バンドルカードは審査不要&多様なチャージ法が選べて便利

バンドルカードは審査不要&多様なチャージ法が選べて便利

バンドルカードはプリペイド式の便利なカードで、アプリから簡単に申し込み&利用が可能です。アプリだけでなくリアルカードを発行することもできるので、ネットショッピングでも実店舗でも使えます。

審査も年齢制限もなく誰でも気軽に利用できることや、チャージ方法がとてもたくさん用意されているのも魅力です。

手持ちのクレジットカードと組み合わせることで、ますますお得かつ便利に使うことも可能です。そんなバンドルカードについて、詳しくご紹介していきます。

バンドルカードは誰でも気軽に自由な使い方ができる便利なアプリ

  • 年齢制限も審査もなしで誰でもアプリから1分で発行可能
  • リアルカードの発行もできるからネットでも街中でも使える
  • いつでも一時停止・再開ができるから紛失時も安心
  • コンビニや銀行、ビットコインなどチャージ方法がとても豊富
  • 「ポチっとチャージ」で即時チャージ&後払いも可能
  • クレジットチャージならポイントも貯まってますますお得

バンドルカード

バンドルカードは名称に「カード」と付いていますが、実際はスマホアプリだけで決済ができる便利なツールです。もちろん、実物のカードを発行して、クレジットカードのように使うことも可能です。

様々なチャージ方法が選べるうえに、プリペイド式なのに後払いも可能という、とても自由な使い方ができる便利なバンドルカード。その魅力について、じっくりご紹介していきます。

クレジットカードと同じように使えるのに審査や年齢制限がないので、クレジットカードが作れない方にもおすすめです。

ただし、チャージ法によっては手数料が発生しますので、自分に合った使い方をしっかり把握しておきましょうね。

申し込み方や年会費、使える場所などバンドルカードの概要をご紹介

すでにお伝えしたように、バンドルカードはアプリで利用できるプリペイド式の決済手段で、従来のクレジットカードとは少々趣が異なります。

そこで、まずはバンドルカードってどんなものなのか、その概要からご紹介していきます。

審査も年齢制限も年会費等も無しで誰でも気軽に使える

バンドルカードはVisaプリペイドカードの一種で、事前にチャージした分までの支払いしかできません。したがって、後払いのクレジットカードと違い、18歳以上といった年齢制限や安定収入等の条件もなく、無審査で誰でも利用することができます。

バンドルカードは簡単に言えばアプリなので、App StoreかGoogle Playからダウンロードして利用を開始します。ダウンロードはもちろん無料ですし、登録手数料や年会費なども一切無料です。

ダウンロード後、生年月日・性別・電話番号を入力し、SMS認証を経て登録をすれば即時にバーチャルカードが発行されます。あとはチャージをすれば、もうバンドルカードによる決済が可能です。

ものの数分で支払いができるようになるという手軽さやスピーディーさも大きな魅力です。

手数料300円でリアルカードの発行も可能

アプリをダウンロードすればバーチャルカードが発行されるので、そのままでもネットショッピングが可能です。でも、もっと幅広く使いたいという場合は、プラスチック製のリアルカードを発行することもできます。

バンドルカード(リアル)

発行手数料300円がかかりますが、リアルカードがあればネットだけでなく世界中のVisa加盟店で使えるようになります。

レジで「クレジット払いで」と伝えて、リアルカードを渡せばOKです。アプリから手続きをすれば、10日ほどで登録した住所にリアルカードが届きます。

また、リアルカードには「リアル+(プラス)」という種類もあり、後にご紹介していくようにリアルカードよりも使える場所やチャージ上限額の幅が広がります。リアル+(プラス)の発行手数料は600円となります。

使えない場所とは?リアル+(プラス)カードなら広範囲で使える

お伝えしたように、バンドルカードはVisa加盟店ならクレジットカードと同様に、世界中で使うことができるのですが、プリペイド式であるがゆえに一部の場所で使えないというデメリットがあります。

バンドルカードが使えないところは以下の通りです。

リアルカード リアル+(プラス)
ガソリンスタンド、宿泊施設、公共料金、
定期支払い・定期購買、保険料の支払い、
高速道路料金、機内販売、
自動券売機など暗証番号の必要なお店、
本人認証(3Dセキュア)の必要な加盟店、
他特定のお店
左記のお店から、ガソリンスタンド、
宿泊施設を除いたもの

クレジットカードなら上記の場所でも使えるのですが、バンドルカードでは支払いができません。

+(プラス)なら、ガソリンスタンドと宿泊施設では使えますので、自動車をお持ちの方や宿泊の機会が多い方には、こちらがおすすめです。

安心して使えるサポート機能も充実

バンドルカードには、不正利用や盗難紛失などのトラブルに備えた機能がちゃんと用意されています。

バンドルカード不正利用トラブル防止機能

チャージや決済など、お手持ちのバンドルカードに何らかの入出金があったときは、すぐに通知が来るようになっています。アプリでいつでも利用明細をチェックできるので、身に覚えのない利用があってもすぐ気づくことができます。

バンドルカード一時停止画面

また、スマホやリアルカードを落としたり盗まれたりした場合も、アプリやwebから簡単にいつでも一時停止をすることが可能です。もちろん、またいつでも再開することができます。

不正利用されたと認められたバンドルカードは、再発行が可能です。

バンドルカードはスマホアプリですぐに発行できますし、未成年のお子さんでも使えますから、クレジットカードの家族カードよりも気軽に持たせることができますね。

リアルカードを発行すれば、ネットだけでなく街中のお店でも使えますよ。

選べるチャージ方法は9種類、具体的なチャージ法や手数料をご紹介

前章をお読みいただき、バンドルカードの何たるかをご理解いただけたかと思います。ここからは、より具体的にチャージや決済の方法をご紹介していきます。

コンビニや銀行、カードなどチャージ方法は多種多様

バンドルカードはVisaプリペイドカードですから、事前にチャージしなければ使うことができません。でも、バンドルカードの大きなメリットのひとつに、チャージ方法が非常に豊富という点が挙げられます。

利用できるチャージ方法には、以下のようなものがあります。

  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ネット銀行
  • 銀行ATM(ペイジー)
  • セブン銀行ATM
  • ドコモ払い
  • ビットコイン
  • ギフトコード
  • ポチっとチャージ

このほか、「ソフトバンクまとめて支払い」も利用できることになっていますが、現在は一時停止中です。

上記の豊富なチャージ方法のうち、いくつかの具体的なやり方をご紹介します。

コンビニチャージはアプリでリクエストを作成してから出かけよう

FamiポートやLoppiなど、コンビニ設置の端末とレジを利用してチャージをすることができます。対応しているコンビニは以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ

コンビニに出かける前に、アプリで準備をしておきましょう。まずは、アプリのチャージメニューから「コンビニ」を選択します。

バンドルカードチャージメニュー

「リクエスト作成」をタップします。次の画面でチャージ金額を入力して「チャージ」をタップします。

バンドルカードチャージメニューリクエスト画面

リクエスト画面下部の「チャージするコンビニを選択」をタップし、お好きなコンビニを選択します。各コンビニの端末での操作方法が表示されますので、コンビニに出かけて端末を操作し、発券された申し込み券をもってレジへ行き、お金を払えば完了です。

なお、ファミリーマートでは、端末を経由せずにアプリ上で表示されたバーコードを直接レジで見せるだけで、チャージができるようになっています。

また、チャージメニューで「セブン銀行」を選べば、セブン銀行ATMでも同様の手順でチャージができます。大手コンビニならどこでもチャージ可能というわけですね。

ネット銀行ならスマホひとつでチャージ完了

ここからは、ネット銀行によるチャージの方法をご紹介します。バンドルカードでは、350以上の金融機関のネットバンキングに対応しています。

アプリのチャージメニューから「ネット銀行」を選択し、「リクエスト作成」をタップしてチャージしたい金額を入力し、「チャージ」をタップするところまではコンビニチャージと同じです。

バンドルカード銀行チャージ画面

次にチャージ可能な金融機関一覧が表示されますので、利用したい金融機関を選択します。インターネットバンキングにログインし、引き落とし口座を選択して実行します。

コンビニやATMと違って、スマホひとつで完了します。チャージのために出かける必要がない便利な方法です。

ただし、銀行によってはチャージが反映されるまで時間がかかることがあり、翌日以降になるケースもありますので、お急ぎの時は別の方法をおすすめします。

いったんカードを登録すればクレジットチャージが簡単に

次に、クレジットカードによるチャージの方法を見てみましょう。アプリのチャージメニューから「クレジットカード」を選択します。

バンドルカードクレジットカードチャージ画面

「チャージ」をタップします。カード番号・有効期限・セキュリティコードを入力します。

バンドルカードクレジットカードチャージ

このとき、「このカードを登録する」にチェックを入れておくと、以降簡単にチャージできるようになります。金額のところをタップして、チャージしたい金額を入力します。

その後、3Dセキュアによる本人認証が行われますので、パスワードを入力します。チャージ完了画面が表示されれば、無事にチャージ完了です。

チャージするならポイントが貯まるクレジットカードがお得

バンドルカードは様々なチャージ方法が選択できますが、中でもおすすめなのはクレジットカードによるチャージです。手数料がかからないうえに、クレジットポイントが貯まるというメリットがあるからです。

そこで、ここで、バンドルカードへのチャージに一押しの高還元カードをご紹介しておきましょう。

年会費無料なのに1%以上の高還元「Orico Card THE POINT」

バンドルカードへのチャージに一押しなのが、年会費無料の高還元カード、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)です。

基本還元率は1.0%、入会後半年間は2.0%にアップします。

また、オリコモール経由でネットショッピングをすればいつでも2.0%以上、ショップによっては10%ものポイントが貯まります。年会費永年無料ですから、バンドルカードへのチャージ専用カードとして、ポイントを貯めるために使うのもオススメですよ。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
年会費 永年無料
国際ブランド Master card・JCB
ポイント ・基本還元率1.0%
・入会後半年間は2.0%(上限5,000ポイント)
・オリコモール経由のネットショッピングで2.0%以上
追加カード ・家族カード:無料
・ETCカード:無料
旅行傷害保険 【海外】-
【国内】-
その他特典 ・電子マネーQUIC Pay・iD利用可能
・盗難紛失補償付き

ビットコイン円建てチャージもできる

バンドルカードに特徴的なチャージ方法として、円建てのビットコインによるチャージも用意されています。coincheckアカウントを持っていない方でもチャージが可能になっています。

チャージメニューから「ビットコイン」を選択し、チャージしたい金額を入力します。

バンドルカードビットコイン

「ウォレットアプリを立ち上げる」をタップし、お好きなウォレットで送金します。

20分以内に、バンドルカードで表示されたビットコインと同じ金額が送金されるよう、金額と送信先アドレスをよく確認してください。そうでない場合、チャージができません。チャージに失敗しても返金されますが、手続きが必要となってしまいます。

送金が完了したらバンドルカードアプリに戻り、「この画面を閉じる」をタップします。

チャージが完了するまで数時間かかることがありますので、少々お待ちください。この画面が表示されたら完了です。

お急ぎなら即時チャージで後払いの「ポチっとチャージ」

バンドルカードならではのチャージ方法に「ポチっとチャージ」があります。これは、手元や口座にお金がなくても後払いができ、しかも即座にチャージされる方法で、今すぐ購入したいものがあるという時にも便利です。

バンドルカードポチっとチャージ

チャージメニューの「ポチっとチャージ」を選択すると、チャージ可能額が表示されます。この金額は、利用状況等によって変動します。「ポチっとの申込みへ」をタップします。

氏名、生年月日、メールアドレス、電話番号を入力して「次へ」をタップします。入力した電話番号に認証番号が送られてきますので、その番号を入力してSMS認証を行います。

チャージしたい金額を入力し、「OK」→「この内容で申込む」を順にタップすれば完了です。

ポチっとチャージは手数料と支払期限に要注意

ポチっとチャージは、3,000円以上1,000円単位でお好きな金額を選べます。ただし、チャージ金額によって下記のような手数料がかかることに注意が必要です。

チャージ金額 手数料
3,000円 010,000円 500円
11,000円 020,000円 800円
21,000円 030,000円 1,150円
31,000円 040,000円 1,500円
41,000円 050,000円 1,800円

また、ポチっとチャージの場合は他のチャージ方法と異なり、後から自分で支払いをしなければなりません。

ポチっとチャージ支払い説明イラスト

ポチっとチャージをした月の翌月末までに支払いをする必要がありますので、コンビニ・ネット銀行・銀行ATM(ペイジー)のいずれかの方法で支払いをしてください。

チャージや残高の上限を把握しておこう

チャージ方法の実際をご紹介してきましたが、どの方法であってもチャージ額には上限があります。上限金額は、カードの種類によって以下のように設定されています。

上限額 バーチャルカード/
リアルカード
リアル+(プラス)
月間チャージ上限額 12万円 200万円
1回のチャージ上限額 3万円 10万円
残高上限額 10万円 100万円
全累計チャージ上限額 100万円 上限なし

チャージ1回ごと、月間、残高それぞれに上限がありますので、ご注意ください。

全累計チャージ上限額は、現在のバンドルカードにチャージできる累計額です。バーチャルカードおよびリアルカードでは100万円までとなっており、上限に近づいたら再発行することで引き続きバンドルカードが利用できます。

リアル+(プラス)の方が高い上限額となっていますので、チャージの手間を減らしたい方は、リアル+(プラス)がおすすめです。

僕たちのような学生でも審査なしで使えるバンドルカードは、心強い存在です。

手数料無料でできるチャージ方法だけを選べば、コストなしで使えますね。

ところで、チャージはいくらからできるのですか?

チャージ金額の下限は1,000円となります。

ポチっとチャージのほか、ドコモ払いでもチャージ1回につき300円、チャージ金額6,000円以上なら6%の手数料がかかります。

チャージ方法を選ぶ際は、チャージ金額と手数料のバランスにも注意したいですね。

クレジットチャージには3Dセキュア登録が必要

文バンドルカードでは不正利用対策の一環としての、3Dセキュア(本人認証)を設定したクレジットカードでないと、チャージに使うことが出来ません。

3Dセキュアとは、カード会社に事前登録したパスワードを入力しないと決済ができないサービスです。自分しか知らないパスワードを設定することで、第三者に利用されるのを防ぐことができます。

ほとんどのクレジットカードが3Dセキュアに対応していますので、お手持ちのクレジットカードの発行会社のサイトで登録を行ってください。

こちらはライフカードの本人認証サービス登録用のページですが、カード会社によって3Dセキュアサービスの名称や登録方法が異なる場合があります。詳しくは、カード会社のサイトでご確認ください。

ただし、チャージには3Dセキュア登録が必要ですが、決済時に3Dセキュアによる認証が必須のお店では、バンドルカードが使えませんのでお気を付けください。

バンドルカードの基本情報をまとめてご紹介

最後に、バンドルカードの基本情報をチェックしておきましょう。

項目/種類 バーチャル リアル リアル+
(プラス)
発行手数料 無料 300円 600円
年会費 無料 無料 無料
利用できるお店 国内・海外のVisa加盟店
(オンラインのみ)
国内のVisa加盟店
(実店舗含む)
&海外のVisa加盟店
(オンライン)
国内・海外のVisa加盟店
チャージ上限額 【1回あたり】3万円
【月間】12万円
【累計額】100万円
【1回あたり】3万円
【月間】12万円
【累計額】100万円
【1回あたり】10万円
【月間】200万円
【累計額】上限なし
残高の上限額 10万円 10万円 100万円
アプリのダウンロードと登録でバーチャルカードを発行しただけの場合、ネットショッピングでしか利用できません。

街中のお店でも使いたければ、リアルカードかリアル+(プラス)を発行しましょう。海外でも使う予定があるなら、リアル+(プラス)がおすすめですよ。

バンドルカードは誰でも使えてチャージ法が豊富なプリペイド式カード

バンドルカードはプリペイド式の決済カードで、クレジットカードではないので18歳未満の方でも審査なしで利用できるのが大きな特長です。

チャージ方法がとてもたくさん用意されていることもバンドルカードの特長で、お好きな方法で便利に使うことができます。中でもクレジットカードによるチャージが、ポイントを貯めることができるのでお得です。

バーチャルカードだけで使っても良いですし、リアルカードやリアル+(プラス)を発行して実店舗でも幅広く使うのもおすすめです。あなたに合ったカードやチャージの種類を選び、お買い物をよりお得に快適にしてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断