JCB「JCB ORIGINAL SERIES」

トラブル時のサポートが充実で安心
信頼のブランド!JCBカード!

これで安心!クレジットカード紛失に関わる「安心マニュアル」

これで安心!クレジットカード紛失に関わる「安心マニュアル」

みなさんは、クレジットカードを持っていらっしゃいますか?もし万一財布を落としてしまったら「クレジットカードを不正利用されるかも」と、心配になりますよね。

ですが、クレジットカードには「盗難・紛失保険」が必ず付帯していますので、不正利用された場合にはカード会社が補償してくれるので安心なのです。

ですが、一体どこに連絡していいのか!?判らない場合も多いはずですよね。そこで、今回は万一クレジットカードを紛失した場合の対処法をマニュアル化してみました。

読んで頂ければ、紛失した場合の対処法や連絡先などの情報を詳しく解説してありますので安心ですよ。当然、落とす前にご一読頂き、万一の際に備えてくださいね。

クレジットカード紛失時最初にするべき事はクレジットカード会社に連絡

クレジットカードを所有している方のほとんどが、財布の中にカードを収納していると思います。中には、財布とは別にカードフォルダーで管理されている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、財布だけでなくカバン毎盗まれてしまったら、クレジットカードも一緒に盗まれてしまいますよね。

いづれにしても、クレジットカードを盗まれたり紛失した場合は、最初に「カード会社」に連絡をするのが重要ですよ。

警察よりも先に、カード会社に連絡して利用をストップさせる

  • 警察よりも先にカード会社に連絡しよう
  • カード利用をストップさせるのが被害拡大の防止になる

カード会社には本人確認が必要。慌てずしっかり答えよう

カード会社に連絡すると、当然本人確認を求められます。この時は、大抵頭がパニック状態になっている場合が多いのですが、慌てずにしっかり答えましょう。

  • カード番号を聞かれることはありません。
  • 氏名・生年月日・住所・電話番号は聞かれます
  • 電話番号はカード発行時に登録した番号になります

一度停止したカードは利用できないので安心。新しいカードを待とう

カード会社に連絡してカード利用を停止したカード番号は、再度利用することができません。

本当に紛失したのであれば安心ですが、後でカードが見つかった場合でも利用することはできないのでご注意くださいね。

新しいカードは、1週間から2週間程度で手元に届きますので、それまではカード利用はできなくなります。新しいカードの到着を待ちましょうね。

紛失時の「クレジットカード会社」への連絡先一覧表を掲載します。

クレジットカードを紛失したら真っ先に、カード会社に連絡するのですが連絡先が判らない場合がほとんどです。そんな状況をサポートするために、カード会社の「カード紛失時の連絡先一覧表」を掲載しておきますね。

ぜひ、本記事をブックマークしていつでも見れるようにしておくと、万一の時にとても役に立ちますよ。また、一覧表内の「カード名」をクリックすると、当サイト内の各カードの詳しい記事をご覧頂けますので、ご活用くださいね。

カード会社名 連絡先(紛失時の電話番号)
JCBカード 0120-794-082
セゾンカード 0570-064-107
0120-107-242
MUFGカード 0120-107-542
三井住友VISAカード 0120-919-456
エポスカード 03-5340-3333
アメックス・グリーンカード 0120-020120
03-3220-6100
アメックス・ゴールドカード 0120-020120
03-3220-6100
アメックス・スカイトラベラーカード 0120-020120
03-3220-6100
ANAアメックスカード 0120-965877
03-3220-6787
デルタスカイマイル・アメックスゴールド 0120-010120
03-3220-6100
SPG(スターウッド・プリファードゲスト)・アメックスカード 0120-010120
03-3220-6100
ペルソナSTACIA・アメックスカード 0120-020120
03-3220-6100
アメックス・ビジネスゴールドカード 0120-941780
03-3220-6745
Oricoカード 0120-828-013
0570-080-848(携帯)
JALカード TOP&ClubQ 0120-664476
(DCカード紛失盗難センター)
JALカードSuica 03-6685-4800
(ビューカード紛失盗難デスク)
JAL・JCBカード
JALカードOPクレジット
0120-794-082
(JCB紛失盗難デスク)
JALアメックスカード 0120-107542
(MUFGカード紛失盗難センター)
ライフカード 0120-225331
楽天カード 0120-86-6910
092-474-9256
ビューカード 03(6685)4800

上記の連絡先は全て「盗難・紛失」時の電話番号です。カードの質問等は回答してもらえないのでその点、ご注意ください。

不正利用されていても大丈夫。ポイントやマイルも元通りとなります

クレジットカードを紛失しても大よそ被害額は「ゼロ」で済みますが、自身に重大な過失があった場合は、補償対象外になる可能性もありますので注意が必要ですよ。

  • 不正利用された金額は被害額として補償されます
  • カードに貯まっていたポイントやマイルも元通りになります
  • 自身に重大な過失があった場合は補償の対象外になるいことも

補償対象外になるケースは、記事後半の「クレジットカードの補償が効かない理由」を、ご確認しておいてください。

もし、クレジットカードを紛失した直ぐ後に、カードが見つかった場合ですが・・

時間が経っていない時は、カード会社に連絡すればそのカードは利用できるのでしょうか?

基本的に無理ですね。カード会社に連絡した時点で「今からカード停止を行いますがよろしいですか?」と聞かれます。

カード会社に紛失届を出した時点で、そのカードは使えないと覚えておいてください。

カード会社に連絡したら、警察に落とし物届を提出しましょう。

カード会社への連絡が終わったら、警察に届を出しましょう。この時に重要なのは「落とし物」として届けることです。

もし盗まれたとしても、確固たる証拠がない場合「盗難届」にはなりませんので注意が必要ですよ。

盗まれたとしても、証拠がない場合「落とし物」となります。

例えば、カバンが置き引きに遭ったとしましょう。当然、盗まれたのですから警察には「盗難届」を出したいですよね。

でもちょっと待ってください。本当に盗まれたと、証明できることができますか?警察は「盗難」の場合は捜査を行うこととなります。ですので、「盗難」の場合は確固たる証拠がないと「盗難届」として受理できないのです。

  • カバンや財布がなくなった場合、落とし物として届ける
  • 「盗難」の場合は確固たる証拠が必要
  • 多数の目撃者や防犯カメラに盗難時の映像が残っている
  • 盗難時にケガを負わされた
  • このような場合は「盗難」として扱ってもらえる

落し物届は全国どこでも受付可能。最寄りの警察署、交番に届けましょう

落とし物届は全国どこの警察署、交番で受け付けてもらえます。例えば、他県にドライブに行って帰宅してから、財布が無いことに気が付いたとしましょう。

  • 落とし物届は、全国の警察署や交番で受け付けてもらえます
  • 落としたと思われる場所は申告する必要があります
  • 落とし物の特徴を伝えられると早く見つかる可能性が高くなります
  • 氏名・住所・電話番号を聞かれます
  • 受付番号表をもらえるので大切に保管しておきましょう

無くしたのは他県ですが、届け出は自宅近くの警察署や交番で受け付けてもらえます。ただし、落としたと思われる場所は申告する必要がありますよ。

落とし物は「遺失物」として扱われる。警察内部での取り扱いを解説

遺失物取り扱い流れ

上記は遺失物の、警察内部の取り扱いの流れを図に表したもの(大阪府警察公式参照)です。ここで注意したいのが、落とし物の保管期間と、携帯電話やクレジットカードの取り扱い方法なのです。

平成19年12月10日に「遺失物法」が改正されて、みなさんが良く知っている情報が変わっていますので、その点をご説明しておきましょう。

よく覚えている保管期間6ヵ月が、3ヵ月に短縮されています。3ヵ月経っても落とし主から連絡の無い場合は、拾得者に渡されることとなりますので、ご注意ください。

携帯電話やクレジットカードは3ヵ月経過しても拾得者に渡されない

今度は拾った側(拾得者)についてですが、携帯電話やクレジットカードなど個人情報が入っている物は、3ヵ月を経過しても、拾得者に渡されることはありません。

つまり、最新のスマホを拾って届けてもスマホをもらうことはできない。と、言うことなのです。

落とし物はインターネットで検索できる。都道府県毎に公表されます

届け出をした警察署や交番に、週1回足を運んで届けられてないか確認したり、電話で確認したりする時代は終わっているのをご存知ですか?

現代ではインターネットから、各都道府県毎に遺失物が公表されているのです。「都道府県警察における遺失物の公表ページ」から確認することができますよ。

最近は便利になりましたね。遺失物も届け出さえすれば、ネットで見つかったかどうか検索できるのですから。

クレジットカードは検索できますが、傘や靴などは検索の対象外ですし、現金も1万円以上でないと検索の対象外となっていますので、何でも検索できる訳ではありませんよ。

クレジットカードの補償が効かないケース!自身の重大な過失内容

ここでは、クレジットカードの盗難・紛失補償が効かないケースを解説しておきます。身に覚えのある方は、至急対応しておく必要がありますのでここは必読ですね。

それでは順番に補償が効かないケースをご紹介しておきましょう。

財布に暗証番号のメモを入れていた。暗証番号が容易だったケース

2019年1月時点では、クレジットカードのIC化は90%以上に達していますので、ほとんどの方が持つカードはICタイプとなっているはずです。

ICクレジットカードは、決済時に暗証番号を入力して確定されるのが基本となっています。(一部の店舗ではまだサインをするところもあります)

  • 暗証番号は人に知られてはいけない
  • 暗証番号を教えた場合の不正利用は補償の対象外
  • 財布にメモを入れていた場合も、教えたこととなる

と、このように暗証番号は自身しか知らないことが前提なので、暗証番号をメモした物を財布に入れておいた場合、他人に暗証番号を教えたこととなり、補償の対象外となってしまいます。

また、誕生日の数字を組み合わせたり、自動車のナンバープレートの番号を組み合わせた場合も、安易な暗証番号として補償対象外となりますよ。

ApplePayで不正利用されても対象外。スマホロックは重要です

最近ではクレジットカードをスマホに登録して利用する「おサイフケータイ」も利用が拡大してきています。

スマホを紛失してApplePay(アップルペイ)などのおサイフケータイで不正利用された場合、スマホの画面ロックをしているか否かで補償が変わってきます。

状況 補償
ロックしていなかった場合 補償外
ロック番号が誕生日と同じ場合 補償外
ロック番号が1234など単純な場合 補償外
指紋認証だった場合 補償される

最新のスマホは生体認証が主流なので、ほとんど不正利用されても補償されるでしょう。

旧式のスマホをお使いの方は、ロック番号に気を付けてくださいね。

カード会社に連絡後、警察に届け出をしなかったケース

カード会社には紛失したことを伝えていますが、その後に警察に届け出を出さなかったレアなケースもあります。基本的にカード会社には、警察に届け出を出した時にもらう「受理番号」を伝えなければなりません。

カード会社からも促されるので、ほとんどの方が行うことなのですが「クレジットカードは利用停止されたし、新しいカードがくるから警察はいいや」と、届け出をしないケースです。

カードを紛失したら、警察には必ず届け出を行い、受理番号はカード会社に伝えておきましょうね。

カードが無くなったのが3ヵ月前。利用明細を確認していなかったケース

クレジットカードの紛失・盗難補償の期間は、カード会社に申告した日から遡って60日となっています。

  • 明細書を確認していなかった
  • カードが無くなったことに気づいたのが不正利用の3ヶ月後
  • 90日経過しているので紛失・盗難補償は適用されない

このような事態に陥ってしまうので、カードの利用明細は常にチェックしておきましょうね。

最近では紙での郵送はなく、ネット上でサイトにログインして確認するのが主流なので、ログイン時のユーザーIDやパスワードはきちんと覚えておく必要がありますよ。


クレジットカード裏面にサインをしていなかったケース

これも最近ではレアなケースになってきましたが、まだサインなしで利用している方も少数ですが存在しています。

クレジットカードは届いたときに、必ず台紙に「署名をしてから利用してください」と記載されています。これは、カード会社との約束事ですし、店舗でも裏面に署名のないカードは無効とされているのです。

ですから、カード裏面に署名のなかったことが判明すれば、補償の対象外となりますので必ず署名してからカード利用してください。


記事内の補償対象外のケースは、しっかり覚えておいてください。

こんなことするはずがない。と思っていても、案外多くの方がハマってしまうことですからね。

記事内のマニュアルをしっかり把握しておけば、不正利用は怖くない

今回はクレジットカード紛失に関わる安心マニュアルとして、情報を提供してきました。

クレジットカードを紛失して困るのは「不正利用」ですが、カード利用の基本を守っていれば被害額は全額補償となるので、安心ですね。

ですが、記事内でお伝えしたとおり紛失時の手順や自身の重大な過失があると、紛失・盗難補償を受けることができなくなります。

正しい使い方や、紛失時の手順はしっかり把握して覚えておきましょう。

と言っても、カード会社への連絡先や手順を丸覚えするのは難しいかもしれませんね。

そんな場合に備えて、本記事をブックマークしていつでも見れるようにしておくと、とても安心できますよ。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断