クレジットカードのメリット・デメリットを知ろう

クレジットカードのメリット・デメリットを知ろう

18歳になればクレジットカードを所持できるようになります。クレジットカードは、現金を持っていなくてもその場で欲しいものを購入できる素敵な生活アイテムです。

このように、クレジットカード本来の役割は後払いできるシステムにありますが、それ以外にも旅行傷害保険やポイント、優待など様々なメリットが存在するのです。

逆に、クレジットカードにはデメリットもあり、自己破産のリスクさえ存在するので、この点についても知っておかねばなりません。

今回は、そんなクレジットカードのメリットとデメリットを分かりやすく解説していきます。

現金より便利でお得!クレジットカードのたくさんのメリットを紹介

まずは、クレジットカードのメリットからご紹介していきます。現金派の方やクレジットカードについてよく知らないという方にとっては、きっと驚くほどたくさんのメリットがありますよ。さっそく見ていきましょう。

クレジットカードの数多くのメリットを知れば、きっと現金派の方もクレジットカードを利用したくなることでしょう。

クレジットカードのメリット

  • 現金がなくても欲しいタイミングで買い物ができる
  • 支払い方法が選べる
  • ネットショッピングでは手数料がかからない
  • ATM手数料の節約になる
  • ポイントやマイルが貯まる
  • 関連施設等の割引や優待がある
  • ゴールド以上なら空港ラウンジなど旅が快適になる特典も多い
  • 旅行傷害保険やショッピング保険がついている
  • 光熱費や月額料金などの支払いを集約できる
  • ステイタスの証明になる
  • クレジットヒストリーを作れる
  • 家計簿代わりになる
  • 不正利用補償がついている

ざっと挙げみただけでも、クレジットカードにはこんなにたくさんのメリットがあるのです。順にひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

お金がなくてもいつでもお買い物ができる

最初にお伝えするクレジットカードのメリットは、手持ちの現金が足りなくても、口座にお金がなくても、いつでもお好きなタイミングでお買い物や飲食、各種サービスの支払いができるという点です。

お店で一目ぼれしてしまった服や商品があるときや、「これが最後の1点です」と言われたりしたときなど、どうしても今すぐ購入したいときってありますよね。

そんなとき、クレジットカードがあれば、お財布や口座にお金がなくても買い逃さずに済むのです。

これが、クレジットカードの最大の特長でありメリットと言えます。

1回でも分割でもリボ払いも可能!好きな支払い方法が選べる

クレジットカードは、支払い方法(支払い回数)を選ぶことができるのも、大きなメリットです。支払い方法には、以下のようなものがあります。

クレジットカードを使うとき支払い回数を聞かれますので、その都度、口座の状況に合わせてお好きな支払い方法を選択することができます。

大きなお買い物をしたいけど翌月一気に口座残高が減ると困るという時も、分割払いなどを選べば安心です。

また、お店では1回払いと伝えても、あとから分割やリボ払いに変更できるサービスを行っているカード会社もたくさんあります。

このように、支払いの方法やタイミングを自由自在に調整できるのも、クレジットカードの大きなメリットです。

ネットショッピングやATMの手数料を節約できる

現金がなくてもお買い物や支払いができるということは、現金を引き出す必要がなくなるということです。

つまり、クレジットカードをメインに使えば、ATM手数料という痛い出費をしなくてもよくなるということです。

もちろん、ATMを探したり並んだりする必要もありませんから、時間の節約にもなります。

また、ネットショッピングをする際、支払い方法に振り込みや代金引き換え等を選択すると手数料がかかりますが、クレジットカードなら手数料無料です。

ちょっとした手数料でも積み重なれば大金になり得ますから、手数料が要らなくなるのはとても大きなメリットです。

現金より断然お得!カードで払うとポイントやマイルが貯まる

現在発行されているクレジットカードのほとんどに、利用額に応じてポイントが貯まる「ポイントサービス」が付いています。

公共料金をクレジットカード払いでポイント貯まる

カードによってポイントの還元率は異なりますが、貯まったポイントで商品券と交換できたり、お店で現金と同じように利用することができたりと、便利でお得なのです。

マイルに交換できるカードもありますので、海外旅行が好きな方や飛行機を利用した出張が多い方なら旅費の節約も可能です。

お店独自のスタンプカードなら現金で支払ってもポイントがもらえますが、貯めたポイントはそのお店でしか使えません。

でも、クレジットカードのポイントなら様々な使い道がありますし、還元率も高いですから、現金よりもかなりお得なのです。

お店やレジャー施設などでうれしい優待がある

クレジットカードには、そのカード会社のグループ企業や関連施設などで利用できる優待が付いています。

内容はカードによってかなり異なりますが、たとえばイオンカードには、毎月20日・30日にイオン等の対象店舗でカード決済をすると5%OFFになるという特典があります。

また、レジャー施設やレストランなどでカードの提示または決済をすると割引があったり、優待価格で旅行ができたりと、様々な特典が用意されています。

さらに、ゴールド以上のハイグレードなカードなら、空港ラウンジやツアーデスクが無料で利用できるなど、旅が快適になる豪華なサービスも付帯されています。

旅行傷害保険やショッピング保険など各種保険付きのカードも多い

また、クレジットカードには、以下のような各種保険が付帯しているものも多いんです。

不正利用補償は後ほど詳しくご紹介しますが、これとショッピング保険はほとんどのカードに付帯しています。ショッピング保険があれば、カードで購入した商品が破損や盗難等の被害に遭った時にも補償が受けられるので、安心です。

また、国内・海外旅行傷害保険は、旅行中の死亡・後遺障害などが発生した場合に保険金が受け取れるもので、一部の年会費無料カードには付帯しませんが、多くのカードについているものです。

補償される金額は基本的にカードの年会費と比例しますので、手厚い補償が欲しければある程度グレードの高いカードを選ぶと良いでしょう。

さらに、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのように、航空便遅延費用補償が付いているカードもあります。

飛行機が遅れた時にかかった諸費用をカバーしてくれますので、飛行機に乗る機会が多い方にはオススメです。

光熱費や携帯料金等も支払える!ポイントも貯まりやすい

クレジットカードは、単にお買い物に使うだけでなく、月々の光熱費や通信費等の支払いにも使うことが可能です。

クレジットカード決済できる公共料金画像

生活で必要な「水道・電気・ガス・携帯料金」をクレジットカードに集約して支払えば、その分早くたくさんポイントを貯めることができます。

これらの料金をクレジットカードで支払うためには、カード会社のサイトなどで手続きをする必要がありますが、いったん手続きが済めばあとは必要なお金を口座に用意しておくだけでよいので、支払い忘れもなくて安心かつ便利です。

クレジットヒストリーができて身分の証明にもなり得る

クレジットカードは、申し込めば誰でもすぐに発行してもらえるものではなく、カード会社の審査を通過して初めて発行されます。

ですから、クレジットカードは審査に合格した証であり、社会的に信用のある人物と認められることになるのです。

クレジットヒストリー実績アップ説明画像

ゴールドやプラチナなど、ステイタス性の高いカードになればなるほど審査も厳しくなりますし、年会費も高くなります。厳しい審査に通るという点や高い年会費を支払える経済力も、信用の証となるわけですね。

また、クレジットカードを継続的に利用していくことで、クレジットヒストリーを作ることができます。

返済の遅れなどがなく、毎月それなりの金額をカード払いできるということ自体が信用度を高めますので、よりグレードの高いカードを申し込むときや、住宅ローンなどを組みたい時に、そのクレジットヒストリーを活かすことができます。

WEBで会員登録すれば明細も一目瞭然!家計簿も不要

現在、紙の明細書には手数料がかかるところも多いくらい、クレジットカードの利用明細はWEB明細が主流です。

WEB明細を利用するには、カード会社のサイトで会員登録する必要がありますが、このWEB会員に登録すれば様々なサービスを受けることができます。

  • カード利用明細の確認
  • ポイントの確認や交換手続き
  • リボ払い金額の変更
  • 支払い方法の変更
  • 会員情報の変更

ほとんどの支出をカード払いにすれば、いつでもどこでもサイトで明細を確認できるので、家計簿を手書きで付ける必要もなくなります。

その他にも、上記のようなサービスを利用できますので、ぜひWEB会員登録をしておきましょう。

万一の時も安心!不正利用補償付帯

現金を落としたり盗まれたりした場合、損害無しで返ってくるのは運がよかったときだけで、二度と戻ってこないケースも多いものです。

でも、クレジットカードなら、ほぼすべてのカードに不正利用補償が付帯しているので、そんなときも安心です。

この補償があれば、紛失・盗難でカードが不正に使われても損害を補償してくれるので、実害を被ることがないのです。

失くしたカードを再発行することもできますから、この点でも安心ですね。


おすすめのクレジットカード2選

クレジットカードのメリットを一通り確認頂いたところで、日常生活をお得に楽しめるおすすめのクレジットカードを厳選して2枚ご紹介しておきますね。

クレジットカード選びに迷っている方や、初めてのクレジットカードにもおすすめのハイスペックカードをご紹介します。

今なら20%還元&年会費ずっと無料!三井住友カード

お得な日常生活を送りたいと思っている方に是非ともおすすめなのが、三井住友カードです。

このカードはマクドナルドやコンビニでポイント5倍(還元率2.5%)、選んだ3店舗で常にポイント2倍など還元率も高く、「ココイコ」サービスを活用すれば、東急ハンズやタカシマヤなどのメジャー店舗でポイント3倍など、実店舗でのお買い物でも高還元で利用できるお得なカードです。

海外ショッピング保険や海外旅行保険も付帯しますのでスペックも高く、メインカードとしても大活躍してくれる事でしょう。

そんな三井住友カードが、今なら年会費ずっと無料で利用頂けます。「年会費ずっと無料」のキャンペーンは2020年4月30日までに新規入会された方が対象ですから、このお得な機会を見逃さないようにしましょう。

更に入会月+2カ月後末までの利用分が20%還元されるなど、20%もの還元が受けられるキャンペーンも同時開催中(2020年4月30日まで)。今が入会のチャンスですね。

三井住友カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

旅行好きの方に一押し!JCB CARD W(plus L)

旅行好きの方や39歳以下の方は、JCB CARD W(plus L)がおすすめです。

JCB CARD W(plus L)は基本還元率が1%と高く、どこで利用しても高い還元率で利用できる点が大きなメリットです。

Amazonやワタミグループなどのパートナー店では2%もの高還元で利用頂ける大変お得なクレジットカードです。

JCB CARD W(plus L)は旅行関連特典が大変充実していて、「たびらば」提携店で海外の様々な国で飲食を割引価格で楽しめたり、お買い物を割引価格で楽しむことができます。

しかも年会費が無料にも関わらず、海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯するハイスペックぶり。

年会費無料の高還元カードをお探しの方にもおすすめの1枚です。国内の優待も豊富ですから日常生活もお得に楽しむ事ができますよ。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
ポイントや優待、保険などメリット満載のクレジットカードですが、その内容はカード会社やグレードによって大きく異なります。

よく行くお店で使えるポイントが貯まるなど、ライフスタイルに合ったカードを選び、そのカードにできるだけ多くの支払いを集約するのが、うまく使いこなすコツですよ。

使い過ぎには要注意!クレジットカードのデメリットも知っておこう

盛りだくさんのメリットをご紹介してきましたが、クレジットカードはただひたすら便利でお得なだけのものではありません。

デメリットについても、しっかり把握しておく必要があります。ここからは、クレジットカードのデメリットについて見ていきましょう。

クレジットカードのデメリット

クレジットカードのデメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 使い過ぎや金融事故のリスクがある
  • カードによっては年会費がかかる
  • リボ払いや分割払いは手数料がかかる
  • キャッシングにも金利がかかる
  • 不正利用への対応が遅れると被害が多額になるおそれがある

金融事故や手数料など、クレジットカードのデメリットはやはり金銭にまつわる問題が中心です。使い方を誤ると身を滅ぼす危険もあるものですから、どのようなデメリットがあるのかをきちんと頭に入れておきましょう。

つい使い過ぎてしまって返済できなくなる危険がある

クレジットカードはキャッシュレスでお買い物ができるため、お金を使っているという感覚が希薄になりがちです。

ですから、クレジットカードをどんどん利用していると、知らない間に利用限度額がいっぱいで、もう使えない状態になっていることも珍しくありません。

これでは、お財布の状況にかかわらず支払いができるというせっかくのメリットが、台無しになってしまいます。

また、1回払いの場合は、約1か月間に使った利用額が一度に口座から引き落とされることになるため、残高を意識していないと残高不足で引き落としができない、つまりは支払いの遅延ということになってしまいます。

返済のためにキャッシングをするというようなことを繰り返していると、自己破産など金融事故にもつながりかねません。これはクレジットヒストリーに記載されてしまうので、信用度が落ちてしまいます。

このようなことにならないよう、利用明細はその都度確認して、口座残高も常に把握しておきましょう。

年会費がかかってしまう

また、クレジットカードによっては年会費がかかってしまうというデメリットもあります。グレードの高いカードでは10万円を超える年会費がかかるものもあります。

とはいえ、年会費がかかるカードはポイント還元率が高かったり、ボーナスポイントがあったりするので、利用額によっては元をとることも可能です。

逆に、ほとんど使わないカードの年会費は完全に無駄ですから、解約や見直しが必要です。

このように、年会費と特典や利用額のバランスを考えて上手に使わないと、年会費という無駄な出費が増えるおそれがあるのです。

元が取れているか考えるのが大変という方は、特典は劣ってしまいますが年会費無料のカードもたくさんありますので、それを選べば問題ありません。

リボや分割は便利だけど手数料がかかることに要注意

メリットのところでもお伝えしましたが、クレジットカードは分割やリボなど様々な支払い方法を選択できます。

これは、確かにメリットなのですが、分割払いやリボ払いには最大で18.0%の手数料がかかることに注意が必要です。

リボ払いは毎月一定の金額を返済していく支払い方法で、大きなお買い物をしたときでも月々の引き落とし額が把握しやすいメリットがありますが、手数料を合わせると購入額よりもずっと多くの支払い額になるデメリットがあるのです。

リボ払いは便利なのですが、残高に問題がないなら、手数料がかからない1回払いか2回払いがおすすめです。

どうしても分割やリボ払いにしたいときは、手数料や返済総額がいくらになるのかきちんと把握しておくようにしましょう。

キャッシングの利用はくれぐれも慎重に

クレジットカードにはキャッシング機能を付帯させることが出来ます。クレジットカードで現金を借入できるという便利なサービスなのですが、毎月このキャッシングの返済に加えて普段のショッピングの返済もしなければならないことになるため、残高不足に陥るリスクがあります。

また、当然ながらキャッシングにも最大18.0%の手数料(金利)がかかりますので、借りた金額よりもたくさんのお金を支払うことになります。

使い過ぎの原因にもなってしまいますので、キャッシングは利用しないに越したことはありません。キャッシングしたい場合は、くれぐれも慎重かつ計画的に利用するようにしましょう。

常に身に覚えのない利用がないか確認を

クレジットカードには不正利用補償がついているのは、メリットのところでご紹介した通りです。でも、このメリットを活かすためには、早めにカード会社に不正利用された旨を連絡する必要があります。

補償が受けられる期間はクレジットカードによって異なりますが、60日~90日程度とするカード会社が多いです。

この間に連絡をしないと補償が受けられず、不正に使われた金額が丸ごと損害となってしまいます。

クレジットカードの場合は口座残高を超えた金額でも利用できてしまいますから、現金を盗まれるよりも被害が多額になるおそれがあります。

これを防ぐためにも、利用明細をこまめにチェックし、身に覚えのない利用があればすぐにカード会社へ連絡するようにしましょう。


クレジットカードのデメリットは利用方法と返済方法にあるように思えるのですが、それで間違いないでしょうか?

そうなると、どちらも利用者の注意で回避出来るので、クレジットカード自体のデメリットとは言えない気がするのですが…

そうですね。クレジットカードやその機能自体よりも、どう使うかによってメリットにもデメリットにもなるのです。

使い過ぎに気をつけて計画的に利用すれば、クレジットカードはメリットの方がずっと多く、生活をより便利に豊かにしてくれるアイテムですよ。

クレジットカードはメリット満載!デメリットを理解して使いこなそう

クレジットカードはとても便利なアイテムであることは、じゅうぶんにお分かりいただけたことでしょう。

デメリットもありますが、しっかりと把握したうえで利用していけば、とてもお得で便利なものであることは間違いありません。

クレジットカードをうまく活用するためには、返済マナーを守ることが大原則です。

後払いのクレジットカードは、ちょっとしたお買い物であっても借金をすることになるという自覚を持ち、期限通りに返せなさそうなら使わないようする節度が大切です。

その点に気を付けて正しい利用をしていれば、ポイントや優待等で得できるだけでなく、クレジットカード自体がご自身の社会的信用もアップさせてくれますよ。

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断