JCB「JCB ORIGINAL SERIES」

ディズニーデザインが選べるJCB!
ディズニーホテル優待でお得!

特典色々!テーマパークをお得に楽しむクレジットカードはコレ!

特典色々!テーマパークをお得に楽しむクレジットカードはコレ!

今、遊びに行きたい所はどこですか?

そんな風に聞かれた時、思い浮かべる場所の1つに「テーマパーク」があるのではないでしょうか?

テーマパークでは、ショーや乗り物などのアトラクションが満喫でき、季節やイベントに合わせたグルメやお土産選びも楽しめます。

ファミリーにも大人にも人気のテーマパークですが、「行きたいけれど予算的に厳しい・・・」と思う方もいるかもしれません。

そんな方におすすめしたいのが、クレジットカードを上手に利用する方法です。

今回は、「東京ディズニーリゾート(TDR)」と「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の2つのテーマパークが好きな方におすすめのクレジットカードをご紹介します。

必見!東京ディズニーリゾートをお得に楽しむクレジットカード

東京ディズニーリゾートは、千葉県にある「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」を中心としたテーマパークで、年間3000万人以上の人が訪れています。

パーク内だけでなく周辺の建物や乗り物まで可愛く作られていて、その世界観にワクワクしてしまうという方も多いと思います。

行くたびに発見があり、何度も行きたくなるのも東京ディズニーリゾートの魅力の1つです。

そんなディズニーファンの方に「ディズニー★JCBカード」をご紹介します。

このクレジットカードには「一般カード」と「ゴールドカード」が用意されていますが、まずは「一般カード」について見ていきましょう。

「ディズニー★JCBカード/一般カード」ってどんなカード?

ディズニーJCBカード

「ディズニー★JCBカード/一般カード」とは、どんなクレジットカードなのでしょうか?

カード名 ディズニー★JCBカード/一般カード
本会員の条件 18歳以上で本人または配偶者に安定収入のある方
18歳以上の学生(高校生を除く)
年会費 初年度:無料、次年度以降:2,000円(税別)*
国際ブランド JCB
保障・保険 ショッピングガード保険(海外):最高100万円
追加できるカード 家族カード、ETCカード、クイックペイ

*年会費は、条件(ディズニーモバイル料金支払いなど)を満たすと無料になります。

このように、学生でも作りやすいクレジットカードで、更に次のような特徴があります。

  • 豊富なデザインから好きなものを選べる
  • ディズニーポイントが貯まる
  • 様々なメンバー特典がある

これらの詳しい内容は後で紹介します。

次に、家族カードを作る場合の条件を確認しておきましょう。

カード名 ディズニー★JCBカード/家族カード
家族会員の条件 本会員と同一生計の配偶者、親、子供(高校生を除く18歳以上)
家族会員年会費 初年度:無料、次年度以降:400円(税別)

このような設定なので、家族で別々に本会員になるよりも家族会員になった方が年会費が割安になります。

デザインが選べる「ディズニー★JCBカード」

クレジットカードは常に身につけるものなので、デザインにこだわりたい方も多いと思います。

「ディズニー★JCBカード/一般カード」には、ディズニーのキャラクターをデザインした9種類のカードが用意されています。

一番多いのはミッキーマウスをデザインしたもので、3種類用意されてます。

その他にもミニーマウスやスティッチなど様々なデザインがあり、本会員と家族会員で別々のデザインを選べるものもあります。

カードのデザインをまとめておきます。

【本会員と家族会員が同一デザインになるもの】
・ミッキーマウス(クリスタル)
・ミニーマウス
・ドナルドダック
・スティッチ(ハイビスカス)
・ユニベアシティ(モカ・プリン)

【本会員と家族会員で別のデザインを選択可能なもの】
・ミッキーマウス(ブラック)
・ミッキーマウス(レッド)
・ティンカー・ベル
・スティッチ(アイランド)

(別のデザインを選ぶには、本会員カードと家族カードの同時申込が必要です。)

可愛いデザイン、シンプルでシックなデザインなど好みに合わせて選ぶ事が出来ます。

お財布を開くたびに好きなキャラクターに会えるなんてテンションが上がりそうです。

ディズニーポイントって何?貯め方や使い方は?

ディズニーポイントは「ディズニー★JCBカード」のポイントシステムで、一般カードの場合、200円で1ポイントとなります。

普段のお買いものや公共料金の支払いに使った分もポイントになります。

500ポイントを超えると1ポイント1円として使うことが出来て、下記の様な特典と交換することも可能です。

  • ディズニーリゾート・パークチケット
  • ディズニーホテル宿泊・レストラン優待券
  • ディズニー映画観賞券・DVDなど
  • ディズニーグッズ

更に、「ディズニー★JCBカード」では、「ディズニー・キッズポイントカード」が用意されていて、貯まったポイントをお子様のカードに移すことが可能です。

カード名 ディズニー・キッズポイントカード
クレジットカード機能 無し
申し込み条件 本会員と同一生計の満6歳以上13歳未満
発行手数料 1,000円(税別)
最大発行枚数 8枚まで

こちらのカードはデザインもカラフルで、お子様にも喜んでもらえるのではないでしょうか。

「ディズニー★JCBカード」のメンバー特典とは

ディズニー★JCBカードを作って「ディズニー・カードクラブ」というサイトに登録をすると、様々な特典を受ける事が出来ます。

  • キャラクターグリーティング(写真撮影)
  • Thanksギフトのプレゼント(カード更新時)
  • ディズニーホテル優待
  • ファンパーティーへの参加
  • 各種イベントチケットの先行販売・優待

キャラクターと一緒に写真が撮れる「キャラクターグリーティング」は、大人気のイベントで、優先して参加できるチャンスは中々ありません。

更に、パークチケットプレゼント、ディズニーポイントプレゼントなどを行っている期間もあります。

他で手に入らないギフトがもらえたり、チケットを手に入れやすくなるのはうれしい事ですね。

「ディズニー★JCBカード/一般カード」は魅力がいっぱい

ここまで、「ディズニー★JCBカード一般カード」「家族カード」「キッズポイントカード」の3つのカードを見てきました。

これらのカードは、東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、2つのパーク内はもちろん、周辺のホテルやショップでも利用する事が出来ます。(ワゴンスタイルのショップなど一部例外が有ります。)

今まで現金で払っていた場面で積極的にクレジットカードを使うことで、ディズニーポイントを貯めやすくなります。

ディズニー★JCBカードはデザインが選べて年会費もリーズナブル、ディズニーファンにとっての魅力が沢山詰まったクレジットカードです。

旅行保険付帯を希望ならJCB一般カード

「ディズニー★JCBカード」には国内・海外旅行保険の付帯サービスがありません。

JCB一般カードなら年会費わずか1,250円で、国内・海外旅行保険が付帯します。

セブンイレブンやイトーヨーカドーでポイント3倍(還元率1.5%)になったり、JCBプラザ・ラウンジが利用できるなど、旅行に特化したサービスも多数利用頂けます。

JCB一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ディズニー★JCBカードと特典内容は異なりますが、デザインだけならJCB一般カードでもディズニーデザインを選べますよ。

ディズニー好きに贈る、ワンランク上のクレジットカードとは

次に紹介するのは、「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」です。

このカードでは、更にランクアップしたサービスを受けることが可能です。

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」とは

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」の基本情報をまとめておきます。

カード名 ディズニー★JCBカード/ゴールドカード
本会員の条件 20歳以上で、本人に安定継続収入のある方。
年会費 13,000円(税別)
国際ブランド JCB
旅行傷害保険
(死亡・後遺障害の場合)
(海外):最高1億円(条件有り)
(国内):最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険 2~4万円
ショッピングガード保険 (海外・国内):最高500万円
ライフアクシデントケア制度 犯罪被害傷害保険:最高1,000万円
空き巣被害見舞金:5万円
追加できるカード 家族カード、ETCカード、クイックペイ

一般カードに比べて対象年齢が引き上げられている他、安定した収入が求められ、学生や専業主婦(主夫)では作れないカードです。

年会費は上がりますが、保険や保障の面が手厚くなっています。

次に、「家族カード」の条件も確認しておきましょう。

カード名 ディズニー★JCBカード/ゴールド/家族カード
家族会員の条件 本会員と同一生計の配偶者、親、子供(高校生を除く18歳以上)
家族会員年会費 1人目:無料、2人目より1名につき:1,000円(税別)

ゴールドカードの家族カードは、本会員と同じ保証なのに年会費が低く抑えられているので、とてもお得感があると思います。

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」のデザイン

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」には3種類のデザインが用意されています。

本会員と別のデザインが選べるものと、同一のデザインになる物があります。

【本会員と家族会員が同一デザインになるもの】
・ミッキーマウス&フレンズ

【本会員と家族会員で別のデザインを選択可能なもの】
・ミッキーマウス(ゴールド)
・シンデレラ城

(別のデザインを選ぶには、本会員カードと家族カードの同時申込が必要です。)

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」の特徴

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」には、特におすすめしたい2つの特徴があります。

1つ目はディズニーポイントです。

一般カードのディズニーポイントは200円で1ポイントでしたが、ゴールドカードの場合は100円で1ポイントもらえます。

つまり、「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」は2倍のペースでディズニーポイントが貯まるのです。

家族で「次は何に交換しようか?」と考えるのも楽しいのではないでしょうか。

もう1つは、Thanksギフトです。

一般カードよりもグレードアップしたギフトはレア感もあり、ファンにはたまらない物だと思います。

「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」の魅力

ここまで「ディズニー★JCBカード/ゴールドカード」「家族カード」を見てきました。

ディズニー★JCBカード/ゴールドカードは、家族で持つと年会費が割安になり、ポイントもどんどん貯まり保障も大きいカードです。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン好きの為のクレジットカード

ここからは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が好きな方におすすめしたいクレジットカードを紹介します。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は大阪市にあるテーマパークで、年間1200万人以上の人が訪れています。

ハリウッド映画のセットの様な街並みが魅力で、最近ではハリーポッターの世界を再現したコーナーが人気です。

絶叫系の乗り物が多い他、小さいお子さんに人気のキャラクターにも会えるので幅広い年代の方が楽しめます。

そんな「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を訪れる方におすすめしたいのは、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード」です。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード」とは

三井住友VISAカードの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルカードで「ウッディー・ウッドペッカー」のポップなデザインになっています。

このカードの基本的な情報を確認しておきましょう。

カード名 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード
本会員の条件 18歳以上の方(高校生を除く)
未成年は親権者の同意が必要
年会費 初年度:無料、次年度以降:1,250円(税別)*1
利用可能額 カードショッピング:10~80万円
国際ブランド VISA
ショッピング補償 年間100万円まで(条件有り)
旅行傷害保険 無し
追加できるカード 家族カード、ETCカード、三井住友カードiD
ワールドプレゼント 1,000円(税込)で1ポイント*2

*1「マイ・ペイすリボ」(自分で金額を決めるリボ払い)利用で、次年度以降も年会費無料。

*2「ワールドプレゼント」は、三井住友VISAカードのポイントシステムで、景品などと交換する事が可能。

次に家族カードの条件を確認しておきましょう。

カード名 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード/家族カード
家族会員の条件 同一生計の配偶者、満18歳以上の子供(高校生を除く)、両親
家族会員年会費 初年度:無料、次年度以降:400円(税別)

こちらも家族カードは割安に設定されています。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカードの特典

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカードには、次の様な特典があります。

  • 入場チケットが会員価格になる
  • ミールクーポン(食事券)プレゼント
  • ユニバーサル・シティウォーク大阪の優待

会員価格になる入場チケットは、1デイ・スタジオ・パス(1日入場券)の大人料金と子供料金です。

下の表で比べてみましよう。

大人(12歳以上) 子供(4~11歳)
通常価格 ¥6,667(税込¥7,200) ¥4,612(税込¥4,980)
会員価格 ¥6,334(税込¥6,840) ¥4,380(税込¥4,730)

更に、入会1年を過ぎるとユニバーサル・スタジオ・ジャパン内で使えるミールクーポン(食事券)がもらえます。

また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの隣にある「ユニバーサル・シティウォーク大阪」というショッピングセンターで優待を受けたりお得にポイントを貯めることが可能です。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカードの魅力

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカードの魅力は、カードを手にしたらすぐに入場チケットの割引が受けられる事です。

試しに、大人2人、子供2人の家族の通常価格と会員価格を比べてみました。

合計金額
通常価格(大人2人、子供2人) ¥22,558(税込¥24,360)
会員価格(大人2人、子供2人) ¥21,428(税込¥23,140)

このように、4人家族で1,220円(税込)もお得になり、1回の利用で年会費に相当する額が取り戻せてしまいます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行く予定のある方は検討してみてはいかがでしょうか?

USJに1年に何度も行くなら、このクレジットカードがおすすめ!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが好きな方の中には、「年に何回も足を運びたい!」という方もいると思います。

そんな方には、「年間スタジオ・パス・プラス」をおすすめします。

年間スタジオ・パス・プラス

「年間スタジオ・パス・プラス」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「年間パス」に「クレジットカード機能」がプラスされたカードです。

「年間パス」とは、期間内であれば何度でも入れるチケットで、代金は下記のようになっています。

大人(12歳以上) 子供(4~11歳)
1デイ・スタジオ・パス ¥6,667
(税込¥7,200)
¥4,612
(税込¥4,980)
年間パス *1 ¥18,334
(税込¥19,800)
¥12,778
(税込¥13,800)
VIP年間パス *2 ¥26,667
(税込¥28,800)
¥16,482
(税込¥17,800)

*1:年間パスは使用除外日あり(お盆などの混雑期には使えない)
*2:VIP年間パスは除外日なし

このような価格設定になっており、通常の年間パスは年に3回、VIP年間パスは年に4回使うと元がとれる、お得なチケットです。

「年間スタジオ・パス・プラス」は、どんなカード?

では、そんなお得な年間パスにクレジットカード機能が追加された「年間スタジオ・パス・プラス」の基本情報を見ておきましょう。

カード名 年間スタジオ・パス・プラス
申込み条件 満18歳以上(高校生を除く)
年会費 1,250円(税別)*
国際ブランド VISA

*「マイ・ペイすリボ」(自分で金額を決めるリボ払い)利用の場合、年会費無料。

「年間スタジオ・パス・プラス」のお得な点とは

年間スタジオ・パス・プラスには様々な特典が用意されています。

まず、「年間パス」「VIP年間パス」に付いている特典を紹介します。

  • 同伴者「スタジオ・パス」割引(5名まで)
  • 駐車場¥1,000¥割引(通常¥2,200~¥2,500)
  • 同伴者「スタジオ・パス」誕生月割引(5名まで)
  • シネマギャラリー誕生月5%割引
  • ユニバーサル・スタジオ・ツアー10%割引 など

さらに、「年間スタジオ・パス・プラス」だけに追加される特典を紹介します。

  • パーク貸切イベントへの参加
  • ギフトカードプレゼント
  • ポイントを次の年間パスの購入時に利用可能
  • 年間パスの自動更新が可能 など

中でも貸し切りイベントは「人気のアトラクションにスムーズに乗れる」など好評です。

割安感が人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパン「年間パス」に、クレジットカード機能と様々な特典がプラスされる、「年間スタジオ・パス・プラス」は、USJ好きにおすすめのカードです。

クレジットカードを利用してテーマパークをお得に楽しもう!

ここまで、「ディズニー★JCBカード/一般カード」、「ゴールドカード」、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン VISAカード」、「年間スタジオ・パス・プラス」を見てきました。

どのカードにも特徴があり、魅力的な特典が色々付いていました。

クレジットカードは、「これ!」と決めたものを重点的に使うとポイントが貯まりやすくなります。

集客数第1位の「東京ディズニーリゾート」と2位の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」は、どちらもファンの多いテーマパークですが、どちらのテーマパークが好みなのか、自宅から行きやすいのはどちらか?などを考慮してカード選びをするといいでしょう。

今回、家族会員カードの紹介もしましたが、家族にクレジットカードを渡す時は使い方のルールを決めるなどして、楽しく活用していってください。

メニューを閉じる