MUFGゴールド

コスパ最強のゴールドカード!
最短翌営業日発行!MUFGゴールド

その職だけの特典!?職業別組合のクレジットカードをご紹介!

その職だけの特典!?職業別組合のクレジットカードをご紹介!

日本にはさまざまな職業が存在しますが、そんな中である特定の職業だけが加入できるクレジットカードがある事をご存知ですか?

その存在の多くは特定職業の組合で提供されているカードであり、その職業に就かなければ一生存在を知ることは殆どありません。しかし、そういったクレジットカードに限って特別な特典が付いている場合が多くあるのです。

「もしかしたら将来その職業に就職するかもしれない」「もしかしたら家族がその職業に就くかもしれない」そんな日のために!

今回は特定職業組合員限定のクレジットカードについてご紹介したいと思います。

職業別組合員用クレジットカードとは

日本の社会にはさまざまな、仕事に関わる組合が存在します。もっとも、有名なのが労働組合かと思いますが、実はその他にも組合と呼ばれる組織が存在する事をご存知でしたでしょうか?

全国規模の職業には、さまざまな組合が存在する!

日本において、組合というと直ぐに思いつくのは『労働組合』だと思います。その多くは企業ごとに組織された『企業別労働組合』です。しかし、その他にも特定の職業で組織された組合が存在しています。

特に、全国規模に展開し特別な免許や資格を保有する必要性がある職業や公的な職業の場合です。それらは、協同組合や共済組合など労働組合とは別の組合を組織していることが大変多く見られます。

ちなみに、労働組合の中にも、特定の職種のみで組織される『職業別労働組合』というものもありますが、日本では殆どみられる組合ではありません。

今回、タイトルで職業別組合という言葉を使用していますが、これは労働組合を指すものではなく、『職種ごとに組織されている様々な組合』という意味で使用しております。

クレジットカードがあるのは、協同組合と共済組合が多い

上記で説明したとおり、特定の職業で組織された様々な組合が存在します。その中でも多いのが、協同組合と共済組合です。下記に、簡単に組合の説明をご紹介します。

  • 協同組合
    共通する目的のために中小商工業者や消費者、個人などが集まって運営管理を行う相互扶助の非営利組織
  • 共済組合
    公務員を主に対象とし、福利厚生をサポートする事を目的とした相互扶助の組織

どちらも、特定の職業に付く人をサポートする目的で組織された組合になります。特に、協同組合はその業務を行うための免許や資格を取得した職業で組織されたものが多く、共済組合は公的な職務についている職業で組織されています。

こういった組合には、組合員向けに行われているサービスがあり、そのうちの1つとしてクレジットカードとの提携を行っているところが多くあります。

もちろん、組合と提携しているクレジットカードのため、組合員つまり、その特定の職業に就いている人(もしくは家族)しか申込みはできません。

クレジットカードもVISA、DC、Master Card(以後、MCと記載)など著名なところが多く、デザインも特別使用のものになっている事が多くあります。

ここで、注意したいのは組合から申し込むからといって審査がないというわけではないという点です。

組合から申し込むから審査はないだろうと思う方もいらっしゃるようですが、実際審査を行うのはクレジットカード会社です。会社の信用にも繋がることですし、普通の申込みと大差なく平等に審査が行われます。

組合だからこその特典が付いている

組合提携のクレジットカードにとっての最大の特徴といえば、その職種の組合ならではの特典が付くという事です。特典の内容も提携する組合で様々ですが、職務の手助けとなってくれる特典がついている場合が多いです。

また、各組合で経営している施設などがある場合には、施設利用の割引や優待特典などもついてくる場合もあるので普通のクレジットカードを持つよりもお得なカードです。

さらに、自身だけではなく家族も利用が可能な場合もあるので仕事だけでなくプライベートでもお得という、まさに特権的クレジットカードという事になります。

特によくある特典として、旅行などの保険やラウンジサービスが充実しているものと、年会費などが無料または安いものがみられます。

共済組合系のクレジットカード

日本にある共済組合系のクレジットカードをご紹介します!共済組合系は公務員の組織ばかりですので、これから公務員を目指している人はぜひ知っておいて損はないです!

国家公務員共済組合連合会のKKRカード

日本の政治を支えている国家公務員の共済組合は、その名も国家公務員共済組合連合会です。通称、KKRと呼ばれています。連合会という名の通り、各部署で分かれた共済組合の連合組織になります。

現在加入している組合は、衆議院、参議院、内閣、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、防衛省、裁判所、会計検査院、刑務、厚生労働省第二、林野庁の18組合です。

そして、この組合員のメンバーズカードとなる、KKRカードにはクレジットカード機能が付随しており、VISA、MC、JCBの中から1社選ぶことができます。それでは、いくつかあるKKRカードのお得な点をまとめてみました。

  • 入会金・年会費が無料!
  • 事前の保険料の支払いや手続き無しの旅行傷害保険サービス
  • KKRグループ経営施設の割引サービス
  • 旅行・引越し・レンタカー・娯楽施設など計21社の割引サービス

公立学校共済組合の公立共済メンバーズカード

公務員といえば、忘れがちですが公立学校の教職員もあてはまります。彼等の組合が公立学校共済組合です。公立共済と言われることもあります。

この組合は、公立学校の教職員や都道府県の教育委員会に所属する職員が加入できる組合になります。

そして、公立共済には一般の方でも利用できる宿泊施設があり、そこを利用するための組合員証として公立共済メンバーズカードがあります。これにクレジットカード機能が付随しています。

教職員の組合のため、特典内容も先生向けに付けられた特徴があります。では、公立学校メンバーズカードのお得な点をまとめてみました。

  • 年会費が永年無料
  • 海外旅行保障付き
  • 公立共済が運営する宿泊施設を組合員料金が適用される!
  • 教職員向け『株式会社ぎょうせい』の書籍購入でポイントが付く

警察共済組合のJPカード

日本の犯罪を取り締まる警察官にも、もちろん共済組合が存在します。警察共済組合です。ここの組合員とその家族向けにつくられたのがJPカードというクレジットカードがあります。

ここの特徴は、上記の2つとは違い組合自体が提携しているクレジットカードではないという点です。このJPカードは専門のクレジットカード会社が提供しているカードになります。

提供しているのは、株式会社ジェー・ピーカードサービスという会社で警察官への福利厚生のために設立されています。

ちなみに、JPというのは、Japan Poliseの頭文字です。けして、日本郵便のJPではありません。

三井住友カードと提携しているカードでありVISAが採用されています。組合員特典は、組合員のみに公表されていますので、警察官になってからのお楽しみになります。

協同組合系のクレジットカード

では、次に協同組合系のクレジットカードです。主に専門資格や免許を取得する職業に多い組合になります。今回は、日本でも難解資格、免許といわれる3つの職業をご紹介していきます。

全国弁護士協同組合連合会の提携クレジットカード

日本でも難解資格のうちの1つである司法試験。その中でも、私達に一番身近な職業である弁護士にも協同組合が存在します。

全国弁護士協同組合連合会、通称『全弁協』です。連合会という名のとおり、全国の都道府県各地に存在する弁護士協同組合が組織する会であり、殆どの弁護士が加入しているといわれています。

この全弁協が提携している弁護士専用クレジットカードには、個人用と法人用があります。

個人用は弁護士DCカード、ロイヤーズ・MUPGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード、全弁協(セゾン)プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード、弁護士UCカードの4種類。

そして、法人と個人用として、弁護士VISAビジネスカードがあります。いずれも、弁護士資格を持つ人だけが申し込む事ができます。特典などに関しては、それぞれ提携しているクレジットカード会社のステータスに応じて違うようです。

そして、一番の特徴としては利用額の一定額が協同組合の手数料となる点です。

手数料といっても、けして負担になるようなものではないらしく、普通にクレジットカードを申し込むよりはお得かと思われます。

公認会計士協同組合・CPAのクレジットカード

弁護士と同じく、難解資格の1つである公認会計士。彼らの組合が公認会計士協同組合、通称CAPです。

CAPが提携しているクレジットカードの種類は、一般とゴールドカードがあるCPADCカードと、CPA・MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードの2種類あります。

MUFGカードは会費がかかりますが、その分特典も大変豪華です。特徴としては5つの保険が付いています。

  • 海外旅行傷害
  • 国内旅行傷害
  • 国内外渡航遅延保険
  • ショッピング保険
  • 犯罪被害の傷害保険

これほど、保険が付随しているカードも珍しいかと思います。他にも、空港ラウンジサービスや海外先でのレストランやミュージカル、トラブル対策などを手伝ってくれるコンシェルジュサービスも付いています。

組合以外で三菱UFJニコスが発行しているクレジットカード

先にご紹介した公認会計士協同組合・CPAのクレジットカードを発行している会社は、三菱UFJニコスです。

ここで、クレジットカード会社大手の三菱UFJニコスが発行するカードで、コスパがよくサービスも充実しているカードをご紹介しておきましょう。

年会費たったの1,905円で持てるゴールドカード!MUFGカードゴールド

MUFGカードゴールドは年会費1,905円(税別)で持てるゴールドカードです。

安い年会費ですが、空港ラウンジも利用できますし、ツアーデスクのサービスを利用すれば、旅行代金が最大5%割引になる特典も利用できます。

また、年会費1万以上するゴールドカードでも付帯していない場合が多い国内渡航便遅延保険も付帯しています。

国内渡航保険とは、航空便に預けた荷物が遅延した場合などによって生じたホテル代などを補償してくれる保険の事です。

国内だけとはいえど、安い年会費で渡航便遅延保険まで付帯するのは嬉しいですね。

MUFGカード ゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
LCC(格安航空会社)の遅延率は、JALやANAに比べて若干高い傾向にありますから、MUFGカード・ゴールドはLCC(格安航空会社)をよく利用する方にもおすすめです。

また、銀聯カードも追加発行できますから、中国や韓国に行く機会がある方にもおすすめですよ。

全国医師協同組合のJDカード

弁護士、公認会計士ときたら、同じく難解試験を突破しないとなれない医者という職業。私達の生活の中でも一番身近なお医者さん達にももちろん、協同組合が存在します。

名前は全国医師協同組合、通称『医師協』です。ここが提供しているカードが医協カード。JD(JAPAN DOCTORS)カードとも呼ばれています。

ここの特徴は連合会がクレジットカードを提供しているのではなく、全国にあるそれぞれの医師協同組合で提携している点です。そのため、提携しているクレジットカード会社もそれぞれ違いがあります。

しかし、もっとも特徴的なのがJDカード全体で、全国で400店以上の店舗と加盟しており、お得なサービスが利用できる特典がついている事です。

加盟しているお店も様々で百貨店やホテルから飲食店、書店、自動車系、貴金属系、美容系、家具系などなど多種多様なジャンルのお店が加盟しています。

意外と探せばある職業別組合系クレジットカード

如何でしたでしょうか?今回は6組合をご紹介しましたが、意外と知られていない組合で提携しているクレジットカードはかなりの数が存在します。

もしかしたらご自身やご家族の職種にも協同組合や共済組合が存在するかもしれません。

ぜひ、一度ご自身でクレジットカードを申し込む前に職種で申込みができるようなクレジットカードがないか探してみてはいかがでしょうか?もしかしたら、特別な特典が付いている可能性もあるかもしれません。

メニューを閉じる