マイナンバーカードとキャッシュレス決済で25%還元!2020年9月~スタート

マイナンバーカードとキャッシュレス決済で25%還元!2020年9月~スタート

「マイナポイント」というポイントサービスを知っていますか?おそらく、多くの方にとってまだまだ馴染みのないものなのではないでしょうか。

マイナポイントとは、マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐づけて利用することで、国から付与されるポイントの名称です。

2020年9月よりサービス開始予定ですが、すでに予約はスタートしています。25%が還元されるお得なサービスですので、ぜひどのようなものか理解したうえで検討してみてくださいね。

マイナポイントはマイナンバーカードの普及や消費拡大のための事業

先にも触れましたが、25%という驚異の還元率が大きな特徴のマイナポイント。とはいえ、そもそもマイナポイントとは何なのか、という方も多いことでしょう。

そこでまずは、マイナポイントの概要からご紹介していきます。

マイナポイントは総務省によるマイナンバーカード普及促進事業

マイナポイントとは、マイナンバーカードの普及と消費の活性化などを目的とした、総務省により行われる事業です。

マイナンバー制度は2015年に導入されましたが、総務省による2020年4月1日現在のマイナンバーカード普及率は、全国でわずか16.0%です。

マイナンバーの通知を受けて約5年経っても、マイナンバーカードを持っていない人の方が圧倒的多数なのです。

このような状況のマイナンバーカードを普及させるべく、そして同時に消費促進をはかるべく導入されたのが、マイナポイントというわけなのです。

マイナンバーカードの取得とキャッシュレス決済の選択が必要

マイナポイント事業の概要を分かりやすくお伝えすると、下記のような流れになっています。

マイナポイント制度

まず、私たち消費者が、在住の自治体にマイナンバーカードの取得申請をします。すると、およそ1か月後に窓口等でマイナンバーカードを受け取ることができます。

マイナンバーカード

マイナンバーカードができたら、マイナポイントの予約とお好きなキャッシュレス決済サービスの選択をします。

そして、選択したキャッシュレス決済のチャージまたは利用をすると、25%のポイントがもらえるのです。

ざっと概要をお伝えするとこのようになりますが、これだけではまだよく分かりませんよね。この後、じっくり詳しくご紹介していきますので、引き続き目を通してみてください。

書類などにマイナンバーを記入する機会はあっても、なかなか手続きしてまでマイナンバーカードを取得しようと思う人は少ないですよね。

マイナポイント事業をきっかけに、取得を検討してみてはいかがでしょう?

マイナポイントの受け取り方とは?手続きは早めに済ませておこう

ここからは、マイナポイント事業やマイナポイントの受け取り方を、より具体的に見ていきましょう。

オンラインや証明写真機、郵送のどれかで交付申請をしよう

マイナポイントを受け取るために最初にすべきことは、マイナンバーカードの取得です。

すでにマイナンバーカードを持っている方はこの手順を省けますが、普及率から見てもほとんどの方が取得申請をしなければならないでしょう。

マイナンバーカードの取得を申請する方法は、下記のようなものがあります。

  • スマホ・パソコン
  • 街中の証明写真機
  • 郵送

2015年10月より順次送付されたマイナンバー通知カードには、交付申請書が同封されていました。この交付申請書があれば、すぐに上記のいずれかの方法で申請可能です。

マイナンバーカード申請

交付申請書がない方は、まず市区町村の窓口で再発行してもらう必要があります。

スマホやパソコンでは、オンライン交付サイトにて必要事項を入力し、スマホやパソコンのカメラで顔写真を撮影して送信すればOKです。

街中の証明写真機では、対応している写真機のタッチパネルから「個人番号カード申請」を選択して画面の指示に従えば申請できますが、写真撮影代がかかります。

郵送の場合は、必要事項を記入した交付申請書と顔写真を送付します。マイナンバーカード総合サイトから、宛先記載済みで切手不要の封筒材料をダウンロードできますよ。

交付通知が届いたらマイナポイントの受け取りが可能

申請してから1か月ほど経つと、市区町村から交付通知が届きます。通知書に記載された交付場所に出向き、マイナンバーカードを受け取ってください。

受け取りに必要なものは、交付通知書、通知カード、運転免許証などの本人確認書類です。交付窓口では2種類の暗証番号を設定しますので、あらかじめ考えていきましょう。

英数字6文字以上16文字以下のものと、数字4桁の暗証番号が必要です。

繰り返しになりますが、申請から交付まで1か月ほどかかりますから、マイナポイントを受け取りたい方はお早めに申請することをオススメします。

マイナポイントの予約をしよう

マイナンバーカードが手元に来たら、マイナポイントのための手続きに入りましょう。自宅のパソコンやスマホを使ってマイナポイントの予約が可能です。

スマホで予約をする場合は、まず「マイナポイント」アプリをダウンロードします。次に、アプリを起動して「マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)」をクリックし、マイナンバーカードをスマホカメラで読み取ります。

パソコンの場合は、「マイキーID作成・登録準備ソフト」をインストールします。そして、「マイナポイントの予約(マイキーIDの設定)」をクリックし、マイナンバーカードをICカードリーダライタで読み取ります。

ここからは、スマホ・パソコンに共通の手順で、マイナンバーカード受け取り時に設定した4桁の暗証番号を入力します。これで、マイナポイントの予約は完了です。

現時点でできるのはここまでで、2020年7月以降、マイナポイントをどの決済サービスで受け取るかの選択ができるようになります。

スマホやパソコンの環境が整っていない方は、自治体に問い合わせてみましょう。市区町村によっては、マイナポイントの予約ができるコーナーを設置しているところもありますよ。

2020年7月以降、キャッシュレス決済サービスを選択しよう

さて、2020年7月になったら、忘れずにマイナポイントの申し込みをしましょう。マイナポイントの申し込みとはすなわち、どのキャッシュレス決済サービスを利用してポイントを受け取るかの選択をするということです。

ちょっと分かりにくいですが、「マイナポイント」という独自のポイントがあるわけではなく、選択したキャッシュレス決済サービスのポイントがもらえるのです。たとえば、楽天ペイを選択した場合は、楽天ポイントが付与されます。

このように、マイナンバーカードを介在して、キャッシュレス決済サービスから付与されるポイントの総称が「マイナポイント」というわけですね。

2020年9月から25%還元(上限5,000円相当)がスタート

実際にポイントが付与されるのは、2020年9月から2021年3月末までの間です。

ポイントを獲得するためには、事前に選択したキャッシュレス決済サービスでチャージをする、あるいはお買い物をすると、利用額の25%分の当該ポイントがもらえます。

25%というのは普段のポイントサービスに慣れている方々にとっては、驚異の高還元率ですよね。クレジットカードやスマホ決済で25%還元なんて、まずあり得ません。

実は、マイナポイントの25%還元には、5,000円相当までという上限があります。

利用額にすると最大20,000円までということになりますね。

「なんだ、たった5,000円分か」と思った方も多いかもしれませんが、夫婦2人なら10,000円、家族5人なら25,000円相当が還元されるのです。そう考えれば、ちょっとした贅沢に使えそうですね。

マイナポイント還元額

マイナンバーカードの交付には時間がかかるのですね。手数料は必要ですか?

それにしても、身分証明書としては弱いようですし、わざわざマイナンバーカードを交付するメリットはあるのでしょうか?

マイナンバーカードの交付は無料ですが、紛失して再発行をすると手数料がかかりますのでご注意ください。

マイナンバーカードがあれば、コンビニや商業施設で住民票などの各種書類が交付できるなど、ポイント以外のメリットもありますよ。

選択可能なキャッシュレス決済サービスは多数 お好きなものを選ぼう

ここまで、マイナポイント事業がどんなものか、そしてマイナポイントを受け取るための手続きはどうすればいいのかをご説明してきました。

お伝えしたように、マイナポイントといっても、実際に付与されるポイントは、ご自身が選択したキャッシュレス決済サービスのポイントです。

では、選択できるキャッシュレス決済やポイントには、どんなものがあるのでしょうか?

普段使いのキャッシュレス決済が選択可能

2020年5月8日現在、およそ100ものキャッシュレス決済サービス事業者が登録しています。そのうちの1つを、マイナポイント事業に紐づけることができます。

とてもたくさんあるので全ては記載できませんが、選択できるキャッシュレス決済サービスと、その利用で貯まるポイントの種類を一部ご紹介します。

マイナポイントキャッシュレス決済

種類 決済サービス名(ポイント名)
コード決済 FamiPay(FamiPayボーナス)
・メルペイ(ポイント)
au PAY(auPAY残高)
・ゆうちょPay(ゆうちょPayポイント)
d払い(dポイント)
PayPay(PayPayボーナス)
・LINE Pay(LINEポイント)
・楽天ペイ(楽天ポイント)
クレジットカード オリコカード(オリコポイント)
・エポスカード(エポスポイント)
三井住友カード(Vポイント)
・楽天カード(楽天ポイント)
・TOKYU CARD(TOKYU POINT)
交通系電子マネー ・ICOCA(ICOCAポイント)
・Suica(JRE POINT)
・はやかけん(はやかけんポイント)
・manaca(ミュースターポイント)
・Kitaca(Kitacaチャージ)
・マナカ(マナカチャージ)
・nimoca(nimocaポイント)
・SUGOCA(JR九州キューポ)
その他 ・nanaco(nanacoポイント)
・WAON(WAONポイント)
・majica(majicaポイント)
・CoGCa(CoGCa残高)
・ほぺたんカード(ほぺたんカード・プリペイド残高)

多くの方にとって、普段貯めたり使ったりしているキャッシュレス決済サービスが、そのままマイナポイント事業で選択できるのではないでしょうか。

キャッシュレス決済サービス事業者はまだ募集中ですので、今後ますます選択肢が広がる可能性もありますよ。

ポイントの使い方はいつもと同じ

獲得した各種ポイントは、いつものようにお買い物などに使えます。

使い道や利用可能なポイント単位などすべての利用方法は、選択したポイントサービスに準じます。ですから、マイナポイントでもらったポイントも、通常の利用で付与されたポイントと同じように使うことができます。

マイナポイントは国による特別な事業ではありますが、いつも貯めているポイントで受け取れるというのは、使い勝手が良くてうれしいですね。

今は多くの方が複数のキャッシュレス決済を利用していますから、どなたにとっても選択可能なキャッシュレス決済サービスがあるのではないでしょうか。

還元後の使い道まで考えておくと、より良い選択ができそうですね。

マイナンバーカードとキャッシュレス決済併用で25%還元

今回は、マイナポイントについてご紹介してきました。マイナンバーカードを作って対象のキャッシュレス決済サービスの中からお好みのものを1つ選択すれば、5,000円相当を上限に25%の還元が受けられる事業です。

25%分のポイントは選択したポイントで還元されるので、いつものスマホ決済やクレジットカードなどをいつものように使うだけで、その恩恵が受けられます。

2020年7月からマイナポイントの申し込み受付がスタートしますが、その前にマイナンバーカードを取得しなくてはなりません。申請から取得まで1か月ほどかかりますので、マイナポイントを受け取りたい方は是非お早めに申請しましょう。

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断