日本が世界に誇る信頼のブランド!
トラベルサービスが充実JCBカード

クレジットカード取得に必要なもの!これを読めば完全に把握

クレジットカード取得に必要なもの!これを読めば完全に把握

クレジットカードが欲しいと思ってカード会社に申し込みを行う時、どんな書類が必要になるかご存知ですか?申し込み方法などによって若干違いはありますが、本人確認書類は絶対に必要です。

また、申し込みを行なう方の属性によって、必要になる書類が増えることもありますので注意が必要ですよ。

今回は、そんな今さら人に聞けない、クレジットカードへの申し込みに必要な書類について、詳しく解説します。

この記事を読めば、必要なものを完璧に把握することが出来るようになりますよ。ぜひ、目を通してみてくださいね。

クレジットカード取得に必ず必要なもの!本人確認書類は必須

クレジットカードを申し込む際、身分証明証は必ず提出することになります。また、申し込み時またはカード到着後には、引き落とし口座の情報も必要です。

まずは、それらのどんな方にも必要な書類について見ていきましょう。

絶対必要な本人確認書類って具体的にはどんなもの?

本人確認書類が必要な理由は、当然ながら申し込んだ本人に間違いないかを確認するためです。本人確認書類とは、具体的に言うと以下のようなものです。

  • 運転免許証または経歴証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 在留カード・特別永住者証明書
  • 個人番号カード

どの本人確認書類が必要となるかは、カード会社によって多少異なります。以下に、詳しく見ていきましょう。

本人確認書類として認められるものはカード会社によって違う

いくつかのカード会社を例に挙げて、本人確認書類として認められるものを表にして確認してみましょう。

カード会社 本人確認書類
三井住友カード 運転免許証または運転経歴証明書
【運転免許証・経歴証明書がない方は以下のうちいずれか1点】
・パスポート(写真および現住所のページ)
・健康保険証(名前・生年月日・住所のページ※カードは両面)
・住民票の写し
【上記の本人確認書類と現住所が異なる場合は
以下のいずれか1点も追加で必要】
・公共料金(電気・ガス・水道・電話・NHK)の領収証書
・社会保険料の領収証書
・国税、地方税の領収証書または納税証明書
JCBカード 運転免許証または運転経歴証明書
【運転免許証・経歴証明書がない方は以下のうちいずれか1点】
・パスポート(写真および現住所のページ)
・在留カード・特別永住者証明書等
・マイナンバー(個人番号)カード(通知カードは不可)
・住民票の写し
・各種健康保険証+下記の現住所が確認できる書類
※公共料金(固定電話、電力、水道局、ガス会社、NHK)の領収書
※国税・地方税の領収書または納税証明書
※社会保険料の領収書
オリエント
コーポレーション
オリコカード
運転免許証または運転経歴証明書
【運転免許証・経歴証明書がない方は以下のうちいずれか1点】
・パスポート(写真および現住所のページ)
・健康保険証
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・身体障害者手帳
・在留カード・特別永住者証明書
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
クレディセゾン
セゾンカード
運転免許証または運転経歴証明書
【運転免許証・経歴証明書がない方は以下のうちいずれか1点】
・保険証
・パスポート
・在留カード・特別永住者証明書
・個人番号カード

ご覧のように、カード会社によって本人確認書類と認められるものに差があります。

クレディセゾンでは住民票さえ認められませんが、オリエントコーポレーションでは印鑑証明でも大丈夫です。

提出できる書類に応じてカード会社を選ぶのも、ひとつの手ですね。

運転免許証・運転経歴証明書が最も有効な書類です

カード会社によって本人確認書類の定義が異なることをお伝えしましたが、運転免許証または経歴証明書なら絶対にどのカード会社でも認められます。運転免許証か経歴証明書を持っている方は、そのコピーが提出すべき本人確認書類となります。

運転免許証は偽造することが難しく、顔写真も付いています。氏名、生年月日、現住所、発行した都道府県の公安委員会の名前も記載されていますから、運転免許証があれば多くの個人情報が確認できることになりますよね。

何より、免許証に記載されている「番号」によって個人を特定することが可能です。

もちろん、運転免許証を自主返納した場合に交付される運転経歴証明書でも、運転免許証と同等の身分証明ができますので、本人確認書類としても運転免許証と同じレベルで取扱われます。

運転免許証か経歴証明書が最強ですが、いずれも持っていない方は、パスポートなどの書類のうちどれかのコピーが本人確認書類となります。

オンラインまたは郵送で引き落とし口座の情報を登録

クレジットカードを利用するには、カードで決済した金額を後日引き落とすための口座情報も必要です。

おおむねどの銀行口座でもOKですが、カード会社によって対応していない銀行があったり、ネット専業銀行はNGだったりする場合もあるので、カード会社のサイト等で確認しましょう。

WEB申し込みをする方は、同時にオンラインで口座情報を登録することも可能です。ただし、カード会社によっては、オンライン口座登録に対応している金融機関はそれほど多くないので、利用したい金融機関が対応しているか事前に確認しておく必要があります。

オンラインで口座登録をしない場合は、カードが手元に届いてから、同封されてきた口座振替依頼書に記入・返送して口座登録をするのが、一般的な方法です。

銀行名・支店名・口座の種類・口座番号・名義などの情報を記入すればよく、通帳のコピー等は不要です。

クレジットカードを申し込む時に、どんな人でも絶対必要になる書類は本人確認書類です。

運転免許証または経歴証明書が最も有効な書類であり、次いでパスポートですね。カード会社によって提出書類に幅があるので、よく確認して選ぶようにしてください。

保護者の同意や収入証明書類が必要になるケースもあります

前章では、誰でも必ず提出しなければならない本人確認書類と口座情報についてご説明しましたが、年齢や職業、希望するカード利用枠などによっては、さらなる書類が必要になることもあります。ここからは、それらについて見ていきましょう。

未成年は保護者の同意書が必要、学生証が必要なカードも

クレジットカードは一般的に18歳以上なら申し込みが可能です。

しかし、18歳・19歳の未成年の方が申し込む場合には、保護者の同意書が必要になります。

申込書類の保護者同意欄に自筆でサインして、郵送で申し込む必要があります。また、印鑑も必要となるカード会社もあります。WEBで申し込めるカード会社もあり、その場合は電話などで保護者の同意を確認されることとなります。

また、一部の学生専用カード(例:JALカード navi)では、学生証のコピーも必須となっています。とはいえ、保護者の同意書と運転免許証などの本人確認書類があれば、学生証は不要な学生カードもあります。

学生カードに申し込む際には、学生証の提出についても事前に確認しておきましょう。


キャッシング枠を希望する場合は収入証明書類も必要

クレジットカードにはショッピング枠と、借り入れが可能になるキャッシング枠があります。そして、審査に通過すれば、希望に応じてキャッシング枠を設けることができます。

ただし、キャッシング枠を希望する場合は、下記のような収入を証明する書類の提出も必要になります。

収入の種類 必要な収入証明書類
給与収入 ・源泉徴収票(給与所得に限る)
・納税通知書
・確定申告書
・給与明細書(直近2ヵ月分で会社名入りのもの)
個人事業者、不動産収入 ・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
※個人事業主の方は事業内容確認書も必要
年金収入 ・年金証書
・年金振込通知書
・課税証明書(所得証明書)

これらの収入証明書類もカード会社によって多少異なる点はあるのですが、おおむね上記の書類のうち1点を提出すれば問題ありません。

他社借入も関係するので借り入れ残高を把握しておこう

収入証明書類が必要となるケースとは、より具体的に言うと以下のような場合です。

  • ①今回申し込みするカードの分を含めて、同じカード会社が発行するカードのキャッシング利用可能枠および借入額の合計が50万円を超える場合
  • ②上記の借入合計額と他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

これは、2010年6月に施行された改正貸金業法による決まりで、年収の1/3を超える借入は出来ないとされる「総量規制」に関わるものです。クレジットカードのキャッシング枠は総量規制の対象となるので、収入証明書類で年収を確認しなければならないのです。

今回申し込むクレジットカードのキャッシング枠が50万円未満であっても、その他のカードのキャッシング枠や他の貸金業者(消費者金融やクレジット会社、信販会社等)からの借り入れ合計額が規定を超える場合は、収入証明書類が必要となるのです。
キャッシング枠を付けるときは、本人確認書類に加えて収入証明書類も必要なんですね。

そして、今回申し込むカードだけでなく、すでに持っているカードや他社借り入れも関係するのですね。

ところで、総量規制はショッピング枠には関係ないのですか?

ショッピング枠は総量規制の対象外なので、キャッシング枠を希望しない場合、収入証明書類は不要です。

ただし、その場合でも申込書類に年収を記入する必要はありますし、大きなショッピング枠を希望する場合は、収入証明の提出を求められることもありますよ。

スムーズなカード発行のための書類に関する注意点をご紹介

ここまで、クレジットカードの申し込みにおいて準備すべきものについて、基本的なものから人によっては必要になるものまでをご紹介してきました。最後に、それらにまつわる注意点についても知っておきましょう。

各書類は不備のないよう提出しよう

当たり前のことではありますが、カードの申込書や本人確認書類などの各書類は、記入漏れや不備などのないよう、事実に即した内容のものを提出してください。

  • 住所や姓に変更があった場合は要注意
  • 本人確認書類の有効期限を確認
  • 収入証明書類は直近のものが必要

引っ越しや結婚などで住所や姓といった個人情報に変更があった方は、本人確認書類に記載されているものが現在のものと一致しているか、必ずご確認ください。

旧住所や旧姓のままになっている場合は、まず変更手続きを済ませましょう。そして、現在のものが記載された本人確認書類を用意してから、カードの申し込みを行いましょう。

また、書類の有効期限にも注意が必要です。住民票等は発行日から6カ月以内のものに限ります。運転免許証やパスポート、健康保険証等にも有効期限があり、当然ながら期限内のものでないといけませんのでよくご確認くださいね。

不備等で書類の再提出を求められたら迅速に対応しよう

たとえば下記のような不備があった場合、カード会社から再提出のお知らせや、必要な書類を郵送するための封筒などが送られてきます。

  • 申込書と本人確認書類に記載された住所等が一致しない
  • 信用情報機関に登録されている現住所と申請の現住所が異なる
  • キャッシング枠を希望しているにもかかわらず収入証明書類の提出がない

このようなときは、正しい情報が記載された必要書類を揃えて、出来るだけ早く返送してください。うっかり忘れてしまったり、面倒だからと放置してしまったりするのは絶対NGです。

カードの発行が遅れてしまうばかりでなく、申し込みをした方の信用や審査にも関わってきます。いい加減な人と判断されてしまわないためにも、速やかに対応しましょう。

最初から不備なく書類を揃えて申し込むのが一番ですが、もしもそれができなかった場合は、カード会社から再提出を求められます。

長期間にわたって対応をしなかった場合、審査落ちする可能性もありますから、すぐに必要書類を提出するようにしてください。

運転免許証だけでもクレジットカードへの申し込みは可能

クレジットカードの申し込みに必要なのは、本人確認書類・引き落とし口座の情報・収入証明書・親権者の同意書類(未成年のみ)・学生証(一部の学生カードのみ)です。

本人確認書類としては運転免許証または運転経歴証明書があれば問題ありません。20歳以上の方が一般カードをキャッシング枠なしで申し込むなら、書類としては運転免許証1枚あれば大丈夫です。

運転免許証や経歴証明書がない方、あるいはキャッシング枠希望で収入証明書類が必要な方は、準備する書類がカード会社によって変わってくることもあるため、必ず申し込みたいカードの発行会社に確認しましょう。

必要な書類を不備なく揃えることが、スムーズなカード発行への近道ですよ。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断