ミライノカードゴールド

付帯する海外旅行保険は最強クラス
リーズナブルな高還元ゴールド

ミライノカードゴールドはリーズナブルで&旅行保険が充実

ミライノカードゴールドはリーズナブルで&旅行保険が充実

今回は住信SBIネット銀行のクレジットカード「ミライノカードGOLD」をご紹介しましょう。と言ってもこのカード、住信SBIネット銀行の口座がなくても申し込めるんですよ。

旅行保険が充実しているので家族旅行には最適ですし、条件付きで年会費無料にすることもできるので、メインカードとして様々な支払いに使えばコストパフォーマンスも最高です。

そんな、お手頃なゴールドとして、どなたにでもおすすめできるミライノカードGOLDについて、詳しく解説していきます。興味のある方は是非ご一読ください。

キラキラミライノ カード GOLDの写真ミライノ カード GOLDの公式はこちら

ミライノカードGOLD(ゴールド)の魅力!バランスの良い機能満載

  • 年会費はたったの3,000円、しかも年間100万円利用で次年度無料
  • QUICPay標準搭載、Apple Payにも対応
  • ミライノポイントはどの使い道でも還元率1.0%に刷新
  • ローン金利引き下げなど、住信SBIネット銀行優遇サービス
  • 空港サービスや旅先での優待など充実したトラベルサービス
  • 最高5,000万円の旅行傷害保険は自動付帯で家族特約つき
  • ショッピング保険や盗難紛失保険も付帯

ミライノカードGOLDは年会費免除のあるゴールドカードで、そのバランスの良い機能はご家庭のメインカードとしても最適です。

これからこのカードの中身を一気にご紹介していきますので、ゴールドカードが初めてという方もぜひご参照ください。

ミライノカードGOLDは、1枚で日常の買物から旅行まで幅広くこなせるゴールドカードです。

年会費も利用額次第で2年目以降は無料になる、大変お得なカードですよ。

年間100万円以上利用で年会費無料!決済方法も多様

ゴールドカードは年会費が高いので敬遠する方もいるのですが、大切なのはそのカードで得られるメリットとのバランスです。

その点、ミライノカードGOLDは、じゅうぶん入会する価値のあるカードと言えます。その理由について、これからしっかり見ていきましょう。

年間100万円以上利用すれば次年度の年会費無料

まずはミライノカードGOLDの年会費から見ていきましょう。

  • 年会費3,000円(税別)
  • 年間100万円以上の利用で次年度の年会費は無料

ミライノカードGOLDの年会費は、ゴールドカードとしては安価です。さらに、注目すべきことに、ゴールドカードとしては珍しく年会費免除条件があるのです。

1年間のカード利用額が100万円以上になれば、2年目以降の年会費が無料になるのです。

月額8万円以上のカード決済で年会費は無料になる

年間100万円というと、月額にして平均約8万3千円以上のカード決済が必要です。ショッピングだけではこの利用額の達成が難しい方は、家庭のメインカードとしての幅広い利用がおすすめです。

以下のような支払いを可能な限りクレジット払いに切り替えれば、カード利用額を一気に増やせるでしょう。

  • 公共料金
  • 電話料金
  • プロバイダ料金
  • 家賃
  • 各種税金

ETCカードも無料で追加発行可能

ミライノカードGOLDでは、ETCカードを追加発行することができます。

発行手数料も年会費も無料ですし、ETC利用料金に対してもポイントがつきます。

また、先ほどお話した年間100万円以上という年会費無料条件も達成しやすくなりますから、利用する機会のある方はぜひとも発行することをオススメします。

ただし、カードの紛失などによる再発行には、手数料1,000円(税別)がかかりますので、ご注意くださいね。

QUICPay搭載だから1枚で2通りの支払い方法が選べる

さらに、日常的なカード利用額を増やすのに一役買ってくれるのが、このカードに搭載された電子マネーQUICPay(クイックペイ)です。

QUICPay説明画像

電子マネーは数百円程度の買物にも気軽に使えますし、QUICPayはチャージ不要なので残高不足の心配もありません。

ミライノカードGOLDはQUICPay一体型なので、精算時にはクレジット決済もしくはQUICPay決済のいずれかを指定してください。

QUICPayで決済する場合は、ミライノカードゴールドを自分の手でレジのリーダーにかざすだけで、簡単かつスピーディに精算できますよ。

QUICPayはApple Payでも利用可能

また、ミライノカードGOLD(ゴールド)は、Apple Pay(アップルペイ)にも登録可能です。Apple Payのお支払い時には、同じ様にQUICPayを指定して、iPhoneやApple WatchをリーダーにかざせばOKです。

QUICPayアップルペイ画像

コンビニやドラッグストアなどでも積極的に利用額を増やして、ぜひ年会費無料を目指してくださいね。

ミライノカードGOLDはゴールドカードですが、一般的なカードと同じく18歳以上なら申し込めるのですか?

申し込めない場合、親が申し込んで、僕が使うための家族カードを発行してもらうことはできますか?

ミライノカードGOLDの申し込み資格は、20歳以上で本人または配偶者に安定収入がある人で、学生は不可となっています。

また、残念ながら、ミライノカードGOLDでは家族カードの発行ができません。

入会希望の方は、20歳になるまで待ってから申し込んでくださいね。

ミライノポイントの還元率を最大限に上げるお得な使い方をご紹介

次にミライノカードGOLD(ゴールド)のポイントについてご説明しましょう。ミライノカードGOLDではどんなポイントが貯まるのでしょう?

ポイントのお得な交換先もご紹介しますので、ぜひ還元率を高める方法をマスターしてください。

ミライノ ポイントが1,000円ごとに5ポイント貯まる

このカードでは独自のポイント「ミライノ ポイント」が貯まります。有効期限はミライノカードGOLDの場合、ポイント取得から3年間です。

ミライノポイント付与率説明画像

  • 月々の利用合計額1,000円につき5ポイント貯まる
  • 有効期限はポイント取得から3年間

実はミライノ ポイントプログラムには、ポイントが貯めやすくなる特典や、特約店・提携店といったものが存在しません。

このカードはJCBブランドですが、貯まるポイントの種類が違うため、JCB ORIGINAL SERIESパートナーやOki Dokiランドが使えないのです。

つまり、ミライノカードGOLDは、どこで使っても付与率が一律「1,000円で5ポイント」なんですね。

還元率1.0%でスマプロポイントか支払額への充当に使える

では、貯まったミライノポイントは、どう使えばよいでしょうか。ミライノポイントの使い道は、以下の2通りです。

使い方 レート 還元率
スマプロポイント 1,000ミライノポイント=2,000スマプロポイント
(1,000ポイント以上100ポイント単位)
1.0%
支払総額から減算 1,000ミライノポイント=2,000円分
(1,000ポイント以上100ポイント単位)
1.0%
後ほど詳しくお伝えするスマプロポイントに、1.0%の還元率で交換することができます。また、毎月のカード利用額に充当することもでき、1,000ポイントを2,000円分として使えます。こちらも、還元率としては1.0%です。

実は、従来、支払総額からの減算にポイントを使う場合、1,000ポイント=1,000円分でした。つまり、スマプロポイントに交換する場合と比べると、還元率が半減してしまっていたのです。

しかし、2019年5月1日申し込み分より、還元率が倍にアップしたのです。どちらの使い道を選んでも、同じくお得な還元率となりました。

スマプロポイントは住信SBIネット銀行のポイント

スマプロポイントとは、住信SBIネット銀行の「スマートプログラム」で貯まるポイントです。ミライノポイントから交換する以外にも、以下のような貯め方が用意されています。

ポイント獲得条件 スマプロポイント付与数(月間)
ミライノ カードからの
月内引落金額合計5万円以上
100ポイント
外貨預金と仕組預金の月末残高合計300万円以上 100ポイント
給与受取・年金受取・定額自動入金いずれかの利用 30ポイント
口座振替(銀行引落し)1件以上 5ポイント
外貨積立 月1万円以上 10ポイント
純金積立 月5,000円以上 10ポイント

この通り、住信SBIネット銀行での様々な取引で、ミライノポイントを貯めることができます。また、ミライノカードGOLDの利用でもポイントが貯まります。

ミライノカードは住信SBIネット銀行に口座を持たなくても利用可能ですが、やはり住信SBIネット銀行と連動させるのが最もお得ですね。

住信SBIネット銀行との組み合わせで優遇サービスがある

さらに、ミライノカードGOLDの支払い口座を住信SBIネット銀行にすると、以下の優待サービスも適用されます。

  • スマートプログラムが2ランクアップ
  • カードローン金利を年0.1%引下げ

スマートプログラムとは住信SBIネット銀行の4段階のランク判定で、これによってATM利用や振込手数料無料回数が決まるのです。

このように、ミライノカードGOLDに入会すれば、住信SBIネット銀行の利用もまたお得になるわけです。

スマプロポイントは現金やマイルに交換できる

では次に、肝心のスマプロポイントの使い道を見ていきましょう。

スマプロポイントの交換先 レート(500ポイント以上100ポイント単位)
現金 1ポイント=1円相当
JALマイル 100ポイント=40マイル相当

この通り、ミライノポイントをスマプロポイントに交換すれば使い道が増えて、JALマイルに交換することも可能です。現金化ならミライノポイントと同じ1.0%の還元率です。

しかし、このためにはスマートプログラムへの参加、つまり住信SBIネット銀行に口座を作る必要があります。

ミライノカードGOLDを使うなら、住信SBIネット銀行に口座を開き、それをカードの支払い口座として登録することをオススメします。

そこに、年間100万円以上のカード利用を組み合わせれば、コストパフォーマンスは最強になりますよ。

旅の準備から現地までJCBの充実したトラベルサービスが利用可能

先にも少し触れましたが、ミライノカードGOLDの国際ブランドはJCBなので、JCBの豊富な旅行サービスを利用できます。

空港や現地などで使える便利でお得な特典満載

それではさっそく、どのようなトラベルサービスがあるのか見てみましょう。

サービス 内容
JCB PLAZA ・世界中の主要都市に設置
・各種案内・予約、緊急サービス
・一部主要都市には荷物一時預かりやマッサージ機等の
サービスが利用できる「JCBプラザラウンジ」も設置
JCBプラザ
コールセンター
・海外旅行中、24時間年中無休で日本語対応
・急病、カードの紛失・盗難など緊急時サポート
JCB紛失・盗難
海外サポート
・24時間年中無休
・海外専用緊急再発行カード手配など
空港免税店割引
(ANA DUTY
FREE SHOP)
・成田国際空港:免税価格から5%OFF
・関西国際空港:免税価格から10%OFF
空港宅配優待
サービス
・空港宅配QLライナー:15%OFF
・空港宅配JAL ABC優待サービス:15%OFF
海外レンタカー
サービス
・ダラーレンタカー(ハワイ等):最大20%OFF
・エイビスレンタカー(ハワイ等):特別価格から10%OFF
・バジェットレンタカー(ハワイ等):最大15%OFF
・ハーツレンタカー(世界60ヵ国):5~20%OFF
・ニッポンレンタカー(ハワイ等):1日につきUS$10OFF等
・ナショナルカーレンタル(アメリカ):5~25%OFF
JCB GLOBAL WiFi ・定価から20%OFF
・受渡/返却手数料無料
JCB空港優待ガイド 国内空港の各種店舗で利用できるクーポン集
JCB沖縄優待ガイド 沖縄県内の加盟店で利用できるクーポン集
たびらば
(WEB/アプリ)
・旅行情報サイト
・世界各地およそ2,000店の優待

世界各国に設置されているJCB PLAZAやサポートサービスは、海外旅行時には大変頼りになる存在です。空港店舗や宅配、海外Wi-Fiやレンタカーなどで割引が使えるのも、うれしいサービスですよね。

旅行情報サイト「たびらば」提携店で優待が利用できる

たびらば画像

また、海外旅行情報サイトの「たびらば」では現地スタッフ発信の独自情報が満載で、お得な優待サービスを利用できますよ。様々な国で優待が受けられますが、ここではハワイで利用できる優待の一部をご紹介しておきましょう。

  • ザ・コンプリート・キッチン:US$30以上利用でロゴアイテム進呈
  • マグノリア:お買い物品のうち1点を10%OFF
  • ABCストア:US$25以上利用でウォーターボトル「Aloha Wai water」1本進呈
  • UGG(アグ):利用代金から10%OFF
  • イオラニ宮殿:ガイド付きツアー・オーディオガイドツアーが特別料金
  • シャカポケ:US$10以上の利用で10%OFF
  • 創作居酒屋みのり・バイ・ 塚田農場:10%OFF
  • ロイヤル カイラ スパ:50分以上のマッサージ利用で10%OFF

これらはハワイで利用できる優待ですが、その他にもグアムやカナダ、台湾や韓国、フランス・イギリス・イタリアなど様々な国でお得な優待が受けられますので、海外旅行に出かける際は是非「たびらば」をチェックしてみてくださいね。

ご紹介してきたように、ミライノカードGOLDは旅行関連の特典が充実しているので、家族旅行に使えばますますコスパが高くなりますよ。

ただし、ゴールドカードにはつきものの空港ラウンジサービスが、このカードでは利用できないことに注意が必要です。

ミライノカードGOLD(ゴールド)の付帯保険内容

ミライノカードGOLDには、充実した内容の旅行傷害保険をはじめ、各種保険が付帯しています。どのような内容なのか、確認していきましょう。

最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯&家族特約つき

ミライノカードGOLDの旅行保険は、自動付帯かつ家族特約付きという、とても手厚い補償内容となっています。

補償内容 補償金額(本会員) 家族特約
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
傷害治療 最高500万円 最高250万円
疾病治療 最高500万円 最高250万円
賠償責任 最高5,000万円 最高2,500万円
携行品損害※ 年間最高50万円/1旅行 年間最高25万円/1旅行
救援者費用 最高300万円 最高150万円

※携行品1つにつき10万円限度(自己負担額3,000円)

本会員の死亡・後遺障害は最高5,000万円、海外旅行保険で最も重要とされる治療費用も最高500万円と非常に充実しています。

ゴールドより上級のプラチナカードである、「MUFGカード・プラチナ」の治療費用補償は200万円、年会費が29,000円(税別)するアメックス・ゴールドの治療補償は300万円(利用付帯)です。

それと比較すれば、年会費3,000円のミライノカードGOLDの補償が、いかにスゴイかお分かり頂けると思います。

国内旅行傷害保険も自動付帯+家族特約つき

次に、国内旅行傷害保険の内容を見ていきましょう。

補償内容 補償金額(本会員) 家族特約
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1,000万円
入院 日額4,000円 日額2,000円
通院 日額4,000円 日額2,000円

こちらも海外と同様に、自動付帯かつ家族特約付きです。補償項目をよく見ると入院・通院のみで手術費用がついていませんが、補償額は平均以上のレベルですよ。

家族特約とは同行家族にも自動的に保険が適用されるサービス

ミライノカードGOLDの旅行傷害保険には、海外・国内ともに家族特約が付いていることをお伝えしました。家族特約とは、クレジットカード会員だけでなく、旅行に同行した家族にも補償がつく契約内容のことです。

家族特約の対象となる家族とは、以下の方々です。

  • カード本会員の配偶者
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする同居の親族
  • カード本会員またはカード本会員の配偶者と生計を共にする別居の未婚の子

この家族特約のおかげで、あなた1人がミライノカードGOLDを持っていれば、安心して親子・夫婦で旅行に出かけることができるわけです。

自動付帯だから他のカードの保険と合算が可能

しかも、上記の補償はすべて自動付帯です。旅行代金などをミライノカードGOLDで支払わなくても、事前の手続き等も一切不要でいざというとき補償が受けられるのです。

例えば、ミライノカードGOLDと楽天カードの2枚を持っているとしたら、海外旅行に行く時には必ず楽天カードで旅行代金を決済してください。

楽天カードの旅行保険は利用付帯なので、このカードで決済しないと補償がつかないからです。一方、ミライノカードGOLDの旅行保険は自動的に発動しますので、こうすることによって2つの保険が両方とも有効になります。

そして、以下の通り、死亡・後遺障害以外は、両方の保険金が合算された金額が最高補償額になるのです。

補償内容 ミライノカード
GOLD
楽天カード 補償額
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高2,000万円 最高5,000万円(高い方)
傷害治療 最高500万円 最高200万円 最高700万円(合算)
疾病治療 最高500万円 最高200万円 最高700万円(合算)
賠償責任 最高5,000万円 最高2,000万円 最高7,000万円(合算)
携行品損害
(年間)
最高50万円 最高20万円 最高70万円(合算)
救援者費用 最高300万円 最高200万円 最高500万円(合算)

ミライノカードGOLDのような自動付帯の旅行保険には、このように他の旅行保険と合算しやすいという特長があります。

最高50万円の海外ショッピング保険も付帯

ミライノカードGOLDには旅行保険だけでなく、ショッピングガード保険も付帯します。

ただし、これは海外利用時のみ適用で、国内ショッピングは補償の対象外です。

項目 内容
補償限度額 年間最高 50 万円
自己負担額 10,000円
補償期間 商品購入日より 90 日間

ミライノカードGOLDで購入したものが破損・盗難などの被害に遭っても、上記の内容で補償が受けられます。海外でのお買い物はミライノカードGOLDで支払えば、いざというときも安心ですね。

紛失・盗難保険も付いているから安心

さらに、ミライノカードGOLDには紛失・盗難保険も付帯するので、カードを失くしてしまったり、盗まれてしまったりしたときも安心です。

カードの紛失・盗難により不正利用されてしまった場合も、全額が補償されます。

カードがないことに気づいたら、すぐに24時間・年中無休のJCB紛失盗難受付デスクに連絡しましょう。

ゴールドカードの中でも、国内旅行保険が自動付帯というのは珍しいですから、ミライノカードGOLDの旅行保険は非常に充実していると言えますよ。

しかも、国内・海外どちらにも家族特約がついているので、同行家族にもちゃんと補償がおりますよ。

ミライノカード GOLD(ゴールド)の基本情報

ミライノカードゴールド

公式サイトはコチラ

ここまでお話してきたミライノカードGOLDの基本情報を、以下にまとめます。以下がミライノカードゴールドの基本情報です。旅行保険のところでも触れた通り、このカードでは家族カードが作れませんが、海外旅行や国内旅行には同行する配偶者や親子には自動的に保険が適用されます。

項目 内容
カード名称 ミライノカードGOLD
年会費 3,000円(税別)
※年間100万円以上利用で次年度無料
申込資格 20歳以上(学生不可)
追加カード ・家族カード:なし
・ETCカード:発行手数料無料、年会費無料
ミライノポイント 1,000円につき5ポイント(還元率1.0%)
旅行傷害保険 【海外】最高5,000万円(自動付帯、家族特約つき)
【国内】最高5,000万円(自動付帯、家族特約つき)
その他付帯保険 ・年間最高50万円のショッピングガード保険(海外のみ)
・紛失・盗難保険
その他特典 ・QUICPay一体型
・Apple Pay対応
・JCB PLAZA
・JCBプラザコールセンター(日本・海外)
・たびらば(WEB・アプリ)
・JCB GLOBAL WiFi 20%OFF&受渡/返却手数料無料
・海外レンタカー最大25%OFF
・空港宅配サービス15%OFF
・JCB空港優待ガイド
・JCB沖縄優待ガイド
・空港免税店最大10%OFF
・JCB紛失・盗難海外サポート
【支払い口座を住信SBIネット銀行の口座を登録した場合】
・スマートプログラムが2ランクアップ
・カードローン金利が年0.1%引下げ
年間100万円以上利用すれば年会費無料、もしも条件を達成できなくてもわずか3,000円の年会費ですから、ゴールドカードとしては非常にお得です。

空港ラウンジ特典がないことを除けば、トラベルサービスや保険も充実していますし、とても優れたカードですよ。

ミライノカードGOLD(ゴールド)は住信SBIネット銀行との併用がお得です

ミライノカードGOLDは年会費もリーズナブルで、メインカードとして利用額を増やせば2年目以降の年会費は無料となります。

長所は旅行特典と旅行保険で、特に海外・国内旅行保険は、いずれも自動付帯で家族特約つき。同行家族にも自動的に補償がつきます。

ポイントも、カード利用額への充当や、住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換して現金化するなどの使い道があり、いずれも1.0%の還元率です。住信SBIネット銀行の口座を支払い口座に登録すれば、銀行の利用がお得になるサービスも受けられます。

お手軽で優秀なゴールドカードをお探しの方は、ぜひミライノカードGOLDを住信SBIネット銀行と併用することを検討してみてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断