エポスカード

セキュリティに優れたエポスカード!
バーチャルカードでネットでも安心

カード乗っ取りの危機?10人に1人が使う安直な暗証番号って?

カード乗っ取りの危機?10人に1人が使う安直な暗証番号って?

クレジットカードの暗証番号って、結構忘れやすいですよね。署名で決済できたり、署名すらいらない場合もあるので、出番の少ない暗証番号は、忘れがちです。

だからといって、覚えやすい暗証番号にしておこう、なんてのはとっても危険ですよ!

万が一、クレジットカードが盗まれてしまった場合に、不正利用されてしまうリスクがとても高まります。キャッシング枠付きのカードなんか、盗難の上に暗証番号がバレたら…なんて、考えたくもないですよね。

今回はバレやすくて安直すぎる暗証番号を紹介します。簡単すぎる番号を避けて、防犯に努めましょう!

特に知人にバレやすい!?「生年月日」は安直すぎる!

暗証番号はなんといっても、忘れちゃいけません。自分の誕生日なら、絶対忘れないからって設定している方、いませんか?

それが、危険なんですよ!

自分だけじゃなく家族でも「生年月日」はばれやすい

誕生日は4桁にしやすいので、暗証番号にしやすいですよね。しかし、誕生日は人にばれやすい情報の一つなので、解読されやすい暗証番号なのです。

本人の誕生日に限らず、家族や親しい人の誕生日なども、比較的、解読されやすい傾向にあるので、注意が必要です。

カードを盗まれなくても情報流出で暗証番号が類推される?

クレジットカード自体が盗まれずとも、現代では、ネット通販等で利用したクレジットカード情報が、不正アクセスにより流出してしまうという例も数多くあります。

このような情報流出の場合、誕生日などの個人情報を含めたクレジットカード情報が流出されてしまうと、暗証番号が解読されやすいのです。

情報の流出は、あってはならないことですが、万が一の際に備え、誕生日を暗証番号に設定するのは避けたいものです。

知人によるカード盗難に注意!誕生日は特にばれやすい!

暗証番号を誕生日に設定している場合、最も怖いのが、知人にカード盗難に遭ったときです。

親しい人ほど、誕生日を把握されている可能性が高いのです。ネットでの情報流出と比べ、知人の場合は家族の誕生日も把握している可能性があるため、特に危険です。

知人に盗まれるなんて、考えたくもないですが、例えば善悪がまだ分からない子供が親のクレジットカードを盗んで…ということだってありえます。

自分の、家族のに関わらず、誕生日の設定は避けるべきですね。

誕生日だけじゃなく「誕生年」も設定注意!

12月4日生まれなら1204などと設定しますが、解除されやすい暗証番号は、「誕生日」だけではありません。

1930~2015までの年号である、誕生年も解読されやすいです。

数字にばらつきがあるのは、自分に限らず、親の誕生年だったり、子供の誕生年だったりするためです。いずれにせよ、誕生日と同様、知人や情報流出で解読されやすい数字なので、注意が必要です。

「住所」「電話番号」など個人情報は使用NG!

誕生日はわかりやすい個人情報ですが、それ以外でも個人情報の数字を暗証番号に設定するのはNGです。

住所・電話番号などは絶対にダメ!

個人情報の中で、比較的暗証番号として使いやすい数字は次の3つです。

  • 住所の地番
  • 電場番号の下4桁、中4桁
  • 車のナンバー

住所の地番は多いものですが、アパートやマンションに住んでいる人は、部屋番号を使用したりする場合もあるようです。

電話番号を暗証番号にする場合は、自宅番号に限らず、携帯番号の下4桁、中4桁も使われやすいです。

車のナンバーは、そのままですね。

いわずもがなですが、これら3つは使われやすい=解読されやすいので、NGですよ。

情報流出でも知人による盗難でも危険

誕生日を暗証番号にする場合の際に、触れましたが、住所などの個人情報を暗証番号にすると、情報流出のあった際や、知人に盗難に遭った際に、解読されやすい暗証番号の一つです。

特に電話番号は、知人が知っている可能性が高いものになるので、注意が必要ですね。

個人情報だけでなく会社情報でもNG!

自分の情報じゃないからと言って、電話番号や車のナンバーを使うのは危険です。

勤務先の会社の電話番号などを、暗証番号にしている場合も、比較的解読されやすいものです。

勤務先なら、少しひねってあるし、と安心してはいけません。個人情報につながる情報は、そのまま暗証番号に使うことはNGなのです。

驚愕!10人に1人が暗証番号に「1234」を使っている!?

個人情報がダメなら、覚えやすい数字を使おう!と、考える人は多くいるようで、安直で覚えやすい数字というのは、使っている人が多く、解読されやすいものです。

「1234」を始めとしたわかりやすい数字は、使われている率が高いとの報告があります。報告と共に、使われやすい数字を確認しましょう。

iPhoneアプリの統計で「1234」は全体の5%だった

暗証番号グラフ

クレジットカードの報告でなくて申し訳ないのですが、使われやすい暗証番号について、次のような報告があります。

iPhoneアプリである「Big Brother Camera Security」の開発者であるDaniel Amitayさんは、アプリ利用者の暗証番号を匿名で記録し、統計をとり、その結果を上記の表にまとめています。

この表は、上位10位のみをまとめたものですが、なんとこの10位以内の暗証番号だけで、全体の15%になるんだとか。

つまり、この中の数字を入れれば15%の確立で暗証番号が解読されてしまいます。恐ろしい…。

先に紹介した、「1234」が最も使われていますが、全体換算すると、5%…つまり20人に1人がこの暗証番号を使っているということになります。

iPhoneアプリの統計ではありますが、暗証番号はカードや携帯など端末が違っても同じものを使っている人が多いものです。結構な確立なので、もうこの表に載っている数字は使えませんね。

「0258」も使われやすい

クレジットカードの暗証番号入力機の中で、4桁の数字を押しやすい列がありますよね。それが真ん中の一列である、「0258」または「8520」です。

縦一列に入力すれば、4桁入るので、実はこの番号もかなり使われる率の高い数字です。これも安直なので、使用は避けるべきでしょう。

「DataGenetics」は、さまざまな4桁数字の暗証番号について統計を取り、次のような発表をしました。

【原文】
A table of the top 20 found passwords in shown at the right. A staggering 26.83% of all passwords could be guessed by attempting these 20 combinations!

【翻訳】
トップ20の表は、(※サイト内の表は右に表示されています)のようにパスワードを発見しました。驚くことに、全ての暗証番号の26.83%がこれら20の組み合わせで推測できうるのです!

引用元:DataGenetics

つまり、この表に載っている暗証番号を使えば3割近くの確率で、解読されてしまう、ってことなんですね。

しかも、この統計によると、11%近くの番号が「1234」なので、10人に1人はこの暗証番号を使っているということになります。

1234だけでなく、ゾロ目もかなりの%を占めています。少なくとも、このトップ20の番号は暗証番号としては、使えませんね。

「1234」などは個人情報がなくとも解読されてしまう!

表で紹介した暗証番号が危険なところは、とにかく誰でも解読することができる、という点です。

個人情報が流出しなくても、知人の犯行でなくとも、カードさえ盗まれてしまえば、個人情報関係なく、トップ20位以内に入る暗証番号は、2~3割の確率で暗証番号を解読できてしまいます。

カードを盗まれないようにすることはもちろんですが、暗証番号が使われやすい番号であれば、全くの赤の他人に盗まれても二次被害を受けやすくなりますので、注意してくださいね。

覚えやすくばれにくい!安全な暗証番号の作り方を知ろう!

さて、危険な暗証番号が判ったら、次は安全な暗証番号の作り方が気になりますよね。

全くのランダムな数字だと、忘れやすいのでそれはそれで危険です。覚えやすくて解読されにくい暗証番号の作り方をチェックしましょう。

赤の他人の誕生日を使ってみる

誕生日はNG!という話でしたが、全く類推ができない、赤の他人の誕生日を使ってみる、というのは一つの手です。

例えば、あんまり人には言わない好きな芸能人の誕生日などであれば、家族や知人にも解読されにくいですよね。

月日の例だと、結婚記念日などの記念日も、解読されやすいようなので、身内に関わる数字ではなく、全くの他人の数字を使ってみるのはいかがでしょうか。

好きな言葉を語呂合わせしてみる

小学校や中学校での歴史の授業で、よくありませんでしたか?「イイクニつくろう鎌倉幕府」そう、語呂合わせです。

好きな言葉や単語があれば、その言葉の冒頭や一部を語呂合わせにしてみるのも手です。

歴史上に好きな事件などがあれば、その年号を使うのも手ですね。ただし、この記事を読んだ人が年号を使う可能性があるので、終戦記念日とか、大きすぎる歴史事項の年号は避けた方がいいかもしれません。

忘れにくい数字を自分ルールで暗号化する

誕生日や住所、電話番号をほとんどの人が忘れませんよね。だから暗証番号にしたい、その気持ちはわかります。でも、そのまま暗証番号に使えば、ばれやすい…。

そこで、誕生日や電話番号など、自分にとって覚えやすい数字を、自分ルールに沿って、改変してみる、という方法を使ってみましょう。

例えば、次のようなルール設定方法です。

  • 誕生日に7をかけた数字
  • 電話番号4桁と誕生日を足した数
  • 生まれた年月のそれぞれの桁に3を足す

これらは飽くまで一例なので、ルールは自分で考えます。ルールを忘れたら元も子もありませんが、そこはメモ帳などにメモをします。ただし、パスワードそのものをメモに書くのではなく、「×7」などルールだけを残しておくと良いでしょう。

自分ルール暗号なら、知人による盗難でも、解読されづらいですね。

セキュリティが不安な方はこちらのクレジットカード!

セキュリティに優れたエポスカード!バーチャルカードでネットでも安心。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
  • 最短即日発行可能!カードデザインは74種類から選べる!
  • カード会員限定!マルイで年4回開催される7日間は10%割引!
  • 年会費無料!傷害疾病補償も付いている海外旅行傷害保険が自動付帯!
  • 飲食店・カラオケ・レジャー・温泉など全国7,000店舗以上の優待特典!
  • カード利用通知サービスや不正使用検知システムで安心できるセキュリティ!
  • エポスバーチャルカードで安心してネットショッピングできる!

語呂合わせなどで忘れにくくバレにくい暗証番号を!

解読されやすい暗証番号の中に、あなたの暗証番号はありませんでしたか?もしあったら、急いで変更してくださいね。

誕生日などの個人情報に絡めた数字は解読されやすいですが、それ以外にゾロ目数字や1234などもとても解読されやすいです。

自分に全く関係のない数字忘れがちなので、好きな言葉などの語呂合わせを使ったり、自分に直接関係する番号を使う場合には暗号化するなどして、暗証番号を忘れにくくばれにくい工夫をしたいですね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断