日本盲導犬協会カード

カード利用で盲導犬育成に貢献できる
基本還元率1%!付帯保険も充実

【日本盲導犬協会カード】盲導犬育成に貢献できるクレジットカード

【日本盲導犬協会カード】盲導犬育成に貢献できるクレジットカード

現在、新たに盲導犬を必要としている方は全国に7,000人以上という調査もありますが、全国で働く盲導犬は約1,000頭で、完全に不足している状況です。

盲導犬育成には1頭当たり約300万円の費用が必要なので、多くの盲導犬を一度に育成するには財政的な問題もあるようです。

このような問題に関心を持つ方にお知らせしたいのが、クレジットカードを利用するだけで盲導犬育成に貢献できる「日本盲導犬協会カード」です。

どのようなカードなのか、これから分かりやすくご紹介していきます。

キラキラ日本盲導犬協会カードの写真日本盲導犬協会カードの公式はこちら

日本盲導犬協会カードの魅力と特徴を紹介

  • 基本還元率1.0%の高還元カード
  • JACCSが発行するクレジットカードの一つ
  • 入会するだけで、1,000円が寄付される
  • カード利用金額の0.5%が寄付される
  • 年会費の中から500円が寄付される
  • 充実した旅行保険が自動付帯
  • 全国17万カ所以上の優待が利用できるJ’sコンシェルが無料
JACCSが発行する日本盲導犬協会カードは、利用するだけで寄付ができる素晴らしい社会貢献型クレジットカードです。

その素晴らしさを、これからお伝えしていきましょう。

日本盲導犬協会カードからの寄付金の利用内容

最初に、日本盲導犬協会カードを利用した時の、寄付金についてご説明しておきましょう。

冒頭にもお伝えしましたが、盲導犬の育成には約300万円と多額の資金が必要で、その資金の一部に使われます。

公益財団法人日本盲導犬協会の事業目的及び内容について

日本盲導犬協会カードからの寄付金は、公益財団法人日本盲導犬協会に寄付されることになっています。

  • 1:盲導犬の育成
    (繁殖、出産・飼育、盲導犬訓練、共同訓練、引退犬の生活)
  • 2:盲導犬歩行指導員、盲導犬訓練士および飼育管理員の養成
  • 3:盲導犬育成に関する調査および研究
  • 4:各種リハビリテーション訓練
  • 5:国内外の諸団体と連携・協力
  • 6:盲導犬の普及啓発

カード利用による寄付金は、上記の事業に活用されます。

寄付金で私がもっとも有益であると感じたのは、盲導犬の引退後の生活支援まで行えることです。

犬は人間よりも寿命が短いですから、頑張って働いた盲導犬の老後生活も、しっかりフォローしてあげたいですからね。

日本盲導犬協会カードを利用した時の寄付金について

日本盲導犬協会カードは、まず入会した時点で寄付が開始され、カードを利用すればするほど、多くの寄付を行うことのできる仕組みとなっていますよ。

カード入会で1,000円を寄付

カード会員が増える度に、1,000円が寄付されることとなります。

仮に日本盲導犬協会カードに3,000人が入会した場合、それだけで1頭の盲導犬の育成費を寄付できることとなりますね。

カードショッピング利用額の0.5%を寄付

さらに、カード会員のショッピング利用額の0.5%が、寄付される仕組みとなっています。

年間10万円のカード利用で500円が寄付されることとなりますので、先ほど同様に3,000人の会員が年10万円利用した場合だと、2年で1頭の育成費を寄付することができますね。

年会費の中かからも500円を寄付

日本盲導犬協会カードの年会費は、次のようになっています。

初年度年会費 無料
次年度以降年会費 1,250円(税別)

初年度は無料、次年度以降は1,250円(税別)が必要となりますが、この中から500円が寄付される仕組みとなっています。

月にすれば約114円(税込)なので、缶コーヒーを1本プレゼントするよりも安いですね。単純にカード会員を6,000人と限定して計算してみると、毎年1頭分の育成費を寄付することができます。

日本盲導犬協会カード

公式サイトはコチラ

単にクレジットカードに入会し普通にカード利用するだけで、これだけの盲導犬育成に貢献できるのは、素晴らしいですよね。

教授にお聞きしたいのですが、日本盲導犬協会カードのように寄付できるクレジットカードは他にもあるのでしょうか?

他のカードも同じようにすれば、もっと盲導犬の数は増えると思うのですが・・・

社会貢献型カードは他にもありますよ。ただ、数としては多くありません。全てのカードを同じシステムにする訳には行きませんからね。

とはいえ、一般的なカードでもポイントを寄附できるものもありますから、誰でも社会貢献が可能です。

JACCSカードのサービスはそのまま!ポイントは他カードの2倍

「日本盲導犬協会カードは、盲導犬育成のための寄付に特化したクレジットカードゆえに、会員特典が少ないのでは?」

そう思われている方もいらっしゃるかも知れませんが、JACCSカードとしての付帯サービスは他のカードと全く変わりません。

それどころか、ラブリィポイントは通常の2倍になるので、逆にお得なカードと言えるのです。

ラブリィポイントがいつでも通常の2倍でお得

  • 通常のJACCSカードのラブリィポイントは、200円=1ポイント
  • 日本盲導犬協会カードでのラブリィポイントは、常時200円=2ポイント

還元率にすると1.0%ですから、普通にお買い物などでカード決済するだけで、どんどんポイントが貯まっていきますよ。

優遇ポイント「ラブリィ☆アップステージ」も他カードと同様に適用

ラブリィポイントには、年間利用額に応じてポイント倍率がアップする「ラブリィ☆アップステージ」なるサービスがあります。

日本盲導犬協会カードでも、その他のJACCSカードと同様に「ラブリィ☆アップステージ」が適用されますよ。その内容は以下の通りです。

年間利用金額合計 ポイントアップ率
300万円以上 100%
200万円以上 90%
150万円以上 80%
100万円以上 70%
50万円以上 50%
50万円未満 0%

カードを利用すればするほど次年度のポイント倍率がアップしていき、その分寄付金額も多くなるので利用者にはメリットしかありませんよ。

ただし、年間利用額が50万円に満たない場合はポイントアップがありませんのでご注意ください。

JACCSモールでネットショッピングがさらにお得に

ネットショッピングをするときにJACCSモールを経由すれば、ポイントが最大+12%還元となります。通常分のポイントに加えて、ショップごとの付与率でポイントがプラスされるので大変お得です。

JACCSモール

JACCSモールに掲載されているお店と各店でプラスされるポイント付与率を、いくつかご紹介します。

ネットショップ ポイント付与率
・Amazon
・Oisix(おいしっくす)
・ベルメゾンネット
・Yahoo!ショッピング
・楽天市場 等
+0.5%
・ロクシタンオンラインショップ
・WiFiレンタルどっとこむ
・47CLUB
・マツモトキヨシ 等
+2%
・AOKI公式オンラインショップ
・アートネイチャー・オンライン
・オーダーチーズ・ドットコム
・好日山荘WebShop
・THE BODY SHOP 等
+5%
化粧品・スキンケアの通販サイト Mio Online 等 +12%

JACCSモールを経由していつものショップでお買い物や旅行予約をするだけですから、とても簡単に効率よくポイントを貯めることができますよ。

ドン・キホーテなど街中のお店でもポイントアップ

また、「街でためる」サービスを利用すれば、ネットショッピングだけでなく街中のお店でもポイントをお得に貯めることができます。

事前にJACCSモールのサイトで行きたいお店をエントリーしてから、そのお店でカード決済をするだけで、通常よりも多くのポイントが獲得できます。

対象のお店の一部をポイント倍率とともに見てみましょう。

街でためる使い方

日本盲導犬協会カード

公式サイトはコチラ
店舗 ポイント付与率
・ドン・キホーテ
・サンドラッグ
・ヤマダ電機
・ジョーシン
・ダイレックス
・銀座エバンス 等
+0.5%
・つるやゴルフ
・杏林堂スーパードラッグストア
・コナカ
・ツクモ 等
+1.0%
オリックスレンタカー +2.0%
ダンススクール ボックス・アカデミー +9.5%

エントリー後は15日間有効で、何度でもエントリーできますよ。

他社ポイントやマイルへの交換などポイントの使い道も多数

貯まったラブリィポイントは、様々なジャンルの商品に交換することができます。また、他社ポイントやマイルへの移行も可能です。

移行可能な他社ポイントおよびマイルと移行レートについて、下記にご紹介します。

他社ポイント/マイル 移行レート
ANAマイル 1ポイント → 0.6マイル
JALマイル 1マイル → 0.5マイル
・dポイント
・au WALLETポイント
・楽天スーパーポイント
・Gポイント
・ベルメゾンポイント
・nanacoポイント
1ポイント → 1各種ポイント
・Tポイント
・Pontaポイント
1ポイント → 0.9各種ポイント

移行単位はすべてのポイント・マイルで1,000ポイント以上500ポイント単位です。

移行先のポイントによって還元率が変わりますので、よりお得な使い方をしたい方はdポイントなど1:1の移行先を選ぶと良いですね。

また、上記以外にも、カード請求額にポイントを充当できる「Jデポ」を利用することもできます。

利用レートは1,000ポイント=1,000円分ですが、会員専用サイト「インターコムクラブ」からの申し込みならプラス50円分お得になります。

移行したい他社ポイントがない場合には、こんな使い道もオススメですよ。

ラブリィポイントが常時2倍となるのは、見逃せませんね。

他のサービスも充実しているので、盲導犬育成に貢献しながらポイントも効率的に稼ぎたいなら、是非このカードを利用した方がお得と言えるでしょう。

手厚い国内・海外旅行保険や多数の施設で使える優待も付帯

日本盲導犬協会カードには、手厚い補償内容の国内・海外旅行傷害保険や、様々な施設で利用できるお得な優待サービスが付帯します。ここからは、それらについて見ていきましょう。

海外旅行傷害保険は疾病・傷害補償が自動付帯

補償内容 補償金額
傷害死亡 最高2,000万円
後遺障害 80万円~2,000万円
傷害治療 最高200万円
疾病治療 最高200万円
賠償責任 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円(免責額3,000円)
救援者費用 最高200万円

上記のとおり、死亡・後遺障害は最高2,000万円、その他傷害治療や疾病治療も最高200万円が補償される、手厚い補償内容となっています。

国内旅行傷害保険は利用付帯で最高1,000万円

国内旅行傷害保険は、交通費や宿泊費、ツアー料金などを日本盲導犬協会カードで支払うことが付帯条件となりますが、入院・通院・手術費用も付帯しているので、万一の場合はとても助かりますよ。

補償内容 補償金額
死亡 最高1,000万円
後遺障害 30万円~1,000万円
入院費用 5,000円/1日
手術費用 種類に応じて、5万円/10万円/20万円
通院費用 3,000円/1日

もちろんカード盗難保険も付帯しています

カードの紛失・盗難保険は今ではどのクレジットカードにも付帯していますが、日本盲導犬協会カードでは、損害補償の期間が121日と長期になっているのが特徴です。

  • 届出前60日
  • 届出後60日
  • 合計121日の長期保証

ただし、警察への被害届を提出しないと適用となりませんので、ご注意くださいね。

全国17万カ所以上の優待が利用できるJ’sコンシェル

J'sコンシェル

日本盲導犬協会カードはJACCS発行のクレジットカードですから、JACCSがカード会員に提供する各種優待が利用できます。中でも、無料で全国17万カ所以上の優待が利用できるJ’sコンシェルは見逃せませんよ。

J’sコンシェルとは、旅行やレジャー施設、リラクゼーションやビューティサロン、グルメ、健康など様々なジャンルの施設を割引価格で利用できる優待サービスのことです。

優待内容説明画像

利用できる優待が多すぎるので、ここでは一部抜粋して案内しますね。

  • カラオケ歌広場:20%OFF
  • シネマサンシャイン:500円割引
  • としまえん:のりもの1日券(入園+のりもの乗り放題)おとな4,300円→1,830円(こどもも割引あり)
  • ナガシマスパーランド:パスポート券おとな5,200円→4,420円(小学生・幼児も割引あり)
  • てもみんグループ:1100円→880円
  • セガ:UFOキャッチャー500円分・メダル300枚無料チケットプレゼント
  • 日産レンタカー:12~50%OFF

日本盲導犬協会カード

公式サイトはコチラ

このように、J’sコンシェルは、カードの年会費さえ払えばあとは完全に無料で利用できる大変お得な優待なのです。この特典を利用すれば、年会費の元は簡単に取れてしまいますよ。

トラベルサービスなどさらなる各種優待も利用可能

さらに、JACCS会員向けの様々なサービスを以下にご紹介します。

サービス 内容
ジャックス・トラベルデスク 国内・海外ツアー3%~5%OFF
海外用モバイルデータ通信レンタルサービス 10%OFF
海外おみやげサービス 20%OFF
・ハーツレンタカー
・エイビスレンタカー
5%~20%OFF
・海外レストランWEB予約サービス
・海外リザーブサービス※
・国内ホテル予約サービス
国内・海外のレストランやホテル、
各種チケットの予約手配
※印のみ1件につき2,000円(税別)
・アート引越センター
・ハート引越センター
・サカイ引越センター
引越代金(基本作業料)の20%OFF

ご覧のように、お引越しから国内・海外の旅行に関する割引や便利なサービスまで、様々な会員専用の優待が用意されています。

年会費が必要と言っても年間1,250円(税別)なので、記事内にあるように月に缶コーヒー1本分です。

J’sコンシェルの優待などを利用すれば、年会費の元はすぐに取れてしまいますよ。

日本盲導犬協会カードの基本情報をご紹介

では、最後に日本盲導犬協会カードの基本情報をご紹介しておきましょう。

日本盲導犬協会カード

公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 日本盲導犬協会カード
国際ブランド VISA・JCB
年会費 初年度無料、次年度以降1,250円(税別)
家族カード 初年度無料、次年度以降400円(税別)
ETCカード 発行手数料・年会費無料
ラブリィポイント ・基本還元率1.0%(200円につき2ポイント)
・ラブリィ☆アップステージ(年間利用額に応じて最大100%アップ)
・JACCSモール経由で最大+12%
旅行傷害保険 【海外】最高2,000万円(自動付帯)
【国内】最高1,000万円(利用付帯)
その他保険 ・カード盗難保険
・ネットあんしんサービス
日本盲導犬協会
への寄付 ※1
・入会時:1,000円 (家族カードは対象外)
・カード利用金額の0.5%
・2年目以降の年会費から毎年500円
その他特典 ・J’sコンシェルによる各種施設での割引優待
・ジャックス・トラベルデスクの国内・海外ツアー最大5%OFF
・海外用モバイルレンタルサービス10%OFF
・海外おみやげサービス20%OFF
・海外レンタカー最大20%OFF
・海外レストランや国内ホテル等予約サービス
・引っ越し3社20%OFF

※1 寄付金は全てJACCSから行われますので、利用者負担はありません。

盲導犬育成のための寄付はカード会社が負担するので、利用者への負担は全くありません。

いつものようにカードを使うだけで盲導犬育成に協力ができ、しかも充実したサービスを受けられるのが、このカードの最大の魅力と言っていいでしょう。

日本盲導犬協会カードに入会すればいつの間にか盲導犬育成が進む

記事内でお伝えしたとおり、国内ではまだまだ盲導犬が不足している状況です。

日本盲導犬協会カードなら、入会時に1,000円、毎年の年会費から500円、さらに利用額の0.5%が自動的に日本盲導犬協会に寄付されますから、1人でも多くの方がこのカードに入会することで、その分盲導犬育成が進み、目の不自由な方へ貢献することができます。

もちろん、ポイントが常時2倍、日常やレジャー、旅行などがお得に楽しくなる多彩な優待、旅行傷害保険など、付帯特典も充実しています。

メインカードを既にお持ちの方でも、サブカードとして日本盲導犬協会カードに入会して、盲導犬育成に貢献してみてはいかかでしょう。

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断