ポケットカード「P-one WIZ」
  • visa
  • mustarcards
  • jcb
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星なし
4.0
  • ETCカード対応
  • マイルが貯まる
  • スピード発行
  • 電子マネー
  • 海外旅行保険あり
  • 入会キャンペーン中
  • 家族カード
  • ショッピング保険あり
P-one Wizは、利用すれば必ず自動的に1%割引となり、同時にポイントも貯まって結果的に1.5%という高い還元率になっています。また価値の高い特典やオプションも是非お見逃しなく。
年会費 ポイント還元
初年度 無料 1.5%
2年目以降 無料
このカードの公式サイトはこちら

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は割引とポイントで高還元!

ノーイメージ

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)ってご存知ですか?

比較的新しいクレジットカードなので名前を知らない方も多いのですが、いつでも1%OFFという割引に加え、ポイント加算もあるというとってもお得な1枚です。

このP-one Wizのメリットを最大限に引き出すには、実はちょっとした秘訣があります。

ではこれからP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の特徴をご紹介しつつ、このカードをよりおトクに使いこなすコツまで伝授しましょう!

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は高い還元率で大量ポイントを稼げるカード!

  • 1%OFFと0.5%加算で還元率1.5%!
  • 入会後6ヶ月間はなんと還元率2.5%!
  • 年会費無料でコストパフォーマンス最強!
  • Tポイントとの交換やP-oneモールの利用がお得
  • ショッピング保険やサポートサービスで安心
  • ブランド別に選べる付帯サービス

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は還元率が高いだけでなく、ユニークなポイントプログラムを採用しています。手間要らずのお得なシステムは実利派のあなたにもおすすめですよ。是非P-one Wizの詳細をご一読ください!

P-one Wizは通常還元率1.5%、黙っていてもポイントが貯まります。しかし詳しく知れば知るほど、よりお得なポイント獲得法が見つかるカードですよ。

でも魅力的なのは還元率だけじゃありません。多様な付帯サービスについても是非ご期待ください。

P-one Wizカード

公式サイトはコチラ

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の還元率1.5%を更にアップする方法とは?

P-one Wizの標準還元率は1.5%ですが、その内訳は他のカードとはちょっと違っています。そのユニークな仕組みに加えて、更なるポイントアップ法をご紹介しましょう。

P-one Wizは何時でも必ず1%が割引になる!

一般的に還元率1.5%のクレジットカードなら、1,000円使って15円分のポイントが加算される計算になります。P-one Wizもそうなのですが、その内訳はというと・・・?

■P-one Wiz還元率の内訳
1,000円の利用 → 10円割引(1%OFF) + 1ポイント(0.5%)加算

このようにP-one Wizはポイント加算だけなら0.5%ですが、同時に利用料金から1%の割引があるため、合算で還元率1.5%なのです。

利用に応じてポイント加算率はアップしますが、割引は何時でも必ず1%です。期間や店舗が限定されることもなく手続きも一切不要!100円から適用されしかも上限なしですから、使えば使うほどお得です。

このP-one Wizのサイトに掲載された明細書の画像をご覧ください。こんなふうに、ただ使っていれば毎回自動的に1%割引きが適用されるのです。

カード明細書の説明画像

電子マネーチャージなどは1%オフ対象外!

ただし中にはこの1%割引きが適用されないケースもあるので注意しましょう。それは以下の利用についてです。

特にP-one Wizでの電子マネーのチャージにはメリットがないので、他のクレジットカードの利用がおすすめです。

  • ポケットカードトラベルセンター
  • サンリブ・マルショク
  • 電子マネーチャージ(Edyやnanacoなど)
  • 金券類
  • 生損保等の各種保険料
  • キャッシング利用分
  • ETCカード利用分

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は1%オフのほか加算ポイントでも稼げる!

割引は何時でも必ず1%OFFですが、P-one Wizにはポイント加算やボーナスの楽しみもあります。P-one Wizで付与されるのはポケットポイント。割引と同時に、1,000円につき1ポケットポイントが加算されます。

下の図式をご覧ください。これがP-one Wizを利用した際のポイント付与の内訳です。その都度異なるのは【ボーナスポイント】の部分で、1%OFFと1ポイント加算はすべてに共通しています。

■1%OFF + 1ポイント加算 + 【ボーナスポイント】

例えばP-one Wizは入会後6ヶ月間はポイント3倍(1+2ポイント付与)の特典がつきますが、その場合このような内訳になり、合算で還元率は何と2.5%です!

■1%OFF + 1ポイント加算(0.5%)+【2ポイント(1%)】 = 還元率2.5%!

P-oneモールの経由でさらなる大量ポイント獲得!

またP-oneモールを経由して買物をすると、ショップポイントが加算されます。

例えばP-oneモールを経由して楽天市場で10,000円の買い物をした場合、以下のようなポイント付与と割引が適用されます。

■100円OFF + 100ポイント加算+【楽天市場 400ポイント】 

合計で500ポイントと100円の割引きです。ショップで貰えるポイント数はお店や時期によって異なりますので、P-oneモールは定期的にチェックして高倍率を見逃さないようにしましょう。

P-one Wizだけの特典!T-POINTとの交換がお得!

こうして貯めたポイントの使い方も大切ですよね。P-one WizならT-POINTとの交換がとりわけお得ですよ。

というのもP-one Wiz会員だけには、このように特典として特別有利な交換レートが適用されるからです。

【交換レート】:1ポケットポイント=Tポイント5ポイント
【交換単位】:100ポケットポイント以上100ポイント単位

ポケットカードの別カードだとT-POINTとの交換で還元率は0.3%に下がってしまいますが、P-one Wizだけは例外で0.5%をキープできます。しかも100ポイントから交換できて無駄がありません。

なおTポイントへの交換を行うためには、事前にYahoo!JAPAN IDの登録(無料)をお忘れなく!

P-one Wizで支払えば、どんなサービスや商品も常に1%割引になります。これは手続き不要でとても便利なシステムです。

また割引だけでなく、同時にポイントも付与されます。新規入会キャンペーンやP-oneモールを利用すれば、更に多くのポイントを獲得できます。貯まったポイントは、レートがお得なT-POINTへの交換がおすすめですよ。

P-one Wizカード

公式サイトはコチラ

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の初期設定ミニマム・ペイメントの賢い利用術!

でも還元率の高いクレジットカードでも、年会費でプラマイゼロになるようでは困ります。

その点P-one Wizは年会費無料、維持費は0円ですからコストパフォーマンスは上々です!

しかしひとつ気をつけて頂きたいことがあります。それはこのP-one Wizの支払い方法の初期設定が「ミニマム・ペイメント」だということです。

ミニマム・ペイメントには手数料が発生する!

ミニマム・ペイメントとはリボルビング払いのことで、P-one Wizを初期設定のまま利用すると、ショッピング払いが全てリボになります。

ここでリボ払いを利用したことのない方のために、この支払い方法について簡単にご説明しておきましょう。

■ミニマム・ペイメントのメリット&デメリット
メリット :毎月の支払い額が一定で少額(月々3,000円〜)
デメリット:手数料が発生する

ミニマム・ペイメントとは毎月定額の支払いを続けていく支払い方法で、月々の負担が軽い代わりに毎月手数料がかかります。

ミニマム・ペイメントは年率18.0%の手数料がかかる

ではその手数料とは、実際にはどのくらいの金額なのでしょう?

そこで10,000円のカード代金を、ミニマム・ペイメントで毎月3,000円づつ支払った場合の残高と手数料を表にたものをご覧ください。

支払い 残高 手数料
1回目 7,000円(=10000-3000)
2回目 4,103円(=7000-3000+103) 103円
3回目以降 ・・・ ・・・

このように2回目の支払いには残高に対して年率18.0%の手数料103円がかかり、以降残高が0円になるまで毎回手数料が発生します。

カードを利用している限り残高が0円になることはありませんから、ミニマム・ペイメント下では毎月必ず幾らかの手数料を徴収されることになります。

毎月の支払額が少ないのは楽ですが、これでは還元率が高いカードに入会しても、せっかくのメリットが減ってしまいますよね。

高還元率キープ!「ずっと全額コース」は手数料がかからない

そこで是非とも必要となってくるのが「ずっと全額コース」への切替えです。

リボが嫌だという方は、P-one Wizの初期設定ミニマム・ペイメントを「ずっと全額コース」に変更してください。これで毎月一回払いになるので手数料は発生しません。

でもミニマム・ペイメントのままでも、増額や全額払いができない訳ではなく、追加入金はいつでもOKです。

このポケットカード(P-oneカードの発行元)のサイトの図にあるように、懐具合に応じて入金を上乗せすれば、ミニマム・ペイメントの手数料を最小限に抑えることができますよ。

支払いコースの変更例の説明画像

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は2通りの支払い方法を選べる!

P-one Wizは「支払い自由型」という方式を採用しているので、このように支払いコースの切替え自体が自由にできます。

①ずっと全額コースから → ミニマム・ペイメントへ
②ミニマム・ペイメントから → ずっと全額コースへ

これはポケットカードのサイトにある支払いコースの変更例の図です。こんなふうに必要に応じてコース変更は何時でも可能なので、一度決めた支払い方法にこだわる必要は全くありません。

支払いコースの変更例の説明画像

少しでも得をとるには「ずっと全額コース」が原則ですが、万が一支払いが苦しくなった場合には、延滞するよりは一時的にミニマム・ペイメントに切替えるのが賢明です。

初期設定がミニマム・ペイメントだということは、何もせずにいるとリボ払いになるってことですよね。手数料を引かれてしまっては、P-one Wizの高い還元率の意味がなくなってしまいます。

せっかく年会費も無料でコスパ最強のカードなんですから、ここで不要な手数料はかけたくありません。これを避けるにはどうすればいいんでしょうか?

P-one Wizの初期設定の変更はカンタンで、「ミニマム・ペイメント」から「ずっと全額コース」に変更するだけです。これでリボ払いになりません。

しかしミニマム・ペイメントを邪魔な機能と考えないでくださいね。例えばお財布がピンチの時には、この支払い方法で延滞せずに済むことだってあるんですから。P-one Wizは、必要に応じて支払い方法のスイッチが可能なのです。

P-one Wizカード

公式サイトはコチラ

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)はお得なだけじゃない!?価値ある付帯サービス

ところで「年会費無料のカードは付帯サービスがしょぼい」なんて思ってませんか?確かにP-one Wizの付帯サービスの数は多くありませんが、その質は高いんですよ。

つまり別のクレジットカードと合わせて使えば、十分活用できるということです。是非P-one Wizの実質的な特典内容をご覧ください。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)には50万までのショッピング保険が付帯

どのカードにも盗難補償は必ずつきますが、一般に年会費無料のクレジットカードにはそれ以外の付帯保険はさほど期待できないのが普通です。

P-one Wizには旅行保険は付帯しておらず、ショッピング保険のみとなっています。

■P-one Wiz 購入商品安心保険(ショッピング保険)
・年間50万円(免責金額3,000円)
・カードで購入した日から90日以内のトラブルに対して補償

ただポケットカードの中ではこの補償額は多い方ですから、P-one Wizは優遇されているんですよ。

旅行がお得!P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)のトラベルサービス

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)に旅行保険は付帯しませんが、旅行関連の特典なら任せてください。このように実質的なサービスが一揃い付帯しています。

  • 国内外のパッケージツアー カード利用で最大8%オフ
  • ポケットワールドデスク 海外での現地サポート
  • 海外おみやげ宅配サービス カード利用で10%オフ
  • キャッシュパスポート申込み可能

キャッシュパスポートは海外旅行におすすめ!

この中のキャッシュパスポートについてご説明しておきましょう。これは正式名称「MasterCard®マルチカレンシーキャッシュパスポート」という海外向けプリペイドカードです。

こちらはポケットカードのサイトに掲載されたキャッシュパスポートの画像です。ここにあるのはブラックタイプですが、他にもカラーバリエーションがあります。

このカードは1枚で日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、ニュージー ランドドル、カナダドルの7通貨に対応する万能型。安全性が高くクレジットカードと同等に使えるのが特徴です。

実はキャッシュパスポートはP-one Wizに入会しなくても申込めるのですが、これまで海外プリペイドカードを使ったことのない方には良い機会になると思います。

キャッシュパスポートはP-one Wizでチャージできない

チャージ方法ですが、キャッシュパスポートはクレジットカードと紐付きではなく、入金は銀行口座を経由して行います。従ってP-one Wizでチャージはできず、ポイントもつきません。

でもキャッシュパスポートは利用時に200円毎にTポイント1ポイント貯まる仕組みになっており、これはこれで楽しみです。ポケットポイントもTポイントとの交換がお得なので、利用先をTポイントに統一すると管理もしやすくなりますね。

なおキャシュパスポートは一定期間利用しないと手数料を徴収されることがありますが、利用口座の残高が0円になっていれば維持費はかかりません。

ポケット・サポート・サービスは一見の価値あり!

またこちら有料となりますが、検討の価値が大いにある便利なオプションサービスもご紹介しておきましょう。

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)会員とその家族を365日24時間サポートしてくれるポケット・サポート・サービスで、このサービスを付帯させる場合、別途年会費として1,800円必要です。

このサービスは以下3種類から成り、家庭や車などのあらゆるトラブルに対応します。基本的なサービスは無料ですが、状況に応じて実費がかかるケースもあります。以下そのサービス内容の極一部をご紹介しましょう。

①カーライフサポートサービス
 ・レッカー牽引
 ・事故時の帰宅支援など
②ハウスサポートサービス
 ・水周りの応急処置
 ・玄関鍵開けなど
③ライフサポートサービス
 ・健康・医療・介護電話相談
 ・人間ドック施設紹介と予約代行など

オプションサービスなので簡単なご紹介にとどめますが、P-one Wizご入会の際には是非詳細をご確認頂ければと思います。というのも、その内容が一般的なゴールドカードの付帯サービス並だからです。

ゴールドカード年会費は数千円〜1万円が相場であることを考えれば、P-one Wiz会員のポケット・サポート・サービス入会は有料でもかなりお値打ちです。

車専用カーライフホッとラインもお薦めのオプション

「サポートサービスは車関連だけでいい」という方には、「カーライフホッとライン」がおすすめです。こちらは年会費は半額以下の700円。この金額でP-one Wiz会員とその家族の車をサポートしてくれます。

サービス項目はポケット・サポート・サービスのカーライフサポートサービスと同じですが、よく見るとレッカー牽引の距離に差がありました。

  • レッカー牽引20kmまで無料:カーライフホッとライン
  • レッカー牽引30kmまで無料:ポケット・サポート・サービス

どちらも個人名義の以下の車両について、一部離島を除き電話1本で全国対応してもらえます。家族全員が車を利用する方には、是非おすすめしたいオプションサービスです。

  • 自家用(普通・小型・軽四輪)乗用車
  • 自家用(普通・小型・軽四輪)貨物車(最大積載量2t以下)
  • 特種用途自動車(上記1.2ベースのキャンピングカーのみ)
  • 自家用自動二輪車、原動機付自転車
年会費無料のカードの常として数は少ないものの、P-one Wizの付帯サービスにはなかなか利用価値があります。

付帯保険はショッピング保険のみですが、海外旅行時には他のカードと組み合わせるとよいでしょう。また割安の年会費で入会できる車や自宅向けのオプションサービスもおすすめです。

P-one Wizカード

公式サイトはコチラ

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は海外ブランドが3種類!サービス内容を比較!

P-one Wizの特典はこれだけじゃありません。P-one Wiz入会の際にはMasterCard、VISA、JCBの3つから1つのブランドを選べて、そのブランド提供の特典を利用できるのです。

カードの国際ブランドなんて気にしないという方が殆どかもしれません。でもよく調べてみると、その内容には差があります。

後で悔しい思いをしないためにも、ブランドの特徴には一通り目を通しておくべきです。次に各ブランドの長所や短所をまとめましたので、是非ご一読ください。

MasterCardだけのプライスレスな特典!

まずはMasterCardから。MasterCardには、このように使ってみたいプログラムがどっさり。いずれもMasterCard会員限定の優待特典が適用され、値引きやプレゼントが用意されています。

  • 京都国立博物館見学
  • パラグライダー体験
  • BBQガーデン
  • ツリーハウス体験プログラム
  • 高級ホテル宿泊プラン

これはプライスレス・ジャパンという国内向け特典ですが、これ以外にもプライスレス・ホノルルなど世界各地の優待が揃っています。

MasterCardは海外利用手数料が高い!

しかしMasterCardは海外利用については、実はひとつ問題が。それは海外利用時の事務処理手数料です。

実はポケットカードでは、MasterCardの海外事務処理手数料が特に割高なのです。

国際ブランド 海外利用時の事務処理手数料
MasterCard 1.90%
VISA 1.63%
JCB 1.60%

一般にMasterCardブランドの手数料は低いことが普通ですから、勘違いしないようにしてくださいね。これはポケットカードだけの例外です。

もしもP-one Wiz MasterCardを選ぶなら、海外での支払いには別カードを使いましょう。旅行向けカードの中には、海外ポイントが2倍、3倍になるお得なクレジットカードもあります。

使いやすさで選ぶならやっぱりVISA

いつでもどこでも還元率の高いP-one Wizですから、機会のある限りカード決済が原則です。その点、対応店舗の数がダントツのVISAは有利です。

また海外旅行時には以下のようなVISA会員限定の特典も利用できるほか、カード会員限定のVJデスクが世界主要都市の設置されており、旅先のサポートも万全ですよ。

  • 日本ロッテ免税店の優待
  • 各国のショップの割引きクーポン

JCBは海外旅行に関するサービスが盛りだくさん

JCBは海外旅行にとっても便利。特にJCBの海外旅行情報サイトたびらば(旅LOVER)は、計画段階から旅先にまでお得な情報を発信してくれます。

またこのような空港関連の優待も揃っており、現地では世界60ヵ所に設置されたサービス窓口JCB PLAZAがあなたをしっかりサポートしてくれます。

  • 空港免税店割引サービス
  • 空港宅配優待サービス
  • 海外レンタカーサービス

このように各ブランドにはそれぞれ特徴があります。一度発行されたカードの海外ブランドだけを変更することはできませんから、入会時にはよく考えて選びましょう。

P-one Wizは海外ブランドが3通りから選べますが、それぞれのサービスや特徴には一通り目を通しておいた方がいいですね。

特にP-one Wiz MasterCardは、海外利用時の手数料が割高なことを忘れないようにしましょう。VISAやJCBもそれぞれ魅力的なサービスを提供しているので、よく検討して選ぶことが大切です。

最後にP-one Wiz(ピーワン・ウィズ)の基本情報をご紹介しましょう!

P-one Wizカード

公式サイトはコチラ

以下が還元率の高さでは抜群のP-one Wizの基本情報です。家族カードも無料ですので、家族みんなでポイントを稼いでください。

ただし初期設定の支払い方法を「ずっと全額コース」に変更することをお忘れなく!

カード情報 内容
年会費 無料
申込資格 18歳以上
家族カード 3枚まで 無料
ETCカード 発行手数料1,000円
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他付帯保険 購入商品安心保険
電子マネー
還元率 1.5%
P-one Wizはやはり還元率の高さが最大の特徴ですね。しかしその内訳は、1%の割引と0.5%のポイントから成り立っており、利用次第でそれ以上のボーナスポイントを稼ぐこともできます。

またMasterCard、VISA、JCBの3種類の国際ブランドは、それぞれ特典や特徴がありますからよく検討して選んでくださいね。

あなたにイチオシの人気クレジットカード
  • 詳細を見る
    アコム AC マスターカード
    即日発行OK・柔軟審査対応の皆が持てるカード
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    dカード
    docomo携帯の支払いに便利。使い勝手の良い共通ポイントが貯まります。
    詳細を見る

  • 詳細を見る
    オリコカード THE POINT
    Amazonでの還元率2%、ネットショッピングがよりお得に
    詳細を見る

P-one Wiz(ピーワン・ウィズ)は割引とポイント加算で何時でもお得なカードです

P-one Wizは割引とポイント加算でダブルにお得なクレジットカードです。何時でもどこでも必ず1.5%が保証されますので、どなたが使っても損はありません。

また年会費無料の割には充実したサービス特典も魅力です。さらに有料オプションなら、割安でレベルの高いサービスを受けることが可能です。

メニューを閉じる