楽天ポイント運用はポイントを増やしつつ投資の疑似体験ができる

楽天ポイント運用はポイントを増やしつつ投資の疑似体験ができる

ポイントを運用するサービスが広がりを見せていますが、今回は2018年10月よりスタートした、楽天スーパーポイントを運用できるサービス「ポイント運用 by 楽天PointClub」について詳しくご紹介します。

面倒な口座開設や個人情報の登録などは一切不要で、うまく利用すればポイントを増やすことも可能です。もちろん、増えたポイントは取り出して通常のポイント同様に、お買い物等に使えます。

お得にポイントを増やしたい方はもちろん、一味違うおもしろいポイントの使い方をしたい人、資産運用の練習をしたい人にもオススメですよ。

楽天ポイント運用は100円単位&2コースから選ぶだけ

楽天ポイント運用

では、さっそく、楽天スーパーポイントの運用とはどんなサービスなのか、詳しくご紹介していきます。

投資信託に連動して実際にポイントが増減するサービス

ポイント運用 by 楽天PointClubは、お手持ちの楽天スーパーポイントを運用に回せるサービスです。

運用中のポイントは実際の投資信託に連動して日々増減するので、増えたタイミングで取り出せば、楽天スーパーポイントを増やすことも可能なのです。

ポイント運用説明

増えたポイントはいつでも取り出すことができ、通常ポイントとしてお買い物などに使うことができます。

つまり、いったん運用に回したら、あとは何もしなくてもポイントが増える可能性のある、お得なサービスなのです。

運用コースは「アクティブ」と「バランス」の2種類

資産運用というと難しそうですが、楽天ポイント運用では2つのコースから選択するだけなのでとっても簡単です。

コース 特徴
アクティブコース ・日々の動きが大きい
・株式:債券=70:30の配分で分散投資
バランスコース ・日々の動きが小さい
・株式:債券=30:70の配分で分散投資

それぞれ、楽天・インデックス・バランス・ファンド「株式重視型」または「債券重視型」の基準価額の値動きに応じて、ポイントが増減します。

積極的に運用したい方は値動きの激しいアクティブコース、安定した運用がお好みの方はバランスコースがオススメです。

口座開設も手数料も不要&簡単3ステップで運用開始

一般的に、資産運用には、証券会社の口座開設や本人確認書類の提出、銘柄の選択や発注など、様々な手続きが必要です。でも、楽天ポイント運用なら、それらの手間は不要です。

しかも、手数料も一切かかりません。

そんな楽天ポイント運用は、たった3ステップで始めることができます。

  • ① 公式サイトの「ポイント運用をはじめる」をクリック
  • ② 「アクティブコース」または「バランスコース」を選択
  • ③ 運用するポイント数を入力して「確定する」をクリック

本当に簡単に、あっという間に運用がスタートします。

100ポイント単位で運用可能、取り出しは1ポイントから

楽天ポイント運用は100ポイントから始められるので、保有ポイント数が少ないからといってあきらめる必要はありません。

項目 内容
運用可能なポイント数 100ポイント以上100ポイント単位
引き出し可能なポイント数 1ポイント~1ポイント単位
運用ポイント追加時の上限 1回につき30,000ポイント
(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)まで
※ポイント運用を含めた全サービスへの
ポイント利用上限は1ヶ月で100,000ポイント
(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)
対象ポイント 通常ポイントのみ
※期間限定ポイントや、他社ポイントから
交換した通常ポイントは運用不可

ポイントを運用から通常ポイントに取り出す際は1ポイント単位でできるので、とても使い勝手が良いのです。先述の通り、手数料もかかりませんから、気軽にいつでも運用&取り出しが可能です。

ただし、当然ながらポイントが減ってしまうリスクもあります。取り出さなければ損益は確定しませんが、使いたいタイミングでポイントを取り出すと損をしてしまうこともじゅうぶんあり得ます。あらかじめ、そのリスクを理解しておきましょう。

運用も取り出しも受付から反映までタイムラグがある

ポイントを運用に回す場合、営業日14時までの受付で、翌営業日の基準価額で運用開始となります。基準価額は、翌営業日22:00以降に確定するので、ポイント運用の手続きをしたらすぐに値動きがあるわけではありません。

ポイント反映タイムラグ

一方、運用から取り出したポイントが通常ポイントとして反映されるのも、やはり14時までの受付で翌営業日の22:00以降となります。

ポイント反映タイムラグ(取り出し)

ここで注意が必要なのは、引き出し時のポイント数が翌営業日の基準価額をもとに決められることです。

「全て引き出す」を選択してから基準価格が下落した場合、受付時に表示されていたポイント数よりも、実際に取り出したポイント数が減少することがあります。

もちろん、逆に受付時よりもポイントが増えることもあり得ます。

本物の投資信託には数えきれないほどの銘柄があるので迷ってしまいますが、楽天ポイント運用なら2種類だけなので、初心者にも選びやすいですね。

それでも迷ってしまう場合、アクティブコースとバランスコース両方で運用することはできますか?

もちろん、両方のコースで運用していくこともできますよ。それぞれのコースで手続きが必要ですが、いつでもどちらにでもポイントの追加や取り出しができます。

毎日ポイント数の増減を確認していれば、運用の勉強になりますね。

運用に回すポイントを効率よく稼げるクレジットカード2選

ここまで、楽天ポイント運用についてお伝えしました。現金不要で資産運用の疑似体験ができるのが大きな魅力ですが、楽天スーパーポイントは必要です。

そこで、楽天スーパーポイントが貯まるクレジットカードの中から、おすすめの2枚をご紹介します。

楽天カードは楽天市場でポイント最大16倍の高還元

はじめにご紹介するのは、かの有名な楽天カードです。楽天カードは、年会費無料で楽天スーパーポイントがどんどん貯まる、シンプルでお得なカードです。

楽天トラベルでポイント2倍、マクドナルドなど多くの加盟店で2倍、楽天市場では最大16倍です。その他、どこで使っても1.0%の高還元カードとして、誰にでもオススメできる1枚です。

楽天カード

カードの詳細へ
カード名称 楽天カード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.0%
・街中の加盟店でポイント最大3倍
・楽天市場で最大16倍
・楽天Edy付帯&チャージでも0.5%のポイントが貯まる
・ETCカード発行可能(年会費500円+税)
・家族カードが5枚まで発行可能(年会費無料)
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯

女性向けサービスが満載の楽天PINKカード

もう1枚、楽天カードの一種である、楽天PINK(ピンク)カードをご紹介します。

楽天PINKカードは、先にご紹介した楽天カードの基本性能はそのままに、グルメやレジャーに関する様々な優待割引「RAKUTENPINKY LIFE(月額300円+税)」や、女性のための保険「楽天PINKサポート」等をオプションで追加できる、女性向けカードです。

楽天カードPINK

カードの詳細へ
カード名称 楽天PINKカード
年会費 無料
スペック ・基本還元率1.0%
・街中の加盟店でポイント最大3倍
・楽天市場で最大16倍
・楽天Edy付帯&チャージでも0.5%のポイントが貯まる
・ETCカード発行可能(年会費500円+税)
・家族カードが5枚まで発行可能(年会費無料)
・最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯
・安価な保険料の女性特定疾病補償プラン「楽天PINKサポート」
・RAKUTENPINKY LIFE(月額300円+税)
・楽天グループ優待サービス(月額300円+税)
楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天カードは必携です。

同じようにお買い物をしていても、ポイントカードとクレジット機能付きの楽天カードでは、貯まるポイントに大きな差が出てきます。

年会費無料で海外旅行保険付きですから、持っていて損はないですよ。

楽天証券のポイント投資とポイント運用との違いを徹底比較

ここまで、楽天スーパーポイントの運用についてご紹介してきましたが、同じようなサービスに楽天証券のポイント投資があります。

とはいえ、ポイント運用とポイント投資では、大きく異なります。最後に、その違いを見ていきましょう。

ポイント投資は実際の資産運用にポイントを充当できるサービス

楽天証券は、その名の通り証券会社です。したがって、現金で投資をするのが原則ですが、サービスの一環として楽天スーパーポイントでも投資信託が購入できるのが、ポイント投資なのです。

楽天ポイント投資説明

つまり、実際の投資信託商品を購入する際に、楽天スーパーポイントが充当できるというわけなのです。

したがって、ポイント投資を利用するには、楽天証券の口座を開設する必要がありますし、金銭的な実損が発生するおそれもあります。

疑似体験のポイント運用とは違って、本物の資産運用の中の1サービスというわけですね。また、楽天証券でのポイント投資は、SPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象になっています。

楽天スーパーポイントコースを設定したうえで、500円以上の投資信託を購入する際に1ポイント以上利用すれば、楽天市場でのお買い物が+1倍となります。

ポイント投資は証券会社のサービスの一種

ポイント運用とポイント投資の違いをより深く理解するために、表にして比較してみましょう。

項目 ポイント運用 by 楽天PointClub 楽天証券 投資信託
ポイント投資サービス
口座開設 不要 必要
個人情報、
マイナンバーの提出
不要 必要
税金の発生 なし あり
※NISA口座など条件
によっては無し
投資対象 バランス・アクティブの2コース 楽天証券取扱の投資信託
ポイントの使い方 100ポイント以上100ポイント単位
※現金との併用NG
1ポイント(1円)単位
※現金との併用OK

本格的な資産運用がしたい方は、やはり楽天証券に口座を作って、現金とも併用しつつ楽天ポイントも利用するのがオススメです。

その前に投資の練習がしたい方には、ポイント運用が良いでしょう。

楽天証券のポイント投資とポイント運用は、似て非なるサービスです。

どちらも楽天スーパーポイントを利用する点は同じですが、証券会社での本物の投資か、あるいはポイントサービスの中のポイントの使い道の一種か、という大きな違いがありますよ。

楽天ポイント運用は投資の疑似体験ができるお得なポイントの使い方

楽天スーパーポイントを運用できるサービスについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

資産運用の疑似体験とはいっても、実際にポイントが増減しますし、うまく活用すれば何もしなくてもポイントが増えてお得なのです。

お買い物などに使う予定のないポイントがあるなら、運用という使い道を選ぶのもおすすめですよ。

100ポイント以上貯まっていれば、今すぐにとっても簡単な手続きで運用をスタートすることができます。

投資に興味がある方も、お買い物をすることなくポイントを増やしたい方も、ぜひ試してみてくださいね。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断