モバイルPASMO(パスモ)の使い方!スマホひとつで乗車も買い物もできる

モバイルPASMO(パスモ)の使い方!スマホひとつで乗車も買い物もできる

首都圏を中心に多くの方に親しまれている交通系ICカード「PASMO」ですが、2020年3月18日より、ついにモバイル版のサービスが始まりました。

モバイルPASMOなら、カードのPASMOを持ち歩かなくてもスマホひとつで電車やバスが利用でき、お買い物も可能です。

しかも、クレジットカードを登録しておけば、いつでもどこでもチャージや定期券の購入ができます。

これまで以上に便利になったモバイルPASMOについて、じっくりご紹介していきます。

モバイルPASMOとは!?スマホでPASMO利用が可能になりました

まずは、モバイルPASMOとはどのようなものなのか、どんなことができるのかを見ていきましょう。

PASMOは全国の鉄道やバス、お店でキャッシュレス決済が可能

モバイルPASMOとは、交通系ICカード・電子マネーのPASMOがスマホで利用できるサービスです。

そこで、モバイルPASMOの特長を見ていく前に、まずはPASMOの概要について簡単にご紹介します。

PASMOは首都圏を中心に、全国で相互利用が可能な交通系ICカードです。カードを改札にタッチするだけで、キャッシュレスで電車やバスが利用できます。

PASMO

また、鉄道やバスに乗車できるだけでなく、上記のマークが掲示されたPASMO対応のお店で電子マネーとしてお買い物に利用することも可能です。

駅構内のお店や自販機だけでなく、街中のコンビニや百貨店、飲食店など非常に多くのお店で、PASMO決済ができますよ。

もちろん、モバイルPASMOでも同様に、これらのサービスが利用できます。

モバイルPASMOならPASMO利用がさらに便利でお得に

モバイルPASMO

さらに、モバイルPASMOなら、カードのPASMOにはない下記の機能も備わっています。

  • クレジットカードを登録すればいつでもどこでもチャージや定期券購入が可能
  • 残額や利用履歴をいつでもスマホから確認できる
  • スマホ端末の故障や紛失時も簡単に再発行が可能
  • 「バス特※」のポイントやチケット等の情報

※バス特:一部のバス事業者の利用でポイントが貯まったりチケットがもらえたりするサービス

特に、クレジットカードを登録することで、並ばなくても定期券が買えたり、お店に行かなくてもチャージができたりする点は、これまでにない便利なサービスですね。

クレジットカードのポイントが貯まるというメリットもありますよ。

モバイルPASMOの対応機種はAndroid6.0以上

そんな便利でお得なモバイルPASMOですが、利用できる端末はAndroidのスマホのみです。

購入した時点でAndroid6.0以上がインストールされていて、最新版のおサイフケータイが搭載されている端末が対応機種となっています。

iOSではモバイルPASMOが利用できませんので、ご注意ください。

また、モバイルPASMOには2枚までクレジットカードを登録できますが、登録可能なクレジットカードは下記のものです。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express

国内で発行されているほとんどのクレジットカードが登録可能ですが、本人認証サービス(3Dセキュア認証)に対応していないカードは利用できません。

端末の紛失・故障時も安心

モバイルPASMOを利用するにあたって、スマホの紛失や故障時に困るのではないかと不安な方もいらっしゃるかもしれません。

でも、モバイルPASMOを利用停止すれば不正利用を防げるので安心です。

利用停止したうえで再発行をするか払い戻しをするかの2パターンから、お好きな方を選べます。再発行にも手数料はかかりませんよ。

ただし、これらの手続きは、モバイルPASMOへの会員登録をしていないと利用できません。

記名PASMOはアプリから発行すると同時に会員登録が行われていますので、あらためて登録手続きをする必要はありませんが、無記名PASMOを利用する方は忘れずに会員登録をしておきましょう。

モバイルPASMOは、スマホでPASMO機能が利用できるサービスです。

お財布やカードを持ち歩かなくても、スマホだけ持って出かければ、電車やバスでの移動やお買い物ができます。

モバイルPASMO(パスモ)の使い方!スマホとアプリで始める

それではここから、モバイルPASMOの始め方と使い方を見ていきましょう。

アプリを入れてPASMOを発行

モバイルPASMOを始めるのに必要なものは、先にご紹介した対応機種のスマホだけです。

スマホでチャージや定期券購入をするなど、より便利に使うにはクレジットカードも用意しておくとよいでしょう。

端末が用意できたら、Google PlayストアからモバイルPASMOアプリをダウンロードします。ダウンロードが済んだら、アプリからPASMOを発行します。

無記名と記名が選べますが、無記名PASMOはクレジットカードの登録ができず、現金チャージのみとなります。

そこで、ここでは記名PASMOの発行方法をご紹介します。PASMOアプリを起動し、「PASMOを発行する」をタップします。

モバイルPASMO発行手順①

「モバイルPASMO新規発行」をタップし、次に「記名PASMO」をタップします。

モバイルPASMO発行手順②③

会員規約に同意して、メールアドレスや氏名などの必要情報を入力します。「PASMOの名称」の項目には、20文字以内でお好きな名称を入力できますよ。

これでPASMOの発行と会員登録が完了しました。

クレジットカードを登録

では次に、チャージなどに使うクレジットカードを登録しましょう。

モバイルPASMOアプリを開き、左上のアカウントのマークをタップします。「アカウント設定」画面にて「クレジットカード情報」をタップします。

モバイルPASMOクレジットカード登録手順

利用規約に同意して、必要なクレジットカード情報を入力します。

チャージはクレジットカードからが便利でお得

モバイルPASMOはコンビニなどで現金チャージも可能ですが、やはりクレジットカードからのチャージが便利でお得です。

クレジットカードチャージなら、どこにいてもアプリから簡単にチャージができます。

モバイルPASMOアプリを起動し、「入金(チャージ)」をタップします。

モバイルPASMOクレジットカードチャージ手順①②

チャージ金額が表示されているので、変更したい場合は「金額変更」をタップして、希望のチャージ金額をタップします。

チャージしたいクレジットカードを選択します。金額を確認し「入金する(チャージ)」をタップすれば、チャージ完了です。

確認画面の「入金する(チャージ)」をタップしてしまうと、取り消しができませんのでご注意ください。

なお、モバイルPASMOにチャージできる上限金額は20,000円です。

モバイルPASMOでもオートチャージ設定が可能

カードのPASMO同様、モバイルPASMOでもオートチャージができます。利用頻度の高い方は、オートチャージの設定をしておくとより便利です。

オートチャージ設定も、アプリから簡単にできますよ。

モバイルPASMOオートチャージ設定手順手順

モバイルPASMOアプリから「定期券購入・PASMO管理」をタップします。

「オートチャージ設定」をタップします。規約を確認し、オートチャージに使うクレジットカードの情報を入力します。

「登録する」をタップします。約3週間で審査結果を通知するメールが届きますので、メール本文のリンクからモバイルPASMOアプリを起動します。

アプリが起動したら、申し込み時と同じように「定期券購入・PASMO管理」→「オートチャージ設定」の順にタップし、「実行する」をタップすれば設定完了です。

オートチャージを実行する残額やチャージ金額は、アプリからいつでも変更可能ですよ。

ただし、オートチャージをするにはオートチャージに対応したクレジットカードを登録する必要があります。対応カードは、TOKYU CARDやTokyo Metro To Me CARDなど限られていますので、注意しましょう。

使い方はスマホを改札や端末にタッチするだけ

チャージが済んだら、いよいよモバイルPASMOが使えるようになりました。

モバイルPASMO使い方

鉄道で利用する場合は、カードのPASMOと同じように改札にスマホをタッチすればOKです。

お買い物に利用するときも、レジの端末にスマホをタッチさせるだけで支払いができますよ。

PASMOカードをモバイルPASMOに登録することはできないのですか?

そうなら、今持っているPASMOカードはどうすればよいのでしょう?

手持ちのカード式PASMOはモバイルPASMOに登録できません。

モバイルPASMOに切り替えたい場合は、駅やバスの窓口でPASMOカードの払い戻しをしましょう。

モバイルPASMO(パスモ)におすすめのクレジットカードをご紹介

ここからは、モバイルPASMO(パスモ)に登録するのにオススメのクレジットカードを、5枚ご紹介します。

マイルもポイントも貯まるソラチカカード

東京メトロを利用する方なら断然ソラチカカードが一押しです。

ソラチカカードは、ANAのマイルとメトロポイント、さらにJCBのOki Dokiポイントも貯めることができるので、空からも陸からも効率よくマイルを貯めることができます。

もちろん、ソラチカカードからモバイルPASMOにチャージしても、0.5%のOki Dokiポイントが貯まります。

貯まったOki Dokiポイントは、ANAマイルやメトロポイントに交換することもできますよ。

このカードなら持っているだけで、毎年1000マイルの継続ボーナスマイルが貰える点も魅力です。

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)
年会費 初年度無料、2年目以降2,000円(税別)
スペック ・PASMO搭載(モバイルPASMOへのオートチャージ不可)
・Oki Dokiポイント基本還元率0.5%
・モバイルPASMOへのクレジットチャージもポイント対象
・東京メトロ乗車や電子マネー利用でメトロポイント
・ANA利用でフライトマイル
・各種ボーナスマイル
・マイルとメトロポイントは相互交換可能
・Oki Dokiポイントはマイルやメトロポイントに交換可能
・最高1,000万円の国内航空傷害保険
・最高100万円の海外ショッピング補償

オートチャージ可能なJALカード TOKYU POINT ClubQ

JALカード TOKYU POINT ClubQ(普通カード)は、JALカードとTOKYU POINTカード機能、さらにクレジット機能が一体となった便利なカードです。

こちらは、PASMO一体型ではないため、モバイルPASMOのオートチャージに利用できますし、オートチャージ200円につき1ポイントのTOKYU POINTが貯まります。

クレジット決済ではポイントではなくJALマイルが貯まりますが、東急百貨店や東急ストアなどのTOKYU POINT加盟店では、通常のJALマイルに加えてTOKYU POINTも二重取りできます。

空港店舗や免税店割引などJALカードのサービスも利用できるので、海外旅行の機会が多い方や、モバイルPASMOでオートチャージを利用したい方にはオススメできるカードです。

JALカード TOKYU POINT ClubQ

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
項目 内容
カード名称 JALカード TOKYU POINT ClubQ(普通カード)
年会費 初年度無料、2年目以降2,000円(税別)
スペック ・PASMOオートチャージ可能
・PASMOオートチャージで0.5%のTOKYU POINTが貯まる
・JALカード機能搭載
・機内販売や空港店舗等で割引
・フライトマイルや各種ボーナスマイルが貯まる
・カード利用額200円につき1マイル ※1、※2
・TOKYU POINT加盟店ではマイルとTOKYU POINT二重取り
・マイルとTOKYU POINTは相互交換可能
・最高1,000万円の海外旅行傷害保険(自動付帯)
・最高1,000万円の国内旅行傷害保険(自動付帯)

※1ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円+税)加入でマイル2倍
※2モバイルPASMOへのクレジットチャージはマイル対象外

OPクレジットならオートチャージも都度チャージもポイント対象

小田急ポイントクレジットカード(通称OPクレジット)は、小田急沿線にお住いの方に特におすすめです。

基本還元率は0.5%ですが、小田急ポイントサービス加盟店で最大10%のポイントが貯まります。また、飲食店やレジャー施設などとても多くの提携施設でカードを提示すれば、割引などのサービスが受けられますよ。

OPクレジットにはJCB・Visa・Master cardの3ブランドがありますが、このうちVisaとMaster cardならオートチャージも都度のクレジットチャージでも、0.5%のポイントが貯まります。

JCBでもモバイルPASMOでのオートチャージと定期券購入によるポイントは貯まりますが、都度クレジットチャージはポイント対象外となりますのでご注意ください。

項目 内容
カード名称 小田急ポイントクレジットカード(OPクレジット)
年会費 初年度無料、2年目以降500円(税別)
※前年度に1度でもカード利用があれば2年目以降も無料
スペック ・基本還元率0.5%
・モバイルPASMOのオートチャージや定期券購入もポイント対象
・モバイルPASMOの都度クレジットチャージもポイント対象
※Visa・Master cardのみ
・小田急ポイントサービス加盟店で最大10%還元
・OPカード提示優待サービスによる各種対象施設での割引等
・「小田急まなたび」に申し込み可能&料金優遇

東武カードはモバイルPASMOからの定期券購入がお得

東武カードもモバイルPASMOにオートチャージ可能かつポイント対象です。また、東武鉄道の定期券を購入すると通常0.5%ですが、東武鉄道の駅を発駅にしてモバイルPASMOから定期券を購入すると、1.0%還元というメリットもありますよ。

東武百貨店でのお買い物で最大7%還元、東京スカイツリーの入場券割引など、東武グループや沿線の多くの施設でお得なサービスが利用できます。

項目 内容
カード名称 東武カード
年会費 無料
スペック ・基本還元率0.5%
・モバイルPASMOへのオートチャージもポイント対象
・モバイルPASMOからの定期券購入で1.0%還元
・東武百貨店で最大7%還元
・多数の提携施設でポイントアップや割引等の優待
モバイルPASMOでの決済では、独自のポイントが貯まるわけではありませんが、2020年6月末まではキャッシュレス・消費者還元事業によるポイントが貯まります。

ただし、還元を受けるには登録が必要ですよ。

モバイルPASMOで移動もお買い物もスマホひとつでスムーズに

PASMO機能がスマホに搭載された新サービスである、モバイルPASMOについてご紹介しました。

鉄道やバスはもちろん、駅ナカから街中まで多種多様なお店で支払いに使えるので、すでにカードタイプのPASMOをご利用中の方も、モバイルPASMOに切り替えれば、お出かけもより身軽になりますね。

アプリをダウンロードして簡単な登録をすればすぐ利用できますし、スマホからいつでもチャージや定期券購入も可能ですから、PASMOがますます便利になりますよ。

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断