PayPay(ペイペイ)におすすめのクレジットカード

PayPay(ペイペイ)におすすめのクレジットカード

あなたはもうPayPay(ペイペイ)を使いましたか?クレジットカードや電子マネーに加え、近年はスマートフォンを使った新タイプの決済方法が次々と発表されています。

その中でも2018年10月5日に登場したPayPayは、サービス開始前から大きな話題となりました。

今回はこのユニークな名前のモバイル決済PayPayについて徹底解説します。スマホ決済に乗り遅れてしまった方もぜひお読みください。

PayPay(ペイペイ)とは?2分で解る話題のスマートフォン決済

PayPayロゴ

日本はキャッシュレス化が遅れており、スマートフォン決済はおろかクレジットカードを敬遠する方も少なくありません。

そこで国内や海外で流通しているスマートフォン決済とも比較しつつ、初心者にも分かりやすくPayPayの使い方をご説明していきたいと思います。

PayPayはコードをスマホで読み取って決済する

PayPay(ペイペイ)とは一言で言うと、コード読み取り式のスマートフォン決済です。

PayPayのコードの読み取り方は以下の2パターンで、どちらもスマートフォンひとつで支払いが完了します。

お店にQRコードの掲示がある場合

PayPayQRコード読み取り

1.お店のQRコードを読み取る
2.金額を入力する
3.画面を確認、会計完了

バーコードを見せる場合

PayPayバーコード

1.スタッフにバーコードを提示
2.バーコードを読み取ってもらう
3.会計完了

このようにPayPayならお札や硬貨を出すことなく、どなたもスマートに精算することができるのです。

PayPayアプリをダウンロードすればすぐ使える

この便利な電子決済は簡単にスタートできますよ。必要なことはアプリのダウンロードだけ。

設定とチャージ等の事前準備が済めば、あとはお店での精算時にこのアプリでQRコードを読み取るか、もしくはアプリで提示したバーコードをスキャンしてもらえばOK。

たったこれだけの手順で、どなたも財布やお金を出すことなく、スマートフォン一つでコンビニや飲食店で決済できるのです。

ダウンロードや登録はもちろん無料ですし、AndroidでもiOSでも利用可能です。下記公式ページからインストールできますよ。

日本もアリペイとウィチャットペイへの対応開始

中国人観光客は皆この電子決済を使いますから、日本国内でも対応が始まっています。

店舗で、こんな中国語のロゴを見かけたことはありませんか?これが中国で使われているスマホ決済です。

AlipayとWeChatPayロゴ

  • アリペイ(Alipay 支付宝)
  • ウィチャットペイ(WeChatPay 微信支付)

中でもアリペイ(Alipay 支付宝)は、モバイル決済としては世界最大規模とも言われています。

PayPay(ペイペイ)はAlipay(アリペイ)にも対応

日本のキャッシュレス決済も国内利用だけでなく外国人観光客を意識しており、PayPayも2018年10月25日からは、Alipay(アリペイ)への対応をスタートしました。

PayPayのQRコードは、中国人観光客の持つAlipayのアプリでも読み取ることが出来るようになったのです。

Alipay(アリペイ)

日本のスマホ決済利用率は中国の1/4

しかし現時点において、日本のキャッシュレス化は近隣諸国に比べてかなり立ち遅れているというのが実情です。

日本のスマホ決済利用率は30%弱と言われており、中国には遠く及びません。日本でも以下2つの決済方法が登場した時には大きな話題となりましたが、国内における普及率はまだまだなんですね。

PayPayは電子マネーを使わないコード決済

しかし上記のGoogle Pay(グーグルペイ)とApple Pay(アップルペイ)は、今回ご紹介するPayPayとは全く異なる仕組みのスマホ決済です。

Google PayとApple Payは電子マネーを使う方式で、精算時には電子マネー専用のリーダーにかざして決済します。

しかしPayPay(ペイペイ)はコード読み取り方式で、電子マネーのリーダーは使用しません。

PayPayと同じタイプには「楽天ペイ」「d払い」、「LINEペイ」があり、これらもコードを使って決済します。

中国のアリペイ(Alipay 支付宝)やウィチャットペイ(WeChatPay 微信支付)も、PayPayと同じコード読み取り式のスマートフォン決済です。

PayPay決済で基本還元率0.5%、最大2.0%還元

PayPay還元率

PayPay(ペイペイ)をお店で利用すれば、0.5%のPayPayボーナスが付与されます。さらに、前月の利用額によって下記のようにPay Payボーナスが上乗せされますので、現金払いより断然お得です。

条件 Pay Payボーナス付与率
通常利用 0.5%
前月の100円以上の決済回数50回以上 +0.5%
前月の決済金額10万円以上 +0.5%

このように、最大1.5%還元(7,500円/回、15,000円/月が上限)となります。また、Yahoo! JAPAN対象サービスなら基本還元率が1.0%なので、合計で最大2.0%還元となりますよ。

PayPay還元上限説明

ただし、このPayPay利用特典は、PayPay残高もしくはYahoo! JAPANカードで決済しないと対象となりません。

7月はセブンイレブンで決済額の10倍が当たる

PayPayでは随時キャンペーンが行われています。2020年7月のキャンペーンは、セブンイレブンでPayPayを利用すれば抽選で決済額の10倍があたるキャンペーンが開催されてます。

PayPayキャンペーン

  • 1等:決済額の10倍(1,000%)
  • 2等:決済額全額(100%)
  • 3等:決済額の5%

こちらのキャンペーンは、PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括)が対象となります。クレジットカードの場合、ヤフーカード以外は対象外となりますので注意しましょう。

PayPayって変わった名前ですね。

これって少し前に話題になったアップルペイとかグーグルペイと同じものなんですか?

よく似ていますが、PayPayはアップルペイとかグーグルペイとは違ってQRコードを読み取るタイプのスマホ決済です。

これは中国で大流行しているアリペイと全く同じ方式なんですよ。

PayPayは店舗側にもメリットあり 初期費用無料で導入可能 

PayPayは決済する側だけでなく、お店側にもメリットが大きいキャッシュレスサービスです。

キャッシュレス決済が使えないと2人に1人が来店意欲減少

2019年7月に発表されたJCBの調査結果では、2人に1人の方がキャッシュレス決済が利用できないと来店意欲が減少、実際に4割の方が来店を取りやめた経験があると回答しています。

PayPayならスマートフォンとバーコードがあれば始められますし、キャッシュレス決済を導入していないことで取りこぼしてしまっているお客様を取り込むことができるでしょう。

PayPayは導入しやすい!初期費用0円

PayPayの始め方や使い方はとても簡単ですが、これはお店側にとっても同様なんですよ。そもそも読み取り式のスマホ決済は大きな設備が必要なく、初期費用0円でも導入が可能です。

しかもPayPayは決済手数料が2021年9月30日まで無料になるというんですから、お店にとっては願ったり叶ったりですよね。

入金手数料もジャパンネット銀行なら永年無料!その他の銀行でも入金サイクル当月末締め(月1回の入金)の場合は無料です。

ただし、ジャパンネット銀行以外の場合、累計決済額1万円以上を都度入金すると105円の手数料がかかります。

手軽に始められるPayPayを導入して、商売繁盛を狙いたいところですね。

PayPay加盟店への申込みはこちら(無料)

PayPayは加盟店を拡大中

以下がPayPay加盟店の一例で、現在も拡大中です。

PayPay利用可能店舗

ジャンル PayPayが利用できるお店
コンビニ ・ファミリーマート
・セブンイレブン
・ローソン
・ポプラ
・ミニストップ 等
家電量販店 ・ヤマダ電機
・ビックカメラ
・エディオン
・コジマ
・ベスト電器
・ソフマップ
・マツヤデンキ 等
飲食 ・和民
・白木屋
・笑笑
・牛角
・かっぱ寿司
・フレッシュネスバーガー
・サーティーワンアイスクリーム 等
ファッション ・FIT HOUSE
・はるやま
・マックハウス
・DIESEL
・Outdoor 等
旅行 ・H.I.S.
・東横イン
・ワシントンホテルプラザ
・HOTEL MYSTAYS
・FLEXSTAY INN
・MONTHLY RESI STAYS 等
ドラッグストア ・ドラッグ・イン キムラヤ
・クスリのアオキ
・マツモトキヨシ
・ウェルシア 等
タクシー ・日本中央交通
・オリエンタルタクシー
・江ノ島タクシー 等
PayPayは釣り銭の準備も不要で渡し間違いの心配もないなど、従業員の方にとってもメリットがありますよ。

導入費用もかかりませんからオススメです。

PayPay登録におすすめのクレジットカード

お伝えしてきたように、PayPayはキャンペーンが豊富でお得な決済サービスですが、キャンペーン以外のときでも得できた方がいいですよね。

そこでPayPay決済で誰もが得できる方法をご紹介します。

PayPay × Yahoo! JAPANカード!年会費無料で高還元

PayPayと相性バッチリなのがYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)です。年会費無料なので、どなたも気軽にお申込みができます。

PayPayに登録できるクレジットカードはVISAとMasterCardですが、Yahoo! JAPANカードだけはJCBでもOKですよ。

Yahoo! JAPANカードはネットショッピングがお得なカードですが、基本還元率1.0%なので基本的にどこで使っても安定してポイントが貯まります。

PayPay利用による還元はYahoo! JAPANカード以外のクレジットカードは対象外ですし、PayPay残高にチャージ可能なカードはYahoo!JAPANカードのみですから、PayPayを利用する方ならYahoo!JAPANカードは必携です。

Yahoo JAPAN カード

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 Yahoo! JAPANカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.0%
・JCBブランドもPayPayに登録可能
・Yahoo!ショッピングとLOHACOは常時3%還元
・倍付分はPayPayボーナスライトで還元される
・クレジット決済ではTポイントが貯まる
・年間最大100万円のショッピングガード保険付帯
・オプション保険に加入可能

経営者に一押し!三井住友ビジネスカード for Owners

個人事業主の方や経営者の方なら、ビジネスに役立つカードも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

三井住友ビジネスカード for Ownersなら、オフィスの消耗品などを優待価格で利用できるビジネスサポートサービスや、全国の人気レストランを優待価格で楽しめるVisa ビジネスグルメオファーなど、年会費以上の価値ある優待が多数利用できます。

申込する際も、登記簿謄本や決算書が不要で本人確認書類だけで申し込みが可能ですから、手軽に申し込みできる点も大きなメリットです。

経営者の方なら、PayPayだけでなく日常的に役立つカードを視野に入れてみてもいいですね。

三井住友ビジネスカード for Ownersは、海外旅行傷害保険や海外ショッピング保険も付帯しますし、PayPay決済時にPayPay残高は付与されないものの、クレジットカードのポイントはきちんと付与されますよ。

ビジネスシーンで活躍してくれるカードですから、個人事業主や経営者の方には一押しの1枚です。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック画像

カードの詳細へ
公式サイトはコチラ
カード名称 三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック)
年会費 初年度無料、2年目以降1,250円(税別)※
スペック ・基本還元率0.5%
・コンビニやマクドナルドでポイント5倍
・選んだお店で常にポイント2倍
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険(利用付帯)
・年間100万円のショッピング補償付帯(海外利用分のみ)
・福利厚生代行サービス
・エアライン&ホテルデスクサービス
・ビジネスサポートサービス
・VJタクシーチケットサービス
・Visa ビジネスオファー
・Visa ビジネスグルメオファー

※「マイ・ペイすリボ」登録&年1回以上のリボ手数料支払いで2年目以降も無料、
「カードご利用代金WEB明細書サービス」の利用&年6回以上の請求で2年目以降500円(税別)割引

銀行口座からチャージしてPayPay決済をすることもできますが、クレジットカードがおすすめですよ。

カードを登録しておけば残高不足の心配がありませんし、クレジットポイントも貯まります。

PayPayの始め方!登録と支払い方法を徹底解説

次にPayPayの登録方法を説明しましょう。登録は簡単ですが、支払い方法の選択にはちょっと注意が必要ですよ。

よりお得かつスムーズにPayPayを使うために、ぜひ最後まで読んでくださいね。

手順は3つ!PayPayはすぐに使える

PayPayの使い始めはとても簡単です。以下の3ステップで、どなたもすぐにスタートできます。

  • ①アプリをダウンロード
  • ②SMS認証
  • ③支払い情報を登録

以下に手順を詳しくご説明しましょう。

①アプリをダウンロード

最初にすべきことはアプリのダウンロードです。下記の公式サイトからダウンロードできますし、無料で始められます。

iPhone(iOS)版はこちら

Android版はこちら

②SMS認証!4桁の認証コードを入力

ダウンロードしたアプリを開くと、次に行われるのがSMS認証です。

画面で携帯電話番号とパスワードを入力してログインすると、その電話宛てに4桁の認証コードが届きますから、これを入力すれば登録は完了です。

Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、それを利用してログインすることも可能ですよ。

③支払い情報を設定する

次に支払い方法を選びます。支払い方法は、PayPay残高とクレジットカードから選択できます。

最初に一番使いやすい「クレジットカード払い」についてご説明しましょう。残高不足を気にせず決済できる点やカードポイントが貯まることを考えれば、一押しはやっぱりクレジットカード払いですよ。

使用できるクレジットカードの種類は以下の通りです。

使えないクレジットカードの種類にご注意ください。アメックスやダイナースはPayPayの支払いに使えません。またJCBブランドで使えるのは、Yahoo! JAPANカードだけとなっています。

そして、繰り返しになりますが、クレジットカード決済でPayPay利用特典のPayPayボーナスが貯まるのは、Yahoo!JAPANカードのみです。

それ以外のクレジットカードは、クレジットカードのポイントしか獲得できませんのでご注意ください。

PayPay残高にチャージする方法は5つ

次に「PayPay残高」についてご説明しましょう。PayPay残高から支払うには、事前にチャージが必要です。このチャージには以下5つの方法が使えます。

  • Yahoo! JAPANカード
  • 銀行口座
  • セブン銀行ATM(現金によるチャージ)
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • ヤフオク!PayPayフリマの売上金

つまりYahoo! JAPANカードをお持ちの方であれば、直接「クレジットカード支払い」せず、いったん「PayPay残高」にチャージしてからPayPay決済してもいい訳です。

また、ソフトバンクやワイモバイルの携帯を利用してPayPayアカウントの連携をしている場合、そこからチャージすることも可能です。現金でチャージしたい方は、セブン銀行ATMから行うことができます。

アプリから簡単に銀行口座の登録が可能

銀行口座からチャージしたい場合、まずは銀行口座を登録します。ホーム画面の「その他」から「銀行口座登録」をタップして、登録したい金融機関を選んで登録しましょう。

銀行口座からチャージ

口座登録が済んだら「チャージ」をタップし、チャージしたい金額を入力したら「チャージする」をタップすれば完了です。

PayPay残高は4種類に更新&出金機能も追加

実はPayPay残高には、いくつかの種類があります。

従来、口座やYahoo!JAPANカードからチャージする「PayPayライト」と、決済で還元される「PayPayボーナス」、そしてキャンペーン等でもらえる「PayPayボーナスミニ」の3種類でした。

それが、2019年7月29日より下記のように変更されています。

名称 特徴 出金 有効期限
【旧】-
【新】PayPayマネー
(2019年9月30日~)
・口座などからチャージ
・送る、わりかん機能あり
無期限
【旧】PayPayライト
【新】PayPayマネーライト
・口座などからチャージ
・送る、わりかん機能あり
× 無期限
PayPayボーナス(名称変更なし) ・PayPay決済で付与
・キャンペーンなどで付与
・送る、わりかん機能なし
× 無期限
【旧】PayPayボーナスミニ
【新】PayPayボーナスライト
・キャンペーンなどで付与
・送る、わりかん機能なし
× 60日間

新設されたPayPayマネーだけは、銀行口座に出金できます。以前は、チャージしたら使い切るしかありませんでしたが、現在は銀行口座とPayPay残高を自由に行き来できるようになっています。

ただし、出金機能が使えるのは所定の本人確認手続きを済ませた人のみです。

出金は100円から対応していて、ジャパンネット銀行以外の金融機関の場合、100円の手数料が発生します。

公共料金や税金もPayPayで払える&ポイントも貯まる

PayPayで公共料金支払い可能説明

PayPayでは、電気料金やガス料金などの公共料金を支払うことも可能です。自治体によっては水道料金、自動車税や住民税などの税金も払うことができます。しかも、通常の支払いと同様に、0.5%~1.5%のPayPayボーナスが付与されます。

PayPayアプリのホーム画面にある「スキャン」をタップし、払込票に記載されたバーコードを読み取ったら、「支払う」をタップするだけで完了です。

コンビニや窓口まで出掛ける手間もなく、24時間いつでもどこからでも支払い可能です。しかも、ポイントまで貯まる大変便利でお得なサービスですから、ぜひご利用ください。

PayPayボーナス付与は支払日の翌日から30日後

PayPay決済によって獲得できるPayPayボーナスは、すぐに反映されるわけではありません。

ボーナスが反映されていない状態で買物すると、残高不足から全額クレジットカード払いになってしまう可能性もあります。

実際のPayPayボーナスの付与時期は、決済した日の翌日から30日後となります。PayPayボーナス付与予定日も画面上で確認できますよ。

PayPayボーナス付与予定日案内画面

本人認証設定の有無や支払い方法によって利用可能上限額が異なる

PayPayでは不正利用強化対策の一環として、決済金額に上限が設けられています。その上限は、支払い方法やクレジットカードが3Dセキュア(本人認証設定)に対応しているか否かによって、下記のように異なります。

条件 24時間以内 過去30日
本人認証未設定クレジットカード 5,000円 5,000円
本人認証設定済みクレジットカード 2万円 5万円
青いバッジ付き+
本人認証設定済みクレジットカード
25万円 25万円
PayPay残高 50万円 200万円

ユーザー名の隣に青いマークが表示されている方は、青バッジ対象者の方です。青バッジ対象者の方は上限が25万円までアップします。青バッジ条件は公になっていませんが、本人確認やYahoo!IDとの連携などをした信用度の高い人は適用される可能性が高いでしょう。

また、Yahoo! JAPANカードからチャージを行う場合、必ず本人認証が必要ですよ。本人認証を済ませないとYahoo! JAPANカードからチャージできませんので、ご注意くださいね。

クレジットカードではなくPayPay残高から支払う場合は、月200万円まで利用可能です。

本人認証サービスはカードの会員ページから登録可能

安全性を高めるためにも、そして支払い上限をアップさせるためにも、クレジットカードをご利用の方はぜひ本人認証サービスに登録しましょう。そのサービス名はブランドごと異なりますので、それぞれご紹介しておきます。

本人認証サービス

Yahoo! JAPANカードの画面の例をご紹介しておきますね。クレジットカードのサイトの会員ページから「本人認証サービスの登録・停止」をタップして、必要事項やパスワードを入力すれば登録完了です。

モバイルTカードにも対応

2019年2月25日より、PayPayがモバイルTカードにも対応しました。Tポイント加盟店でPayPay決済する場合、Tポイントアプリを開かなくても、PayPayアプリだけでTポイントも同時に貯められます。

PayPayモバイルTカード画面

一度Tカード番号と生年月日を登録してしまえば、次回からは「モバイルTカードを表示する」をタップするだけで利用できますよ。

ファミリーマートやガスト、エディオンなどでPayPayを利用する際は、同時にTポイントも貯められますから、Tポイントを貯めている方は是非Tカード番号をPayPayに登録してくださいね。

PayPay決済で貯まるボーナスは少し遅れて付与されるので、必ず残高を確認してからご使用ください。

いったん付与されたら有効期限はありませんので、焦って使う必要もありません。

ただし、PayPayボーナスライトだけは60日間の期限付きですからご注意ください。

PayPayは便利なスマホ決済!ヤフーカードとの併用が最強

PayPayは、中国で大人気のAlipayと同じくQRコードを使用するモバイル決済です。

「100億円あげちゃうキャペーン」で大きな話題となりましたが、その後も続々とお得なキャペーンが展開されていますし、利用可能なお店も多いため、数あるスマホ決済サービスの中でもおすすめです。

そんなPayPayの登録には、ぜひ年会費無料の高還元カードであるYahoo! JAPANカードを選択し、お得にポイントを稼ぎましょう。

費用は一切かかりませんから、アプリだけでもダウンロードしてみてはいかがでしょう?

閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断