セディナカードクラシック

キティデザインも選べるカードです!
ダイエーイオンでポイント3倍!

OMCカードなら最大還元率1.5%!毎日のお買物がもっとお得に!

OMCカードなら最大還元率1.5%!毎日のお買物がもっとお得に!

OMCカードは、ダイエーやセブンイレブンなど身近なお店でポイントがドンドン貯まるクレジットカードです。その還元率なんと最大1.5%!

また年間利用額に応じて基本の還元率がアップするほか、国内外の旅行が当たる懸賞に毎月応募できるチャンスもあります。

還元率の改悪が続く中、安定してポイントを稼げるカードは極めて貴重です。今回は、この毎日の節約に役立つOMCカードの詳細をレポートします!

OMCカードの魅力!ポイントが貯まるお得なサービス内容とは?

  • セブンイレブン・イオン等でポイント3倍!還元率1.5%
  • 毎週日曜マルエツで5%OFF
  • セディナポイントモール経由でポイント3~21倍
  • 月5万円以上の利用でポイント2倍!還元率1.0%
  • 年間60万円利用で年会費が無料に!
  • 国内外の旅行に毎月応募できる!

OMCカードはとても実用的なクレジットカードです。お買物や公共料金の支払いでもポイントがドンドン貯まる他、毎月旅行が当たるチャンスも。これからこのカードの詳細をご紹介しますので、是非家計節約にお役立てください。

OMCカードは、既にスーパーやコンビニでポイントがよく貯まるクレジットカードとして人気ですよね。

利用額に応じてポイント加算倍率が高くなり、年会費も無料に。海外や国内旅行の懸賞にも応募できるので、家計の節約には直接的効果が期待できます。

OMCカードは節約に最適!毎月の支払いも対象店もポイントアップ!

クレジットカード利用の醍醐味は何と言ってもポイント加算。しかし思ったほどポイントを獲得できない原因は、利用しやすいお店が近くにないという案外単純な理由だったりします。

でもOMCカードにはポイント加算対象店がいっぱいです!どなたにも可能な、日常的なお買物でしっかりポイントを貯めるコツをご紹介しましょう。

ダイエーやイオン各店なら毎日還元率1.5%!

OMCカードの対象店舗には人気の大型店舗が名を連ねています。だからこそ、どなたも毎日のお買物で無理なくポイントを貯めることができるんですね。

以下セブンイレブンやイオンなど多数の対象店でカード決済すれば、いつでもポイント3倍!還元率は1.5%です。
  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • ダイエー
  • グルメシティ
  • フーディアム
  • イオン
  • マックスバリュ
  • イオンスーパーセンター
  • ボンベルタ成田
  • ホームワイド
  • 光洋
  • マルナカ
  • 山陽マルナカ
  • ピーコックストア
  • サンデー
  • ジョイ
  • ザ・ビッグ

毎週日曜マルエツで5%OFF

またOMCカードには、お買物代金からの値引きサービスもありますよ。これは店舗と曜日が限定されます。

以下店舗の対象日には、お買物代金からほぼ全品5%割引きされます。

【毎週日曜日5%OFF】
・マルエツ
・マルエツ プチ
・リンコス
【毎月第2・第4日曜日5%OFF】
・三春屋
・棒二森屋
・中合福島
・十字屋山形
・今治デパートグループ
・東武イーストモール
・東武サウスヒルズ
・スーパーストア

なおこのサービスは一部実施していない店舗や対象外商品もありますので、詳細は直接店舗にてご確認ください。

マルエツなどでは対象日にポイント2倍に!

また以下店舗では毎月1日、第1日曜日にはポイント2倍のチャンスも!このサービスの対象店は以下の通りです。

【毎月1日、第1日曜日ポイント2倍】
・マルエツ
・マルエツ プチ
・リンコス
・棒二森屋
・三春屋
・中合福島
・十字屋山形
・今治デパートグループ
・東武イーストモール
・東武サウスヒルズ
・スーパーストア
・山交百貨店

ネットショッピングならもっとポイントが稼げる!

ポイントを稼ぐには地上の店舗以外に、ネットショッピングも大いに貢献してくれます。カード会社運営のオンラインモールには、必ず大幅なポイント上乗せがあるからです。

しかもOMCカード会員なら、セディナポイントモールを経由することで、通常よりも1倍分上乗せの最大21倍のポイントを獲得できます。

以下はほんの一例ですが、このようにセディナポイントモールではOMCカード利用が断然お得ですよ!

  • アマゾン
    ポイント2倍 → OMCカードなら3倍
  • ショップチャンネル
    ポイント4倍 → OMCカードなら5倍
  • 楽天市場
    ポイント2倍 → OMCカードなら3倍

OMCカード会員のポイント上乗せがおトク!

例えば1万円のお買物をする場合も、セディナポイントモールを利用するとしないでは大違いです。

普通にOMCカードで1万円支払えば貰えるのは50ptだけですが、セディナポイントモールからポイント10倍ショップで購入すれば、モール経由でポイント10倍、更にOMCカード決済で特別に1倍分上乗せの11倍のポイントが加算されます。
通常決済ポイント モールを経由すると? OMCカードを利用すると?
50pt 500pt 550pt

セディナポイントモールには、以下のようなおなじみの人気ショップ揃い。どなたも目当ての商品が見つかるでしょう。

セディナポイントモール人気ショップ画像

月間5万円以上利用で還元率1.0%にアップ!

またOMCカードにはこんな特典もついています。

200円ごとに1ポイント付与=還元率0.5%

↓↓カードを月間5万円以上使う↓↓

200円ごとに2ポイント付与=還元率1.0%

このように毎月5万円使うだけで、OMCカードは1.0%という高還元率カードに変身します!

国際ブランド加盟店での買物が1.0%還元!

具体例をあげますと、OMCカードは月間5万円以上の利用を続けることで、VISA・MasterCard・JCB各加盟店利用や公共料金の支払いについても還元率1.0%です。

OMCカードの国際ブランドは、カード入会時にVISA・MasterCard・JCBの3通りから選べますが、通常どのクレジットカードもこれら加盟店ではさほどポイントは稼げません。

OMCカードでもお手元のカードに刻印されたブランドの加盟店では、通常購入金額に対して0.5%しか還元されないところが、毎月5万円以上使えば還元率1.0%が実現するという訳です。

公共料金の支払いも1.0%還元が可能に!

ところで月間利用を増やすには、公共料金をカード決済するのが一番だってご存知ですか?

例えば月平均でこの程度の支払いのあるご家庭なら、月額5万円まで残りたったの2万円です。

電気・・・・・5,000円
ガス・・・・・5,000円
水道・・・・・5,000円
モバイル・・・10,000円
プロバイダ・・5,000円

合計3万円 + あと2万円のカード利用 = 月間利用5万円に!

2万円なら、コンビニやスーパーで毎日お買物すれば簡単に達成できる金額ですね。これでOMCカードは、一般の高還元率カードと同等もしくはそれ以上お得なカードに変身です!

年間60万円以上利用すれば年会費も免除される!

またOMCカードは、年間60万円以上利用すれば年会費も免除になります。

【OMCカード】
通常年会費1,000円
→ 年間60万円以上利用で次年度は無料に!

年間60万円以上、つまり月間5万円以上利用するご家庭なら、OMCカードは「年会費無料・基本還元率1.0%」という極めて優秀なクレジットカードとして使えるという訳ですね。

但し年会費6,000円のOMC GOLDカードの場合は、年会費免除の代わりに1,000ポイントが付与されます。

【OMCカード GOLD】
通常年会費6,000円
→ 年間60万円以上利用で1,000ポイント付与!
還元率1.0%以上のクレジットカードはなかなか見つかりませんが、OMCカードは使い方次第でそれ以上の高還元率カードになるんですね。

どうやったら一番お得なのか、是非OMCカードの使い方のコツを教えてください。

OMCカードは月額5万円以上の利用を続けるなら、①年会費無料、②基本の還元率1.0%、③対象店舗では1.5%といった様に、事実上超高還元率カードにもなり得ます。

月額5万円は、公共料金の支払いや対象店での買物で、比較的簡単に達成できますよ。どの利用も高還元ですので、OMCカードは使えば使うほどおトクなクレジットカードです。

OMCカードにはこんなメリットも!安心でお得な旅行が実現します!

通常クレジットカードは、海外旅行や国内旅行をより便利でお得にしてくれます。しかしOMCカード会員になると、普段旅行をしない方にも旅行の機会が増えるかもしれません。

何故そうなるのか、その理由をこれからご紹介しましょう。

ウキウキトラベル賞で毎月旅行が当たる!

実はOMCカードは、殆どの方が毎月旅行の懸賞に応募できるという、ちょっと珍しいクレジットカードなのです。

この「ウキウキトラベル賞」の応募要項は以下の通り。

・カード利用合計金額1万円(税込)を一口として応募
・毎月1日から末日までの利用分が対象

例えば5万円使えば、毎月5口も応募できるわけです!

会員専用インターネットサービスに必ず登録を!

ウキウキトラベル賞の応募期間は毎月1日から翌月の5日まで。会員専用インターネットサービス「OMC Plus」からどなたでも手軽に申し込めます。

なお公式ページからOMCカードをオンラインで申し込めば「OMC Plus」には自動登録されますから、カードがお手元に届いた段階で、既にこのサービスは利用可能な状態です。

この「OMC Plus」では、ウキウキトラベル賞だけでなく、OMCカードに関するあらゆることが可能です。

  • ポイント照会やポイント交換
  • カード請求金額の確認
  • 支払い方法の変更
  • お得なキャンペーン情報などなど・・・

このように「OMC Plus」登録は、ウキウキトラベル賞に応募してもしなくても、どなたにとっても必要なものなんですね。

ウキウキトラベル賞は海外と国内旅行の選択制

ではウキウキトラベル賞の内容についてご説明しましょう。

ウキウキトラベル賞は海外旅行と国内旅行のコースの2通り。具体的な行き先や宿泊先については、当選してから選択できることになっています。

ウキウキトラベル賞海外旅行画像

【海外コース・・・50名(個人)】
・ハワイコース、台湾コース(当選後選択)

ウキウキトラベル賞国内旅行画像

【ニッポンコース・・・ペア50組100名】
・北海道の旭岳温泉、鹿児島県の城山温泉など全国36ヶ所(当選後選択)

なおニッポンコースの当選内容はペア旅行の代金ですが、海外コースが(個人)となっている点にご注意ください。

海外コースの当選時には追加料金にご注意!

実は海外コースの宿泊費は「2名一室利用時の1名分」が前提で、当選した場合は1名参加・ペア参加いずれも別途料金が必要となります。

これについては以下公式サイトからの引用をご参照ください。

海外コースのご当選に含まれる宿泊費は、2名一室利用時のおひとり様分となります。おひとり様でご参加の場合は「1人部屋追加料金(※1)」が別途必要となりご当選者様のご負担となります。
引用元:セディナ

当選した場合になるべく追加費用をかけたくないという方は、応募の際にニッポンコースを選ぶといいですね。

海外旅行障害保険は自動付帯

ところで旅行の安全に欠かせないものが保険です。殆どのクレジットカードには旅行保険が付帯しますが、OMCカードはどうなのでしょうか?

以下がOMCカードの海外旅行傷害保険の補償内容です。

補償項目 金額
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 自動付帯
傷害/疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 1事故最高1,000万円
携行品損害 年間1旅行上限10万円
救援者費用 年間上限100万円

この海外旅行傷害保険は自動付帯ですので、OMCカードで旅行代金を支払っていなくても補償が適用されます。

他の保険を追加することもできる

OMCカードの付帯保険だけではちょっと不安なら、他のクレジットカードの付帯保険を追加、もしくは海外旅行保険に別途加入しても構いません。

複数の保険が適用されると、傷害死亡・後遺障害についてはその内の最高額が、その他の補償については合算後の金額が最高補償額となります。

ここで思い出して頂きたいのは、OMCカードの海外旅行傷害保険が自動付帯だということ。他のカードで旅行費用を支払っても補償が適用されるため、上手く補償内容をグレードアップできますよ。

国内旅行傷害保険には通院補償もつく

OMCカードには国内旅行傷害保険もついています。但しこちらは利用付帯ですので、旅行代金をOMCカードで支払っていないと保険金はおりません。

補償項目 金額
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 利用付帯
入金保険金日額 3,000円
通院保険金日額 2,000円

傷害死亡・後遺障害時の補償額はさほど高いものではありませんが、通院にまで補償がつく保険は他にはなかなか見つかりません。

ショッピング保険も付帯!

OMCカードには旅行保険のほか、ショッピング保険もついています。旅先で購入した物品が盗難や事故で破損した場合も、このカードで購入したものであれば保険金がおります。

購入日から180日間という長期に渡る補償期間が目を引きます。通常のショッピング保険は、この半分の90日間しか補償期間がありません。

■OMCカードのショッピング保険は補償期間が長い!
・購入日から180日間補償
・保険金は最高50万円
OMCカードを毎月1万円以上使えば、どなたもウキウキトラベル賞に応募する資格があります。国内外の旅行に当選すれば、旅がぐっと身近になりますね。

OMCカードには旅行保険も付帯します。海外旅行保険はこれだけでは不十分ですが、自動付帯ですので別の保険に加入することで補償を充実させることが可能ですよ。

OMCカードはカードの種類にも気をつけて!サービス適用にご注意!

ここまでカードの利点を中心にご説明してきましたが、OMCカードには幾つか気をつけていただきたいこともあります。最後にそれをまとめてご紹介しましょう。

OMCカードはセディナから発行されている

OMCカードは企業統合の結果、現在は全てセディナから発行されており、OMCカードで検索するとセディナのカードがヒットすることもあります。

しかし今回ご紹介したサービスが、セディナの全カードに付帯する訳ではありません。例えば以下の特典です。

・カードショッピング月間5万円以上利用でポイント2倍
・年間60万円以上利用で年会費免除(GOLDは1,000ポイント付与)
・セブンイレブン、イトーヨーカドー、ダイエー・イオンでポイント3倍

以上の特典が全て対象となるのは以下のOMCカードだけです。他カードでは一部サービスが対象外となりますのでご注意ください。

  • OMCカード
  • OMCカード(ハローキティ)
  • OMCゴールドカード
  • OMCゴールドカード(ハローキティ)
  • 中合OMCカード
  • ボーニカード
  • 三春屋OMCカード
  • 清水屋OMCカード
これらのOMCカードは全て「セディナ公式サイト」から申し込めますが、セディナからは似通ったクレジットカードが多数発行されています。入会時にはくれぐれもお間違えのないようにしてくださいね。

複数の特典のポイント加算は重複できない

またOMCカードの特典であるポイント加算は、異なるサービスを重複して利用できないことにもご注意ください。

月間5万円以上カードショッピングするとポイントは2倍になりますが、イオンやセブンイレブンでの買物でこれが更に3倍になるかというとそうではありません。

これらサービスは以下のように利用先がそれぞれ異なるため、重複適用にはならないのです。

【月間5万円以上利用でポイント2倍】
→ 対象店以外でのショッピング、公共料金の支払いなど
【イオンやセブンイレブンでポイント3倍】
→ 対象店でのショッピング

Edyチャージはポイント2倍にならない

また特典である月間5万円以上の利用時にも、ポイント2倍にならない利用対象があることにご注意ください。

【月間5万円以上利用でポイント2倍】の対象とならないもの
・年会費
・キャッシング
・ローン
・利息その他手数料
・Edyチャージ

これによるとOMCカードでのEdyチャージは0.5%止まりですので、他のクレジットカードでチャージした方がお得なケースもあります。

OMCカード会員になると、普段旅行しない方にも旅行のチャンスが巡ってきますよ。ウキウキトラベル賞は、1万円利用に対して1口分の応募資格があり、海外旅行や国内旅行が当たります。

当選すると旅行保険が役立ちます。OMCカードには基本的な旅行傷害保険が付帯しており、海外旅行傷害保険は自動付帯で、他の保険との組み合わせも可能です。

OMCカード基本情報を一覧にまとめました!

OMCカード

以下がご紹介してきたOMCカードの基本情報です。なお追加できる電子マネーiD、QUICPayはいずれもオートチャージ形式で、いずれも利用分に対してポイントがつきます。

カード情報 内容
年会費 1,000円 免除条件あり
申込資格 18歳以上
家族カード 300円
ETCカード 発行手数料1,000円
海外旅行傷害保険 最高1000万円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高1000万円 利用付帯
その他付帯保険 ショッピング保険 最高50万円
電子マネー iD、QUICPay追加可能
還元率 0.5%~1.5%
OMCカードは、毎日使えるお店で還元率が1.5%になるところがもっとも評価の高い点です。利用額が一定額以上になれば、年会費は無料、毎月の公共料金も1.0%分があなたのお財布に戻ってきます。

またこの表には記載していませんが、毎月旅行の当たる懸賞に応募できるのも、このカードの非常に大きなメリットですね。OMCカードは家庭の節約に大いに役立つ1枚です。

OMCカードは毎日の買物や公共料金の支払いが今よりお得になります

OMCカードは、コンビニやスーパーで毎日使えるクレジットカードです。しかも対象店では1.5%と超高い還元率で、一定額以上利用すれば対象店以外でも還元率は1.0%に。

旅行に関するメリットも多いので、ご家庭のメインカードとしてはおすすめできる1枚です。どんどん使えばポイントを稼げるし、毎月応募できる懸賞旅行に当たる確率も着実にアップしますよ。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断