【楽天ふるさと納税お得なやり方】楽天カードで最高の結果が出る方法

【楽天ふるさと納税お得なやり方】楽天カードで最高の結果が出る方法

ふるさと納税制度はご存知ですか!?聞いたことはあるけど、実際に制度を利用したことはないと、言われる方も大勢いらっしゃるでしょう。

ですが、ふるさと納税制度を利用すれば、税金が減額されてしかも地域の特産品までも貰えるので、とてもお得になっちゃうのですよ。

ふるさと納税で支払う税金は、クレジットカード決済することができるので、カードのポイントまでもが獲得できて、2重以上にお得と言う訳なのです。

地域に貢献、特産品ゲット、大量のポイント獲得、そうなれば言うこと無しですよね。

そこで今回は、楽天ふるさと納税を利用して、ポイントをざっくザク獲得でき、楽天を泣かせるほどのポイント攻略法をご紹介しましょう。

ふるさと納税のお得な制度とは!?ふるさと納税の仕組みを解説

ふるさと納税とは、居住している自治体以外へ納税(寄附)することで、自己負担金額の2,000円を除いて、基本全額が所得税と住民税から控除される仕組みのことです。

ふるさと納税とは!?ふるさとへの恩返しが基本にある

もともとふるさと納税の制度は、自治体ごとの税収格差を是正するために導入されました。

地方においては生まれ育った故郷から大学進学で他に移り住み、そのまま就職するケースが多く、過疎化や高齢化に加えて、税収減少が深刻化していたからです。

そこで故郷から遠く離れていても、納税(寄附)と言う手段でふるさとを応援することのできる制度として、ふるさと納税が誕生したのです。

寄附金が税金の控除対象に

ふるさと納税は、好きな自治体に寄附をすると、ふるさと納税をした年の所得税から一定額が還付され、翌年の住民税が控除される仕組みになっています。

家族構成や年収により上限はありますが、自己負担額2,000円を除いた全額が控除対象です。

しかも、寄附金の3割相当金額の特産品(返礼品)まで貰えるという、納税者にとって願ったり叶ったりの嬉しい制度なのです。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税のメリットは、地域に貢献しながら尚且つ特産品が貰える点です。

  • お礼の特産品がもらえる
  • 日本全国どの自治体へも納税できる
  • 地域に貢献しながら税金の控除が受けられる
  • 税金の使い道を指定できる
  • 複数の自治体への納税が可能

ふるさと納税が節税になると誤解している人もいますが、実際にはふるさと納税してもしなくても、納める税金の額に変わりはありません。

返礼品の価値は寄附金額の3割分に減額される方向

実は当初、ふるさと納税の返礼品の価格は寄附金額の半額相当に設定されていました。しかし、2017年4月1日付で総務省が返礼品価格を寄付額の3割までに抑えるよう自治体に通達を出した事で見直しが進められています。

合わせて返礼品に、換金や転売が可能な商品券や家電製品なども撤廃するよう通達されました。高額返礼品を贈る自治体の競争に歯止めをかけ、寄付を地域活性化に役立る「ふるさと納税」本来の制度のあり方を見直すためです。

総務省の通達に強制力はなく、違反した際の罰則はないものの、健全な制度の運営の為に今までは5割相当であった返礼品を3割以下に対応していくと考えられます。

以前よりも価値は減ったものの、返礼品はふるさと納税の重要ポイントであることに変わりはありません。

注意!控除額の上限を超えると控除されない

寄付先が多ければ多いほど受け取る返礼品も増えますが、実は控除の額には上限が決められています。

実質自己負担2,000円でそれ以上の価値ある特産品を獲得するには、ふるさと納税の寄付額を控除上限の範囲内に抑える必要があるのです。

寄附額 控除額 自己負担額
50,000円 48,000円 2,000円

5万円寄附した上記の例の場合、自己負担2,000円で1万5千円相当(寄附した金額の3割)の特産品が貰える為、1万3千円分お得になります。

控除額の上限以上のふるさと納税をしても、超過分の控除はされませんのでご注意ください。

控除の上限額を把握していないと損する可能性もある

なお控除は住民税を納めている方に対して行われますので、仮に奥さんが奥さんの名前でふるさと納税を行っても、ご主人の税金が控除されることはありません。

また控除額の上限は、共稼ぎや配偶者が専業主婦の場合や、扶養者の人数の有無によっても変わってきます。ご自分の控除上限を知らなければ、ふるさと納税で得するどころか、損する可能性すらあるのです。

予測された控除額よりも低い金額を寄付すべき

しかしふるさと納税の控除額の算出にはその年の年収額が必要なので、12月末にならなければ正確な年収額は分かりません。

ふるさと納税は正式な年収が確定する前に、予測の年収で行うしかないため、自己負担2000円ですませる為にも、控除額ギリギリまで狙わず、少し余裕をもった金額で行いましょう。

【お得な寄附額の上限を把握】

正確な控除額はお住まいの自治体に確認する必要がありますが、目安の一覧表が総務省より公表されていますので、「全額控除されるふるさと納税額の目安」からご確認できますよ。

ふるさと納税は税金を納めている人しか得できない

税金の控除が受けられるのは、税金を納めている方が寄附した場合に限られます。

もしも専業主婦の方や税免除されている方の名義でふるさと納税を行ったとしても、税金の控除は受けられませんのでご注意ください。

住民税や所得税を納めていない人でもふるさと納税は可能ですし、返礼品も貰えますが、高い金額で特産品を買っただけのことになります。

控除を受けている人はふるさと納税で得できない

また各種税金の控除を既に受けている方も注意が必要です。以下のように既に控除が適用されており、納める税金が少ない場合、ふるさと納税しても控除の余地がない可能性があるからです。

  • 住宅ローン控除で納めるべき税金がない、または少額の場合
  • 医療費控除やひとり親控除などで税金が既に控除されている場合

先ほど総務省が公開している控除額の目安をご紹介しているとおり、住民税の控除額については各人でご注意ください。

住民税の控除額が高い人は寄付のメリットが少ない

住宅ローン控除とは、住宅ローン残高の1%が戻ってくる制度です。例として、住宅ローン残高が2,000万なら20万戻ってきますが、もしも所得税を15万円しか払っていなければ、残り5万円分は住民税から控除されます。(上限13万6,500円)

住宅ローン控除もふるさと納税による控除も、所得税と住民税の両方が対象なので、同時に適用された場合、ふるさと納税の控除分がなくなる可能性もあるのです。

これについては対処法がありますが、先にふるさと納税の控除に欠かせない確定申告についてご説明しましょう。

確定申告しないと控除を受けることができない

ふるさと納税で控除を受けるには、どなたも必ず確定申告が必要です。そこで、ふるさと納税から控除までの流れをご説明しておきましょう。

ふるさと納税の流れ説明画像

ステップ1
 ご自身の控除上限額を確認して、ふるさと納税する寄附金額を決定する
  ↓ 
ステップ2
 ふるさと納税する自治体を決定する
  ↓ 
ステップ3
 選んだ自治体のふるさと納税サイトから寄附の申し込みを行う
(クレジットカード払いも可能なので、カードポイントが獲得できてお得)
  ↓ 
ステップ4
 返礼品(特産品)と寄附金受領証明書が届く
  ↓ 
ステップ5
 翌年の確定申告で寄附金を申請する(寄附金受領証明書が必要)

※ワンストップ特例制度が適用できる方は、確定申告の必要はありません。

ワンストップ特例制度で確定申告は不要

ところでこの「ワンストップ特例制度」とは一体なんなのでしょうか?ワンストップ特例制度とは2015年4月1日の税制改正に伴い制定された、ふるさと納税先が5自治体までなら確定申告が不要になるという制度です。

ふるさと納税ワンストップ特例説明画像

申告なんて、めんどくさいですよね。そこで、便利な制度が「ワンストップ特例制度」です。ただ、何も手続きをしなくても良いわけではありません。

特例申請書をふるさと納税先の自治体に提出する必要があるのです。次にワンストップ特例について詳しくご説明します。

ワンストップ特例では寄附した回数分手続きが必要

ワンストップ特例では寄付の度に手続きが必要です。6つ以上の自治体に寄付するとこの制度は使えず、確定申告が必要です。

  • ワンストップ特例制度は確定申告をする必要がない
  • 手続きはその都度必要
  • 1年間の寄附先が5自治体までが対象で6自治体以上は確定申告が必要

ワンストップ特例は、確定申告する手間が省けて自動的に税金が控除される便利な制度です。ただしそれには以下の条件を満たす必要があります。

制度を利用できるケース

・年収2,000万円以下のサラリーマン(確定申告が不要な方)
・寄附先が5自治体以内

以下の方はワンストップ特例を利用できませんのでご注意ください。

ワンストップ特例制度を利用できない方

・年収2,000万円以上のサラリーマン
・副収入が20万円以上あるサラリーマン
・寄附先が6自治体以上あるサラリーマン
・医療費控除を受けるために確定申告する方
・サラリーマン以外で確定申告が必要な方

ワンストップ特例は住宅ローン利用中にもおすすめ

ワンストップ特例制度のもう一つのメリットは、この制度においては住民税のみからの控除になるということです。

ふるさと納税で通常通り確定申告した場合、所得税と住民税それぞれから控除されますが、ワンストップ特例制度では住民税からしか控除されません。

所得税の控除額を住宅ローンで使い切っていても影響がないため、ワンストップ特例制度は住宅ローンをご利用中の方にもおすすめです。

ふるさと納税しても納税額は変わりませんが、返礼品が貰えるからお得なんですね。ところで肝心の控除は自動的に行われるんでしょうか?
ふるさと納税の控除を受けるには確定申告が必要です。サラリーマンの方には確定申告が不要のワンストップ特例制度がおすすめですが、年収2,000万円以上・寄附先が6件以上など利用できないケースもあります。

楽天ふるさと納税は手続きが簡単!楽天カードでポイントも貯まる

ココまでで「ふるさと納税」についての基本は、バッチリ理解されたと思います。

ふるさと納税はそもそも地方を応援するための制度ですが、返礼品(特産品)が貰える事で広く普及しています。そしてお得さを追及するなら「楽天ふるさと納税」がおすすめです。

楽天IDで個人情報などの入力が不要!楽天市場利用と全く同じ

楽天ふるさと納税は、楽天市場内のコンテンツです。なので楽天会員は個人情報の入力を省くことができるので、とても簡単にスムーズに納税を行うことができるのです。

手続き内容 楽天ふるさと納税 通常のふるさと納税
手続きサイト 楽天ふるさと納税サイト 各自治体のふるさと納税サイト
情報入力 楽天IDから自動反映 個人情報を全て個別に入力
クレジットカード利用時 楽天市場利用カードで決済 カード情報を個別に入力
カードポイント 3%還元※1 1%還元※1
対象自治体 楽天ふるさと納税参加自治体のみ 全国の自治体が対象

※1楽天カードで決済した場合

しかも楽天カード(クレジットカード)で支払えば、ポイント付与率が通常の3倍に!

楽天ふるさと納税は参加自治体は限られていますが、他と比べても簡単・便利・お得な方法として一押しです。

利用方法は楽天市場と全く同じです。特産品の写真と納税額を確認しながら、希望する特産品をカートに入れるだけで手続きが完了してしまうので、ネットショッピングと変わりません。

ステーキ肉やブーケなど多彩な返礼品

以下に楽天ふるさと納税に掲載中の返礼品の一例をご紹介しましょう。

返礼品 ふるさと納税先 納税額
鹿児島黒毛和牛肉ロースステーキ200g×2枚 鹿児島県志布志市 10,000円
京都丹波・亀岡産野菜セット 京都府亀岡市 10,000円
おひさまたっぷりビビッドブーケ 兵庫県猪名川町 67,000円
マカロンセット 栃木県栃木市 15,000円
エビスビール 350ml×1ケース 大阪府泉佐野市 10,000円

楽天市場に参加している自治体の数は限られていますが、この他にもバラエティに富んだ返礼品がたくさん登録されています。

楽天カード利用でポイント還元率3%!通常ポイントプラス2倍

楽天カード

カードの詳細へ

ふるさと納税は、楽天カード+楽天ふるさと納税が最強の組み合わせです。楽天カードの基本還元率は1%ですが、楽天ふるさと納税を利用すれば通常の3倍で還元率3%になるからです。その獲得ポイント内訳は以下の通りです。

  • 楽天会員:ポイント1倍=還元率1%
  • 楽天カード:ポイント2倍=還元率2%

同じ楽天カードで5万円の寄附をしても、他のふるさと納税サイトを使えば還元率は1%止まりです。還元率3%が実現するのは、楽天ふるさと納税サイト+楽天カードの組み合わせだけですよ。

内容 他サイト利用 楽天ふるさと納税サイト利用
寄付額 15,000円 15,000円
獲得ポイント 500ポイント 1,500ポイント
今やふるさと納税は、ショッピング感覚で行うことができるようになりました。楽天ふるさと納税サイトがその代表格です。参加自治体は限られますが、簡単に寄付できる上にポイントも貯まります。

楽天サービスを活用すればお得!還元率を劇的にアップさせる方法

楽天サービスには楽天市場だけでなく、楽天トラベル、楽天ブックスなど様々なジャンルが存在します。そして楽天ふるさと納税を行う際も、これらサービスを組み合わせれば獲得ポイント数が劇的にアップします。

「サイト情報を見ていると、楽天の特典を受けるのは面倒で手間がかかるらしいから・・」

このような声が聞こえてきそうですが、これからご紹介するスーパーポイントアッププログラムは、登録などのエントリーは一切不要!どなたも簡単に還元率アップを実現できますよ。

エントリー不要で還元率アップ!驚異のSPUプログラム

先にエントリーは不要とお伝えしましたが、ただふるさと納税するだけで還元率がアップする訳ではありません。

SPU(スーパーポイントアップ)プログラムでは、様々な楽天サービスの利用によって楽天市場(楽天ふるさと納税)でのポイント付与率が増えていきます。その還元率は最大15%というんですから驚異的ですよね。

楽天スーパーポイントアッププログラム説明画像

楽天SPUプログラム ポイントアップ
楽天会員 1倍(基準倍率)
楽天カード
※利用
+2倍
楽天プレミアムカード、楽天ゴールドカード
※利用
+2倍
楽天銀行
※楽天カードの引落し
+1倍
楽天証券
※月1回500円以上のポイント投資
※楽天スーパーポイントコースの設定
+1倍
楽天モバイル +2倍
楽天トラベル
※当月1回利用
+1倍
楽天市場アプリ
※利用
+1倍
楽天ブックス、楽天kobo
※当月2,000円以上利用
+1倍
楽天ブランドアベニュー
※当月1回利用
+1倍
楽天TV
※Rakuten NBA Specialに加入/更新
※Rakuten パ・リーグ Specialに加入/更新
+1倍
楽天ビューティ
※当月1回ネット予約
+1倍

スタンダードタイプの楽天カードを使うなら、最低でも3倍は確定です。その他楽天トラベルなど利用を増やすことで、ポイント倍率はどんどんアップしていきます。

楽天ポイントの注意点!通常ポイントと期間限定ポイントの違い!?

ここでちょっと注意したいのは、獲得した楽天スーパーポイントの種類についてです。

楽天ポイントには以下2種類のポイントが存在し、それぞれ有効期限が異なるからです。

  • 通常ポイント:獲得月から1年、ポイント獲得すれば自動延長
  • 期間限定ポイント:有効期限が短い

通常ポイントは定期的に楽天サービスを使っていれば実質無期限となりますが、期間限定ポイントは早く使わないと失効してしまうことにご注意ください。

楽天ふるさと納税では期間限定ポイントも貯まる

楽天でふるさと納税した際に獲得できるポイントの内訳は以下の通りです。

  • 通常ポイント2%
  • 期間限定ポイント1%
  • →合計3%

楽天アプリ利用によるプラスポイント1倍の内訳

また、楽天アプリを月に1回以上利用するとポイントがプラス1倍となりますが、その1倍となるポイントは期間限定ポイントとなり、詳細は下記のようになります。

ポイントの種類 期間限定ポイント
ポイント付与の時期 翌月15日頃
有効期限 付与翌月の末日
月間上限 会員ランクにより異なる
別表1参照

◆上限条件 別表1

会員ランク 上限ポイント
ダイヤモンド 15,000ポイント
プラチナ 12,000ポイント
ゴールド 9,000ポイント
シルバー 7,000ポイント
その他 5,000ポイント

ご確認頂きたいのは通常ポイントと期間限定ポイントの違いで、それぞれで有効期限が全く異なってくる点と、別表1のとおり各ステージでポイント上限が異なる点です。

  • 通常ポイント:ポイント獲得日から1年間
  • 期間限定ポイント:通常はポイント獲得日の翌月末日まで

この違いをしっかり把握しておかないと、せっかく獲得したポイントを失効させてしまうことも。楽天サービスを使っていれば自然にポイントを有効利用できますが、普段ネットショッピングしない方は注意が必要です。

楽天スーパーポイントは楽天ふるさと納税にも使えますから、できるだけ早く消化しましょう。もちろんポイントを使って寄附しても、ちゃんと前金は控除されますのでご安心ください。

お買い物マラソン(スーパーセール)でポイントアップ

お買い物マラソン説明画像

楽天ふるさと納税をお得にするのはSPUプログラムだけじゃありません。楽天が不定期に開催する「お買い物マラソン」でも大幅なポイントアップが実現します。以下がその概要です。

  • エントリー不要
  • 期間中にショップを買いまわりするだけ
  • 1,000円(税込)以上の買い物が対象
  • 利用店舗数が増えるとポイント倍率がアップする
  • 10ショップ目で購入商品が全てポイント10倍になる

お買い物マラソン期間中にたくさんの買い物を集中して行う(買いまわり)ことで、ポイントが1倍から最高10倍までアップします。利用したショップが増えれば増えるほど、ポイント倍率がどんどんアップしていきますよ。

プログラム併用で最大ポイント40倍以上

先にご紹介した楽天スーパーポイントアッププログラムとの併用も可能なので、合算するとポイント最大40倍以上と物凄いことに!

もちろんふるさと納税もこのプログラム対象で、1自治体への寄付が1ショップとしてカウントされます。1自治体に集中して寄付してもカウント数は1なので、お買い物マラソン達成中は寄付先を分散させた方が有利です。

ただしワンストップ特例制度は5自治体が上限ですから、この制度を利用する方は利用先を増やしすぎないようご注意くださいね。

お買い物マラソン12月度は初旬に開催される可能性

ふるさと納税も、この楽天の買いまわり(スーパーセール)セールのタイミングを狙う方がお得ですよね。問題は、いつ開催されるのか決まっていないことです。最近の傾向としては、月の上旬~中旬に開催されることが多いようです。

直近6ヶ月間のお買い物マラソン開催日

  • 2018年5月12日(土)~5月17日(木)
  • 2018年7月14日(土)~7月21日(土)
  • 2018年8月4日(土)~8月9日(木)
  • 2018年9月21日(金)~9月26日(水)
  • 2018年10月5日(金)~10月11日(金)
  • 2018年11月4日(日)~11月10日(土)

上記は過去半年間の開催日ですが、直近は毎月初旬に開催されています。12月も月初めに開催される可能性があるので、今年最後のふるさと納税のご検討はお早めにどうぞ。

買いまわり(スーパーセール)セールの注意点

注意:ポイント有効期限が短い

買いまわりセール中に獲得した特典ポイント(上乗せ分)は、期間限定ポイントにて有効期限が短い為、ポイントを獲得した後も注意が必要です。

過去のセール開催時の期間限定ポイントの有効期限は一定ではなく、中には一ヶ月に満たないケースも。慌ただしいですが、獲得したポイントの使い道も合わせて考えておく方が良いでしょう。

注意:ポイントが獲得できる上限が10,000ポイント

買いまわりセールでもらえるポイントには、10,000ポイントという上限があることもお忘れなく。お買い物マラソンを完走したとしても、獲得できるポイントは10,000ポイントが上限です。

いくらふるさと納税で高額な寄附をしたとしても、それ以上は貰えません。買い回りセールのルールでは、利用先の店舗数に応じてポイント倍率が2〜10倍と変動します。楽天ふるさと納税でも最終的な倍率でどのくらいのポイントを獲得できるのか、計算しながら寄附を行ってくださいね。

楽天イーグルス&ヴェッセル神戸勝利でポイントアップ

楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝った翌日ポイント2倍説明画像

セールのチャンスを見逃した人にも、まだまだポイントアップのチャンスはありますよ。

楽天イーグルス・ヴィッセル神戸・FCバルセロナが勝利した翌日は、楽天市場全ショップでの買い物が通常の3倍〜4倍もお得になるのです。

  • 楽天イーグルス勝利:全ショップ+1%
  • ヴィッセル神戸勝利:全ショップ+1%
  • FCバルセロナ勝利:全ショップ+1%
  • 3チームが同時に勝利:全ショップ+3%
  • 内2チームが同時に勝利:全ショップ2%
  • 試合に勝った翌日0:00から23:59まで
  • 各シーズン内限定、オフシーズンはキャンペーンなし
  • 各試合後にエントリーした上で商品購入が必要
  • 対象は1,000円(税込)以上の商品購入
  • ポイント上限は開催日ごとに1,000ポイント
  • 付与ポイントは期間限定ポイント

獲得ポイントの種類(期間限定)やポイント上限などは、必ず把握しておきましょう。楽天会員なら、特にファンでなくてもスポーツ情報は要チェックですよ。

毎月5と0のつく日は楽天カードでポイント5倍

5と0のつく日はポイント5倍

また楽天カードは、毎月以下の日付の日にお買い物するとポイント5倍になるというサービスも実施中。この通り、月に5回もポイントアップのチャンスが訪れます。

【楽天カードでポイント5倍】

・毎月5日、10日、15日、20日、25日
・楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードはポイント7倍

さらに上位カードだとポイント7倍ですから、楽天ふるさと納税は絶対カレンダーのチェックをお忘れなく!

キャンペーン開催情報入手に便利!楽天ポイントアップカレンダー

さて、お買い物マラソンなどを利用して、ふるさと納税をすればとてもお得であることはお判り頂けたと思います。

問題はお得なイベントの開催が多過ぎて、把握しきれないことです。そんな楽天のャンペーン情報は、一体どこで入手すればいいのでしょうか?

そんな時は、楽天カレンダーを利用すれば簡単ですよ。楽天カレンダーは他の会員によるカスタマイズをシェアできる機能もあるので、お得情報を見逃すことがありません。

楽天ふるさと納税をご利用の方は、是非ここで情報をチェックしてくださいね。

約7,000人の方がシェアしている楽天ポイントアップカレンダーは、こちらからご確認できますよ。

楽天カレンダーはイベントが判りやすく記載されているので、楽天のお得な情報の入手には欠かせないアイテムです。

楽天カードでふるさと納税!キャンペーン併用で超お得に納税しよう

ふるさと納税は、寄附によって返礼品が貰えるお得な制度です。控除額の上限に気をつけて、専用サイトで手間をかけずに賢く納税しましょう。

中でも楽天ふるさと納税は、ショッピング感覚で楽しく特産品を選びながら手軽に寄附できますし、お買い物マラソンなどのキャンペーンでポイント獲得数は飛躍的にアップします。

ただし貯めたポイントの一部は有効期限が短いので、早めに使い切るようにしてください。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断