オリコ「OricoCard THE POINT」

公共料金の支払いにはこのカード!
高還元!オリコカードザポイント

公共料金こそクレジットカードで!賢く支払ってよりお得に!

公共料金こそクレジットカードで!賢く支払ってよりお得に!

毎月必ずお財布から出て行く公共料金ですが、ただ支払っているだけでは特に何のメリットもありません。

でもこれをクレジットカード支払にするとしたらどうでしょう?支払ったお金の一部は、必ずポイントという形であなたのお財布に戻ってきます。

そこで月々の公共料金をクレジットカード払いにすれば一体どれだけお得になるのか、一度考えてみませんか?

手続きも意外とカンタンですし、今切り替えればよりお得になるケースも。このチャンスを逃す手はありませんよ!

クレジットカードならこうなる!公共料金の支払い方法とは?

クレジットカードで公共料金が払えることは、もう殆どの方がご存知のはず。

でもあなたがまだ手続きを済ませていないとしたら、「仕組みがよく分からない」「なんだか面倒くさそう」と思ってしまうのが一因かもしれません。

そこで先ずは、どんな風にカードで公共料金が支払われるのかを見ていきましょう。

支払の仕組みはショッピングと同じです!

この図は公共料金のクレジットカード払いを申込んだ際の、手続きと請求の流れです。東北電力を例にとりましたが、他の電力会社やガス会社なども、これと全く変わりありません。


手続きと請求の流れ

カード会社が料金の立て替えをする点も、お店で買物をするショッピング利用の仕組みと全くおんなじですね。

ただ公共料金の場合、毎月これが繰り返されることになるというだけです。

モチロンその間あなたは何もする必要はなく、支払は毎月自動的に遂行されます。

クレジットカード払いできる公共料金

カード払いにできるものは意外と多く、以下の項目についても手続きが可能です。このように水道光熱費だけでなく、通信費なども支払いOKなんですよ。

  • 電気、ガス、水道
  • 固定電話、モバイル
  • 放送、プロバイダ、新聞

支払方法の切換えはネットでも可能!

それにしても支払方法の変更って何となく面倒ですよね。

ただ多くの企業ではインターネットでの申込みが可能なため、その手間は最小限で済むようになっています。

支払方法切換えの申込みはカード会社ではなく、支払をする企業に対して行います。

つまり電気・ガス・水道をそれぞれをカード払いにするとしたら、合計3回の変更手続きをすることになるのです。

必ずしも全ての支払先がインターネット申込みに対応している訳ではありませんが、どれも郵送が可能なので自宅で手続きができます。

但し水道料金は、自治体によってはまだクレジットカードの支払いそのものに対応していないところもあります。

公共料金の支払いにおすすめの高還元クレジットカード

ところで気になるのが肝心のカードポイントのこと。実はクレジットカードの種類によっても、どのくらいお得になるかが違ってきます。

つまりカードのポイント還元率の差が問題なのです。

クレジットカードによってお得度が変わる!?

そこでクレジットカードによるお得度の違いを、各家庭の〈水道光熱費〉の平均支払金額を元に計算してみることにします。

総務省統計で3人世帯でひと月約22,000円ぐらいです。

この3人世帯の〈水道光熱費〉をクレジットカード払いにした時、果たしてどのくらいお財布に戻ってくるのか、ポイント還元率別に比較してみましょう。

比較するポイント還元率は、0.5%(普通)、1.0%(高い)で比較してみます。

ポイント還元率(%) 戻って来るお金(円/月) 戻って来るお金(円/年)
0.5%
(普通)
110円 1,320円
1.0%
(高い)
220円 2,640円

公共料金のカード払いを検討するなら、それと同時により還元率の高いカードへの新規入会を考えてもよさそうですね。

公共料金は「高額かつ安定した支出」というポイント獲得には正に理想的な要素です。一度手続きしてしまえば、あとは自動でポイントが貯まります。

支払が多ければ多いほど還元率の高さが効いてきますから、ここは真剣に検討する価値があります。

クレジットカードを賢く利用しようと思ったら、もう公共料金の支払いを見逃す訳にはいきませんね。

年会費無料のカードがおすすめ!

しかしそこで問題となるのが、カードによって異なる年会費のこと。

公共料金の支払いには、なるべく年会費が無料で高還元カードを選んだ方がよいでしょう。

極端な話、たとえ還元率が低いカードだったとしても、年会費が無料のカードを選んだ方が長い目で見てお得と言えるでしょう。

もしくは、年間〇円以上利用すれば年会費が無料になるクレジットカードなら、公共料金をクレジットカード払いする事によって、条件が達成しやすくなりますね。

公共料金支払いには高還元のオリコカード・ザ・ポイント!

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

公共料金の支払いには、年会費無料で高還元のOricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)がおすすめです。

OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)は、入会半年間は2%の高還元、その後も基本還元率1%と高い還元率を誇るカードです。

OricoCard THE POINT(オリコカードザポイント)は、ポイント還元に特化したカードで、100円単位でポイントが付与されます。

1,000円以下のポイントが切り捨てされるカードが多数ある中、100円単位でポイントが付与されるのは大変魅力的で、長い目でみるとこの差は大きいと言えます。

しかも年会費無料ですから、コストもかかりません。

NTTフレッツ光やドコモ携帯を利用している方におすすめ!NTTグループカード!

NTTグループカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

NTTグループカードは、NTTグループの通信料金が最大で60%割引になりますから、ドコモ携帯電話を利用している方や、NTTグループのプロバイダーを利用している方におすすめのクレジットカードです。

年会費もWEB明細を利用すると無料と大変お得な仕上がりになっています。

NTTグループカードのサービス内容は、ポイントコースとキャッシュバックコースのどちらかを選択できます。

キャッシュバックコースを選べばポイント交換手続きも不要ですし、電話代などのNTTグループ通信料金が自動でキャッシュバックされますから、通信料を節約できますよ。

その他、出光SSでの利用額に応じてガソリン代が最大40円/L割引になるなどの、お得な特典が用意されてますので、出光SSを利用する方にもおすすめのクレジットカードですね。

NTTグループカードのキャッシュバック対象

NTTグループのインターネット回線料金や電話代など以下の項目が、NTTグループカードのキャッシュバック対象となります。

  • NTT東日本・西日本の電話料金
  • フレッツ・ひかり電話等の料金
  • NTTドコモの携帯電話料等
  • NTTコミュニケーションズの電話料
  • OCNプロバイダー料
  • NTTぷららのプロバイダー料・ひかりTV料金等
  • BIGLOBEプロバイダー料
  • @niftyのプロバイダー料
  • NTT-MEのプロバイダー(WAKWAK)料

ドコモ携帯電話を利用している方や、NTTグループのプロバイダーを利用している方は、是非公共料金の引き落としをNTTグループカードにして、節約してくださいね。

キャッシュバック率は以下の内容になり、年60万以上カードを利用すれば、年間で10万8千円もキャッシュバックが受けられて大変お得ですよ。

年間10万8千円という金額は、月に9千円のキャッシュバックという事になりますね。

利用額 キャッシュバック率 キャッシュバック金額
(年間あたり)
0~2万円未満 0% 0円
2~4万円未満 1.5% 2,700円
4~6万円未満 3.0% 5,400円
6~8万円未満 4.5% 8,100円
8~10万円未満 6.0% 10,800円
10~20万円未満 8.0% 14,400円
20~30万円未満 18.0% 32,400円
30~40万円未満 28.0% 50,400円
40~50万円未満 38.0% 68,400円
50~60万円未満 50.0% 90,000円
60万円以上 60.0% 108,000円

ドコモユーザーにおすすめ!dカードゴールド

dカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ドコモ料金を月に9,000円以上支払いをしている方には、dカードゴールドもおすすめです。

dカードゴールドの年会費は税込10,800円ですが、ドコモ料金が10%還元される為、ドコモ料金を月に9,000円以上利用している方にとっては、年会費が実質無料となります。

9,000円の10%は900円ですから、900円×12ヶ月=10,800円となり、年会費の元が取れますね。

dカードゴールドは基本還元率も1%と高いだけでなく、中国電力をdカードゴールドで支払うと、クレジットカード利用分のポイントと、中国電力のエネルギアポイントの2重取りができます。

中国電力のエネルギアポイントはdポイントに等価交換が可能です。

dカードゴールドはローソンでの還元率が5%、高島屋での還元率が3%と高い還元率を叩き出せる店舗が数多く存在している高還元カードとしても人気ですよ。

ゴールドカードですから、空港ラウンジが無料で利用できたり、国内・海外旅行保険旅行保険も充実している点も魅力ですね。

クレジットカード支払のメリットとデメリット

ここまではカード払いによるポイントの獲得のことばかりお話してきましたが、実はお得になるのはこれだけではありません。

公共料金の支払いをクレジットカードに切り替えることによるメリットをご紹介しておきましょう。

メリットその1:支払金額に応じてポイントが貯まる

例として毎月の携帯電話代が16,000円、インターネットプロバイダ料金が3,000円、電気代が8,000円、ガス代が8,000円、水道代が4,000円とした場合、合計で月39,000円になります。

還元率1%のクレジットカード決済をした場合、1年間で46万8千円ですから、1年で4680ポイント貯まります。

1ポイント1円として、年間4,680円お得になりますね。

メリット2:公共料金の管理はカードにお任せ!

クレジットカード払いには、公共料金の支出の一括管理が可能になるというメリットもあります。

支払の記録が過去分まできちんと残っているため、確認がとても便利なのです。

月々の公共料金の支出をインターネットで手軽にチェックできれば、家計についての意識も変わります。

これによって、より賢い家計管理が自然と可能になりますよ。

支払のチェックは勿論のこと、来月は電気料金をもっと引き締めようなどといった、節約に向けての目標も立てやすくなるでしょう。

これもカード払いによって得られるメリットのひとつなのです。

メリット3:クレジットヒストリーも貯まる!

最後に忘れてはならないのがクレジットヒストリーの蓄積です。

クレジットカードを持っていても使わない方って意外と多いのですが、これは信用情報上いいことではありません。

良好なクレジットヒストリーは、利用がないと積み上がっていかないからです。

でも公共料金をカード払いにすれば、毎月一定の利用実績になります。

外からは見えませんが、知らない間に着実にあなたの信用は増えているのです。ポイントだけでなく信用まで貰えるなんて、なんだか得した気分になりますよね。

その反対に気をつけて頂きたいのが、銀行口座の残高不足です。

クレジットカード会社への支払ができないまま放置していると、信用情報に悪い履歴が残ってしまうこともあります。

公共料金のカード支払が始まると請求額が一気に増えますから、口座残高には十分気を配るようにしてくださいね。

公共料金をクレジットカード払いする際のデメリット

公共料金をクレジットカード払いすると、電気料金の口座振替割引が受けられません。

電気料金の場合、東京電力や中部電力などは毎月54円(税込)の※口座振替割引が適用されます。

還元率が1%のクレジットカードで決済する場合、月の電気料金が5,400円未満であれば、クレジットカードのポイント還元よりも口座振替割引の方がお得となります。

逆に言えば、電気料金が5,400円以上であれば、還元率1%のクレジットカードで決済した方がお得という結果になりますね。

公共料金はクレジットカード払いがお得ですよ!

公共料金の支払いは、賢いクレジットカード利用には欠かせない要素です。

手続きを面倒がる方も多いのですが、後は何もしなくてもポイントは貯まっていきます。しかも今がお得な切換えのチャンス。ぜひお見逃しなく!

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断