dポイントの効率的な貯め方とお得な使い方

dポイントの効率的な貯め方とお得な使い方

共通ポイントのひとつである、ドコモの「dポイント」。dポイントは加盟店でのポイントカード提示や、dカードの利用で貯めることができます。実はそれ以外にも、dポイントの効率良く貯める方法があります。

貯めたdポイントは、加盟店やdマーケットなどでのお買い物でも利用可能。マイレージやPontaポイントに交換したり、携帯代金の支払いや投資に利用したりもできるんですよ。

この記事では、dポイントの貯め方と使い方を詳しく紹介していきます。

dポイントとは100円で1ポイント貯まるポイントシステム

dポイントは、Tポイントや楽天ポイント同様、共通ポイントのひとつです。以前は「ドコモポイント」という名称の、ドコモユーザー向けポイントシステムでしたが、2015年12月に共通ポイント「dポイント」として生まれ変わりました。

加盟店でのポイントカード提示で、100円(税抜)のお買い物につき、1ポイントが貯まるdポイント。貯まったポイントは1ポイント1円で利用可能です。

ポイントカードのタイプは次の3種類。

  • プラスチックカード(ドコモ、ローソンなどで配布)
  • スマートフォンアプリ(モバイルdポイントカード)
  • クレジットカード一体型(dカード)
dポイントカードは複数持ちも可能です。特にdポイントカードもしくはクレジットカード一体型のdカードとは別に、モバイルdポイントカードを登録しておくと便利ですよ。

dポイントを貯める6つの方法を紹介

dポイントの貯め方は主に次の6つです。

  • 1、dポイント加盟店でポイントカードを提示する
  • 2、dカード(クレジットカード)を利用する
  • 3、ドコモの決済サービス「d払い」を利用する
  • 4、ドコモのオンラインサービス「dマーケット」を利用する
  • 5、ポイント広場を経由してオンラインサービスを利用する
  • 6、アンケートやアプリなどを利用する

それぞれ詳しく見てみましょう。

1、dポイント加盟店での買い物時にポイントカードを提示する

先ほども紹介しましたが、dポイントの基本的な使い方としては、加盟店での買い物時にdポイントカードを提示する方法です。

ローソンやファミリーマート、マクドナルド、ミスタードーナツ、東急ハンズ、タワーレコード、イオンシネマなど多くのお店が加盟店に。

dポイント対象店舗

日常のショッピングだけでも十分ポイントが貯まります。

2、dカードを利用してポイントを2重取りする

dポイントカード一体型クレジットカード「dカード」を使えば、ポイントの2重取りも可能です。

dカードのポイント還元率は1%で、dカードを利用してショッピングをした場合、100円(税抜)で1ポイント付与されます。

さらにdポイント加盟店でdカードを利用した場合、ポイントカードの提示で貰える通常のポイントと、クレジットカード利用によるポイントの両方が貰えます。

2%ポイントが還元されるのは、かなりお得です。

さらにマツモトキヨシなど「dカード特約店」でのポイント上乗せや、ローソンでの3%割引など、dカードならではの特典も。

dマーケット内の一部のストアでは常に3%のポイント還元しています。また電子マネーiDにも対応しているので、とても便利です。

年会費無料!dポイントも貯まる「dカード」

dカードは年会費無料で利用頂ける上に、基本還元率が1%と高い高還元クレジットカードです。

ローソンで5%。高島屋で3%もの高還元を誇る上に、貯まったポイントは1ポイント1円でdポイント提携店で利用頂けますので、ポイントの使い勝手も抜群ですよ。

dカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 dカード
年会費 2019年9月16日以降新規入会永年無料
2019年9月15日までの入会分は
1,250円(税別)初年度無料
2年目以降は年1度の利用で無料
2019年11月11日以降請求予定分は無料
スペック ・電子マネーiD搭載
・年間最高100万円のお買い物安心保険付帯
・購入後1年間最大1万円のdカードケータイ補償
・VJデスク(旅のサポート)

ドコモユーザーの方ならdカード GOLD一択

dカードのなかでも、特におすすめしたいのが「dカード GOLD」。

ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金が10%還元されるなど、手厚い特典が魅力です。ドコモユーザーの方ならこの特典だけで元が取れますよ。

また全国28の空港のラウンジを無料で利用することもできます。

dカード GOLD

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 dカード GOLD
年会費 10,000円
スペック ・電子マネーiD搭載
・GOLD特典が利用可能
・年間最大300万円までのお買い物あんしん保険付帯
・購入後3年間最大10万円のdカードケータイ補償
・最大1億円の海外旅行保険付帯
・最大5,000万円の国内旅行保険付帯

3、ドコモのスマホ決済サービス「d払い」を利用する

ドコモのスマートフォン決済「d払い」を利用したショッピングでも、0.5%のdポイントが貯まります。

d払い説明画像

スマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、ネットショップや実際の店舗でキャッシュレスなショッピングが可能です。d払いでの代金は、VISAまたはMasterCardのクレジットカードで支払います。

dカードを利用すれば、ポイントの多重取りができるのでお得です。

ドコモでケータイ回線を契約している場合は、ドコモ料金と合算して支払うこともできます。

4、ドコモのオンラインサービス「dマーケット」を利用する

ドコモのオンラインサービス「dマーケット」のショッピングやサービスを利用することでポイントを貯めることもできます。

利用できるサービス例は次のとおりです。

サービス名 サービス内容
dショッピング 家電や日用品、食料品などを販売
dデリバリー ピザやお寿司などの出前サービス
dブック コミックや小説などの電子書籍サービス
dfashion 人気ブランドの新作からアウトレットまで幅広く販売
dトラベル 国内宿泊やレジャーチケットを24時間予約可能
dミュージック J-POPや洋楽など幅広く取り扱う音楽配信サービス

このほか雑誌が読み放題の「dマガジン」やリビングサポートの「dリビング」などでもポイントが貯まります。

5、「ポイント広場」を経由してオンラインサービスを利用する

dポイント広場

dポイントの会員サービスであるdポイントクラブの「ポイント広場」を経由してゲームやサービスに参加したり、ショッピングをしたりすることでdポイントを貯めることもできます。

ポイント広場を経由することで、ポイントがもらえるサービス例は次のとおりです。

  • イトーヨーカドーネット通販
  • イオンショップ
  • セブンネット
  • Yahoo!ショッピング
  • THE BODY SHOP
  • GU
  • GAP
  • Hotels.com など

付与率は時期によっても変動し、期間限定で大幅なポイントアップを行っていることもあるので、こまめにチェックしてくださいね。

6、アンケートやアプリなどを利用してポイントをゲットする

dポイントはショッピングやサービスの利用で貯めるほかにもポイントを獲得する方法があります。ゲームに参加したり、アンケートに答えたりすることでポイントが貰えるシステムです。

またドコモでケータイ回線を契約しているなら、月額300円(税抜)で万歩計代わりになるアプリ「歩いておトク」を使ってポイントを貯める方法もあります。

特におすすめしたいのが、「モバイルdポイントカード」です。

モバイルdポイントカードを設定しておけば、おサイフケータイで電子マネーを利用することでミニゲームに挑戦できるアプリ「ラッキータッチ」を利用できます。

しかもモバイルdポイントカードを利用しておけば、お得なクーポンも使い放題なんです。

ポイントはショッピング以外でも貯められるんですね。貯めたポイントはどう使えるんでしょうか?
貯め方と同様に、dポイントは使い方も様々です。ショッピングに利用できるほか、支払いに使ったり、ほかのポイントに交換したりもできますよ。

dポイントをお得に使う方法については次の章で詳しく見てみましょう。

dポイントを賢くお得に使う7つの方法

dポイントの主な使い方は次のとおりです。

  • 1、dポイント加盟店で使う
  • 2、ドコモの決済サービス「d払い」でポイントを使う
  • 3、dカードプリペイドにチャージして使う
  • 4、ドコモのオンラインサービス「dマーケット」で使う
  • 5、携帯料金の支払いに使う
  • 6、マイレージやPontaポイント、商品券などに交換する
  • 7、dポイント投資に使う

次の項目からそれぞれ詳しく見ていきましょう。

1、dポイント加盟店でのお買い物時に使う

貯めたポイントは1ポイント1円から、dポイント加盟店で利用することができます。

店舗での使い方は簡単。お店の人にdポイントを使いたい旨を伝え、dポイントカード/dカードを提示するだけです。

2、ドコモの決済サービス「d払い」でポイントを使う

先ほど紹介したd払いでも、dポイントを利用することができます。ただし、d払いに対応しているネットショップの支払いでポイントを使用した決済に関しては、ポイント付与の対象外。

よりお得にポイントを貯めるなら、次に紹介するdカードプリペイドを使用した決済がおすすめです。

3、「dカードプリペイド」にdポイントをチャージして還元率アップ

dカードにはチャージして使う「dカード プリペイド」もあります。MasterCard加盟店で利用できるプリペイドカードです。

dカードプリペイド

dカード/dカード GOLDとは異なり、dカード プリペイドを利用した決済でのポイント還元率は0.5%。dカード プリペイドでは、チャージにdポイントを利用することができます。

dポイントでチャージした分での買い物についてもポイントが付与されるので、お得です。

4、ドコモのオンラインサービス「dマーケット」で使おう

dポイントの貯め方でも紹介した「dマーケット」では、ポイントを利用することもできます。

ドコモユーザー以外も利用できるので、dショッピングやdfashion、dデリバリー、dトラベル、dブックなどのサービスで利用するのもおすすめです。

5、ドコモの携帯料金の支払いや端末購入代金にも使える

ドコモユーザーなら、月々の携帯料金の支払いや端末購入代金にもdポイントを利用することができます。

またドコモショップやドコモオンラインショップで、スマホカバーや保護フィルムなどのアクセサリー購入にも使えますよ。

6、マイレージやPontaポイントなどに交換する

dポイントはJALマイルやPontaポイントとの相互交換が可能です。

交換レート
JALマイル 5,000dポイントで2,500JALマイル
Pontaポイント 5,000dポイントで2,500Pontaポイント※

※交換1回につき250ポイントの手数料が必要

またdポイントを使って、ローソンのLoppiで「お試し引換券」を発行することもできます。この引換券を使えば、対象商品を定価より安く購入できるのが特徴です。

ほかにも、dカードを持っているドコモユーザーで電子マネーiDを使っているなら、iD料金支払いの際に値引きできる「iDキャッシュバック」をdポイントで交換することも可能。

dポイント加盟店以外のお買い物にポイントを使うなら、これらの方法もおすすめです。

7、「dポイント投資」に使ってdポイントを増やそう

dポイント投資

dポイントはほかのポイントシステム異なり、ただ貯めて使うだけでなく、ポイントで投資・運用するという方法もあります。

お金のデザインが提供するロボアドバイザー「THEO(テオ)」と提携している『dポイント投資』という仕組みを利用すれば、ポイントを増やせる可能性も。

その名の通り、投資なので、利用したdポイントが減ってしまうこともありますが、「投資・資産運用に興味はあるけど、なかなか勇気が出ない」という人は、ぜひdポイントを使って挑戦してみてください。

投資で増減したdポイントはいつでも引き出しできますし、現金を使うよりも心理的ハードルはかなり低いです。


dポイントを利用できる場面は多いです。加盟店もどんどん増えているので、こまめに公式サイトをチェックしておくといいですよ。

dポイントを効率良く貯めて、賢くお得に使おう

この記事では、効率の良いdポイントの貯め方と賢くお得な使い方を紹介しました。

なかでも特におすすめの貯め方は、dカード/dカード GOLDを登録してd払い(スマートフォン決済サービス)を利用する方法。

貯まったdポイントの使い道は多いですが、dカードプリペイドにチャージして使ったり、dポイント投資に使ったりすると、よりお得ですよ。

またJALマイルやPontaポイントとの相互交換も可能ですので、用途に合わせて利用できます。

dポイントを効率良く貯めて、賢くお得に使ってくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断