JCBCARD W

年会費無料のハイスペックカード
高還元&充実補償JCB CARD W

クレジットカードの裏署名ってどうしてる?正しい方法と注意点

クレジットカードの裏署名ってどうしてる?正しい方法と注意点

新しいクレジットカードが届くのって、なんだかワクワクするものですよね!でも、封を開けてカードを手にしたら、まず何をすべきかご存知ですか?それは、カードの裏側にサインをすることなんです。

この裏署名、意外にも多くの人が書かないままにしているようです。でも、それはとっても危険な行為!とはいえ、「このサインに意味なんてあるの?」「そもそも、どうやって書けばいいのかよく分からない」という人も多いはず。

新しくクレジットカードを手にした人も、サインしないままのカードがお財布に入れっぱなしという人も、あの裏署名の意味とやり方、そしてサインがないとどんな危険があるのかを、この機会にぜひ知っておきましょう。

新しいクレジットカードが届いた!まずやるべきことはコレ

クレジットカードを手にするのって、初めての場合は特に、ちょっと大人になったような、可能性がぐんと広がったような嬉しい気分になりますよね。

でも、浮かれて、やるべきことを忘れてしまってはいけません。まずは、カードが届いたら何をしなくてはならないのか、そこからお話を始めましょう。

カードと同封されたものを確認

新しいクレジットカードが届いたら、まずはカードの表書きを確認しましょう。

カードの表の以下の内容を確認してください。

  • 氏名
  • カード番号
  • 有効期限

が刻印されていますので、ここをきちんと確認します。「○田」さんや「○原」さんのような名字のひとは、「TA」と「DA」や「HARA」と「BARA」など読みが微妙に違っていることもあり得ますので、正しいローマ字が記されているかしっかり確認してくださいね。

それから、カードが貼られていた台紙の情報も要チェックです。こちらには、限度額やキャッシング枠の有無などの情報が記載されていますので、ここもきちんと確認してください。

自分のカードの限度額を知らないと、お買い物をするときや海外旅行のときなんかに困ることがありますので、しっかり把握しておきましょう。

裏にサインをしよう

さて、このような手順を経て、手元に届いたのが間違いなく自分のクレジットカードであることを確認したら、すぐに裏面にある署名欄にサインをしておきましょう。

各クレジットカード会社のサイトにも、カードが届いたら実際に使う前にやることとして、必ずこのサインについての言及があります。

新しいカードでなくても、以前から持っているクレジットカードを今一度見直してみて、もしも署名がないものがあれば、すぐにサインすることをオススメします。

なぜなら、このカード裏のサインというのは、非常に大切なものだからです。なぜそんなに重要な意味を持つのかということや、正しいサインの書き方は、以下に詳しくご説明していきます。

クレジットカードが届いたら、カードが使えない事態を防ぐ為にも、限度額などもしっかりと確認しておきましょう。

裏面のサインは何のため?記名のないカードはとっても危険

大人になると持ち物に名前を書くことはしなくなるし、クレジットカードのサインもそんなノリで「特に必要じゃないよね?」なんて思っている人はいませんか?

カード裏面のサインは、これがないと実に困ったことにもなりかねないくらい重要なものなんです。

裏署名がないカードは使えない

クレジットカードの裏側にあるサインには、「カードを使う人が本人であること」を証明するという、とっても大きな意味があります。

カード決済をするときレシートにサインをしますが、その筆跡とサインが同じであることで本人確認をしているというわけです。

そもそも、このサインがないクレジットカードは、原則として使うことができません。

これはカード会社の規則で決められていることなのです。実際、署名してないカードを使おうとして、店員さんに「ここにサインを書いてください」と言われたことがある方もいるかもしれませんね。

お店の人も、サインのないクレジットカードのままでは、決済手続きはできないわけです。

特に海外では、クレジットカード=本人とも言えるほどで、裏署名をしていないカードを持っていると、「盗んだカードなのでは?」なんて怪しまれたり、「カードにサインすべきことも知らないような人」として馬鹿にされたりすることさえあるんです。

裏面に署名がないと万一のとき補償されない

ただ単に利用できないだけでなく、署名のないカードはもっと大きな問題に発展しかねません。

万が一、どこかでクレジットカードを落としてしまったときに、サインが無いカードだと不正利用されやすいのです。

三井住友カードの公式ページによると、裏面にサインがないカードは、盗難・紛失時の不正利用の被害にあっても補償対象とならない為注意が必要と記載されています。

一般的に、クレジットカードには盗難保険がついていたりしますし、不正利用された金額に関しては支払う義務はありません。

しかし、サインをしていないカードの場合、必要な手順を怠った過失を問われ、身に覚えのない金額を請求されることにもなりかねないのです。

短時間でサッとできるサインをしなかったばかりにこんなことになっては、失うものが大きすぎますよね。やはり裏署名はきちんとしておくべきです。

クレジットカードの裏面の署名がとても重要だという事がお分かり頂けたでしょうか。店側は署名で本人確認をしていますので、裏面に署名のないカードの使用を店側は断る事もできるのです。

セキュリティー対策が優れているカードで不正利用の被害を最小限に抑える

カード裏面の署名は勿論のこと、セキュリティーが優れているクレジットカードを普段から利用する事も、不正利用の被害を最小限に抑えるポイントの1つです。

万一不正利用の被害にあったとしても、裏面に署名がない等よほどの過失がなければ補償は受けられますが、一時的にカードが使えなくなっても困らないようメインカードの他にもネットショッピング用のサブカードを、もう1枚持っておくと安心ですよ。

ここで、セキュリティー対策が優れたおすすめのクレジットカードをご紹介しておきましょう。

不正検知システムで安心!年会費無料高還元JCB CARD W

JCB CARD Wは、セキュリティ対策が大変優れていて、安心して利用頂ける一押しのクレジットカードです。

24時間365日稼働の不正探知システムの他、J/Secureワンタイムパスワードが使えますので、ネットショッピングも安心して利用頂けます。

また、万一の際でも「JCBでe安心」制度で不正利用の被害を補償してもらえますし、スキミング防止に有効なICチップも搭載されてますから、カード本体のセキュリティも高いですからね。

カードスペックも非常に高く、年会費が無料にも関わらず基本還元率が1%と高還元、しかも海外旅行保険や海外ショッピング保険まで付帯する優れものです。

OkiDokiランド経由でネットショッピングをすればボーナスポイントがつく分、還元率も大幅にアップしますよ。ちなみにJCB CARD WならAmazon(アマゾン)で常時2%の高還元で利用頂けます。

女性の方なら女性向け特典が付帯するJCB CARD W plus Lがおすすめですね。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

写真入りIDカードも選べる三井住友VISAクラシック

三井住友VISAクラシックも不正利用探知システムが導入されていて、安心して利用頂けるカードの1枚です。

何より、カードの裏面に写真を入れることができるので、写真と違う人がお店でカードを使おうとした場合、お店側は本人の利用でないと一目で分かります。

写真入りID

写真で本人確認ができますから犯罪の抑止力にも繋がりますし、ネットショッピングもワンタイムパスワードが利用できて安心です。

信頼あるステータスカードをリーズナブルな年会費で持てる点も大きなメリットで、カード発行も最短3営業日と早く、お急ぎの方にもおすすめですね。

三井住友VISAクラシックは、ポイントUPモールが実店舗にも展開されていて、事前に「ココイコ」にエントリーしておけば、実店舗でのお買い物でもボーナスポイントを獲得できるお得なクレジットカードでもありますよ。

三井住友VISAクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

バーチャルカードが発行できるエポスカード

エポスカードは利用通知サービスにより、利用する都度利用内容のメールが届く為、不正に早く気付く事もできます。利用通知サービスは1,000円未満の利用分については対象外です。

また、ネット専用のバーチャルカードを無料で発行できますから、ネットショッピングも安心ですよ。

年会費も無料ですし、海外旅行保険の補償額が充実していますので、旅行好きの方なら旅行用のサブカードとしても大活躍してくれることでしょう。

その他にもレストランや居酒屋、テーマパークやカラオケを優待価格で楽しめる10,000店舗以上のサービスが利用頂けますので、日常をお得に楽しめるカードでもあります。

即日発行も可能なカードですから、お急ぎの方にもおすすめですね。

エポスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
今回ご紹介した3枚は、セキュリティ対策が優れている上に、ハイスペックのものばかりです。1枚目のカードが利用頂けなかった場合に備えて2枚目のカードを作っておいた方が安心と言えるでしょう。

裏署名はペンで書けばいいの?漢字?ローマ字?疑問にお答え

サインの大切さがお分かりいただけたかと思いますが、いざ署名しようとして、「あれ?何を使って、なんて書けばいいの?」と考えて手が止まってしまった人もいるかもしれませんね。

そんな人のために、ここからは具体的なサインの書き方をご紹介します。

油性ペンで書くのがオススメ

裏署名はその人自身を表す大切なものですから、しっかりしたサインを書きたいですよね。

クレジットカード「裏署名の例」

大切なサインが消えてしまっては意味がないですし、カードは意外と硬くて書きにくいものです。これをクリアするためには、やはり油性ペンで書くのがオススメです。

太すぎると文字がつぶれてしまいますので、名前書き専用の油性ペンが最適ですよ。

漢字でフルネームを書こう

引用した文章の中にもあったように、サインはローマ字でも漢字でもかまいません。

それどころか、ハングルだろうがアラビア文字だろうが、はたまた記号であろうが、規則上は問題ないんです。でも、そんなサインを買い物の度にするのって大変ですよね。

カードの表の氏名はローマ字で刻印されていますから、裏署名もローマ字で書く方が多いかと思います。もちろん、それでもまったく問題ないのですが、一番オススメなのが漢字のサインなんです。

実は、外国人にとって漢字というのは、とても難易度の高いキャラクター。海外で使う機会があるかもしれないことを考えると、模倣されにくいというメリットがあります。

また、普段から書き慣れているという意味でも、漢字でフルネームを書くのがもっとも安全かつ利便性の高いサインと言えるんです。

サインは統一しておこう

初めてクレジットカードを作った人の中には、海外旅行に行くことがきっかけになって申し込んだというケースも多いかと思います。そういうときは、パスポートのサインとクレジットカードのサインを同じにしておくと良いですよ。

海外には現金やクレジットカードのほか、トラベラーズチェックを使うこともあり得ます。日本での販売は終了し、規模は縮小されてきているトラベラーズチェックですが、手持ちのものを海外で使うことはできます。

そして、このトラベラーズチェックには、パスポートと同じサインを書くことが推奨されています。なので、パスポート、クレジットカード、トラベラーズチェックのすべてを同じサインにしておけば、何にどんなサインをすればいいのか迷わずに済むんです。

その他の注意点

細かい注意点としては、以下の内容となります。

  • セキュリティコードに文字が被らないように書く
  • 書き直したサインはNG

クレジットカード「セキュリティコードの例」

セキュリティコードとは、署名欄に小さく書かれている数字のことで、ネットショッピングのときなどに必要となることがある情報です。ここにサインの文字が被らないように、文字の大きさや配列に気を付けて署名しましょう。

また、サインを書き直したカードは使用できないことがあるため、書き間違えないように鉛筆などで下書きしてから、油性ペンで清書すればカンペキですね。

カードの裏署名は万が一のときの守り神!必ずサインしておこう

今回は、クレジットカードの裏面にある署名について、いかに大切なものであるかをお話してきました。

その気になれば10秒程度で完了してしまうサインですが、ときには大金を失う危機からも救ってくれることさえある、非常に重要なものだったのですね。

新しいカードを手にしたばかりの人はもちろん、普段使っていないカードなどをこの機会に確認していただき、もしも未署名のままになっているものがあったら、ぜひとも心を込めてしっかりとサインをしてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断