NTTドコモ「dカード GOLD」

自己責任による再発行手数料も無料
ローソン還元率5%dカードGOLD

長く使うために!クレジットカードの汚れをキレイにしよう

長く使うために!クレジットカードの汚れをキレイにしよう

今やわたしたちの生活にとって欠かせないといっても過言ではない「クレジットカード」。お気に入りのデザインのカードを常に持ち歩いているよ!という方も多そうですね。

普段からクレジットカードを使っている人ほど気になるのが「カードの汚れ」。

カードはどうしても汚れてしまうもの…と思いがちですが、その汚れを放っておくとカードが全く役にたたないプラスチックの板になってしまう可能性があるんです。

お気に入りのカードがあるあなた。長く使い続けるためにクレジットカードの汚れをキレイにしませんか?

どうしてクレジットカードが汚れるの?クレジットカードが汚れる原因

まず知りたいのは、どうしていつの間にかクレジットカードが汚れてしまうのか?…ということ。

よっぽど変わった性格をしていない限り、クレジットカードを泥の中に投げ込むなど、わざわざカードが汚くなるようなことはしていないはずです。

なのになぜ…?と思いたくなりますよね。でも原因はとっても身近で納得できるものなんです。

手で触ることによって汚れてしまう

当たり前のことなんですが、手で触ることによってカードは汚れてしまいます。でも、みなさんの手が特別汚いと言っているわけではありません。

当たり前ですがわたしたちは手に汗をかきますし、手から脂分も出てきます。例えば夏の暑い日にクレジットカードで決済しようと財布から出したとき、手の皮脂がカードに着くのはどうしようもない、当たり前のことですよね。

また、カードを渡す店員さんの手がキレイとも限りません。どうしてもお金を扱うと小銭を触る機会が多いです。

お札もそうですが、小銭はいろんな人の手を渡ってきているため非常に汚いといってもいいでしょう。小銭を触った手はどうしても汚れを含みやすいんです。

1回は大した汚れでなくても、それが蓄積していくとどうしても汚くなってしまう、ということですね。

財布によってはカードが汚れてしまうことも

汚れる原因として大きな部分を占めるのは「手の汚れ」ですが、財布によってはクレジットカードが汚れやすい場合があります。

最近では様々なデザインの財布が売られていますが、革が染めてあり裏地がないようなデザイン性の高い財布の場合、財布の中のカードポケットに入れているだけで染めた革の色がカードに移ってしまうことがあります。

裏地がある財布の場合はカードへの色移りがないと言われていますが、手垢などで汚れてしまったカードをクリーニングせずに出し入れを繰り返している場合、その裏地自体が汚れてしまい、カードをキレイにしても入れるポケットが汚いため、また汚れてしまうことも。

こうなってしまうと財布自体を掃除するしかカードの汚れを防止する方法はありません。

カードを重ねてポケットに入れている

自分の財布はカード入れの数が少ないから…と、1つのポケットに2枚、3枚と重ねて入れていませんか?これは

  • クレジットカードそれぞれが手垢などで汚れる
  • 財布のポケットが汚れる

といった上2つのカードが汚れてしまう要素に加えて、カード同士が重なることで取り出す時にカードを傷めてしまう可能性が高くなります。

細かい傷もつきやすくなり、そこに汚れが入り込んでしまいさらにカードが汚れる原因にも…。

さらに、磁気テープ式のカードの場合、カード同士を同じ方向で重ねているとまれに磁気が弱まって「磁気不良」となり、ATMや読取機にカードを通しても読み取ってくれないことがあります。

ですから、重ねてカードポケットに入れるのはおすすめできません。

カードの方向を上下逆さまにするなど対策を取れば磁気不良になる可能性は低くなりますし、そもそも磁気不良が起こるのは長期間磁気ストライプを重ねた場合と言われていますので神経質になる必要ないと思いますが、

  • カードの汚れ
  • カードの持ち
  • 万が一の磁気不良

という3点から考えるとやっぱりおすすめは出来ません。

クレジットカードが汚れる原因でもっとも大きいのは、やはり手から付着する皮脂などの汚れです。

したがって、普通に使っているだけでも汚れていくのは自然なことなのです。

クレジットカードの汚れはこうしてキレイに!意外なアイテムが役立つ?

それでは、どうやったらクレジットカードの汚れが落ちるのか?具体的な方法をお教えしたいと思います。

ちょっと意外といえるアイテムが汚れを落とすのに役立つんですよ。

非常に大事なICチップをキレイにする方法は?

まずは、最近のクレジットカードには必ずといって搭載されている「ICチップ」の部分から。

今までは必ずカードを読取機に通して情報を照会しなければいけませんでしたが、暗証番号さえあればスムーズにクレジットカードでの支払いが可能になったという、非常に画期的な部分です。

さて、あなたのカードのICチップはこのように汚れてしまっていませんか?

汚れたクレジットカードのicチップ

一見錆びているように見えますが、実はこれも「汚れ」。ICチップの素材そのものは銅ですが、金でメッキをしてあるため錆びることはそうそうないんです。

そんなICチップのクリーニング方法はとても簡単で、メガネ拭きのような柔らかい布でさっと拭いてあげるだけでOKです。

もしそれでも汚れが落ちない!という場合は少しだけ水分を含んだ布で拭いてください。固く絞ったおしぼりのようなイメージです。

それでも汚れが落ちない…という場合は、消毒用などのアルコールを少しだけ含ませた布で拭いてみましょう。ここまでくれば汚れが落ちない!ということはほぼないはずです。

消しゴムでキレイに?磁気ストライプ部分の掃除法

次にキレイにしておくべきなのは磁気ストライプ(磁気テープ)部分です。クレジットカードといえばこの部分がないと…!という感じですよね。

磁気ストライプ部分も基本的に乾いた柔らかい布で拭いてあげるだけでOKです。大きな汚れでなければこれだけでほぼ解決するはず。…しかし、それでも汚れが落ちない!という場合、「濡れた布(タオル)」と「消しゴム」を用意してください。

まずは濡れた布で磁気ストライプの部分を拭きます。拭き終わったら消しゴムの出番。これはメーカーなどの指定は特にありませんので、家にある消しゴムでOK。

拭いたあと、磁気ストライプ部分を消しゴムで丁寧にこすってあげると…なんと、磁気部分の粘着質な汚れがつるんと落ちてくれるんです!

読取機に多く通しているクレジットカードなら、特に効果は抜群です。

表面やチップ・磁気部分以外も同様の方法でOK

クレジットカードでの読み取りに必要な部分2箇所以外の、デザインが施された表面やその他の部分もキレイにしたいですよね。

クリーニング方法は他のやり方と変わりません。少し水分を含んだ布で汚れを落としてあげましょう。

汚れがちょっとひどい場合はアルコールを含んだもの(クリーナーでもOK)でキレイになりますよ。中にはせっけんを使って水洗いする方もいるようですね。

ただ、注意する点がひとつあります。アルコール系のクリーナーやエタノールを使用してクリーニングする場合、念のため署名欄を拭くのは避けてください。その理由はこれからお話します。

使わないほうがいい!クレジットカードに厳禁のアイテム

様々なアイデアや工夫でクレジットカードをキレイに保っている方も多いと思います。

ただし「これだけは使わないほうがいい!」というアイテムも存在します。それは「除光液」です。

女性にはおなじみですが、男性にはピンとこない方もいると思うので簡単に説明しますと、マニキュアを落とす時に使用するアイテムで、水に溶けない物質を溶かすことができるアセトンなどが入っています。

この除光液を含ませた布などでピカピカにカードを磨こう…と思うのはやめてください!

クレジットカードには「署名欄」といって自分の名前を記入する部分があるのはご存知だと思います。ポイントとなるのはこの署名欄の背景の部分。

多くのカードの署名欄には模様が描かれていますよね。ボールペンでも書きやすいように処理してあるのかな、なんて思っちゃいますが(笑)、実はセキュリティの役割も果たしているんです。

この背景の部分、アセトンを含んだもので拭けば簡単に落ちてしまいます。

落ちてもまた名前書けばいいだけでは?…と思ったかもしれません。ダメなんです。署名欄がなくなってしまうとそのカードは「無効」となるんです。

ほとんどのクレジットカードでは署名欄を拭き取ると「VOID」や「無効」といった文字が出てきます。

これは知らない間に署名欄の名前を書き換えて、クレジットカードが不正利用されないように備わっているものなのですが、キレイにしようと思ってうっかり拭いても利用不可になっちゃうんです。

利用不可になったらカード会社に連絡をして再発行してもらうしかありません。

また、当然ながら署名ナシのクレジットカードや署名の書き直しも実はNG。書き損じてしまった場合も再発行が必要になりますので注意しましょう。

下記の裏署名について解説した記事をお読み頂ければ、より理解が深まる為、あわせてお読み頂くことをおすすめします。


クレジットカードをきれいに保つには、こまめに柔らかい布などで拭くことをオススメします。

ただし、除光液など油性の汚れを落とせるもので署名欄を拭くことだけは避けてくださいね。

汚れでクレジットカードが使えなくなった時の対処法!再発行が可能

頑張ってカードの汚れを落としていても、少しずつ劣化はしていってしまうもの。丁寧に取り扱っているつもりでも、よく見ると意外と汚れていたなんてことがあるかもしれません。

あるいは、いざカードのクリーニングをしようと思ったらもう取り返しがつかないところまで来ていた…なんてこともあるかもしれませんね。そんな、「汚れて使えなくなってしまったカード」が手元にある場合はどうすればいいのでしょうか?

一番早いのは「再発行」してもらうこと

汚れによってICチップなどの磁気が読み取れなくなってしまったら、そのカードは実質使うことが出来ません。

インターネット通販などの支払いなどは可能なので、カード自体は汚れていても全く使いみちがなくなってしまうわけではありませんが、出先の買い物で使えないとなるとかなりの不便ですよね。普段よく使うカードであればなおさらです。

なので、使っているクレジットカードが汚れによって利用できなくなった場合は、カード会社に連絡をして「再発行」をしてもらいましょう。

再発行はデスクに連絡するだけ!ネット上からできるところも

基本的にクレジットカードの再発行はサポートデスクやサポートセンターに電話などで連絡を入れる、ネット上の会員ページから再発行を依頼するなど様々な方法があります。

銀行のキャッシュカードとクレジット機能が一体化しているタイプであれば、銀行の店舗にて再発行の手続きをしてもらうことも可能です。

JCBや三井住友VISAカードといった大手はサポートデスクで、楽天カードといったネット上で管理するカードについてはネット上でやるのがスムーズかと思います。

再発行に手数料は必要?新しいカードはどれくらいで着く?

さて、カードの再発行を申し込むのはいいものの

  • 再発行してから手元にくるまでどれくらいの時間がかかる?
  • 再発行をする際に手数料は必要になる?

といった疑問が出てくると思います。その答えを表にまとめてみました。大手のカード会社の場合、またカードごとに手数料など違うこともあるので詳しくはサポートデスクへの問い合わせが確実かと思われます。

カード・会社 再発行手数料 届くまでの期間
ライフカード 1,000円(税別) 1週間~10日間
JCBカード 1,000円(税別) 1週間~10日間
Yahoo! JAPAN カード 無料 1週間~10日間
楽天カード 無料 1週間~10日間
セブンカードプラス 1,000円(税別) 1週間~10日間
ファミマTカードカード 750円(税別) 2週間~3週間
出光カード 紛失等利用者都合による
再発行は500円(税別)
※磁気不良などによる再発行は無料
1週間~10日間

カード会社によって大きく違うので、しつこいようですが詳しくはお問い合わせを。

再発行したらクレジットカードの番号は変わる?

まだまだある再発行のギモン。次は「再発行したら番号は変わるのか?という点についてお話します。

汚れや磁気不良による再発行の場合、盗難や紛失とは違いますのでカードの番号自体は基本的に変わることはありません。

ただし、カード裏面に記載されているセキュリティコードは変更されていることが多いようです。

カード・会社によってはセキュリティコードも一緒のまま…ということもあるようですが、基本は変わると思っておけばいいかと思います。

手元にあるカードはどうすればいいの?

新しいカードが来たら要らなくなってしまう、手元にある汚れたカード。こちらもカード会社によって扱いは違うのですが

  • カード破棄の処理をした上でカード会社に返送する
  • 手元で破棄の処理をする

の2パターンのようです。どちらも共通しているのは「破棄処理」をすること。破棄…というとちょっと大変なのかな?と思うかもしれませんが非常に簡単、クレジットカードにハサミを入れるだけです。

とはいえハサミを入れるといってもどうすれば…?という方もいると思いますので説明しますと、クレジットカードのキモの部分

  • ICチップ
  • 磁気ストライプ

この部分が切れるようにハサミを入れることをおすすめします。

新しいカードになったなら古いカードは使えないしそのままでもいいのでは?と思いますが、このような古いカードでも利用できるようにする方法があるらしく、犯罪に巻き込まれる可能性があるとか。トラブル回避のためにも、ざっくり切っちゃいましょう。
再発行の事由には主に紛失盗難と破損・汚損がありますが、事由によって手数料の有無が変わることがあります。

不正利用の場合はおおむね無料ですが、汚れや紛失による再発行は手数料がかかることがありますのでご注意ください。

再発行が待てない方のために即日発行可能なカードをご紹介

前章でお伝えしたように、汚れなどによってカードを再発行すると、手元に届くまでに早くても1週間ほどかかってしまいます。その間はカードが使えないため、不便を強いられることになります。

そんなに待てないという場合、即日発行できるクレジットカードを新たに作るというのもひとつの手です。それなら、すぐにカードでお買い物が可能になります。

そこで、最短即日発行に対応しているクレジットカードを2枚ご紹介しておきます。

ポイントが貯まりやすい「三井住友カード」は即時発行可能

三井住友カードなら、申し込みから最短5分で審査が完了する「即時発行」に対応しています。審査が済んだら、電話認証と会員サイト登録を経た後すぐに会員サイトにカード番号が表示されます。

ですから、あっという間にオンラインショッピングなどにカードを使うことができるようになります。

カード本体は、翌営業日の発行処理後、配送されてきますので、実店舗では即日利用というわけにいきませんが、それでも再発行よりは短い待ち時間で済みます。

最短即時発行は、満20歳以上の方からの9:00~19:30までの申し込みが対象なので、すぐ使いたい方はこの時間内に申し込むようにしてくださいね。

そんな三井住友カードは、ポイントの貯まりやすさも魅力です。基本還元率は0.5%ですが、大手コンビニ3社とマクドナルドではいつでもポイント5倍、対象となるお店の中からお好きなところを登録すると常時2倍など、ポイントアップ特典が充実しています。

三井住友カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 三井住友カード
年会費 初年度無料、2年目以降1,250円(税別)※
スペック ・基本還元率0.5%
・マクドナルド、コンビニ3社でいつでも5倍
・選んだ3店でいつでも2倍
・ポイントUPモール経由のネットショッピングで最大20倍
・「ココイコ!」利用でポイントアップまたはキャッシュバック
・年間最高100万円のショッピング補償
(海外利用および国内でのリボ・3回以上の分割払いが対象)
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険
・国内・海外ツアー最大5%OFF
・空港宅配サービス15%OFF
・手荷物預かりサービス15%OFF
・海外レンタカー割引 等

※WEB明細の利用で500円(税別)割引、マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ手数料支払いで無料

セゾンカードインターナショナルならETCカードも即時発行可能

セゾンカードインターナショナルなら、WEBで申し込んでセゾンカウンター受け取りにすれば、申し込んだその日にカードを受け取ってそのまま利用することができます。しかも、ETCカードまで即日受け取り可能です。

セゾンカードインターナショナルの年会費は永年無料で、カード利用で貯まるポイントは無期限なので、コスト0のままじっくり貯めることができる使い勝手の良いカードです。

飲食店やレジャー施設、ホテル等で使える優待も豊富なので、お出かけが好きな方にもオススメですよ。

セゾンカードインターナショナル

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 セゾンカードインターナショナル
年会費 無料
スペック ・基本還元率0.5%
・セゾンポイントモール経由のネットショッピングで最大30倍
・全国の西友・リヴィンで毎月第1・第3土曜日5%OFF
・月額300円からの「Super Value Plus」追加可能
・レジャー施設や飲食店等での優待多数 等
1週間待たなくても、即日発行可能なカードを申し込めばすぐカード払いができて便利ですね。

その場合、何か気を付けるべき点はありますか?

再発行までの間に合わせで使うだけなら、何もしなくていいですよ。

今後メインカードにしたいなら、公共料金などの引き落とし先などにカード変更の連絡をする必要がありますね。

クレジットカードを汚さないために!今日からできる予防法

クレジットカードをキレイにしても、また放っておくとすぐに汚れてしまう可能性がとても高いです。そう、クレジットカードを汚さないように工夫をすることも必要なんです。

カードを長持ちさせるためにも、汚れを防止する方法を知っておくことは必須と言えます。すぐにできることからちょっと手間がかかるものまで、カードの汚れ対策をご紹介します。

財布をキレイにする・内側が布製の財布を選ぶ

先ほどクレジットカードが汚れてしまう原因としてご紹介しました、「革財布での色移り」。これはカード入れの部分の裏地も革である場合どうしても起こりやすいんです。

なので、カード入れの内側が布になっているような財布を選べばクレジットカードの汚れを極力減らすことが出来ます。

とはいえ、布素材であれば掃除は不要!というわけではありません。財布自体もきちんと手入れをしてあげないと内側の汚れがカードに付着してしまうため、カードとあわせて財布のメンテナンスも必要です。

必要最低限のものだけ財布にいれてカードケースを併用

多くの人は「基本的にカード払いの時にはこのカードを使う」と決めていると思います。ポイントなどの関係でカードを使い分けている、という方でも2~3種類くらいにとどまるのではないでしょうか。

そうなると、銀行などのキャッシュカードやポイントカードと合わせても「よく使うカード」は6枚~8枚の間には収まるはず。思い切ってそれ以外のカードは別途カードケースに入れておくのはどうでしょうか。

カードケースといってもレザー製、アルミ製などなど非常に種類が多いですが、汚れという観点から考えると、ビニールなどで仕切られた大容量サイズのものに1枚ずつ入れておくのがベストでしょう。

ただ、「わざわざカードケースを持っていくのは面倒」「財布にどうしても入れておきたい!」という方もいると思います。そのような方はクリアなビニールのカードケースやカードが入る大きさのフィルムに入れた上で財布に入れておくのがいいでしょう。

多少かさばってはしまいますが、これなら重なっても汚れにくく、フィルムが汚れたら替えればいいだけなのでお手入れという面でもラクですね。

力技!?カードに直接加工して保護

ちょっと力技では!?と思える保護方法もあります。それは、クレジットカードにフッ素コートをしてしまうもの。

最近ではスマホの画面をフッ素コートするのも流行っていますよね。実際、安価でスプレータイプのフッ素コート剤を購入することが可能です。

ただフッ素コートをしたからといって汚れないわけではありませんし、大丈夫とは思いますが万が一読み取りが悪くなってしまうかもしれませんので自己責任でお願いします。

また、磁気不良防止策として磁気ストライプ部分でセロハンテープを貼って保護をしている方も。

これはきちんとした理由があり、クレジットカードを長く使用しているとどうしても経年劣化が起こります。その中で、うまく磁気が読み取れなくなり「磁気不良」を起こしてしまうことがあります。

そんなカードでもセロハンテープを貼ると読み取り時のノイズが軽減されてきちんと読み取れるようになる場合があるんです。

クレジットカード自体の保護とはちょっと違うかもしれませんが、カードを長持ちさせるという点では有効な手段ではないでしょうか。

ただし、傷は諦めなければいけないことも…

できるだけキレイにクレジットカードを保管していても、どうしても避けられないものがあります。それが「傷」です。

クレジットカードを決済する際に読取機にカードを通すことになりますが、その際どうしても読み取り部分に筋のような傷が入ってしまうんですね。これは使っている限り避けられない傷といってもいいでしょう。

回避方法は「読取機に通さない(通すような使い方をしない)」だけなのであまり現実的ではありません。こればかりは仕方ない、と腹をくくるしかない部分ですね。

カードが触れる財布の内側もきれいにしておくことで、カードを美しく保つことができます。

何度も出し入れすると汚れやすくなるので、コード決済にカードを登録してスマホで利用するのもオススメですよ。

日頃のケアでカードのキレイが長持ちする!トラブル防止にも有効

日頃からクレジットカードの汚れをクリーニングしてあげれば、それだけでICチップや磁気ストライプが長持ちしますし、使っていても気持ちがいいですね。

もちろん気にせず使ってボロボロになってきたら再発行してもらう、というのも方法のひとつですが、よく使うものだからこそ愛着を持って大切にしていきたいな、と個人的には思います。

カードを大切に扱うことで、店頭でいきなり使えなくなった!というまさかのトラブル防止にも役立ちます。布でサラリと拭くだけでもいいのでやってみてはいかがでしょうか?

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断