MUFGカード ゴールド

コスパ最強!空港ラウンジも無料!
50代の方におすすめMUFGゴールド

定年後の暮らしを視野に入れた50歳からのクレジットカード選び

定年後の暮らしを視野に入れた50歳からのクレジットカード選び

50歳というと「人生の折り返し地点を過ぎたな・・・」と思う頃でしょうか。お子さんがいるご家庭では、子育てが一段落してホッとしている頃かもしれません。

会社勤めの方は、定年までの年数が現実味を帯びて来る頃だと思います。定年後の生活を想像し、「ゆっくり旅行がしたい」などと思っている方もいるのではないでしょうか。

定年後の暮らしを考える時、50代のうちに準備をしておきたいのが「クレジットカード」です。

なぜ、50代のうちにクレジットカードを作っておきたいのか、クレジットカードを作る時や使い方に注意点はあるのか?お薦めのクレジットカードは?など、50歳からのクレジットカード選びについてお話していきます。

50代のうちにクレジットカードを作っておきたい理由とは

50代のうちににクレジットカードを作る事をお薦めしている理由は、年齢が高くなると入会審査が厳しくなり、クレジットカードを作れる確率が低くなるからです。

年齢とともに審査が厳しくなる理由は、主に次の2つです。

  • 収入が少なくなるから
  • 平均寿命が近くなるから

まずはこの2つの理由について見ていきます。

収入が少ないとクレジットカードを作れない事がある

定年後の選択肢は「再雇用」もしくは「年金生活」という方が多いと思います。どちらを選ぶにしても、定年前の収入より少なくなるケースが大半です。

クレジットカードの審査では、預貯金の金額ではなく定期的な収入を重視します。

定年後の収入によっては希望するクレジットカードを作れない可能性があるので、50代のうちに作っておく事をお薦めしています。

年齢が高くなるとクレジットカードを作れない事がある

クレジットカードを利用して買い物をするということは、「お金を借りる」ということです。お金を貸す側は、貸したお金が返ってこなくなると困ります。

年齢が高くなると死亡率も高くなり、返済を終える前に亡くなってしまう確率が上がるので、審査が厳しくなります。

年齢のことを考えると、少しでも早いタイミングの方が審査が有利になります。

クレジットカードのない生活を考えてみる

クレジットカードが作れなくても、現金で生活をすればいい・・と思うかもしれませんが、現金だけでは不自由な事もあります。例えば次のような場面です。

  • 現金の持ち運びや管理
  • インターネットショッピングの支払い

インターネットショッピングは、重い物・かさばる物を玄関先まで届けてくれ、これからますます利用が増えると思います。支払いにはクレジットカードを使うことが多いです。

クレジットカードは何歳まで作れる?

「私は○○歳なのですが、クレジットカードは作れますか?」という質問を受ける事がありますが、年齢だけで判断する事は出来ません。また、年収だけで判断することも出来ません。

クレジットカードの審査は、多くの条件から総合的に判断します。

年齢・年収以外の条件としては、「他に借金がない人」や「住まいが持ち家の人」は審査に有利と言われています。

50代でクレジットカードを作るポイントと注意点は?

クレジットカードには多くの種類があり、選ぶのが難しいという話を聞きます。ここからは、50代の方がクレジットカードを作る時のポイントや注意点を挙げていきます。

今後の生活や行動範囲を考えたクレジットカード選び

定年を境に行動範囲が変わる方が多いです。50代でクレジットカードを作る時は、定年後の生活まで考えて選びたいものです。

「定年後、時間が出来るから海外旅行に行きたい」という方には、海外旅行保険が充実したものが安心です。

いずれ自家用車を手放す可能性があるのなら、車がなくても行かれる近所のスーパーのクレジットカードを集中的に使うようになるかもしれません。

また、自分がメインに使っている銀行と提携しているクレジットカードを選ぶと、手数料などが優遇される可能性があります。

今後の生活や行動範囲を考えたクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードは年会費の負担も考えておきたい

クレジットカードの年会費は無料から数万円のものまで様々です。

年会費はクレジットカードの利用がなくても毎年払うものなので、年金生活になった時に、その金額が負担にならないかを考えて選びましょう。

年会費わずか1,905円のゴールドカード!MUFGカード ゴールド

MUFGカード ゴールドはゴールドカードにも関わらず、年会費がわずか1,905円(税別)と格安です。

年会費をおさえながらも、ゴールドカードのサービスを利用できるMUFGカード ゴールドは、50代の方におすすめです。

格安ですがゴールドカードですから、海外旅行保険も付帯しますし、空港ラウンジも利用できますよ。

MUFGカード ゴールドは最短で翌営業日に発行できますので、郵送では最も早いカード発行対応といえますね。

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ワンランク上のカードを勧められた時は

ある程度の年齢で日常的にクレジットカードを使っている方に、「プラチナカード」や「ゴールドカード」の案内が届く事があります。

これら、ワンランク上のクレジットカードの特徴をまとめておきます。

  • 年会費は1万円~
  • 利用上限額が大きくなる
  • 海外旅行保険が充実
  • 空港のラウンジが使える

このように、特典も増えますが、年会費も高くなります。特典と年会費のバランスが自分にとって適切かどうかを考えて判断してください。

家族会員カードの弱点とは

クレジットカードの所有者を「本会員」、本会員が持つカードを「本会員カード」と呼びます。

クレジットカードには本会員カードの他に「家族会員カード」というものがあります。(申し込みをすると家族の名前が入ったカードが送られてきます。)

家族会員カードの特徴を下記にまとめます。

  • 年会費が割安になる
  • 家族のポイントが合算される
  • 家族会員の審査は緩め

家族会員カードは、本会員と同様のサービスが受けられます。(一部例外もあります。)

審査の対象は本会員の方なので、その家族であれば学生や専業主婦でも持つ事が出来る点でも人気です。

ただ、家族会員カードには1つ弱点があります。

それは、クレジットカードの本会員が退会したら、家族会員も資格を喪失してしまうことです。

例えば、夫が本会員、妻が家族会員の場合、夫が死亡すると妻のカードも使えなくなります。いざという時に困らないように、自分が本会員にあたるカードも用意しておきたいものです。

長期の支払いに気を付けて

クレジットカードで支払いをする利点に、何回かに分けて返済できることがあります。返済方法には2種類あります。

【分割払い】回数を指定して返済
【リボルビング払い】金額を指定して返済

分割払い(特にリボルビング払い)は、返済期間が長期になる可能性があります。

契約者が入院したり亡くなった場合のことを考え、あまり長期の返済計画は立てない方がいいでしょう。

50歳以上でお得になるクレジットカードのご紹介

これからクレジットカードを作るなら、特典がある方がうれしい・・・というわけで、50歳以上でお得になる、クレジットカードを3種類ご紹介します。

55歳以上の方に、イオングループの「G.G. イオンカード」

イオングループのお店では、電子マネー「WAON」(ワオン)を使えます。WAONは、あらかじめ「WAONカード」にチャージ(入金)して使います。

WAONを使うことで小銭のやりとりをしなくて済み、お財布がスリムになると好評です。

イオングループのクレジットカードとWAONカードには下記の様な種類があります。

カード名 年齢制限 クレジット WAON
(1) WAONカード なし
(2) イオンカードセレクト 18歳以上
(3) イオンカード (WAON一体型) 18歳以上
(4) G.G WAON 55歳以上
(5) G.G イオンカード 55歳以上
(6) ゆうゆうWAON 65歳以上

この中で特にお薦めしたいのが、(5)の「G.G イオンカード」です。

「G.G イオンカード」の魅力とは

G.Gとは、Grand Generation(グランドジェネレーション)の略で、シニアに代わる言葉として使われています。

G.G イオンカードの基本的な情報を見ていきましょう。

カード名 G.G. イオンカード
年会費 無料
国際ブランド VISA Master JCB
保障・保険 カード盗難保障無料
追加できるカード ETCカード・家族カード
その他のサービス イオンiD(おサイフケータイ)・WEB明細など

次に、「G.G イオンカード」の特典を見て行きましょう。元々、イオンカードには下記のような特典が付いています。

お客さまわくわくデー 毎月5,15,25日 WAONポイントが2倍
ときめきWポイントデー 毎月10日 ときめきポイントが通常の2倍
お客様感謝デー 毎月20,30日 買物代金が5%OFF
【WAONポイント】WAON利用額に応じたポイント
【ときめきポイント】クレジットカード利用額に応じたポイント

この特典の中で特に人気があるのが「お客様感謝デー」です。売り場にある商品の殆どが5%OFFで購入できるのが人気の理由です。(一部除外品があります。)

G.G イオンカードを所有していると、5%OFFになる日が1日プラスされます。

G.G 感謝デー 毎月15日 買物代金が5%OFF

15日は年金の支給日なので、まとまった買い物をする方も多く、この日に割引になるのは大きな魅力だと思います。(年金の支給日は偶数月)

50代前半の方は、まだG.Gイオンカードは作れませんが、通常のイオンカードを持っていると55歳になった時点で切り替えることが可能です。

イオンカード、G.Gイオンカードは、生活圏内にイオングループのお店がある方にお薦めのカードです。

旅好きの方には、JR東日本の「大人の休日倶楽部」

「大人の休日倶楽部」はJR東日本が運営する50歳以上の方を対象とする倶楽部です。この倶楽部には年齢によって2種類の区分があり、それぞれに対応するクレジットカードがあります。

男性 女性
大人の休日倶楽部 ミドルカード 50~64歳 50~59歳
大人の休日倶楽部 ジパングカード 65歳以上 60歳以上

このように、男性と女性で異なる年齢設定になっています。

50歳から作れる「大人の休日倶楽部 ミドルカード」

では「大人の休日倶楽部 ミドルカード」の基本情報を見ていきましょう。

カード名 大人の休日倶楽部 ミドルカード
年会費 2,575円(初年度の年会費は無料)
国際ブランド VISA JCB Master
保障・保険 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険
追加できるカード ETCカード
その他のサービス 電子マネー「Suica」、接触ICチップ搭載(偽造防止)

年会費内訳:カード年会費515円/大人の休日倶楽部年会費2,060円

このように、「大人の休日倶楽部 ミドルカード」は電子マネー「Suica」や旅行保険が付いた、お出かけをサポートするカードです。

では次に、このカードの特典を見ていきましょう。

  • JR東日本・JR北海道の切符が5%off(201キロ以上の利用※)
  • びゅう国内旅行が同行者全員5%off
  • Suicaとして利用可能
  • 紛失保証(クレジット機能、Suicaの両方)
  • 会員限定の切符やツアーあり

※「201キロ以上」についての説明が、大人の休日倶楽部ミドルカードのホームページにあるので紹介します。

新幹線を含むJR東日本線・JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上ご利用いただくと、JR東日本線・JR北海道線の運賃・料金が5%OFFになります。
引用元:ビューカード「大人の休日倶楽部 ミドルカード」

切符や国内旅行の割引は、ご旅行や実家への帰省が多い方にはうれしいサービスだと思います。(ゴールデンウイーク・お盆・年末年始など割引にならない日があります。)

割引はJR東日本だけでなくJR北海道まで対象になるので、道内在住の方にもお薦めです。

Suicaは、JRだけでなくPASMOエリア(首都圏の私鉄や地下鉄など)でもタッチするだけで利用できます。

会員限定の切符は過去に「4日間乗り放題17,000円」(東日本・北陸フリーエリア)などが販売された例があります。

「大人の休日倶楽部 ジパングカード」とは

次に「大人の休日倶楽部 ジパングカード」の情報を見ていきましょう。

カード名 大人の休日倶楽部 ジパングカード
年会費/個人会員 4,285円 カード年会費515円/大人の休日倶楽部年会費3,770円
年会費/夫婦会員 7,320円 カード年会費1,030円/大人の休日倶楽部年会費6,290円
国際ブランド VISA JCB Master
保障・保険 国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険
追加できるカード ETCカード
その他のサービス 電子マネー「Suica」、接触ICチップ搭載(偽造防止)

ジパングカードには「個人会員」と「夫婦会員」があるのが特徴です。

【夫婦会員】夫婦のどちらかが65歳以上なら2人で申し込み可能

次に、ジパングカードの特典を見ていきます。

  • JR東日本・JR北海道の切符が30%off(201キロ以上の利用)
  • 全国のJRが年20回まで20、30%off(201キロ以上の利用)
  • びゅう国内旅行が同行者全員5%off
  • Suicaとして利用可能
  • 紛失保証(クレジット機能、Suicaの両方)
  • 会員限定の切符やツアーあり

ミドルカードとの違いは、JR東日本・JR北海道の切符の割引額が30%offになる事です。(201キロの規定はミドルカードと同様です。)

また、年に20回まで全国のJRが割引になります。(1~3回目20%off、4回目以降30%off、2年目からは全て30%off)

例えば、西日本や九州・四国にお住まいの方でも、年に20回の割引が使えれば、かなりお得なサービスだと思います。

大人の休日倶楽部の2つのカードの利点とは

大人の休日倶楽部「ミドルカード」「ジパングカード」のいい所はそれだけではありません。

この2つのカードは、申込める年齢が50歳からのカードなので、50代、60代だからといって不利になる事はありません。

お出かけをサポートしてくれて、買い物の支払いにも使える2つのカードは、50歳以上の方に嬉しいカードだと思います。

「50歳からのクレジットカード選び」まとめ

ここまで、50代のうちにクレジットカードを作って欲しい理由、カードを作る時のポイントや注意点、お薦めのクレジットカードの紹介をしてきました。

今回紹介したクレジットカードは、どちらも電子マネーがセットになったものです。

多機能のカードでお財布がスリムになって便利な反面、紛失や盗難の際の被害が大きくなることも考えられます。カードの管理には十分注意してください。

そして、クレジットカードを上手に使って、これからの生活を益々充実させていってください。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断