年会費無料高還元JCB CARD W

不正検知システムで安心セキュリティ
年会費無料高還元JCB CARD W

指紋認証でクレジットカード決済ができる日も近い!暗証番号も不要に

指紋認証でクレジットカード決済ができる日も近い!暗証番号も不要に

キャッシュレス化が進み、クレジットカードなどを使ったお買い物がますます便利になる反面、カードの盗難や不正利用への恐怖も膨らみますよね。

カードが盗まれたら、暗証番号が盗まれたら…。特に非接触型カードは暗証番号も不要でセキュリティへの悩みが深いですよね。

でもそんな心配を吹き飛ばす、クレジットカードを守る新たなセキュリティシステムが誕生します。それが指紋認証です。今回は、近い将来リリースされる予定の指紋認証機能付きクレジットカードを紹介します。

変わっていくクレジットカードとセキュリティ

ずっと大昔のことを掘り返せば、プラスチック製ですらなかったクレジットカード。

それが時代の変化とともに現在のICチップ入りのプラスチックカードに変わり、不正利用や悪用防止のためのセキュリティ性も進化していっています。

そんなクレジットカードのセキュリティの変化とはどんなものでしょうか。

サインからPINコードへ

クレジットカードの本人確認は、カード利用者が本当に本人のカードを使っているか判別するために、決済時に署名してカード裏の署名と筆跡が同じかどうかを見ることで確認をするサイン方式が一般的でした。

ただ、署名は筆跡を真似することができるため、安全性に欠けるということで出てきたのがPINコードです。PINコードはpersonal identification numberの略で、直訳すると個人識別番号です。日本語では、しばしば暗証番号と言われます。

クレジットカードの本人確認としてPINコードを利用することによって、暗証番号さえ知られなければ不正利用も防げるため、サインよりもかなり安全性は増しました。

PINコードでも不安は出てくる

犯罪というのは、新しい技術や規制が出ればそれを出し抜く新しい抜け道を探すものです。クレジットカードもPINコードが主流になれば、それを何とかして不正利用しようとする人がいます。

PINコードは4桁ですから、お財布ごとカードを落としてしまったりすると、免許証や保険証といった個人情報から暗証番号を推測することは、それほど難しくないようです。

また、カードのスキミングに加え、PINコード入力の手元を録画してクレジットカードをクローンして不正利用なんて例も残念ながらありますね。

このように、PINコードでも不正利用対策としては不十分なのです。新しい犯罪が増えれば、新しいセキュリティ技術が必要になってくるのですね。

非接触型決済の増加に伴うセキュリティ上のリスク

従来、クレジットカードを機械に挿入したり、スライドさせたりする接触型の決済が一般的でしたが、電子マネーや交通系ICカードの広がりにより、機械にかざすだけで決済できる非接触型のクレジットカードも徐々に普及してきました。

非接触型のカード決済は、一定額以下の支払いなら暗証番号の入力や署名が求められず、レジでサッとかざすだけで非常にスムーズに買い物を済ますことができる、とても便利なサービスです。

しかしながら、暗証番号の入力も署名もないということは、本人確認が一切されていないということであり、便利の裏側には簡単に不正利用されてしまう危険があるという側面もあります。

クレジットカードが署名やPINコードの入力に対応していても、便利さのために選んだ非接触型決済では、そのセキュリティは一切活かされません。盗難紛失に気付かないと、簡単に第三者に利用されてしまいます。

キャッシュカードでは既に使われている指紋認証

カードと暗証番号でお金を使うと言えば、クレジットカードの他に馴染み深いのがキャッシュカードですよね。

長年、プラスチックカードを挿入後、暗証番号を入力してATMで預金を下ろす形式が定着してきましたが、実はキャッシュカードでは暗証番号の上を行く、新たなセキュリティシステムが導入されています。

それが指紋認証をはじめとした生体認証システムです。ATMに指紋や静脈を認証する機械が設置されていて、キャッシュカードを挿入後、指紋などの読み取りを行えば暗証番号の入力なしに預金が下ろせるというものです。

指紋の偽造なんてまだアニメかスパイ映画の中だけの世界ですから、指紋認証であれば確実な本人確認ができます。まだまだ一般的とは言いがたいですが、指紋認証でのキャッシュカードはクレジットカードに先行して広がりつつあります。

クレジットカードが普及して以来、磁気ストライプの時代からICカードへと進化し、それに伴いセキュリティ対策も変化してきました。

最新の生体認証の導入も間近ですが、カードの紛失盗難を防ぐべくしっかり管理するのがもっとも基本的なことですよ。

Zwipe社とMaster card提携による指紋センサー付クレジットカード

暗証番号を上回るセキュリティとして、指紋認証に目をつけたのがノルウェーに本社を置くZwipe社です。

クレジットカードのセキュリティや利便性向上を図るために、Zwipe社では指紋認証に対応したクレジットカードの開発を進めています。

非接触型カードの需要に応えて

クレジットカードの指紋認証システム導入については、単純な安全性の向上もありますが、非接触型決済の需要の広がりに応えた、という側面が強くあります。

暗証番号でも、入力時に周囲を警戒したり、他人が推測しにくい暗証番号にしたりすれば、かなり高い安全性を保つことは可能です。

しかしながら、非接触型の決済においては、何よりも利便性に重きを置いているため、暗証番号の入力などは行いません。

安全性を高めるために決済時に暗証番号の入力を求められれば、時間がかかってしまい非接触型の意味がありません。

広がりを見せる非接触型の決済に応え、利便性を保ちながら安全性を向上する、という観点で指紋認証のクレジットカードの開発が進められているのです。

生体認証キャッシュカードとの違い

徐々に広まってきている生体認証キャッシュカードですが、ATMに指紋の読み取り機がついていて、親指の指紋を読み取らせるのが基本です。

非接触型のクレジットカードでは、サッと会計を済ませることが目的ですからわざわざ指を機械にかざすのだって面倒くさいですよね。

そういった決済時にカードをかざすだけの便利さをおびやかさないためにできたキャッシュカードとの違いが、指紋認証のセンサーをクレジットカード自体に取り付ける、という仕組みです。

かざすカードを握る指をカードがそのまま指紋認証すれば、わざわざ機械に指をかざす必要もないというわけです。

Zwipe社が開発した指紋認証機能付きクレジットカード

Zwipe社が開発した指紋認証機能付きクレジットカードとキャッシュカードとの違いは、ATM側に指紋認証があるか、カード側に指紋認証のセンサーがあるかの違いなのです。

カードに内蔵した指紋センサーの仕組み

Zwipe社が開発した指紋認証のクレジットカードでは、次の順序で決済を行います。

  • カードに指紋を当て、支払い用端末にかざす
  • カードが指紋を読み取り照合する
  • 指紋が一致すれば決済完了

たったのこれだけです。

指紋センサーはカードに内蔵されており、センサーに指を当ててあとはいつもどおりにサッとかざすだけで、なんと1秒たらずで決済が完了します。

指紋がカードに記録されたものと一致しなければ、認証が通らず、決済はできないという仕組みになっています。

指紋情報は、クレジットカード会社等のデータベース上ではなく、カード自体に保存されています。また、端末に情報が残ることもありません。カードの盗難紛失時も、当然ながら他人の指紋では決済できません。

このように、指紋認証によるクレジットカードなら、スピーディーかつ安全な決済が可能なのです。

Zwipe社と MasterCardが提携した指紋認証カードが開発中

そんなZwipe社は、ノルウェーの金融機関Sparebanken DINでの試験運用を行い、良い反応をおさめました。

それを受け、2014年10月にはZwipe社とMaster cardが提携して、世界初の指紋センサーを搭載した非接触決済カード「Zwipe MasterCardカード」を発行することが発表されました。

MasterCardが提携した指紋認証カード

発表当初は2015年にリリース予定でしたが、残念ながら未だに日本では実用化されていません。今後に期待したいですね。

世界初の指紋認証クレジットカードがMaster cardから発表されて以来、かなりの年月が経っていますが、いまだサービス開始に至っていません。

銀行ではすでに生体認証が普及していますから、クレジットカードでもそれほど遠くない将来、利用可能になるはずです。

様々な企業で続々と生体認証による決済サービスが開発中

ここまで、Zwipe社やMaster cardの指紋認証機能付きクレジットカードについてご紹介してきましたが、これが実現しないうちに他の企業でも同様のサービス開発が進んでいます。

一体どんなものなのか、見ていきましょう。

JCBでも指紋認証による非接触決済クレジットカードの実験中

国内唯一の国際ブランドでカード発行も行っているJCBも、指紋認証機能を備えた非接触決済対応クレジットカード「JCB Biometrics Card」の実証実験を行うことを、2018年4月に発表しました。

JCB指紋認証カード

すでに導入されているJCBの非接触決済サービス「JCB Contactless」に対応している加盟店にて、指紋をカードのセンサーに触れながら端末にかざすだけで決済が可能になります。

このJCB Biometrics CardもZwipe社の場合と同じように、カード自体に指紋センサーが内蔵されているので、現行の端末を使って決済することが可能です。

実用化の発表はまだですが、近々リリースのニュースが聞かれるかもしれません。楽しみですね。

東芝でも指紋認証機能を備えたカードを開発中

国際ブランドやカード会社以外でも、生体認証システムの研究は着々と進行しています。

東芝でも指紋認証センサー付きのクレジットカードを開発しており、2018年には米国の大手クレジットカード会社により採用されるとの報道がなされました。しかし東芝側はその日のうちにこの報道を否定しています。

とはいえ、指紋認証機能付きの次世代ICカードを開発中であることは、東芝自身も事実であると言及しています。

まだ具体的には何も決まっていない状況ですが、東芝の次世代ICカードが指紋認証機能を備えたクレジットカードとして実用化される日も近いかもしれません。

富士通ではカードも不要な生体認証システムが開発された

さらには、2018年10月、富士通でも、手の平の静脈と顔情報にて本人確認をして決済を行うシステムの開発が発表されました。

富士通生体認証システム

これは、ここまでご紹介してきたクレジットカードと指紋などの生体を組み合わせたものではなく、顔と静脈という2種類の生体のみで認証を行うというものです。

つまり、サインや暗証番号だけでなく、クレジットカードさえも不要になるというわけです。

このサービスは2020年中の実用化を目指すと発表されていますので、手ぶらでお買い物ができる時代が本当にすぐそこまで来ていますね。

僕も早く指紋認証でカード決済してみたいですが、実用化が発表よりも大幅に遅れてしまっているのはなぜでしょう?

やはり生体認証に関する技術を開発するのは難しいのでしょうか。

銀行ATMに比べるとコンビニ等は利用者数がけた違いに多いので、精度や安全性の高い認証システムを導入するのは難しい側面がありますね。

また、カードに指紋センサーを内蔵するためのコストをどう回収するか、年会費の問題などもあると推測されます。

セキュリティも利便性も抜群な生体認証機能付きカードの登場は間近

指紋認証でサッと会計が済ませられるクレジットカードがあれば、今まで以上に素早くお買い物ができるようになります。

Zwipe社とMaster cardが提携したクレジットカードや、JCBが実証実験中のバイオメトリクスカードが登場するのも、間近であることが期待されます。

さらには東芝や富士通でも、生体認証を活用した決済システムの開発が進められています。クレジットカード会社との提携など具体的なニュースは入っていませんが、これらの技術によって私たちの生活がより便利で安全性の高いものになることは間違いないでしょう。

偽造される心配のない指紋認証機能付きクレジットカードが誕生すれば、もう暗証番号は不要です。続報が待ち遠しい限りですね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断