JCB CARD W

サイパンにはJCB CARD W
年会費無料!提携ショップ優待がお得

サイパン行くなら要チェック!クレジットカード利用の注意点

サイパン行くなら要チェック!クレジットカード利用の注意点

サイパンは日本人の方にとっては、身近なマリンリゾートとして人気の観光地です。直行便で行けば3時間程度で行くことが出来るので、国内旅行気分で訪れることの出来るリゾート地ですね。

サイパンは日本とは深い縁のある島で、1920年から1944年の24年間は日本の統治下にあり、サトウキビの運搬をする為に島内を一周する鉄道も建設されていたのですよ。

現在では、アメリカ自治領であるサイパンでのクレジットカード利用は、アメリカ本土と同様に何の問題も無く利用することが可能なのですが、注意しないといけないことはいくつかあります。

今回は、サイパンでのクレジットカード利用の注意点などを、詳しく解説していきましょう。

サイパンでは全ての国際ブランドのクレジットカードが利用できる

サイパンではアメリカ本土と同様にクレジットカード文化はとても進んでいますから、7大国際ブランドの全てのクレジットカードが、サイパンでは問題無く利用することが出来るのです。

そして、その中でもJCBカードがサイパンで利用する最もお得なクレジットカードになるでしょう。

サイパンにおすすめのクレジットカード

日本国内ではシェアNo1のJCBカードなのですが、世界シェアはNo5と低い位置にありますから、海外で有利なクレジットカードと言えば、世界シェアNo1のVISAカードと、世界シェアNo2のMasterCardが、どの国でも有利なクレジットカードであることは紛れもない事実です。

ところが、サイパンではJCBカードが様々な特典を受けることが出来るクレジットカードとなっていて、なんとVISAカードやMasterCardよりもお得に利用出来てしまうのです。

JCBの「たびらば」での優待サービスが受けられる!?

サイパンでJCBカードがVISAカードやMasterCardよりもお得に利用出来る理由は、JCBが展開している「たびらば」の優待特典を受けることが出来るからなのです。

加えて、サイパンには「JCBプラザ・サイパン」が設置されていてJCBカード利用が強化されている地域であることもJCBカードがお得な理由の一つでもあります。

  • JCBカード加盟店情報の提供
  • 観光情報の提供
  • ホテル・レストラン・オプションツアー・チケットの予約
  • カードの紛失や盗難時のサポート
  • 海外専用緊急再発行カードの手配

「JCBプラザ・サイパン」では、上記のサービスを行っていて、全て日本語対応が可能となっていますのでJCBカード会員にとってはとても頼りになる場所なのです。

JCBカード利用でお得になる情報一覧

たびらば説明画像

それではここで、サイパンでJCBカードを利用すればお得になる情報をご紹介しておきましょう。

  • CARONEL WATCH CENTER Saipan:5%OFF
  • T Galleria Saipan by DFS:US$200以上でプレゼント贈呈
  • Surf Club:アイスクリーム無料サービス
  • Bubba Gump Shrimp:アイス1皿サービス
  • KINPACHI RESTAURANT:デザート1皿サービス
  • Hard Rock Cafe Saipan:US$35以上でクラシックショットグラスプレゼント
  • Tony Roma’s:メインディッシュ注文でアイス1皿サービス
  • Capricciosa:メインディッシュ注文でアイス1皿サービス

上記のようなサービスが、各ショップで用意されています。VISAカードでは受けることの出来ないサービスなので、同じクレジットカードを利用するならJCBカードを利用する方がお得ですよね。

サイパンにおすすめ!JCB CARD W(plus L)

サイパンにはJCB CARD W(plus L)が一押しです。JCB CARD W(plus L)なら年会費が無料の上に、先にご紹介した優待が利用頂けます。

基本還元率も1%と高く、海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯しますから、安心して旅行を楽しむことができますよ。

JCB CARD W(plus L)はサイパンだけでなく、ハワイやグアムなど様々な地域で優待を受けられますから、サイパン以外もお得に利用頂けるカードですからね。

JCB CARD W(plus L)は年会費無料にも関わらず旅行保険が付帯するハイスペックカードの上に、基本還元率も高いですから、メインとしても大活躍してくれることでしょう。

年会費無料で一定のステータスがあるプロパーカードを持てる点も魅力の1つと言えますね。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

40歳以上の方ならJCB一般カードがおすすめ

先にご紹介したJCB CARD W(plus L)は39歳以下の方限定のカードですから、40歳以上の方ならJCB一般カードがおすすめですね。

JCB一般カードの年会費は初年度無料、次年度以降も1,250円(税別)とリーズナブルな価格で、年に50万以上利用すれば無料になります。

サイパンにも設置されているJCBプラザでは、レストランの予約やJCB加盟店情報、観光情報の案内などを日本語でサポートして貰えますから、心強いですよ。

海外旅行保険も付帯しますし、カードで購入した商品の破損などを補償する海外お買い物保険も付帯しますから、安心してショッピングも楽しめますからね。

JCB CARD W(plus L)同様サイパン以外でも様々な地域の優待が利用できる上に、JCB一般カードなら当日発行翌日届けのサービスが利用頂けますから、お急ぎの方にも一押しですよ。

JCB一般カード「JCB ORIGINAL SERIES」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ご家族でサイパン旅行に行くならJCBゴールドがおすすめ

ご家族で旅行に出かけるなら、同行する家族も補償される海外旅行保険が付帯するJCBゴールドカードがおすすめですね。

JCBゴールドなら家族特約付きの海外旅行保険が付帯しますから、家族カードが作れない18歳未満の小さなお子様も安心ですよ。

空港ラウンジも利用頂けますし、JCBゴールドならワンランク上の旅行を楽しむことができるでしょう。また、全国各地のレストランを20%OFFで利用できるグルメ優待など様々な充実したサービスが利用頂けますので、日本国内に戻ってからも大活躍してくれること間違いなしです。

勿論、先にご紹介した「たびらば」優待も利用頂けますので、海外旅行にはおすすめの1枚ですね。

さらにJCBゴールドはゴールドカードにも関わらず、当日発行翌日届けのサービスも利用頂けますから、お急ぎの方にも最適です。

JCBゴールドカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ドコモユーザーの方なら断然dカード GOLD

ドコモユーザーの方なら断然dカード GOLDがおすすめですね。このカードはドコモ料金が10%も還元されるので、ドコモユーザーの方なら、この特典だけで年会費の元が取れてしまうからです。

ドコモに月9,000円支払いしてる場合:900円×12カ月=10,800円分のポイント還元

ドコモユーザーの方なら実質無料で最高1億円の海外旅行保険付帯するゴールドカードが持てるのです。更にdカード GOLDならこのようにサイパンをお得に楽しめるクーポンを無料で利用できますよ。

  • TRUONG’S SAIPAN:アイスクリームプレゼント
  • Hard Rock Cafe:30ドル以上で10%OFF
  • Hard Rock Cafeロゴショップ:50ドル以上で10%OFF
  • Hyatt Regency Saipan Kili Cafe&Terrace:10%OFF
  • Hyatt Regency Saipan Giovanni’s:10%OFF
  • Hyatt Regency Saipan Miyako:10%OFF
  • Hyatt Regency Saipan Teppanyaki:10%OFF

dカード GOLD会員の方が利用できるdポイントクラブ海外クーポンは、サイパン以外の様々な地域で利用できますので、海外旅行をお得に楽しめます。

日本国内で利用できるお得なクーポンも多数利用頂けますので、サイパン旅行や出張から戻った後も、役に立つことでしょう。

dカード GOLDは上級カードにも関わらず基本還元率が1%と高い上に、ローソンで5%高島屋で3%と特定店舗では更なる高還元となりますので、実利派の方にもおすすめの1枚です。

dカード GOLD

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

また、海外旅行の行く機会が多い方なら、マイルが貯まるクレジットカードもおすすめですね。

クレジットカードを利用すれば搭乗だけでなく日常生活の中でもお得にマイルを貯めることができますから、特典航空券に必要なマイル数を早く貯めることができるでしょう。


現在JCBでは、JCBプラザ、JCBプラザラウンジを設置している国や地域では特にJCBカードを便利に利用出来るように加盟店を増やしています。

JCBカード会員の方は旅行に行く時、旅行先にJCBプラザかプラザラウンジがあるか「たびらば」特典があるか確認すると良いですよ。

サイパンは比較的安全な観光地!?それでも警戒は必要

サイパンは海外旅行先では、比較的安全な観光地と言っていいでしょう。

だからと言って、日本国内のように安全だとは言い切れない部分もあり、あくまでもサイパンでは外国人であることを自覚しないといけません。

クレジットカード犯罪は、ほとんど報告されていない

海外ではクレジットカード利用についてスキミングなどの犯罪に注意しないといけませんし、犯罪の報告も公表されていたりします。

ですが、サイパンではクレジットカード被害の公表はされていませんし、サイパン旅行をした方のブログなどを見ても、トラブルの報告はありませんね。

ただ、そうだからと言って100%安心することは出来ないですから、気を付けるには越したことはありませんからね。

暗証番号の入力は手で覆い隠して入力するなど、クレジットカードを利用する場合は、最低上記のことは実行するようにしましょう。
サイパンに限らず国内でも暗証番号入力に気を付けるだけで、スキミング犯罪から自己防衛することが出来ますよ。

観光客目当てのひったくりには要注意

街中では、後ろからいきなり襲われるひったくりに注意しないといけません。滅多に無いことですが、この手の被害は報告されていますので警戒しておきましょう。

  • 一人では街中を歩かない
  • 特に女性の方は、ショルダーバックなどに貴重品を入れてはダメ
  • 夕方以降は、一人での外出は厳禁

特に女性の方はショルダーバックに、クレジットカードや財布、パスポートを入れて持ち歩くことは止めるようにした方が良いですよ。バックをひったくられると、全てに困ってしまいますからね。

それから、夕方以降の一人歩きは厳禁で、犯罪が少ないとは言っても一人で夜の街をうろうろしていれば、犯罪者の標的になってしまいますから出かける場合は複数人で出かけるようにしましょう。

クレジットカードなら盗難補償が適用される

海外で現金が盗まれてしまうと何も補償はありませんが、クレジットカードの場合だと盗難補償が適用され、実質的な被害は無いと言えます。

そんな便利なクレジットカードですが、もし盗難補償が適用されないとすればどうなるでしょう!?

例えば利用限度額が100万円であり、全額利用出来る状態のカードが不正利用されたとすれば、被害金額は100万円となるのです。

この時に補償が無ければとても困りますよね!?そこで、当サイトにある盗難保険を詳しく解説した記事をご紹介しましょう。是非この記事を読んで、盗難保険が適用される正しいカード利用を覚えてください。


サイパンは海外の観光地の中でも比較的安全であるとされていますが、犯罪者はもちろん存在しています。

サイパンに限らず外国では日本の中での常識の多くは通用しないので、警戒心を持っておくことが重要になりますからね。

サイパンもチップが必要!?キャッシングで現地通貨を調達

サイパンではアメリカ本土と同じようにチップが必要な場所になっています。と言っても、アメリカ本土のように必ず必要なものでは無いので、神経質になることはありませんからご安心ください。

滞在中は、ほとんどクレジットカードで支払いが出来ますが、流石にチップは現金が必要になってきますのでクレジットカードのキャッシングを利用することをお薦めしますよ。

どのクレジットカードでも、ATMでのキャッシングは可能

クレジットカードのマーク

現地通貨を調達するにはクレジットカードのキャッシングがとても便利なのですが、海外では対応するATMを探すのに苦労する国もあります。

その点、サイパンではどのクレジットカードでも利用が可能ですし、ほとんどのATMが全ての国際ブランドに対応していますので探す手間は不要です。

  • VISA:PLUSのマーク
  • MasterCard:Cirrusのマーク
  • JCB:Cirrusのマーク

ほとんどのATMに上記のマークが付いていると思いますが、利用の際はマークを確認してから利用するようにしてくださいね。


サイパンのチップは、1US$が基本と覚えておこう

チップはあくまでも感謝の証ですから、アメリカ本土のようにチップを忘れて追いかけられるようなことは無いので、基本的に1US$札を少し多めに持っていればチップは大丈夫ですからね。

  • ホテルで荷物を運んでもらった場合、荷物1つにつき1US$
  • ベッドメイクには、枕もとに1US$
  • レストランでは食事代の10%~15%をテーブルの上に置いておく
  • タクシーは利用料金の15%
  • その他、何か頼んだ場合などは、一律1US$

大体、上記のようなチップが一般的になっています。レストランでは初めからサービス料が加算されている場合がありますので、この場合チップは不要となってきますから伝票は良く確認しておきましょう。

  • レストランでオーダーと違う料理が出てきた
  • オーダーした後、料理が出てくるまで長い間待たされた
  • 料理が冷めていて、美味しくなかった
  • スタッフが無愛想で、気持ちよく食事が出来なかった
  • セルフのファーストフードショップだった

上記の状況であれば、チップは不要です。サイパンでのチップはあくまでも感謝の証であるので、気分を害してまでチップを払う必要はありません。

  • タクシーへのチップは料金の15%だが計算する必要は無い
  • 計算が面倒なら20%で計算すると判りやすい
  • 料金が18ドルだった場合20%で計算すると3.6ドル
  • 3ドルをチップで渡せば問題は無い

キャッシング時の注意事項!1日の限度額がある!?

犯罪の少ないサイパンですが、多くの現金を持ち歩くのは基本的に良くありません。ですが、サイパンではATMで引き出すことの出来る金額は、1日200ドルまでと限度額が決められています。

日本円で22,723円(2018.12.14レート)ですから、少し物足りないと思うかもしれませんが、ほとんどの支払が「クレジットカード」で決済出来てしまうので、1日200US$あれば十分ですよ。

  • サイパンではATMの出金限度額に設定がある
  • 1日の上限金額は200ドル
  • クレジットカードが利用出来るのでこの金額でも大丈夫
  • 200ドル以上が必要な場合は銀行に行けば引出すことが可能

上記のとおり、どうしても200US$以上の現金が必要な場合は、銀行に出向けば引き出すことは可能ですからご安心ください。

サイパンでの交通はバス・タクシー・レンタカーだけ

サイパン島内の移動は、バス・タクシー・レンタカーの3種類のみとなっています。バスは路線バスでは無くDFSとホテル間を結ぶシャトルバスになりますので、行きたい場所に行けない場合もあります。

  • サイパンでの移動はバス・タクシー・レンタカーのみ
  • バスは路線バスで無く、ホテルとDFSを結ぶシャトルバスのみ
  • 運行時間は1時間間隔で運行している
  • 昼間のシャトルは無料だが19:30で終了
  • 夕方からイブニングシャトルバスが運行開始
  • 17:00~22:25まで1時間間隔で運行するが有料となる
  • 1回の料金は5US$必要なので、昼と夜の違いを知っておこう

4人ほど一緒に乗車するのならタクシーを利用してもあまり料金は変わらないので、時間を気にしないで良いタクシーの方が便利ですね。

レンタカーがあれば自由にどこへでも行くことが出来ますが、慣れない土地での運転なので余分に疲れるかも知れませんから移動はタクシーを利用することをお薦めしますよ。

  • 数人で一緒に移動するならタクシーがお薦め
  • レンタカーは自由に移動出来るが、慣れないので危険
  • お酒も楽しむなら、やはりタクシーが便利で安全

特にお酒の好きな方は、オーシャンビューのレストランで美味しい料理とお酒が楽しみになってきますから、タクシー利用を選択すれば十分に楽しむことが出来ますからね。

タクシーはクレジットカード利用可能!現金払いが安心!?

サイパンのタクシーではクレジットカードで支払いが可能になっています。当然、チップを含んだ料金を決済することになるのですが、20%や25%のチップを上乗せして決済される心配がある方は現金で支払うことをお薦めします。

  • タクシーの料金はクレジットカード払いが可能
  • ただしチップも含めた料金を支払う必要がある
  • チップのぼったくりが気になる方は現金払いにしよう

滅多にぼったくりはありませんがゼロでは無いので、トラブルを避けるためにもタクシー利用は現金で支払った方が安心出来るので良いと思います。

レンタカーを利用する場合!クレジットカードは必須!?

サイパンでレンタカーを借りる場合は、クレジットカードは必須となってきます。他の国でレンタカーを借りる場合は現地で保険などの話が必要なので、日本語が通じないのでとても困ってしまいますから日本国内で予約をしておく方が安心です。

サイパンでも借りる為の手続き時間を短縮する為に日本国内で予約しておく方が良いですが、思い立って現地で借りる場合日本語が通じるので他の国よりは安心出来ますね。

  • サイパンでレンタカーを借りる場合は他の国より便利
  • 日本語が通じるので、保険などのことが理解出来る
  • 国内で予約していく方がより確実だが、急なレンタルでも安心出来る
  • レンタルする場合はクレジットカードが必要になる

レンタルする場合クレジットカードでの支払いが必須となります。現金でも許可してくれる場合もありますが、その際にはかなり高額なデポジットを要求されますのでクレジットカードは必ず持って行きましょう。

日本ではチップの習慣はありませんが、お礼の習慣はありますよね。サイパンのチップはそのお礼の気持ちだと思えば良いでしょう。
現地通貨はキャッシングで直ぐに調達することが出来ますから、現金を持っていればいつでもお礼することは可能ですね。

最近のサイパンはダイビングが主流!昔の繁栄は無い!?

サイパンではクレジットカードがどこでも利用出来るとお伝えしましたが、最近のサイパンは昔の繁栄はどこかに行ってしまったように閑散としています。

もちろんDFSはありますし観光客の方も少なくはありませんが、昔と比較すると実際に観光客も1/3に減少しているのです。

賑やかさを求めず、自然を満喫するには抜群!

観光が衰退していると言っても、その原因が自然破壊によるものでは無く様々なところに原因はあるようなのですが、綺麗な海を満喫するにはグアムよりも最適な場所になっています。

  • 観光客が沢山いないので、のんびり出来る
  • 海はとても綺麗なので、ダイビングには抜群な場所
  • ガラパン地区の商店街に期待はしないように!?

実際に昔観光客で溢れていた一番賑やかだったガラパン地区は、営業していないショップが多く日本でいうところのシャッター通りのような一面もあります。

観光客も少なくなっているので正直賑やかさはありませんが、そこを求めなければ返って静かに過ごすことの出来る穴場スポットです。

綺麗な海、静かなビーチ、自然に癒されることを目的とすれば、今のサイパンは素敵なリゾート地だと言えますね。

ケガと病気だけは十分に気をつけましょう

クレジットカードの付帯保険を確認して、疾病障害補償が付帯していれば「適用条件」を良く確認して適用可能としておきましょう。

ただ、サイパン島の病院では現在スタッフ不足になってきているので、病気によっては対応出来ない可能性があるようなので、常備薬は持参して行った方が良いでしょうね。

  • サイパン島の病院は現在スタッフ不足となっている
  • 出来るだけ病気にならないよう注意が必要
  • 自己防衛出来ることはきちんと対処しておこう

最低限の自己防衛として、飲み水は必ずミネラルウォーターを飲むようにして、生水は飲まないように注意する必要もあります。

クレジットカードの保険が適用されるようになっていても、病院自体に見てもらえないと意味がありませんからサイパンでは自己防衛が重要になってきますね。

クレジットカード利用は問題無し!静かなサイパンを満喫しよう

サイパンでのクレジットカード利用は、どのブランドカードを持って行っても問題無く利用することが出来ますが、現在のサイパンに昔の賑やかさを求めると、現地でショックを受けるかも知れませんね。

日常品の買い物やDFSでのショッピングは出来ますから、不便と言うほどではありませんしショッピングンも問題無く出来ますから、観光客の方が少ない分、静かで綺麗な海を満喫出来るので、穴場スポットの様でグアムよりリラックスするには良い場所ですよ。

視点を変えて見れば、静かなサイパンを満喫するには今が最適なのかも知れませんね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断