年収400万円でも持てるブラックカード!?ワールドカードの魅力

年収400万円でも持てるブラックカード!?ワールドカードの魅力

クレジットカードのグレードと言えば、スタンダードから始まり、ゴールド、プラチナ、果てはブラックカードなんてのがあります。

グレードが上がれば、サービスも豊富で手厚くなる分、クレジットヒストリーがたくさん必要だったり、年会費がバカ高くなったり…。特にブラックカードなんて、一般庶民には手の届かない雲の上の存在です。

しかし、普通のサラリーマンでも手に入るブラックカード級のクレジットカードがあるって知ってました?その名も、シティカードのシティ・リワード・ワールドカード。

厳密にはブラックカードとは少し違いますが、そのサービスは一級品!ちょっと、シティカードのワールドカードについて、知ってみませんか?

マスターカードの「ワールドカード」ってなんだ?

とりあえず、ワールドカードって何だ?って話ですよね。

MasterCard(マスターカード)のクレジットカードのグレードなんですが、それだけじゃちょっと分からないので、ちょっと詳しく見ていきましょう。

MasterCardのグレードはスタンダート~ワールドまで

MasterCardのグレードは、下から順番に、次のグレードがあります。

グレード 内容
スタンダード 一番グレードが低い
ゴールド スタンダードよりややサービスが上
チタン ホテル優待などゴールドよりもサービスが上
プラチナ 高額支払い可能でチタンよりやや上のサービス
ワールド プラチナのサービスに加え海外旅行に重点をおいたサービスが手厚い

ワールドMasterCardは、高額の決済に対応しているだけでなく、他のカードに比べ、プラチナカードのサービスにプラスして、海外旅行にとても便利なサービスを、多数取り揃えています。

プラチナよりもワンランク上のサービスが受けられることから、一般的に、ワールドMasterCardはブラックカードと同じグレードのカードであると言われています。

ワールドMasterCardは海外旅行に有利!

ワールドMasterCard

ワールドMasterCardの特典は、主に次の3つが提供されています。

サービス 内容
ワールドMasterCard ワールドのみのサービス。高級ホテル優待、複数でのコース料理1名無料、コンシェルジュサービスなど
Taste of Premium プラチナ以上のサービス。会員制ゴルフへのアクセス、ホテル優待など
Priceless Cities スタンダード以上の基本的サービス。

基本的に、どのサービスもホテル優待などがあるのは変わりないのですが、ワールドMasterCardのサービスだけは特別です。

ワールドMasterCardの何が凄い?

ワールドMasterCardの特徴的で便利なサービスが、次のものです。

  • 海外旅行時の手荷物を3個まで無料宅配
  • 提携料理店でのコース料理が複数名予約で1名無料
  • ハーツのレンタルカーの料金10%オフと車種グレードアップ

海外旅行時の手荷物無料宅配は、プラチナカード以上のサービスですが、プラチナカードだと2個までしか無料ではありません。しかも、無料宅配の対象は、行きと帰り両方です。

手荷物が3個まで宅配利用できれば、行き帰りの荷物をなくすことも可能ですよね。

提携料理店では、提携の約200店舗の料理店で、コース料理を複数名で予約すると1名分の料金が無料になります。2名で申し込めば、高級コース料理が半額で食べられることになりますね!

また、世界的に展開しているレンタカー業者であるハーツは、世界147カ国、8,500カ所以上に営業所を持つ大きな業者です。ここでのレンタカー料金は、ワールドMasterCard会員なら、全て10%オフされる他、4日以上のレンタルで車種が2ランクグレードアップされます。

これらの特典の他に、無料対象や、ウェルカムサービスを受けられる施設が、プラチナ以下では国外は韓国やハワイなどの主要都市に限られますが、ワールドMasterCardでは、アジア~欧州まで特典対象の都市がかなり増えます。

ワールドMasterCardは、海外でのホテル優待や、レンタカー、手荷物無料宅配など、海外旅行に特化したカードだという事がわかりますね。

ワールドMasterCardはどこが発行している?

日本国内で、ワールドMasterCardを主に発行しているのは、次の三社です。

  • 株式会社アプラス
  • シティカードジャパン株式会社
  • SBIカード株式会社

もちろん、海外ではさまざまな会社がワールドMasterCardを発行しているのですが、日本ではこの三社のみです。

MasterCardと提携しているカード会社は数あれど、ワールドMasterCardを発行している会社がたったの三社というのは、ワールドMasterCardがいかに貴重であるかが、伺い知れますね。

シティカードのワールドカードは何故入手しやすい?

さて、ワールドMasterCardの凄さが分かったところで、本題です。シティカードならワールドMasterCardがサラリーマンでも手に入るって、本当?ってところですよね。

なぜ、日本でワールドMasterCardを発行する会社のうち、シティカードだけが、敷居が低くワールドMasterCardを入手できるのか、その謎を紐解いていきましょう。

アプラスとSBIは敷居が高すぎてサラリーマンでは無理!

アプラスとSBI

日本ではアプラスとSBI、シティカードの三社がワールドMasterCardを発行していると先に触れましたが、実はシティカード以外の会社は、ワールドという最上級のカードにふさわしい敷居の高さを誇っています。

SBIは、一般募集をしていないので利用者からの自発的な申し込みはできず、加入可能なのはSBIから招待された方のみです。SBIはプラチナカードの審査すらもかなり厳しいという噂なので、相当なクレジットヒストリーが必要となり、ただのサラリーマンでは取得が困難だと思われます。

アプラスが発行しているワールドMasterCardは、「ポルシェカード」と言います。申し込みこそ、招待ではありませんが、まず申し込み資格が、ポルシェオーナーであること、という条件があります。

一番お求めやすい車でも、600万円台であるポルシェのオーナーになるのは、ただのサラリーマンにはちょっと荷が重いです。しかも、正規販売店で購入したポルシェオーナーしか申し込み資格がないので、安く中古で…という裏ルートも難しそうです。

このように、アプラスとSBIのワールドMasterCardは、そのグレードに相応しく、庶民には敷居が高いんですね。

シティカードの申し込み要件は年収400万以上!

シティカードが発行するワールドMasterCard「シティリワードワールドカード」は、招待制ではなく、一般募集を行っています。その申し込み要件は、たったの2つだけです。

  • 年齢25歳以上
  • 年収400万円以上

たったこれだけです。ポルシェが買えない年収でも、クレジットで年間1000万とかバカな金額買い物できなくても、申し込みができます!

もちろん、クレジットヒストリーに傷があれば、審査に通らないこともあるでしょうが、まず入り口の時点で、年収400万円以上というのは、他の会社に比べればかなり敷居が低いのではないでしょうか。

しかも、年会費はSBIが15万7500円、アプラスが2万1000円なのに対して、シティカードは年会費が1万2000円と爆安です。おまけに、家族カードは無料ときています。

これなら、普通のサラリーマンでもブラックカード級であるワールドMasterCardを入手するのは全くの夢ではありませんね。

敷居が低いのにシティカードはサービスも充実!

残念ながら、シティリワードワールドカードには、24時間のコンシェルジュサービスはありません。年会費1万2000円を考えると、それも妥当でしょうね。

しかし、がっかりするのはまだ早いです!コンシェルジュサービス以外の、ワールドMasterCardならではのサービスはきちんと継承されています。

海外旅行時の手荷物3個無料宅配を始めとした、Taste of Premiumのサービスも、ワールドMasterCardサービスもきちんと享受することができます。

しかも、プライオリティ・パスという空港のVIPラウンジを利用する会員権の無料入会・年会費無料特典もついています。VIPラウンジの実際の利用には27ドルかかりますが、年会費無料は魅力的です。

また、VIPラウンジでなくとも、国内では28の空港と、海外ではハワイのホノルル空港、韓国のインチョン空港の2つのラウンジは無料で利用できます。

コンシェルジュサービスがないと、ブラックカード感はグッと下がりますが、年会費以上のサービスが受けられますよね。

シティカードのワールドカードはブラックカードじゃない?!

まず、下の画像を御覧ください。何のクレジットカード?と首をかしげる方もいらっしゃるでしょうが、このカードはシティリワードワールドカードです。

シティリワードワールドカード

そう、ワールドMasterCardなのに券面が黒くないんです。

コンシェルジュもないし、ホントにシティリワードワールドカードは、ブラックカードクラスのカードなのか疑問に思っちゃいますよね。その疑念に対する答えを、紐解いていきましょう。

ワールドMasterCardは審査基準がマチマチ

日本では三社しか提供されていないワールドMasterCardですが、海外ではたくさんの会社がワールドMasterCardを提供しています。

そして、その入会基準は、SBIやアプラスのような敷居の高いものから、シティカードのようにお手軽なもの、はたまた年会費無料なんてものまで存在しています。

なぜ、入会資格や基準がこんなにカード発行会社によって異なるんでしょうか。その答えは、カード審査を、MasterCardが行っているのではなく、カード発行会社が行っているというところにあります。

爆安年会費かつ入会資格も低く設定されているワールドMasterCardがある一方、年会費は高額で招待のみの入会、または年会費こそ安いものの入会資格自体がかなり条件として厳しいものがあるのは、審査基準をカード会社が設けているからなんですね。

しかし、全てのワールドMasterCardがブラックカードと同等なのかと言えば、そうではありません。

例えばシティリワードワールドカードには、コンシェルジュサービスが付帯されないように、爆安だったり入会資格が低かったり、はたまた券面が黒くないワールドMasterCardは、その分機能制限を受けています。

「ワールド」というグレードに関わらず、その実、カード毎で審査基準も特典も異なるワールドMasterCardは、他のカードと比べた時に一概に「ブラックカードである」とは言えないんです。

シティカードは審査基準が「プラチナ」レベル

結論から言うと、シティリワードワールドカードは、世界的なレベルで見ると、ずばり、プラチナカードレベルが妥当です。

シティカード内で言えば、入会資格や年会費、サービスなどを見るとゴールドカード程度でしかないので、これをブラックカードと同一視するのには、実は無理があるんですね。

アメリカンエキスプレスのゴールドカードは、入会資格として25歳以上で定職のある方とされています。過去実績では、年収400~500万程度から入会できるようです。

この入会資格は、シティリワードワールドカードよりも、やや上の基準だと言えますが、アメリカンエキスプレスのゴールドカードは、世界的にはプラチナ程度のグレードの価値があります。

ここから考えると、アメリカンエキスプレスのゴールドカードと同程度~少し劣るシティリワードワールドカードは、入会資格の面で、ブラックカードだとは言いがたく、プラチナカードと同等のグレードであると考えた方が良さそうです。

wikipediaでも、残念な記述があります。

ただし、シティカードジャパンの発行するシティリワードワールドカードは、年会費、入会基準、サービス面でゴールドカードと同程度の内容であり、カードの実態としてはブラックカードに分類されるものではないと考えられる。

引用元:wikipedia

実質ブラックじゃなくても「ワールド」の対面は保てる!

シティリワードワールドカードが、実質はプラチナカード程度と知ってがっかりしましたか?

しかし、シティリワードワールドカードには、きちんと「WORLD」の文字が印刷されています。これはMasterCardの最高グレードである証なので、実質のカードレベルがプラチナだろうと、券面が黒くなかろうと、最高ランクのカードであることには変わりありません。

もちろん、「WORLD」という文字は勝手に印刷できるものではありませんから、この文字が入っているだけで、充分、ステータスシンボルとしての役割は果たしてくれます。

また、爆安年会費のワールドMasterCardでは、VIPラウンジ利用のための、プライオリティパス年会費無料などの特典が付帯していない場合が数多くありますが、シティリワードワールドカードはプライオティパス年会費無料の特典はきちんとついています。

そしてもちろん、ワールドMasterCard専用の旅行時の手荷物3個無料宅配のサービスも、削除されていません。

確かにコンシェルジュサービスはありませんが、1万2000円という年会費で、これだけしっかりワールドMasterCardのサービスが受けられれば、実質のカードレベルがプラチナレベルでも、満足できますよね。

クラスはブラック!内容はプラチナ!でも世界で通用する!

ちょっとタイトル詐欺気味になってしまいましたが、シティリワードワールドカードの話はいかがでしたか?

シティリワードワールドカードは、入会資格から考えれば、国際的な実質のグレードはブラックカードとは言いがたく、プラチナレベルです。

通常のブラックカードが、大富豪が持つようなものであることを考えれば、入会資格から見れば実質のグレードが大富豪レベルではなく、サラリーマンに手が届くレベルになるのは仕方ありませんね。

しかし、黒い券面ではないものの、カードの券面にはきちんとMasterCardの最高ランクである「WORLD」の文字が印刷されている、れっきとしたワールドMasterCardです。

サービス自体も、コンシェルジュサービスを除けば、しっかりとワールドMasterCardのサービスを享受できるので、利用の際にはきちんとステータスカードとして、充分に活用できるでしょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断