オリコ「OricoCard THE POINT」

ふるさと納税の利用に最適!
高還元のオリコカードザポイント

ふるさと納税はクレジットカードがお得!ポイントも特産品もゲット

ふるさと納税はクレジットカードがお得!ポイントも特産品もゲット

「ふるさと納税」の制度は、多くの方が既にご存知と思います。あまり興味がない!と言う方も返礼品がもらえて、しかも税金も控除されますので利用する方がお得になります。

ふるさと納税する時に便利なアイテムが、クレジットカードなのです。クレジットカードを利用してふるさと納税を行えば、カードポイントを多くゲットできますし、返礼品がプレゼントされたり、ポイント還元を選ぶこともできます。

今回は、お得なふるさと納税制度について判りやすく解説すると共に、クレジットカードを利用したふるさと納税の方法をお伝えしていきますね。

ふるさと納税について詳しく解説しておきましょう

ふるさと納税ってよく聞くけど、どんな制度なのか良く判らないし実際に損するのでは・・

このようなイメージを持たれている方も多いはず。でも、ふるさと納税制度は、決して損するものではありませんからご安心ください。

ふるさと納税とは自治体に対する寄付

納税という単語を使っていますが実際には「寄付」が正解で、寄付先は全国の都道府県や市町村です。

ふるさと納税の概要とは以下のようなものです。

  • 自身が寄付したい自治体を選ぶ
  • 寄付した自治体から返礼品がもらえる
  • 寄付額の2,000円以上の金額が税金から控除される
  • 控除額は所得割合いの2割が限度

簡単に解釈すれば、ふるさと納税を2,000円以上行うと寄付先の自治体から、お礼の品物をもらえて、しかも税金が安くなる!と、言うことなのです。

ただし税金が安くなるといっても、実際には控除された金額をふるさと納税として納めている訳ですから、支払う税金の合計額は変わりません。

つまりふるさと納税を単純化するなら、2,000円の出費で返礼品が貰える仕組みと言っていいでしょう。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税メリット説明画像

  • 寄付先の特産品がもらえる
  • 被災地復興や教育施設など税金の使い道を選べる
  • クレジットカード利用でポイントが貯まる
  • 好きな自治体を応援できて地域活性化に繋がる
  • 地域に貢献しながら税金の控除が受けられる

ふるさと納税は自分で税金を納める地域を選べるというメリットに加えて、返礼品まで貰えるんですから人気が高いのも当然ですよね。

そこでふるさと納税サイト「さとふる」の人気ランキング上位の品を見てみましょう。

納税自治体 納税額 返礼品 控除額
長野県高森町 20,000円 シャインマスカット約2kg 18,000円

この例ではたった2,000円の負担金で、地元産のシャインマスカット約2kgが手に入る訳です。

人気の高い返礼品はすぐ品切れとなりますが、これ以外にも地方独自の特産品やお肉・鮮魚・電化製品・日用品など、まるでショッピングモールのごとく多彩な商品が返礼品として用意されています。

ふるさと納税は基本的に返礼品から選ぶ

返礼品の目玉はどこでも手に入らない「地域独自の特産品」で、これらは常に大変な人気となっています。

以下「さとふる」から一例をご紹介しましょう。

返礼品 ふるさと納税先 納税額
みかん秀品10キロ 和歌山県和歌山市 10,000円
特大本ズワイガニしゃぶしゃぶセット1キロ 北海道紋別市 20,000円
米沢牛 焼肉 1kg(500g×2パック) 山形県小国町 20,000円
「はえぬき」15kg 山形県河北町 10,000円
ウィルキンソン炭酸水 500ml×24本 大阪府泉佐野市 5,000円

返礼品はシーズンによって変わるので、季節ごとの地方の名産品を選ぶ楽しみも味わえますね。欲しくない物を返礼品としてもらっても嬉しくないですから、ふるさと納税は自身が欲しい返礼品と納税金額を見ながら決めることになります。

上表には特産とは関係ないものも含まれていますが、こういった比較的金額の低い寄付は、複数のふるさと納税を行う際の調整に便利です。

この後ご説明しますが、ふるさと納税においてはこの金額調整がとても重要なのです。

ふるさと納税できるのは年間所得の2割が上限

何件納税しても負担金は同じ2,000円ですから、ふるさと納税はやればやるほどたくさんの返礼品がもらえてお得です。

しかし税金がタダになるまでふるさと納税しようと思ってもそうはいきません。先の総務省のイメージにもあったように、控除額は所得割合いの2割が限度とされているからです。

この上限額については、年間所得・家族構成などによって細かく設定されています。次にご紹介する総務省の「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」からご確認ください。

【お得な寄附額の上限額を確認】
全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安

またふるさと納税サイトでは、シュミレーターによって控除額を割り出すことも可能です。

クレジットカード払いでふるさと納税がよりお得に!

ふるさと納税では、返礼品以外にもメリットを得られるいい方法があります。それがクレジットカード払いです。

ふるさと納税の支払い方法

  • 納付書による現金払い
  • 銀行振込
  • 現金書留
  • クレジットカード

ふるさと納税は上記のように様々な支払い方法が可能ですが、現金や振込みには特にメリットはありませんし、現金書留だと郵送費がかかってしまいます。

しかしクレジットカード払いには一切コストはかからず、寄付金に応じてカードポイントまで貯まるのです。

ふるさと納税の返礼品に加えてカードポイントをゲット

例えば先ほどのシャインマスカットの例だと、還元率1%のカードで長野県高森町に20,000円寄付すれば、クレジットカードには200ポイント(200円相当)貯まります。

以下はあるご家庭のふるさと納税の例ですが、この通り還元率1%のクレジットカードで寄付することによって、返礼品に加えて相当額のポイントまでゲットできるのです。

ふるさと納税寄付金8万円の例

寄付金総額 自己負担金 メリット
8万円 2,000円 ・コシヒカリ10kg×3セット
・上州牛焼肉セット
・厳選フルーツセット
【+800円分のポイント】

なおふるさと納税は同じ自治体に何度でも寄付できますし、一度に複数の自治体に寄付しても構いません。上記の例では1年間で2つの自治体にふるさと納税しています。

この通りクレジットカードでふるさと納税すれば、各地の返礼品の数々に加えて寄付金の合計金額に対して1%分のポイント=800円分まで獲得できるんですね。

このお得な方法を見逃す手はありません。ふるさと納税には、現金や振込でなくぜひクレジットカードをご利用ください。

ふるさと納税制度って、僕たち学生でもできるのでしょうか?
教授はふるさと納税制度を、利用されているのですか?
私は当然利用していますし、学生でも可能ですよ。
ですが、ほとんどの学生は親御さんの扶養に入っているので、減税の対象にならないでしょう。
ただ、寄付をして返礼品をもらうことは可能ですよ!

ふるさと納税におすすめのクレジットカード4選

先にも案内しましたが、ふるさと納税にはぜひクレジットカードをご利用ください。クレジットカードなら寄付分のポイントを獲得できるので、返礼品と合わせてダブルでお得だからです。

ただし控除を受ける人とカードの持ち主が異なると、寄附が適正に処理できない場合もあります。ふるさと納税するなら、必ず自分名義のカードが必要なのです。

これからふるさと納税がお得になるクレジットカードを、4枚ご紹介していきますね。

ふるさと納税におすすめの高還元カード!オリコカード・ザ・ポイント

先にご紹介したふるさと納税サイト、ふるぽ・ふるなび・さとふる・ふるさとチョイスでは、直接クレジットカード決済が行えたり「Yahoo!公金払い」を利用したクレジットカード決済が可能です。

その際にお得なクレジットカードは、「オリコカード・ザ・ポイント」です。年会費無料で100円=1オリコポイントと、還元率は常時1.0%、入会後6ヵ月以内であれば2.0%の高還元率カードなのです。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 オリコカード・ザ・ポイント
年会費 永年無料
国際ブランド JCB・MasterCard
スペック ・還元率は常時1.0% 100円=1オリコポイント
・入会後6ヵ月間は、還元率2.0%の高還元カード
・オリコモール経由で0.5%の特別加算
・500ポイントからリアルタイムにポイント交換が可能
・海外、国内旅行の充実したトラベルサービス
・iDとQUICPayをダブル搭載

ANAのふるさと納税を利用するならANAアメックス

ANAのふるさと納税を利用すれば、寄付金額100円につき1マイルが貯まります。AMAふるさと納税に最もおすすめなのがANAアメックスですね。

ANAアメックスはマイル付与率1%(100円につき1マイル)と高く、AMAふるさと納税に利用すればマイル付与率が2%になります。

アメックスのプロパーカードは一般のグリーンカードでも年会費12,000円(税別)のところ、ANAアメックスなら7,000円(税別)とリーズナブルな価格で持てるだけでなく、ANAアメックスならマイルを無期限で貯められるのが最大のメリットです。

マイルの有効期限に悩む必要もなく貯める事ができ、貯まったマイルを長距離の特典航空券と交換すれば1マイルの価値を高める事ができますよ。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 ANA アメリカンエキスプレスカード
年会費 初年度年会費無料 次年度7,000円(税別)
国際ブランド アメリカンエキスプレス
スペック ・最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
・最高2,000万円の国内航空保険が自動付帯
・年間最高200万円までのお買物安心保険が付帯
・同伴者1名まで空港ラウンジ無料
・帰国時空港手荷物無料宅配サービス
・アップルワールド.com利用5%オフ
・H.I.S会員限定割引特典
・一休.com会員限定特典
・日本旅行「厳選の宿」5%オフ
・Expediaで会員優待料金 ホテル8%オフ

さとふるでポイント5倍!エムアイカードスタンダード

さとふるでポイント5倍

エムアイカードスタンダードは、三越伊勢丹などで還元率の高いクレジットカードですが、注目したいのがふるさと納税サイト「さとふる」でポイント5倍=還元率2.5%になることです。

さとふるを使うなら、このカードが絶対におすすめですよ。年会費も年1回の利用で無料ですから実質無料と言えますし、店頭でカードを受け取れるので最短即日発行も可能です。

ふるさと納税の期限は12月31日(受領日)です。駆け込み納税したい方は、ぜひエムアイカードスタンダードの申し込みを検討してみてくださいね。

このカードは三越伊勢丹での利用が高還元だけでなく、様々なレジャー施設が優待価格で楽しめるので、お出かけにも役立ちます。

優待が豊富なクレジットカードですから、ふるさと納税以外でも大活躍してくれること間違いなしですからね。

MICARD(エムアイカード)の画像

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 エムアイカードスタンダード
年会費 500円 初年度無料
Web明細利用+年1回の利用で2年目以降無料
国際ブランド VISA
スペック ・基本還元率0.5% 
・さとふるはポイント5倍
・一休.com、Booking.comなどポイント5倍
・ミーツ、ラシックは還元率3% 
・三越、伊勢丹など還元率1%
・IjiCurry dell’Asia:5%OFF
・深夜食堂58ページ:5%OFF
・富士急ハイランド:400円OFF

楽天ふるさと納税には「楽天カード」

楽天ふるさと納税を利用するなら、当然ながら「楽天カード」がお薦めです。楽天カードの基本還元率は1%ですが、楽天市場で利用すれば還元率が3%までアップします。

更に時期によって変わりますが、ポイントアップ中の自治体があれば、その自治体を選ぶ事によって更なる高還元となりますよ。

楽天カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 楽天カード
年会費 永年無料
国際ブランド JCB・MasterCard・VISA・Amex
スペック ・還元率は常時1.0% 100円=1ポイント
・楽天ポイントカード搭載で加盟店で提示するだけでポイント獲得
・楽天グループで利用すれば、ポイント2倍以上
・街の加盟店利用でポイント最大3倍
・24時間体制の不正利用感知システムで安心
・ネット不正あんしん制度でネット上の不正利用を補償
・商品未着あんしん制度で楽天市場の買い物が安心
・海外でのトラブルも安心できる海外緊急サービス
・最高2,000万円の充実した海外旅行傷害保険が利用付帯
・電子マネーEdyが標準搭載

ふるさと納税はここにご注意!寄付で得するためのコツ

ふるさと納税は寄付ですから誰でも行えます。学生でも主婦でも、手続きさえすれば好きな地域に寄付できますし、もちろん返礼品ももらえます。

問題は、必ずしもふるさと納税で得できるとは限らないということです。次にふるさと納税で得するためのコツと注意点についてご説明しましょう。

寄付額が控除額を上回ると損してしまう

ふるさと納税がお得だと言われるのは、寄付した分の税金が控除される上に返礼品が貰えるからです。

従って税金を払っていない人がふるさと納税したとしても、控除はないので純粋な寄付だけになります。もちろん特産品など返礼品は貰えますが、コスト的には持ち出しですよね。

また寄付額が控除の上限額を上回る場合も、超過分については控除を受けることができないので、やはりコストパフォーマンスは悪くなります。

ふるさと納税で得するには、まず税金を支払っていること、そして寄付の金額を控除額の上限以内に抑えることが重要なんですね。

ふるさと納税した時点では控除額の上限は確定していない

問題はふるさと納税する時点では、まだ控除額の上限が確定していないことです。先ほどの「全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安」や、ふるさと納税サイトのシミュレーションなどを使ってある程度の予測はできても、正確な金額はわかりません。

なので控除の上限を超えるほど多額の寄付をすれば、一部控除を受けられない可能性も出てくるのです。

ふるさと納税で損しないためには、必ず寄付額を控除額内におさめねばなりません。なので実際に寄附する際には、予想される控除額の2割減を目標額にするのが妥当です。

ふるさと納税は住宅ローン控除との併用も可能

では住宅ローン控除との兼ね合いはどうなるのでしょうか?住宅ローン控除とは「住宅借入金等特別控除」のことで、ローン契約時から10年間毎年のローン残高の1%を所得税(及び住民税)から控除する仕組みのことです。

ふるさと納税も税金の「控除」となるので、ダブルで控除できるのか!?と心配になるかもしれません。

  • 基本的に両方の控除を受けることは可能
  • ただし納税している税金からの控除なので納税額以上は無理
  • 控除額が少なくなる場合もあるが、返礼品はもらえるのでお得

このように、住宅ローン控除を受けていても、ふるさと納税での控除も受けることができますのでご安心ください。

ただ控除額には上限があるため、5万円寄付したから48,000円分控除されると思っていても、実際には20,000円しか控除されなかった・・と言うパターンも考えられます。

この場合も返礼品は貰えるので丸損はしませんが、コスパが悪くなることは避けられません。

ふるさと納税には確定申告が必要

ふるさと納税すると税金の控除が受けられますが、これは自動的に行われるのではなく、必ず手続き=確定申告が必要です。

以下がふるさと納税から還付までの流れです。ふるさと納税したら、翌年に確定申告しないと控除を受けることができません。

ふるさと納税の流れ説明画像

  • 1〜12月の間にふるさと納税を行う
  • 各自治体から「返礼品」と「寄附金受領証明書」が届く
  • 翌年の2月〜3月に確定申告する
  • 1〜2ヶ月後に所得税から還付される
  • 3〜4ヶ月後に住民税通知(控除後)が届く

ふるさと納税では「2,000円を引いた残り全額が一度に還付される」と誤解されがちですが、実際にはこのように住民税と所得税に分けて控除されます。

確定申告には「寄附金受領証明書」が必要

確定申告に必要な書類は以下の通りで、寄付の際に受け取る「寄附金受領証明書」が必要となります。

確定申告必要書類説明画像

  • 寄附金受領証明書
  • 個人番号確認書類
  • 本人確認書類

なお寄附金受領証明書は返礼品とは別に届き、送付時期は自治体によって異なります。早いところは申し込み完了後10日で発送されますが、殆どの自治体は2ヶ月程度が目安です。

証明書は再発行も可能ですが、手続きに時間がかかりますから失くさないようご注意ください。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用しよう

でも確定申告なんて、めんどくさいですよね。そこで、便利な制度が「ワンストップ特例制度」です。

ふるさと納税ワンストップ特例説明画像

基本的に下記2つの条件を満たしていれば、ワンストップ特例制度を利用でき、確定申告の必要はなくなります。

  • 確定申告不要な給与所得者であること
  • 1年間のふるさと納税先の自治体が5自治体以下であること

その他、年金所得者の方の場合も一部利用可能となっていますが、上記の条件の当てはまらない方は、お近くの税務署に相談されると良いですよ。

では、実際にふるさと納税を申し込んで、確定申告ナシのワンストップ特例制度へ申請するまでの流れをご紹介しましょう。

ステップ1:ふるさと納税対象の自治体を選ぶ

先にお伝えしたとおり、ふるさと納税先の自治体は「返礼品と納税額」を検討して決定する方がほとんどです。この場合、以下のようなふるさと納税サイトを利用するのが最も効率よい方法となります。

上記はお薦めの、ふるさと納税サイトになります。「楽天ふるさと納税」や「ANAのふるさと納税」サイトでは、この後でご紹介するクレジットカードを利用すればポイントやマイルの獲得も可能となるので、お得なサイトですよ。

ステップ2:寄付を申込み寄付金を支払う

先に紹介したサイトでは、通常のインターネットショッピングと全く同じ感覚で支払いを完了できます。もちろんクレジットカードが使えますよ。

寄附金控除の上限額は、サイトのシュミレーターで試算できますので、それよりも低い金額を目安に寄付を申し込んでください。

ふるさと納税に制限はないのですが、ワンストップ特例制度を利用するには1年間の寄附先が5自治体を超えてはいけません。

また確定申告は1年に1度ですが、ワンストップ特例制度は寄附する度にその都度手続きが必要となります。

ステップ3:証明書と返礼品が送られてくる

納税が完了すると返礼品が送られてきますが、証明書などの書類は別送されるのが普通です。ふるさと納税した後は、送られてくる郵便物に気をつけてくださいね。

「寄附金受領証明書」は確定申告に、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」はワンストップ特例制度を利用する際に必要ですので、大切に保管しましょう。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」は、自治体によって送付されないケースもあります。その場合は、ふるさと納税サイトにて申請用紙をダウンロードしてください。

ステップ4:「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を自治体に送付

ワンストップ特例制度では「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入の上、納税先の自治体に送付します。

万一、送付し忘れても確定申告にて控除は可能なのでご安心ください。

  • 特例制度の申請締め切りは、納税を行った翌月の1月上旬
  • 年明けには申請を完了しておく必要がある
  • 遅れた場合は確定申告にて対応可能

ステップ5:翌年6月頃に住民税の控除通知が届く

ふるさと納税を行った翌年の6月頃に、お住いの自治体から住民税の控除通知書が届きます。

この通知書によって、どのくらい減税されたのかが初めて判るのです。

ワンストップ特例制度は便利なだけでなく、住民税からのみの控除(確定申告の場合は所得税と住民税から控除)となるため、住宅ローンとの併用にも適しています。

ワンストップ特例制度に必要な書類

最後にワンストップ特例制度に必要な書類をお伝えしておきましょう。

  • 寄附金税額控除に係る申告特例申請書
  • マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード
  • 運転免許証など本人確認書類(通知カードの方)

ワンストップ特例制度を利用する方は、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」の送付を忘れないでくださいね。

ふるさと納税には基本的に確定申告が必要ですが、サラリーマンには「ワンストップ特例制度」も可能です。この方法が使える方は、ふるさと納税しても確定申告が必要ありません。

ふるさと納税はお得な節税対策!支払いはクレジットカードが超お得

ふるさと納税制度は、各自治体同士の過激な返礼品競争により、総務省が規制を設けるほどの人気ぶりです。

実際に、納税した金額マイナス2,000円分が税金から差し引かれ、金額に応じたお好きな商品が手に入るのですから、人気もでるはずですよね。

納税時の支払いは是非、クレジットカードで支払いましょう!返礼品+税金控除+ポイント獲得で3倍お得ですよ。

今回ご紹介したおすすめのクレジットカードへの入会も是非検討してみてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断