自動車税の支払いはキャッシュレスでの納税がお得

自動車税の支払いはキャッシュレスでの納税がお得

自動車を保有している方の多くは、毎年春になると届く自動車税のお知らせにちょっと憂鬱になるのではないでしょうか。納税は義務ですから、自動車を持っているなら自動車税を支払わなければなりません。

でもどうせなら、少しでもお得に納税したいものですよね。今回はそんな方々のために、キャッシュレスで自動車税を支払う方法をご紹介します。

キャッシュレスで納税することによって、現金で支払うよりもポイントが貯まる分お得になるのです。

キャッシュレスでお得に自動車税を納める具体的な方法をご紹介していきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

nanacoがあればセブンイレブンでの納税でポイントが貯まる

納税は金融機関や自治体の窓口でも納付できますが、すでにお伝えした通り、キャッシュレスでお得に納めるにはコンビニを利用するのが一番お手軽です。

コンビニの中でも、まずはセブンイレブンでnanacoを使って納税する方法から見ていきましょう。

nanaco払いではポイントが貯まらないことに要注意

nanacoは、事前にチャージしておくことでスピーディーに支払いができる電子マネーです。

セブンイレブンやイトーヨーカドーをはじめ、飲食店やドラッグストア、家電量販店など非常に多くのお店で使うことができます。

nanco

nanaco払いをすることで200円(税別)につき1ポイントのnanacoポイントが貯まり、1ポイント=1円としてnanacoにチャージするなどして利用することができます。

セブンイレブンでは、このnanacoを使って自動車税を支払うことができます。

しかし、各種税金のnanaco払いは、nanacoポイントの対象外となっていることを知っておかねばなりません。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを使おう

では、どうやって自動車税のnanaco払いでポイントを貯めるのでしょうか?

それは、クレジットカードを利用してチャージをすることで解決します。nanacoへのチャージでクレジットポイントが貯まり、チャージしたnanacoで納税すれば、間接的に税金の支払いでポイントが貯まることになるのです。

その際に注意することは、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選ぶことです。

そうしないと、自動車税をセブンイレブンで納めても1ポイントも貯まらないことになりますので、お気を付けください。

nanacoチャージでポイント対象のセブンカード・プラス

繰り返しになりますが、お得に自動車税を支払うためには、nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードを選ぶ必要があります。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、セブンカードのみです。

セブンカード・プラスなら、nanacoチャージで0.5%のポイントが貯まります。nanacoへのオートチャージ設定も可能なので、ますます便利です。

nanaco一体型と紐付型が選べて、無料でnanacoを手に入れることもできます。

毎月8のつく日はイトーヨーカドーで5%OFF、対象商品購入でボーナスポイントがもらえるなど、毎日のお買い物の中でどんどんポイントが貯まるお得なカードでもあります。

しかも年会費は永年無料ですから、気軽に申し込みが可能です。

セブンカード・プラス

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
セブンイレブンでお得に納税するためには、セブンカード・プラスからnanacoにチャージ→セブンイレブンにてnanacoで納付という流れがもっともスムーズです。

nanacoチャージでポイントが貯まるカードは少ないのでご注意ください。

再びWAONで自動車税・軽自動車税の納付が可能に

ミニストップでは従来、WAONを使った収納代行が可能でしたが、残念ながら2019年11月でサービスを終了してしまいました。

しかし、2020年5月4日より、一部の自動車税・軽自動車税の支払いが復活しています。

WAONで自動車税・軽自動車税が納付可能に

ミニストップ×WAONで自動車税納税可能説明

ミニストップにてWAONで納税できる自動車税・軽自動車税は、下記のものです。

【払込票のバーコード番号(91)に続く6桁の番号が下記に該当するもの】

・548527・548953・548958
・548972・549084・549770
・550107・929170・929185
・929186・929208・929233
・959919・959982

この6桁の番号は収納代行を行う企業または納付先の自治体の番号で、多くの自動車税・軽自動車税がWAON納付の対象となっています。

とはいえ、やはりWAONでの納税はポイントの対象外なので、WAONチャージでポイントの貯まるクレジットカードを利用せねばなりません。その条件に適ったクレジットカードを、以下に2枚ご紹介します。

WAONチャージで0.5%還元!イオンカードセレクト

イオンカードセレクトは、WAONとクレジットカードとイオン銀行キャッシュカードが一体化した便利なカードです。

クレジット決済ではときめきポイントが、WAON決済ではWAONポイントが貯まります。基本還元率はどちらも0.5%ですが、ミニストップやイオンなどでクレジット決済をすると常時2倍になります。

また、WAONにオートチャージが可能で、チャージで0.5%のポイントが貯まります。イオンカードセレクトからチャージしたWAONを使ってミニストップで自動車税を納めれば、0.5%の還元が受けられるというわけですね。

貯まったときめきポイントはWAONポイントに交換するなど、日々のお買い物がますますお得になりますよ。

イオンカードではWAONチャージでポイントが貯まりません。必ずWAONチャージでポイントが貯まるイオンカードセレクトを選びましょう

年会費も無料ですから、イオングループをよく利用する方には一押しのクレジットカードですね。

イオンカードセレクト

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

マイルを貯めたい方にはJALカード TOKYU POINT ClubQ

マイルを貯めたい方は、WAONではなくJMB WAONで納税しましょう。

JALカードTOKYU POINT ClubQとJMB WAONを紐づけて利用すれば、クレジットチャージでJALマイルを貯めることが可能です。

チャージ金額200円につき1マイルが付与されます。オートチャージ設定もできますよ。

つまり、JALカードTOKYU POINT ClubQとJMB WAONがあれば、マイルを貯めながら自動車税を払うことができるのです。

JMB WAONへのチャージでマイルが貯まる説明

東急グループでの利用でTOKYU POINTも貯まり、JALマイルに移行もできますし、もちろん、フライトや各種ボーナスマイルJALマイルが貯まる機会も豊富です。

機内販売やJALパックのツアー割引など、JALカード機能も搭載されています。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
イオンカードセレクトは年会費無料ですから、誰にでもおすすめできるカードです。

マイルを貯めている方には、初年度無料、2年目以降2,000円(税別)のJALカード TOKYU POINT ClubQ(普通カード)がお得です。

ファミリーマートではFamiPay利用で自動車税が支払える

コンビニの中ではファミリーマートがお好きな方には、FamiPayを利用した納税がおすすめです。まずは、FamiPayアプリをダウンロードして設定しておきましょう。

FamiPayで納税可能だけど還元は無し

ファミリーマートでは、FamiPayを使って公共料金や税金を支払うことができますが、一部対象外となっているものもあります。自動車税・軽自動車税は基本的に支払い可能ですが、念のため確認してからファミリーマートに行きましょう。

確認は、FamiPayアプリから簡単にできます。その手順をご紹介します。

FamiPayで納税手順①②

アプリトップ画面左下の「NEW」をタップし、「公共料金・各種料金お支払い」をタップします。

払込票のバーコードに記載された(91)以降の6桁の番号を入力し、「確認する」をタップします。

FamiPayで納税手順③④

すると、現金払いおよびFamiPay払いの可否、FamiPayボーナス還元の有無が表示されます。

ほとんどの方の自動車税・軽自動車税は、FamiPay払いが可能ですが、FamiPayボーナスは付与されません。ですから、FamiPayにチャージするときにクレジットポイントを稼がないと、お得に納税することができません。

FamiPayでの納税ならファミマTカード一択

FamiPayで自動車税を納税るるなら、FamiPayへのチャージでポイントが獲得できるファミマTカード一択です。

ファミマTカードからFamiPayにクレジットチャージをすると、0.5%のFamiPayボーナスが貯まります。

貯まったFamiPayボーナスは、FamiPayにチャージして1ボーナス=1円で利用できます。

このように、FamiPayへのチャージではTポイントは貯まりません。しかし、通常のクレジット決済としてファミマTカードを使えば、0.5%のTポイントが貯まります。

ファミリーマートでのクレジット利用なら、なんと常時2.0%の高還元です。

ファミマTカードに、TSUTAYAのレンタルサービスを追加することも可能ですよ。

年会費が無料ですから、ファミリーマートをよく利用する方には必携のクレジットカードと言えるでしょう。

ファミマTカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ファミマTカードでは基本的にTポイントが貯まりますが、FamiPayへのチャージだけはFamiPayボーナスで還元されます。

クレジットチャージ後にFamiPayを利用すれば、間接的に納税で0.5%還元が受けられます。

自治体が対応していればPayPayで納税も可能 ポイントも貯まる

ここまでは、コンビニ別にそれぞれのコンビニで利用可能な決済サービスで自動車税を納める方法をご紹介してきました。どれも、チャージで貯まるクレジットポイント分がお得というお話でしたね。

ここからは、決済サービスそのもので得しながら自動車税を支払う方法をご紹介します。まずは、PayPayによる納税方法を見ていきましょう。

自治体が対応していればPayPay納税も可能

魅力的なキャンペーンなどで話題になり、利用者数も非常に多く大人気のPayPayですが、各種公共料金や税金などの支払いにも対応しています。もちろん、自動車税・軽自動車税の納付も例外ではありません。

ただし、すべての自治体が自動車税・軽自動車税のPayPay決済に対応しているわけではありません。自動車税は都道府県に、軽自動車税は市町村に納めますので、納付先の自治体がPayPayに対応していなければPayPay納税はできないことになります。

送付されてきた払込書や、同封されている納付方法の案内などを確認してみましょう。また、PayPayの公式サイトでも、ご自身の納付先の自治体がPayPay払いに対応しているか調べることができますよ。

PayPayアプリからいつでもどこでも簡単に納税可能

納付先の自治体がPayPay払いに対応していれば、PayPayアプリのダウンロードとチャージをするだけで準備完了です。

元々PayPayを利用している方ならすぐに、いつでもどこからでもPayPayアプリで自動車税の納付が可能です。

手順もとても簡単です。まずアプリのホーム画面から「スキャン」をタップします。

PayPayアプリ納税手順

払込票のバーコードを読み取ります。納付額を確認して「支払う」をタップします。

たったこれだけで、支払いが完了しました。コンビニにも行かずに納税ができるのは、とても便利ですよね。

自動車税・軽自動車税のPayPay決済で最大1.5%還元

PayPay残高からの納税では、通常のPayPay決済と同様にPayPayボーナスが貯まります。チャージではなく決済で直接還元されるのが、前章まででご紹介したコンビニでの決済とは異なる特長ですね。

PayPayボーナスの還元率は0.5%~1.5%で、PayPayの前月の利用状況によって下記のように異なります。

  • 基本還元率0.5%
  • 前月のPayPay決済回数(100円以上)が50回以上で+0.5%
  • 前月の利用金額10万円以上でさらに+0.5%

PayPayをたくさん利用すれば最大1.5%還元となり、大変お得です。

納税証明書の発行がないことなどに要注意

家に居ながらにして納税できて、利用状況によってはかなりお得なPayPayによる自動車税納付ですが、注意点もあります。

  • PayPay残高からのみ支払い可能
  • 領収書や納税証明書は発行されない
  • PayPayボーナスの付与上限は7,500円相当/回、15,000円相当/月

PayPayは登録したクレジットカードからの決済も可能ですが、税金などの請求書払いができるのはPayPay残高からの支払いのみとなっています。

Yahoo JAPAN カード

カードの詳細へ

ですから、自動車税を納めたい場合は、事前に銀行口座やヤフーカードなどからPayPay残高にチャージしておきましょう。


また、PayPayで納税した場合、領収書や納税証明書が発行されません。証明書がなくても車検の関係機関が電子確認できるので問題ないのですが、納付後すぐに車検を受ける場合は間に合わないことがあります。

その場合はコンビニ等で納付することをオススメします。

PayPayで税金が払えるなんて知りませんでした。PayPayならアプリから支払えるので、忙しい人も助かりますよね。

最大限お得にPayPay払いをするためのコツなどはありますか?

PayPayの還元率は前月の利用状況によって変わるため、前の月に還元率アップの条件を達成しておけば、よりお得に自動車税の納付ができます。

自動車税は多くの場合4月~6月に払いますから、3~5月はPayPayをたくさん利用しましょう。

クレジットカードによる納税も可能だけど手数料には要注意

最後に、クレジットカードで自動車税・軽自動車税を支払う方法をご紹介します。クレジットカードもやはり直接クレジットポイントが貯まりますので、チャージの手間なくお得に納税することができますよ。

自治体のサイトかYahoo!公金支払いからカード払いが可能

クレジットカードで自動車税を払うには、事前に納付先の自治体がクレジットカード払いに対応しているか確認する必要があります。
多くの都道府県が対応していますが、軽自動車税に対応している自治体はまだまだ少ないようです。

払込票などにクレジットカードが利用可能と書いてあれば、スマホやパソコンで「Yahoo!公金支払い」または自治体の納税用サイトから支払いができます。

PayPayと同様に、パソコンかスマホさえあれば家からでも納付できる点が便利ですね。

数百円の手数料がかかることに要注意

ただし、クレジットカードで自動車税を支払う際に注意すべきこととして、手数料がかかるという点が挙げられます。

手数料は自治体や利用するサイトによって異なりますが、Yahoo!公金支払いなら300円(税別)という設定が多いです。

したがって、クレジットカードで支払った際の還元ポイントが330円以上ないと、かえって損をしてしまうことになります。納税額は車種によって違いますが、おおむね還元率1.0%以上のクレジットカードを選ぶ必要がありますね。

JCB CARD W/plus Lは永年無料の高還元カード

還元率1.0%以上の年会費無料の高還元として一押しなのが、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lです。

JCB CARD W/JCB CARD W plus LはJCBオリジナルシリーズの一種で、39歳以下の方限定のカードです。

39歳までに入会すれば、40歳以上になってももちろん引き続き利用可能です。

常時1.0%以上の高還元カードです。セブンイレブンやAmazonなどでいつでもポイント3倍、スターバックスカードのチャージでは10倍など、普通にカードを使っているだけでどんどんポイントが貯まっていきます。

年会費無料にも関わらず、海外旅行保険などの各種保険も付帯してるハイスペックカードですから、メインカードにおすすめの1枚ですね。

plus Lの方は様々な女性向け特典も付帯しますよ。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

40歳以上の方におすすすめ!Orico Card THE POINT

40歳以上の方にはOrico Card THE POINTがおすすめです。

Orico Card THE POINTも年会費は永年無料、ポイント還元率は常時1.0%以上です。

入会後6か月間はポイント2倍、すなわち2.0%還元なので、納税額が30,000円なら600円分のポイントがもらえます。自動車税を支払うタイミングに合わせて入会するのも、賢い手段ですね。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
手数料がかかる納税方法はクレジットカードだけなので、基本的には他の方法がベターです。

ただ、Yahoo!公金支払いならTポイントを充当することもできるので、ポイントを利用したい方にはカード決済も良いですね。

コンビニやPayPay、カード等キャッシュレス決済で自動車税納税もお得

自動車税・軽自動車税をお得に支払うための方法として、nanacoやWAON、FamiPayを使ったコンビニ払い、PayPay、クレジットカードといったキャッシュレス決済をご紹介してきました。

クレジットカードでは手数料がかかるため、差し引いても損にならない還元率のクレジットカードを選ぶことが大切です。PayPayは手数料がかからず最大1.5%還元なのでオススメですよ。

PayPayやクレジットカードに対応していない自治体の方は、コンビニの決済サービスを利用した方法を選びましょう。そうすればチャージのポイントがもらえますから、少なくとも現金や口座振替よりずっとお得です。

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断