三井住友カード

ステータスが高く信頼度抜群
ハイスペックな三井住友カード

銀行系クレジットカードはステータスも高く信頼度抜群!銀行取引もお得

銀行系クレジットカードはステータスも高く信頼度抜群!銀行取引もお得

今お手持ちのクレジットカードは、どの会社から発行されたカードなのかご存知ですか?実はクレジットカードには種類があり、その種類によって付帯するサービスや機能が異なったりするのです。

中でも銀行系に分類されるクレジットカードは、口座のキャッシュカードと一体型になっているものもあり、多くのカードを持ち歩かなくても良いメリットがあります。

今回は、そんな銀行系クレジットカードについてのメリットやデメリットを把握して、便利なカード利用が出来るよう判りやすく解説していきます。

クレジットカードの種類は大きく3つに分類!銀行系はお得!?

クレジットカードは大きく3つの種類に分けることができ、それぞれの種類のカードで付帯しているサービスや特典が異なってきます。

今回は、その中でも「銀行系クレジットカード」に焦点を当てて解説していきますね。

豆知識!?クレジットカードの種類の基本情報

では最初にクレジットカードの分類をご説明しておきましょう。次のように大きく3種類に分けることができます。

銀行系クレジットカードについて、これから詳しく解説していきますが、その他の2種類については、リンク先の記事をお読み頂ければ、どのようなカードなのか確認頂けます。

銀行系クレジットカードのメリット

銀行系クレジットカードとは、銀行または銀行の関連会社が発行しているクレジットカードのことです。

全国に支店を構えるメガバンクはもちろん、多くの地方銀行からもクレジットカードが発行されています。そんな銀行系クレジットカードには、以下のようなメリットがあります。

  • 信頼性が高くイメージが良い
  • ステータスが高い
  • リーズナブルな年会費でステータスカードが持てる
  • キャッシュカード一体型もあって便利
  • 口座を持っている銀行のクレジットカードなら手続きも簡単
  • ATM手数料等で優遇が受けられる場合もある
  • 住宅ローンなど各種ローンの審査や金利が有利

銀行は信用が高くイメージが良いので、そこから発行されたクレジットカードに対しても高いステータスが感じられます。これも、銀行系のメリットのひとつです。

より具体的なメリットとしては、キャッシュカードとクレジットカードが一体化したものも多く、2枚を別々に持たなくても良いのでかさばらず便利に使えるという点や、すでに口座をお持ちの銀行でクレジットカードを申し込めば口座開設や登録の手間が省ける点が挙げられます。

また、クレジットカードを持っていればATM手数料が優遇されたり、優良なクレジットヒストリーを作っていくことで先々の住宅ローン等各種ローンの審査に通りやすくなったりするメリットも考えられます。

もちろん、新規口座開設とクレジットカード申し込みを同時にしても良いのですが、すでに利用中の銀行でクレジットカードを作れば、よりメリットを享受することができます。

何枚もカードを持ち歩きたくないという方には、キャッシュカード一体型がある銀行系クレジットカードがベストです。

各種ローンで優遇される特典があるのも、信販系や流通系にないメリットですね。先々を見据えて、住宅ローンを組みたい方などにもおすすめですよ。

オススメの銀行系クレジットカードをご紹介!ATM優遇特典も

銀行系クレジットカードがどのようなものか分かったところで、ここからはより具体的に、おすすめの銀行系クレジットカードをご紹介したいと思います。

メガバンクの銀行系クレジットカードをご紹介しますので、その特長をチェックしてみてくださいね。

三菱UFJ銀行のATM手数料が無料に!MUFGカードゴールド

銀行系クレジットカードの中でも一押しは、三菱UFJフィナンシャル・グループ発行のMUFGカードゴールドですね。

キャッシュバックやマイルなどに交換できるお得なポイントがどんどん貯まる特典や、各種保険、空港ラウンジなどゴールドカードならではのお得な内容になっています。にもかかわらず、年会費は1,905円(税別)というお手頃な設定になっています。

また、MUFGカードゴールドの支払い口座を三菱UFJ銀行に指定すると、三菱UFJ銀行のATM手数料が何度でも無料、かつ、提携先コンビニATM(セブン銀行、ローソンATM、イーネット)利用手数料も月2回まで無料になる特典もあります。

また、三菱UFJ銀行での住宅ローン金利優遇もあり、三菱UFJ銀行の利用が便利かつお得になりますので、メインバンクが三菱UFJ銀行の方には一押しのクレジットカードですね。

カード発行のスピードも早く、最短翌営業日に発行に対応していますので、お急ぎの方にも最適ですよ。

MUFGカードゴールド・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 MUFGカード ゴールド
年会費 初年度無料
2年目以降1,905円(税別)
※登録型リボ「楽Pay」登録&利用で半額
家族カード 1枚目は年会費無料、
2枚目より1枚につき400円(税別)
初年度無料
国際ブランド Master Card、VISA、JCB
グローバルポイント ・基本還元率:0.4~0.5%
【プレミアムスタープログラム】
・年会費の支払い等で貯めた★が5つになり、かつ
前年の利用額50万円以上で最大20%のボーナスポイント
【グローバルプラス】
・年間利用額50~100万円で翌年+20%
・年間利用額100万円以上で翌年+50%
【アニバーサリーポイント】
・記念月の利用で1.5倍
旅行傷害保険 海外:最高2,000万円(自動付帯)
国内:最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間最高100万円(90日以内)
国内渡航便遅延保険 最高2万円
特典 ・支払い口座に三菱UFJ銀行指定で自行ATM手数料無料、
コンビニATM手数料も月2回無料
・三菱UFJ銀行住宅ローン金利優遇
・「三菱UFJ信託ダイレクト」会員登録で
グローバルポイントプレゼント
・ETCカード追加発行可能(無料)
・国内主要6空港、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)
の空港ラウンジが無料で利用可能

高還元と充実した旅行保険が魅力!ミライノ カードGOLD

家族で海外旅行に行く機会が多い方なら、同行する家族も補償してくれる旅行保険が付帯するミライノ カードGOLDが一押しですね。

ミライノ カードGOLDの海外旅行保険は、年会費1万円(税別)するゴールドカード(JCBゴールドや三井住友ゴールドカード)よりも補償で一番重要な疾病・傷害治療費が200万も高い500万と大変充実した旅行保険が付帯するからです。

にも関わらずミライノ カードGOLDの年会費は3,000円(税別)とリーズナブルな上に、世界各国のレストランやショップを優待価格で楽しめるJCBたびらば優待も利用できますから、海外旅行をお得に楽しめるクレジットカードでもあります。

ミライノ カードGOLDは住信SBIネット銀行が発行するクレジットカードで、住信SBIネット銀行を利用している方なら、ATM手数料や振り込み手数料が無料などの優遇も受けられますよ。

更に貯まったポイントをスマプロポイントに交換すれば還元率1%と高還元の上に、スマプロポイントは現金に換金できますから実利派の方にもおすすめのクレジットカードと言えますね。

ミライノカードゴールド

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 ミライノ カードGOLD
年会費 3,000円(税別)
年間100万円以上利用で次年度無料
家族カード
国際ブランド JCB
ミライノ ポイント ・スマプロポイントに交換で還元率1%
・スマプロポイントは現金へ換金可能
旅行傷害保険 海外:最高5,000万円
(自動付帯)
国内:最高5,000万円
(利用付帯)
家族特約つき
ショッピング保険 海外のみ年50万円
特典 ・ETCカード年会費無料
・電子マネーQUICPay(クイックペイ)搭載
・JCBたびらば優待
・JCBプラザ
・スマートプログラム2ランクアップ
(住信SBI銀行ランク)
・ATM手数料無料等優遇

旅行保険や電子マネーが充実!三井住友VISAクラシックカードA

次にご紹介するカードは三井住友フィナンシャルグループ発行の「三井住友VISAクラシックカードA」です。充実した内容の国内・海外旅行傷害保険も付帯しており、さらに、条件を満たせばずっと年会費無料で使えるという大変お得なカードです。

電子マネーiDやWAONなど様々なタイプの電子マネーを追加することができ、このカード1枚で支払い方法の選択肢がかなり増えます。

また、三井住友のポイントサイト(ココイコ)は実店舗利用分までサービス展開されていて、事前に登録する事でリアル店舗(実店舗)での買い物もボーナスポイントが獲得できたり、キャッシュバックされるなど、かなりお得となっています。

直接自分で品物を確認してから買いたいという方にとっては、嬉しいサービスですよね。三井住友カードは最短で3営業日で発行可能ですから、カード発行が早いところも魅力ですよ。

三井住友VISAクラシックカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 三井住友VISAクラシックカードA
年会費 web入会で初年度無料
2年目以降1,500円(税別)※1
家族カード 1枚目は初年度年会費無料、
2年目以降・2枚目以降550円(税別)
国際ブランド Master Card、Visa
ワールドプレゼント(ポイント) ・基本還元率:0.5%
・ポイントアップモール経由の
ネットショッピングで最大20倍
旅行傷害保険 海外:最高2,500万円(自動付帯)
国内:最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 年間最高100万円(90日間) ※2
特典 ・ETCカード追加可能 ※3
・電子マネー「iD」追加可能
・WAON追加可能
・PiTaPa追加可能
・写真入りICカードも選択可能

※1マイ・ペイすリボに登録&年1回以上の利用で2年目以降も無料、
前年度100万円以上300万円未満の利用で次回年会費半額、
前年度300万円以上の利用で次回年会費無料
※2海外での利用および国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのみ対象
※3初年度無料、2年目以降500円(税別)、年1回以上ETC利用があれば翌年度も無料

ゴールドカードに自動ランクアップできる!三井住友デビュープラスカード

25歳以下の方なら年に1度でも利用すれば年会費が無料となる三井住友デビュープラスカードがおすすめですね。スタンダードに加えて、シャープなブラックと可愛らしいピンクの2種類が、新デザインとして登場しています。

三井住友デビュープラスカードはポイントがいつでも2倍(還元率1%)、入会3カ月間はポイント3倍(還元率2.5%)と高還元な上、年会費が実質無料ですから、学生や新入社員の方におすすめです。

また、将来ゴールドカードを持ちたい方にもおすすめで、26歳のカード更新時に20代限定の「三井住友VISAプライムゴールドカード」に自動的にランクアップできる点も魅力のカードです。

さらに、30代に入りプライムゴールドから更新するときにも、「三井住友VISAゴールドカード」に自動ランクアップされます。

三井住友のゴールドカードは格式も高く審査ハードルも高い為、そんなゴールドカードに自動ランクアップできるメリットは大変大きいものだと言えるでしょう。

三井住友VISAデビュープラスカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 三井住友デビュープラスカード
利用対象 満18歳~25歳までの人(高校生は除く)
年会費 初年度無料
2年目以降1,250円(税別)※1
家族カード 1枚目は初年度年会費無料
国際ブランド Visa
ワールドプレゼント(ポイント) ・基本還元率:1%
・入会後3か月は5倍(還元率2.5%)
・マイ・ペイすリボの登録で3倍
・ポイントアップモール経由の
ネットショッピングで最大20倍
国内・海外旅行傷害保険
ショッピング保険 年間最高100万円(90日間) ※2
特典 ・ETCカード追加可能 ※3
・電子マネー「iD」追加可能
・ApplePay追加可能
・WAON追加可能
・PiTaPa追加可能
・更新時プライムゴールドに自動ランクアップ

※1 年1回以上の利用で翌年度も年会費無料
※2 海外での利用および国内でのリボ払い・3回以上の分割払いのみ対象
※3 初年度無料、2年目以降500円(税別)、年1回以上ETC利用があれば翌年度も無料

銀行系クレジットカードは信頼が高く一般カードの中でもステータスが高いですから、リーズナブルな年会費でステータスカードを持てるメリットもありますね。

あらかじめ知っておこう!銀行系クレジットカードのデメリットとは

オススメの銀行系クレジットカードをご紹介してきましたが、実際に利用する前に銀行系のデメリットについても知っておきましょう。

キャッシュカード一体型だと紛失したら銀行取引も不能に

銀行系クレジットカードのデメリットとしては、やはりキャッシュカード一体型のクレジットカードを紛失した場合、銀行取引もできなくなってしまうという点でしょう。

クレジットカードだけなら利用停止手続きをするだけで良く、不正利用されない限り銀行口座の方には特に問題も発生しないのですが、キャッシュカード一体型の場合はそうはいきません。ATMでの入出金や振り込みができなくなってしまいます。

キャッシュカード一体型は便利なのですが、紛失や盗難の際にはデメリットに転じてしまうことを覚えておき、カードの管理にはじゅうぶん注意しましょう。

支払い口座の制限のないカードも

このようなデメリットが不安な方は、銀行系の中でもキャッシュカード一体型ではないクレジットカードを選べば問題ありません。

また、銀行系と言えども、必ずしも支払い口座を系列の銀行にしなければならないということもありません。

地方銀行のクレジットカードではその銀行の口座を持っていることが申し込み条件になっているケースも多いですが、今回ご紹介したカードの中で言えば、支払い口座に銀行の指定があるのは三井住友VISA SMBC CARDクラシックのみです。

ですから、お持ちの銀行口座にしばられることなく、カードの内容や特典から自由にお好きな銀行系クレジットカードを選ぶことも可能です。

ポイント還元率が標準

クレジットカードを利用するメリットの一つにポイント還元がありますが、流通系クレジットカードでは基本還元率が1%と高いカードも何枚か存在しています。

ですが銀行系クレジットカードの場合、ポイント還元率は1,000円で1ポイント(5円)還元になりますから、基本還元率は0.5%と標準ですね。

基本還元率が標準でも、利用額に応じてポイントがアップしたり、ポイントアップサイトを利用すれば還元率が上がるなどのサービスが用意されてますし、口座関係に特化したサービスが受けられるので、トータルで見れば損なことでは無い、と言えると思います。

流通系クレジットカードに比べて審査が厳しめ

銀行系クレジットカードは、流通系クレジットカードに比べてクレジットカード審査が若干厳しい傾向にあります。

ですがその分信頼もステータスも高い為、リーズナブルな年会費でステータスカードを持ちたい方に、銀行系クレジットカードはおすすめです。

審査が厳しいと言っても、クレジットカード利用履歴(クレジットヒストリー)に問題がなければ、収入が少ないパート・アルバイトの方でも審査に通りますから、さほど心配することはありませんよ。

ただし、延滞履歴があるなどクレジットヒストリーに自信がない方は、流通系クレジットカードを選んだ方が無難ですね。

確かに、クレジットカードとキャッシュカードの2枚を別々に管理しなくてもいいのは楽ですが、紛失や盗難の場合は2枚分の機能を一気に失うことになりますね。

もしもキャッシュカード一体型のクレジットカードを失くしてしまったら、どうすればよいのですか?

まずは紛失盗難窓口に連絡する必要がありますね。

たとえば、三井住友銀行の一体型カードなら、インターネットバンキングからの簡単な操作で利用停止手続きと再発行手続きができます。

銀行やカード会社によってはこのような便利な手段が用意されているので、あらかじめ自分のカードの場合はどこに連絡すべきか確認しておきましょう。

銀行系クレジットカードは信頼感抜群!銀行取引がお得になる

銀行系クレジットカードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?銀行系といっても特殊なシステムのクレジットカードというわけではなく、基本的な機能やポイントプログラム、各種保険などはその他のクレジットカードと大差ありません。

特徴としては、ATM手数料が無料になる等その銀行を利用するうえでの特典があることと、キャッシュカード一体型の場合は便利な反面、紛失や盗難時に銀行取引ができなくなるデメリットもあるという点です。

今口座を持っている銀行を選んでもよし、新規で面白そうな銀行系クレジットカードを探してみるのもよし。自分に最適なクレジットカードを見つけてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断