スピーディで便利!チャージも不要!
QUICPay搭載可能JCBカード

クレジットカードと同じじゃないの?「クイックペイ」って何?

クレジットカードと同じじゃないの?「クイックペイ」って何?

QUICPay(クイックペイ)って聞いたことありますか?

近頃は、お金の支払い方も種類が豊富になりました。クレジットカードだけでなく、プリペイドカードや、電子マネー、デビットカードなど、さまざまな方法があります。

というか、増えすぎて何がなんだか、という感じにはなっていませんか?こういった支払い方を、なんとなくわかりづらい、めんどくさい、使いづらそうなんて思ってませんでしょうか。

QUICPayも近年増えてきた新しいお金の決済の仕方の一つですが、QUICPayはとっても簡単に、素早く、楽に使えちゃいます。

今回はQUICPayの魅力を、たっぷりお届けしますよ!

クイックペイって何?どういう仕組なの?

まずはQUICPayがどんな仕組みなのかがわからないと、話になりませんよね。クレジットカードとの違いも含めてチェックしましょう。

会計は一瞬!QUICPayはクレジットで後払いする電子マネー

QUICPayの一番の特徴は、レジで機械にかざすだけで、1秒程度ですぐに会計が終わることです。

クレジットカードと違い、カードを店員に渡す必要はなく、署名も暗号入力も必要ありません。

この料金の支払いは、クレジットカードの引き落としと一緒に請求がきます。支払い方法は次のように定められています。

通常は1回払いとなり、店頭でその他のお支払い方法をご指定いただくことはできません。ご登録のクレジットカードのお支払い方法に準じます。

引用元:QUICPay

QUICPayは、クレジットカードに追加で申し込む電子決済サービスで、クレジットカードの便利さと、電子マネーの簡易決済のいいとこ取りをした支払い方法です。

QUICPayは、レジで機械にかざすだけでサッと会計できて、クレジットカードで引き落としができる、買い物スムーズにする電子決済ツールなんですね。

クイックペイの申し込みはどうやってやるの?

QUICPayは利用形態として、次の3つで提供しています。

  • QUICPay専用カード
  • QUICPay搭載のクレジットカード
  • モバイル端末

【QUICPay専用カードとは?】


QUICPay専用カード

参照元:QUICPay

QUICPay専用カードとは、通常のクレジットカードの決済機能は持たず、QUICPayの決済のみができるカードのことをいいます。サイズやデザインは、発行会社によって異なります。

クレジットカードの場合は、支払いを指定しているクレジットカードそのものにQUICPayの機能をつけて、会計時に機械にかざす形になります。

モバイル端末を利用する場合には、おサイフケータイやiD、Edyなどのように、レジでスマホなどのモバイル端末をかざすだけです。

申し込み方法は、各会社で異なりますが、クレジットカードはQUICPay対応のカードを再発行する必要がある場合もあります。また、モバイル端末も電子マネー決済に対応した機種を購入する必要があります。

モバイル端末での利用の場合は、スマホなどのモバイル端末上で申し込みを行えば、最短で即日利用可能になる場合も多いようです。

もちろん、どの形態で利用しても、支払いはクレジットカードでの引き落としになります。

提供しているカード会社と利用できる場所は?

現在、QUICPayを提供しているクレジットカード会社は次の9社です。

QUICPayを提供するカード会社

  • JCB
  • トヨタファイナンス
  • オリコ
  • 三菱UFJニコス
  • セディナ
  • セブンカード
  • 日専連
  • UCSカード
  • アプラス

発行会社によっては、QUICPayの利用形態がクレジットカード付帯に限られたり、逆にキーホルダータイプなどさまざまな形を用意している会社もあります。

種類は会社によって異なるので、申し込みの際はカード発行会社に確認してみてくださいね。

■キーホルダータイプ

キーホルダータイプ

参照元:ANA

■リストバンドタイプ

リストバンドタイプ

参照元:PAYMENTNAVI

QUICPayが使えるのは、全国のコンビニをはじめとした、スーパー、ドラッグストア、デパート、大型ショッピングセンター、ガソリンスタンド、レジャー施設などです。


QUICPayロゴ

参照元:QUICPay

使えるお店では、上の画像のQUICPayマークが掲示されているので、使いたい場合は確認してみてください。

全国チェーンのコンビニはほとんど利用できるので、コンビニでの利用で困ることはないでしょう。

クイックペイはサッと決済できるのが魅力!

QUICPayの魅力ってなんでしょうか?利用に当って、注意する点やデメリットはあるんでしょうか?

クイックペイのメリットとデメリットは?

QUICPayのメリットとデメリットを一覧にしてみましょう。

    【QUICPayのメリット】

  • 素早い会計
  • クレジットカードのポイントがたまりやすい
  • 電子マネーのチャージが不要
    【QUICPayのデメリット】

  • クレジットカードの限度額に利用額が制限されること
  • クレジットカードを持ってないと使えない
  • QUICPayモバイルは自分で有効期限の更新作業が必要

詳しく内容を見ていきますね。

一番の魅力はサッと会計ができること

QUICPayの一番の魅力は、何と言っても会計時の決済が一瞬で済むことですね。

レジで会計する際には、店員にQUICPayの使用を伝えたら、決済用の機械にカードをかざすだけです。大体1秒程度で、終わります。もちろん、署名や暗証番号の入力は必要ありません。

あとはレシートと商品を受け取って帰ればいいので、お釣りのやりとりもなく、カードを店員に渡す必要もありません。

財布にQUICPay以外のICカードが入っていなければ、財布をかざせば財布からカードを出さずに会計を済ますことだって可能です。

手続きなしでクレジットカードのポイントが溜まる!

QUICPayはクレジットカードを利用したシステムなので、利用の料金がそのままクレジットカードのポイントになります。

他の電子マネーサービスだと、溜まったポイントを交換サービスなどに申し込んで変換が必要だったり、そもそもポイント自体が溜まらない電子マネーサービスもあります。

その点、クレジットカードは他の電子マネーのようにポイント交換をしなくても、利用料金を全てクレジットカードのポイントにすることができるので、効率よくクレジットカードのポイントを貯めることができます。

クレジットカード払いだから事前の面倒なチャージは不要!

繰り返しになりますが、QUICPayはクレジットカードの請求で支払いを行います。事前に入金をしておく必要がないので、会計時に残高を心配する必要がありません。

一般的な電子マネーだと、現金で事前のチャージが必要になります。クレジット支払いでのチャージの場合でも、事前にチャージする作業が必要になるので、結局は残高を気にしなくてはなりません。

その点、QUICPayならQUICPayを一番初めに申し込みさえすれば、簡単決済が残高を気にせずに使えます。

クイックペイはクレジットカードに制限を受ける

QUICPayは事前チャージこそ不要ですが、支払いがクレジットカードの請求と一緒に来るので、QUICPayの利用限度額は、使用しているクレジットカードの限度額に左右されます。

もしもクレジットカードで大きな買い物をしていて、かつ、限度額近くまでなっていたとしたら、QUICPayで利用できる金額がとっても少なくなってしまいます。

事前チャージは不要でも、クレジットカードの限度額は気にしておかないといけない、というデメリットはあります。

とはいえ、通常は1回払いを利用している方が多いので、QUICPayの利用でクレジットカードの限度額を上回ることは少ないでしょう。

クレジットカードを持ってないとクイックペイは使えない

QUICPayはクレジットカードでの支払いを前提としており、クレジットカード会社が提供しているサービスなので、クレジットカードを持っていない人はQUICPayを利用することができません。

また、クレジットカード会社自体がQUICPayに対応していなければ、利用することができません。

日本の大手ではJCBが、QUICPayを提供していますが、VISA単体ではQUICPayを提供していないので利用できません。

もちろん、VISAの提携カード会社がQUICPayを採用している場合には、VISAでQUICPayを使用することはできますが、選択肢が絞られるのは確かです。

このため、クレジットカードの持てない18歳未満の方やクレジットカード会社が対応していないカードを使っている人は、QUICPayを使えないのがデメリットです。

ただし、未成年はともかく、カード会社が対応していないだけであれば、QUICPayのある会社にカードを申しこめば問題ありませんね。

モバイル端末は自分で更新作業が必要になる!

QUICPayは、原則7年の有効期限を設けられています。会社によってこの有効期限は異なりますが、7年が一般的です。

クレジットカードに機能を追加したカードタイプなら、クレジットカードの有効期限と共に、新しいカードが発行されれば、自動更新という形になります。

しかしながら、QUICPayモバイルの場合には、有効期限のお知らせと更新手続き案内自体は来ますが、更新手続きが自動で終わる訳ではありません。

モバイル端末上で、送られてきた更新手続き案内を元に、自ら更新手続きを行なう必要があります。

有効期限のお知らせに気づかず更新をしないでいると、ある日突然、有効期限切れでQUICPayで決済できなかった!なんてことも起こりえます。

有効期限切れには気をつけたいですね。

QUICPayを利用できるJCB ORIGINAL SERIES

ここで、かざすだけで簡単に支払いができる便利な電子マネーQUICPay(クイックペイ)を利用できるクレジットカードをご紹介しておきますね。

JCB ORIGINAL SERIESはQUICPayを無料で搭載できます。一部ANA QUICPay+nanacoとスピードパスプラスは発行手数料300円(税別)がかかりますが、カードへの搭載やQUICPayモバイル、QUICPayコインは無料です。

中でもQUICPayコインは、リストバンドと一緒に装着できるので、ジョギング時にミネラルウォーターなどを購入する際に、わざわざ財布を持ち歩く必要もなく便利ですよ。

QUICPayを利用したら、JCBカードのポイントがたまります。

JCB一般カードは、年会費初年度無料、次年度以降は1,250円(税別)で、WEB明細の登録と年間50万以上利用する事により、次年度が無料になります。

スターバックスで2.5%、セブンイレブンで1.5%など、JCB ORIGINAL SERIESパートナー店で、ポイント付与率が上がります。

JCB一般カードは海外での利用がポイント2倍になります。また、海外利用分にはショッピング保険が付帯するので、購入日から90日間、年間50万までの補償も受けられますよ。

グアムやタイにあるJCBプラザ・ラウンジは、ドリンクサービスもありますし、たびらば提携店(ハワイや香港などの様々な地域)で優待割引が受けられるなど、トラベルサービスも充実してますよ。

JCB一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

QUICPayを搭載できるOrico Card THE POINTは年会費無料で高還元

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は年会費永年無料です。いつどこで利用しても還元率は1%、入会半年間は2%の高還元カードです。

電子マネーはQUICPayだけでなくiDも搭載できます。

オリコモールを活用すると、Amazonでの利用が2%の高還元、入会半年間は3%還元でお得です。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、ポイントが貯まりやすく交換が早い上に、交換できる商品の多様性にも優れています。

オリコ旅行センターで海外旅行ツアーが3~8%オフになったり、レンタカーが5~20%オフになるなど、トラベル関連のサービスも満載です。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

年40万以上利用する方はOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)は、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)のゴールドバージョンです。

年会費1,950円(税込)で、海外旅行保険が自動付帯します。

プレミアム ゴールドは、オリコモールを利用すると、「ザ・ポイント」より0.5%ポイントが上乗せされます。

オリコモール利用による還元率は、「ザ・ポイント」が1.5%還元、「プレミアムゴールド」は2.0%の還元率ですので、39万利用した時点で、その差が年会費の1,950円となります。

39万円以上利用した時点で、年会費を払っても「プレミアムゴールド」の方がお得になりますね。

「プレミアムゴールド」は電子マネーQuickPay/iDの利用で0.5%ポイントが特別加算されますよ。

オリコカード・ザ・ポイント プレミアムゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

利用が楽なら不正利用も簡単!?対策はどうなってるの?

暗証番号がないなら、盗まれたり紛失したときの事が心配!と思う方は多いでしょう。

クレジットカードや、QUICPay専用カードの場合、QUICPayは紛失や盗難の際にはやはり、不正利用されがちです。

そんな時にはどうすればいいんでしょうか?こちらでは、紛失等の際の対策を解説します。

クレジットカード会社の補償を受けよう!

もしもQUICPayを紛失・盗難に遭った場合でも、安心してください。

QUICPayはクレジットカード会社の通常の盗難・紛失の際の補償を受ける事ができます。

もちろん、クレジットカードに付帯のQUICPayに限らず、QUICPay専用カードも、モバイル端末で利用の場合には携帯電話やスマホを紛失した場合にも補償を受けることができます。

ただし、クレジットカード会社に届け出を行なう事が大前提になるので、紛失や盗難に遭った際には、警察に届けるだけでなく、できるだけ早くカード会社へ連絡をしましょう。

被害額が少なくて済むシステムになっている

QUICPayは一度の会計ごとに「合計2万円までしか決済できない」という制限を設けています。

このため、もし万が一盗難に遭い、不正利用されたとしても、すぐにクレジットカード会社へ連絡して利用を停止すれば、被害額を最小に抑えることができます。

日常の買い物では2万円以下で事足りますし、それ以上の大きい買い物であれば、暗証番号入力のいるクレジットカード決済を行えば良いのです。

QUICPayでは1会計2万円までという制限によって、被害を少なくするシステムを作っているのです。

モバイル端末利用ならロックがかけられる

モバイル端末のおサイフケータイ機能には、電子マネーの利用に対してロックがかけられる機能がついています。

QUICPayに限ったことではありませんが、モバイル端末上でロックをかけておけば、万が一紛失した際にも、不正利用をされる心配がありません。

ただし、モバイル端末のおサイフケータイ機能にロックをかける場合には、端末の電池切れに注意してください。

万が一、ロックをかけたまま、端末の電池が切れてしまうと、充電するまでロックが解除できず、その間QUICPayを使う事ができません。

逆に言えば、ロックが解除されていれば、端末の電源が切れていてもQUICPayの決済を行なう事ができますので、こちらも注意してくださいね。

素早く決済!チャージ不要でクイックペイは便利!

QUICPayについての話は、いかがでしたか?

QUICPayはクレジットカードで登録しておけば、決済時は暗証番号などの入力もなく、サッと会計でき、クレジットカード払いなので、事前チャージの必要もありません。

カードタイプのQUICPayの盗難には少し不安が残りますが、クレジットカードの通常ほ補償が受けられますし、一回の会計は2万円までと、被害が最小になる工夫もされています。

コンビニを中心に利用できる店舗が増えてきていますので、もしあなたのクレジットカードがQUICPayに対応しているのであれば、便利なQUICPayを使ってみてはいかがでしょうか。

メニューを閉じる