無料でETCカードを複数枚発行可能
年間最大18万円のキャッシュバック

JCBビジネスプラス法人カードで経費を削減!会計処理も楽に!

JCBビジネスプラス法人カードで経費を削減!会計処理も楽に!

法人カードとして評価の高いJCBビジネスプラス法人カードをご紹介します。このカードの最大の特長は、ポイントプログラムではなくキャッシュバックを採用していること。しかも利用額によって年間最大18万円キャッシュバック!。非常にお得なカードです。

それだけでなく、経費や時間の節約に役立つ特典がたっぷり。ホテルの予約や切符の手配もスムーズで、出張や会計処理がグンと楽になります。法人または個人事業主の方は、ぜひご検討ください。

キラキラJCBビジネスプラス法人カードの写真JCBビジネスプラス法人カードの公式はこちら

仕事が楽に!JCBビジネスプラス法人カードで実現する合理化

  • 交通費や出張費を現金還元!年間最大18万キャッシュバック
  • 出張が楽になるJCBビジネスプラス法人カードの便利な機能
  • ETCカードが無料で複数枚発行可能
  • 経費の無駄が省ける!JCBビジネスプラスの特典
  • 時間が節約できる!法人カードだけのサービス

JCBビジネスプラス法人カードの最大の特長は、キャッシュバックシステムだということ。ポイントが貯まる代わりに毎月現金が戻ってくるお得なカードです。

上位カード・ゴールドとの比較も取り混ぜつつ、次章からJCBビジネスプラス法人カードについて詳しくご紹介していきます。

JCBビジネスプラス法人カードはキャッシュバックシステムを取り入れた法人カード。ポイントよりも現金がいいという方は是非ご注目ください。

これ以外にも、便利でお得な機能が満載。旅行や交通に関してメリットが多いため、出張の多い経営者の方には一押しです。

JCBビジネスプラス法人カードで年間で最大18万キャッシュバック

JCB法人カードメリット説明画像

法人クレジットカード選びで気になるのが維持費のこと。この章では、JCBビジネスプラス法人カードの年会費はどのくらいかかるのか、またカード利用額はどのくらい還元されるのかを明らかにしていきます。

年会費はお手頃価格の1,250円

JCBビジネスプラス法人カードは法人もしくは個人事業主の方対象のビジネスカード。スタンダードなら年会費はたったの1,250円(税別)、オンラインで申し込めば初年度は無料です。

また、ゴールドなら1枚3,000円で従業員カードを追加発行できます。

内容 JCBビジネスプラス法人 JCBビジネスプラスゴールド法人
年会費 1,250円(税別)
※オンライン入会で初年度無料
10,000円(税別)
※オンライン入会で初年度無料
※追加カードは3,000円(税別)

ゴールドの年会費は高いと敬遠されがちですが、クレジットカードの年会費なら経費として計上できますよ。

JCBビジネスプラス法人カードなら事務処理も効率化できますし、利用額に応じて最大3%ものキャッシュバックを受けられます。

JCBビジネスプラスカードなら出張旅費が最大3%キャッシュバック

JCBビジネスプラス法人カードはポイントの貯まらないクレジットカードで、その代わりに毎月キャッシュバックされるシステムです。

そして少しでも多くのキャッシュバックを受けるには、この仕組みをよく理解していることが重要なのです。JCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバックシステムは、以下のように2段階構造になっています。

JCB法人カードキャッシュバック流れ説明画像

  • ①キャッシュバック率の決定
  • ②キャッシュバックの実施

まず①キャッシュバック率の決定です。キャッシュバック率は、このように前月のカード利用額に応じて決まります。

月間カード利用額 キャッシュバック率
5万円未満 0%
5万円~20万円未満 0.5%
20万円~40万円未満 1.0%
40万円~60万円未満 1.5%
60万円~80万円未満 2.0%
80万円~100万円未満 2.5%
100万円以上 3.0%

出張旅費がキャッシュバックの対象

さて利率が決まれば、次はいよいよ②キャッシュバックです。①で決定したキャッシュバック率は、実は翌月のカード利用全額に適用されるのではありません。このように「交通費」や「出張旅費」のみに適用されるのです。

キャッシュバックが適用される交通費の内訳は以下の通りです。このような支出が極端に少ない会社だと、キャッシュバックの旨味は薄まってしまいます。

  • JRの運賃
  • 高速道路料金
  • ガソリン代
  • タクシー料金
  • レンタカー代金
  • 航空チケット代
  • 宿泊代金
  • 旅行代理店への支払い

宿泊つきの出張は還元率アップのチャンスとなりますが、海外利用分はキャッシュバック対象外となりますので注意が必要です。

海外出張が多い場合なら、海外利用分がポイント2倍となるポイント型のJCB法人カードを検討してもいいかもしれませんね。

キャッシュバックの注意点

  • 月間利用額が5万円以下なら翌月のキャッシュバックはない
  • キャッシュバックは交通費や出張旅費だけに適用される
  • キャッシュバック金額の上限は月額15,000円まで
  • 海外での利用は対象外

キャッシュバックの上限が月15,000円ですから、年間で最大18万円のキャッシュバックが受けられて、経費削減にも繋がります。

出張が少ないならポイント型・JCB法人カードもおすすめ

出張費が少ないならポイント型のJCB法人カードがおすすめですよ。こちらなら海外ではポイント2倍ですし、Oki Doki ランドなどポイントアップのチャンスが沢山あるので、これらを最大限に活用すればかなりのポイント数を獲得できるでしょう。

  • 年会費1,250円※初年度無料
  • 1,000円利用で1 Oki Dokiポイント付与
  • JCB海外加盟店(オンラインショップも)の利用はポイント2倍
  • ポイントのJAL、ANA等へのマイル移行は不可

JCBカードのOki Dokiポイントの基準の還元率は0.5%ですが、優待によるポイント倍増のチャンスも多く、法人カードならばかなりのポイントを貯めることができるでしょう。

しかしポイントは使わないと意味がなく、貯めっぱなしでは失効を待つばかりです(一般カードの有効期限は2年)。

ポイントの交換先をあれこれ考えるのは面倒だという経営者の方には、キャッシュバック型・JCBビジネスプラス法人カードがお薦めですね。

JCBビジネスプラス法人カードは、キャッシュバックが特長のクレジットカードなんですね。

でもJCBカードにはポイント獲得率がアップするいろんなプログラムがあるし、結果的にはポイント制の方がキャッシュバックよりもお得なんじゃないですか?

キャッシュバック制には、何よりもポイントの交換先や有効期限のことを考えずに済むという大きなメリットがあります。何もしなくても毎月自動的に換金されるので、忙しい経営者にとっては無駄がありません。

ただJCBビジネスプラス法人カードのキャッシュバック率は交通費や出張旅費のみに適用されるため、出張がほどんどないならポイント型がおすすめですね。

交通に強い!JCBビジネスプラス法人カードで出張もラクラク

JCBビジネスプラス法人カードは、出張の多いお仕事にはピッタリ。予約や旅行に便利なサービスが、出張の手配や経費の管理を今よりずっと手軽にしてくれます。

なおこれからご紹介するサービスの利用額は、全てキャッシュバックの対象です。頻繁に利用すれば、それだけ経費の節約に繋がりますよ。

ネット予約サービスがあれば急な出張もOK

出張の予約をオンラインで簡単に!オンラインで発券、チケットは搭乗前に空港で受け取れるなど、急な出張予約にも対応します。

  • JCB.ANA@desk:オンラインで航空券の発行
  • JCB de JAL ONLINE:オンラインで航空券の発行
  • じゃらんコーポレートサービス:オンラインで宿の予約

また宿の手配もネットにお任せ。じゃらんコーポレートサービスなら、法人向けに安価な限定プランが見つかります。

JR東海エクスプレス予約で新幹線がお得

JCBビジネスプラス法人カードなら、東海道・山陽新幹線(東京~博多間)のネット予約サービス&チケットレス乗車の「エクスプレス予約」を利用頂けます。

エクスプレス予約説明画像

JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)の年会費は 1,000円(税別)ですが、新幹線料金が以下のように優待価格で利用頂けますので、とてもお得ですよ。

区間 「のぞみ」
通常運賃
EX予約サービス
東京・品川
⇔新大阪
14,450円 13,370円
(-1,080円)
東京・品川
⇔博多
22,950円 21,320円
(-1,630円)
名古屋
⇔博多
18,540円

往復予約の場合
17,420円

16,650円
(-1,890円)

往復予約の場合
15,330円
(-2,090円)

支払いはJCBビジネスプラス法人カードで!もちろんこれもキャッシュバックの対象です。

給油専用カードで給油がラクラク

JCBビジネスプラス法人カードなら、エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードが1枚につき96円で発行できます。

エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード

このカードの大きな特長は、計量器にカード(キーホルダータイプもあり)をかざすだけで精算できるということ。もちろん利用明細はオンラインでチェック、ダウンロードも可能です。

会社のお客様にはJCBタクシーチケットを

お客様の送迎にはタクシーが欠かせません。JCBタクシーチケットは、JCB提携のタクシー会社で利用でき、代表者の署名があればどなたにでも使ってもらえます。

JCBタクシーチケット

  • 20枚綴り
  • 一冊につき手数料300円
    (ゴールドカードは無料)
  • 1ヶ月10冊まで購入可能
  • チケット1枚につき利用上限は1万円未満
  • 複写式で利用控えが残る

なおチケットは電話かインターネットで注文後、簡易書留で届きます。なお発行手数料の300円は、JCBビジネスプラスゴールド法人カードならば無料です。

年会費無料でETCカードを複数発行できる

JCBビジネスプラス法人カードなら、年会費無料でETCスルーカードNを複数発行できます。ETCスルーカードNはETC専用のICカードでクレジット機能はついていませんので、「従業員にカードを持たせたくない」という経営者の方でも安心ですよ。

JCBビジネスプラス法人カードとの同時申込みもできますが、必要に応じて後からオンラインもしくは郵送での追加申込みも可能です。

ETCスルーカードN

  • 年会費無料
  • JCBビジネスプラス法人カードと同時申込みも可能
  • 後日申込む場合は、MyJCBもしくは郵送で
  • 発行枚数は希望通りにならない場合も
  • 利用代金は一括して法人カードに請求される

従業員が利用の都度費用請求するといった手間が一切かかりませんし、申告漏れの心配もありません。

ETCカード1枚ごとに明細書が発行されるため、代表者は従業員一人一人の走行日・利用区間・金額が全てを把握することができます。

なお利用明細は、インターネットサービスの「JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス」から、代表者が何時でも確認できるようになっています。

便利な電子マネーQUICPayも追加できる

JCBビジネスプラス法人カードなら、QUICPayカードやQUICPayモバイルを追加することができますよ。

QUICPayマーク

QUICPay(クイックペイ)とはチャージ不要の電子マネーのことで、かざすだけで簡単に支払いが完了します。

カード型でもモバイル型でもお好きな方を選んで追加できますし、支払いもJCBビジネスプラス法人カードの利用分として精算できて少額決済に便利なアイテムですね。

ETCスルーカードNは毎月明細書が発行されるため、経費の管理が非常に楽です。請求は一元化されますが、明細書はETCカード1枚毎に区別されており、従業員が何人いてもごっちゃになることはありません。

コストダウンが可能!JCBビジネスプラス法人カードの豊富な特典内容

JCBビジネスプラス法人カードなら、個人事業主や会社経営者に役立つこんなサービスも利用できますよ。

  • アスクルサービス(オフィス用品通販)
  • 福利厚生倶楽部を優待価格で利用可能
  • ソリマチ(利用明細が会計ソフトに)
  • 弥生
  • Concur Expense
  • 楽楽精算

ソチマチ、弥生、Concur Expenseは、経理事務作業を効率化できるサービスで、JCB法人カードの利用明細を会計ソフトに取り込める為、面倒な仕分け作業が減り業務の効率化が図れます。

格安で各種サービスが利用できる福利厚生倶楽部

従業員の福利厚生のことで頭を痛める経営者の方には、福利厚生倶楽部「RELO CLUB」の入会がお薦めです。

取り扱うメニューはこのように多岐にわたりますが、福利厚生倶楽部は単なるパンフレットではありません。従業員の福利厚生全般をあなたに代わって代行してくれる心強い存在です。

  • フィットネスクラブ
  • 育児
  • 介護
  • 人間ドック
  • リゾート施設の利用

しかもJCBビジネスプラス法人カードには優待価格が適用されます。例えば社員数100人未満の会社なら、通常価格よりもこんなにお得です。

福利厚生倶楽部 通常価格 JCBビジネスプラス法人カード優待価格
入会金1社につき30,000円 無料
月会費1人あたり1,000円 940円
JCBビジネスプラス法人カードには経営者や個人事業主に役立つ機能がいろいろあって、起業したての方には勉強になりますね。

いずれも長い目で見るとコスト削減効果の高いものばかり。カード入会を機会に様々なサービスを活用して、積極的に経費節減を目指してくださいね。

旅行保険が必要ならゴールドカードがおすすめ!ゴールドの特典内容

ゴールドの年会費は10,000円にアップしますが、その代わりこのように高い補償額の旅行保険が自動付帯します。

年会費は経費で落とせますし、ゴールドなら海外も国内もカード利用に関係なく適用される非常にメリットの大きい保険が付帯するので、海外出張が多いならゴールドの方がおすすめですね。

海外旅行傷害保険補償内容

ゴールドには以下のような海外旅行傷害保険が自動付帯します。カード利用に関係なく補償が適用される充実した補償内容です。

保険の種類 補償額
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 1旅行中
50万円限度
保険期間中100万円限度
死亡・後遺障害 最高1億円
救援者費用 400万円

国内旅行保険補償内容

国内旅行傷害保険も同じく自動付帯ですから、カード利用に関係なく適用される充実の補償内容ですよ。

保険の種類 補償額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
手術 入院日額×倍率
(10倍、20倍または40倍)
通院日額 2,000円

更に、海外・国内共に航空機遅延保険も以下のように付帯します。

補償内容 保険金額
乗継遅延費用保険金
(食事代や客室料)
2万円
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料等の購入費)
2万円
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料等の購入費)
4万円

ゴールドカードならショッピング保険も付帯する

また、ゴールドなら500万円ものショッピング保険も付帯します。ショッピング保険とは、JCBビジネスプラスゴールド法人カードで購入した商品が、壊れたり盗難にあった場合、購入日から90日以内なら補償してくれる保険です。

国内・海外両方の利用分に適用されますから、高額商品の購入も安心ですね。

グルメ優待サービスで全国各地のレストランが20%OFF

グルメ優待イメージ画像

全国250店舗で事前に予約してクーポンを提示すた上でカード決済をすると、飲食代が20%OFFになるグルメ優待が利用頂けます。

ヒルトンやホテル日航、ホテルニューオータニなどの有名ホテルのレストランが利用でき、これらを割引価格で利用できるメリットは大変大きく、ゴールドのグルメ優待は接待にも役立つことでしょう。

空港ラウンジやゴルフエントリーサービスも利用できる

空港ラウンジやゴルフエントリーサービス画像

その他にも全国約1200カ所のゴルフ場のプレー予約を代行してくれるサービスや、空港ラウンジサービスも利用頂けますから、会費を若干上乗せするだけで、このようにカード内容のグレードは大幅にアップします。

更に人間ドックを優待価格で利用できるサービスや、ドクターダイレクト24(24時間年中無休で、健康や介護育児を無料で相談できる)サービスも利用頂けますから、健康管理もサポートして貰えますよ。

JCB法人ビジネスプラスカードの付帯保険は国内ショッピングガード保険だけですが、年会費1万円のゴールドなら、海外と国内の旅行傷害保険など高額補償の保険が付帯します。年会費は経費で精算できますから、接待や出張が多いならゴールドの方がおすすめですね。

JCBビジネスプラス(ゴールド)法人カードの基本情報

JCBビジネスプラス法人カード

公式サイトはコチラ

最後にJCBビジネスプラス法人カードの基本情報をまとめました。入会をお考えの方は、JCBビジネスプラスゴールド法人の基本情報と合わせて比較検討してください。

カード情報 JCBビジネスプラス法人 JCBビジネスプラスゴールド法人
年会費 1,250円(税別)※ 10,000円(税別)※
追加カード年会費 3,000円(税別)※
ETCカード年会費 無料 無料
付帯保険 海外ショッピング保険 ・海外旅行傷害保険
・国内旅行傷害保険
・海外/国内航空機遅延保険
・海外/国内ショッピング保険
その他特典 ・キャッシュバック
・ネット出張予約サービス
・JR東海プラスEX(有料)
・福利厚生倶楽部(有料)
・会計ソフトと連動
・キャッシュバック
・空港ラウンジ無料サービス
・ゴルフエントリーサービス
・健康サービス

※ネット申込みは初年度無料

JCBビジネスプラス法人カードは会計処理も楽になってお得です

JCBビジネスプラス法人カードに入会すると、それだけでも仕事の効率化に繋がりますが、是非このような様々な特典も合わせてご利用くださいね。

またゴールドカードなら、特典は更に増えます。年会費は高くなりますが年会費は経費で落とせますし、特に補償額の高い旅行保険や空港ラウンジサービスが付帯することにご注目ください。

JCBビジネスプラス法人カードは、個人事業主や会社経営者には是非お薦めしたいクレジットカードです。

キャッシュバックや支払いの一元化や明細書発行だけでなく、更なる会計処理の軽減化、出張の手配が簡単になるサービスなど、仕事の効率化にはもってこいの1枚です。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断