オリコ「OricoCard THE POINT」

年会費無料!入会半年間2%の高還元
ネットならオリコカードザポイント

リクルートカードを徹底解説!業界トップクラスの高還元率に迫る!

リクルートカードを徹底解説!業界トップクラスの高還元率に迫る!

ポイントがよく貯まると言われるカードは数々あっても、還元率ではリクルートカードにはかないません。

しかし還元率が高いというだけでは入会する気にならない方も多いようです。

そこで今回は、「リクルートカードってホントにお得なの?」「誰にでもメリットはあるの?」という根本的な疑問にお答えしたいと思います。

還元率は業界トップクラスと言われるリクルートカード、果たして入会の価値はあるのでしょうか?

リクルートカードは1.2%から更にポイントアップするお得なカード

  • 年会費無料で通常還元率1.2%!
  • ポイントは実質有効期限なし
  • 4.2%以上!ポンパレモールでポイントUP!
  • ホットペッパーグルメなどでも3.2%還元
  • 共通ポイントPontaでより便利に!
  • リクルートカードとnanacoで税金支払いでもポイント加算

リクルートカードは還元率の高さでは名前の知れたクレジットカードですが、ポイントアップのチャンスもどっさり。使い方次第で還元率はさらに高まります。

では早速ご説明に移りましょう!

極めて還元率の高いと言われるクレジットカードは、全体のほんの一部。リクルートカードはその中の1枚です。

基本の還元率が高いため、ただ使っているだけでもポイントはよく貯まりますが、どうせですからポイントアップのチャンスもしっかり活用したいものですね。

リクルートカードは入会に損なし!どう使っても高還元率1.2%!

いわゆる「クレジットカード達人」の方々がよく話題にするのが、リクルートカードを始めとする一部高還元率のカードです。

「そんな少数先鋭のカードには何となく手を出しにくい」とお感じの方も居るかもしれません。

でも大丈夫!リクルートカードは、達人だけでなく初心者にもおすすめできるクレジットカードです。

高還元率のカードとは1.0%を超えるカードのこと

ところで一般に「高い」と言われるクレジットカードの還元率って、どのくらいかご存知ですか?

大多数のカードの基本の還元率は0.5%で、条件によってボーナスポイントが加算されるというのがよくあるパターンです。

しかしポイント付与は常に多くないと「還元率の高いカード」とは言えません。

高還元率のカードと呼べるには、ベースの還元率が最低でも1.0%は必要です。さらにそれを超えるカードになると、本当に数えるほどしか存在しません。

還元率1.2%のリクルートカードは、この最高ランクに属するクレジットカードです。

カードの評価 還元率 カード発行
普通のクレジットカード 0.5%前後 大多数
還元率が高いクレジットカード 1.0% 少ない
極めて還元率が高いクレジットカード 1.1%以上 ごく少数

リクルートカードは年会費無料でコスパ最強!

しかしお得なカードと言えるには、還元率だけでなく年会費のチェックも必要です。いくらポイント還元率が高くても、高額な年会費ではメリットが薄まってしまいますよね。

しかし今回ご紹介するリクルートカードは永年年会費無料です。何年使っても年会費は一切かからないので、コストパフォーマンスにおいても最強!

ポイント還元率の高さと年会費無料という2点において、リクルートカードはお得なクレジットカードとして申し分ありません。

リクルートカードは通常利用でポイントが沢山貯まる

高還元率カードの利点は、普通に使っているだけで多くのポイントが貯まること。だからこそリクルートカードは、特にカードに詳しくない方にでも自信を持っておすすめできるのです。

公共料金のカード払いがその一例です。還元率の高いリクルートカードで公共料金を決済すれば、知らない間にどんどんポイントが貯まりますよ。

リクルートカードは公共料金の支払いにも最適!

例えばこれまで還元率0.5%のカードで支払っていた電気料金を、還元率1.2%のリクルートカードに切替えればどのくらい差がつくのかを見てみましょう。

電気料金/月 還元率0.5% 還元率1.2%
8,000円 40円 96円
10,000円 50円 120円

電気料金だけを見ても、還元率の差はこのように毎月着実に積み上がっていきます。もっとカード払いを増やせば、年間にすればかなりの差になってくるはずです。

リクルートカードは使えば使うほど差がつくカード!

リクルートカードで支払えるものはこのように数多くありますから、カード利用額を今よりもっと増やすことは決して難しいことではないのです。

  • 電気、ガス、水道
  • 固定電話、携帯電話、プロバイダー
  • 新聞購読、国民年金保険料、衛星放送・CATV
  • 通勤や通学の定期代
  • その他ショッピング

そこで「月額5万円=年額60万円」を2通りの還元率のカードで決済するとき、年間で幾ら還元されるかを表にしてみましたのでご覧ください。

カード利用額/年 還元率0.5% 還元率1.2%
60万円 3,000円 7,200円

このように還元率の低いカードと比べると、還元率1.2%のリクルートカードなら年間3,800円もの差がつくことが分かります。

これ以外にも普段の買物や食事など、リクルートカードの利用が増えれば増えるほど、還元率の高さを実感することができるでしょう。

またリクルートカードは家族カードが無料で発行できるので、皆でポイントを稼ぐこともできます。

これまで現金払いだったものを家族各人がカード決済にすることで、ポイントは更にハイピッチで貯まっていきます。

特別なポイント獲得法についての知識がなくても、リクルートカードならこのように自然に多くのポイントを獲得できます。しかも年会費無料ですので、入会が損になることはまず考えられません。

リクルートカードは無期限のポイントが無駄なく貯まる!

またリクルートカードは、他にもポイントが貯めやすい2つの性質を持っています。

1つめは実質ポイントに有効期限がないこと。リクルートカードは丸1年カード利用が空白にならない限り、ポイントが失効することはありません。

つまりリクルートカードで毎月の公共料金を払っていれば、せっかく貯めたポイントを失う心配がないのです。

そして2つめは、ポイントが100円ごとに付与されるということ。リクルートポイントなら端数が切り捨てられることなく、ポイント獲得漏れがありません。

この2つの性質によって、リクルートカードは尚一層ポイントが貯まりやすくなっているんですね。

クレジットカードのポイント還元率の差って、実際には小数点以下の世界なんですね!でも利用が積み重なると、年間でかなりの差がつくということがよくわかりました。

ところでリクルートカードのように還元率が高いカードとそれ以外のカードでは、ポイント獲得についてどのような点に気をつけるべきなんでしょうか?

還元率が高いクレジットカードは、放っておいても沢山のポイントを獲得できます。一方でそうでないカードの場合、ボーナス加算にも気を配らないとポイントが貯まりにくいのです。

毎月の公共料金の支払いだけでもしっかりポイントが貯まってくれるのは、基本の還元率が高いからこそ。リクルートカードなら、どなたでも手間をかけずにポイントを稼ぐことができますよ。

リクルートカードのポイントアップのチャンス!大量獲得のコツとは?

リクルートカードは公共料金の支払いや毎日の買物でよくポイントが貯まるので、これだけでも十分満足感を味わえますね。

でもネットでお買物や予約をすれば、もっと効率よくポイントを稼ぐことができますよ。

次はポイント獲得率がさらに高まるリクルートカードの使い方のご紹介です。

ポンパレモールで買うと基本還元率が4.2%にアップ!

ポンパレモールは、数千店以上のショップで商品やサービスを選べる大型サイト。

中には最大ポイント20%アップのお店も見つかるお得なモールですが、会員登録すればどなたにでも利用できます。

しかし「ポイントの二重取り」が可能なのはリクルートカード会員だけ。ショッピングするだけで還元率を確実にアップできますよ。

ポンパレモールを利用すれば最低でも3.0%加算されるので、リクルートカードの還元率と合わせると何と4.2%以上という高還元率に!

こんなオンラインモールは他には見つかりません。リクルートカード会員になったら、ネットショップはポンパレモール一択ですね。

リクルートカード利用1.2%+ポンパレモール利用3.0%以上
→ポンパレモールで合計4.2%以上

リクルートカードとじゃらんnetの利用で還元率3.2%!

また旅の専門サイトじゃらんnetで宿泊予約すれば、2.0%加算の合計3.2%になり、旅行でも効率よくポイントが貯まります。

リクルートカード利用1.2%+じゃらんnet宿泊予約ポイント2.0%
→じゃらんnetで合計3.2%

ホットペッパーグルメでお食事券で還元率3.2%以上に!

グルメ予約サイトのホットペッパーグルメは、お食事券購入で2.0%ポイントが加算されます。しかも店舗によって、このお食事券にも10%、25%といった割引が適用されるため、還元率は更にアップ!

ホットペッパーグルメで検索する際には、この割引情報は絶対に見逃せません。ネット予約は人数に応じてポイントが貯まるシステムもあり、幹事さんにもイチ押しですよ。

リクルートカード利用1.2%+ホットペッパーグルメお食事券2.0%
(お食事券の割引10%、25%など)
→ホットペッパーグルメで合計3.2%以上
何もしなくても使うだけでポイントがよく貯まるリクルートカードですが、利用先を選べば更に沢山のポイントが獲得できます。

ポンパレモールなら常に還元率4.2%以上、じゃらんnetやホットペッパーグルメでも3.2%以上。リクルートカードで更なる高還元率を狙うには、このようなリクルートが参画するオンラインサービスの利用がおすすめです。

リクルートカードはPontaが使える!ポイントが便利でお得に!

クレジットカードを利用していると、時折サービス内容が変更されることがあります。嬉しくないことに、ユーザーにとっては改悪のケースも少なくありません。

近頃は高還元率カードに改変の波が続き、以前ほどポイントが貯まらなくなったという不満の声もチラホラ。

しかしその中にあって、「リクルートポイントとPontaの統合」はグッドニュースでした。

リクルートポイントはPontaと統合して使いやすくなった

なぜならPontaが共通ポイントになることによって、リクルートポイントの使い勝手が一段とよくなったからです。

ポイントは貯まりやすいことも大切ですが、使わなければ意味がありません。しかしかつてのリクルートポイントには、利用先の選択肢が少ないという欠点がありました。

でもPontaとの統合で、この問題は解消!リクルートポイントは実質Pontaとして使えるようになり、またPontaポイントも以下のリクルート関連サイトでも利用可能となりました。

  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • ホットペッパーグルメ
  • ホットペッパービューティー

こちらがPonta Webのトップ画像です。ポイント統合後開設されたサイトで、リクルートカード会員なら必ずお世話になるサイトです。

Pontaポイント画像

リクルートポイントはPontaに等価交換できる!

リクルートポイントからPontaへの交換にも、このPonta Webを利用します。

■リクルートポイント→Pontaへの交換
・リクルートポイント:Ponta = 1:1
・1ポイントから交換可能
・一括交換のみ取り扱い
・Pontaからリクルートポイントへの交換は不可

レートは1:1で、1ポイントから交換できます。ただ一括扱いですので、交換すれば全ポイントがPontanになります。またPontaからリクルートポイントへの交換はできないことにもご注意ください。

リクルートポイントはPontaに交換すると使いやすい!

Pontaに交換後すると、原則1ポイント1円としてローソンなど多彩なPonta加盟店で使えるようになります。

ローソンの場合は、レジでそのまま使うよりもずっとお得な「お試し引換券」がおすすめですよ。以下その一例をご覧ください。

「お試し引換券」商品 定価 交換ポイント数
サッポロカンパイエール 311円 140P
キリン氷結ストロングMIXパンチ 152円 60P
でかまる白だし醤油ワンタン麺 216円 100P

※対象商品や金額は期間限定のため、随時内容は変わります。

もちろんポンパレモールでもPontaは使えますしPontaポイントも貯まります。以下はPontaが「貯まって使える」加盟店のごく一例ですが、ポイント付与だけというお店も多数あります。

  • ローソン
  • ライフ
  • ケンタッキーフライドチキン
  • JALマイレージバンク
  • H.I.S.オンライン予約
  • AOKI
  • 昭和シェル石油
  • HMV
  • ビックカメラ

Pontaは他のポイントとも交換できる!

リクルートポイントをPontaに交換すれば、他ポイントへの移行もスムーズにできるようになります。例えば以下のような手順でJALマイルへの移行もカンタンですよ。

①リクルートポイント:2500ポイント
 ↓
②Ponta:2500ポイント 
 ↓
③JALマイレージバンク:1250マイル

なお移行が反映されるまでの所要期間など詳細については、Ponta Webにてご確認ください。

Ponta利用にはPonta Webでの登録手続きが必要

ここまでご説明してきたPontaの機能を使いこなすには、実はPonta Webでの登録手続きが必要です。ただ登録しなくてもポイントの取りこぼしはありませんのでご安心ください。

ただ現在ポンパレモールなどリクルート参画サイトで獲得できるポイントは、以下のように2種類が混在する形となっています。

  • ポンパレモールでの加算ポイント
    ・・・Pontaポイント
  • 決済ポイント
    ・・・リクルートポイント

貯まったポイントを今後サービス拡大も期待できるPontaとして有効活用するには、やはり登録がおすすめですよ。

勿論費用は一切かかりません。それにリクルートカード入会前でもこの手続きはできますので、早い目に登録を済ませてはいかがでしょう。

方法はカンタンで、Ponta Webで以下2種類のIDを登録するだけです。

  • リクルートID
  • Ponta会員ID

それぞれのIDは各サイトですぐ取得できますから、一から始めたとしても所要時間は数十分程度です。しかしPontaカードが手元に届くのはもう少し後になります。

以下の画像はPonta Webで紹介されているPontaカードの一例です。オンライン申込みの場合、郵送で届くのは左上の統一デザインになります。

Pontaカード画像

リクルートカード入会後はPonta登録とカード発行手続きを!

以下、リクルートカード申込み時点からの全ての手順をまとめました。これでリクルートカードとPontaの機能がフルに使えるようになります。

1:リクルートカード申込み
  ①リクルートIDの登録(※1)
  ②リクルートカード入会手続き
    ・リクルートカード発行
2:Ponta Webでの登録
  ①リクルートIDの登録
  ②Ponta会員IDの登録
    ・Pontaカード発行

(※1)リクルートID登録はリクルートカードの申込みに先立って行います。

なお既にPontaカードをご利用中の方も、リクルートポイントとの連携を可能にするため、是非Ponta Webで手続きをしてください。

ポイントは実質無期限だがこまめに使うことも大切

リクルートポイントは先にご説明したように実質有効期限なしですが、Pontaポイントの有効期限についても同様です。

1年近く全く動きがないというケースを除けば、ポイントを失う心配はありません。

またポイントは自動的に有効期限の早いものから順に消化されるため、定期的にポイントを使うことでもポイント失効は防げます。

リクルートカードはとてもよくポイントの貯まるカードですが、こまめな利用でポイントを生かすことも大切ですね。

リクルートカードのポイントは、Pontaと共通ポイントになることでもっと使いやすくなりました。ポイント利用の幅が広がり、Pontaに交換することでマイル移行も簡単です。

Pontaの機能をフルに活用するには、リクルートカード入会とは別に手続きが必要ですが、いつでも登録可能ですし料金も一切かかりません。

リクルートカードの国際ブランド選びはお得な電子マネーにご注目!

ここまで読んで頂いてリクルートカードに入会する気になった方には、実はもうひとつ決めなくてはならないことがあります。それはVISAとJCB2通りの国際ブランドのことです。

実はこの国際ブランド、還元率アップに繋がる電子マネーの利用とも大いに関係があるのです。

適当に決めてませんか?国際ブランド選びには慎重に!

ここでひとつご質問を。入会するカードに国際ブランドが複数あったら、あなたは何を基準に選びますか?

ブランド選びの基準としては以下のようなことが考えられますが、一般的には何となく選んでいる方も多いようです。

  • 手持ちのカードと重複していないこと
  • ブランドが提供する特典の内容
  • 加盟店が多いこと
  • 海外での使いやすさ

しかしこれでは後で後悔することになるかもしれませんよ。リクルートカード入会時に国際ブランドを選ぶ際には、ぜひ電子マネーについて検討して頂きたいのです。

VISAとJCBではチャージできる電子マネーが違う!

といいますのも、リクルートカードのVISAとJCBでは、「チャージでポイントが貯まる」電子マネーの種類が異なるからなのです。

以下リクルートカードのサイトに分かりやすい図が掲載されていましたのでご覧ください。こちらがリクルートカードVISAでチャージするとポイントが貯まる電子マネーです。

電子マネー紹介画像

そしてこちらがリクルートカードJCBに対応する電子マネーです。

電子マネー紹介画像

「チャージでポイントが貯まる電子マネー」の種類の多さでは、VISAがおすすめということになります。

リクルートカードは電子マネーでポイント二重取りが可能!

なぜこんなに電子マネーにこだわるかというと、リクルートカードのようにチャージでポイントが貯まるカードなら、「ポイントの二重取り」も可能だからです。

つまりリクルートカードでチャージした電子マネーを使えば、還元率を1.2%以上にできるのです。

支払い方法 ポイント付与
現金
リクルートカード 1.2%
リクルートカードでチャージした電子マネー 1.2%+α%

普段の買物もリクルートカードで決済するよりは、一旦電子マネーにチャージして使う方がα%分お得です。

リクルートカードで楽天Edyチャージでポイント二重取り!

では実際に各種電子マネーとのコンビネーションを見ていくことにしましょう。まずは「リクルートカードVISA」にしかチャージポイントがつかない楽天Edyについてです。

楽天Edyにチャージ1.2%還元+楽天Edyを使う0.5%還元
→合計還元率 1.7%

楽天Edyならこの様にしっかりポイントの二重取りができますね。しかも還元率1.0%の楽天カードよりも、リクルートカードでチャージする方がよりお得になります。

nanacoにチャージして税金を払うとお得!

次に、リクルートカードVISAとJCBどちらでもチャージポイントがつくnanacoの利用例をご紹介しましょう。

nanacoの利点は、セブンイレブンで税金や公共料金などの支払いに使えるということ。

固定資産税や住民税、自動車税などの各種税金以外にも、国民年金、国民健康保険料などの支払いもできます。

但し税金や公共料金等の「収納代行」では、通常のnanaco利用時に付与される1%分のポイントはつきません。

ポイント二重取りができないと損な気もしますが、税金を払ってポイント還元できるのはこの方法のみ。

しかも利用金額が多いため、高還元率のリクルートカードに貯まるポイントには大いに期待できます。

但しクレジットカードでnanacoにチャージできる金額には、以下のような制限があることにご注意ください。

まとめて払うと金額が多くなってしまう場合は、月単位で支払うといった工夫も必要です。

nanacoチャージ上限額 1回のチャージ可能額
上限額50,000円 5,000円以上。1,000円単位29,000円まで

nanacoへのチャージは回数にも制限があります。

■1ヶ月15回まで
■1日3回まで

またnanacoにクレジットチャージするには、nanacoに登録してクレジットカードを紐付けしておく必要があります。

クレジットカードの紐付けはnanacoの公式サイトから手続きが可能です。

セブン-イレブンユーザーにはリクルートカードとnanacoのコラボが最強!還元率2.2%

リクルートカードはnanacoへのクレジットチャージを行う際に1.2%の還元が受けられます。

会計の時にnanaco払いによって更に1%加算され、合計で2.2%の還元が受けられる為、セブン-イレブンユーザーにはリクルートカードとnanacoの組み合わせが最強ですね!

リクルートカードのブランドにはVISAとJCBの2タイプがありますが、それぞれチャージでポイントが貯まる電子マネーの種類が異なります。

ポイント二重取りが可能な楽天Edyをお持ちならVISAタイプがお薦めですし、セブンイレブンで税金や年金を払う方ならnanacoの利用がお得ですよ。こちらはVISAとJCBどちらでもOKです。

最後にリクルートカードの基本情報をご覧ください!

リクルートカード画像

以上でリクルートカードのご説明は終わりです。ポイント獲得については、極めて優れたカードであることがご理解いただけたのではないでしょうか。

最後にリクルートカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。

今回はポイント還元率に的を絞りましたので付帯保険には触れませんでしたが、リクルートカードには国内と海外両方の旅行保険及びショッピング保険がついており、年会費無料にしては充実した内容となっています。

カード情報 内容
年会費 永年無料
申込資格 18歳以上
家族カード 発行可能 無料
ETCカード 発行1,000円 年会費無料
海外旅行傷害保険 最高2000万円 利用付帯
国内旅行傷害保険 最高1000円 利用付帯
その他付帯保険 ショッピング保険(海外・国内)年間200万円
電子マネー
還元率 1.2%以上
還元率の高さで有名なリクルートカードですが、付帯保険も意外と充実しています。特に国内と海外両方で使えるショッピング保険にご注目ください。

またリクルートカードは家族カードを無料発行できるので、どんどんポイントを獲得して家計の節約に繋げてください。またチャージでポイントが貯まる電子マネーとの連動もおすすめです。

リクルートカードの還元率1.2%は工夫次第で更なるアップも可能です

高還元率で有名なリクルートカードですが、この還元率1.2%をさらにアップさせることは、そんなに難しいことではないということがお判りいただけたと思います。

でも何と言ってもベースの還元率が高いカードですから、公共料金の支払いや日常のお買物に使うだけでもそのメリットを実感できるはず。特にカードに詳しくない方でもお得を味わえる1枚です。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断