三井住友VISAカード

年会費をおさえたい方は一般カード
実店舗にも適用!ポイントUPモール

今こそ三井住友VISAゴールドカード!信頼のステイタスに迫る!

今こそ三井住友VISAゴールドカード!信頼のステイタスに迫る!

今ゴールドカードを手に入れることは、どなたにとってもそう難しいことではなくなっています。でも一定のステイタスを望むなら、信頼できるブランドを選びたいと思うのは当然でしょう。

そんなあなたには、三井住友VISAゴールドカードがピッタリ。多数の新しいゴールドの陰に隠れてしまいがちな、このステイタスカードの安定した人気の秘密に迫ります。

他では得られない三井住友VISAゴールドカードの魅力を再発見しましょう。

憧れの三井住友VISAゴールドカードで安定したサービスを!

  • 信頼性抜群の三井住友VISAゴールドで安心のサービス内容
  • 家族も一緒!ゴールドの充実した補償内容の海外旅行傷害保険
  • 通常の2倍!ゴールドだけのボーナスポイント
  • ゴールド会員限定!一流旅館やホテルで泊まれる優待プログラム

三井住友VISAゴールドカードは、数あるステイタスカードの中でも群を抜く存在です。いかにもゴールドといった感じのサービス内容をはじめ、他とはちょっと違う安定感がこのカードの魅力。これからその人気の秘密を一挙公開します!

三井住友VISAゴールドカードといったら知らない人はいません。ゴールドはやはり知名度も魅力のひとつです。

長い実績ある企業発行のクレジットカードですから、ステイタスだけでなくその中味も非常に充実しているのは勿論のこと。持っているだけでも安心できる1枚です。

三井住友VISAゴールドカードの年会費は大幅割引が可能!

三井住友VISAゴールドカードは高いステイタスが大きな魅力のカードですが、実は案外手の届きやすい存在です。それはこのカードが申込制のゴールドだということ、そしてお得な年会費の割引があるからです。

高いステイタスが三井住友VISAゴールドカードの魅力

三井住友カードは、日本で初めてVISAカードを発行した企業です。カードを扱っておよそ半世紀、知らない人がいないのも当然でしょう。あのパルテノン神殿のデザインを見れば、誰でもステイタスの高いカードだとわかります。

特にゴールドだと簡単に持てないのではと思ってしまいますが、三井住友VISAゴールドカードはインビテーション制(招待制)ではなく、申込めるカードです。

でもステイタスの高いカードは、通常カードでクレジットヒストリーを稼いでからという方法もありますが、三井住友VISAゴールドカードの場合、そこまでの準備は必要ないかもしれません。

新規入会なら年会費10,000円が初年度免除(インターネット入会限定)ですが、カード切替えではこの免除が適用されないというデメリットもあるからです。

三井住友VISAゴールドは年会費が半額以下になる!

実は三井住友VISAゴールドは、初年度年会費だけでなく次年度以降も3通りの割引があって、維持費が積極的に節約できるお得なクレジットカードなのです。

以下はゴールドカードに適用される年会費の割引です。3つの割引のうち1つ、もしくは2つを組み合わせることによって、三井住友VISAゴールドカードの次年度以降の年会費10,000円は殆どの方が満額支払わずに済みます。

年会費割引条件 割引額
WEB明細書サービスの利用(※) 1,000円割引
マイ・ペイすリボの登録+利用 半額割引
前年度利用額100万円以上300万円未満 20%引
前年度利用額300万円以上 半額割引

(※)他割引サービス1種類と重複可能。他サービスは割引率の高い方が適用される。

では実際の割引例を見てみましょう。

WEB明細書サービスの利用は、残りの2つの割引サービスとの重複が可能です。①は1つの割引の適用例、②は2つの割引が重複して適用された例です。

■三井住友VISAゴールドカードの年会費割引例①
●WEB明細書サービスの利用で1,000円引き
→年会費は9,000円
■三井住友VISAゴールドカードの年会費割引例②
●マイ・ペイすリボの登録+利用で半額
●WEB明細書サービスの利用で1,000円引き
→年会費は4,000円

このように三井住友VISAゴールドカードの年会費は、実際には半額以下になるんですね。利用額を増やすのは簡単ではありませんが、マイ・ペイすリボの登録ならどなたでも可能です。

マイ・ペイすリボに登録してもリボ払いにならない方法

このマイ・ペイすリボというのは、あらかじめ自分で毎月の最低支払い額を決めることのできるシステムです。

「三井住友VISAゴールドカード年会費を半額にする条件」
・マイ・ペイすリボの登録
・年1回以上のカード利用
※上の両方を満たすことが必要

条件はマイ・ペイすリボの登録とカード利用だけですから、三井住友VISAゴールドカード会員なら基本どなたでもこの年会費半額割引が可能なのです。

でも問題はリボ払いの手数料のこと。「本当に登録しても大丈夫なの?」と心配になる方も多いでしょう。そこでマイ・ペイすリボについて、もう少し詳しくご説明します。

マイ・ペイすリボの大きな特長は、追加返済も全額返済も自由だということです。

何もしないでいるとリボ払いなりますが、あとで全額入金の手続きさえすれば、通常の一括払いと全く同じで手数料は一切かかりません。

マイ・ペイすリボの支払額は高い目の設定がお薦め

またもうひとつの特長は、毎月の最低支払い額も自分で決定できるということです。支払額は最低5,000円からですが、これは1万円単位で自由に増やせるのです。

支払額を低く設定してしまうとリボ払いが増えますが、十分に高く設定すれば事実上一括払いになります。

もしも希望しないのにリボ払いになってしまった時には、オンラインサービスVpassから全額払いの手続きを行えばいいだけ。同時に設定額を引き上げれば、来月以降もリボは発生しにくくなります。

  • 現時点のリボ残高を一括払いする
  • マイ・ペイすリボの支払い金額を今より高く設定する

これでマイ・ペイすリボの登録は残したままで、リボ払いのない状態にできます。Vpassを使えば、電話や申込書の手続きは一切不要。リボ払いが不要だという方は、マイ・ペイすリボの設定額は毎月の利用額よりもずっと高くしておくと良いでしょう。

30歳になったら持てるゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードは年齢制限がやや厳しく、30歳以上という条件です。一般的なクレジットカードの年齢制限は18歳、ゴールドなら20歳からというのが普通ですが、三井住友VISAゴールドカードは仕事や家庭も安定した年代の方が対象なんですね。

なお20代の方には、若者向けの三井住友VISAプライムゴールドカードがあります。

こちらの年会費は5,000円、最大限の割引適用で1,500円まで下がりますが、30歳になると自動的に三井住友VISAゴールドカードに切り替わります。この場合、初年度の年会費免除はありません。

10,000円の年会費って、最初は結構高いなと思いました。でもネットから申し込めば初年度は無料だし、3通りの割引もあって、三井住友VISAゴールドカードは実際にはもっと低価格なんですね。

半額が割引になる条件として、年間利用額300万円以上というのはちょっとクリアするのが難しそうですが、マイ・ペイすリボの登録なら簡単そうです。このマイ・ペイすリボの利用で気をつけるべきことがあったら是非教えてください。

マイ・ペイすリボを登録すると、毎月の支払いが自動的にリボ払いになります。そうしたくない場合は、利用の都度Vpassで一括払いに変更すると良いでしょう。

また同じようにVpassで、マイ・ペイすリボの支払い金額を今より高くすることも可能です。これならマイ・ペイすリボを登録していても、簡単にリボ払いになることはありません。

三井住友VISAゴールドカードはグレードの高いサービスが魅力!

さて、次は三井住友VISAゴールドカードの特典についてです。古くからあるクレジットカードらしいサービスがある一方で、三井住友VISAゴールドカードは時代に適応した新しいサービスも提供しています。

なおサービスは殆どが無料で利用できますが、中には有料のものもあるので登録の際にはよくご確認ください。

健康相談ドクターコール24は利用価値が高いサービス

カード利用に関することだけでなく、ちょっとした相談事にも対応してもらえるのは、ステイタスの高いクレジットカードの特長です。

三井住友VISAゴールドカードにもドクターコール24という、健康相談の電話窓口が設置されており、24時間年中無休で相談に応じてもらえます。もちろん料金は一切かかりません。

他に比べると地味な特典ですが、実は非常に利用価値があるサービスです。例えばこんな日常的なお悩みの際にも、ドクターコール24が頼りになります。

  • 初めての育児で周囲に相談相手がいない
  • 介護方法について疑問がある
  • 最近、加齢による体調変化が気になってきた

また夜中の急病など判断が難しい時も、ドクターコール24のアドバイスがきっと役立つはず。ゴールド会員の方は、是非このナンバーの登録をお薦めします。

写真入りICカードでセキュリティがアップ!

クレジットカードの紛失や盗難の際にも、三井住友VISAゴールドカードなら盗難補償があるため金銭的な被害を被る心配はありません。でも例え心配ないとわかっていても、カードを悪用されるのって嫌なものです。

三井住友VISAカードならカード裏面に写真を入れることができるので、セキュリティは万全。顔写真付きカードには、盗難や不正利用を未然に防ぐ効果があります。手続きに料金は一切不要ですが、カード発行後に申し込むため若干時間がかかることにご注意ください。

■写真入りICカードの作り方(インターネット申込みの場合)
①通常カードを申し込む
②カード発行後、写真取替申込書で手続きする
※手続きは無料
※家族会員分もOK
※年会費は通常カードと変わらない

電子マネーがどっさり!豊富な追加カードでより便利に!

クレジットカードは電子マネーでより便利になります。三井住友VISAゴールドカードも、以下のように多彩な電子マネーを追加可能です。

iDだけはカード搭載型やモバイル型が選べますが、それ以外は本カードとは別口での発行となります。またこれ以外に、ETCカードと家族カードも追加可能です。

電子マネー 手数料 チャージ方法 申込方法
WAON 発行手数料300円 オートチャージも可 カード発行後申込む
PiTaPa 1,000円(※) 不要 カードと同時申込
iD 無料 不要 カードと同時申込
Visa payWave 無料 不要 カードと同時申込
バーチャルカード 次年度以降300円 カード発行後申込む

(※)年間一度も利用がない場合

バーチャルカードはインターネット決済専用のカード。ネット決済ではこちらのカードを使うことで、本物の三井住友VISAゴールドカードの情報を守ることができます。それ以外は一般的な電子マネーですので、ショッピングや交通機関に便利に利用できます。

三井住友VISAゴールドカードの特典は、さすが三井住友カードといった内容です。ドクターコール24などは、困った時にすぐ役立つゴールドだけの特典です。

多彩な電子マネーの追加発行も、三井住友VISAゴールドカードの特長です。なお数々の電子マネーの中で、iDだけはカード搭載型を選ぶことも可能です。便利なiDが、クレジットカード一体型でより便利になりますよ。

家族特約つきだから安心!三井住友VISAゴールドカードの付帯保険

次に、旅行には欠かせない付帯保険についてご説明しましょう。ゴールドは特に補償内容が充実しているのが普通ですが、三井住友VISAゴールドカードには家族特約がつくというのが大きなメリットです。これがあるとないでは、家族旅行の安心度が全く違ってきますよ。

また飛行機を使う旅も、空港ラウンジサービスが利用できれば待ち時間がより快適に過ごせます。しかもコストは一切かかりません。これもまたゴールドだけの特典です。

海外旅行傷害保険は家族全員に適用で安心!

三井住友VISAゴールドカードの海外旅行傷害保険は、本会員、家族会員の他、会員以外の家族にも適用されるので安心です。

海外で病院にかかると、予想外の治療費が発生することも。カード会員になれない小さなお子さん連れの海外旅行には、カード付帯保険に家族特約がつくとつかないでは大違いです。

海外旅行傷害保険 三井住友VISAゴールドカード保険金額
死亡・後遺障害 最高4,000万円(※)(家族特約1,000万円)
傷害・疾病治療 最高300万円 / 1回(家族特約200万円)
賠償責任 最高5,000万円(家族特約2,000万円)
携行品損害 最高50万円(家族特約50万円)
救援者費用 最高500万円(家族特約200万円)

(※)自動付帯は最高1,000万円

海外旅行傷害保険の「死亡・後遺障害」についてだけ、2通りの補償額があります。旅行に関する費用をカードで支払っていれば最高4,000万円(利用付帯)、そうでない場合は最高1,000万円(自動付帯)です。

利用付帯条件を満たすには、旅行代金の全てをカードで支払う必要はありません。出国前もしくは出国後に利用する交通機関の運賃を支払うのでもOKです(詳細については規約をご確認ください)。

なおこの「死亡・後遺障害」以外の全項目、および家族特約については全て自動付帯ですので安心です。

国内旅行傷害保険は本人と家族会員適用で最高4,000万円

こちらが国内旅行傷害保険の保障内容です。本会員と家族会員のみの適用で、家族特約はつきません。

国内旅行傷害保険 三井住友VISAゴールドカード保険金額
死亡・後遺障害 最高4,000万円(※)
入院 日額5,000円(治療8日目から)
通院 日額2,000円(治療8日目から)
手術保険金 最高20万円

(※)自動付帯は最高1,000万円

なおこれ以外に、お買物安心保険が付帯します。内容は以下の通りです。

「お買物安心保険」
・300万円まで補償
・海外・国内利用に対応
・1事故につき3,000円が自己負担
・購入日および購入日の翌日から90日間が適用期間

プラチナ並の特典!空港ラウンジ無料サービス

海外旅行にあると便利なのが、空港ラウンジ無料サービスです。スタンダードのクレジットカードにはない上位カードだけに許されたこの特典は、三井住友VISAゴールドカードにもちゃんと付帯しています。

このように国内28空港、成田国際空港や羽田空港も網羅しており、ゴールドカードとしては申し分のない内容です。

  • 新千歳、函館
  • 青森、秋田、仙台
  • 新潟、富山、小松、中部国際
  • 成田国際、羽田
  • 伊丹、関西国際、神戸
  • 岡山、広島、米子
  • 山口宇部、 徳島、高松、松山
  • 福岡、北九州、長崎、大分、熊本、鹿児島
  • 那覇

三井住友VISAゴールドカードなら、本会員と家族会員は無料、中学生以下のお子さんは通常1,000円、幼児は無料で上記の空港ラウンジを利用できます。

ゴールドの上位には三井住友VISAプラチナカードがありますが、こちらの特典内容との差といえば、同伴者1名が無料になるかならないかだけ。プラチナの年会費は50,000円であることを考えると、この特典内容はお値打ちです。

relux(リラックス)と提携!一流旅館がゴールド優待価格に!

また家族旅行の印象を大きく左右するのが宿泊先です。宿選びに失敗すると、せっかくの楽しい旅の思い出が台無しになりますよね。

でも三井住友VISAゴールドカードを持っている方は、そんな心配とは無縁です。それは三井住友カードが、高級旅館やホテルの会員制予約サイト「relux(リラックス)」と提携しているからです。

三井住友VISAゴールドカード会員なら、「relux(リラックス)」が選ぶ約600種類の宿が、なんと通常価格の3,000円引きで利用できます!

こちらは「relux(リラックス)」サイトにある谷川岳の5つ星ホテル「別邸 仙寿庵」。「relux(リラックス)」にはこのような宿ばかりが厳選されています。

5つ星ホテル別邸 仙寿庵

使い方は簡単で、三井住友VISAカードのインターネットサービス「Vpass」を経由、専用クーポン番号を入力すれば優待予約が完了!たったのこれだけで特上の宿にゴールド優待価格で宿泊できますよ。

三井住友VISAゴールドカードは、家族揃っての海外旅行にはピッタリの特典が盛りだくさんです。家族特約のついた海外旅行傷害保険をはじめ、空港ラウンジ無料サービスも充実しています。

国内旅行においては「relux(リラックス)」提携の高級旅館やホテルの割引特典が、楽しい家族旅行のお役に立ちます。

三井住友VISAゴールドだけのボーナスとポイントアップの仕組み

三井住友VISAゴールドカードには、ポイントがお得になる特典も盛りだくさんです。ゴールドは通常カードの2倍のボーナスポイントが貰えるほか、ポイントUPモールや電子マネーiDを積極的に使うと、より獲得率がアップします。

三井住友VISAゴールドカードの利用で貯まるのはワールドプレゼントポイント。様々なプレゼントや他ポイントとの交換も可能です。

ゴールドボーナスポイントは通常ポイントの2倍に!

三井住友VISAゴールドカードなら、前年度の利用に応じて以下のようにボーナスポイントが獲得できます。利用額が多いほど最初の50万円で獲得できるポイント数が多く、その後10万円毎に貯まるポイントも20pt、30pt、60ptと増えていきます。

このポイントアップ率はゴールドの特典で、一般カードと比べると2倍のアップ率に相当します。

前年度のカード利用額 ステージ 獲得ポイント
300万円以上 V3 50万円で300pt、以降60pt/10万円
100万円以上300万円未満 V2 50万円で150pt、以降30pt/10万円
50万円以上100万円未満 V1 50万円で100pt、以降20pt/10万円

ポイントUPモールを使えば最大20倍アップ!

ボーナスポイントの特典以外にも、ポイントをより増やせるチャンスがあります。

三井住友VISAカードのポイントUPモールは、会員だけがお得になるネットショップへの入り口。ここを通過するだけで、いつものお買い物のポイントが最大20倍になります!

・楽天トラベル     2倍 → 3倍
・ドクターシーラボ   3倍 → 11倍
・レノボ・ショッピング 3倍 → 5倍
・一休レストラン    2倍 → 3倍
※店舗や倍率は変わる可能性があります。

街中のお店でもポイントアップが実現!

でもネットショッピングだけがお得になるのではありません。ポイントUPモールは以下の手順で、実店舗でもポイントアップが可能です。

①ポイントUPモールで「ココ行こ」ボタンを押す
②お店へ行ってお買物
③カード決済で1倍以上のワールドプレゼントのポイントが貰える!

例えばこんなお店が「ココ行こ」の対象です。これはあくまでも一例で、倍率は随時変わりますから必ずご利用の都度チェックしてください。

・コナカ  2倍 → 10倍
・大丸         3倍
・阪急メンズ東京    3倍
・東急ハンズ      3倍
・カラオケの鉄人   10倍
※店舗や倍率は変わる可能性があります。

オンラインショッピングではない通常のお買物へお出かけの際も、ぜひポイントUPモールはチェックしておきましょう。

また街中のお店には、プレミアムポイント加盟店もあります。例えば目印のステッカーに「×10」と表示があれば、カード支払いで通常10ポイントのところ10倍の100ポイントが付与されます。こちらも要チェックですよ!

・ホテルモントレ銀座     ×2
・清里ペンショングランデール ×10
・club MAC グリプア     ×5
※参加店舗や倍率は変わる可能性があります。

電子マネーiDはダブルでポイントが貯まっておトク!

電子マネーもカード決済時には通常ポイントが貯まりますが、チャージでもワールドプレゼントのポイント付与される点でお薦めなのがiDの利用です。

iDでお買物をすれば、以下の①と②の2通りでワールドプレゼントのポイントが付与されます。

①iDでお買物
②iD利用分をカード決済

同じ品物でもiDを使わず普通にカード決済してしまうと①のポイントは貰えませんが、iDを利用すればポイントは倍のピッチで貯まってくれます。iDならコンビニなど少額の買物でも気軽に使えるので、慣れると効率よくポイントが獲得できますよ。

■iDの使い方
①iDマークのお店で「iD(アイディ)」利用を申し出る
②カードや携帯を読み取り機にかざす
③暗証番号の入力(必要ない場合も)
④お客様控えを受け取って完了!

なお貯まったポイントの有効期限は三井住友VISAゴールドなら3年間ですので、ゆっくりしたペースで貯めたい方にもぴったりですね。

マイ・ペイすリボを使うとポイント2倍になる!

年会費のところでもちょっとご紹介しましたが、三井住友VISAカードのマイ・ペイすリボでもポイントが2倍になります。

但しポイント加算は「リボ手数料」に対してかかるため、手数料の額が多いほど獲得ポイント数は多くなり、リボ払いが終わればポイント倍増もおしまいです。

またマイ・ペイすリボは初回手数料が無料なので、リボ払い最初の月はポイント2倍にはなりません。ポイントが倍増するのは2ヶ月目以降となります。

なおこのポイント付与は手数料の支払いが前提となっているため、ポイントが増えると同時に手数料の支出もかさむということを忘れないようにしましょう。

三井住友VISAゴールドカードは、ポイントもよく貯まるゴールドカードです。基本の付与率は通常カードの2倍となるほか、ポイントUPモール経由で最大20倍のポイントが獲得できます。ネットショップだけでなく、街中のお店にもポイント倍増のチャンスがあることもお見逃しなく。

電子マネーiDの利用は、ダブルでポイントが貯まるので是非ご活用ください。iDは小銭代わりに使える非常に便利な電子マネーです。

信頼と安心の三井住友VISAゴールドカード基本情報

三井住友VISAゴールドカード

最後に三井住友VISAゴールドカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。なお還元率の上限は、年間300万円の利用でボーナスポイントが加算された場合の数値です。

カード情報 内容
年会費 初年度無料 10,000円(税別)割引あり
申込資格 原則として満30歳以上
家族カード 次年度以降1人目無料、2人目以降500円
ETCカード 年会費500円 初回度無料 次年度以降1回以上利用で無料
海外旅行傷害保険 最高5,000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高5,000万円 利用付帯
その他付帯保険 ショッピング保険 最高300万円
電子マネー iD(別途追加発行も可能)
還元率 0.5%~0.8%

(※)他追加カードとして、WAON、PiTaPa、 Visa payWave、バーチャルカード

オーソドックスな三井住友VISAゴールドカードは、一般に考えられているよりもずっと身近なゴールドカードです。

年会費は利用次第でこの半額以下に抑えることができますし、便利な電子マネーiDを搭載させればちょっとした買物が便利でお得になります。また家族旅行がお得で安心になることも、見逃せないメリットです。

三井住友VISAゴールドカードは家族全員が安心できるゴールドです

三井住友VISAゴールドカードはステイタスが高い割に、年会費の割引があるので意外と低価格で持つことのできるゴールドです。

申込制なのでどなたでも新規申込みが可能ですが、30歳以上という年齢制限があります。ぼちぼち家族で海外旅行をとお考えの方には、付帯保険も充実したこのカードが丁度ピッタリですよ。

メニューを閉じる