ビアソカード

自動キャッシュバックで交換不要
年会費無料で高還元!ビアソカード

クレジットカードポイントのお得な交換先!1ポイントの価値が変わる

クレジットカードポイントのお得な交換先!1ポイントの価値が変わる

クレジットカードを利用するメリットの一つに、ポイントプログラムがあります。

これは、カード利用金額に応じて付与されたポイントを商品に交換できたり、ポイントを現金として利用できたりするお得なサービスです。

しかし、カードによってポイント還元率や交換できるアイテム等が異なります。つまり、ポイントがどれくらい貯まるのか、そして貯まったポイントをどのように使うのかは、クレジットカード選びにおいてとても重要な要素となるのです。

そこで今回は、お得なポイントの交換先や、代表的なクレジットカードのポイント還元率などをご紹介します。

代表的なクレジットカードのポイント還元率を知っておこう

最初に、ポイント交換するにもポイントがどのように貯まっていくのか、知っておかないと意味がありませんよね。

しかも、各カード会社でポイントの名称が異なってくるので、それぞれのポイント名も知っておきたいところです。

そこで、代表的なクレジットカードのポイント名称と、ポイントの基本還元率をご紹介しておきましょう。

様々なカードのポイント名と基本還元率をご紹介

さっそく、代表的なクレジットカードのポイントプログラムについて、ポイント名称と基本還元率を見ていきましょう。

カード名 ポイント名称 基本還元率
三井住友VISAクラシックカード ワールドプレゼント 0.5%
ライフカード LIFEサンクスプレゼント 0.5%
セゾンカードインターナショナル 永久不滅ポイント 0.5%
イオンカードセレクト ときめきポイント 0.5%
JCB CARD W Oki Dokiポイント 1.0%
楽天カード 楽天スーパーポイント 1.0%
REX CARD REX POINT 1.25%

ご覧のように、カードによってポイント名称も還元率も見事に異なります。同じカード会社から発行されていても、カードの種類によってはポイント名や還元率が違うことも珍しくありません。

ポイント倍率アップのタイミングを理解することが大切

先ほどの表では、各カードの基本還元率をご紹介しています。基本還元率とは、一般的なカード決済ができるお店で利用したときに獲得できるポイント率のことです。

ここで気を付けたいのが、利用先やタイミングによってポイント還元率が変動するということです。

たとえば、ライフカードは誕生月に3倍、楽天カードは楽天市場でいつでも3倍など、ポイント倍率がアップするサービスがあり、いつどのようにポイントアップするかはカードによって異なります。

基本還元率は0.5%でも、よく利用するお店で常時ポイントアップするのであれば、実質的には1.0%以上のカードとして使うことができます。

このように、基本還元率だけでなく、それぞれのカードのポイントサービスをよく理解しておくことが、お得にポイントを使いこなす秘訣のひとつです。

各カードのポイント名称を見てみると、一見してポイントとは分からない名称もあるのですね。

基本還元率も倍率がアップする条件も、それぞれのカードでこれほど違うとは意外でした。

どこに気を付けてカードを選べばいいのでしょう?

基本還元率に加えて、よく利用するお店で高還元になるカードを選ぶことが大切ですよ。

それから、この後お伝えしますが、貯まったポイントの交換先や移行レートも重要です。使いたい交換先がないと意味がありませんからね。

貯まったポイントのお得な交換先をクレジットカード別にご紹介

ここまで、代表的なクレジットカードのポイントに関わる情報をご紹介してきました。

もちろん、世の中にはまだまだ多くのクレジットカードが存在しますが、その全てをご紹介するのは無理なので、その点はご了承くださいね。

ここからは、貯まったポイントをどのように交換すればお得になるのかを、クレジットカード別に見ていきましょう。

三井住友のワールドプレゼントはプリペイドチャージがおすすめ

三井住友VISAカードのワールドプレゼントは、キャッシュバック・マイレージ移行・電子マネーや他社ポイント・景品など、交換先は豊富にあります。

その中で最もお得なのは、三井住友プリペイドへのチャージでしょう。

三井住友VISAクラシック

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
交換先 交換レート お得度
三井住友プリペイドチャージ 1ポイント=5円
(200ポイント以上1ポイント単位)
ANAマイル 1ポイント=3マイル
(100ポイント以上100ポイント単位)
三井住友WAONポイント 1ポイント=5ポイント
(200ポイント以上100ポイント単位)
その他のWAONポイント 1ポイント=4ポイント
(200ポイント以上100ポイント単位)
楽天スーパーポイント
ベルメゾンポイント
Amazonギフト券
dポイント
auWALLETポイント
ビッグポイント
ジョーシンポイント
ヨドバシゴールドポイント
Gポイント
自治体ポイント
1ポイント=5ポイント
(200ポイント以上100ポイント単位)
Tポイント
nanacoポイント
Pontaポイント
楽天Edy
タリーズカードチャージ
1ポイント=4円
(200ポイント以上100ポイント単位)
キャッシュバック
(カード請求額へ充当)
1ポイント=3円

ワールドプレゼントは上記表のとおり、等価交換できる他社ポイントが多くあります。

しかし、三井住友プリペイドカードに等価でチャージしておけば、クレジットカードと同様にVISA加盟店ならどこでも現金代わりに使えるので、最も広い範囲で利用できるのです。200ポイント以上なら1ポイント単位で移行できるのもうれしいですね。

三井住友プリペイド

しかも三井住友プリペイドカードを利用すれば、2,000円ごとに1ポイント(還元率0.25%)付与されるため、ますます還元率をアップさせることができます。

ライフカードのLIFEサンクスプレゼントは等価交換先を見つけよう

LIFEサンクスプレゼントは、楽天スーパーポイントのようにポイントをそのまま現金代わりとして利用することはできません。

ですから、何かしらの商品や他社ポイントに交換する必要があるのですが、やはりベストなのは等価交換できるものですね。

ライフカードカード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
交換先(利用先) 交換レート お得度
dポイント
ベルメゾンポイント
楽天スーパーポイント
auWALLETポイント
1ポイント=5ポイント
(300ポイント以上100ポイント単位)
Gポイント 1ポイント=4ポイント
(300ポイント以上100ポイント単位)
洋服の青山ギフトカード 600ポイント=6,000円分
ANAマイル 1ポイント=2.5マイル
(300ポイント以上100ポイント単位)
キャッシュバック 1ポイント=4.55円
(2,200ポイント=10,000円単位)

LIFEサンクスプレゼントは1ポイント=5円相当なので、dポイントなどの等価交換となる他社ポイントへの交換がベストでしょう。ただし300ポイント以上100ポイント単位での交換となりますのでご注意ください。

キャッシュバックコースを選べば、カード利用額への充当ではなく口座に現金として振り込まれるので、ポイント交換をしたくない方にはおすすめです。

また、礼服やスーツなど洋服の購入をお考えの方は、洋服の青山ギフトカードへの交換をおすすめします。この場合、レートは等価以上の2倍になるので、超お得な交換となりますからね。

セゾン永久不滅ポイントはじっくり貯めて好きな使い道が選べる

セゾンカードで貯まる永久不滅ポイントは、その名の通り有効期限がないことが特長です。期限を気にして使わなくてもいいので、好きなだけ貯めてから自由に交換先を選べるメリットがあります。

ポイントやマイルへの移行も、下記の通り様々な種類があります。

セゾンカードインターナショナル

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
交換先(利用先) 交換レート お得度
Amazonギフト券
dポイント
au WALLET ポイント
ベルメゾン・ポイント
200ポイント=1,000円分
nanacoポイント 200ポイント=920ポイント
Pontaポイント 200ポイント=900ポイント
Tポイント
自治体ポイント
100ポイント=450ポイント
JALマイル 200ポイント=500マイル
ANAマイル 200ポイント=600マイル
カード請求額へ充当 200ポイント=900円分

等価交換できるのはdポイントやAmazonギフト券など数種類に限られ、その他のポイント移行は還元率が悪くなってしまいますのでご注意ください。

このほか、ポイントを運用に回して増やすことも可能です。しばらく交換する予定がない方はポイント運用もおすすめですよ。

JCBのOkiDokiポイントはプレモカードチャージかnanaco移行が高還元

JCBカードで貯まるOkiDokiポイントの交換方法は多く存在しますが、交換レートが高いのはnanacoポイントやビッグカメラのビッグポイントへの交換や、JCBプレモカードへのチャージですね。

JCBプレモカードは、Amazonやファミリーマート、ローソン、家電量販店など多くのお店で使えるプリペイドカードです。高還元かつ幅広い範囲で利用できる交換先を選びたい方には最適です。

クレジットカードの支払いに充当することも可能ですが、レートが下がってしまうのであまりおすすめとは言えません。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
交換先(利用先) 交換レート お得度
JCBプレモカードチャージ
nanacoポイント
ジョーシンポイント
ビッグポイント
ベルメゾンポイント
1ポイント=5ポイント
(200ポイント以上1ポイント単位)
dポイント
楽天スーパーポイント
auWALLETポイント
Tポイント
WAONポイント
1ポイント=4ポイント
(200ポイント以上1ポイント単位)※
ANAマイル
ANA SKY コイン
JALマイル
デルタ航空スカイマイル
1ポイント=3マイル
(500ポイント以上1ポイント単位)
Pontaポイント
自治体ポイント
250ポイント=1,000ポイント
(1申し込みにつき250ポイント)
楽天Edy 1ポイント=3円分
(200ポイント以上1ポイント単位)
カード支払いへ充当 1ポイント=3円相当
(1ポイント以上1ポイント単位)

※Tポイントは500ポイント以上100ポイント単位、
WAONポイントは200ポイント以上10ポイント単位

イオンカードのときめきポイントはdポイントかWAON移行がお得

次に、イオンカードで貯まるときめきポイントの交換について見ていきましょう。

イオンカードセレクト

カードの詳細へ
交換先(利用先) 交換レート お得度
dポイント 1ポイント=1円分
(1,000ポイント以上500ポイント単位)
WAONポイント
※電子マネーとして
使えるポイント
1,000ポイント=1,000円相当
(1,000ポイント以上500ポイント単位)
WAON POINT
※イオンで使えるポイント
1,000ポイント=1,000ポイント
(1,000ポイント以上500ポイント単位)
JALマイル 2ポイント=1マイル
(1,000ポイント以上500ポイント単位)

イオンカードは交換先が少ないため、等価交換できるdポイントやイオンで使えるWAONに交換するのがベストです。お近くにイオンがある方にはオススメのポイントプログラムですね。

楽天スーパーポイントはやはり楽天市場で利用するのがベスト

楽天カードで貯まる楽天スーパーポイントは、移行先が楽天EdyもしくはANAマイルの2種類しかありません。

楽天カード

カードの詳細へ
交換先(利用先) 交換レート お得度
楽天市場 1ポイント=1円
(1ポイント単位)
楽天Edy 1ポイント=1円
(10ポイント以上1ポイント単位)
ANAマイル 2ポイント=1マイル
(50ポイント以上2ポイント単位)

ANAマイルに交換するとレートは半分になってしまします。Edyは電子マネーですが、楽天カードに搭載されているので、あえて交換する必要はないでしょう。

楽天市場は見つからない商品はないと言われるほどの品揃えですから、楽天スーパーポイントを現金代わりに、商品購入時に利用するのがベストですね。

REX POINTはJデポに交換してカード利用額に充当するのがお得

最後に、高還元カードとして人気のREX CARDで貯まるREX POINTについてご紹介します。REX CARDはJACCSが発行するクレジットカードですが、JACCSのラブリィポイントではなく、REX POINTというカード独自のポイントプログラムが適用されます。

そして、REX POINTの使い道は、下記の2通りのみとなっています。

交換先(利用先) 交換レート お得度
Jデポ 1ポイント=1円分
(1,500ポイント以上1,500ポイント単位)
ANAマイル 1,500ポイント=300マイル
(1,500ポイント以上1,500ポイント単位)

Jデポとは、カード利用額からJデポの金額分が差し引かれる、いわばキャッシュバックのようなサービスです。Jデポに交換さえしておけば、あとは自動的にカード利用分に充当されます。

ANAマイルに交換するとずいぶん還元率が悪くなってしまうので、REX CARDを利用するならJデポ一択と言えますね。

等価交換しないと還元率が下がってしまいますから、等価交換できるポイントの種類が多いカードはオススメですよ。

ただし、あまりたくさんのポイントを貯めない方にとっては、交換に必要な最低ポイント数が多いと使い勝手が悪くなることにご注意ください。

おすすめできないポイント交換先とは?電化製品や家庭用品などの商品

ここまで、カード利用で貯めたポイントを、他社ポイントやマイル、キャッシュバック等に利用する場合についてご紹介してきましたが、ポイントは様々な商品に交換することも可能です。

ポイント交換のカタログを見てみると、「欲しい!」と思える商品がズラリと並んでいます。頑張ってポイントを貯めようかなという気分にもなりますよね。

しかし、実は電化製品や鍋や包丁などの家庭用品などは、ポイントの交換先としてはあまりおすすめできないのです。

商品交換がおすすめできない理由

  • 1ポイント相当額が低めの設定
  • ポイントの価値が下がる
  • 他のところでも買える

特に、鍋や包丁などのキッチン用品などの商品は、1ポイントの価値が大きく下がってしまいます。こういったものは他のところで自分で探して購入した方が、ポイント交換するよりお得と言えるでしょう。

セゾンの永久不滅ポイントや三井住友VISAカードのワールドプレゼントなら、高レートのAmazonギフト券に交換してから、そのギフト券を利用してAmazonで購入すればかなりお得です。

電化製品は特におすすめしない

さらに、電化製品、家電まわりもオススメできません。こういったものはシーズンごとにどんどん新しくなっていくため、交換対象のアイテムがいつのまにか「型落ち」になっていることもあります。

家電製品はシーズンが変わるごとにぐっと割引されてしまうことも多く、特に価格の変動が激しいネットショップではどんどん1ポイントの価値が下がってしまうんです。

加えて、必要ポイントがキッチン用品などと比べると非常に多く、かなり意識してポイントを貯めていないと、あるいはかなりの金額をそのクレジットカードで支払いしていないと貯められないようなレベルであることも多いものです。

ポイントが余っていてそれ以外に欲しいものがない場合は選択肢として十分入ってきますが、その商品をもらうためにポイントを貯めるのはちょっと本末転倒でしょう。

できるだけ安く買えるお店でクレジットカードを利用して購入し、その際貯まったポイントは他のものと交換するほうが賢い利用方法と言えます。

迷ったら自治体ポイントへの交換もおすすめ

先にお伝えした、三井住友VISAカードのワールドプレゼントや永久不滅ポイント、そしてOkiDokiポイントの交換先に「自治体ポイント」というものがありました。

これは、平成29年9月よりスタートした、1自治体ポイント=1円として下記のように使えるポイントなのです。
自治体ポイント説明画像

自治体ポイントを貯める・使うフローは上記のとおりで、観光や地域特産品の購入など、基本的に地域の活性化のために利用されるポイントだとイメージすれば良いでしょう。

自治体ポイントを利用するには、マイナンバーカードとマイキーIDの作成が必須となりますよ。カードのポイントを自治体ポイントに交換したい方は、事前に準備しておきましょう。

交換商品のカタログを見ていると素敵なものがたくさん載っていますが、ポイントを使うよりも安く買えるところがないか調べてみましょう。

ほとんどの場合、他社ポイント等に交換した方がお得になりますよ。

お得なポイント利用の大前提!多くのポイントを貯める秘訣とは

ここまで、お得なポイントの使い方についてお伝えしてきましたが、そもそも貯まったポイントがなければ利用することもできません。

より効率的にポイントを獲得しておくことが、さらにお得なポイントの利用につながります。そこで最後に、日常的にたくさんのポイントを稼ぐコツをご紹介しておきます。

多くのポイントを貯めるには支払いを集中させることが大切

多くのポイントを貯めるためには、やはり以下のような日々のあらゆる支払いをカードで決済することが重要です。

  • 携帯電話やプロバイダ料金
  • 電気・ガス・水道などの公共料金
  • 固定資産税などの税金
  • 日常の食料品や衣料品、雑貨などの買い物
  • カードに付帯する電子マネーを活用する
  • ネットショッピングは各社のポイントアップモールを経由する

このように、現金で支払うのでなく全ての支払いをカード払いに集中させることで、多くのポイントを貯めることができます。

コンビニなどの数百円の支払いもカード払いで!電子マネーが便利

携帯電話や公共料金をカード決済にするのは、すでに行っている方も多いと思います。

しかし、コンビニでコーヒー1杯やドリンク1本まで、カードで支払うのはちょっと抵抗がある方もいらっしゃいますよね。

  • iDQUICPayなど電子マネーを利用
  • ApplePayにカードを登録しておく
  • Suicaなど交通系電子マネーと連携させる

このように電子マネーやスマホ決済を活用すれば、端末にかざすだけで決済が完了するので、早くてとても便利ですよ。

ちょっとした工夫で、数百円の決済も楽々カード決済ができますので、ぜひ試してみてくださいね。

交換するときのレートだけでなく、ポイントの貯め方も意識することで、ますます還元率をアップさせることができます。

各カードのポイント倍率が上がるお店を把握するなどして、上手にポイントを貯めてくださいね。

交換先で1ポイントの価値が変わる!使いやすい物に等価交換が基本

ポイント交換術の重要なところは、ご自身が最も利用しやすい物に交換することと、できるだけ等価に近いレートで交換することです。

せっかく貯めたポイントも、レートの低い物に交換してしまうと現金で購入した方が安い場合もありますからね。

当記事をご参考に、賢くお得なポイント交換を実現してください。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断