年会費無料高還元JCB CARD W

LINE Pay登録におすすめ
年会費無料高還元JCB CARD W

LINE Payカード(ラインペイカード)は最大還元率2%

LINE Payカード(ラインペイカード)は最大還元率2%

LINE Pay(ラインペイ)カードは、国際ブランドである「JCB」を搭載したプリペイドカードで、2016年3月24日のサービス開始以来大人気のカードです。

LINE Pay(ラインペイ)カードはおなじみのキャラクターデザインで可愛く、年会費無料で誰でも手軽に発行できます。

今回は、そんなLINE Pay(ラインペイ)カードの最新情報をお届けしていきます。

LINE Pay(ラインペイ)カードはスマホで簡単申込!審査不要なプリペイドカード

LINE Pay(ラインペイ)カードは審査不要のプリペイドカードです。プリペイドカードとは、事前にカードに入金が必要な前払い式カードのことで、審査が不要ですから誰でも持つことができるのです。

LINE Pay(ラインペイ)カードはかつてコンビニで販売していましたが、店頭での販売は終了となり、現在はWEBで申し込み後、郵送での受け取りとなります。

LINE Payカードはデザインも豊富

LINE Payカードのデザインも、とても可愛く選ぶ楽しみもありますよ。

LINE Payカードブラウンデザイン

LINE Payカードホワイトデザイン

LINE Payカードカラフルデザイン

LINE Payカードオリジナルデザイン画像

LINEでおなじみのかわいいデザインも、LINE Pay(ラインペイ)カードの人気の1つと言えるでしょう。このほか、黒一色のとてもシンプルなデザインのLINE Payカードもありますよ。

バーチャルカードやコード決済も可能

LINE Payでは、バーチャルカードの発行も可能です。プラスチックカードが届く前にも、お買い物ができますよ。

LINE Payコード決済

さらに、LINE Payではコード決済も可能です。というより、今ではプラスチックカードのLINE Payよりも、こちらの決済方法が主流となっていますね。

LINE Payカードは審査不要のプリペイドカードですから、どなたでも気軽に作ることができますよ。

JCBブランド搭載なので、世界中のJCB加盟店で支払いに使えます。

LINE Payカードの還元率は最大2%!利用状況によって還元率が変わる

LINE Pay(ラインペイ)カードは、2018年5月末までは無条件で還元率2%でしたが、2018年6月より「マイカラープログラム」と呼ばれる新たなポイントプログラムが採用され、0.5%~最大2%となりました。

ここからはLINE Pay(ラインペイ)カードの還元プログラムについて詳しくご紹介していきましょう。

LINE Pay(ラインペイ)の利用状況でバッジの色と還元率が決まる

LINE Pay(ラインペイ)カードは、「マイカラー」と呼ばれるインセンティブプログラムによって、LINE Payの利用状況から「バッジカラー」が決まります。そして、そのバッチカラーによって還元率が異なるのです。

利用状況に応じて毎月「グリーン」、「ブルー」、「レッド」、「ホワイト」の4つのバッジカラーに振り分けられます。

マイカラー確認手順説明画像

毎月1日に更新されるマイカラーは、「ウォレットタブ」→「LINE Pay」→「マイカラー」をタップすれば確認できます。

バッジカラーに応じて最大2%還元

カラー適用期間は1ヶ月間で、毎月1日の午前10時に更新されます。以下がカラー別の還元率をまとめたものです。

LINE Payバッジカラー説明画像

バッジカラー 還元率 条件
グリーン 2% 決済額10万円以上/月
ブルー 1% 決済額5万~9万9,999円/月
レッド 0.8% 決済額1万~4万9,999円/月
ホワイト 0.5% 決済額0円~9,999円/月

バッジカラーの条件は、決済額と送金人数両方の条件を満たす必要がありましたが、2018年10月より条件が緩和され、還元率を上げやすくなりました。インセンティブの付与は、下記の通りLINE Pay残高を利用した全ての決済が対象です。

  • QR/バーコード支払い
  • LINE Pay カードでの支払い
  • オンラインショップでの「LINE Pay」残高での支払い
  • LINE Pay 請求書支払い
  • 登録したクレジットカードでの決済
  • 自販機での支払い
  • LINE Pay 外貨両替
  • LINE Payボーナスでの支払い

LINEポイントからLINE Payボーナスの付与に変更

これまで、バッジのカラーによって決まった還元率で付与されるのは、LINEポイントでした。しかし、2019年8月1日より、LINE Payボーナスによる付与に変更されました。

バッジカラーの条件や各カラーの還元率に変更はありません。

上記の通り、LINE Payボーナスでの支払いもカラー判定の実績に加味されますので、ますますお得に還元率を上げやすくなりました。

LINE Payボーナスは、通常の残高と同様に、LINE Pay加盟店で支払いに使ったり、友だちに送ったりすることができます。

LINE Pay カードではLINE Payボーナスが使えない

LINE Pay決済でもらえるのがLINEポイントからLINE Payボーナスに変わりましたが、キャンペーンやミッションクリアなどで貯まるLINEポイントも、引き続き運用されていきます。

利用する際にはLINE Payボーナスから優先して支払われますが、LINE PayボーナスとLINEポイントを併用することも可能です。

ただし、下記の支払いにはLINE Payボーナスを利用することができません。

  • LINE Pay カード
  • QUICPay+
  • LINEギフト
  • LINEスマート投資(ワンコイン投資)
  • LINE ほけん
  • 請求書支払い
  • Tappiness自販機
  • Coke ON Pay対応自販機

ごらんのように、LINE Pay カードでの支払いは、LINE Payボーナスが使えないのです。

LINE Payカードを中心に使っていた方も、今後はスマホ決済のLINE Payを利用する機会が多くなりそうですね。

登録したクレジットカード決済もボーナス対象

LINE Payには下記ブランドのクレジットカードを登録することができます。

登録可能クレジットカードブランド画像

クレジットカード登録画面

登録したクレジットカードからLINE Payにチャージすることはできませんが、クレジットカードを登録しておけば、LINE Pay残高がなくてもLINEサービスのオンラインショップ(LINE STOREなど)で決済が可能ですよ。

また、クレジットカード決済分にも、カラーに応じた還元率でLINE Payボーナスが付与されます。

LINE Payに登録するクレジットカードは、高還元クレジットカードがおすすめです。クレジットカードの一般的な標準還元率は0.5%ですが、ここで基本還元率が1.0%以上ある一押しの高還元カードをご紹介しておきましょう。

基本還元率1%の高還元!JCB CARD W(plus L)

JCB CARD W(plus L)は年会費が無料にも関わらず、海外旅行保険や海外ショッピング保険が付帯するハイスペックカードです。

さらに基本還元率が1%、特定店舗では更に高い還元率で利用できる為、高還元カードとしても人気の1枚です。

優待が大変豊富なクレジットカードですから、メインカードとしても大活躍してくれること間違いなしと言えるでしょう。

JCB CARD W

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ


JCB CARD W(plus L)は年会費が完全無料で基本還元率も高いので、LINE Pay登録におすすめです。オンラインショップで決済すれば、クレジットカードポイントとLINE Payボーナスが2重取りできて更にお得になりますよ。

LINE PayがQUICPay+に対応

2018年11月21日よりLINE PayがGoogle Pay(グーグルペイ)のQUICPay+に対応しました。

LINE PayQUICPay+画面

LINE Pay画面の残高をタップし、「QUICPay」→「Google Payに登録」の順にタップしてLINE Payアカウントを登録すれば、QUICPay+が利用できる店舗でスマホをかざすだけで決済が可能となります。

日本国内のQUICPay+加盟店は非常にたくさんありますから、登録すれば更に利用の幅も広がって便利になりますよ。Google Payって何?と思われた方は是非下記記事もあわせてご覧くださいね。


LINEポイントは他社ポイントへの交換が可能!使い道が多彩

LINE Pay決済でLINEポイントが貯まることはなくなりましたが、LINE Pay以外のところでは今後もLINEポイントを獲得するチャンスはあります。そこで、LINEポイントの使い道をご紹介しておきます。

交換先ポイント 交換レート
nanacoポイント 300ポイント ⇒ 270nanacoポイント
Pontaポイント 300ポイント ⇒ 270Pontaポイント
Amazonギフト券 550ポイント ⇒ 500円分
dポイント 100ポイント ⇒ 90 dポイント
ベルメゾン・ポイント 300ポイント ⇒ 270ベルメゾン・ポイント
選べるe-GIFT 550ポイント ⇒ 500円分
メトロポイント 300ポイント ⇒ 270メトロPt

このほか、スタバドリンクチケット(500ポイント ⇒ 500円分)や、サーティワンアイスクリームレギュラーシングルと交換できるギフト券(390ポイント)、各種グッズなど、様々な交換先があります。

また、LINEポイントはLINE Pay残高に1ポイント1円で交換できますので、通常のLINE Pay残高と同じようにJCB加盟店で利用することも可能ですよ。

LINE Pay決済ではLINEポイントが貯まらなくなりましたが、キャンペーンなどで貯まったLINEポイントは、LINE Pay残高に移行できます。

LINE Pay残高への移行は他社ポイントへの移行より高レートですし、友だちに送ることや出金が可能になりますよ。

CashとMoneyの違いとは?LINE Payの仕組みを解説

ところでLINE Payには2種類の専用通貨が存在しています。LINE CashとLINE Moneyがそうなのですが、それぞれの違いが意外とわかり難いという意見が多くあります。

そこでLINE Payについて分かりやすくご説明しておきましょう。

本人確認なしだとCash、本人確認すればMoneyになる

LINE CashとLINE MoneyはどちらもLINE Pay残高という点では同じですが、「本人確認」を行っているか否かで呼び方が変わります。また、下記のようにそれぞれの種類で機能も違うのです。

通貨種類 条件 利用可能なこと
LINE Cash 本人確認なし ・チャージするとLINE Cashとなる
・チャージ上限10万円まで
・LINE STORE等で利用可能
・友達への送金はできない
・割り勘機能は利用できない
・現金で引出しできない
LINE Money 本人確認完了 ・チャージされたLINE CashがLINE Moneyになる
・LINE STORE等で利用可能
・チャージ上限100万円まで
・友達への送金が可能 ※1
・割り勘機能が利用可能 ※1
・現金での引出しが可能 ※1

上記表のとおり、LINE CashのままでもLINE STOREなどで利用することは可能ですが、LINEの便利機能である「割り勘機能」や友達への送金はできません。

また、表内の※1は受取側も本人確認を済ませておく必要があり、本人確認が完了していないとせっかく送金してもらっても引出すことができないのです。

  • LINE Cashのままだと割り勘機能などは利用できない
  • 本人確認を完了すればLINE CashがLINE Moneyとなる
  • 割り勘機能や送金、現金への引出しには全員が本人確認を完了する必要がある

LINE Payカードを使う前にLINE Payに登録

LINE Payカードを利用する前に、先ずはLINE Payに登録しておくと便利です。後ほど説明する本人確認を行うにも、先に「LINE Pay」に登録しておけば作業がスムーズになりますよ。

LINE Payカードで貯まったポイントを現金に引き出す場合も、友達からの送金を受け取る場合もLINE Moneyのアカウントが必要なので、LINE Payに登録を済ませておきましょう。

LINE Payへの登録はとても簡単です。

LINE Pay登録画面

LINEを起動させたら下部の「ウォレット」をタップします。そして、ウォレット画面上部の「LINE Payをはじめる」を選択します。規約に同意し、パスワードを入力すれば登録完了です。

本人確認は簡単!銀行登録するだけ

LINE Payへの登録が完了すれば、次に本人確認の登録をしておきましょう。本人確認の方法も簡単ですよ。

本人確認手順

LINEウォレットから残高をタップし、設定→本人確認と進み、以下の3つからお好きな方法を選んで本人確認を行いましょう。

  • スマホ
  • 銀行口座
  • 郵送

ここでは、スマホによる本人確認方法をご紹介しておきます。顔写真付きの身分証明書があれば、スマホひとつで簡単に本人確認ができます。

本人確認設定画面

  • 住所等の本人情報を入力し、顔写真付き身分証を撮影&アップロード
  • 画面枠内に顔を収め、画面の指示(左を向いてください等)通りにアクションをする
  • 顔と身分証を同時に映す
  • 身分証を動かして側面/厚みを撮影する

これで本人確認が完了し、送金や割り勘も利用できるようになりました。

LINE Payカードを利用する前に、LINE Payに登録しておくと便利ですよ。

LINE Payカードで貯まったポイントを現金で引き出す場合など、本人確認作業をスムーズにする為に、カードを利用する前にLINE Payの登録を済ませておきましょう。

LINE Payへのチャージ方法は多種多様!銀行口座ならオートチャージも可能

LINE Pay(ラインペイ)へのチャージは種類が広がり、現在ではLINEポイントからの交換以外にも5種類のチャージ方法が用意されています。

LINE Pay(ラインペイ)へのチャージ方法一覧

LINE Payへのチャージ方法と、各方法の1回当たりのチャージ可能額を見てみましょう。

チャージ方法 LINE Cash
(本人確認前)
LINE Money
(本人確認後)
銀行口座 100円~10万円
・レジチャージ※
・QR/バーコードを表示して
レジでチャージ
1,000円~49,000円 1,000円~49,000円
コンビニ 1,000円~100,000円 1,000円~299,000円
セブン銀行ATM 1,000円~100,000円 1,000円~500,000円

※ローソンでは1,000円~、アインズ・アインズ&トルペ・LIPS&HIPSでは1円~

チャージする方法によって、また、本人確認を完了しているかどうかによっても、1回あたりのチャージ可能額が変わってきます。

銀行口座を登録すればオートチャージ設定も可能

LINE Pay銀行選択画面

銀行口座と連携させると、ユーザーが指定した金額を残高が下回ったら自動的に銀行口座からチャージされるオートチャージが可能です。

オートチャージを設定するには、先に銀行口座の連携を済ませておくことが必要ですからご注意くださいね。

セブン銀行ATMはセブン銀行に口座がなくてもチャージ可能

それでは、コンビニなどを利用してチャージする方法をご紹介しましょう。まずは、セブン銀行ATMからのチャージです。

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択すると、QRコードが表示されます。そこでスマホを操作し、LINEのウォレットから残高横の「+」をタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。

セブンイレブンからのチャージ

画面のチャージ方法を確認し「次へ」をタップするとコードリーダー画面となるので、ATM画面に表示されているQRコードを読み取り、「次へ」を押します。

すると、スマホ画面に4桁の企業番号が表示されるので、ATMで企業番号を入力し「確認」をタップします。あとは、ATMに現金を投入すればチャージ完了です。

スマホだけでチャージができるので、セブン銀行に口座がなくても、またLINE Payカードを持っていなくてもOKです。

プラスチック製のLINE Payカードをお持ちの方は、ATMにカードを挿入する方法でもチャージが可能ですよ。

ファミリーマートでは端末→レジでチャージ可能

次にファミリーマートでのチャージ方法を見ていきましょう。事前にスマホにて、LINEのウォレットから残高横の「+」をタップし、「Famiポート」を選択します。チャージしたい金額を入力し「チャージ」をタップすると、受付番号と予約番号などの情報が送信されてきます。

ここまで準備できたらファミリーマートに行きましょう。店内に設置されているFamiポート画面で、「代金支払い、コンビニでお支払い」を選択します。

「各種番号をお持ちの方はこちら」の中から「イーコンテクスト(インターネット受付)」を選択します。

「番号を入力する」を選択し、画面上のキーボードで先ほど送信されてきた6桁の「受付番号」を入力して「OK」を押し、次に11桁の「予約番号(申込番号)」を入力して、「OK」を押します。

確認画面で内容をチェックし、問題なければ「OK」を押します。印刷されたレシートを持ってレジへ行き、チャージ金額を支払えばチャージ完了です。

ローソンでは端末操作不要でレジにてチャージができる

全国のローソンはじめ下記店舗では、LINE Payカードをお持ちの方向けのレジチャージに対応しています。

  • ローソン
  • ナチュラルローソン
  • ローソンストア100
  • アインズ
  • アインズ&トルペ
  • LIPS & HIPSのLINE Pay導入店舗

レジチャージの方法はとっても簡単です。

スマホでLINEを開き、ウォレットから残高横の「+」ボタンをタップし、「LINE Payカード レジチャージ」を選択します。後は、ローソン等のレジでチャージしたい旨を伝え、LINE Payカードを提示して現金を渡せば完了です。

QR/バーコードを提示してチャージすることも可能

さらに、アインズ、アインズ&トルペ、LIPS & HIPSのLINE Pay導入店舗では、QR/バーコードチャージが可能です。

QR/バーコードチャージ

LINEウォレットの「+」をタップして「QRコード/バーコード」ボタンを選択します。するとコードが表示されるので、レジで提示し現金を渡せばチャージ完了です。対応しているお店が少ないのが残念ですが、とてもお手軽なチャージ法ですね。

ローソンでコード決済に対応

コード決済説明画像

様々なチャージ方法をご紹介してきましたが、LINE Payは決済方法も拡充されていっています。

2017年1月24日より全国のローソンで、スマホに表示されたバーコードを読み取るだけで支払えるコード決済サービスが開始されました。

LINE Payを起動し「コード」をタップした後パスワードを入力すると、バーコードが表示されるので、そのバーコードを提示するだけで買い物ができます。カードもお財布も不要で、スマホのみで買い物ができる便利なサービスです。

LINEでポイントが貯まるKIRIN(キリン)の自販機サービス

自販機サービスタピネス画像

2017年4月13日よりLINE(ライン)をかざすとドリンクポイントが貯まる自販機Tappiness(タピネス)のサービスが開始されました。

購入ごとに1ドリンクポイント獲得できます。ドリンクポイントが15ポイント貯まると、無料で1本ドリンクがもらえる特典チケットを獲得できますよ。

最初は友達登録等する必要がありますが、2回目以降はLINE(ライン)をかざすだけで利用できます。

首都圏、近畿圏からサービスが開始され、徐々に全国の主要都市にサービス展開されます。

現金の他、LINE Payや、電子マネーなどで支払いが可能です。ただし、Apple Pay(アップルペイ)で購入した場合、ドリンクポイントが貯まらないので注意ですよ。

自販機Tappiness(タピネス)の利用方法

LINE Pay(ラインペイ)で購入する場合の手順をご紹介しておきますね。

①自販機Tappiness(タピネス)に接続
(Bluetooth設定、位置情報サービス設定をONにしておく)

タピネス利用説明画像

②自販機の上記マークにLINE(ライン)をかざす
(LINE内ならどの画面でもOK)

タピネス接続完了画像

③金額表示の箇所が「Good」になり、スマホ画面が上記画面になれば、接続されています。

④購入するドリンクを選ぶ

⑤「LINE Pay決済画面」を選択

タピネス接続完了画像

⑥決済が完了したら1ドリンクポイント貰えます
ポイント獲得画像画像

初めて利用する場合のみ、10ポイント獲得できますよ。

LINEは様々なサービス展開をしていて、お得に利用できます。

銀行口座でのチャージにも対応する銀行が増えていますし、カードや口座を登録しなくてもコンビニで簡単にチャージできますから、多くの人にとって便利に使えますよ。

LINE Pay(ラインペイ)カードの申込み方法

プラスチック製のカードがなくてもLINE Payは利用できますが、カードを発行しておけばチャージ法の選択肢が増えるなど、何かと便利ではあります。そこで、最後にLINE Payカードの申し込み方法をご紹介しておきます。

公式ページやLINEアプリからカード申し込みが可能

公式ページのQRコードをスキャンすれば、申し込みページに移動できるので、そちらから申込を行えば1~2週間ほどでカードが届きますよ。

LINE Pay(ラインペイ)カードの申込手順説明画像

LINEアプリからの簡単申込み方法!30秒で完了は本当?

LINE公式サイトでは「30秒で登録完了」とあります。確かに登録方法はとても簡単なのですが、さて本当に30秒で登録できるのか実際に申込んで検証してみました。

タイムカウントはホーム画面からLINEアプリをタップし、パスコードを入力する時間も含めていますが、先に説明したLINE Payと本人確認の登録を済ませていたので、実際は10秒ほどで完了してしまいました!

想像した以上に簡単に登録できたので「ビックリした!」というのが素直な感想です。しかも申込み完了後には、スタンプのプレゼントが届いたのも嬉しかったですね。

申込み手順をキャプチャーしたのでご覧ください。

スタート:LINE Payの画面からカードを申込む

画像の赤枠「LINE Payカードを申込む」をタップします。

LINEPayカード申込画面

ステップ1:カードデザインを選択

5種類のカードデザインが表示されるので、お好きなデザインを選んで赤丸部分のチェックをタップします。ここでは「カラフルデザイン」を選びました。

LINEPayカード申込画面

ステップ2and3:名前と郵便番号を入力

ステップ2は名前を入力し「次へ」をタップ。ステップ3では郵便番号を入力して「次へ」をタップします。本人確認の登録が完了している場合は情報が表示されるので「次へ」をタップするだけです。

LINEPayカード申込名前入力画面

ステップ4:住所情報を入力

ここで入力する住所情報にカードが送られてきますから、間違えないように入力してくださいね。でも、本人確認の登録が完了してれば「確認」をタップして申込み完了です。

LINEPayカード申込住所入力画面

申込み完了後すぐにプレゼントメッセージが届く

ステップ4で申込み完了後直ぐにプレゼントメッセージが届きました!プレゼントの中身はLINE Payオリジナルのスタンプでしたよ。

LINEPayカード申込完了画面

LINE Payはスマホだけで決済もチャージもできますから、わざわざLINE Payカードを申し込まなくてもいいように思えます。

LINE Payカードを発行するメリットとは、どんなことですか?

LINE Payカードがないとカードを利用したチャージができないほか、海外ではほぼ決済できません。

LINE PayカードはJCBブランド付きなので、世界中で使えるというメリットがあります。

申し込みは簡単ですから、カードも発行しておくといいですよ。

LINE Payカードは世界中でお財布代わりに使える便利な電子マネー

LINE Payカードの最も大きな魅力は年齢制限が無く、国際ブランド搭載の電子マネーなので幅広い範囲で利用可能というところです。

プリペイド式なので事前のチャージが必要ですが、チャージ方法も銀行口座、コンビニ端末、カードによるレジチャージなど様々なものが用意されているので、お好きな方法を選ぶことができます。

月々の利用額に応じて最大2%のLINE Payボーナスが貯まりますから、使えば使うほどお得です。

とても簡単に始められますので、ぜひLINE Payを利用してますます便利でお得な毎日にしましょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断