限度額最高200万で高額決済も安心
格安でラウンジ無料MUFGゴールド

クレジットカードが使えない!急に利用出来なくなる理由とは!?

クレジットカードが使えない!急に利用出来なくなる理由とは!?

今や、クレジットカードは生活に欠かせないアイテムとなっていますよね。そんな便利なクレジットカードが突然利用出来なくなったら、驚くと同時にとても困ってしまいます。

正しい知識が無いと、残念ながら時としてこのようなことが起きてしまうのです。でも、クレジットカードの正しい知識を持っていれば、突然利用できなくなるなんてことは起こりませんし、万一起きたとしても冷静に対応することができます。

今回は、クレジットカードが急に使えなくなるのはどんな時か、そしてその対処法や予防法について詳しく解説していきます。

クレジットカードが利用出来ない?限度額オーバーが最大の理由

クレジットカードが突然利用出来なくなる最大の理由は、利用限度額がオーバーしてしまっていることです。

これは、カード限度額と利用金額を確認していないことで起こってしまいます。まずは、この辺りから見ていきましょう。

キャッシングの利用額はショッピング枠に含まれる

クレジットカードには利用限度額が設けられており、カード決済できるのは毎月その限度額までとなっています。ですから、当然ながら限度額以上の金額をカードで支払おうとすると、「このカードは使えません」と言われてしまいます。

これについては皆さんご存知かと思いますが、気を付けたいのはキャッシング枠です。

クレジットカードには、突然の出費をカバー出来るように、キャッシング枠が設定されていますが、このキャッシング枠とショッピング枠が、別々に設定されていると勘違いされている方がいます。

たとえば、カードの利用限度額が

  • ショッピング枠:30万円
  • キャッシング枠:10万円

このようになっている場合、ショッピングとキャッシングを合わせて40万円利用できると思っていませんか?実は、この考えは間違っているのです。

正しくは、ショッピング枠30万円の内、キャッシング可能な金額は10万円ということなのです。仮に、キャッシングで10万円利用すれば、その月にショッピングで使えるのはあと20万円となるのです。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係については、こちらの記事で詳しく解説していますので、確認してみるとよくお分かり頂けますよ。

リボ払いは返済額が一定だから利用額を意識しなくなりがち

気がつかないうちに、利用限度額をオーバーしてしまう原因のひとつに、リボ払いを選択していることも挙げられます。

リボ払いは、毎月返済額が一定で、しかも低い金額で返済が出来るので、利用時に限度額の残高を気にしなくなってしまうのです。

利用限度額をオーバーしてクレジットカードが利用できない場合は、増額を申し込むことで利用できるようになる場合もあります。

しかし、それにはカード会社による審査が必要ですので、まずは限度額の範囲内に収めるのが基本ですよ。

カード不正使用検知システムによって突然使えなくなる状況とは

次は、不正利用対策によって、突然カードが使えなくなる状態をご説明します。限度額も超えていないのになぜ使えないのかパニックになってしまうこともありますから、知識としてぜひ覚えておいてくださいね。

カードの不正利用防止のための安心できるセキュリティ

クレジットカード会社は、カードの利用状況を常に監視しています。と言っても、これはカードの不正利用をコンピューターで監視しているので、利用者のためのセキュリティだと思ってください。

カードの利用状況におかしなパターンがあれば、自動的にカードにロックをかけて利用できなくする、カード不正使用検知システムなのです。

国内では使えたのに海外で突然使えなくなる場合も、多くがこのケースに当てはまります。しかし、もちろん国内でも不正利用検知によるロックは充分あり得ます。

このようなときは、その場からカード会社に連絡をして説明をすれば、ロックは解除されますので、パニックにならなくても大丈夫ですよ。

ただし、カード会社への連絡は利用出来なくなったショップから、直接行なうようにしましょう。その場を離れて連絡をすると、手間がかかってしまいますので、利用できなかったショップから連絡しないとダメですよ。

暗証番号を間違えると自動的にロックされる

もうひとつ、自動ロックシステムがあるのですが、それは暗証番号の入力ミスです。

最近では国内でも暗証番号が必要なケースは増えてきていますが、海外ではほとんどの場合、暗証番号を入力しないといけません。間違った暗証番号を一定回数以上入力してしまうと、クレジットカードは利用することができなくなります。

ICチップ付きのカードでは誤入力回数が蓄積されますので、ロックがかかるとIC端末でのカード利用ができなくなります。磁気読み取りによる利用はできるのですが、ICカードとしての機能を回復するためには、カードの再発行が必要となります。

特に、海外でロックされると、帰国するまでカードが使えないことになるかもしれず、とても困りますよね。暗証番号は決して間違えないようにしてください。

暗証番号は推測できない番号にしよう

しかし、暗証番号を忘れたら困るからといって、誕生日やマイカーのプレート番号、電話番号などを暗証番号にしていると、不正利用された際に「盗難補償」を受けることが出来なくなります。

クレジットカードの紛失盗難による不正利用補償には適用外の条件があって、安易な暗証番号もその条件に当てはまるのです。

ですから、簡単に推測できるような番号を暗証番号に設定してはダメなのですよ。

盗難保険が利用出来ないと、とても大変なことになってしまいますよね。当サイトに盗難保険が適用外になるケースを詳しく解説した記事がありますので、是非ご覧ください。

教授に教えて頂きたいのですが、不正使用検知システムとはどんなものなのですか?

限度額も超えてないのに前触れもなく突然使えなくなるなんて、なんだか迷惑な話に感じてしまうのですが。

不正使用検知システムでは、同じお店で何度も連続して利用された、普段国内利用だけのカードが海外で使われた等、不審な利用パターンが検出されるとロックがかかります。

カード犯罪を防ぐためですから、利用者側もしっかり理解しておきましょう。

カードの返済を延滞してしまえば必ず利用出来なくなります

利用しているクレジットカードの返済を延滞している場合は、突然カード利用が出来なくなるのは当然の結果です。

クレジットカードが使えなくなるばかりか、ご自身の大切なクレヒスもとても悪い状況になり、今後の借入に大きな悪影響となってしまうのです。

カード利用は借金と同じ、返さない人には貸さない

カード決済の代金は後払いです。つまり、クレジットカードを利用するということは、お金を借りていることと同じなのです。約束どおりお金を返さない人に、さらにお金を貸すことはしないですよね。

ですから、カード会社もそれ以上借金されては困るため、カードの利用を停止してしまうのです。しかも、カードの利用停止のみならず、同時に信用情報機関に延滞の事実が登録されます。

そうなれば、クレヒス(クレジットカード利用履歴)が悪化してしまうので、カード会社だけでなく、全ての金融機関から借入ができなくなり、新たにカードを作る際も審査に通らなくなります。

度重なる遅延は絶対NG

一般的にクレジットカードで使った料金の返済は、銀行引き落としです。延滞とは、残高不足等により、この引き落としができないことを指します。ですから、引き落とし日が毎月何日かを把握して、じゅうぶんな口座残高を用意しておきましょう。

引き落としができなかった場合は、先述の通りカード利用停止となりますが、遅延損害金を含めて支払いをすれば、カード会社が入金を確認でき次第、再び利用可能となります。確認までに5日ほどかかることもありますので、お気を付けください。

このように支払いが遅れても損害金とともに返済できれば、カードは使えるようになるのですが、遅延を繰り返して常習犯になると、返済後もカード利用停止になる可能性があります。

そこまでいかなくとも、限度額引き下げなどの措置を取られることがあります。いずれにしても、返済は遅れることなく、約束どおり行なわなければいけないということなのです。

学生諸君はよく聞いて欲しいのですが、クレジットカードの返済を延滞することだけは決して行ってはいけません。

学生のうちから悪いクレヒスを作ってしまうと、卒業後の生活にも影響します。借りたら返すルールを、きちんと身に着けてくださいね。

クレジットカードが急に利用停止にならないための正しい利用法

クレジットカードが使えないと、その時必要なお買い物などができなくてとても困ってしまいますよね。突然そのような事態にならないためにも、正しいクレジットカードの使い方を知っておきましょう。

利用限度額の把握&利用明細はその都度チェックが重要

まずは、もっとも基本的なことから見ていきましょう。

  • 現在の限度額を正確に把握する
  • 限度額まであといくら使えるかをこまめにチェックする
  • カードの利用明細はきちんと確認する
  • 暗証番号を確認する(特に海外に行く場合)

新しくカードに入会したら、送付された書類を見て限度額を確認しましょう。既にカードを利用している方で、現在の利用限度額が分からない方は、利用明細かWEB会員サイトで確認することができますよ。

これらを把握することで、限度額オーバーでカードが使えないという状況を避けることができます。

海外旅行の際はカード会社に必ず連絡をする

「なぜ、海外旅行に行くことをクレジットカード会社に伝えないといけないの?」と思われるかもしれませんが、それも突然の利用停止を防ぐためです。

先にも触れたように、普段海外で利用しないカードが海外で使われた場合、不正利用検知によるロックがかかることがあります。ですから、海外旅行前に「どこに、どの期間滞在するのか」をカード会社に連絡しておけば、ロックがかからないようにしてもらえます。

面倒だとは思いますが、連絡時に緊急の電話番号も一緒に聞いておくと、他のトラブルにあった時でも安心できますから、メリットもあるのです。

返済が厳しいなら支払い金額を調整できるサービスを活用

返済を滞りなく行なうことは、クレジットカードを利用する上での常識です。返済が滞ったことで利用停止となるのは、マナー違反をしたペナルティなのでどうしようもできません。後から支払える範囲の利用にとどめるのが、正しい使い方です。

しかし、予定外の出費がかさんだときなど、返済が厳しくなることもあるでしょう。そんな時は、月々の支払金額を調整できるサービスを利用するのも、有効な対策のひとつです。

延滞によりカードが利用できないケースを防ぐためにも、支払金額を調整できるサービスを上手に活用していきましょう。

以下に、月々の支払金額を調整できるサービスが利用できるおすすめのクレジットカードをご紹介していきますね。

楽Pay登録で年会費半額!MUFGカードゴールド

MUFGカードは「楽Pay」という、月々の支払金額を調整できるサービスが利用頂けます。「楽Pay」は、毎月の支払金額を5,000円以上5,000円単位で、最高10万円まで自由に設定が可能です。毎月指定した支払金額を超えた分のみ、自動的にリボ払いになります。

設定金額を超えた分に対してのみ15%のリボ払い手数料が発生しますが、月の請求額が設定額未満の場合は1回払いと同じで手数料も発生しません。

状況に応じて支払額を自由に設定できますし、設定額を超えた分しか手数料が発生しませんから、普通のリボ払いより手数料を抑えることができるでしょう。

しかも、MUFGカード ゴールドなら、楽Payに登録すると年会費が半額になる優遇サービスが受けられます。注意点としては、ただ楽Payに登録しているだけでは年会費は優遇されない点ですね。1ヶ月の利用額が楽Payの指定金額を超過し、手数料が発生した場合に年会費の優遇が適用されます。

MUFGカード ゴールドはたったの1,905円(税別)の年会費で持てるゴールドカードですから、さらに半額になるサービスもあってコスパのよいカードですよ。また、安い年会費にもかからず、空港ラウンジサービスや下記の保険も付帯します。

国内渡航便遅延保険は、年会費1万円以上するゴールドカードでも付帯するカードが少ない補償なのでお値打ちですよ。MUFGカード ゴールドは最短翌営業日に発行が可能なクレジットカードですから、お急ぎの方にもおすすめですね。

三菱UFJニコス「MUFGカード」

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

マイ・ペイすリボ&利用で年会費無料!三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカードAも、支払額の調整ができる「マイ・ペイすリボ」が利用できます。「マイ・ペイすリボ」も先にご紹介した「楽Pay」同様、月の支払い設定金額を超えた分のみリボ払いとなるサービスです。

設定した金額よりも請求額が少ない場合は1回払いとなり、手数料は発生しません。月の支払い金額も1万円単位でお好きな支払額を設定できます。

三井住友VISAクラシックカードAの年会費は、初年度無料、2年目以降1,500円(税別)ですが、マイ・ペイすリボ登録&年1回以上のカード利用があれば、2年目以降も無料になります。また、リボ払いをするとポイントが2倍になる特典も受けられます。

ショッピング保険や最高2,500万円の海外・国内旅行傷害保険もついています。PiTaPaやWAON(ワオン)といった各種電子マネーも利用できます。簡単な条件で年会費無料になるカードとしては、とても割の良いサービスです。

三井住友VISAクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
クレジットカードを利用する場合は、利用限度額、返済額、収入の3点をしっかり把握して、計画的に利用しなければなりません。

これさえ守っていれば返済に困ることも無いので、上手にカードを利用出来るはずですよ。

途上与信やクレジットカード自体に問題がある場合もカードが使えなくなる

限度額オーバー、不正利用検知や遅延による一時停止など、カードが使えなくなる主な原因についてご紹介しましたが、急にカードが使えなくなる理由は、まだ他にも考えられます。どのようなものがあるのか、見ていきましょう。

途上与信による限度額の減枠もあり得る

クレジットカードの審査は、入会時だけではありません。実は、カード会社が任意のタイミングでカード利用者のクレジットヒストリーを照会する、「途上与信」という審査もあります。

個人信用情報機関に登録されている情報が開示されるので、そのカード会社のカードでは問題なく利用と返済が行われていても、他社カードの延滞や度重なるキャッシングの申し込み履歴などがあった場合、それらもカード会社に伝わってしまいます。

そのような場合、利用限度額が減枠されることもあり得ます。

限度額が変更される際は必ず通知がなされますが、うっかり見落としているといつもより少ない利用額で限度額オーバーとなり、突然使えないという事態が引き起こされます。

磁気不良や有効期限切れにも要注意

また、カードやICチップの破損といった、カードそのものに問題がある場合も、当然ながらカードは使えません。カードの見た目としては問題ないようでも、磁気不良などで使えないケースもあります。

限度額を超えていないのにどのお店でも使えないというときは、磁気不良やカードの破損が考えられます。

カード会社に連絡して、再発行の手続きを取りましょう。

また、カードの有効期限が切れている場合も、もちろん使えません。期限切れを迎える前に新しいカードが送られてきますので、誤ってレジで期限切れのカードを出してしまわないためにも、古いカードにはハサミを入れて処分してしまいましょう。

お店の端末やシステムの故障

まれに、お店側の端末の不具合やシステムの障害により、クレジットカードが使えないこともあります。

利用者側には何も問題がなくても突然使えなくなるので驚いてしまいますが、試しに他のお店でカード決済してみましょう。問題なく使えれば、そのお店側の事情だったことが分かります。

入会後も時々、途上与信があることはぜひ知っておきましょう。クレジットヒストリーが悪いと、減額や利用停止もあり得ます。

とはいえ、過剰に怖がる必要はありません。たまに遅延してもきちんと利用と返済を続けていれば大丈夫です。

急な利用停止を防ぐためにはカードの内容を把握することが重要

クレジットカードが急に利用停止になると、困ってしまうと同時にパニックになることもありますよね。

今回の内容をお読みいただければ、パニックを防ぐと同時に、利用停止になること無くクレジットカードを上手に使うことができると思います。

大切なのは、クレジットカードの内容と正しい利用方法を把握してからカードを使うということと、期日通りの返済は絶対に守るべきマナーであるということですね。

ブラックリストに載らないよう、上手に便利にカードを利用するためにも、クレジットカードの基本をしっかり把握して利用するようにしましょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断