ANA VISAカード/ANA VISA Suicaカード

Suica機能搭載でマイルもたまる
旅に最適!ANA Suicaカード

特典が人気のビューゴールドプラスカード!旅に役立つお得が一杯!

特典が人気のビューゴールドプラスカード!旅に役立つお得が一杯!

ビューゴールドプラスカードは、鉄道関連の特典が人気のゴールドカード。Suicaや定期券の機能はそのままに、新たな魅力が大幅プラスされた内容です。

特に9通りから選べる豪華入会特典は、利用額によっては次年度以降も申込み可能。新幹線グリーン車利用券のプレゼントは、このカードでしか実現しない特典です。

それ以外にも国内外旅行傷害保険や駅や空港のラウンジ利用など、このカードへの入会は、あなたの旅が大きく変わるチャンスです。ぜひ詳細をご覧ください!

ビューゴールドプラスカードだから実現可能な特典の魅力

  • クレジットカード・電子マネー・定期券の3つの機能が一体に!
  • 9つのコースから選べる豪華な入会特典
  • 安心の国内外旅行傷害保険とショッピングプロテクション
  • ビューゴールドラウンジ・空港ラウンジが利用可能
  • ビューゴールドボーナスで還元率アップ!
  • モバイルSuicaで新幹線チケットを割引価格で購入できる

ビューゴールドプラスカードはJR東日本が発行するゴールドカードですから、鉄道関連の特典が多いのは当然ですね。ポイント還元率のUPするボーナスも魅力的ですが、鉄道会社にしか提供できない優待や特典が、このカード最大の特長です。

では早速、ビューゴールドプラスカードの詳細をご紹介しましょう。

ビューカードのゴールドバージョン、ビューゴールドプラスカードは豪華な入会特典が人気です。それだけでなく、ゴールド特典のボーナスポイントも楽しみですね。

もちろん従来通りの便利な機能はそのままに、国内外の旅行傷害保険など付帯保険の充実、また東京駅や空港のラウンジも利用可能となっています。

クレジットカード機能・Suica電子マネー機能・定期券・3つの機能が一体に!

ビューゴールドプラスカードは、ビューカードの便利はそのままに、新たにゴールドの特典をプラスしたカードです。既に便利なビューカードをお使いの方は多いと思いますが、その場合ゴールドカードへの移行は簡単なのでしょうか?

ゴールドになるとカード番号が変わるので注意!

スタンダードのビューカードをお持ちの方も、勿論ビューゴールドプラスカードを申し込めますが、そのまま移行という訳にはいきません。以下ビューカードのサイトの注意書きをご確認ください。

・既に別のビューカードをお持ちの場合でも、ビューゴールドプラスカードは新規発行となります。
・お持ちのビューカードとはカード番号が異なりますので、公共料金等のお支払にご利用の場合は、各サービス会社へご登録内容変更のお手続をお願いいたします。
・既存のビューカードは自動退会とはなりません。
引用元:ビューカード

このように、ビューゴールドプラスカードは全て新規申込み扱いとなります。

年会費は10,000円(税抜)とそこそこのお値段なので、それ相応の特典や利便性がないと、申し込む気にはなれませんよね。

ビューカードの機能はゴールドでもそのまま使える

ただ通常のビューカードからゴールドにバージョンアップしても、肝心の3大機能はそのまま使えます。これ1枚で通勤も旅行もスイスイ、勿論お買い物もOKです。Suicaのオートチャージ機能も変わりなく使えるほか、ポイント付与率も全く同じ3倍です。

  • クレジットカード機能
  • Suica電子マネー機能(オートチャージ機能)
  • 定期券機能

でもこれ以上便利になるかというと、そうではないのです。ビューゴールドプラスカードになって付加されるのは「優待特典」で、「新たな機能」ではありません。

ビューカードからの移行で気をつけたい3つのこと

ところで既にビューカードをお持ちの方がビューゴールドプラスカードに新規申込みする場合、ちょっと気になるのが以下の3つの処理方法です。古いビューカードに残ったデータは、一体どうなるのでしょうか?

  • ビューサンクスポイント
  • Suica残高
  • 定期券

以下にその方法をご紹介しましょう。

■ビューサンクスポイント
ビューサンクスポイントは、古いカードの退会時にビューゴールドプラスカードに自動的に移行されるため、特に何もする必要はありません。
■Suica残高
Suicaの残高をビューゴールドプラスカードに移すことはできませんので、以下の方法で処理します。
・残高は使い切る
・みどりの窓口などで払い戻しする
■定期券
多機能券売機を使って、定期情報を移しかえることが可能です。
ビューゴールドプラスカードになっても、もちろんSuicaや定期券など便利な機能はそのままです。ビューカードからのバージョンアップも是非ご検討ください。

但しポイントは自動的に移行されますが、Suica残高や定期券情報については、こちら側で処理が必要となります。カード番号も変わるので、公共料金の支払いを続ける場合は、変更手続きも忘れないようにしましょう。

最大の魅力!ビューゴールドプラスの付帯保険と選べる豪華9特典

ビューゴールドプラスカードの最も大きな特徴は、9種類から選べる豪華特典です。これは入会時の特典ですが、次年度以降も100万円以上の利用があれば繰り返し申込みが可能です。

また付帯保険も、ゴールドになって更に充実しました。まずはこちら付帯保険の方からご説明しましょう。

海外旅行傷害保険はゴールドで格段のレベルアップ!

まずは海外旅行傷害保険です。自動付帯ですので、チケット代金をカード払いしなくてはならないといった前提条件は一切ありません。

なお表中(カッコ内)は、スタンダードのビューカードの補償内容ですので、参考までにゴールドと比較してみてください。

こうして見ると、ゴールドになって項目も補償額も相当にグレードアップしているのが分かりますね。傷害死亡・後遺障害に至ってはなんと一挙に10倍アップです!

海外旅行傷害保険 ビューゴールドプラスカード補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(最高500万円)
傷害・疾病治療 100万円(50万円)
賠償責任 3,000万円(-)
携行品損害 20万円(-)
救援者費用 100万円(-)

※(カッコ内)はスタンダード・ビューカードの補償内容

改札を出るまで安心!国内旅行傷害保険も自動付帯

そしてこちらが国内旅行傷害保険です。

鉄道会社だけあって「改札に入ってから出るまで」という手厚い補償内容で、乗車時だけでなくホームなど駅構内でのトラブルにも対応しています。

これで毎日の通勤も安心ですね。

ご注目頂きたいのは、ビューゴールドプラスカードは国内旅行傷害保険も「自動付帯」だということです。

他ゴールドカードの国内旅行傷害保険は「利用付帯」がほとんどですから、ビューゴールドプラスカードを持っているだけで、他カードとは違う安心を手に入れていることになります。

以下がその補償内容です。こちらにもスタンダード・ビューカードのデータを比較のため入れていますが、スタンダード・ビューカードは「利用付帯」なので、Suicaの利用や、カードで旅行代金を支払っていない限り補償を受けることができません。

国内旅行傷害保険 ビューゴールドプラスカード補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円(最高1,000万円)
入院 5,000円/日(3,000円/日)
手術 日額の10倍または5倍(日額の10倍または5倍)
通院 3,000円/日(2,000円/日)

※(カッコ内)はスタンダード・ビューカードの補償内容

こちらはショッピング保険です。これはスタンダードのビューカードには付帯しておらず、ゴールドだけにつく保険です。

ショッピング保険 ビューゴールドプラスカード補償内容
ショッピングプロテクション 年間300万円程度(-)

9種類の豪華特典!100万円以上利用で次年度以降も利用可能

さていよいよビューゴールドプラスカードの目玉、豪華特典のご紹介です。

この特典が特徴的なのは、入会時だけでなく、年間100万円以上の利用で2年目以降も引き続き申し込めるということ。カード利用額の多い方なら、毎年必ずプレゼントが貰えます。

以下がその一覧ですが、ポイントとは別に貰えるプレゼントとしてはなかなか豪華な内容です。発行会社がJR東日本だけに、鉄道を利用する方にメリットの多い商品があるのも特徴です。

①〜③は鉄道関連、④〜⑦がグルメ、⑧と⑨が施設利用という内容です。なお⑨ビューゴールドラウンジについてはまた後ほど詳しくご説明します。

■選べる!ビューゴールドプラスカード豪華特典
①新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)
②普通列車グリーン車利用券(10枚)
③普通列車グリーン車利用券(6枚)&新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)

④東京ステーションホテル スイーツセットペアご利用券
⑤紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ
⑥JR東日本東北総合サービス復興応援ギフトコース
⑦ベックスコーヒーショップ&ベッカーズ コーヒーチケット(5冊)

⑧ジェクサー・フィットネスクラブ施設ご利用券(レンタル付)(2枚)
⑨ビューゴールドラウンジご利用券(3枚)コース

5,000円から10,000円相当の価値

それにしてもこの豪華プレゼント、金額にしてどのくらいの価値があるのでしょう?

①を申し込めば、JR東日本エリア内の新幹線(東北、山形、秋田、上越、北陸)グリーン車・特急と普通電車のグリーン車が、いずれも2回分、普通車指定席の値段で乗車できます。乗車距離にもよりますが、9,000円以上の価値になる場合も。

⑦ベッカーズ コーヒーチケットは一冊1,150円なので、5冊で合計5,750円相当です。

④東京ステーションホテル スイーツセットなら、普通に支払うと2人分サービス料込みで6,000円から7,000円くらいかかります。

⑨ビューゴールドラウンジは、同伴者の利用料3,000円で計算すれば、3枚分で9,000円相当になります。

どのプレゼントもほぼ5,000円以上の価値がありますが、JR東日本関連のサービスならそれ以上、但し10,000円は超えないといったところでしょうか。これがポイントとは別に毎年貰えるなら、手厚い付帯保険と合せて年会費分は取り戻せそうです。
ビューゴールドプラスカードは、付帯保険の内容と入会・利用特典の充実ぶりが特長です。保険は国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円、しかもどちらも自動付帯です。更にショッピング保険もついて旅には万全ですね。

9つの特典もバラエティに富んだ内容ですが、やはり鉄道関係のサービスがお値打ちです。グリーン車券やビューゴールドラウンジ利用券は、普段利用する方にとっては価値の高い特典です。

ラウンジが使える!ビューゴールドプラスカードだけのリッチな特典

ビューゴールドプラスカードには、プレゼント以外の特典もありますよ。特に「ラウンジ」が利用できることは、このカードの大きな特徴です。

ラウンジなら空港と思ってしまいますが、東京駅構内に鉄道旅客向けの豪華ラウンジがオープンしたのをご存知ですか?これはビューゴールドプラスカード会員限定ラウンジです。

もちろんこれ以外に全国の空港ラウンジの無料利用も可能ですよ。ビューゴールドプラスカード会員になると、駅と空港2種類のラウンジが利用できるようになります。

待ち時間を豊かに!ビューゴールドラウンジ

列車を待つ間、時間を気にせずゆったり過ごせたら・・・そんなあなたにビューゴールドラウンジはピッタリです。

場所は東京駅1階、八重洲中央口の真ん前にあるのが、ビューゴールドプラスカード会員専用ラウンジです。

ビューゴールドプラスカード会員限定ラウンジ

ビューゴールドラウンジでは、以下のサービスを無料で受けることができます。落ち着いた室内にホテル並の接客、施設も新しいので空港のラウンジよりずっと居心地がいいかもしれません。

  • ソフトドリンク(おかわり自由)
  • お菓子
  • 新聞、雑誌
  • 無線LAN
  • クローク

ビューゴールドプラスカードとグリーン車券が必要

ただサービス内容が良質なだけに、利用条件がやや厳しいのがちょっと残念。ラウンジ入室には以下の①と②の両方が必要です。

■ビューゴールドラウンジ利用に必要なもの
①ビューゴールドプラスカード
②当日東京駅発の新幹線グリーン車券・特急列車グリーン車券
※上記がない場合、「ラウンジ利用券」が必要

せめてグリーン車券がなくても利用できるといいのですが。今後の改善を期待しますが、現時点でこのラウンジは、ビューゴールドプラスカードの提示だけでは入れない場所です。

そう考えると、入会特典のラウンジ利用券3枚の価値が俄然高まってきますね。なお同伴者の入室については、ラウンジ利用券がない場合、別途利用料3,000円(税抜)が必要です。

国内空港40ラウンジ海外1ラウンジが利用可能!

次は利用できる空港ラウンジのご説明です。一般にゴールドカードといっても、どのカードでも空港ラウンジが使えるとは限りません。また利用できる空港やラウンジの数がかなり限定されていることもあります。

でもビューゴールドプラスカード会員なら、JCBゴールドの空港ラウンジ無料サービスが使えるので、鉄道だけでなく空の旅もゆったりです。

しかもビューゴールドプラスカード会員が使えるラウンジの数は非常に多く、国内28空港40ラウンジが対象、羽田空港だけでも合計7ラウンジが利用可能です。

■ビューゴールドプラスカードで使える空港ラウンジ
国内:28空港40ラウンジ
海外:ハワイ・ホノルル国際空港IASS HAWAII LOUNGE

まだある特典!ファミリースマイルとステーションプラス

でも特典はラウンジだけではありません。ビューゴールドプラスカード会員には、東京駅など駅周辺の施設や関連企業が提供する様々な優待があります。

東京駅など駅周辺のお店で使えるステーションプラスと、それ以外の施設で利用できるファミリースマイルは、どちらも家族皆んなで楽しめる優待サービスです。両方取り混ぜてご紹介しましょう。

■東京駅グランボーナス
特典内容:年間利用額5万円以上ごとに3,000円分の利用券をプレゼント
対象店舗:黒塀横丁、キッチンストリート、成城石井など
■ベックスコーヒーショップ・ベッカーズ
特典内容:ドリンク無料サイズアップ
利用条件:カード提示
■東京駅八重洲北口 北町ダイニング
特典内容:入店時にカード提示で割引、1品サービスなど
対象店舗:華祭、本家あべや、いろり庵など
■ビューカード ホテルズボーナス(ゴールド版)
特典内容:年間利用額10万円ごとに7,000円分のホテル利用券
対象店舗:東京ステーションホテル、メトロポリタンホテルズなど
■JRホテルグループ
特典内容:ビューカードでの決済で宿泊料金が10%割引
対象店舗:JRホテルグループのホテル
■サカイ引越センター
特典内容:25%割引、ダンボール最大50枚サービス
利用条件:クレジットカード決済
■サイバーステーション(JRのプロバイダー)
特典内容:入会から1年間、利用料金が10%割引
利用条件:クレジットカード決済

ご紹介したのはほんの一部ですので、まだこれ以外にも思わぬお得が見つかるかもしれません。特にホテル利用券や宿泊料の割引はお値打ちなので要チェックです。

ビューゴールドプラスカード会員は、国内外の空港ラウンジを無料で使えるんですね。でもラウンジって空港ばかりと思ってたので、鉄道の駅にもあるなんて知りませんでした。

ビューゴールドラウンジって一体どんなものなんですか?ビューゴールドプラスカードを持っていれば誰でも入れるんでしょうか?

ビューゴールドラウンジは東京駅八重洲中央口の前、とても便利のいい場所にあるので、列車の待ち時間に利用するには最適です。

ただビューゴールドプラスカード会員専用ラウンジといっても、カードだけでは入れません。当日のグリーン車券も必要なのです。でも入会・利用特典で貰える利用券があれば、いつでも利用できますよ。

使えば使うほど貯まる!ビューゴールドプラスのポイント加算とは?

ビューカードはお買い物でごっそりポイントが貯まるタイプのカードではありませんが、どうすればもっと効率よくポイントを貯めることができるのでしょう?次に、ビューゴールドプラスカードのポイント加算とポイント獲得のコツをご紹介します。

ビューゴールドボーナスはどんどんステージUP!

ビューゴールドプラスカードにはゴールド限定ボーナスがあるので、これによって還元率アップが期待できます。ビューゴールドボーナスは、通常のビューサンクスポイントに上乗せされていく仕組みです。

こちらがビューカードのサイトにあるビューゴールドボーナスのイメージです。ポイントが次々累積していくのがわかりますね。

ビューゴールドプラスカードポイント画像

加算されるゴールドボーナスは以下のように利用額に応じて4段階で増え、最終ステージ200万円以上の利用(Gボーナス200)で4200PT加算、ビューサンクスポイントと合わせて8200PTまで増えます。

Gボーナス70 Gボーナス100 Gボーナス150 Gボーナス200
600PT 800PT 1200PT 1600PT

たくさんボーナスを貰うにはカード利用を増やすしかありませんが、かといって無駄遣いは本末転倒です。利用額を増やす方法としては、やっぱり以下のような地道な方法がいいですね。

  • 公共料金の支払いをカード決済に
  • 家族カードを作る

またこれまで切符や定期券を現金で買っていたのなら、これを機会に積極的にカード払いに切り替えれば、これだけでも結構な額がカード決済になるでしょう。

Suicaチャージや定期券購入なら還元率は1.5%

ボーナスポイントは貯まればラッキーといった感じですが、カードの使い方次第でポイントの獲得率はぐっと高くなります。例えば「VIEWプラス」ならポイント3倍!もしもまだ現金払いなら、かなり損をしていることになりますよ。

■VIEWプラス(ポイント3倍)の対象
・Suicaへのチャージ
・オートチャージ
・定期券購入
・乗車券、特急券、回数券の購入

ビューサンクスポイントの基本の還元率は0.5%と決して高くはないのですが、このようにSuicaのチャージや定期券購入に使えば常にポイント3倍、結果的に還元率1.5%になります。

年会費無料でモバイルSuicaが利用できる

ビューゴールド会員は、通常年会費1,030円のモバイルSuicaが当面無料で利用できます。

下記はモバイルSuicaでの新幹線料金と紙の切符の料金を比較したものです。

新幹線チケットを割り引き価格で購入でき、予約もモバイルで簡単です。

区 間 スーパーモバトク 紙の切符 お得金額
東北・北海道新幹線
東京ー新函館北斗
15,460円 22,180円 6,720円
北陸新幹線
東京ー金沢
12,030円 14,120円 2,090円
山形新幹線
東京ー山形
9,550円 11,340円 1,790円

えきねっとでもポイントが貯まって二重取り!

また「えきねっと」でもポイントがつくってご存知でしたか?えきねっとは、切符予約や払い戻しなどJR関連のサービスのほか、ポイントモールも兼ねた便利なサイトです。

この「えきねっと」でJR新幹線や特急列車の指定席券を予約したり国内ツアーの申込みをすると、「えきねっとポイント」が貰えます。

そして次にその代金をビューゴールドプラスカードで支払えば、ビューサンクスポイントも貯まります。いわゆるポイントの二重取りですね!

■ポイントの二重取りが出来る!
①えきねっとで予約 → えきねっとポイントが貰える!
②ビューゴールドプラスカードで決済 → ビューサンクスポイントが貰える!

同じ切符購入でも、このように「えきねっと」を使うことでもっとお得になります。なお「えきねっとポイント」は、このように他ポイントや商品との交換が可能ですので、あなたに合った使い道が選べます。

■えきねっとポイントの交換例
・1えきねっとポイント=1ビューサンクスポイント
・1えきねっとポイント=2.5Suicaポイント
・えきねっと400ポイント=びゅう商品券1,000円相当
ビューゴールドプラスカードは、決して高還元率カードという訳ではありませんが、工夫次第で更に多くのポイントが獲得できます。

ビューゴールドボーナスもそのひとつですが、こちらは利用額が増えないとボーナスアップは目指せません。でもポイント3倍のVIEWプラスや、ポイントの二重取りが可能な「えきねっと」を使うことで、もっとポイントを稼ぐことができます。

ビューゴールドプラスカードの基本情報をご紹介!

ビューゴールドプラスカード

ビューゴールドプラスカードのご紹介は以上です。最後に基本情報をまとめましたのでご覧ください。

カード情報 内容
年会費 10,000円(税別)
申込資格 満20歳以上
家族カード 次年度以降1人目無料、2人目以降3,000円
ETCカード
海外旅行傷害保険 最高5,000円 自動付帯
国内旅行傷害保険 最高5,000円 自動付帯
その他付帯保険 ショッピング保険 年間300万円程度
電子マネー Suica、定期券
還元率 0.5%~1.5%
この表にはビューゴールドプラスカードの目玉である豪華特典の記載がないのが残念ですが、それでも海外・国内旅行傷害保険の「自動付帯」は目立ちますね。

鉄道関連始め優待特典が非常に多いのがこのカードの特徴ですが、鉄道関連のサービスを上手に利用することで、ポイントの貯まり方が一段とアップするのもまた楽しみです。

ビューゴールドプラスカードは旅に関する豪華な特典が魅力です!

ビューゴールドプラスカードはJR東日本が発行するカードというだけあって、やはり鉄道関連のサービスが充実しています。

利用額によっては次年度以降もずっと申込める豪華プレゼントも、グリーン車券や東京駅のラウンジ利用券との交換がお得です。また自動付帯の国内・海外の旅行保険は、内容金額共に非常にお値打ちです。

その他駅周辺のホテル割引などお得な優待たっぷりのビューゴールドプラスカード、現在ビューカードをお持ちの方も是非一度入会をご検討ください。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断