クレジットカードの使い方がクソダサイ男の特徴5選

クレジットカードの使い方がクソダサイ男の特徴5選

みなさんはじめまして。普段は《まじまじぱーてぃーhttp://www.mazimazi-party.com/》というクソみたいなブログを運営しているあんちゃと申します。主に下ネタと人生哲学について書き綴っています。

現在わたしはブログで生計を立てながら、国内をフラフラ旅しつつも主に東京で消耗したり、北海道の大自然に癒やされたりしています。パソコン一台で仕事をしながらフラフラ生活をしているわたしは、日用品や雑貨などもネットから注文しているため、必然的にクレジットカードを頻繁に使います。

そんなわけで今回このクレジットカード大学さんにお話しをいただいたわけですが、記事を執筆させていただくにあたり、担当の方から

「クレジットカードにまつわる誰もが笑い転げるような記事をお願いします」

という出川哲朗もタジタジしてしまうようなむちゃぶり依頼を受けました。

———-心の中のあんちゃ———-
そうか。誰もが笑い転げるような記事であれば持ち前の下ネタを繰り出していけば必笑間違いなしだろう。よし、ここはゲスい恋愛ネタでいこう。
———–心の中おわり—————–

あんちゃ「わかりました。それでは“クレジットカードの使い方がダサイ男”のテーマでゲスい記事を書こうとおもいます」

担当の人「それはいいですね。お願いします。ただしアダルトネタはNGでお願いします

呆然とするあんちゃ

あんちゃ「ンゴォ」

そんなわけで今回は

「クレジットカードの使い方がクソダサイ男の特徴5選」

について、驚くほどマジメかつ清く、純粋な恋愛をたしなむみなさまのためにご紹介いたします。

どうかこの世界からクレジットカードの使い方が絶望的にダサイ男性がいなくなるよう心よりお祈り申し上げます。

クレジットカードの使い方がクソダサイ男の特徴5選

クレジットカードの使い方がクソダサイ男の特徴5選をご紹介していきます。

①ゴールドカードをドヤ顔で出したのに普段使わなすぎて暗証番号を忘れる

彼女とのショッピング。もうすぐ彼女の誕生日ということで、一緒にプレゼントを選びにきました。セレクトショップでお気に入りのワンピースを見つけ、試着もバッチリ。

ダサ男「今日はぼくが日頃の感謝もこめてプレゼントするよ」

彼女「ほんと?嬉しい!ありがとう」

そんなホクホクした雰囲気でお会計へ。

いつもより少し見栄を張ってゴールドカードを店員さんに手渡すダサ男。

彼女「あれっゴールドカード持ってたんだ!すごい!」

ダサ男「そんなことないよ(勝ち誇ったキメ顔)」

店員「それでは暗証番号の入力をお願いします」

・・・・・・・・

ダサ男「・・・あれ・・・」

彼女「ん?どうしたの」

ダサ男「あー・・・暗証番号・・・ええと・・」

彼女「・・・」

ダサ男「あっやっぱ現金で・・・」

彼女「・・・」

見栄を張るとロクなことがありませんね。ここは素直に身分相応に振る舞いましょう。

②限度額を超えて使えない上に現金もなく女性に出してもらう

イイカンジの女性と飲みに行ったときに「あ、おれいま手持ちないからカードで払うね!」という男性。

「手持ちがない」という点は25歩譲って許すとして、悲劇はその後。

店員さん「限度額に達していたため使えません」

ダサ男「まじか。あー手持ちもないしな・・・ごめん払っておいてくれない?」

・・・

こういう人はやる気あるのでしょうか?

一瞬でクソダサイ男認定です。

自分の金銭状況も確認できない男は女を仕留める資格はありません。

③アメックスカードが使えない店でドヤ顔で出した後に「使えないのかよ!」と逆ギレ

優雅な船上ディナーのあと、「おいしかったね」と笑顔で語り合い、そろそろお会計をするときのこと。女性が「ちょっとお手洗いにいってくるね」と言ったスキに、

男性は「今のうちにお会計を済ませておけばスマートな男性に認定確実だろフヒヒイ」

とたくらみ、そそくさとお会計を済ませようとします。

※この気遣いはわりとポイント高めです。女性に対してかなりスマートな印象を与えることができます。

しかし、ところがそのお店は「アメックスカードは使えません」とのこと。

ダサ男「なんで使えないんだよ!アメックスが!!なんで!!使えないんだ!!!」

逆ギレする男のもとへお手洗いにいってた女性が戻る。

ダサ男「どうして!!!アメックスが!!!疎外されているんだよっ!!!!」

女「ダサ男・・・・・」

こういう男は一番みっともないですね。

使えないものは使えないんだから別の方法を考えましょう。できないことをいつまでも嘆いているだけでは問題は解決しません。そう、それは人生と同じように。

④サインが必要なクレジットカード控えをレシートだと勘違いして「あ、いりません」と言ってしまうデブ

女性とのデートで居酒屋でたらふく食べた後、クレジットカードでお会計をして、店員さんがクレジットカードの控えを持ってきたとき。

店員さん「それではこちらに・・・」

デブ「あ、レシートいりません」

店員さん「あ、そうじゃなくて・・こちらにサインをお願いします・・・」

女性「・・・」

こういう人の話を聞かないデブはモテません。

人の話が聞けるデブになりましょう。

⑤間違ってキャッシュカードを出してしまい恥ずかしそうに「ペロッ」てやるデブ

お会計の際にクレジットカード払いで済ませようとしたときにうっかりキャッシュカードを出して、「あっ間違えちゃった!おっちょこちょいなボク、ちょっとおちゃめでしょ?」
と言わんばかりに舌を「ペロッ★」ってやるデブ。

申し訳ありませんが、デブが「ペロッ★」としたところでお腹が空いているのかと勘違いしてしまいますし、かわいいかと言われると、どちらかといえば鼻フックをしたくなります。

「ペロッ★」ってやって許されるのは星野源似の塩顔イケメンだけです。
デブのみなさんは素直に

「頭の回転が追いつかずクレジットカードを認識する能力が欠如していたためこのような事態を招いてしまいました」と反省しましょう。

クレジットカードは誠実かつスマートに使おう

そんなわけで恐縮ながら「クレジットカードの使い方がクソダサイ男」の特徴を紹介させていただきましたが、

要は「誠実かつスマートに使え」ということがポイントなのです。

クレジットカードの使い方にしろ、お会計の対応にしろ、至るところにあなたの人間性や金銭感覚がにじみでています。女性は意外とその行動をしっかり見ています。もし将来結婚とかを考える相手とのデートだったらなおさらチェックします。

女性とお食事やショッピングを楽しむなら、こういった細かい部分まで配慮できるとスマートですね。

細かい部分まで配慮できると「わたしのことも大切にしてくれそう・・・!」という良い印象を女性に与えることができます。

ちなみにわたしは残念ながらお食事やショッピングを一緒に楽しむ男性がいないため、今こうして部屋のすみっこで正座しながらこの記事を書いています。

黄昏れるあんちゃ
悲しすぎるあんちゃ

男性諸君のみなさん、ぜひ快適なクレジットカードライフを送りながら女性の心をつかむスマートな男になっていってくださいね。

あんちゃプロフィール"/
メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断