

実はこのカード、あなたが思っているよりもずっと身近で手に入れやすいゴールドカードなんですよ。

どなたもよく知っているようで実はあまり知られていないJCBゴールドの魅力を、これから徹底解剖します!

国際ブランドならではのレベルの高いサービス!JCBゴールドの魅力

  • 日本唯一の国際ブランドで堅実な安定感
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険は家族特約つき
  • 空港ラウンジなどJCBゴールドだけの特典の数々
  • 東京ディズニーリゾート特典やトラベル特典が充実!
  • JCB ORIGINAL SERIESパートナー店舗でポイント還元率アップ
  • 更なる上位カード「ザ・プレミア」への招待

JCBといったらカードブランドではお馴染みですが、本家発行のカードのことは意外と知られていません。JCBプロパーカードのゴールドっていかにも凄そうなイメージで、ちょっと手が出しにくいと感じる方も多いのでは?

でも実際にはそんな心配はありません。今回はこのJCBゴールドを徹底解剖します!

カードブランドではすっかりお馴染みのJCBですが、本家本元が発行するプロパーカードや、そのゴールドカードがどんなものかご存知でしょうか?

JCBゴールドは、一般に思われているほど手の届かない存在ではありません。プロパーカードとして価値あるゴールドを、あなたも手に入れてみてはいかがでしょう。

JCBゴールドカード

公式サイトはコチラ

日本唯一の国際ブランドというステイタス!安心のJCBゴールド

JCBは日本でひとつだけの国際ブランド。そこが発行するJCBゴールドには、ステイタスカードとしてまた格別な意味があります。他のクレジットカードとはちょっと違う、JCBゴールドだけの魅力に迫ります!

JCBは日本の国際ブランド!信頼と安定のゴールドの魅力

「ジェーシービー」とは「Japan Credit Bureau」の頭文字だそうです。以下はウィキペディアのJCBについての説明ですが、社名の通りJCBは日本のブランドで、全世界どこへ行っても通用するクレジットカードです。

既存の国際ブランドに加わるという形態でなく、日本国内の他のクレジットカード会社と異なり、自身が国際ブランドを運営・世界展開しているという日本のカードを代表する企業である。
引用元:Wikipedia

JCBゴールドのように自社ブランドが発行するカードのことをプロパーカードと言いますが、「プロパーカードの魅力って何?」と尋ねられたら、すぐに以下のような単語が思い浮かびます。

  • ステイタス
  • 安定性
  • 信頼性

実はこれってただの「気分の問題」ではなく、実際に根拠のあることなんですよ。例えばクレジットカードの内容って、このように企業側の事情で時折変化します。

「クレジットカードには変化がつきもの?」
・サービス内容の変更
・サービスの終了
・新サービスの開始
・ポイント交換率の改変
・新規申込み停止

グループ改変などがあると、いつの間にやら自分のカードが新規申込停止の旧バージョンになってたなんてことも。でもプロパーカードなら、このように大きな変化はまず考えられません。

またカードそのものに信頼性があるため、カードを持っていること自体が信用の裏付けになるといった意味合いも。同じゴールドカードでも、プロパーカードのステイタスは格別です。

従って本来ならば招待制でもおかしくないのですが、JCBゴールドはどなたでも申込めるゴールドカードです。

お値打ちの年会費10,000円(初年度は無料)で、グレードの高い内容が実現しています。まずはJCBゴールドだけのサービス内容をご覧ください。

人間ドックも優待価格!JCBゴールド限定の健康サービス

JCBゴールドの会員の方には、専用の通話料無料のゴールドデスクがあるので、何かわからないことがあればすぐに尋ねることができます。

でも一般的な相談だけでなく、特定の分野にも専門家を置いて対応してくれるのは老舗カードならでは。JCBゴールドなら、このような健康相談も可能です。特に人間ドックサービスは、全国約70ヶ所の優良医療機関の人間ドック受診料が優待価格になってお得です。

■人間ドックサービス
各地の提携医療機関を優待料金で利用できる。
■ドクターダイレクト24
24時間・年中無休。介護や育児など幅広い相談に対応。
■健康チェックサービス
自宅で専門家のアドバイス・病院の紹介が可能。

JCB暮らしのお金相談ダイヤルで気軽に電話相談

一般家庭の困り事の多くは、健康とお金に関することかもしれません。JCBでは、ゴールドの会員向けに金融関連の電話相談も開設。なかなか尋ねにくいお金のことも、ここなら気兼ねなくしかも安心して相談できるでしょう。もちろん相談は無料です。

  • 年金
  • 税金
  • 資産運用
  • その他

更に希望があれば、税理士やファイナンシャルプランナーなど専門家との電話相談も可能です。

チケットやゴルフもJCBゴールドだけの優待価格で!

相談事だけでなく、レジャーなどお楽しみに使える優待が数多いのがJCBカードの特徴です。このように厳選されたサービスが、ゴールドだけの優待価格で利用できます。

  • 有名コースのゴルフコンペ
  • 全国約1,200ヵ所のゴルフ場の手配
  • ゴルフ場優待プラン
  • 対象飲食店での割引き
  • お花の宅配5%引き
  • コンサートなどの良席保証・先行販売・特典付チケット

最新情報のチェックは、毎月届く会員情報誌「THE GOLD」で。この購読もプレミアム会員(ゴールド以上)限定のサービスです。

新しいサービスも!電子マネーQUICPay一体型が選べる!

でもいかにも昔からあるといった感じのカード特典ばかりではありません。JCBは新しいサービス・電子マネーにも対応しています。JCBゴールドにはQUICPayを追加することができます。

QUICPay追加カードは後からでも申し込めますから、ゆっくり考えるのもお薦めです。というのもQUICPayにはこんなにバリエーションがあるからです。家族への発行も可能ですが、その場合は個別に申込みが必要となります。

QUICPayの種類 形状
QUICPayカード 通常のカード型
QUICPayモバイル おサイフケータイに登録
おこづかいQUICPay カード型・10歳以上から利用可能
QUICPay(nanaco) QUICPay対応のnanacoカードに追加
スピードパスプラス キーホルダー型
QUICPayコイン コイン型

この画像は、JCBのサイトに紹介されているQUICPayコインです。例えばスポーツ時に身につけていても小銭のようにかさばらず、リストバンドに装着することもできるんだとか。またお子さんのお小遣い管理には最適な、おこづかいQUICPayもお薦めです。

なおQUICPayは、JCBゴールドに搭載させること(QUICPay一体型)も可能です。しかし申込時に一体型を選ぶと後から分離タイプに戻すことはできませんし、その反対に途中で搭載型への切り替えもできません。

なおJCBゴールドは通常デザインのほかディズニーデザインを選択することができますが、こちらはQUICPayの搭載はできないため別発行のみとなります。

JCBゴールドには、いかにも上位カードといった優待や特典が揃っています。本家JCBが発行するゴールドだけあって、健康やお金など専門的な相談にも対応。カードのことで何かわからないことがあれば、通話料無料のゴールドデスクへどうぞ。

その他レジャーやグルメの特典もあります。また電子マネーQUICPayを搭載することも可能です。追加カードにする場合は、キーホルダー型など様々なタイプも選べます。

JCBゴールドカード

公式サイトはコチラ

JCBゴールド最高1億円の海外旅行傷害保険は家族旅行に大きな安心

JCBゴールドは、家族旅行に最適なサービスが揃っています。海外旅行や国内旅行に役立つ付帯保険や、空港ラウンジ、予約などに関するサービスの数々をご紹介します。

なおJCBは東京ディズニーリゾートオフィシャルスポンサーですので、こちらに関する特典もお見逃しなく。

家族全員が安心!海外旅行傷害保険は家族特約つき

JCBゴールドの海外旅行傷害保険は補償額の高さが際立っていますが、利用付帯か自動付帯かによって補償額は異なります。事前に旅費や旅行代金の支払いをこのカードで支払っていれば最高1億円、それ以外は最高5千万円です。

  • 最高補償額1億円・・・・・・利用付帯
  • 最高補償額5千万円・・・・・自動付帯

でもJCBゴールド付帯保険の本当の価値は、同行する家族全員にも保険が適用されることにあります。

通常カードの付帯保険では、このようにカード会員以外の小さなお子さんが補償から外れてしまうこともあるからです。

「家族特約ナシ → 保険金がおりない家族も!」
本会員・・・・・・・・・保険金が出る
家族会員・・・・・・・・保険金が出る
それ以外の家族・・・・・家族特約ナシの保険では保険金が出ない!
しかしJCBゴールドなら家族特約があるので、同行するご家族全員が補償の対象になります。家族会員は1名までは年会費無料ですので、ご夫婦+お子さんの保険が本会員の年会費だけで賄えることになります。
海外旅行傷害保険 JCBゴールド保険金額
死亡・後遺障害 利用付帯 最高1億円(※)(家族特約1,000万円)
傷害・疾病治療 最高300万円 / 1回(家族特約200万円)
賠償責任 最高1億万円(家族特約2,000万円)
携行品損害 最高50万円(家族特約50万円)
救援者費用 最高400万円(家族特約200万円)

(※)自動付帯は最高5,000万円

また海外航空機遅延保険も完備。飛行機の遅れによる損害に2万円まで、手荷物の遅れに対しては4万円までの補償がつきます。家族での海外旅行には、このカードだけでも安心できる内容になっています。

海外で保険が必要なトラブルに遭遇した場合も、「24時間日本語相談 日本語安心サービス」があるので安心ですよ。ただ滞在先によって電話番号が異なるため、よくわからない時は東京センターにコレクトコールで連絡をとれば対処してもらえます。

待ち時間が楽!無料で使える空港ラウンジ

どのゴールドカードにもついてくる「空港ラウンジ無料利用サービス」ですが、その内容はカードによってかなり差があります。主要空港はカバーしていても使えるラウンジが限定されていたり、海外空港のラウンジは使えなかったり。

その点JCBゴールドはこのように対象ラウンジが多く、非常にレベルの高いサービス内容です。

■JCBゴールドで利用できる空港ラウンジ
国内:28空港40ラウンジ
海外:ハワイ・ホノルル国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

ただ同伴者には別途料金が必要となります。料金体系はそれぞれですが、一般に中学生以下は半額、幼児は無料です(無料となる年齢はラウンジによっても異なります)。

またJCB海外パッケージツアーを利用すれば、空港からの手荷物の宅配に手荷物無料宅配券(片道)になるクーポンが届き、これを使えば帰国後自宅までの宅配が1個無料に。これもJCBゴールド限定の特典です。

国内旅行傷害保険も自動付帯でいつでも安心!

国内旅行傷害保険も非常に高い補償額ですが、こちらは家族特約はありません。ただ自動付帯なので、日常の移動や宿泊中のトラブルにも対応します。なおこちらも国内航空機遅延保険つきなので、飛行機の移動も安心です。

国内旅行傷害保険 JCBゴールド保険金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院 日額5,000円(治療8日以上から)
手術 入院日額×倍率(治療8日以上から)
通院 日額2,000円(治療8日以上から)

ショッピング保険もついてお買い物も安心!

JCBゴールドには、これに加えてショッピングガードも完備。購入日から90日以内のトラブルに対して保険金がおります。

ショッピングガード保険 JCBゴールド保険金額
海外 最高500万円
国内 最高500万円
自己負担額 3,000円

JCBだからお得!東京ディズニーリゾートの特典

なおJCBは東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーですので、この強みが特典にも活かされています。

ディズニーホテル・東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルに泊まるエースJTBのパッケージプランを・・・
①JCBトラベルデスクで申込んで、
②JCBゴールドなどプレミアムカードで支払うと・・・
              → ポイント10倍に!
※本人が参加しなくても特典の対象になります!

JCBのポイントはOki Dokiポイントといいますが、このポイントがJCBトラベル提携オンライン予約サービスの利用で倍増!こちらもゴールドだけの特典です。

国内宿泊オンライン予約  → Oki Dokiポイントが5倍
海外ホテルオンライン予約 → Oki Dokiポイントが12倍

Oki Dokiポイントについては次章で詳しくご説明します。

JCBゴールドの付帯保険は、家族連れの海外旅行に最適の補償内容です。小さなお子さんにも家族特約がつくので、旅先の怪我や病気の治療も安心ですね。

国内旅行には家族特約はつきませんが、こちらも自動付帯で事前の手続きなしでOKです。また海外国内両方とも航空機遅延保険つきです。

空港ラウンジサービスや東京ディズニーリゾートのトラベル特典など、JCBだけのゴールド特典は家族旅行におトクな内容ですよ!

JCBゴールドカード

公式サイトはコチラ

JCBゴールドのポイント還元率アップの3つのチャンスとは?

JCBゴールドの利用で付与されるOki Dokiポイント。JCBゴールドには、このポイントの貯まり方がアップする使い方があります。先ほど少し触れたJCBトラベルの利用以外にも、ゴールド会員の方にお薦めの3つのポイントアップ法をご紹介しましょう。

JCB ORIGINAL SERIESパートナー店でポイントアップ!

「JCB ORIGINAL SERIES」は、今回ご紹介のJCBゴールド含めJCBの主なカードで、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」はその会員向け優待店舗です。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーのサイトでは、直営のOki Dokiランドショップの利用のほか、提携店舗(パートナー)の利用登録もできるようになっています。

ファッションやエンタメ、スポーツやグルメ、またガソリンスタンドの利用もおトクですよ。以下はほんの一例です。なおキャンペーン中だと更にポイント倍増率はアップします。

JCB ORIGINAL SERIES店舗 ポイントアップ率
昭和シェル石油 登録と利用でポイント2倍
セブンイレブン 利用でポイント3倍(QUICPay利用も対象)
スターバックス 利用でポイント5倍
THE BODY SHOP 利用でポイント6倍
amazon.co.jp 利用でポイント3倍以上
ビックカメラ(OkiDokiランド) 利用でポイント2倍以上

JCB STAR MEMBERSで翌年のポイント50%アップ!

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)は、利用額に応じてOki Dokiポイントの加算が増えたり、キャンペーン申込みの口数が増える優待サービスです。

JCBゴールドの会員は、最高位のロイヤルαPLUSというメンバーランクになれば、ポイント最大60%UPも可能です。

年間利用額 メンバーランク ポイントアップ率
300万円以上 ロイヤルαPLUS 60%UP
100万円以上 スターαPLUS 50%UP
50万円以上 スターβPLUS 20%UP
30万円以上 スターePLUS 10%UP

なお現時点でのメンバーランクは、インターネットサービス「MyJCB」や明細書で確認できます。

海外利用はいつでもポイント2倍のチャンス!

海外滞在時のカード利用も、ポイント倍増のチャンスです。

■海外でダブルポイントになる条件
①MyJチェックの登録
②JCB海外加盟店でのカード利用

MyJチェックを登録しておけば、後は海外でお買い物のたび自動的にポイントが2倍に!MyJチェックはメリットの大きいサービスですので、入会したらすぐに登録をお薦めします。

■MyJチェックとは?
Web明細書サービスのこと。MyJチェックに登録すると、カード利用代金明細書が送付されなくなる。発行がスピーディーで、管理も楽になる。

Oki Dokiポイント有効期限はゴールドは3年間!

ポイントを貯めるのに熱心すぎて使うのを忘れていると、最悪失効してしまうことも。このような失敗のないよう、ポイント有効期限の確認はとても大切です。

JCBカードのOki Dokiポイントは、カードグレードによっても有効期限が異なります。

カードの種類 Oki Dokiポイント有効期限
一般カード 24ヵ月
JCBゴールド 36ヵ月
それ以上のステイタス 60ヵ月

JCBゴールドも一般カードと比べればOkiDokiポイントはずっと長持ちですが、それ以上のステイタスのカードは5年と一気に大幅延長。実はこれまでご紹介したポイントアップ率も、ゴールド以上はもっと高い倍率です。

JCBゴールドはどなたにでも申込みしやすい1枚ですが、ここから更なるグレードアップも可能なんですよ。次章では、その方法をご説明しましょう。

JCBゴールドには、ポイントが貯まるチャンスが色々と用意されています。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーでお買い物をすると、ポイント倍増のチャンスが。また利用額が一定額以上になると、JCBゴールドなら最大60%UPも可能です。海外利用はいつでも2倍、またOkiDokiポイントの有効期限も3年間とたっぷりですよ。

JCBゴールドカード

公式サイトはコチラ

JCBゴールド ザ・プレミアへの招待で実現!更なるステイタスアップ

比較的申込みのしやすいJCBゴールドをご紹介してきましたが、より上のステイタスにも興味がありませんか?

JCBゴールドの上位カード「ザ・プレミア」なら、これまでご紹介したサービスよりもずっとグレードアップした特典が提供されます。しかしこれはどなたにでも申込めるカードではありません。でもJCBゴールド会員にならない限り申し込めないカードです。

「ザ・プレミア」は招待制の上位カード

JCBゴールド「ザ・プレミア」は、一定基準を満たしたJCBゴールドの会員だけが入会できるクレジットカードです。招待制ですので、JCBゴールドのようにすぐ申し込むという訳にはいきません。さて、その基準とはどんなものなのでしょう?

■JCBゴールド「ザ・プレミア」の招待の条件とは?

・年間利用額が2年連続100万円以上(集計期間:12月16日~翌年12月15日)
・MyJCBに受信可能なEメールアドレスを登録していること

「ザ・プレミア」年会費5,000円は実質無料?

ご覧の通り予想外にクリアしやすい基準なので、意外とすぐに招待が届くかもしれません。そこでちょっと気になるのが新たに発生する年会費のこと。

「ザ・プレミア」入会には、JCBゴールドの年会費とはまた別に5,000円のサービス年会費がかかります。

■JCBゴールド「ザ・プレミア」入会で発生する年会費

JCBゴールド年会費:10,000円
ザ・プレミア年会費:5,000円
→合計15,000円が必要!
・・・でも、年間100万円以上の利用でザ・プレミア年会費5,000円は免除に!

但し前々年12/16~前年12/15のカード利用額の合計が100万円以上なら、当年の「ザ・プレミア」サービス年会費5,000円は免除となります。

そもそも「ザ・プレミア」の招待基準が年間100万円以上の利用なので、初年度の年会費を支払う必要はありません。

そしてその後も同じペースで利用するなら、JCBゴールドの年会費だけで「ザ・プレミア」へのグレードアップが可能です。年間100万円ペースを維持できるなら、「ザ・プレミア」の年会費5,000円は実質無料なんですね。

「ザ・プレミア」ならラウンジが使い放題!

ご参考までに「ザ・プレミア」の特典内容を簡単にご紹介しておきましょう。

「ザ・プレミア」の大きな特典のひとつが、プライオリティ・パスも使えるようになること。これは世界各国の空港ラウンジサービスを無料で使えるカード。これがあれば、世界約120ヶ所・およそ850ヵ所の空港ラウンジを無料で使えます。

また空港ではありませんが、JCBには京都駅ビル内に「JCB Lounge 京都」という会員限定のラウンジがあり、「ザ・プレミア」会員はこちらも利用することができます。

■「JCB Lounge 京都」

・京都駅ビル内 京都劇場入り口向かい
・年中無休
・10:00AM ~ 6:00PM
・ドリンクサービス(セルフサービス)

「ザ・プレミア」ならポイント有効期限が5年に延長!優遇率もアップ!

ゴールドより上位カードになると、ポイント有効期限が5年に延びることは先ほども触れましたが、ポイントの獲得率もJCBゴールドよりもアップします。

例えばJCB STAR MEMBERSでも、JCBゴールド会員なら最大60%のところ、「ザ・プレミア」会員は最大70%の優遇率アップ。

ダイニング30でコース代金が30%OFF

対象店舗に事前に予約して、専用クーポンを提示した上でゴールド ザ・プレミアで代金を支払うと、コース金額が30%割引または利用合計金額が30%割引になるサービスです。「ダイニング30」は「ぐるなびPR」のサイトにログインするとアクセスできます。

このように「ザ・プレミア」はJCBゴールドよりもいろんな面でお得なカードです。年会費も実質無料ですので、年間100万円程度の利用ができる方は、是非グレードアップにチャレンジしてみてください。

JCBゴールドは年会費1万円で、比較的手に入れやすいゴールドカードだとは思いますが、やっぱりまだ上があるんですね。

ということは、JCBゴールド「ザ・プレミア」こそが本物のゴールドカードってことなんでしょうか?

申込みやすいJCBゴールドから入って、年間利用が100万円以上で一定していれば「ザ・プレミア」にバージョンアップできると考えてください。言ってみればJCBゴールドは「ザ・プレミア」の準備段階といった位置づけとも考えられます。

しかしそれにしては特典内容が格段にアップするので、「ザ・プレミア」は非常にお値打ちのカードです。JCBゴールドに入会したら、是非「ザ・プレミア」を目指すことも視野にいれてください。

安心と信頼!JCBゴールドの基本情報をご紹介します!

JCBゴールドカード

公式サイトはコチラ

以下がJCBゴールドの基本情報です。でも一定の基準を満たせば更なるランクアップが実現、内容もこれよりひとつ上のグレードに。JCBゴールドは大きな可能性を秘めたカードです!

カード情報 内容
年会費 初年度無料 次年度以降10,000円(税別)
申込資格 20歳以上(学生を除く)
家族カード 次年度以降1人目無料、2人目以降1,000円
ETCカード 発行手数料・年会費無料
海外旅行傷害保険 最高1億円 自動付帯は5,000万円まで
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
その他付帯保険 国内・海外航空機遅延保険、ショッピングガード
電子マネー QUICKPay(追加か搭載を選べる)
還元率 0.5%~0.8%
JCBゴールドは10,000円という低い年会費ですが、グレードの高い付帯保険や老舗カード会社ならではの行き届いたサービスが特徴です。

ここには記載されていませんが、年間100万円以上の利用をクリアすればランクアップが可能。こちらの特典はさらなる充実ぶりです。上位カード「ザ・プレミア」の準備段階としても、JCBゴールドはお薦めですよ。

あなたにイチオシの人気クレジットカード
  • 詳細を見る
    JCB 一般カード
    年会費無料で充実のサービス内容、カード初心者にオススメ
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    アメリカン・エキスプレス・カード
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    三井住友VISA クラシックカード
    定番のクレジットカード、サービスや特典も充実しています
    詳細を見る

高いグレードのJCBゴールドなら家族連れの海外旅行も安心です

安心と信頼のプロパーカード、JCBゴールドには安定したサービスが期待できます。特に家族連れの海外旅行には、充実した内容の付帯保険が家族全員を守ってくれます。

このように高いグレードですが、10,000円という入りやすい年会費であることも大きな特徴です。年間利用が100万円で一定すれば、特典が格段にアップする「ザ・プレミア」への招待も。安定性もさることながら、一方で色々と楽しみの多いゴールドカードです。

メニューを閉じる