Suica×ApplePay×クレジットカードの超お得な組み合わせ法!関東圏外でも可能!

Suica×ApplePay×クレジットカードの超お得な組み合わせ法!関東圏外でも可能!

2016年10月25日より、ついに日本でもiPhone7でApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになりました。

今までAndroid(アンドロイド)の方しか利用できなかったモバイルSuicaも、Apple Pay(アップルペイ)を利用すればiPhone7で利用できるようになります。

Suica単体カードの場合Suicaエリア内でないと購入できません。

ですが「モバイルSuica」や「Suica機能搭載のクレジットカード」なら、全国どこからでも申し込めてSuicaを購入できます。

Suicaアプリケーション内で、直接Apple Payが利用できるSuicaを作る事もできて便利になります。

また、クレジットカードを利用すれば、Suicaの還元率を上げる事もできるのです。

今やSuicaは、交通だけでなく、コンビニなどでも幅広く利用できる電子マネーとして活躍しています。

今回は、そんなSuicaを便利に利用する方法や、知っていると得する情報をご紹介いたしましょう。

Suica(スイカ)とは何!?全国で利用可能な電子マネー!

Suicaについての情報をお伝えするには、先ず交通系ICカードについて、ご説明しておく必要があるでしょう!

元々どのようなカードであるのかを知っておかなければ、Suicaのお得度もよく理解できないかも知れませんからね。

Suica(スイカ)は相互利用サービスにて、全国利用が可能!

交通系ICカードの全国相互利用サービス説明画像

この画像はJR東海の「TOICA(トイカ)で乗車できる交通系ICカードのエリア」を表示していて、Suicaについても同様で、各交通系ICカードエリアで利用することが可能となっています。

次に、全国で発行されている交通系ICカードを、一覧表でご案内しておきましょう。全てのカードでそれぞれのエリアを相互利用することができますよ!

カード名称 発行企業 利用エリア
Kitaca JR北海道 北海道の一部
Suica JR東日本 首都圏・仙台・新潟
PASMO 株式会社パスモ 首都圏
TOICA JR東海 東海地方
manaca 株式会社名古屋交通開発機構
株式会社エムアイシー
名古屋市・豊橋市
ICOCA JR西日本 富山・近畿地方・岡山・
広島・香川
Pitapa スルッとKANSAI 近畿圏
SUGOCA JR九州 福岡・佐賀・大分・熊本・宮崎・
長崎・鹿児島
nimoca 株式会社ニモカ 福岡・大分・熊本・佐賀・宮崎
はやかけん 福岡市交通局 福岡市

[参照]http://toica.jr-central.co.jp/howto/sharing/

モノレールSuicaカードは、東京モノレール株式会社が羽田までのモノレール利用を便利にするために発行しているカードです。

ほとんどの交通系ICカードの利用履歴は、エリア外でも確認することができますから、全国どこに行っても残高が確認できて便利ですよ!

エリアを跨いでの利用はNG!Suica(スイカ)の場合熱海⇒三島はNG!

ここで交通系ICカードについての、注意点をお伝えしておきましょう!

それぞれのエリア内で利用するには、全国どこでもOKなのですが、各エリアを跨いで利用することはNGとなっています。

Suicaエリアで例えるなら、JR東日本エリアの終点である熱海から、JR東海エリアである三島まではSuica利用できませんし、もちろん、TOICAも同様に利用はNGです!

  • JR東日本エリアの熱海⇔JR東海エリアの三島間は利用不可!
  • 各エリア間を跨いでのカード利用はできない!
  • 各エリアの運賃体系が異なるので、自動精算ができないため!
  • 各エリア内で乗車、降車するのであれば利用は可能!

このような状況でもある為に、各発行会社でカード利用が可能なエリアは把握しておく必要があります。

とは言っても、普段の通勤には問題ありませんし、遠出をする際に気を付けていれば大丈夫ですからね!

交通系カードの相互利用が開始されたのは、2013年3月23日からですから、まだ比較的新しい情報だとも言えますね。

ですから、各地域のJRが発行する交通系カードは知っていても、他の地域の交通系カードを知らない人は多く存在します。

そのような方に、本記事が参考になれば嬉しいですね!

Suica(スイカ)エリア以外の方でもクレジットカードを使えば全国でお得!

さて、Suicaを含む交通系ICカードの特徴を把握して頂いたところで、Suicaのお得な利用方法をお伝えしましょう!

多くの交通系ICカードの中で、Suicaが最もお得に利用できる交通系電子マネーなのです!

Suica(スイカ)はクレジットカードからのチャージでポイントが獲得できる!

SuicaはJRやバスなどの乗り物に利用するだけでなく、電子マネーカードとして買い物にも利用できます!

他の交通系ICカードも電子マネーカードとしての機能を有していますから、この点についてはあまり差はありませんが、利用できる店舗は圧倒的にSuicaの方が多いです。

  • セブンイレブン・ローソン・ファミマなど全国のコンビニ!
  • 日本コカコーラのマルチマネー自動販売機!
  • イオン・イトーヨーカドー・ららぽーとなどのショッピングセンター!
  • ビッグカメラ・ヨドバシカメラなどの家電量販店!
  • 紀伊国屋書店・BOOK OFFグループの書店!
  • コナカ・青山のファッション洋服店!
  • ガスト・すき家・Coco壱番屋などの飲食店!

上記以外にも、アミューズメント・ホテル・タクシー・レンタカー・ANA航空券・ガソリンスタンド・駅ナカショップなど、国際ブランドを搭載したクレジットカード並みに全国のあらゆるショップで利用が可能なのです。

日本コカコーラが設置するマルチマネー自動販売機画像

上記は、日本コカコーラが設置するマルチマネー自動販売機の画像です。

Suica以外のカードも利用可能ですが、設置台数はやはり首都圏が多いので、必然的にSuicaの利用が有利になってしまいますね。

しかも、この自動販売機でSuicaの残高を確認することができるのを知っていましたか!?

  • 自販機のドリンクボタンを押してSuicaをタッチ⇒Suicaで購入
  • 自販機のドリンクボタンを押さずにSuicaをタッチ⇒残高確認できる!

東海エリア在住の方も(Suicaエリア外)Suica利用がお得!

チャージやSuica利用でポイントが獲得できるSuicaは、Suicaエリア外の方でもお得です。

東海エリアTOICA(トイカ)や北海道エリアKitaca(キタカ)は利用やクレジットカードチャージでポイントがつきません。

  • Suicaはクレカチャージでポイントを獲得できる!
  • TOICAは現金チャージしかできない!
  • TOICAやKitacaはチャージや利用でポイントがつかない!
  • ポイントサービスがない東海と北海道はSuica利用の方がお得!

どうせカードを利用するなら、ポイントでお得に利用したいですよね。

次からSuicaと相性の良い「ビックカメラSuicaカード」をご紹介しますが、ビッグカメラは名古屋駅にも併設されているので、東海地方でも利用価値は高いと思います。

次からの「ビックカメラSuicaカード」情報をお見逃しなく!

Suica(スイカ)還元率を上げる方法!ビックカメラSuicaカードを活用!

Suicaへチャージする方法を、クレジットカードからのチャージにすれば、お得であることはお判り頂けたでしょう。

ですが、どのクレジットカードからもSuicaへチャージすることはできません。

Suicaへチャージできる、最も有名なクレジットカードは「ビューカード」で、JR東日本グループが発行するカードなので、同じJR東日本が発行するSuicaへのチャージは当たり前でしょう。

年会費がかかるビューカードが多い中、ビックカメラSuicaカードは、年1回利用すれば次年度年会費が無料になる為、実質年会費無料で利用できるのです。

ただし、WEB明細ポイントサービスに登録して、郵送からWEB明細に切り替える事で、WEB明細が発行される都度、20ポイント獲得できます。

毎月20ポイント(50円相当)獲得できれは、50円分×12か月分で、600円分のポイントが獲得できます。

「ビュー・スイカ」カードの年会費は477円ですから、WEB明細に切り替えるだけで年会費の元はとれますね。

WEB明細切り替えによるポイントは、カードを利用したり、Suicaチャージした月は必ず貰えます。

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカードはSuica機能搭載のクレジットカードです。

ビックカメラSuicaカードはビックカメラで利用すると、還元率が最大11.5%の超高還元が実現します。

ただし、Suica(スイカ)へのチャージ金額は1回20,000円が上限なので、購入商品の値段にはご注意ください。

ビッグカメラ以外のショッピングでも、還元率は常時1.0%!

ビッグカメラ以外でのショッピングでもビッグカメラSuicaカードでは、常時1.0%還元となります!

ビックカメラ以外での利用獲得ポイント画像

  • ビッグポイントサービス 0.5%
  • ビューサンクスポイントサービス 0.5%
  • 合計1.0%の還元率!

上記が常時1.0%の還元率の仕組みで、2つのポイント合計によって1.0%還元が実現します。

定期券購入でビューポイント3倍!還元率1.5%

定期券購入獲得ポイント画像

ビックカメラSuicaカードは「VIeWカード」が一体型なので、Suica定期券や切符の購入でビューサンクスポイントが3倍となります!

20,000円までの金額であれば、3倍×2=6倍のポイントを獲得できますよ!

Suica(スイカ)機能を有効に使って高還元

ビックカメラSuicaカードは、Suicaチャージで1.5%還元となり、イトーヨーカドーやスリーエフなどSuicaポイント加盟店でSuica(スイカ)を利用すると、1%分還元されます。

  • Suicaへクレジットチャージして1.5%還元
  • Suicaポイント加盟店でSuicaを利用すると1%還元!
  • Suica利用ポイント1%&Suicaチャージ1.5%で合計2.5%の高還元

※Suica利用でポイントが付与されるのはSuicaポイント加盟店のみ

Suica利用でポイントが貯まらないお店でも、Suicaにチャージした時点で1.5%分のポイントが貯まるのでお得ですね!

また、Suica残高を気にしなくても大丈夫な、オートチャージ機能も搭載しているので、改札機で止められることはありません。

Suicaへチャージするクレジットカードは、ビューカードであることが条件となります。

ビューカード一体型のクレジットカードの中でも、ビックカメラSuicaカードは還元率の高いカードであるために、Suica利用するには断然お得なカードとなるのです!

Suica(スイカ)とPASMO(パスモ)どっちがお得?首都圏ユーザーのお悩み解決!

首都圏にはSuicaとPASMOの2種類の交通系ICカードが存在していて、どちらを利用する方がお得なのか判らないまま・・という方も大勢いらっしゃるでしょう!?

そこで、SuicaとPASMOはどっちがお得なのか!?検証結果をお伝えして、お悩みを解決させてしまいますね!

Suica(スイカ)vs PASMO(パスモ)!カードの基本機能はどちらも同じ!

以前はSuicaはJR、PASMOは地下鉄とバスというイメージでしたが、現在では相互利用が可能となり、SuicaとPASMOの基本機能に違いはありません。

SuicaもPASMOも、JR・地下鉄・バス全ての交通機関で利用することができるのです!

  • チャージして利用する
  • オートチャージができる
  • カード単体ではポイントが貯まらない
  • クレジットカードと紐づけするとポイントが貯まる
  • 電子マネーとしてコンビニなどで利用できる

上記の基本機能はどちらも同じです。ですから、この状況ではどちらがお得かは判断できませんね。

結論はSuica(スイカ)!チャージによるポイント付与率が0.5%高い!

そこで、先に結論をお伝えすると、PASMOよりSuicaの方がお得と言うことになります!

それぞれのカード自体の基本機能は同じなので、優劣は提携しているクレジットカードに依存されます。

  • Suica搭載のビックカメラSuicaカードで1.5%のポイント付与!
  • PASMO搭載のTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOで1.0%のポイント付与!

それぞれ、カード独自のサービスを除き、単純にSuica・PASMOへチャージした時に獲得できるポイントで比較しています。

その結果、Suicaの方が0.5%PASMOを上回っているので、長期的に利用した場合は大きな差となってきますので、Suicaに軍配があがります!

唯一の違いは定期券の発行!その他は提携カードサービスで違いが発生!

SuicaとPASMOでは、ポイント獲得に0.5%差が出るためSuicaの方が有利となりますが、唯一の違いが定期券の発行になります。

  • 通勤・通学に地下鉄しか利用しない場合は、PASMOの定期券!
  • 通勤・通学にJRしか利用しない場合は、Suicaの定期券!
  • 地下鉄とJRを利用する場合は、どちらでも定期券の発行が可能!

この違いはしっかり把握しておきましょうね。Suicaの方がお得でも、通勤・通学に地下鉄しか利用しない場合は、PASMOの定期券しか発行されませんからね。

後は、付帯するクレジットカードのサービスに差がありますから、総合的なお得度は提携するクレジットカードによって違いが発生することとなります。

記事内ではSuicaが有利と判断していますが、本当に有利な条件はユーザーが検証する必要がありますよ!

例えば、PASMOを搭載したソラチカカードでは、PASMOチャージでのポイント+メトロポイントも貯まります。

自身のライフスタイルの状況を良く分析して、お得度を検証してみてくださいね!

エリア外でもお得なモバイルSuica!ビックカメラSuicaカードで登録すれば953円の年会費が当面無料

モバイルSuicaイメージ画像

ビックカメラSuicaカードのお得情報として・・

  • モバイルSuicaの年会費が当面無料となります。

当面・・と記載されているので、いつかは有料になるのかも知れませんが、2016年10月現在では確実に無料です!

モバイルSuicaはカード型のSuicaよりも、お得特典が多く付帯していて、JR東日本を利用する方にとっては、超お得なSuicaなのです。

◆モバイルSuicaで定期券が購入できる
 通常定期券は駅のみどりの窓口もしくは、券売機でしか購入することができませんが、モバイルSuicaだと携帯電話やスマホから定期券を購入して、当日から利用可能です!

みどりの窓口で長い列に並ばなくても、コーヒー片手に定期券が購入できるのですから便利ですよ!

モバイルSuicaからの定期券購入方法は「モバイルSuica利用方法」からご確認頂けます!

Apple Pay(アップルペイ)の利用もできて更に便利

冒頭でも触れましたが、10月25日本日より、ついに日本でもiPhone7でApple Pay(アップルペイ)が利用できるようになりました。

Apple Pay(アップルペイ)とは、iPhone7にクレジットカード情報を取り込みできる、おサイフケータイに類似したサービスです。

取り込み方もとても簡単で、取り込みたいクレジットカードの上にiPhoneを置くだけで、クレジットカード情報がiPhoneに転送されます。

読み取られたカードはiPhone内で自由に使えるようになり、iPhone内でチャージもできて大変便利ですよ。

Apple Payイメージ画像

数ある交通系電子マネーの中でも、Apple Pay(アップルペイ)が利用できるのはSuicaだけです。

また、アプリケーション内で、直接Apple Payが利用できるSuicaが作れます。

まだSuicaカードを持っていない場合は、JR東日本のSuicaアプリケーションの中で、Apple Payと一緒に使えるSuicaを作ることができます。
引用元:Apple Pay公式ページ

この方法なら、Suicaエリア外の方でも簡単にApple Payで利用可能なSuicaがすぐ手に入りますね。

Apple Pay対応の機種は下記の3種類です。

  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • Apple Watch Series 2

2016年10月25日現在、実際にApple Pay(アップルペイ)でSuicaをアプリケーションの中で作ってみました。

Apple Payと一緒に使えるSuicaをこれから利用しようと考えている方は、是非参考にしてみてください。

[Apple Pay(アップルペイ)と一緒に使えるSuica作成手順]

①App StoreよりSuicaアプリケーションをダウンロード

②ダウンロードしたSuicaアプリケーションでSuica発行を選択

③利用規約に同意

④Suicaアプリケーション内で発行登録

Apple PaySuica作成画像

実際にApple Pay(アップルペイ)でSuicaをアプリケーションの中で作れました。

Apple PaySuica作成画像

SuicaをApple Pay(アップルペイ)で利用する際の注意点

Suica機能をApple Pay(アップルペイ)に移行すると、この後にご紹介するJR東海のエクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線予約サービスEX-IC)が利用できなくなります。

エクスプレス特約を利用している場合、iPhoneへ移行すると解除されてしまいますので、エクスプレス特約を利用する方はモバイルSuicaでの利用になりますね。

次に、Apple PayはVISAブランドのクレジットカードでのオートチャージに対応していません。

Apple Payの場合で、VISAブランドが対応できないサービスは、インターネットアプリでの支払いとオートチャージです。

VISAブランドでも、街中で、Suica、QUICPay、iDが利用できるお店で決済する事は可能です。

Suicaにオートチャージができるクレジットカードも限られたカード(ビューカード)に限定されてますので、注意が必要です。

※Apple PayのWalletアプリ上ではなく、JR東日本のSuicaアプリからチャージする分には、VISAブランドのビューカードからもチャージ可能

公式ページ下記参照
https://www.jreast.co.jp/card/function/ap/use.html

最後の注意点として、乗車中に完全に充電が底をつき改札を出れなくなったら、利用区間の運賃を現金で支払う事になる為、外出前に電池容量を確認しておきましょう。

新幹線もタッチ&ゴー!モバトク・スーパーモバトクで格安利用!

モバイルSuicaを利用すれば、モバイルSuica特急券を購入することができて、通常の特急券よりも格安で新幹線を利用することができます!

お得なグリーン券情報としては、モバイルSuicaでSuicaグリーン券も、通常より格安で購入することが可能となっています。

  • 窓口に並ぶ必要なし!携帯端末で購入してそのまま乗車できる!
  • モバトク・スーパーモバトクで新幹線を格安利用できる!
  • グリーン車もSuicaグリーン券を格安で購入可能!
  • モバトクなら乗車6分前まで購入が可能!

このように便利に格安で新幹線を利用できるのは、モバイルSuicaだけで、しかもモバイルSuicaへチャージ出来るクレジットカードはビューカードだけ!

そのビューカードが一体化しているビックカメラSuicaカードなら、モバイルSuicaを有効に利用できるということなのです。

モバトク・スーパーモバトクを利用できるのは、モバイルSuicaだけです!

では、モバトク・スーパーモバトクでどれだけ新幹線を、格安利用できるのかをみてみましょう。

きっぷ種類 紙きっぷ モバトク スーパー
モバトク
おトク額
普通車利用 22,180円 20,630円 15,460円 SPモバトク:6,720円
モバトク:1,550円
グリーン車利用 29,550円 28,520円 1,030円
グランクラス利用 37,770円 36,740円 1,030円

上記は、JR東日本公式ページによる参照東北・北海道新幹線を利用した、東京⇔ 新函館北斗駅間の利用運賃の比較表です!

スーパーモバトクだと、なんと6,720円もお得に利用することができますね。

利用できる新幹線とモバトク・スーパーモバトクとの違い!?

ここで、モバイルSuicaで利用できる新幹線と、モバトクとスーパーモバトクとの違いを簡単に整理しておきましょう。

  • 東北・北海道新幹線
  • 山形新幹線
  • 秋田新幹線
  • 上越新幹線
  • 北陸新幹線

上記の6つの新幹線でモバイルSuicaは利用することができるので、日本の東半分をカバーしていることとなりますから、とても便利です。

サービス モバトク スーパーモバトク
最終販売時間 乗車6分前 乗車前日の23:40
列車指定 指定なし 指定あり
払い戻し 一律310円 変動制

上記はJR東日本公式ページよりまとめた内容です。

先の東京⇔ 新函館北斗駅間の利用運賃の比較でお判りのように、スーパーモバトクのほうが4倍も格安に利用できるので、スーパーモバトクを利用したいですよね。

モバトクとの比較は上記のとおりで、最も問題なのは列車指定があると言うことで、都合に合った列車を利用可能なら格安利用できますよ!

EX-IC(エクスプレスIC)サービスで西側もカバーできる!

東京から東半分はモバトク・スーパーモバトクで新幹線を格安利用できましたが、東京から西側(東京⇔博多間)も便利に利用することができます。

EX-IC(エクスプレスIC)サービスを利用すれば、博多までの新幹線をチケットレスで利用できて、さらに割引も適用されますよ。

ただし、EX-IC(エクスプレスIC)サービスは、年会費1,080円(税込)が必要となりますが、1回利用すればほぼ年会費は回収できますので、利用する方がお得ですね!

利用区間 紙きっぷ EX-IC おトク額
東京⇔名古屋 11,090円 10,110円 980円
東京⇔新大阪 14,450円 13,370円 1,080円
東京⇔広島 19,080円 17,660円 1,420円
東京⇔博多 22,950円 21,320円 1,630円

[参照]https://expy.jp/product/exic/

上記比較表は、東海道・山陽新幹線をのぞみの指定席利用した場合の料金比較です。ご覧のとおり、年会費1,080円(税込)は直ぐに回収できますね。

Apple Pay(アップルペイ)をご利用される際の注意事項として既にご説明しましたが、Suica機能をApple Pay(アップルペイ)に移行すると、エクスプレス予約サービス(東海道・山陽新幹線予約サービスEX-IC)が利用できなくなる為、注意が必要ですよ。

エクスプレス特約を利用している場合、iPhoneへ移行すると解除されてしまいますので、エクスプレス特約を利用する方はモバイルSuicaを利用してくださいね。

モバイルSuicaを利用できるビックカメラSuicaカードは、九州新幹線を除く全ての新幹線を便利に格安に利用できて、1.5%が還元される超お得カードなのです!

えきねっとポイントがプラス!えきねっとのお得な利用方法とは!?

ビックカメラSuicaカードでは、まだ便利でお得な利用方法が残っています。それは「えきねっと」を利用してきっぷを購入することです!

モバイルSuicaを利用する場合、新幹線料金が格安となる代わりに、往復割引や乗り継ぎ割引などの割引が適用されません。

しかも、モバイルSuicaで申し込みできるのは本人だけなので、複数人で出かける場合だと全員がモバイルSuicaを利用できないと、お得なのは一人だけとなっていまします・・

  • 在来線を乗り継いで利用する場合は乗り継ぎ割引の方がお得!
  • 全員がお得になるにはえきねっとを利用した方がお得!
  • えきねっと利用で「えきねっと」ポイントが貯まる!
  • 「えきねっと」ポイントはビューポイントへ移行可能!

このように、単独で新幹線のみの利用であればモバイルSuicaを利用した方がお得ですが、それ以外のケースでは「えきねっと」を利用した方がお得になるのです!

えきねっとイメージ画像

2人で盛岡まで行ってみる!比較するとモバイルSuica(スイカ)が有利!

えきねっと利用によるポイント獲得画像

東京⇔盛岡間往復を2名で「はやぶさ」利用した場合、次の条件でえきねっと利用のお得度を確認してみました。

  • 1人がモバイルSuica利用、1人はなしで通常利用
  • えきねっとで2人分のきっぷ購入
  • 2人とも居住は大田区蒲田

上記条件での利用金額を比較してみると、次の表のとおりとなります。

利用パターン はやぶさ料金 在来線利用 えきねっとポイント
モバイルSuicaあり 26,540円 400円
モバイルSuicaなし 29,480円
複合利用の合計 56,020円 400円
えきねっと利用 58,960円 120Pt(300円相当)

この場合だと、蒲田から東京駅までの「都区内制度」を利用して在来線料金を無料にしても、モバイルSuicaを利用した複合利用のほうが、えきねっと利用より2,240円お得になってきます。

先の説明だと複数人の場合は、えきねっと利用がお得であるとあったのに、おかしいですね!?

2人で札幌まで行ってみた!長距離はえきねっとがお得になる!

それでは条件を次のように変更すると、どのようになるかを確認してみましょう。

  • 東京から札幌まで往復利用する!
  • 2人ともモバイルSuicaを利用する!
  • えきねっとで2人分のきっぷ購入
  • 2人とも居住は大田区蒲田

行き先を札幌までとして、今度は2人ともモバイルSuicaを利用できるとし、その他は先の条件と同じ場合、利用金額は次のように変わってきます。

利用パターン はやぶさ料金 在来線利用 えきねっとポイント
モバイルSuica 82,520円
(乗車券+特急料金)
35,320円+800円
えきねっと利用 44,520円
(特急料金のみ)
57,080円
(往復割引適用)
(乗継割引適用)
240Pt(600円相当)

上記の利用金額をまとめると、次のとおりとなります。

利用パターン 必要合計金額 お得なのは!
モバイルSuica 118,640円 ×
えきねっと利用 102,200円

えきねっと利用の場合は、乗車区間が東京⇔札幌までの1ルートで計算されるので、往復割引が適用されますし、新函館北斗駅から特急スーパー北斗での乗り継ぎ割引も適用されて、モバイルSuicaよりも安くなります。

さらに、えきねっとポイントが600円分獲得できるので、これも割引になりますね。

利用区間や利用人数によってモバイルSuicaを利用するか、えきねっとを利用するか選択すれば、ビックカメラSuicaカードで、とにかく安く出かけることができる!と言うことなのです!
教授にお聞きしたいのですが、モバイルSuicaが利用できることは、Appleにとってもプラスになるのでしょうか!?

サイトでも紹介しているApplePayの動画を見たのですが、本当にSuicaとのタイアップが大きく伝えられていました。

モバイルSuica(スイカ)が利用できるのは、そんなに大きなニュースなのですか!?

iPhoneでSuicaが利用できると言うよりも、ApplePayが利用できることが大きなニュースなのです!

ApplePayには複数のクレジットカードを登録することができて、その中にSuicaがあると考えてください。

AppleがこれだけSuica利用を前面に出しているのは、それだけSuicaユーザーが多いからなのです!

Suica(スイカ)ポイントクラブに会員登録しないとSuicaポイントが付与されない!

Suicaポイントクラブに会員登録をしないと、Suica利用時にSuicaポイントが付与されないので、注意が必要です。

登録はもちろん無料ですし、貯まったポイントはSuicaへのチャージとして利用できる他、WAONやTポイントへの交換も可能ですので、是非登録してくださいね。

対象ショップは首都圏内がほとんど!首都圏ユーザは見逃し厳禁!

Suicaポイントイメージ画像

上記のマークがついているショップ・自動販売機・コインロッカーでSuicaポイントが貯まっていきます。

対象のほとんどが首都圏なので、首都圏のユーザーの方は見逃さないようにしましょう!

獲得ポイントは、100円=1ポイントと200円=1ポイントの2種類ありますので、利用時にはご注意くださいね。

駅ナカの自動販売機では、基本的に100円で1ポイント貯まりますから、コンビニよりもお得ですよ!

毎週水曜日はアズ熊谷全館がお得になる!Suicaポイント10倍!

Suicaポイント獲得イメージ画像

アズ熊谷は、埼玉県熊谷市にあるJR熊谷駅北側の駅ビルです。駅改札から直結しているので、とても利用しやすい施設ですよ!

JR熊谷駅は、上越新幹線と北陸新幹線の乗り継ぎ駅にもなっていますから、1日3万人もの方が利用する巨大ターミナルです。

ここに直結するアズ熊谷で、水曜日限定とは言え週一でポイント10倍は、とても価値あるイベントと言えるでしょう!

なにせ、1Fから6Fまでの全館での利用が対象なので、食べ物からファッションまで幅広く利用できるのが魅力ですから、熊谷駅を利用する方は是非利用したいイベントですね。

毎週木曜日はイーサイト籠原が超お得!Suicaポイント10倍!

Suicaポイント獲得イメージ画像

イーサイト籠原は、埼玉県熊谷市の籠原駅北にある駅ビルなのですが、毎週木曜日はSuicaポイントがなんと10倍になるのです!

3F ことぶきイーサイト保育園
2F TAC籠原・タリーズコーヒー・ナカマルーム
1F ローソン・十万石

2FにあるTAC籠原は、子供たちが体を使って運動できるキッズスクールです。このように、子供関連の施設が多いので、お迎え前のママ友の集まりに利用すればとってもお得に利用できますね。

200円で10ポイントですから、タリーズでスイートパンプキンラテ Tallと、アメリカンワッフルサンド チーズムースストロベリーをセットで楽しむと1,040円で、一気に30ポイント獲得できますよ!

毎週金曜日は駅ナカが熱い!NewDaysでSuicaポイント5倍

Suicaポイント獲得イメージ画像

毎週金曜日は駅ナカが熱くなります!Suicaポイントクラブに登録しておけば、NewDaysでSuicaポイントが5倍になるので、200円で5ポイント獲得となり還元率が2.5%にアップします!

Suicaチャージは100ポイントでOK!他社ポイントは要手数料

では、貯まったSuicaポイントの利用方法ですが、次の交換が可能です。

利用方法 交換レート
Suicaへチャージ 100ポイント以上10ポイント単位
10ポイント=10円相当
Tポイントへ交換 500ポイント以上100ポイント単位
100ポイント=85 Tポイント 交換手数料15Pt必要
WAONポイントへ交換 100ポイント以上100ポイント単位
100ポイント=90 WAONポイント 交換手数料10Pt必要

これを見ると、やはり等価交換できるSuicaへのチャージ利用が断然お得ですね!

Suicaを電子マネーとしてイオンで利用することもできますし、TSUTAYAでもセルフレジに限定されますがSuicaを利用することも可能です。

となると、特に他社へのポイント交換は、必要ないと言うことになりますよね!

Suicaを利用しているのであれば、Suicaポイントクラブに登録しておくことを、強くお薦めしますね!

私も登録していますが、お気に入りは駅ナカでの自販機で1Pt獲得できることです。

今年の夏は暑かったので、電車待ちの間によく利用しましたが、結構貯まっていくものです!

ポイントサイトモッピー経由で全国のSuica(スイカ)ユーザーがお得に!

ここまでお伝えした情報では、Suicaが一体化したビックカメラSuicaカードは、首都圏利用が便利でお得であることがお判りだと思います。

ですが、ポイントサイトモッピーを経由したネットショッピングであれば、首都圏以外の全国でSuicaを有利に利用することができるのです!

モッピーに登録すれば、ゲームやアンケートでポイントが貯まる!

モッピーキャラクターイメージ画像

モッピーはポイントサイトでありながら、モッピー経由で楽天やYahoo!ショッピングにアクセスすれば、ポイントが貯まるサイトでもあります。

貯めたモッピーのポイントは1ポイントを、等価でSuicaポイントへ移行することができるので、ビックカメラSuicaカードを利用しないでポイントを貯めることができますよ!

  • ポイントサイトのモッピーに登録(登録無料)
  • 無料ゲームやアンケートでSuicaポイントをお金を使わずに稼げる!
  • 稼いだポイントは、手数料無料でSuicaに交換可能!
  • モッピー経由でネットショッピングすると更にポイント上乗せ!

モッピーのポイントは、Suicaポイントだけでなく現金や、ギフト券などにも等価で交換することができるので、副業サイトとしてとても人気のあるポイントサイトなのです。

一度、試しにサイトを覘いてみると良くお判り頂けると思います。

モッピーは無料でポイントが貯まり、Suicaポイントへ等価交換できるのがイイですね!

ただし、はまってしまうと時間を忘れてポイントを獲得し続けてしまうので、その点は注意しながら、頑張ってポイントを貯めましょう。

JRユーザーや旅好きには、ビックカメラSuicaカードがおすすめ!

JRユーザーや旅好きの方が、首都圏でSuica利用するなら断然、ビックカメラSuicaカードをお薦めします!

首都圏から東日本範囲では新幹線を便利に格安に利用することができますし、西日本でもEX-ICサービスが利用できるので、JR東海・JR西日本エリアでもお得な利用が可能となっています。

とにかく、Suica利用できる環境があるなら、ビックカメラSuicaカードを持っていて全く損はありませんから、直ぐに検討してみてくださいね!

メニューを閉じる