オリコ「OricoCard THE POINT」

Kyash(キャッシュ)におすすめ
高還元のオリコカード・ザ・ポイント

Kyash(キャッシュ)のお得な利用方法!ポイント3重取りもできる

Kyash(キャッシュ)のお得な利用方法!ポイント3重取りもできる

最近のクレジットカードでは、ポイントの還元率が低くなってきて残念に思われてる方も多いことでしょう。常時2.0%の還元率であれば、おトクなカードとしてぜひ使いたいですよね。

今回お届けする情報は、面倒な手続きや外出することなく、スマホで直ぐ作れて、還元率が常時2.0%の高還元カード「Kyash」の最新情報をお届けします。

「Kyash」とは一体どのようなカードなのか、作り方やクレジットカードと併用するとポイント3重取りが実現する方法など、おトクな情報が満載です。ポイント生活を送りたい方にとっては、見逃し厳禁ですよ。

高還元カード「Kyash」とは 誰でも作れるプリペイドカード

Kyash

「Kyash」は、誰でも作ることのできるプリペイド式VISAカードです。プリペイド式なのでカード審査はもちろんありません。

使い過ぎることはありませんし、LINEPayのように割り勘請求もできる機能も付帯してるので便利ですね。

還元率2.0%は大きい 還元方法はキャッシュバック方式

「Kyash」はポイント還元でなく、キャッシュバック方式で2.0%が還元される仕組みとなっています。

  • 1月10日に1,000円利用
  • 1月20日に5,000円利用
  • 2月5日に売上電文を受信
  • 2月末までに120円キャッシュバックされる(1月分)

キャッシュバックは、月単位の利用金額で決定されます。そしてキャッシュバックされるのは、利用月から1ヵ月後となりますよ。

ちょっと遅い感じもしますが、利用し続けていれば勝手にキャッシュバックされるので、不便さは感じることはないでしょう。

キャッシュバック対象外も存在するので注意

「Kyash」は2.0%と高還元ですが、通常のクレジットカードのように電気代などの支払いではキャッシュバックされません。

  • キャンセルした買い物の決済
  • WAONnanaco楽天Edyなどのチャージ
  • モバイルSuicaでの購入やチャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaでの購入やチャージ
  • 交通系電子マネー利用分
    (PASMOやSUGOCA、SMART ICOCA等)
  • 寄付の支払い
  • 公共料金の支払い
  • 各種税金、ふるさと納税の支払い
  • 年金の支払い
  • Yahoo!公金支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • 金券、商品券や有価証券等を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局の販売サイト
  • 造幣局の販売サイト

特に気を付けたいのは「ふるさと納税」でしょうね。今人気の商品なので、ついつい利用しがちですが、キャッシュバック対象外なのでご注意ください。

「Kyash」の基本情報をしっかり把握しておこう

「Kyash」は先にお伝えしたとおり、キャッシュバック対象外が結構存在していますので利用には注意が必要ですね。

それから、「Kyash」の基本情報もしっかり把握しておかないと、おトクな利用方法が判らなくなるのでちゃんとお伝えしておきましょう。

項目 内容
連携できるPay 楽天ペイ
・PayPal
・Amazon
・Amazonギフト券
モスカード・スターバックス カード
ドトールバリューカード
・Yahoo!ウォレット・
Origami Pay(オリガミペイ)
PayPay(ペイペイ)
利用可能な店舗 VISA加盟店
キャッシュバック率 2.0%
算出方法 ・1回の決済ごとに2%が加算
・月の合計金額ではない
・1円未満は切り捨て
(149円の場合 2%は2.98円で2円となる)
締め日と付与日 締め日:当月1日から末日まで
付与日:翌月25日から末日までに付与
確認方法 Kyashの残高として付与 履歴ページで確認可能
Kyashの2.0%還元は、そんなに大きなものなのですか?

クレジットカードのポイント還元と、あまり違わないように思うのですが・・

Kyashの大きな特徴は、他の支払い手段と組み合して利用することができるところなのです。

記事後半に、Kyashとクレジットカード、PayPayとの組み合わせによる還元率を特集していますので、そこで確認すれば驚きますよ。

キャッシュバック×ポイントで3重取りも可能!相性抜群のカード紹介

「kyash」を利用すれば2.0%のキャッシュバックを受けられますが、「kyash」と相性抜群のクレジットカードを利用すれば、キャッシュバック×ポイント×PayPayで、最高3重取りも可能になるのです。

そんな「kyash」と相性抜群のクレジットカードを、2枚ご紹介しましょう。

kyashとの相性は超抜群!高還元のオリコカードザポイント

オリコカードザポイントは、年会費永年無料でありながら、ポイントは常時1.0%還元の優れたカードです。しかも、入会後6ヵ月以内なら還元率は2倍の2.0%になるので、「kyash」との相性が良いのはお判り頂けるでしょう。

そして、オリコカードザポイントと「kyash」+PayPayを利用すれば、キャッシュバックとポイントの3重取りが可能となりますよ。

先ずは「kyash」のリアルカードを用意しましょう。申し込み方法は先にお伝えしたとおりです。後は次の方法で商品を購入すれば、キャッシュバックとポイントの3重取りが実現します。

ステップ 内容 還元率
ST1 オリコカードザポイントから
「kyash」にチャージを行う
1.0%(2.0%)
(入会後6ヵ月以内なら2.0%)
ST2 PayPayの支払いに「kyashリア
ルカード」を設定しPayPayで
決済を行う
「kyash」キャッシュバック2%
PayPayのポイント0.5%

このように、入会後6ヵ月以内であれば合計で4.5%の還元率になるのです。ただし、オリコカードザポイントの国際ブランドは「MasterCard」でないとチャージができないのでご注意ください。

オリコカード・ザ・ポイント

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 オリコカード ザ ポイント
カード会社 Orico Card
国際ブランド JCB・MasterCard
年会費 永年無料
申し込み資格 原則として高校生を除く18歳以上
追加カード 家族カード・ETCカード
電子マネー iD・QUICPay
ポイント オリコポイント
100円=1ポイント(1円相当)
特典 入会後6ヵ月間はポイント2倍

リクルートカード×「kyash」×PayPayでも3重取りが可能

先のオリコカードザポイントのケースと同じ要領で、リクルートカードを利用すれば、同様に3重取りが実現します。

オリコカードザポイントは入会後6ヵ月間は、ポイントが2倍になるのでお得でしたが、リクルートカードは常時1.2%なので、6ヶ月後は0.2%リクルートカードの方がお得になりますね。

ステップ 内容 還元率
ST1 リクルートカードから
「kyash」にチャージを行う
1.2%
ST2 PayPayの支払いに「kyashリア
ルカード」を設定しPayPayで
決済を行う
「kyash」キャッシュバック2%
PayPayのポイント0.5%

リクルートカードの場合は、合計で3.7%の高還元率となるのです。

リクルートカード画像

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 リクルートカード
カード会社 リクルート
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
年会費 永年無料
申し込み資格 原則として高校生を除く18歳以上
追加カード 家族カード・ETCカード
電子マネー nanaco・Edy・モバイルSuica
SMART ICOCA
ポイント リクルートポイント
100円=1.2ポイント(1.2円相当)
海外旅行傷害保険 最大2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険 最大1,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最大00万円
Kyashを上手く使って、高還元を実現させるなら、少なくともポイント還元率が1.0%以上のカードを選ばないといけませんね。

その点、ここで紹介した2枚のカードはとても相性が良いと言えるでしょう。

Kyash(キャッシュ)を実際に取得してみよう スマホ版Kyashの入手方法

では実際に「Kyash(キャッシュ)アプリ」を取得するところからご説明していきますね。因みに「Kyash」は2タイプ用意されていて、リアルカードとバーチャルカードの2種類を選ぶことができます。

リアルカードは実店舗でも利用可能 バーチャルカードはネットのみ

Kyashリアルカード

カードタイプ 実店舗 ネットショップ 利用限度額
リアルカード 〇 利用可能 〇 利用可能 5万円(1回当り)
バーチャルカード × 利用不可 〇 利用可能 3万円(1回当り)

バーチャルカードの取得手順

App StoreもしくはGoogle Playから「Kyash(キャッシュ)アプリ」をダウンロードします。アプリを起動すると、登録画面に切り替わり「Facebook」か「メールアドレス」どちらかで登録することとなります。

Kyash登録画面

今回は「メールアドレス」を使用した登録をしてみました。

ステップ1:会員登録は偽名禁止 本当の情報を登録

会員登録画面に移動しますが、ここで入力する情報は本当の情報を入力しましょう。偽名を使ったり虚偽の情報を入力すると、トラブルが起きた時に面倒なことになりますからね。

Kyash登録画面②

ステップ2:誕生年を入力 氏名の重複を確認

次に誕生年のみを入力します。これは先に登録した氏名が同姓同名の場合に、区別するために利用されます。

Kyash登録画面③

ステップ3:携帯電話番号を入力 SNSで本人確認

ここでは携帯電話の番号を入力します。スマホで利用するバーチャルカードですから、携帯番号は判りますよね。

Kyash登録画面④

携帯番号を入力すると、次のような画面になります。この時に入力した携帯番号にSNSで6桁の承認番号が送られてきますので、それを入力します。SNSによる本人確認となりますね。

Kyash登録画面⑤

ステップ4:バーチャルカードを選択

ここで初めてKyashのカードタイプを選びます。今回はバーチャルカードをクリックします。

Kyash登録画面⑥

ステップ5:発行画面に切り替わり1秒でカードは発行

バーチャルカード発行画面に切り替わり「バーチャルカード発行」をクリックすると、1秒でカードが発行されました。

Kyash登録画面⑦

ステップ6:既に固有のカード番号とセキュリティコードが表示

「発行されました」の画面に切り替わります。この時既に固有のカード番号とセキュリティコードが記載された、自分だけの「Kyash バーチャルカード」を取得できています。

Kyash登録画面⑧

ステップ6:バーチャルカードに入金して直ぐ利用できる

後は発行されたバーチャルカードにチャージすれば、ネットショップで直ぐに利用することができますよ。

Kyash登録画面⑨

メールでバーチャルカードを登録する際の注意点

メールでバーチャルカードを発行する場合、ステップ1で登録したメールアドレス宛に次のようなメールが届いているはずです。

せっかくバーチャルカードを発行しても、このメールにて24時間以内に「承認する」をクリックしないと無効になってしまうので、ご注意くださいね。

Kyashメール確認画面

リアルカードはバーチャルカードのアカウントから申し込める

もう一つの実店舗で利用できるリアルカードは、バーチャルカードの「アカウント」から申し込むことができます。

Kyashリアルカード申し込み画面

画面の「リアルカードを申込む」をクリックすれば、申し込み画面に移動します。

Kyashの取得はとても簡単です。ただ、リアルカードの場合は申し込みを行って、郵送されるのを待たなくてはなりません。

kyash(キャッシュ)を上手く使いこなして高還元の恩恵を受けておこう

常時2.0%の高還元であったLINEPayも、今ではランク性になってしまいました。残念がっているユーザーの元に現れたのが「kyash」なのです。

LINEPayと同じプリペイド式クレジットカードで、還元率も2.0%とあるだけに、発行から8ヵ月で20万超のダウンロード数に達しています。

リアルカードの発行を併せれば、既に相当なユーザーが「kyash」を利用していることでしょう。

高還元率のクレジットカード+PayPayと併せて利用すれば、常時3.5%を超える還元を受けることができるのです。「kyash」を上手く使いこなして、早い内から恩恵を受けておきましょうね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断