エポスカード

74種類の豊富なデザインが選べる!
年会費無料優待充実!エポスカード

カッコいい!海外のクールなデザインのクレジットカードまとめ

カッコいい!海外のクールなデザインのクレジットカードまとめ

日本には、とても多くの種類のクレジットカードがあります。海外旅行をするにしても、今では日本で作ったカードが問題なく使える国が多いので、特に不便はないですよね。

そのため、日本にいるままでは作ることが出来ない、海外で発行されているクレジットカードのことは、あまり気にしたことがないという人も多いかもしれません。

でも、国際クレジットカードにも、やはりいろんな種類があるんです。カッコいいデザインのものもたくさんあります。

今回は、そんなクールでナイスな国際クレジットカードを集めてみました。地域別に分けてご紹介しますので、世界旅行気分で海外のカードデザインをご覧になり、お楽しみください!

まずは近場のアジアから!タイや香港のクレジットカードって?

それでは、まず日本と同じアジア圏のクレジットカードからご紹介したいと思います。距離的に近いことや日本人と見た目が似ていることなどで、親近感の持てるアジアの国々ですが、カードのデザインはどんな感じなんでしょうか。

香港上海銀行Visa Platinum Credit Card

Visa Platinum Credit Card

こちらは、香港上海銀行から出ている、スタンダードなカードのひとつ。黒地に無数の白い曲線でできた優雅なモチーフが、高貴な印象を与えてくれます。南アジアの暑いイメージとは違う、とってもクールで大人っぽいデザインですね。

マレーシアの香港上海銀行で発行する場合、入会資格は21歳以上、年収36,000MR(マレーシアリンギット)以上。日本円にすると、およそ100万円程度となっています。

ところが、同じカードを香港の香港上海銀行で作ると、その場合の年収条件は250,000HKD(香港ドル)以上で、日本円にすると370万円程度。

それぞれの国の経済状態や平均年収を考えると同じような価値になるのでしょうが、まったく同じカードが、国によってこんなに違う条件が付くのも、世界に目を向けて初めて見える面白さですね。

Dickson card

Dickson card

これは、香港上海銀行とディクソングループとの提携カードです。ディクソングループとは、香港でファッション関連の代理販売などをしている企業のこと。

ブルックス・ブラザーズなどの高級ブランドも取り扱っていましたが、2015年6月にブルックス・ブラザーズの取り扱いは終了となりました。業績的に厳しいニュースも多いですし、ましてや日本に住んでいる人には、持つ意味はほとんどないカードではあります。

でも、デザインという面から見ると、暗闇に月の光のような明るい白が素敵です。どことなく、宇宙空間をも連想させる、かなりシンプルなのに意外と日本のクレジットカードではあまり見ない類のデザインではないでしょうか。

カシコン・バンコク病院グループ提携・クレジットカード

カシコン・バンコク病院グループ提携・クレジットカード

お国を移動して、今度はタイのクレジットカードです。これは、タイのカシコン銀行とそのグループ内の病院との提携カードです。

カードの特典として、薬代や検査費用が10%引き、入院時の部屋代30%引き、部屋のアップグレードなどがあります。医療費が保険点数で決まっている日本では、まず考えられない特典内容。お国柄の違いが面白いですね!

病院との提携カードなだけあって、デザインも医療器具を思わせるステンレスのような色味。シルバーのグラデーションでロゴマークが書かれています。シンプルでシャープなカードフェイスです。

タマサート大学カード

タマサート大学カード

こちらもカシコン銀行の提携カードです。提携先は、タマサート大学。学費の分割払いの際、利子分が免除されるなどの特典があります。

大学のキャンパスの写真がモノトーンでデザインされた、かなりシックで素敵なカードフェイス。左上の大学のロゴが、まるでお月様のように浮かんで、デザインのアクセントになっています。

日本ならエポスカードがおすすめです!

74種類の豊富なデザインが選べる!年会費無料優待充実!エポスカード

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 最短即日発行可能!カードデザインは74種類から選べる!
  • カード会員限定!マルイで年4回開催される7日間は10%割引!
  • 年会費無料!傷害疾病補償も付いている海外旅行傷害保険が自動付帯!
  • 飲食店・カラオケ・レジャー・温泉など全国7,000店舗以上の優待特典!
  • カード利用通知サービスや不正使用検知システムで安心できるセキュリティ!
  • エポスバーチャルカードで安心してネットショッピングできる!

以上6つの特徴は、エポスカードの魅力として是非伝えたいところです!マルイファンなら、エポスカードは必需品と言っても良いでしょう!

太平洋を南へ!オセアニア地域のクレジットカードは超クール!

アジアから赤道を横切り、太平洋をほぼ真南に進めば、オーストラリアやニュージーランドでお馴染みのオセアニア地域へとつながります。留学先や移住先としても人気の高いオセアニアの方々は、どんなクレジットカードを使っているのでしょう?

コモンウェルス銀行 LOW RATE CREDIT CARD

コモンウェルス銀行 LOW RATE CREDIT CARD

オーストラリアの代表的な銀行のひとつ、コモンウェルス銀行から発行されているクレジットカードです。年会費は59オーストラリアドル。日本円にして5000円程度です。コモンウェルス銀行のクレジットカードの中では一般的な、比較的入手しやすいカードです。

銀行のロゴが中心に据えられ、ロゴの黄色を活かしたデザインとなっています。黄色と黒のコントラストがとってもカッコいい、デザイン性の高いカードですね。

コモンウェルス銀行のクレジットカードには、他にもたくさんの種類があるのですが、ベースは同じデザインです。でも、ロゴ本来の黄色を使っているのは、このカードだけ。そういう意味では、これが一番コモンウェルス銀行らしいデザインだと言えますね。

ANZ First

ANZ First

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)には、ニュージーランドをはじめとして世界のいくつかの国に支店があるのですが、こちらは本場オーストラリアのANZから出ている、もっともスタンダードなクレジットカードです。

年会費が30オーストラリアドル(日本円で2,500円程度)とお安く、日常生活で使うのにぴったりのカードです。

オセアニアの海のような深いブルーがとっても素敵です。水色とシルバーの帯がまた爽やかで、クールな中にも南の空をイメージさせるような、温かみもあるデザインです。

ANZ Design my card

ANZ Design my card

こちらも、オーストラリアのANZのクレジットカードなんですが、なんとこの銀行には、無料で自分の好きな画像をクレジットカードにできるというサービスがあるんです!この画像は、ANZが提供するイメージライブラリーの中のほんの一例。

イメージライブラリーの中から好きな画像を選んでもいいし、もちろん自分の好きな写真を使ってもいいんです。家族やペットの写真や、お気に入りの風景写真などがクレジットカードになるなんて、何ともうらやましいサービスです。

いつかオーストラリアに住む機会があったら、セルフデザインのクレジットカードを作ってみたいですね!

カード社会の本場、米国のクレジットカードはデザインも興味深い

今や世界中の多くの国でクレジットカードが普及していますが、日常生活の多くの支払いをカードで済ますようなカード社会といえば、やはりアメリカ合衆国が代表的ですよね。

そんな米国では発行されているカードの数も膨大ですから、その分デザインにも富んでいるはず。中でも特にカッコいいカードをご紹介します。

Citi bank Citi ThankYou Premier Card

Citi bank Citi ThankYou Premier Card

旅行好きな人ならお世話になる機会も多いであろう、シティバンク。世界中にありますが、元は米国の銀行です。こちらは、そのシティバンクから出ているクレジットカード。

年会費は95US$で、日本円だと10,000円くらい。ポイントが無期限で貯まったり、旅行傷害保険が付いていたりと、日本のクレジットカードでいうと、ゴールドカードくらいの感覚で使えそうなカードです。

グレーにターコイズブルーのラインがクールです。この色の組み合わせ、とっても好みです。らせん模様でできた紋章のような白抜きが、さらに落ち着きを加えています。

Citi AAdvantage Platinum Select MasterCard

Citi AAdvantage Platinum Select MasterCard

シティバンクとアメリカン航空との提携カードです。航空会社らしく、飛行機がデザインされた、旅心をくすぐるカードです。等高線に写った飛行機の影が素敵です。

年会費は、上のカードと同じ95US$ですが、エアチケット料金の割引、マイルが多く貯まるなどの特典があるので、アメリカン航空をよく使う人ならお得に使えそうなカードです。

アメリカン航空の提携カードは、日本在住の日本人でも、りそなカードで作ることができます。でも、ここで紹介したシティバンクのものとはデザインが異なります。好みは人それぞれですが、オリジナリティの高さで言えばシティバンクが良いと個人的には思います。

The Starwood Preferred Guest Credit Card from American Express

The Starwood Preferred Guest Credit Card from American Express

クレジットカードといえばAMEXといっても過言ではありません。スタンダードなAMEXももちろんカッコいいですが、ここではちょっと違う提携カードをご紹介します。

Starwood Preferred GuestとAMEXが提携して発行しているカードです。Starwood Preferred Guestとは、世界中のホテルやリゾートでの滞在を、より優雅にお得にできる会員向けサービスのこと。

そんな優雅なイメージをそのままカードにしたらこうなったというような、高貴なパープルのグラデーションが美しいデザインです。

CENTRAL PACIFIC BANK Visa Signature Bonus Rewards Card

CENTRAL PACIFIC BANK Visa Signature Bonus Rewards Card

セントラルパシフィック銀行は、ハワイに拠点を置く銀行です。そこから発行されているクレジットカードには、こんな真っ赤な野鳥のデザインがありました。

他にもいろんな野鳥のデザインがありますが、この鮮やかな赤と青の鳥が一番ハワイっぽくて素敵な気がします。

年会費無料というのがうれしいですが、やはり残念ながら米国に住所がないと作れません。ハワイでこんなクールなカードで買い物できたら楽しいんですけどね。

ヨーロッパ代表はオランダ!そのデザインは欧州らしい美しさ!

さて、最後はヨーロッパです。米国ほどにはクレジットカードが当たり前にはなっていないようですが、それでもいろんなデザインのカードが存在します。

ABN AMRO Credit Card

ABN AMRO Credit Card

オランダに本店を持ち、世界の様々な国にも店舗を持つ銀行、ABN AMRO。こちらは、オランダのABN AMROから出ている、年会費無料のスタンダードなクレジットカードです。

クリスタルが光を放っているようにも見える、ソリッドかつクールな相当カッコいいデザイン。このシリーズのゴールドカードもあって、そちらは同じデザインの金色バージョン。それも素敵なんですが、クールさで言えば、この一般カードの方に軍配が上がりそうです。

KLM Flying Blue American Express Entry Card

KLM Flying Blue American Express Entry Card

KLMオランダ航空のクレジットカードです。KLMオランダ航空は、エールフランス傘下にあるためか、クレジットカードもオランダ、フランス、スイス、イギリスなどのバージョンがあり、デザインは基本的に統一されています。

ただ、このEntry Cardという種類はオランダバージョンにしかなく、年会費が一番お安い、いわば入門編のカードとなっています。その分、マイル付与率などは低いのですが、デザイン的には一番カッコいいと言ってもいいくらい、美しい一枚です。

雪のようにクリアで真っ白な地に、地球を模した曲線が縦に入っています。そこに爽やかなブルーでKLMのエンブレム。この王冠のエンブレムが映えるのは、シルバーやゴールドよりも、やはり白地のEntry Cardです。

カードデザインにもお国柄が!?クールなカードがいっぱい!

アジア、オセアニアから北米を回ってヨーロッパまで、クレジットカードのデザインを追いかけて世界旅行してみましたが、いかがだったでしょうか?

世界中で使えるように、大きさの規格が決まっているという意味では、クレジットカードのデザインにも制限があるわけで、日本のものと似たり寄ったりになりがちかと思いきや、こうして見てみるとやはり国や地域をイメージさせるようなデザインも見受けられました。

国際クレジットカードのほとんどは、その国に住んでいない人には作れないので、移住予定のない人には実用性という意味では皆無な記事ですが、こうしてデザインを眺めているだけでも面白いと感じていただけたら幸いです。

海外にも、カッコいいデザインのクレジットカードがたくさんあるんですね。

好みのデザインがあったら覚えておいて、いつかその国に行く機会があれば、使っている人がいないか観察してみるのも、意外と面白いかもしれませんね。

メニューを閉じる