ファミペイの使い方!クーポン満載でお得&便利な決済

ファミペイの使い方!クーポン満載でお得&便利な決済

続々と新たな決済サービスが登場している昨今、2019年7月1日よりファミリーマートでも、バーコード決済付きスマートフォンアプリ「FamiPay(ファミペイ)」がリリースされました。

スマホがあれば現金やカードを出さなくても決済ができ、ポイント(FamiPayボーナス)も貯まりますから、ファミマの利用がますます便利でお得になります。

クーポンやスタンプ、ゲームなどファミペイならではの特典も満載です。そんなファミペイについて、じっくりご紹介していきます。コンビニはファミマ派の方は必見ですよ。

スマホ決済のファミペイでファミマのお買い物がさらに便利に

ファミペイ

さっそく、ファミペイとはどのようなサービスなのか、詳しくご紹介していきます。

ファミペイ決済で0.5%のFamiPayボーナスが貯まる

ファミペイは、事前にチャージしておくことで、スマホのバーコードを提示するだけで決済が完了する、便利でスマートなサービスです。

ファミペイが使えるのは、全国のファミリーマートとネット通販の Kaema(カエマ)です。

ファミペイには「FamiPayボーナス」と呼ばれるポイントサービスがあり、200円(税込)につき1円分のボーナスが貯まります。また、ファミリーマートでのサービス商材(Famiポート・収納代行等)では、1件につき10円分のボーナスが貯まります。

ただし、後ほど詳しくご紹介しますが、一部対象外となるサービスもありますのでご注意ください。

ファミマで使えるお得なクーポンや割引が充実

ファミペイには、ファミマで利用できる様々な特典が用意されています。

ファミペイクーポン

  • クーポン
  • 対象商品の割引
  • 対象商品の購入でスタンプ獲得&スタンプが全部貯まるとクーポンがもらえる
  • スロット等のゲームをクリアするとクーポンがもらえる
  • お得なFamiPay回数券が購入できる

キャンペーンとして配布されるクーポンをはじめ、スタンプを集めてもらえるクーポン(例:コーヒー5杯で1杯無料)や、ゲームクリアで獲得できるクーポンなど、様々な割引や優待がとても充実しています。

ファミペイがあれば、ファミリーマートでのお買い物がもっとお得で楽しくなること間違いなしですね。

通販サイトKaemaはファミペイ決済がオススメ

ファミマ以外でファミペイが利用できるのは通販サイトのKaemaです。家電やインテリア、ファッション、コスメ、食品などなど、多岐に渡るジャンルの商品を購入できるサイトです。

Kaemaではクレジットカード決済やコンビニ支払い(前払い)も可能ですが、ファミペイ決済が断然お得です。

ファミペイ割引クーポン

なぜなら、Kaemaでファミペイ決済をすると、ほとんどの商品を特別割引価格で購入できるからです。

しかも、FamiPay払い限定で下記のようなサービスも利用できます。

  • 定期的に最大半額になるセールが開催される
  • その場で使えるクーポンがもらえる
  • ファミリーマート店舗で使えるファミペイアプリのクーポンがもらえる
  • FamiPayボーナスがもらえるキャンペーン

Kaemaはもちろんファミマもお得に利用できることになりますから、Kaemaでファミペイ決済をしない手はありません。

ファミペイはファミマとKaemaで使えます。

Kaemaは、ファミペイのサービス開始に合わせてオープンした新しい総合通販サイトで、ファミペイ決済が大変お得ですから、お近くにファミリーマートがないという方にもファミペイをオススメできますよ。

使い方はとても簡単&ファミマTカードからのチャージも可能

ここからは、ファミペイの利用方法について、準備から決済まで順番にご紹介していきます。

ファミペイアプリのダウンロードと会員登録が必要

ファミペイを利用するには、ファミペイアプリが必要です。

ファミペイアプリ

App StoreまたはGoogle Play ストアからアプリをダウンロードしてください。ダウンロードできたらアプリを開き、会員登録をします。

アプリホーム画面の「初めての方(会員登録)」をタップし、画面の指示に従って携帯電話番号によるSMS認証を行います。SMSに送られた4桁の認証コードとパスワード、携帯番号、性別、生年月日、郵便番号を入力すれば、登録完了です。

事前のチャージはファミマ店頭で簡単にできる

ファミペイは事前にチャージが必要な電子マネーです。したがって、利用する前には必ずチャージをしてください。

チャージ方法は現金とクレジットカードがあります。現金でチャージする場合は、ファミリーマート店頭で行います。

ファミペイチャージ説明

レジにてチャージしたい旨を伝え、ファミペイアプリのバーコードを提示します。その際、あらかじめアプリホーム画面の「FamiPayを使う」を有効にしておきましょう。レジの画面に表示された金額からチャージしたい額を選び、現金を支払えばチャージ完了です。

ファミマTカード(クレジットカード)でもチャージが可能

ファミペイでは、クレジットカードによるチャージも利用できます。ただし、チャージに使えるカードは、ファミマTカード(クレジットカード)のみです。

ファミマTカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ

ファミマTカード(クレジットカード)でチャージすると、0.5%のFamiPayボーナスが貯まりますよ。

クレジットカードでチャージするためには、アプリからファミマTカードの登録をする必要があります。カードの登録には事前の本人認証サービス登録が必要ですので、済ませておきましょう。

それでは、ファミペイへのクレジットカードの登録方法をご紹介します。

ファミペイ登録手順①

FamiPay残高の右にある「チャージ」をタップします。「クレジットカードでチャージ」をタップし、暗証番号を入力後、「ファミマTカード(クレジットカード)を登録する」をタップします。

カード番号などのカード情報を入力し、「次へ」をタップします。本人認証に進むボタンをタップし、本人認証画面にて事前に登録したパスワードを入力して「送信」をタップします。これで登録が完了しました。

ファミペイ登録手順②

クレジットチャージをするときは、ホーム画面の「チャージ」をタップし、「クレジットカードでチャージ」を選択後、チャージ金額を選んで「チャージ」をタップすればOKです。

バーコード提示で簡単に決済完了

チャージができたら、さっそくファミペイ決済をしてみましょう。ファミリーマートで利用するときの手順は、下記の通りです。

ファミペイ決済方法

事前に「FamiPayを使う」を「ON」にし、レジで店員に「FamiPay払いで」と伝えてバーコードを提示し、スキャンしてもらえば決済完了です。

クレジットカードからのチャージは、ファミマTカードしか対応していないのですね。

ファミマTカードには、クレジットカード以外にもVisaデビット付キャッシュカードもあるようですが、デビットカードでもチャージできますか?

できません。

ファミマTカード(Visaデビット付キャッシュカード)は新規申し込みを終了していますので、これからファミペイを始める方で新しくクレジットカードを申し込むなら、ファミマTカード(クレジットカード)一択ですよ。

ファミペイの注意点とは?Tポイントの付与や交換は不可

ファミペイの概要や利用方法をご紹介してきましたが、実際に使ってみる前に注意点についても見ておきましょう。

チャージ残高や1回の支払い上限は10万円まで

ファミペイには、残高の上限やチャージ可能な単位など、いくつかの決まりがあります。それらについて、まとめて確認しておきましょう。

項目 金額
1回でチャージ
できる単位
【現金チャージ】
1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、
10,000円、30,000円
【クレジットカードチャージ】
1,000円から30,000円までの1,000円単位
チャージ上限額 1日の上限:10万円
1カ月の上限:100万円
ファミペイの残高上限 10万円
1回の支払い上限額 10万円

ご覧のように、チャージ残高の上限は10万円で、ファミリーマートでもKaemaでも1回の支払いにつき10万円までしか利用できません。

途中でのチャージも不可なので、10万円(税込)以上のものを購入したい場合は、ファミペイ以外の方法で支払いをしてください。

ファミペイ決済不可・ボーナス付与対象外の商品も

ファミペイは、基本的にファミリーマートとKaemaの全商品の支払いに使えます。しかし、一部利用できない支払いや、利用はできてもFamiPayボーナスが付与されない支払いもあります。

そのような商品やサービスの一部をご紹介します。

商品/サービス ファミペイ
決済の
可否
FamiPay
ボーナス
Tカード
提示による
Tポイント
・ギフト
・年賀状印刷代
・宅急便、宅急便コンパクト送料
・ネットギフトサービス※1
・たばこ
・切手、はがき、印紙
・POSAカード
・ゴミ処理券
・チケット現券
・ギフト券
・代行収納
(電気・ガス・水道料金等)※1,2
【以下ファミポート・サービス※1】
・BIG、toto
・チケット類
・プリペイド
・店頭受け取りサービス
・配送 等
×
・代行収納(税金等)※2
・QUOカード
× ×
・Tマネー、楽天Edy、WAONチャージ
・各種交通系電子マネーチャージ
【以下ファミポート・サービス】
・インターネットショッピング
・電子マネー・後払い
・保険・共済
・国税
・国際送金 等
× × ×

※1:FamiPayボーナスは1件につき10ボーナス
※2:一部ファミペイ決済できないものも含む

このように、食品や日用品、雑誌などと違って、ファミペイ決済ができないものや、ポイントやボーナスの付与がないものもありますのでご注意ください。

税金の収納代行をファミペイ決済することは可能ですが、FamiPayボーナスやTポイントはつきません。しかし先述の通り、ファミペイへのクレジットカードチャージでFamiPayボーナスが貯まりますから、間接的に税金を安くすることが可能です。

FamiPayボーナスはファミペイにチャージして支払いに使える

すでにお伝えしているように、ファミペイでは利用額に応じてFamiPayボーナスが貯まります。Tポイントは貯まらないことを知っておきましょう。貯まったFamiPayボーナスは、ファミペイにチャージすることで、ファミマやKaemaで支払いに使えます。

アプリの「チャージ」をタップし、チャージ方法一覧から「FamiPayボーナスでチャージ」を選択のうえ、チャージしたいボーナス数を入力して「チャージする」をタップすればOKです。1ボーナスからチャージ可能なので、使い勝手が良いですよ。

FamiPayボーナスの有効期限は、付与月を含む6ヵ月後の末日です。期限を迎える前に、ファミペイにチャージするようにしましょう。

ちなみに、FamiPayボーナスの使い方はファミペイへのチャージのみで、Tポイントへの交換もできません。

また、ファミマアプリが更新されると、Tポイントは貯められなくなります。Tポイントを貯めたい方は、TカードかTポイントアプリが別途必要になりますのでご注意ください。

クレジットチャージでもFamiPayボーナスが貯まって二重取りが可能

ファミマTカード(クレジットカード)からファミペイへのチャージが可能であることは、すでにお伝えした通りです。

ファミマTカード(クレジットカード)は通常、クレジットポイントとしてTポイントが貯まりますが、ファミペイへのチャージではTポイントの付与がありません。しかし、毎月のチャージ利用額200円につき1円分のFamiPayボーナスが貯まります。

つまり、チャージによるFamiPayボーナス0.5%とファミペイ決済によるFamiPayボーナス0.5%の二重取りが可能で、合計1.0%還元となるのです。

しかし、ファミマTカード(クレジットカード)をファミマで利用すると、常に2.0%(2019年8月1日~)の還元率でTポイントが貯まります。それなら、ファミペイを使うと損ではないかと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

実は、Tカードを提示することで、ファミペイ決済でもカードの方にTポイントが貯められるのです。これを併せれば1.5%還元となり、クーポンや割引も含めればファミペイがよりお得になることもじゅうぶんあり得ます。

ただし、チャージによるFamiPayボーナスは翌月に付与されますので、タイミングにご注意ください。

従来、ファミマと言えばTポイントでしたが、ファミペイではTポイントが貯まらないことに注意してくださいね。

しかし、TカードやTポイントアプリを提示してファミペイ決済すれば、両方のポイントが同時に貯まりますよ。

特典も満載のファミペイでファミマが今まで以上にお得で便利に

ファミペイは、ファミリーマート及びネット通販のKaemaで使えるスマホ決済サービスです。コンビニやネット通販という普段のお買い物が、さらにスマートかつお得になります。

Tポイントは貯まりませんが、チャージ分も合わせればFamiPayボーナスが1.0%還元されます。しかも、クーポンやスタンプなど、割引優待も非常に充実していますので、使い方によっては従来のTポイントよりもお得になりますよ。

アプリのダウンロード後、会員登録とチャージをしたらすぐに利用できる手軽さもうれしいですね。ファミマやネット通販を利用する機会のある方は、ファミペイを利用して損はありませんよ。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断