dカード

年1回の利用で年会費無料!
ローソン5%高島屋3%還元dカード

dカードなら誰もがお得!使いやすい共通ポイントがよく貯まる

dカードなら誰もがお得!使いやすい共通ポイントがよく貯まる

あなたもdカードでポイントを貯めてみませんか?dカードはドコモユーザーでなくても、どなたでも申込めるんですよ。

ポイントも身近なコンビニやファストフード店などで貯めたり使ったりできますし、しかも特約店なら還元率は2.0%以上。

dカードは、ドコモユーザー以外の方にも大変おトクなクレジットカードです。今回はこのdカードの使い方を、一からわかりやすくご説明します。

キラキラd-cardの写真d-cardの公式はこちら

dカードの魅力!どなたでもポイントがよく貯まって使いやすい

  • ドコモユーザーでなくても申込める
  • 年会費初年度無料!年一度でも利用すれば次年度も無料
  • どこでも還元率1.0%で共通ポイントが貯まる
  • 電子マネーiD搭載で使いやすい
  • ローソンで還元率5%
  • dポイントクラブの様々な優待が利用可能
  • お買物あんしん保険やケータイ補償も付帯

dカードは、どなたも身近な生活の中でメリットを味わえるクレジットカードです。

様々なシーンで使いやすい共通ポイントがドンドン貯まりますが、一部のお店ではさらなる高還元に。これからその内容を詳しくご説明しましょう。

dカードは実質年会費無料で、使い勝手の良い共通ポイント「dポイント」をしっかり稼げます。

ドコモユーザー以外の方にも是非おすすめしたい1枚です。

dカードは実質年会費無料&基本還元率1.0%でコスパ最高

dカードはドコモのクレジットカードですが、他社の携帯電話をご利用の方でも問題なく申し込めますのでご安心ください。

このカードで貯まるのは、汎用性の高い共通ポイント「dポイント」なので、コンビニなど身近なお店でポイントを貯めたり使ったりできます。

しかも一部特約店では他にはない高還元率に。このカードなら、どなたも毎日の生活の中で自然にポイントを稼げます。

dカードの年会費は実質無料

気になるコストですが、dカードには一応年会費が設定されているものの、実質無料と変わりません。というのも、以下のように誰でもクリアできる免除条件があるからです。

dカードの年会費

  • 1,250円(税別)
  • 初年度は無料
  • 2年目以降は前年度1回でもカードを使えば無料

年に一度でも使うなら、dカードは何年使い続けたって年会費が一円もかかりません。

基本還元率が1.0%と高い

還元率1%説明画像

dカードの基本還元率は1.0%ですから、コスト0円でもじゅうぶん高還元なクレジットカードなのです。

光熱費や家賃など毎月の支払いに使っても1.0%、街のお店やレストランで使っても必ず1.0%分のdポイントがあなたのお財布に戻ってきます。

電子マネーiD搭載で便利、1.0%還元でお得

でも小さな買物には、クレジットカードってちょっと使いにくいですよね。少額利用はダメなんていうルールは存在しないのですが、コンビニのレジではつい現金を出してしまうという方も多いのでは?

でもこれからは電子マネーを是非ご利用ください。dカードには、便利な電子マネーiD(アイディ)が標準搭載されています。

電子マネーiD説明画像

電子マネーならリーダーにかざすだけ。数百円程度の買い物にも気軽に使えます。もちろんiD利用分もちゃんと1.0%分のポイントがつきますよ。しかも、事前のチャージは不要です。

このようにdカードはポイントがよく貯まるだけでなく、電子マネーiDのおかげでポイントの取りこぼしが少ないのです。

でも一部のお店では、もっと多くのdポイントを獲得できますよ。次はより効率的なポイントの貯め方をご紹介しましょう。

dカードはドコモのカードだから、ドコモユーザーじゃないと使えないと思ってましたが、そうじゃないんですか?
dカードは誰でも申し込めます。

dポイントは一般のお店でも貯めたり使ったりできますよ。また、iD搭載で少額決済でも使いやすく、どなたにもおすすめです。

dポイントが貯まるお店は全国に多数!ローソンや高島屋で高還元

dカードの本当の実力は、加盟店や特約店での還元率が極めて高いことです。特定のお店を選んでカードを使えば、自然とこれまで以上のポイントが貯まってくれます。ここからは、よりお得なdカードによるポイントの貯め方を見ていきましょう。

加盟店ならカードの提示でdポイントが貯まる

カードの提示によってdポイントが貯まる加盟店は、全国に実にたくさんあります。一例をあげると、以下のようなお店があります。

  • マクドナルド:100円(税別)で1ポイント
  • ローソン:100円(税別)で1ポイント
  • 高島屋:100円(税別)で1ポイント
  • 梅の花:100円(税別)で1ポイント
  • マツモトキヨシ:100円(税別)で1ポイント
  • ジョーシン:200円(税別)で1ポイント

これらのお店ではカードを提示するだけでポイントが貯まります。従って現金払い、また別のクレジットカードで決済しても提示ポイントは獲得できますよ。

【クレジット決済でポイント上乗せ】の特約店

次にdカード特約店をご紹介しましょう。特約店ではカード提示ではなく、決済することでポイントがつきます。決済方法はカードと電子マネーiDの2通りで、特約店によってルールや付与率が異なります。

特約店説明画像

以下はdカードで「クレジット決済」した際に、ショップポイントの上乗せがある特約店です。

  • ドコモオンラインショップ:100円で1ポイント
  • ショップジャパン:100円で1ポイント
  • JAL、JALパック100円で1ポイント
  • 髙島屋:100円で1ポイント
  • 伊勢丹:100円で1ポイント
  • 三越:100円で1ポイント
  • JTB:100円で2ポイント
  • ドトール バリューカード:100円で3ポイント
  • スターバックス カード:100円で3ポイント
  • dカード ポイントUPモール:1.5~10.5倍

dカードの基本還元率は1.0%ですので、これらのお店でクレジット決済すれば、合算で必ず2.0%以上還元されることになります。

【クレジット決済・iD決済でポイント上乗せ】の特約店

次にご紹介するのは、クレジット決済と電子マネーiD決済のどちらもポイント上乗せがあるお店です。

  • 第一園芸:100円で1ポイント
  • 東京無線タクシー:100円で1ポイント
  • ルートインホテルズ:100円で1ポイント
  • 紳士服のコナカ:100円で2ポイント
  • 紳士服のフタタ:100円で2ポイント
  • マツモトキヨシ:100円で2ポイント
  • 伊達の牛たん:100円で2ポイント
  • ENEOS:200円(税込)で1ポイント(2019年7月1日~)

以下ルートインホテルズでの利用例を見て頂ければわかりますが、クレジット決済と電子マネーiD決済両方でポイントが上乗せされ、獲得できるポイント数も全く同じ。どちらでもお好きな方法でお支払いください。

【ルートインホテルズ】

  • クレジット決済:100円(税込)で1ポイント上乗せ+標準還元1.0%=2.0%
  • iD決済:100円(税込)で1ポイント上乗せ+標準還元1.0%=2.0%

【iD決済でポイント上乗せ】の特約店

次は電子マネーiDで支払った場合のみ、ポイントの上乗せがある特約店です。

  • タワーレコード:100円で1ポイント
  • 紀伊國屋書店:100円で1ポイント
  • 洋服の青山:100円で1ポイント
  • THE SUIT COMPANY:100円で1ポイント
  • ビッグエコー:100円で2ポイント
  • ジェイアンドジェイグループ:100円で3ポイント
  • オリックスレンタカー:100円で3ポイント

先にご説明した通り、電子マネーiD利用時には必ず基本還元の1.0%がつくので、これらのお店でiDを使うと必ず2.0%以上還元となります。

これらのお店で気をつけたいのは、うっかり「クレジットカード一回払い」にしないことです。

例えばオリックスレンタカーの場合、dカード提示で100円につき2ポイント貯まる特典に加えて、iDで支払えば3.0%上乗せ&基本還元1.0%で合計還元率6.0%にもなりますが、カード決済すると3.0%しか還元されません。

【オリックスレンタカー】

  • クレジット決済:dカード提示で2.0%+基本還元1.0%=3.0%
  • iD決済:100円で3ポイント上乗せ+dカード提示で2.0%+基本還元1.0%=6.0%

ローソンで還元率5.0%

dカードローソン利用時の割引内容説明画像

dカードをローソンで利用した際の還元率説明画像

  • dカード提示で1.0%還元
  • dカード決済で1.0%還元
  • カード請求時に3.0%割引
  • →合計5.0%還元

ローソンを利用するなら、dカードが一番お得ですね。但し以下の商品は割引対象外ですのでご注意くださいね。

【 3%割引対象外商品(一部) 】

  • Edyチャージ、交通系マネーチャージ
  • ローソンチケット
  • 収納代行
  • 新聞、雑誌、書籍、タバコ
  • ゆうパック その他

高島屋なら還元率3.0%

高島屋でのdカード還元率説明画像

先ほど、オリックスレンタカーでiD決済すればかなりお得であることをご紹介しましたが、高島屋では提示ポイントも併せると、クレジット決済でも合計還元率3.0%になります。

【 髙島屋 】

  • クレジット決済:100円で1ポイント上乗せ+基本還元1.0%=2.0%
  • カード提示:100円で1ポイント上乗せ=1.0%
  • 合計3.0%

マクドナルドで還元率2.0%

マクドナルドでのdカード利用還元率説明画像

マクドナルドはdカードの加盟店です。したがって、カード提示で1.0%+決済で1.0%の合計2.0%のポイントが貯まってお得です。

【 マクドナルド 】

  • クレジット決済:100円で1ポイント=1.0%
  • カード提示:100円で1ポイント上乗せ=1.0%
  • 合計2.0%

マツモトキヨシで4.0%還元&マツキヨポイントも同時に貯まる

マツモトキヨシでのdカード利用時還元率説明画像
マツモトキヨシグループでは、カード提示1.0%+決済で1.0%+特約店ポイント2.0%の合計4.0%のポイントに加え、マツキヨポイントまで貯まります。

【 マツモトキヨシ 】

  • クレジット決済:100円で1ポイント=1.0%
  • カード提示:100円で1ポイント上乗せ=1.0%
  • 特約店ポイント:100円で2ポイント上乗せ=2.0%
  • 合計4.0%
  • プラス100円につき1ポイント(1.0%)のマツキヨポイントも貯まる

マツキヨポイントは100円につき1ポイント貯まります。200ポイント貯まれば200円分値引きして貰えますから、1ポイント1円分の価値がありますよ。dポイントもマツキヨポイントもダブルで獲得できるのが嬉しいですね。

注意!iD利用を伝えないとポイントを取り損なうことも

オリックスレンタカーでの利用例でも触れましたが、「iD利用時のみポイント上乗せのある特約店」では、支払い時に「iD決済」をはっきり伝えることが大切です。

何故ならdカードはiD一体型ですから、ただカードを出すだけではiD決済なのかカード決済なのか区別がつかないからです。

一度決済処理すると取り消しがききませんので、「iD利用でポイント上乗せされる特約店」ではiD決済の宣言を忘れないようにしましょう。

なお特約店の種類は今後も増えていきますので、dカード会員になったら時々公式サイトで対象店のチェックも忘れないようにしてくださいね。

dカードなら、加盟店や特約店でdポイントがドンドン貯まります。

クレジット決済・iD決済のどちらでポイント上乗せがあるのか、事前に下調べしておくといいですよ。

dポイントクラブにはクーポンやステージ制度などお得がいっぱい

ここまでご紹介してきたdポイントを総括するのが、dポイントクラブです。これは、ドコモ会員でなくてもdポイントカードやdカードを持つことによって誰でも入会できますし、年会費も無料のお得なポイントプログラムのことです。

dポイントクラブ説明画像

dポイントクラブステージによって優待内容がかわる

ドコモ回線を利用している契約年数もしくは、半年間の累計dポイント獲得数のどちらかで下記のようにステージが決まります。ステージが上がれば上がるほど、充実した優待が利用頂けますよ。

ステージ ステージ判定内容
プラチナ dポイント獲得数6カ月累計10,000pt以上
もしくはドコモ回線15年以上継続利用
4th dポイント獲得数6カ月累計3,000pt以上
もしくはドコモ回線10年以上継続利用
3rd dポイント獲得数6カ月累計1,800pt以上
もしくはドコモ回線8年以上継続利用
2nd dポイント獲得数6カ月累計600pt以上
もしくはドコモ回線4年以上継続利用
1st dポイント獲得数6カ月累計600pt未満
もしくはドコモ回線継続4年未満

ステージの適用は毎月更新

ステージの適用については、毎月更新されます。ここではdポイント獲得に関するステージ判定についてご案内いたしますね。

ステージ判定期間 ステージの適用期間
(毎月)
10月~3月(半年) 5月
11月~4月(半年) 6月
12月~5月(半年) 7月

このように、前々月までの半年間で獲得したdポイント数に応じて、ステージが決まります。

一方、ドコモ回線継続によるステージは、毎月末に判定されます。ドコモ回線継続によるステージかdポイント獲得によるステージ、いずれか上位のステージが優先されますよ。

注意点としては、ステージ判定対象となるdポイントは、dカード決済で貯まったポイントや街やネットで貯めたdポイントが対象となります。

キャンペーンやアンケート、歩いて貯めたりポイント交換などで貯めたりしたポイントは、ステージ判定対象外となります。

全ステージ共通優待のdポイントクラブクーポン

それでは、ここから各ステージでどんな優待が受けられるのかご紹介していきます。まずは、全ステージ共通の優待から見ていきましょう。

dポイントクラブ会員なら全員利用できるdポイントクーポンは、ファストフード店、レストラン、映画など様々な店舗を優待価格で楽しめるお得なクーポンです。クーポン内容を一部抜粋してご紹介しておきますね。

dポイントクラブクーポン

  • イオンシネマ:300円割引
  • ビックエコー:室料30%OFF(1ドリンクオーダー)
  • サンルートプラザ東京:会員限定プランで宿泊&レストラン20%OFF
  • 梅の花(レストラン):平日夜飲食代4,000円以上で1,000円OFF
  • 月の雫:飲食代10%OFF
  • 甘太郎:飲食代10%OFF
  • ガスト・バーミヤン・ジョナサン:特典商品優待クーポン
  • タワーレコード:5,000円以上で200円OFF
  • 洋服の青山:レディーススーツ20%OFF、メンズスーツ39,000円(税抜)以上の商品半額

2ndステージ以上ならドコモユーザー向け特典が充実

また、2ndステージ以上の共通優待として「ずっとドコモ割プラス」という優待が利用できます。「ずっとドコモ割プラス」はドコモユーザーの方対象の優待で、ドコモ料金の割引かdポイントの進呈、どちらかを選ぶことが可能です。

特典 内容
毎月おトク! ポイント進呈または料金割引いずれかを選択
【プランによって下記の範囲で毎月ポイント進呈】
・2ndステージ:120ポイント~1,200ポイント進呈
・3rdステージ:240ポイント~1,440ポイント進呈
・4thステージ:720ポイント~2,160ポイント進呈
・プラチナステージ:240ポイント~3,000ポイント進呈
【プランによって下記の範囲で毎月料金割引】
・2ndステージ:100円~1,000円割引
・3rdステージ:200円~1,200円割引
・4thステージ:600円~1,800円割引
・プラチナステージ:200円~2,500円割引
2年でおトク! 全ステージ共通で、ずっとドコモ割コース(2年定期契約)
更新のたびに3,000ポイントプレゼント
dポイント進呈 ドコモのケータイおよび「ドコモ光」の
利用金額1,000円につき10ポイント

ステージ4th以上の方はスペシャルクーポンが利用できる

ステージ4th以上の方なら、更に充実した優待が利用頂けますよ。その一部をご紹介しておきますね。

  • イオンシネマ:毎週火曜日700円OFF
  • サンシャイン水族館:500円OFF
  • スパリゾートハワイアンズ入場券:大人1,000円OFF

また、プラチナステージまでいくと、先にご案内した全ての優待が利用できる上に、JALの旅行券(3万円分)や商品券(3万円分)、温泉旅館やホテルレストランランチなどが抽選であたります。

プラチナステージ優待内容説明画像

スーパー還元プログラムで最大+7%

スーパー還元プログラム説明画像

今なら「スーパー還元プログラム」キャンペーンにより、さらに効率よくdポイントを貯めることが可能になっています。

スーパー還元プログラムとは、d払いかdカードのiD決済をするだけで、通常のポイントに加えて最大+7%のポイントが貯まるサービスです。+何倍になるかは、下記の条件によって決められます。

条件 ポイント付与率
当月のdポイントクラブの会員ステージが
プラチナステージであること
+1%
ドコモの利用料金の支払いに前月末時点で
dカードを設定していること
+1%
dマーケット等の月額課金サービスいずれかを
前月末時点で契約していること、
または前月中にいずれかの都度課金サービスのご利用があること
+2%
いちおしパックを前月末時点で契約していること +1%
DAZN for docomoを前月末時点で契約していること +1%
Disney DELUXEを前月末時点で契約していること +1%

スーパー還元プログラム対象のお店は、dポイント加盟店を中心にとてもたくさんあります。

中には、イオン、ユニクロ、はま寿司など、加盟店ではないお店も含まれていますので、これらのお店でiD決済かd払いをすることで、よりお得にお買い物ができます。

スーパー還元プログラムは2020年1月31日までの期間限定ですから、この機会に余すところなくお得にポイントを貯めておきましょう。

海外でも利用できるお得なクーポンも魅力

dポイントクラブのクーポンは海外にも対応しています。以下の国や都市でレストランやショップを優待価格で楽しめるので、dカード会員の方なら海外をお得に楽しむことができますよ。

利用できるクーポンの種類がとても多いので、ここでは一部を抜粋してご紹介しておきますね。

【ハワイ】

・ビルズ ハワイ:11時以降10%OFF
・エッグスン・シングス:デザートプレゼント
・牛角ワイキキ店、カピオラニ店:15%OFF
・Chart House Waikiki:アントレメニュー10%OFF

【グアム】

・バーガーキング:ワッパーコンボラージミール購入でハンバーガー1個無料
・Nana’s Cafe:カクテルプレゼント
・カリフォルニアピザキッチン:10%OFF
・Sea Grill Restaurant:アイスサービス

【サイパン】

・Capricciosa:アイスクリーム1つ無料
・TONY ROMA’S:全員にアイスクリーム1つ無料
・Hard Rock Cafe:10%OFF
・Hyatt Regency Saipan:10%OFF

【香港】

・奇華餅家:10%OFF
・鳳凰茶苑:お菓子プレゼント&茶葉購入で10%OFF
・糖朝:エビワンタンとマンゴープリン30%OFF
・福茗堂茶荘:10%OFF

このようにdカードがあれば、海外旅行もお得に楽しむことができますよ。

dポイントはハワイやグアムなど海外でも使えて貯まる

ハワイでポイント使って貯まる

dポイントは、海外でも対応しています。下記地域のdポイント加盟店でカードを提示するだけで、ポイントを貯める事ができます。

国・地域 加盟店
ハワイ
(1ドルまたは2ドルで1ポイント)
・DFS ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港店
・Eggs’ n Things各店
・ALOHA TABLE 等
グアム
(1ドルまたは2ドルで1ポイント)
・Tギャラリア グアム by DFS
・シュガークッキー ザ・プラザ店
・フィッシュアイマリンパーク 等
ニューヨーク
(1ドル1ポイント)
・COLTONS NEWYORK
・H.I.S. ニューヨーク支店
韓国
(L.POINT→1dポイント)
・セブンイレブン
・ロッテデパート
・ロッテリア 等
台湾
(HAPPY GOポイント→1dポイント)
・鼎泰豐
・春水堂 等

加盟店によっては貯めるだけでなく、1ポイント=1セントとして使うことができるところもあります。ハワイやグアム、ニューヨークに旅行に出かける際に、きっと役立ってくれることでしょう。

また、韓国と台湾では、それぞれの国のポイントをdポイントと相互交換することができます。

L.POINT やHAPPY GOポイントは、dポイントクラブのアプリから貯めることができますが、それぞれのポイントに対して登録が必要ですのでご注意ください。日本で交換しておけば、韓国や台湾の加盟店で支払いに使うこともできますよ。

dカードは利用携帯とは関係なくどなたにもお得なクレジットカードですが、ドコモユーザーにはドコモ利用料金割引かdポイントが付与されるという、更なるメリットがありますよ。

保険やトラベルサービスも付帯するからdカードは安心して使える

次にdカードの付帯保険やサービスをご紹介しましょう。

といっても、このカードには旅行保険はついていません。付帯するのは、ショッピング保険とケータイ補償、紛失盗難補償の3種類です。

お買物あんしん保険は国内ならリボか分割払いが対象

以下がdカードのお買物あんしん保険の補償内容です。

項目 内容
補償額 年間100万円
補償期間 90日以内
補償対象 国内:リボ払いもしくは3回以上の分割払い
海外:全ての支払い
国内購入については、一回払いだと保険適用されないことにご注意ください。海外旅行先でお土産を買う時には一回払いでも保険適用されますが、国内でのお買物についてはリボか3回以上の分割払いが条件です。

dカードケータイ補償は最大10,000円

こちらはドコモユーザー限定ですが、dカードにはスマホなどの破損に対する補償もついています。

項目 内容
補償額 最大10,000円
補償期間 携帯電話端末を購入後1年

この補償は、持ち主の故意や災害による破損は適用外ですのでご注意ください。なお上位カードのdカードゴールドだと、この補償額が一気に10倍の10万円になります。こちらも是非ご検討くださいね。

盗難・紛失による不正利用も全額補償

さらに、不正利用に関する補償もついています。dカードの紛失・盗難によって不正利用されてしまった場合、その損害が全額補償されます。

届け出日の90日前から無期限で補償されますが、不正利用されたことを知った日から30日以内に届け出る必要があります。利用明細はきちんと確認して、身に覚えのない請求があったらすぐに、カード会社に連絡するようにしましょう。

海外緊急サービスも利用できる

海外でカードの紛失・盗難に遭ってしまったら、緊急カードを発行することができます。24時間・年中無休で受け付けてくれるので、いざという時助かります。とはいえ、緊急カードの発行には10,000円(税別)がかかります。

また、緊急(キャッシュ)サービスによって、1,000米ドル相当額以内の現金を現地に届けてもらうことも可能です。ただし、こちらもキャッシングとしての利息がかかりますのでご注意ください。

日本語デスク&レンタカー優待も

さらに海外で使える特典として、下記の2種類が用意されています。

サービス 内容
VJデスク
(日本語対応)
・インフォメーションサービス:現地の情報提供
・リザベーションサービス:レストラン・各種チケットの手配
・アシスタンスサービス:ガイド・通訳の手配など
・エマージェンシーサービス:パスポートやカード紛失時の対応
レンタカー優待 ハーツレンタカー:格安料金からさらに10%OFF

dカードなら、海外旅行の際もきっと活躍してくれますね。

dカードに旅行保険はついていませんが、海外でも国内でも使えるお買物保険がありますし、金額は低いですがケータイ補償が付帯します。

不正利用補償も付いていますから、日常使いのカードとしては問題ないでしょう。

dカードの基本情報

dカード

公式サイトはコチラ

以下にdカードの基本情報をまとめましたのでご覧ください。dカードは、本カードだけでなくETCカードも家族カードも年に一度でも使えば無料になりますよ。

項目 内容
カード名称 dカード
年会費 初年度無料、2年目以降1,250円(※1)
国際ブランド Master card、Visa
家族カード 初年度無料、2年目以降400円(※1)
ETCカード 初年度無料、2年目以降500円(※1)
電子マネー ・カード一体型iD
・おサイフケータイ(iD)
・Apple Pay
dポイント ・基本還元率1.0%
・オリックスレンタカーで最大6.0%、ローソンで5.0%、
マツモトキヨシで4.0%&1.0%のマツキヨポイントなど
特約店で+1.0%以上
・スーパー還元プログラムで最大+7%
旅行傷害保険 国内:-
海外:-
その他付帯保険 ・dカードケータイ補償(購入後1年間、最大10,000円)
・お買物あんしん保険(年間100万円まで)
・不正利用補償
その他特典 ・最大6,000円相当の新規入会特典
・dポイントクラブのステージに応じてクーポン、
ポイント進呈or割引などの優待
・海外緊急サービス
・日本語による海外デスク
・ハーツレンタカー10%OFF

(※1)前年度利用が一度でもあれば2年目以降も無料

dカードなら使いやすい共通ポイントがざくざく貯まります

dカードは、加盟店で利用すればdポイントがドンドン貯まります。年会費は実質無料ですし、入会して決して損のないカードです。

ローソンならdカードで決済すれば常に5.0%、高島屋なら3.0%還元です。

なお特約店などポイントアップするお店では、決済方法によって付与率が異なる場合もあるので、iD決済・クレジット決済を間違わないよう気をつけてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断