マイルを貯めるならJALカード!
JALビジネスきっぷ最大47%オフ

マイルの基本が解るクレジットカード利用術!【初心者マイラー向け】

マイルの基本が解るクレジットカード利用術!【初心者マイラー向け】

マイルを貯めるなら、マイルクレジットカードは必須アイテム!でもマイレージに関する知識無しにカードを上手く使いこなすことはできません。

そこで初心者マイラー向けに解りやすい利用術をお届けします。航空券を手に入れるため、無駄のないマイル獲得を目指しましょう!

最後におすすめマイルクレジットカードをマイレージ種類別にご紹介していますので、こちらも是非ご参考になさってくださいね。

マイルを貯める前に!マイレージサービスの知っておきたい基礎知識

マイルを貯める前に知っておきたい基礎知識を初心者の方に解りやすくご紹介していきますね。

今さら聞けない!?マイレージとマイルの違いって?

マイルについての解説文を読むと、「マイル」の他に「マイレージ」という言葉も出てきます。一体どちらが正しいのでしょう?またその意味に違いはあるのでしょうか?

その答えがこちらです。

【マイレージ】

航空会社のサービスプログラムの事

【マイル】

航空会社が提供しているポイント(マイレージのポイント)の事

「マイル」はクレジットカードのポイントに当たるもので、「1マイル」「1000マイル」といった単位としても使われます。一方で「マイレージ」は、マイルを運用するプログラム全体を指しています。

あなたがマイルを貯めたいのなら、数ある航空会社から一つを選び、そのマイレージプログラムに参加登録しなくてはなりません。

それによってその会社の飛行機に乗るたびマイルが貯まり、貯めたマイルは無料航空券などに利用できるようになります。

また今お持ちのクレジットカードのポイントをマイルに移行する際にも、マイレージへの参加登録が不可欠です。

主に国内で利用されるマイレージには4種類ある!

問題は、どのマイレージを選ぶかです。世界には航空会社の数だけのマイレージが存在しますが、国内で使いやすいマイルというと、やはりその数は限られてきます。

日本でメジャーな航空会社はANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空の4社。それぞれ固有のマイレージプログラムを持っています。

  • ANA(全日本空輸) ANAマイレージクラブ
  • JAL(日本航空) JALマイレージクラブ
  • デルタ航空 スカイマイル
  • ユナイテッド航空  マイレージプラス

マイレージ選びは航空会社のアライアンスが重要なポイント

マイル獲得に欠かせない重要な要素「アライアンス」についてご説明しましょう。

アライアンスとは航空会社のネットワークのことで、航空連合ともいいます。同じアライアンスに所属する航空会社同士なら、マイルの獲得と利用ができますが、アライアンスが異なると貯めたマイルを利用できないのです。

つまり、JALカードで貯めたマイルは、ANAでは利用出来ないという事になります。

以下は、現存する3つのアライアンスと主な所属メンバーの一覧です。

アライアンスの種類 所属する主な航空会社
【スターアライアンス(Star Alliance)】
参加航空会社28社
191ヶ国、1,300ヶ所以上の空港に就航
ANA
ユナイデット航空
アドリア航空
エーゲ航空
中国国際航空
タイ国際航空
ニュージーランド航空
アシアナ航空
オーストリア航空
エジプト航空
シンガポール航空
クロアチア航空 その他
【スカイチーム
(Sky Team)】
参加航空会社20社
177ヶ国、就航都市1,062ヶ所以上
デルタ航空
エールフランス航空
大韓航空
中国東方航空
中国南方航空
チャイナエアライン
ベトナム航空
アリタリア航空
KTMオランダ航空
ケニア航空 その他
【ワンワールド
(oneworld)】
参加航空会社18社
世界160ヵ国、1,000ヵ所の空港に就航
JAL
キャセイパシフィック航空
マレーシア航空
スリランカ航空
アメリカン航空
USエアウェイズ
メキシカーナ航空
ラン航空
イベリア航空
カタール航空
ロイヤル・ヨルダン航空 その他

さきほどご紹介した4航空会社の所属アライアンスは以下の通りです。

  • ANA(全日本空輸) → スターアライアンス
  • JAL(日本航空)  → ワンワールド
  • デルタ航空      → スカイチーム
  • ユナイテッド航空  → スターアライアンス

この中のANAとユナイテッド航空は同一アライアンスに所属しているので、いずれか片方のマイレージに参加していれば、どちらのフライトマイルも積算できます。

つまり所属するアライアンスの規模が大きければ大きいほど、マイル獲得のチャンスは増え、マイルの使い道も広がるという訳です。

ご注意!同一アライアンス内のマイル合算には事前登録が必要

ただし同じアライアンスに所属する航空会社も、そのマイレージプログラムはそれぞれまったくの別物。

積算率もバラバラならルールも異なるため、フライトマイルは単純に合算できるものではありません。

例えばANAとユナイデット航空は同じアライアンスに属していますが、一旦それぞれのマイルが別々に積算されてしまうと、もはや合算も移行もできなくなってしまいます。

そこで通常は、チケット予約の時点で貯めたいマイルの種類を決めておき、そのマイレージ会員番号を申告します。

こうすることで、同一アライアンス内の異なるフライトマイルを、あなたの希望するマイルとして貯めることができるのです。

  • 貯めたいマイルの種類を絞る
  • 参加するマイレージはアライアンスも考慮して選ぶ

同じアライアンスに所属する航空会社のマイルなら統合可能だそうですが、その方法を簡単に教えてもらえませんか?

同じアライアンスの航空会社のマイルを合算するには、予約時に希望するマイレージ番号を登録します。こうすることで、他社のフライトマイルが自分の参加するマイレージに積算されます。

同じアライアンス内であっても、一旦獲得した異なるマイルについては統合も移行もできませんので気をつけてくださいね。

サービス内容で徹底比較!タイプ別に選ぶ航空各社のマイレージ

では実際にはどのマイレージを選ぶべきなのでしょう?

次に、日本でメジャーなANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空4社のマイレージサービスをそれぞれ比較検討してみたいと思います。

要注意!有効期限が切れるとマイルは失効してしまう

マイルと交換する航空券のことを「特典航空券」と言いますが、この特典航空券は交換マイル数が多いほど還元率が高いため、大量のマイルを貯めて一気に交換する方がお得です。

また交換マイル数が足りない場合を想定して適当なマイル移行先も必要ですが、これもまた航空会社によってかなり差があるのです。

徹底比較!4社マイルの有効期限とマイルの移行先

航空会社 ANA JAL デルタ ユナイテッド
マイル
有効期限
3年 3年 有効期限なし 1年半
マイル交換や加算があれば18ヶ月延長
アライアンス
(航空連合)
スターアライアンス ワンワールド スカイチーム スターアライアンス
譲渡 不可
両親・子供・配偶者のみ可能
不可
両親・子供・配偶者のみ可能
誰でも可能 誰でも可能
移行可能なポイント 楽天Edy
Suica
nanaco
Tポイント
Suica
Ponta
WAON
無し 無し

航空会社4社のメリットとデメリットをまとめて比較!

でもこれだけではまだマイレージを絞り込むには不十分です。そこで更に、各社マイレージのメリットとデメリットを詳しく見ていくことにしましょう。

ANAマイレージのメリット!陸マイラーもお得!

先ずはANAマイレージのメリットから。先にご説明した通りANAはスターアライアンスに所属しており、就航都市数は1,300都市以上とトップクラス。

貯めれるマイルの種類も多く、特典航空券の選びやすさも一番です。

また現在発行されているクレジットカードの種類も多様で、ポイントへの移行がしやすいのも特徴です。

ANAマイレージのメリット

  • 提携航空会社が多く豊富な航空券と交換できる
  • 国内便が充実していてマイルが貯めやすい
  • 特典航空券以外にもマイルを有効活用できる
    (ANA SAYコインと交換)
  • クレジットカードの種類が多く移行先のポイントが豊富
  • ANAクレジットカードは更新時にボーナスマイルが付与
    (フライト利用がなくてもOK)
ANAクレジットカードには、フライト利用がなくても更新時にはボーナスマイルが加算されるため、いわゆる陸マイラーにもメリットがあります。

ANAマイレージのデメリット!特典航空券が取りにくい!?

次はANAマイレージのデメリットです。ANAは人気が高いせいで特典航空券がとりにくいと言われています。

また「ブラックアウトデイト」とは特典航空券の扱いがない期間のことを言いますが、ANAにはこの年間設定日が多く、なおさら予約が取りにくいという事情があります。

そこでどうしても予約が取れないという時には、同じアライアンスのユナイテッド航空を使うという方法もあります。

①ANA→②ユナイテッドという順に検索すると、効率よく空席を見つけることができますよ。

ANAマイレージのデメリット

  • ブラックアウトデイトの設定日が多い
  • 人気が高く特典航空券が取りにくい
  • 燃油サーチャージ費用が別途必要【※注意!】
  • マイルの有効期限が3年
  • マイルを他人へ譲渡できない
    (配偶者・両親・子供は可能)
  • 国内線は片道航空券が取れるが必要マイルが多い
    (往復分の75%程度)
  • シーズンによって特典航空券の必要マイル数が変動
【※注意!】
「燃油サーチャージ費用」とは、運賃とは別建で徴収される燃料費用のこと。2016年4月より「ANA・JALも燃油サーチャージは無料」になっていますが、原油価格で変わる可能性もあるため、今回は基礎知識として「費用あり」を前提としています。

ANAマイレージサービスに向くのはこんな方!

総合すると、ANAマイレージサービスに向くのは以下のような方です。出張や旅行で国内便をよく利用するファミリーにはピッタリですね。

  • 国内便の利用が多い
  • ファミリーで旅行を楽しみたい
    (家族のマイル合算が可能)
  • セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する
    (ANAマイル特約店)
  • ショッピングでも積極的にマイルを貯めたい
    (提携クレカの種類が多い)
  • 台湾へよく行く
    (航空連合にエバー航空が入っている為便数が多い)

また普段よく使うお店もチェックしてください。ANAクレジットカードで決済すれば、セブンイレブンの利用でもマイルが貯まりますよ。

JALマイレージのメリット!ディスカウントマイルでお得!

JALマイルも各種ポイントへの移行が可能なので、貯めたマイルが無駄になりません。

JALマイレージのメリット

  • 国内便が充実していてマイルが貯めやすい
  • 移行可能なポイントの種類が多い
  • 特典航空券以外にマイルを有効活用できる
    (e JALポイントに交換)
  • 繁忙期も必要マイル数に変動がない
  • ディスカウントマイル、JALカード割引がある
またJALには、ディスカウントマイルやJALカード割引といったお得なサービスも揃っていますよ。

JALマイレージのデメリット!陸マイラーやや不利!?

JALマイレージのデメリットというと、やはりANAと同様、マイル有効期限3年という足かせでしょう。

特に飛行機利用の少ない方にとって、マイル獲得は時間との戦いです。

JALの場合、毎年貰えるボーナスマイルは飛行機搭乗が条件となっている点が、陸マイラーの方にはやや不利かもしれません。

JALマイレージのデメリット

  • 人気があり特典航空券が取りにくい
  • 燃油サーチャージ費用が別途必要
  • マイルの有効期限が3年
  • 他人への譲渡が不可(配偶者・両親・子供は可能)
  • 渡航都市がANAに比べて少ない
  • マイルで片道航空券が取れるが往復分の75%ほどのマイルが必要
  • JALのボーナスマイルは搭乗しないと貰えない

JALマイレージサービスに向くのはこんな方!

JALマイルはディスカウントマイル等の割引きも使えて、ボーナスマイルの兼ね合いがありますので、年間1回以上は飛行機に乗る方が有利です。

また普段お使いのコンビニの種類にもご注目ください。JALカードで決済すれば、ファミリーマートを始めとするJALカードの特約店でもマイルが貯まります。

  • 国内便をよく使う
  • ファミリーで旅行を楽しみたい
    (配偶者や子供のマイル合算が可能)
  • ファミリーマートやENEOSをよく利用する
    (JALカード特約店)
  • 香港によく行く
    (キャセイ・パシフィックが航空連合のメンバーでチケットが取りやすい)

デルタ・スカイマイルのメリット!予約が取りやすい!

次に海外の航空会社に移りましょう。

デルタ・スカイマイルにはブラックアウトデイトがないため、特典航空券が取りやすいというメリットがあります。

しかもスカイマイルは永久不滅ですので、期間を気にせずじっくり貯めることできますし、誰かにプレゼントもできます。

デルタ・スカイマイルのメリット

  • 有効期限がなく大量のマイルを貯めることができる
  • 特典航空券の予約がとりやすい
  • マイルを他人へ譲渡できる
  • 燃油サーチャージ料が不要
  • ブラックアウトデイト指定がない
  • 10,000マイルから片道特典航空券に交換できる
デルタ・スカイマイルはとても融通の効くマイレージプログラムです。

デルタ・スカイマイルのデメリット!就航都市が少ない!?

デルタ・スカイマイルのデメリットは、加盟するスカイチームの就航都市数がやや少ないということ。

また特典航空券との交換に必要なマイル数が、国内マイレージより若干高いというデメリットもあります。一方で航空券が取りやすいので、一勝一敗といった感じですね。

デルタ・スカイマイルのデメリット

  • 特典航空券に必要なマイル数が多い
  • 他のポイントへ移行交換不可
  • 渡航都市がANAに比べて若干少ない
  • 国内向けショッピングサイトがない

デルタ・スカイマイルサービスに向くのはこんな方!

デルタ・スカイマイルサービスがピッタリなのは、海外旅行でマイルをゆっくり貯めたい方です。

飛行機利用の多い方は、JALやANAマイレージをメインに、デルタ・スカイマイルサービスをサブに使い分けるのもひとつでしょう。

  • 飛行機の利用機会が少ない
    (有効期限が無期限でゆっくりマイルが貯められる)
  • マイルの活用は特典航空券以外には考えていない
  • 友人や恋人との旅行を楽しみたい
    (マイルを友人や恋人へ譲渡できる)
  • 国内旅行より海外旅行に行く頻度が高い

ユナイテッド・マイレージプラスのメリット!マイルは実質無期限!

ユナイテッド・マイレージプラスの最初の有効期限は1年半ですが、マイル交換や加算で18ヶ月延長されるため、定期的に飛行機を利用していれば実質無期限と考えて構いません。

ANA同様、就航都市数最多のスターアライアンスに加盟しており、特典航空券の選択肢が多いこともユナイテッド・マイレージプラスのメリットです。

またユナイテッド航空は日本向けのショッピングサイトである「マイレージプラスモール」を運営しており、こちらの利用でも手軽にマイルを貯められます。

ユナイテッド・マイレージプラスのメリット

  • マイルの有効期限が実質無期限
    (交換・加算で18ヶ月延長)
  • 就航都市数が多く選択肢が多い
  • 燃油サーチャージ料が不要
  • マイルを他人へ譲渡できる
  • マイルで片道航空券が取れる
  • 国内向けマイレージプラスモールでもマイルが貯まる

ユナイテッド・マイレージプラスのデメリット!予約が取りにくい!?

一方、ユナイテッド・マイレージプラスのデメリットとして、海外便の予約が取りにくいと言う方もいます。

ユナイテッド・マイレージプラスのデメリット

  • 他のポイントへ移行交換不可
  • 人気が高く特典航空券の予約が取りにくい
  • クレジットカードの種類が少ない

どのマイレージにせよ特典航空券の数量には限りがありますから、ライバルより一足先に特典航空券の予約を抑える必要があるのです。

ユナイテッド・マイレージプラスに向くのはこんな方!

ただユナイテッド航空のマイルには実質期限がないので、たとえ希望の特典航空券が手に入らなくてもチャンスは無限にあります。

  • 飛行機の利用機会が少ない
    (有効期限が実質無期限でゆっくりマイルが貯められる)
  • マイルの活用は特典航空券以外には考えていない
  • 友人や恋人との旅行を楽しみたい
    (マイルを友人や恋人へ譲渡できる)
  • 国内より海外旅行に行く頻度が高い
但し1年半以上動きがなければ、ユナイテッド航空のマイルでも失効してしまいます。ですが、以下の手段でもマイル期限を延長できますよ。
  • マイレージプラスモールでショッピング
  • マイルの寄付:500マイルから
  • マイルの購入:2,000マイルから(1,000マイル=35米ドル)
  • マイルの譲渡:移行手数料30米ドル/1回、7.50米ドル/500マイル

この中では、国内向けショッピングサイト「マイレージプラスモール」での買物が一番お手軽です。ユナイテッド航空には日本向けモールがあるので、陸マイラーでも安心ですね。

デルタやユナイテッドのマイルは、長く貯め続けることができて他人への譲渡も可能です。

ANAやJALの国内マイルは、有効期限が3年で譲渡は家族のみといった縛りがあるものの、ポイントへの移行も可能で、基本使い勝手が良いのが特徴です。

クレジットカードでマイルが貯まる!マイレージ種類別おすすめクレジットカード

マイルが貯まるクレジットカードに入会すると、フライト以外にもマイル獲得のチャンスが多数あります。

そんなおすすめのマイルクレジットカードを、マイレージ別にご紹介しましょう!

ANAマイルが無期限で貯まる!ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAマイルの有効期限は3年です。

期限が過ぎるとマイルが失効してしまう為、少ないマイル数で交換できる国内特典航空券に交換する方も多いと思います。

ですが、マイルは国際線の長距離便の方が、1マイルの価値が断然高くなるのです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードならポイント移行コース(6,000円税別)に参加すれば、無期限でマイルを大量に貯める事ができますよ。

これならマイル価値が高い国際線特典航空券も狙えますね。

ポイント移行コースへの参加も、3年に1度にすれば節約できます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行保険は、同行する家族も一緒に補償される家族特約付きです。

また、利用できる空港ラウンジも同伴者1名まで無料で利用できる充実ぶりです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ANAアメリカン・エキスプレス・カードだけの特典として、ANAグループでの航空券や機内販売、旅行商品などを利用すれば、ポイントが1.5倍になる点も魅力的ですよ。

提携15社のマイルへ自由に移行可能!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには、「ポイントをアライアンスとは関係なく提携15社のマイルへ自由に移行できる」という、特別な機能が備わっています。

貯めたいマイルが決まらない方でも大丈夫ですし、マイルが無期限で貯まるところがアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの大きな魅力です。

旅行関連のサービスが充実していて、空港ラウンジの利用が同伴者1名まで無料です。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラーカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、対象空港28社の航空券や日本旅行やアップルワールドの旅行商品での利用は、マイルアップが3倍になる最強のカードですよ。

交通系機能が1枚に!ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードは、年会費2,000円(税別・初年度無料) という格安で、飛行機や鉄道といった交通系の機能が1枚に詰まった便利なクレジットカード。

定期券の購入やSuicaチャージでポイントがたまります。貯まったポイントは、1ポイント→5マイルに手数料無料で交換が可能です。

ANA VISA Suicaカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ANA VISA Suicaカードは、通勤でJR東日本を利用する方は効率よくマイルを貯められる1枚ですね。

JALマイルを貯めるならこのカード!JALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQは電子マネーと相性が良く、WAONにチャージ&利用でマイルを2重取りできます。

JALマイルとTOKYUポイントを2重取りできて、TOKYUポイントはJALマイルに交換できます。

東急ストア・プレッセ利用で還元率1.5%、東急ハンズでは最高3%の還元率です。東急電車利用でもマイルが貯まりますよ。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード利用に加えWAONにチャージするだけでもマイルが貯まりますので、イオングループや東急グループをよく利用する方におすすめのカードですね。

ゴールドカード並みのサービスが魅力!JALアメリカンエキスプレスカード

JALアメリカン・エキスプレスカードは、年会費6,000円(税別)で、一般のゴールドカード並のサービスが付帯しています。

ステイタスが高い事で有名なアメックスブランドは、通常のグリーンカードでも年会費12,000円(税別)です。

JALアメリカンエキスプレスカードの年会費は6,000円(税別)にも関わらず、アメックスの多彩なトラベルサービスを満喫できるお値打ちカードですよ。

空港ラウンジ同伴者1名無料サービスや、国内外のレストランやホテルが10~70%割引になる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」も利用できるグレードの高いサービスが揃うおすすめの1枚です。

JALアメリカンエキスプレスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
JALアメリカンエキスプレスカードはWAONと紐づけができないため注意が必要ですよ。

当サイトでは、ANAマイルやJALマイルを効率よく貯める方法もご紹介してますので、是非ご覧頂き効率よくマイルを貯めてくださいね。

デルタ航空スカイマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

さて次は、デルタ航空スカイマイルが貯まるおすすめのクレジットカードのご紹介です。

スカイマイルは、マイルの有効期限がない為期間を気にせずゆっくり貯める事ができ、特典航空券の予約が取りやすいマイレージプログラムです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ゴールドカードでステータス最高位のアメックスゴールドカードの年会費は29,000円です。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は26,000円で、アメックスゴールドの特典にゴールドメダリオンの資格がプラスされる分、とてもお値打ちの仕上がりとなっています。

アメックスならではのサービスグレードの高さもさることながら、以下のようにボーナスマイルのチャンスが多いという特徴もあります。

【フライトボーナス】

・入会時 8,000マイル
・更新時 3,000マイル
・初回フライトボーナス
エコノミークラス → 10,000マイル
ビジネスクラス → 25,000マイル

【カード利用ボーナス】

・通常カード利用 100万円ごとに5,000マイル(年間3回まで)
・海外カード利用 1.25倍

しかも、デルタ航空での利用はマイル獲得率が3倍(還元率3%)となり、ゴールドメダリオン特典と合算すると11%(1米ドル100円換算)と超高還元となります。

さらにスカイマイル会員の上級会員資格「ゴールドメダリオン」が入会特典であることも見逃せません。

ゴールドメダリオン会員には以下のような優待特典があり、デルタを利用する方にはこれだけでも大きなメリットです。

  • 運賃に応じて1米ドルにつき8マイル付与
  • 優先搭乗や優先空席待
  • 到着時に優先的に荷物を受け取れる
  • 世界各地のスカイチームラウンジの無料利用

デルタアメックスゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
待ち時間なく優先的にチェックインもできますし、スカイチームVIPラウンジを無料で利用できる他、空席状況に応じて座席をグレードアップしてくれますので、疲れる事なく飛行機を利用できますよ。

ユナイデット航空マイレージプラスがよく貯まる!クレジットカード

最後にユナイデット航空マイレージプラスが貯まるクレジットカードをご紹介しましょう。

1年半の間にマイル交換や加算があれば有効期限が18ヶ月延長される為、実質無期限でマイルが貯められ、マイルも他人へ譲渡できる使い勝手がよいマイレージプログラムです。

マイレージプラスセゾンカード

マイレージプラスセゾンカード

カードの詳細へ

MileagePlussセゾンカード(マイレージプラスセゾンカード)は、クレディセゾンとユナイテッド航空が提携して発行するクレジットカードです。

マイレージプラスセゾンカードは年会費1,500円と格安ですが、海外旅行に安心な保険が充実しています。

ショッピングマイルは1,000円で5マイル換算、追加年会費5,000円で15マイル換算にアップします。

マイレージプラスセゾンカードは、低い年会費で保険も充実して、しっかりマイルを貯めたい方におすすめのクレジットカードですね。

マイルをしっかり貯めるには、クレジットカードの利用が欠かせません。特に普段さほど飛行機を使わない方にとって、有効期限内に必要マイルを貯めるには、ショッピングマイルも稼げるカードが不可欠ですね。

特典航空券だけじゃない!?マイルを有効に活用する方法と注意点

マイルを有効期限切れで失効させないためには、タイミングよく使い切ることが大切です。

この章では、マイルを無駄なく活用する方法とマイレージの注意点についてご説明します。

マイルには3つの使い道があるが特典航空券がお得!

マイルは航空券との交換が一番お得ですが、実際には3通りの選択肢があります。

  • 特典航空券で飛行機に無料で乗れる
  • 座席のグレードアップができる
  • 商品・他社ポイント・電子マネーに交換できる

航空券は普通に購入し、座席のアップグレードだけにマイルを使うのも良い活用法です。貯めたマイル数によって、以下のように座席を1ランクアップすることができます。

  • エコノミークラス → ビジネスクラス
  • ビジネスクラス → ファーストクラス

マイルは商品や電子マネーとの交換も可能ですが、結果的に還元率は低くなってしまいます。

お得な活用法としては、やはり「ショッピング・電子マネーにはポイントを使う」「航空券にはマイルを使う」が原則ですね。

妥協も必要?特典航空券はいつも取れるとは限らない

特典航空券との交換こそ一番お得なマイル活用法ですが、それには幾つか注意点もあります。

まずはブラックアウトデイトのことです。国内航空会社のANAとJALにはブラックアウトデイトが設定されており、この期間は特典航空券が取れません。

航空券ばかりにこだわらず、座席のアップグレードにマイルを使うのも妥協案のひとつですね。

航空券の交換はシーズンで必要マイル数が変わる場合も!

またシーズンや時期によっても、航空券への交換に必要なマイル数が変動することがあります。

ANAマイレージでは、1年を「ローシーズン」「レギュラーシーズン」「ハイシーズン」の3パターンに分け、シーズンによって交換必要マイル数が変わります。

またデルタ航空のマイレージも、空席状況などによって必要マイル数が5段階に変動するシステムになっています。

一方でJALとユナイテッドにはそのような変動はありませんが、ならば必ず予約が取れるかというと、そうとは言い切れないところも。

利用客の多いシーズンは、どの航空会社でも予約が取りにくくなるのは同じことです。

ANA SAYコインとe JALポイントでマイルを有効活用!

希望通りの特典航空券が入手できないからといってそのまま放置していると、ANAやJALマイレージの場合、有効期限が迫ってきます。

そんな時にも、マイルを無駄にしないで済む良い方法を知っていれば慌てることはありません。それがANA SAYコインとe JALポイントです。

ANA SAYコインとe JALポイントは、交換すると電子クーポンとして利用できるので、マイル有効期限対策に大活躍してくれます。

  • 【ANA SAYコイン】:ANAマイレージクラブ
  • 【e JALポイント】:JALマイレージバンク

ではそれぞれの特徴について順にご説明しましょう。

ANA SAYコインでマイルの有効期限が延長できる!

もしも交換可能なマイルを貯めることができないまま3年の有効期限が近づいても、ANAマイレージなら焦らなくて大丈夫。

さっさとANA SKYコインに交換して使ってしまいましょう。

こうすることで失効間近のマイルでも、さらに1年間有効活用できます。

ANA SAYコインでできる事

  • 1マイルから交換できる
  • 1マイル → 1コイン
  • 10コイン=10円として利用可能
  • 有効期限は1年間
  • パッケージツアー等の旅行商品に利用可能
  • 燃油サーチャージの支払いに充当できる
  • 他社ポイントからの交換も可能
  • 利用後の払い戻し可能

e JALポイントは交換レートが高くてお得!

JALマイレージバンクにも同様にe JALポイントがあります。こちらもANA SKYコインと同様に使えますが、交換レートが高くてよりお得です。

ただ交換に必要な基本のマイル数が多く、また払い戻し不可ということもあって、使い勝手はやや悪いかもしれません。

しかし利用は1ポイントから可能で、無駄なく使い切れますし、交換の度に残高ポイント全てに1年延長が適用されるという利点もあります。

e JALポイントでできる事

  • 10,000マイルから交換可能
  • 1万マイル → 1万5000ポイント
  • 1ポイント=1円相当として利用可能
  • 有効期限は1年間
  • 交換の度に全ポイント残高の有効期限が更新(1年延長)
  • 航空券やJALパックツアーの購入に使える
  • 燃油サーチャージの支払いに充当できる
  • 利用すると払い戻しできない
状況に応じて、ANA SAYコインやe JALポイントも是非活用してみてくださいね。
マイルは航空券としか交換できないわけではありません。座席のグレードアップなども可能ですので、希望の特典航空券が取れない時にも流動的に対応しましょう。

マイルクレジットカード選びにはマイレージの基礎知識が欠かせません

マイルを貯めるには、マイレージに関する最低限の知識が必要です。初心者マイラーにとって、マイルクレジットカード選びはとても大切。ピッタリのカードを選べば、上手にマイルを貯めることができます。

フライトマイルだけでなくショッピングマイルも賢く貯めて、是非ご希望の特典航空券の獲得を目指してください!

メニューを閉じる