マクドナルドがクレジットカード対応開始!電子マネー利用も拡大!

マクドナルドがクレジットカード対応開始!電子マネー利用も拡大!

マクドナルドの決済方法が変わることをご存知ですか?

2017年の後半から、従来の支払い方法に加えて、新たにクレジットカード決済がスタートします。

これまでマクドナルドのレジは現金と一部電子マネーのみ対応でしたが、これからはクレジットカードのほか、様々な電子マネーにも順次対応の予定です。

当記事ではこの気になる最新情報と、マクドナルドで便利に使えるクレジットカードも併せてご紹介します!あなたもマクドナルドでスマート決済してみませんか?

マクドナルドのクレジットカードと電子マネー対応は今後どうなるの?

マクドナルドのレジでは、多くの方が現金で決済しているのではないでしょうか?

でもこれからは、お手持ちのレジットカードや電子マネーで、よりスマートな決済が可能になります。まずはその概要をご説明しましょう。

2017年前半のマクドナルドの決済手段

2017年前半の現時点で、マクドナルドで使える決済方法は以下のものです。

  • 現金
  • iD
  • WAON
  • 楽天Edy

コンビニなどに比べると、意外と決済手段が少ないですよね。

対応電子マネーの種類も少なく、例えばiPhone7のApple Payも、現時点では全てのカードが使える訳ではありません。

ではこれが2017年の後半から、どう変わっていくのでしょうか?

2017年の後半からカードと電子マネー対応が一気に拡大!

以下は2018年までに、マクドナルドで新たに対応の始まる決済サービス一覧です。

【クレジットカード】
  • Visa
  • MasterCard
  • JCB
  • ダイナース
  • ディスカバー
  • アメリカン・エキスプレス
【電子マネー】
  • nanaco
  • QUICPay+
  • J/Speedy
  • Visa payWave
  • Mastercard? コンタクトレス
  • American Express Contactless
【交通系電子マネー】
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • manaca
  • nimoca
  • はやかけん
【プリペイドカード】
  • JCB PREMO(JCBプレモカード)

先ず導入されるのは交通系電子とnanacoで、次にクレジットカード、そして残りの電子マネーと対応は2018年にかけて順次拡大します。

この通りかなり大幅な拡大ですので、これからマクドナルドでは、キャッシュレス決済する人がかなり増えると考えられます。

全てのクレジットカードと殆どの電子マネーに対応

一部未対応の電子マネーもありますが、国内発行のクレジットカードならどれでもOKです。

またiDに加えてQUICPay+対応が始まれば、この2つの電子マネーを使うApple Payも、これでフルに利用できるようになります。

なおプリペイドカードも、上記のブランドのものなら問題なく使えます。リストにあるJCB PREMOも、プリペイドカードの一種です。

クレジットカード決済と電子マネーはどっちがいいの?

それにしてもこんなに決済方法が増えると、何で支払うべきなのか迷ってしまいますよね。

どの決済サービスがいいのかを一概に決めることはできませんが、ここではカード決済と電子マネー決済の基本的な違いを比較してみたいと思います。

2つの決済方法は、カードを機械に通すか(接触)通さないか(非接触)という点で大きく異なります。

  • クレジットカード決済・・・接触決済
  • 電子マネー・・・・・・・・非接触決済

今回マクドナルドに導入されるのは、クレジットカードを自分の手で差し込み暗証番号を入力するタイプの端末で、カードを店員に手渡しすることなくサインレスで決済できます。

一方の電子マネーはリーダーにかざすだけでOK。どちらもスマート決済に違いありませんが、より手軽なのはクレジット決済よりも電子マネーです。

電子マネーにはカードタイプやモバイルタイプもありますが、電子マネー機能搭載型のクレジットカードも便利ですよ。

海外でも使える電子マネーにも対応

ところで上記のリスト中、電子マネーの欄にちょっと見慣れない名称があるのにお気づきでしょうか?

nanacoや楽天Edyはお馴染みですが、以下の4つは普段あまり見かけません。実はこれらは、NFC Type-A/Bという国際規格の電子マネーです。

【国際規格NFC Type-A/Bに準拠する電子マネー】

・J/Speedy
・Visa payWave
・Mastercard コンタクトレス
・American Express Contactless

これらの電子マネーは海外でも使えますが、国内ではまだ対応が追いついていません。というのも、日本では国内準拠Felica対応の電子マネーが主流だからです。

国際規格の電子マネーは今後対応が増えていく

しかし今後は、マクドナルド以外でもこれら国際基準の電子マネーへの対応は拡大する予定です。ご存知の通り、2020年東京オリンピック開催時に多くの外国人客を見込んでいるからです。

でも便利になるのは外国人だけではありません。私たちにとっても国際規格の電子マネーは、海外旅行時に大変重宝します。

NFC国際規格電子マネー対応のクレジットカードは、現在国内でも幾つか発行されていますので、興味のある方は是非お試しください。

一例をあげますと、今回の決済サービスでマクドナルドと提携した三井住友カード(Visa)は、「おサイフケータイ」対応スマートフォン(NFC搭載)で「Visa payWave」が使えます。

マクドナルドではいつも現金で払ってましたが、一部の電子マネーなら使えたんですね。でもこれからは支払い方法が増えて、もっと便利になることが分かりました。

でもリストにはなんだか聞いたことのない電子マネーも混じっていますが、これって何ですか?

Visa payWaveなどは、これから利用が増えてくる国際規格の電子マネーです。海外でも国内と同じように使えるので、海外旅行時には大層便利ですよ。

マクドナルドでは、これ以外にも国内でお馴染みの電子マネーへの対応も拡大し、クレジットカードでの決済もできるようになります。

マクドナルド利用におすすめの便利でお得なクレジットカード

今後マクドナルドで使うとしたら、どんなクレジットカードが適当なのでしょう?マクドナルドでおトクに使える、おすすめカードのラインナップです!

今ならマクドナルド利用で10%還元!dカード

dカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • マクドナルド還元率最大10%!
  • マクドナルドで提示するだけで今なら5%もお得!
  • 基本還元率1%!ローソン利用で5%還元
  • dカードのiDは海外でも使える

dカードはマクドナルドと非常に相性の良いクレジットカードで、最大10%還元というお得なタイアップキャンペーンを実施しています。

マクドナルドで還元率10%説明画像

そのキャンペーンの内訳は以下の通り。

①マクドナルドでdカード提示すると

・100円で5ポイント(通常1ポイント)還元率5%
※2017年5月31日まで

②さらにiDで支払うと

・カード請求時に3%割引
・100円につき2ポイント
※2017年5月31日まで

提示すれば通常1ポイントのところ5ポイント付与され、dカード搭載の電子マネーiDで支払えば、さらにポイントアップします。

なおiDは国内仕様の電子マネーですが、dカードのiDは国際規格「Mastercardコンタクトレス」の決済機能に対応するため、海外でも通用することを憶えておいてくださいね。

なお年会費1,250円(税抜)は初年度無料で、前年度一度でもカードを使えば無料になります。

ドコモユーザーの方ならdカードゴールド一択

dカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費は10,000円(税抜)
  • ドコモケータイ・ドコモ光利用料金は10%還元
  • ドコモユーザーはポイントだけで年会費の元が取れる
  • 海外旅行保険は最大1億円補償

もう少しメリットの多いカードが欲しい方なら、上位カード・dカードゴールドはいかがでしょう?

こちらは年会費10,000円ですが、ドコモ料金1,000円(税抜)につき100ポイント付与=10%還元という特典つきです。ドコモ料金が多額の方には大幅な節約のチャンスですね。

しかもドコモに月9,000円支払っている方なら、ゴールドステージ適用で月900円分還元されます。

900円×12ヶ月=10,800円ですから、ポイントだけで年会費の元が取れますよ。

また最大1億円の海外旅行保険、最大5,000万円の国内旅行保険、お買い物安心保険、割引クーポン付与など付帯サービスも豊富です。

マクドナルド関連の特典が適用されるのは勿論ですよ。

年会費無料高還元!オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料!基本還元率1%以上!
  • iDとQUICPayダブル搭載
  • 入会後6ヶ月間は還元率2%
  • オリコモールで0.5%分の特別加算!

次にご紹介するのはオリコカード・ザ・ポイントです。

オリコカード・ザ・ポイントは還元率が高く、電子マネーのiDとQUICPayダブル搭載とマクドナルド利用にはおすすめのクレジットカードです。

クレジット決済・iD決済・QUICPay決済のお好きな方法で支払えますから、これからマクドナルドで使うにはピッタリですね。

しかも入会から半年間はどこで使っても還元率2%という最強の特典が適用され、電子マネーiDは今すぐ利用できますから、マクドナルドでポイントがドンドン貯まります!

この半年を過ぎてからも、オリコモールで0.5%分の特別加算など、非常にポイントの貯まりやすいカードです。しかも年会費は永年無料!大変お得な1枚です。

電子マネーでポイント加算!オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 電子マネー利用で0.5%加算
  • オリコモールで1%分の特別加算!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険

こちらにも上位カードがあります。オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールドは年会費1,950円(税込)ですが、電子マネー利用で0.5%加算という見逃せない特典がつきます。

マクドナルドのレジでiDやQUICPayで支払えば、基本付与率と合わせて常に1.5%の高還元です!

電子マネーならかざすだけなので、レジでの支払いもスマートですし一石二鳥ですね。

またゴールドとしては年会費も安く、その割に海外旅行傷害保険も付帯し旅行関連の特典も豊富です。プレミアムゴールドは初めてのゴールドとして是非おすすめしたい1枚です。

マクドナルドで使いやすい4つのクレジットカードをご紹介しました。どれも還元率が高いことにご注目ください。

これからはマクドナルドのレジでスマート決済が可能になるだけでなく、利用の度にポイントがドンドン貯まりますよ!

マクドナルドをお得に楽しむ方法!無料アプリで割引クーポンを活用

マクドナルドでは、支払いの一部にクーポンも利用できます。モバイルタイプの電子マネーをご利用なら、ネット配信のクーポンを活用してはいかがでしょう?

そこでまだご利用になったことのない方のために、マクドナルドクーポンの概要をご説明します。

アプリ無料登録で割引クーポンが手に入る!

マクドナルドアプリ画像

クーポンの入手方法は至ってカンタンで、以下の手順ですぐにお得なクーポンが使えるようになります。

①マクドナルド公式アプリをダウンロード
②会員登録

たったのこれだけでOKです。

マクドナルド公式アプリは、クーポン以外にも新メニューの紹介など最新情報のほか、条件を絞った店舗検索もできるので、お出かけ先でも大いに役立つでしょう。

実際のクーポンは以下のように画面表示されるので、これをレジ会計時にスタッフに見せれば割引が適用されます。

LINEに友達登録すると割引クーポンが送られてくる

またクーポンのもうひとつの入手方法として、LINEのマクドナルド公式アカウントに友達登録するという手もあります。

その手順は以下の通り。

①まずはLINEメニューを開いて「公式アカウント」を選びます。

LINEメニュー説明画像

②カテゴリーを絞って、マクドナルド公式アカウントを探しましょう。

LINE公式アカウント説明画像

③見つかったら友達登録して完了!これで週に1回くらいのペースで、マクドナルドからクーポンが送られてきます。

LINE友達登録説明画像

忘れていても向こうから定期的にLINEクーポンが届くので、忙しい方にはおすすめですよ。

マクドナルドはクーポンを配信しています。アプリやLINEを使って、最新のクーポンを手に入れましょう。

新たな決済サービスに加えて、これらクーポンを使えば今よりもっと節約上手になれますよ!

マクドナルドで今後はクレジットカードや多彩な電子マネーが使える!

マクドナルドはこれまで現金決済と一部電子マネーにしか対応していませんでしたが、これからはクレジットカードや、様々な電子マネーでも支払えるようになります。

つまり使うカードを上手に選べば、マクドナルドでもしっかりポイントが貯まるということ。マクドナルドから発行されるクーポンも活用して、さらなる節約にトライしてみてください!

メニューを閉じる