顧客満足度指数調査7年連続NO.1
年会費無料!楽天市場で高還元!

強制解約?リボ払い詐欺!?楽天カードの悪い噂は本当ですか!?

強制解約?リボ払い詐欺!?楽天カードの悪い噂は本当ですか!?

楽天カードのことを調べていると、こんな書き込みをよく見かけます。

楽天カードは予告なしに強制解約をよくされてしまう!自動リボ払いに勝手になってて、100万円の借金ができた!

…何て恐ろしい書き込みなんでしょう。これだけで楽天カードの申込みを敬遠したくなっちゃいます。

でもこの噂、本当なんでしょうか?他にも悪い評判がザクザク出てきますが、どうして楽天カードの評判は悪いんでしょうか?

今回は楽天カードの評判が悪い理由を探ります。

楽天カードが本当に悪評判通りのカードなのかを判断する材料にしてみてくださいね!

予告なしに解約!?楽天カード、エラーコード2の恐怖

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

冒頭で出た「楽天カードは予告なしに強制解約をよくされてしまう!」っていうの、やっぱり気になりますよね。

まずは本当に解約されちゃうのかどうかに迫ります。

楽天カードで強制解約されたという声は多数

口コミサイトなどでは実際に解約されてしまった、もしくは予告なく限度額が減額されてしまったという声が多く寄せられています。

実際に解約されても、わざわざネットに書き込みをする人はその中の一部ですから、本当に強制解約は多いのだと推測できます。

やっぱり強制解約はあるんですね…。

楽天カードの会員ページのエラーコード2

ある日、楽天カードの情報を確認しようと、楽天カードの会員ページにアクセスしようとするとログインできない。

楽天e-NAVIにメールアドレスとパスワードを入力しても、「エラーコード2」と出てきてしまう。

…実はこれ、楽天カードが強制解約されてしまったために出てきているエラーコードなんです!

何の前触れもなくなぜ!?と悲鳴を上げる人が多いのだとか。

ちなみに楽天e-NAVIで表示されるエラーコードは2の他に1、M,Aなどがあり、いずれの場合にもコンタクトセンターへの問い合わせが必要です。

強制解約されてしまった場合には、コンタクトセンターへ問い合わせて、残金があれば返済の打ち合わせが必要になります。

他のカードの信用ダウンが即影響!?

なぜ楽天カードは強制解約されるのでしょうか。

エラーコード2が出た!強制解約された!という人の話をよくよく深く掘り下げると、大抵原因が見えてきます。

例えば他のクレジットカードで料金滞納があった。高額のキャッシング、マネーローンができた。カードの利用残高が満額になったなど。

こういった金融事故や信用に傷ができる行為を行うと、割と素早く強制解約されてしまうんです。

楽天カード自体は問題なく支払いができていても、他のカードやキャッシングの利用状況が影響して、強制解約に至ることは多いようです。

楽天自体でも、カードの利用停止について次のように回答しています。

当社では、会員規約に記載のとおり、定期あるいは不定期での再審査を実施させていただいております。
その結果、カードのご利用を制限させていただく場合がございます。

引用元:楽天CARD

楽天では金融事故が起きるとすぐに解約されてしまう、ということが起こりがちなんですね。

楽天カードはリスク回避のために強制解約している

ちょっとキャッシングが多くなっちゃっただけなのに、ちょっと延滞しただけなのに解約なんて酷い!と思う人は沢山いるようですね。

楽天カードはカード発行や継続の審査基準にしている信用情報の更新の頻度が高く、金融事故の情報はすぐに更新されます。

楽天カードはそもそも、かなり発行のための審査がゆるいカードでも有名です。

楽天カード取得の審査が甘いからこそ、信用情報をまめに更新して、リスクのあるカード利用者はすぐに排除したい。

そういう方針から、強制解約があるのかもしれませんね。それにしたって、強制解約なんて酷いです。

しかしながらここまで話した強制解約ですが、他のカードとはいえ、信用情報に傷がついた場合にのみ行われる処置です。

例えば普段からキャッシングもしないし、支払い遅延も一切しないというような人は関係のない話なのです。

強制解約が怖いから利用しない、なんて方もいるでしょうが、そもそも遅延やキャッシング利用がなければ問題ありません。

支払いをきちんとさえしていれば強制解約なんて恐れずにすみますから、安心してください。

とにかくメールが邪魔!いい加減にして欲しい広告メール!

楽天では楽天カードを使用するしないに関わらず、広告メールなど、メールマガジンの多さがよく注目されます。

多い人では一日100通以上のメールに悩まされるとか。ほとんど迷惑メールのような扱いをしたくなりますね。

どうしてメールが多くなるんでしょうか。その仕組みと対策を見てみましょう。

メールマガジンが半自動登録されてしまう

楽天で買い物をすると、注文確定の直前の画面をよくよく見るとサイトの一番下の辺りに「メールマガジン登録」の項目があります。

画像のような項目に、デフォルトでは何と全てチェックがついています。

確認せずに注文を確定してしまうと、買い物の度にメールマガジンが登録されて、どんどん届くメールが増えるという仕組みなんです。

これではメールマガジンが意図せずしてドンドン増えていってしまうのも頷けます。

嫌な場合には必ず「すべての選択を解除する」をクリックしてチェックを外しておきます。

楽天カードのメルマガと楽天市場のメルマガ設定は独立している

増えすぎたメールマガジンを配信停止したい!と思ったら、会員ページから配信停止処理を行うことができます。

しかし曲者なのが、楽天カードのメールと楽天市場のメールマガジンの設定画面は別々に分かれているとういことです。

もしも楽天市場の会員ページから全てメールの配信を停止したとしても、まだ楽天からメールが来る可能性があります。

それは、楽天カードの楽天e-NAVIからメールの配信を停止していないからです。

停止措置をしてもメールがどんどん来る!と苦情を言っている人は、楽天カードか、楽天市場どちらかが停止できていない可能性がありますね。

メールが嫌なら必ず配信拒否・配信停止

メールマガジンやお知らせメールが多すぎていやだという場合には、メールの配信停止手続きをとる必要があります。

停止の際には前述の通り、楽天市場側、楽天カード側両方とも必ず処理します。

そして楽天市場で買い物をする際に、注文確定前に必ずメール受信のチェックを外すことが必須になります。

…ですが、この逐一の操作は面倒なものです。

もしもズボラに処理したいのであれば、メールソフトなどで楽天のメールを一括で迷惑メールや特定のフォルダに移動するのも手です。

ただし一括で移動する場合はカードの利用速報なども移動されてしまうので、メールソフトの設定に気をつけてください。

設定方法はソフトによって異なるので、確認してみてください。

もしもそれすら面倒だという場合には、楽天用にフリーメールを取得して、受信し放題にするなんて方法もいいと思います。

とにかく量が多く邪魔に感じてしまうメールですが、自分にあったメール削除・配信停止などの方法をとってみてくださいね。

楽天カードのサービスは最悪?オペレーターの評判が悪い件

楽天カードの悪評判の中には、電話のオペレーターに繋がりにくい、案内が最悪、といった声もあります。

とにかく電話が繋がらないというのはどうしてなんでしょうか。

カード発行数に対してオペレーター数が少ない?

楽天カードは取得のしやすさ、楽天市場との相性の良さから発行カード数がとても多いカードです。

それをサポートする電話オペレーターは、それに合わせて何百何千といるのが理想ですが、残念ながらそうではありません。

一般的に楽天カードに限らず、カードの発行枚数よりもオペレーターの人数は少なすぎるというほど少ないのが普通です。

カード会員数が多ければ多いほど、問い合わせの数は増えますし、当然対応できるオペレーターではさばききれず待ち時間ができます。

これは楽天カードに限らず、どこのカード会社のサポートも多かれ少なかれ同じような状況です。

ただし、楽天カードは発行枚数が多いので、悪評を立てる人も多いです。

楽天カードの電話サポートが繋がりにくいというのは、当たり前の話なのでした。

楽天カードのオペレーターの態度が悪い?

口コミサイトでは、繋がらない上にオペレーターの態度が悪い、という意見もチラホラ見えます。

しかし、残念ながらこれも楽天カードに限ったことではありません。

サポートのオペレーターの対応品質が一定に保たれていればいいのですが、残念ながらオペレーターによって対応に多少の差はあります。

これは楽天に限ったことではなく、そしてクレジットカードのサポートに限った話でもないのです。

ただ、楽天が悪い!という意見が目立ちがちなのは、やはり楽天のカード会員数がそれだけ多い、というのが実情です。

ポイントキャンペーンの落とし穴!?自動リボ払いの罠

冒頭であったもう一つの恐ろしい悪評。「自動リボ払いに勝手になってて、100万円の借金ができた!」とは本当でしょうか。

果たして一体どんな理由でそうなっちゃうんでしょうか。

一括支払いをしているつもりでも溜まっていく負債・自動リボ

クレジットカードの支払い方法は、一括、分割、リボ払い、自動リボ払いがあります。

厄介なのが自動リボ払いで、もしも店頭で「一括払い」など支払い方法を指定していても、請求時には自動でリボになってしまいます。

よく言えば、リボ払いが恥ずかしい人が店頭で「一括払いで」とかっこつけることができる素敵なシステムです。

でも逆に言えば、カードを使った人が自動リボ払いであることを忘れていても勝手にリボ払いになってしまうということです。

本人は一括払いしてしまうつもりで、高額の商品を店頭で一括支払い指定をしていても、自動リボが適用されていたら…そうです。

高額の負債がリボ払いの金額で少しずつしか返済されず、次の買い物も、その次の買い物もドンドン負債ばかりが溜まってしまいます!

自動リボを忘れて一括払いのつもりで買い物をし続けたら…

いつの間にか100万の負債が溜まっていた!というのは、実は自動リボに設定されているのを忘れたり、気付かなかったりする場合に起こります。

毎月一括払いのつもりでカードを利用していれば、毎月小額ずつだったとしてもリボ払い支払いだけでは普通は支払いきれません。

毎月数万が積もりに積もっていくことで、結果、楽天カードの限度額である100万の借金が出来上がるというわけです。

この自動リボ払いの罠に陥った人は少なくないようで、似たような書き込みをチラホラと見ることができます。

発覚のきっかけは大抵、限度額に達したので、カード決済ができない旨を店側から言われた、というもの。

慌てて楽天側に確認を取って、自動リボ払いに設定されていることと、限度額いっぱいになっていることが発覚し、慌てるというのです。

自動リボは他のカードもあるのになぜ楽天だけ評判が悪い?

自動リボ払いは近年、様々なカード会社が勧めている支払い方法です。

リボ払いの手数料も楽天だけが高いわけではなく大体どの会社も同じ金額です。他の会社もあるのに、なぜ楽天だけが悪評高いんでしょう?

その理由が、巧妙なポイントキャンペーンです。

楽天はポイント獲得キャンペーンが多数あり、随時色々なキャンペーンが実施されています。

その中にある高ポイントのキャンペーンは、獲得条件が「自動リボ払いに設定する」という条件だったりします。

ポイント獲得にいそしんでいる人で、とりあえず片っ端からキャンペーン登録をする!という人は危険です。

いつの間にか自動リボになってしまっている可能性があります!

高ポイントが獲得できるからと言って、つられて設定し、自動リボを解除し忘れることが多いために、起きる悲劇。

それが「いつの間にか自動リボで100万の負債ができた」ということなのです。

自動リボを元々そんなに利用するつもりがなかったのに、ポイント目当てで自動リボに登録する人も多いので、余計に忘れやすいですね。

利用するつもりがない人も高すぎるポイントキャンペーンで釣るように登録させるので、悪評が高くなってしまっているようです。

トラブル回避に支払い方法は毎月確認を!

さて、この自動リボ払いの罠ですが、簡単な回避方法があります。それは毎月支払い方法を確認すること。

楽天カードは、メールもしくは書面で利用明細と請求金額の確認ができるようになっています。

そして、楽天e-NAVIという会員ページでリアルタイムの利用状況を確認することができます。

カードの支払い状況を毎月きちんと確認することで、ついうっかり設定してしまった自動リボ設定もすぐ解除できます。

カードの支払い状況をしっかりチェックしない人も多いですが、トラブルに見舞われないためにも、必ずチェックしてみてくださいね。

悪評ばかりじゃない!魅力的なポイント還元などメリットもある

ここまで楽天カードの悪評ばかりが並んできましたが、デメリットばかりでメリットはないんでしょうか?

いいえ、もちろんありますよ。次は楽天カードのメリットをチェックしてみてください。

楽天カードの入会特典のポイントが大きい!

楽天カードは常時入会特典のキャンペーンをやっています。

入会して楽天カードを発行するだけで、楽天市場で利用できる1ポイント=1円で利用できるポイントをかなり沢山もらえます。

そのポイントは時期によって異なりますが、1000ポイントから高いときには8000ポイントなんて高ポイントの時もあります。

カードの種類やキャンペーンの組み合わせでカードを発行するだけで、高ポイント付与も狙えます。

1ポイント=1円で利用できるわけですから、この特典はとても大きいです。何しろお金をもらうのと同じなんですからお得ですよね。

ポイント還元率が高い!ポイントが溜まりやすい!

楽天カードはとにかくポイントが溜まりやすい仕組みになっています。

楽天カードで決済を行うと楽天スーパーポイントが100円ごとに1ポイント溜まります。

楽天市場や楽天スーパーポイント加盟店で購入すると、そこでも100円ごとに1ポイント溜まります。

このため、楽天市場で楽天カードを使って決済すると、それだけで100円ごとに2ポイント溜まっちゃいます。

そして、楽天はポイント関連キャンペーンがとても多くキャンペーン登録した上で買い物をするとポイントが5倍や10倍になったりもします。

楽天カードではなく楽天市場側ですが、アンケートなども随時行っており、ポイントの獲得機会が次々と訪れます。

キャンペーンやアンケート等で獲得できるポイントは有効期限がついているものが多く、有効期限自体も短いものが多いです。

しかしそれを差し引いてもポイントが溜まりやすい仕組みがあるので、とても魅力的です。

もちろん楽天市場だけでなく、他のクレジットカードのポイントやマイルへの交換プログラムなどもあるので、使い道はたくさんあります。

審査が早い!入手しやすい!

楽天カードのメリットとして、入手のしやすさ、入手までの早さがあげられます。

通常クレジットカードは入会のための審査に時間がかかりますが、楽天の場合は最短であれば一瞬です。

ネット上で申込みを完了した瞬間に、審査結果の通知メールが届くこともあります。

そしてその審査は専業主婦でも場合によって取得できるなど比較的甘く、審査が通りやすくなっています。

しかも審査完了通知が来た後は通常、1週間程度でカードが届くという素早さです。

このため、楽天カードは審査が早く、入手がしやすいというメリットがあるのです。

利用速報で不正利用監視できる!

楽天カードはメールの多さがデメリットとしてあげられますが、逆にこのメールがメリットにもなります。

楽天カードが送信するメールの中には、設定によって、カード決済をした速報や毎月の請求案内を受け取ることができます。

もし万が一、カードが不正利用されても、利用速報メールでカード決済内容を確認すれば被害を少なめに抑えることができます

また、月々の支払い請求メールは、支払い額がおかしくないか、リボ払いになっていないかなど確認できます。

邪魔になりうるメールですが、うまく使えば不利益防止にもなるのです。

しっかりと説明を読んで自分で判断しよう!

楽天カードの悪評判とメリット、いかがでしたでしょうか。カード入会の可否の参考にはなりましたでしょうか。

悪評が何かと多い楽天カードですが、そこは発行枚数のとても多いカードのことです。分母が大きければ不満も沢山出てきてしまうでしょう。

そしてこんなに悪評がネットに溢れる楽天カードですが、実は数あるカードの中でも顧客満足度は何年も1位を取るほど人気なんですよ!

良いカードである分、可愛さ余って憎さ百倍ではないですが、期待大きい分だけ小さな不満が表面化しやすいのかもしれません。

一部の感情的な悪評だけに囚われず、さまざまなメリット・デメリットをしっかりと自分で比較してカード選びができると良いですね。

メニューを閉じる