オリコカード ザ ポイント

paymo(ペイモ)登録におすすめ
高還元のオリコカード・ザ・ポイント

割り勘アプリpaymo(ペイモ)活用で全員クレジットカードポイントが貰える

割り勘アプリpaymo(ペイモ)活用で全員クレジットカードポイントが貰える

あなたはpaymo(ペイモ)という名前を聞いたことがありますか?これは飲み会などを皆んなで楽しんだ後、スマートに割り勘できるアプリです。

テーブルに頭を寄せ合って小銭をジャラジャラ・・・こんな光景はもう過去の話!これからはスマホでスッキリ精算しましょう。

paymo(ペイモ)なら、立て替えも後日清算もとってもスムーズ。「paymoしよう!」と言われて戸惑わないよう、今回はpaymoの仕組みと使い方を徹底解説します。

幹事さんだけでなく、友達と食事する機会の多い方必見です!

割り勘paymo(ペイモ)は予想以上のアプリ!友達との会食にピッタリの機能

機能は割り勘だけと聞くと「な〜んだ」と思った方もいるかもしれませんが、paymo(ペイモ)は予想以上に凄いアプリです。

飲み会の幹事さんの手間が省けるのは当然のこととして、paymo(ペイモ)があればこんなことも可能になりますよ。

  • お財布無しで友達と楽しめる
  • 後日会わずに割り勘精算できる
  • メンバー全員がポイントを獲得できる
  • paymoポイントでも支払える

どうですか?これならアプリをダウンロードしてみたくなりますよね。

paymo(ペイモ)とは!?

paymo(ペイモ)とは、無料で利用できる割り勘アプリの事です。メンバー全員がpaymo(ペイモ)を使えば、もうお財布なしでも集まれます。

請求はスマホで完了!もちろん後日精算もOKです。paymo(ペイモ)なら顔を合わせず請求や支払いができるので、立て替えた人の負担は最小限です。

またpaymoを活用すれば、メンバー全員が支払いでポイントを獲得できるというメリットがあります。

これからは、幹事さんがポイント独り占めなんてこともありません。少人数の集まりも、paymo(ペイモ)があればお互いスッキリですね!

paymo(ペイモ)で割り勘でも全員クレジットカードポイントが貰える

ではこれからpaymo(ペイモ)について詳しくご説明します。

paymo(ペイモ)の機能は以下の通りとってもシンプル。以降この順番に沿って解説していきます。

①paymoに登録
②代金を請求
③支払い

paymo(ペイモ)を「幹事さん向けアプリ」だと早合点した方も居るかもしれませんが、決してそうではありません。

paymo(ペイモ)は、立て替えても立て替えてもらっても便利なツールです。

財布や現金を出さずにスッキリ精算できて、お互いポイントも獲得できます。

paymo(ペイモ)はどなたにとっても安心確実な決済方法なんですね。

paymoアプリをダウンロードしよう!

では手順に沿ってpaymo(ペイモ)の利用法をご説明しましょう。まず最初はアプリのダウンロードからスタートです。

paymoアプリダウンロード画面

推奨環境は以下の通り。paymo(ペイモ)はiPhoneにもAndroidにも対応します。

iPhone・・・iOS 8.1以上
Android・・・Android OS 4.1 以上

paymoアプリの利用者登録をしよう!

アプリがダウンロードできたら登録へと進みましょう。

paymoアプリ登録画面

名前とメアドなどを登録したら、アカウント開設にSMS認証を行うため、ケータイ番号を入力します。無事認証が済めば、これでもうpaymo会員登録は完了です!

paymo登録情報入力画面

クレジットカードを登録しよう!VISAとMasterに対応!

次にクレジットカード情報を登録しましょう。

クレジットカード情報登録画面

paymo(ペイモ)の利用はクレジットカードが前提です。もしも適当なカードをお持ちでなければ、まずはクレジットカード入会が必要となります。

VISAかMasterCardブランドならどんなカードでもOKですが、JCBとAmericanExpressブランドには対応していませんのでご注意ください。

【ご注意!paymoは一部カードブランドに未対応!】

・○ VISA
・○ MasterCard
・× JCB
・× AmericanExpress

クレジットカード情報は一度登録すれば、次回からはタップのみで簡単に支払えるようになります。

なお支払いはクレジットカード以外にも、paymoアプリ内のポイントやMy残高も使えますよ。これについてはまた後ほど詳しくご説明しますね。

支払い請求は2度タップするだけ!

ではお店での立て替えを済ませた後、メンバーに割り勘の請求をしてみましょう。まずこの「¥」マークをタップ。

支払選択画面

次に「請求」をタップします。

支払選択画面

レシートを撮影して請求スタート!

次にレシートの撮影と割り勘代金の入力です。

レシート撮影で金額入力画面

このレシート画像は単に記録として残すのではありません。paymo(ペイモ)での請求時と請求金額の受け取り時に、手続き上絶対に必要なものです。

このレシートがないとpaymo(ペイモ)の割り勘機能を使うことはできませんので、レシートの未発行や紛失にはくれぐれもご注意くださいね。

なおレシートの日付は1ヶ月以内が条件です。後日請求する場合も、のんびりしすぎるとpaymo(ペイモ)での請求ができなくなりますよ。

なお割り勘の金額は必ずしも均等である必要はありません。レシートの金額よりも低い金額であれば、請求者が自由に設定できます。

1回あたりの支払い金額は10万円まで、月間合計金額は合計30万円が上限です。

paymo(ペイモ)でメンバーに請求書を送付しよう!

さていよいよ請求の実行です。paymoアプリでメンバーを選択して、請求書を送信しましょう。一言メッセージを入れると、受け取った相手にも分かりやすいですね。

URLやQRコードでも請求できる!

QRコード画面

請求相手がpaymoを持っているかどうか不明なら、LINEでURLを送付しても構いません。また今目の前にいる相手なら、画面のQRコードを直接読み取ってもらうことでも請求できます。

立て替えた人がすることはここまで。後はメンバーからの支払いを待つだけです。

送信先に請求リクエストとレシート画像が届く

では請求を受け取った側はどうなっているのでしょうか?

請求のURLが届いたら、そこから直接支払い画面に進めます。なおpaymoを持っていない方は、ここからダウンロードできます。

この時メンバーのスマホにはこんな画面が表示されています。

請求を受け取った画面

請求金額がはっきり表示されており、レシート画像もちゃんと添付されているのがわかりますね。

送信元と請求金額を確認できたら、登録したクレジットカードで支払いを実行します。

メンバーが支払うとMy残高にお金が入る

paymo(ペイモ)の支払いはクレジットカードのほか、アプリにプールされたpaymoポイントやMy残高でも支払うことができます。

このMy残高とは、他のユーザから届いた送金が蓄積したものです。こちらが請求されて支払いをすれば、相手側のMy残高が貯まっていきます。

それとは別に、利用に応じてあるいはキャンペーンでpaymoポイントも貯まります。

【My残高】・・・他のユーザからの送金
【ポイント】・・・paymo利用やキャンペーンで貯まる。1ポイント=1円

仲間内でpaymo(ペイモ)を使うとポイントやMy残高が自然と貯まるので、これを次回からの支払いに順繰りに使えるという訳です。

paymo(ペイモ)は割り勘アプリ。といっても幹事さんだけが使うものではありません。

2人きりの会食も、お互いがpaymo(ペイモ)を持っていればスムーズに割り勘できてポイントも貯まります。支払いはアプリ内の残高やポイントが使えるので、割り勘すればするほどお得ですよ!

paymo(ペイモ)に登録におすすめのクレジットカード!

ここで、paymo(ペイモ)利用に向くクレジットカードをご紹介いたしましょう。

paymo(ペイモ)に登録できるのはクレジットカードのみで、しかもブランドはVISAとMastercardにしか対応していません。

JCBやAmexのカードしかお持ちでなければ、新しくカードを作る必要があります。

今回ご紹介するのはいずれも年会費無料のカードばかりですので、ぜひ入会をご検討くださいね。

オリコカード ザ ポイントは入会後半年間は還元率2%!

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料!
  • 還元率はいつでも1%以上!
  • 入会後半年間は還元率2%
  • iDとQUICPayをダブル搭載

paymo(ペイモ)登録に一押しのクレジットカードは、年会費無料で高還元率のオリコカード ザ ポイントです。入会後半年間は還元率が2%になることで人気のクレジットカードです。

新規入会時に気をつけて頂きたいことは、ブランドを選び間違えないこと。paymo(ペイモ)に登録するなら、必ずVISAかMastercardを選んでくださいね。

JCBだとpaymo(ペイモ)では使えないので間違えないようにしてくださいね。

オリコカード ザ ポイントは年会費無料で高還元

このカードは還元率が高いのが特徴で、どこで使っても常に1%です。これが入会後半年間は2%にアップ。paymo(ペイモ)利用が増えれば増えるほど、オリコポイントがしっかり貯まる頼もしいクレジットカードです。

また電子マネーiDQUICPayのダブル搭載で、カードが届いたその日から2種類の電子マネーを使えます。コンビニやドラッグストアなどで電子マネーをドンドン使って、毎日オリコポイントを貯めましょう。

paymo登録におすすめ!エポスカードはバーチャルカードを発行できる!

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 年会費無料!
  • 全国7000箇所の優待サービス
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • エポスバーチャルカード発行で安心利用
  • 1ポイントからVisaプリペイドカードにチャージ!

エポスカードも年会費は無料!基本還元率は0.5%ですが、全国7000箇所の優待や海外旅行保険など、付帯サービスがとても充実しています。

またpaymo(ペイモ)の登録に都合が良いことに、エポスカードはバーチャルカードを無料で即時発行できます。

これはネット決済専用の架空のカード番号。実際のクレジットカード番号を入力するのは不安だという方は、このバーチャルカードの発行がオススメです!

また貯まったエポスポイントは、1ポイントからVisaプリペイドカード(発行無料)にチャージ!全国のVisa加盟店で使えるので、ポイント交換せずに使えるというメリットもあります。

paymoにはクレジットカードが欠かせません。VISAかMastercardとう制約もあるので、お手持ちのカードで登録できない場合、新規入会を検討しましょう。

オリコカードザポイントもエポスカードもどちらも年会費無料!還元率が魅力のオリコカードザポイントと付帯サービスが豊富なエポスカード、いずれも自信を持っておすすめできるクレジットカードです。

paymo(ペイモ)はココに気をつけて!残高を無駄にしない利用のコツ

paymo(ペイモ)は大変便利なツールだということがわかって頂けたでしょう。でも幾つか注意点もあります。特に割り勘する機会が少ない方は要注意!

次はpaymo(ペイモ)を利用する上で、どんな点に気をつけるべきかをご説明します。

請求して集金したお金は「My残高」に貯まっていく

先ほどもご説明した通り、paymo(ペイモ)ではお金はすべてアプリ内に貯まります。

割り勘請求で集まったお金は、銀行口座やクレジットカードではなく、アプリの「My残高」にプールされるのです。

paymo(ペイモ)を使い出すと、この残高をどう使うかが重要課題となります。

集金が上手くいってもそれだけで喜んではいられません。My残高がひたすら貯まる一方では、ちょっと困るのです。

My残高は一般のショッピングには使えない

一番いいのは、次回のpaymo(ペイモ)での支払いに使ってしまうことです。割り勘で飲食する機会の多い方なら、特に意識しなくても残高やポイントは自然に消化されるでしょう。

問題なのはpaymo(ペイモ)を利用する機会が少ない場合です。

実はMy残高は、そのままだと一般のお買い物に使うことができません。ならばこの残高、一体どうやって処理すればいいのでしょうか?

My残高はAnyPayでの利用や現金への引き出しも可能

まずpaymo(ペイモ)はスマホで売り買いできるショッピングモールAnyPayとアカウント連携できるので、そちらで消化するという手があります。

またMy残高は銀行口座に引き出すことも可能ですが、その際一回につき200円の手数料がかかります。

My残高の利用法をまとめると、全部で3通りということになりますね。

  • paymoでの支払いに使う
  • AnyPayで使う
  • 銀行口座に引き出す(手数料200円)

My残高は1年以内に使わないと消滅する!?

銀行口座への引き出しには一回あたり200円の手数料がかかるので、ある程度まとまってから引き出す方が無駄がありません。しかしそうかと言って、あまり悠長にもしていられないのです。

というのもこのMy残高、実は送金されてから1年経つと消滅してしまうのです。

つまりMy残高を保有したら、1年以内にpaymo(ペイモ)やAnyPayで使ってしまうか、また口座に引き出すか、いずれかに決めねばなりません。

現金に引き出すには手数料もかかることだし、また割り勘に使おうか・・・という気分になれば、paymo(ペイモ)とは今後も長いお付き合いになるでしょう。

Kyash(キャッシュ)が新規参入!両者の相違点とは?

ところでpaymo(ペイモ)の利用開始から遅れること3ヶ月、同じようなアプリKyash(キャッシュ)がローンチされました。

機能がとてもよく似ているため、どちらがいいのか迷う方も居られると思います。そこで基本的な違いを表にしましたのでご覧ください。

違い paymo(ペイモ) Kyash(キャッシュ)
サービス開始日 2017年1月19日 2017年4月5日
環境 ・Android4.1〜
・iOS8.1〜
iOS9.0〜
登録できるカード ・クレジットカード
Visa/Mastercard
クレジットカード
Visa/Mastercard
・デビットカード
Visa/Mastercard
・Vプリカ
残高の利用先 ・paymoで使う
・AnyPayでの利用
・銀行口座への引き出し
・Kyashで使う
・VISA加盟店で使う

KyashはiPhone限定ですので、Androidの方はpaymoしか選択肢がありませんが、iPhoneのバージョン9.0以上をお持ちならどちらでもOKです。

Kyash(キャッシュ)の方が選択肢は広く使いやすい?

Kyash(キャッシュ)は登録できるカードの選択肢が広く、クレジットカードを持っていない方でも利用できます。

何より残高を全国のVISA加盟店で使えるという点が、paymo(ペイモ)にはない便利さでしょう。

ただこのアプリは仲間同士で使うものだけに、自分の好みだけではどうしようもないところも。周囲にユーザが多ければpaymo(ペイモ)が使いやすいでしょうし、頻繁に使えば残高の処理に悩むこともありません。

対応する端末をお持ちの方は、とりあえずダウンロードしてみて、それぞれの使い心地を実体験してはいかがでしょう?

paymo(ペイモ)で割り勘すれば、スマホで友達に請求できるんですね。お金のやり取りは明確さが一番ですから、僕も是非使ってみたいと思います。

でも集金したお金がちゃんと自分のものになるのか、現金が目に見えないだけにちょっと心配なんですが・・・

請求や支払いの流れは、記録としても残ります。画面上の金額やメンバー名を自分の目でしっかり確認できるので、間違いはありません。

ただし残高の処理には気をつけてください。そのまま放置すると1年で消滅しますから、できれば早めにpaymo(ペイモ)で使ってしまいましょう。

paymo(ペイモ)は仲間内の飲食に最適!スマート割り勘が実現!

paymo(ペイモ)があれば、みんなでワイワイやる時もお財布は不要!代表者もメンバーも、当日中にスッキリ割り勘清算できます。メンバー全員にカードポイントが貯まる上、paymo(ペイモ)にもポイントが貯まって一挙両得!

ただアプリ内の残高はそのまま放置すると1年で消滅するので、できれば継続利用がオススメです。paymo(ペイモ)をこれ以上使う予定のない場合は、早めに銀行口座に引き出しておきましょう。

メニューを閉じる