顧客満足度指数調査9年連続NO.1
年会費無料!楽天市場で高還元!

楽天カード最強!他カードと比較したら得すぎることが判明

楽天カード最強!他カードと比較したら得すぎることが判明

クレジットカードを作ろうかなと思っている皆さん、カードの種類がありすぎて迷っていませんか。クレカを作るときに気にすべき点は、年会費に対するコスパ、還元率、貯めたポイントをどこで使えるかです。

この3つのポイントをおさえた上で、自分のライフスタイルに合っているカードを探しましょう。年会費無料の楽天カードのポイントは、貯めやすさと使いやすさで群を抜いています。

楽天カードは、他のクレジットカードと比べてどこが強くてどこが弱いのか、詳しく見ていきましょう。

キラキラ楽天カードの写真楽天カードの公式はこちら

まずはお得なカードの条件をおさえよう

クレジットカードを新たに作りたいと思っているなら、楽天カードが断然オススメです。なぜオススメなのかを説明する前に、お得なクレカの条件を確認しておきましょう。

お得なクレカの条件は、年会費が無料、または年会費以上のサービスが受けられること。そして、ポイントが貯まりやすく、貯めたポイントが使いやすいことです。

も自分のライフスタイルにあっているかも重要です。自分が普段利用するサービスをお得に使えるかチェックしましょう。

ポイント高還元率で貯めたポイントが使いやすいのは必須条件

お得なクレカを選ぶなら、まず還元率をチェックしてください。

ポイント還元や現金値引きでの還元がありますが、一般的なのはクレカの利用に応じてポイントが貯まるカードで、このポイントが貯まる割合が還元率です。還元率が高いほど、早くたくさんポイントが貯まります。

貯めたポイントの使いやすさもポイントです。

  • ポイントは、カード会社が用意したプレゼントと交換するしかできない
  • ポイントは自社サービスの利用のみに使える
  • 1000ポイント単位でしか使えない
    (使えるポイント数が貯まるまで時間がかかる)

こんなポイントシステムだと、使い勝手が悪いですよね。カード会社が用意した交換用プレゼントも、相当ポイントを貯めないと、大したものがもらえません。

よく利用するサービスや店舗で使えるか見極めるのが重要

旅行に全然行かない人が、マイルが貯まる航空会社のクレジットカードや、空港ラウンジを使えるカードを持っていても仕方ありません。

クレジットカードを選ぶときは、自分が利用するサービスでポイントが貯まるか、そのサービスにポイントが使えるかが重要です。

これは楽天カードでも同様です。楽天カードは本当にお得なカードですが、こんな人が楽天カードを持つ意味はないんです。

  • 楽天市場で買い物する気がない
  • 楽天スーパーポイント(楽天Edy含む)が使えるコンビニやガソリンスタンドを全く利用しない
  • そもそもポイントを貯めることに興味がない
お得なクレジットカードを選ぶためには、年会費、還元率、貯めたポイントの使いやすさをチェックすることが重要です。

それに加えて、ライフスタイルに合っているカードを選ぶことで、よりお得にクレジットカードを使うことができます。

楽天カードは高還元!ポイントの貯めやすさを徹底分析

具体的に楽天カードと他のクレジットカードを比べていきましょう。年会費無料の楽天カードと、年会費10,800円の楽天プレミアムカードがありますが、まず年会費無料の楽天カードについて説明します。

年会費無料人気カードの還元率比較表

楽天カードの人気の理由は、ポイントの還元率が高いことです。

通常、楽天カードで100円利用するごとに1%のポイントが還元されます。他のクレジットカードと還元率を比べてみました。

カード 貯まるポイント 還元率
楽天カード
楽天プレミアムカード
楽天スーパーポイント 1.000%~
REX CARD REX POINT 1.25%~
Orico Card The Point オリコポイント 1.000%~
Yahoo!JAPANカード Tポイント 1.000%~
dカード Tポイント 1.000%~

楽天カードは、高還元で知られる他カードと比べても遜色ない還元率です。

楽天市場で最大還元率14%

楽天スーパーポイントアップ最大14%説明画像

楽天カードは通常100円につき1ポイント(還元率1%)ですが、楽天市場で楽天カードを使うと還元率が3%になり、更に楽天のサービスを利用する事により、最大14%まで還元率がアップします。

  • 通常の買い物で1%
  • 楽天カードで決済すれば3%(通常1%+2%)
  • 楽天プレミアムカードもしくは楽天ゴールドカード利用で更に2%プラス
  • 楽天モバイル通話SIM利用で更に2%プラス
  • 楽天市場アプリでの買い物分のみ1%プラス
  • 楽天ブックスまたは楽天Kobo利用合計月2,000円以上で更に1%プラス
  • 楽天ブランドアベニュー月1回以上の購入で更に1%プラス
  • Rakuten TVでNBA Specialに加入すると更に1%プラス
  • 楽天ビューティ月1回1,500円以上利用で更に1%プラス

楽天カードを利用する以外にも、アプリを利用したり楽天モバイルを利用するなど、楽天のサービスを多数利用することにより楽天市場での還元率がアップする仕組みです。楽天市場をよく利用する方に、楽天カードは必携ですね。

楽天市場以外でもポイントアップ!男性に嬉しいお店も多い

楽天カードには、楽天市場以外の利用でもポイントが通常より多く貯まる「ポイント加盟店サービス」もあります。特定のお店で楽天カードを利用すると、通常の2~3倍もポイントがつきます。

ガソリンスタンド、カー用品、紳士服など、比較的高額の買物をするお店が多く、がっつりポイントが貯まります。ポイント還元率が上がるお店の一例です。

  • ENEOS
  • DUNLOPタイヤセレクト・タイヤランド)
  • キズキレンタルサービス
  • エースコンタクト
  • メガネストアー
  • 家具・インテリアのルームズ大正堂
  • さかいやスポーツ
  • てもみん
  • Hair&Make FUSE
  • アリさんマークの引越社
  • サカイ引越センター
  • 複合カフェリラックス

ENEOSでの利用もめちゃ得!ENEOSカードより高還元

ポイント加盟店の中で、特におすすめなのはポイント2倍になるENEOSでの利用です。

なんと、ENEOSのハウスカード※であるENEOSカードよりも高還元なんです。ENEOSカードにはC、P、Sの3タイプがあり、年会費無料なのはSです。ENEOSカードSを使うと、ガソリン1リットルあたり2円が値引きされます(ポイント還元はなし)。

ガソリンを50リットル入れたとして、楽天カードの還元ポイントと、ENEOSカードSでの値引き額を比較してみましょう。

カード ガソリン100円×50l
(5,000円)
ガソリン120円×50l
(6,000円)
楽天カード 100pt
(100円につき2pt×50)
120pt
(100円につき2pt×60)
ENEOSカードS 100円
(1lあたり2円還元×50l)
100円
(1lあたり2円還元×50l)

ガソリンが100円より高くなると楽天カードのほうがお得になります。

レギュラーじゃなくてハイオクの人には、特に嬉しいですね!

ハウスカード

ある企業が独自に発行するクレジットカードのこと。その企業での利用がお得になるのが特徴。

楽天Edyへのチャージでポイントが貯まる

楽天Edy使い方説明画像

楽天カードを使って、楽天Edyをチャージしたときもポイントが貯まります。

チャージ200円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まり、しかもEdyをコンビニなどで使った時にも200円で1ポイントが貯まります。

楽天Edyが使えるのは、こんなお店です。

【コンビニ】

セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなど

【その他小売】

イトーヨーカドー、マツモトキヨシ、ドラッグセガミ、アマゾン、楽天市場、ブックオフ、紀伊國屋書店、ビックカメラ、ヨドバシカメラ など

楽天Edyと楽天カードの組み合わせより楽天カード単体で利用した方がお得

楽天Edyを楽天カードでチャージすると0.5%、楽天Edy利用で0.5%ポイントが付与されますので、合計還元率は1%となります。

楽天カード単体での利用時も1%のポイントがつき、一見還元率は同じに見えますが、端数がカットされる分楽天カードで決済した方がお得なのです。

その理由は、楽天Edy利用時は200円につき1ポイント、楽天カード利用時は100円につき1ポイント付与される点です。

例えば700円利用した場合、楽天Edyで払うと3ポイント、楽天カードで払うと7ポイント付与され、楽天カード単体で払った方が多くポイントを獲得できます。

電子マネーは少額決済でも気軽に使える点が魅力ですが、コンビニでも1万円以下ならサイン不要でクレジットカード払いができますので、無駄なくポイントを獲得したい方は楽天カード1枚で支払いを済ませましょう。

楽天ポイントカード機能を利用すればもっとポイントが貯まる

楽天スーパーポイント貯まる店舗一覧画像

楽天カードを申し込むと、クレジットカードと楽天ポイントカード※機能が一緒になったカードが届きます。この楽天ポイントカード機能を活用すれば、いわゆる「ポイントの2重取り」が可能です。

楽天ポイントカード
楽天ポイントカード
楽天ポイントカード

楽天ポイントカードは、楽天ポイントカード加盟店で利用できます。

【コンビニ】

サークルKサンクス、ポプラ、くらしハウス、スリーエイト など

【ガソリンスタンド】

出光サービスステーション、伊藤忠エネクス など

【小売】

大丸、松坂屋、ジョーシン、マザーピア、J&P、キッズランド、つるやゴルフ、田村書店 など

【飲食】

ミスタードーナツ、MOSDO など

【その他】

ミュゼプラチナム、引越しは日通、葬儀会館ティア など

【楽天ポイントカードとは】

コンビニやガソリンスタンドなどでためた楽天ポイントを使うためのカード。お金を支払った時にポイントを貯めることもできる。

楽天カードのポイント還元率は1,000%~となっていますが、ポイント還元率が高くなるキャンペーンが頻繁に実施されています。

実店舗でもポイント還元率が高く設定されているところもありますから、ポイントを効率良く貯めることが可能です。

楽天スーパーポイントは超使いやすい!電子マネーとしても利用可

楽天スーパーポイントは、コンビニやガソリンスタンドでの利用、楽天市場での買物でザクザク貯まります。そして、貯まった楽天スーパーポイントの使い勝手がいいのも、楽天カードの魅力です。

楽天市場での買物で、1円単位まで使いきれる

各クレジットカードで貯まるポイントの利用方法をまとめてみました。

カード 貯まるポイント ポイント利用法
楽天カード
楽天プレミアムカード
楽天スーパーポイント ・楽天市場、楽天ブックスなどで1pt=1円から利用可能(楽天トラベルは100pt以上から)
・楽天ポイントカード加盟店(コンビニ、ガソリンスタンド、飲食店など)で使える
・楽天Edy(電子マネー)として使える
REX Card REX POINT ・1500pt毎にJデポ1500円分となり、カード請求額から割引
・ANA300マイルに交換
リクルートカード リクルートポイント ・1pt=1円でリクルートのサービスに使える
(じゃらん、ポンパレ、HotPepperなど)
・1pt=1Pontaポイントに交換
Orico Card The Point オリコポイント 500ポイントから交換可能
500オリコポイント→500円分のAmazonギフト券、1000オリコポイント→1000円分nanacoギフト、
その他、ファミリーマート買物券、すかいらーく優待券、LINEギフトコードなどに交換可能
Yahoo!JAPANカード Tポイント ・コンビニやTSUTAYAで使う
・ジャパンネット銀行に預金(100pt=85円)

楽天ポイントのいいところは、なんといっても1ptから1pt単位で使えることです。

例えば高還元で知られるREX CARDのREX POINTは1500pt貯まらないとカード請求額への充当ができません。

楽天ポイントカードを使えばコンビニやガソリンスタンドで使える

楽天ポイントが使える店舗

楽天スーパーポイントは楽天市場や楽天トラベルなど、楽天グループだけで使えるわけではありません。

楽天ポイントカード機能を使えば、提携するコンビニやガソリンスタンドなどで、ポイントを使うことができます。

【コンビニ】

サークルKサンクス、ポプラ、くらしハウス、スリーエイト など

【ガソリンスタンド】

出光サービスステーション、伊藤忠エネクス など

【小売】

大丸、松坂屋、ジョーシン、マザーピア、J&P、キッズランド、ツルハドラック、田村書店 など

【飲食】

ミスタードーナツ、くら寿司、マクドナルド など

「貯められるけど使えない」という加盟店もあるので、注意してくださいね。各引越業者や葬儀会館ティアでは、ポイントでの支払いができません。

楽天カード

公式サイトはコチラ
今まで、楽天スーパーポイントは、楽天市場での買物でしか使えないと思っていました。

実際は、コンビニやガソリンスタンドなどで使えるということでよろしいのでしょうか?

ええ、その通りです。楽天ポイントカードを使えば、提携しているガソリンスタンドや百貨店でポイントを使うことができます。

楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換すれば、コンビニ、ドラッグストア、家電量販店などでも使えるので、使える範囲がさらに広がりますよ。

1万円でプライオリティ・パス!楽天プレミアムカードのコスパ

ここまで年会費無料の楽天カードについてご説明してきましたが、楽天カードには年会費10,800円の楽天プレミアムカードもあります。この楽天プレミアムカードは、海外旅行や海外出張が多い人におすすめです。

楽天プレミアムカードなら、国内旅行保険も海外旅行保険も自動付帯(持っているだけで保険が適用)です。

しかしこんなのは当たり前。何といっても、世界各国の空港ラウンジが無料で使えるプライオリティ・パスを無料で申し込めることが最大のメリットです。

この年会費で、$399(2018.7.2レートで44,161円)のプライオリティ・パスがついてくるなんて破格で、コストパフォーマンスは他のカードの追随を許しません。

楽天カードプレミアム

公式サイトはコチラ

楽天プレミアムカードと他の年会費ありカードやゴールドカードを比較してみましょう。

年会費ありカード・ゴールドカードで人気のカードはこれ!

年会費を払って特典をつけるクレカは数多くあります。海外旅行保険が充実するゴールドカードなどが良い例です。

ゴールドカードを持っていると、リッチな感じがして憧れるという人も多いでしょう。人気のあるゴールドカード、年会費ありカードを集めてみました。

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード:29,000円(税別)初年度無料
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード:20,000円(税別)
  • 三井住友VISAゴールドカード:10,000円(税別)初年度無料、2年目以降も割引あり
  • MUFGカードゴールド:1,905円(初年度無料)
  • Orico Card The Point PREMOIAM GOLD:1,950円(税込)初年度無料

ステータスが高いことで知られるアメリカン・エキスプレス(アメックス)の年会費はさすがですが、楽天プレミアムカードよりも年会費が安いゴールドカードや、年会費が無料のゴールドカードもあります。

ゴールドカードを持ちたいだけなら、「年会費が安いカードで十分じゃん」という気もします。

しかし、年会費が安いカードは、ゴールドカードでもスペックが見劣りします。詳しく見ていきましょう。

海外旅行が多いなら、空港ラウンジの利用可否は要チェック

ゴールドカードに期待するサービスとして挙げる人が多い、空港ラウンジの利用についてまとめてみました。

空港ラウンジでは飲み物や軽食が無料で提供され、フライトまでの待ち時間に快適な環境で仕事をしたい・休憩したいという人にはありがたい空間です。

カード 年会費 使える空港 同伴者
楽天プレミアムカード 10,000円
(税別)
国内28空港
ホノルル、仁川
有料
アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード 29,000円
(税別)
国内28空港
ホノルル、仁川
1名無料
三井住友VISAゴールドカード 10,000円
(税別)
国内28空港 有料
MUFGカードゴールド 1,905円
(税別)
国内6空港プラス海外1空港
Orico Card The Point PREMOIAM GOLD 1,950円
(税込)
なし

年会費が10,000円(税抜)未満のゴールドカードは、ラウンジが使えなかったり、使えるラウンジが極端に少ないですね。

楽天プレミアムカードならプライオリティ・パスを無料で申し込める

プライオリティパスカード

ラウンジ無料利用が付帯されているクレカで空港ラウンジを使うのとは別に、世界130カ国500都市以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスというサービスがあります。

プライオリティ・パスのうち、空港ラウンジを何度でも無料で使えるプレステージ会員は年会費$399(2018.7.2レート44,161円)です。

楽天プレミアムカードを持っていると、なんと無料でプレステージ会員になれます。

そもそもプライオリティ・パスを持てるクレカが限られている上に、プライオリティ・パスに申し込める他のゴールドカードでもこんな扱いになっているので、楽天プレミアムカードがいかにお得かわかります。

カード 年会費 プライオリティ・パス
楽天プレミアムカード 10,000円
(税別)
プレステージ
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円
(税別)
スタンダード
三井住友VISAゴールドカード 10,000円
(税別)
なし
MUFGカードゴールド 1,905円
(税別)
なし
Orico Card The Point PREMIAM GOLD 1,950円
(税込)
なし

手荷物を往路も配送可能だが、年2回までなのは残念ポイント

空港をよく利用する人は、手荷物宅配サービスの内容もチェックしておきましょう。

楽天プレミアムカードで「トラベルコース」を選ぶと、空港と自宅間で荷物を運んでくれるサービスが使えます。

年会費が同じセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードと手荷物サービスの内容を比べてみました。

カード 年会費 手荷物サービス
楽天プレミアムカード 10,000円(税別) ・年2回まで
・クーポン1枚につき荷物1つまで
・往路(指定場所→空港)、復路(空港→指定場所)とも可能
・対象空港:成田、羽田、関西、中部
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード 10,000円(税別) ・回数制限無し
・会員1人につき荷物1つまで
・復路(空港→自宅)のみ
・対象空港:成田、羽田、関西、中部

楽天プレミアムカードのいいところは、往路も荷物を運んでくれることです。出発が早朝の時、キャリーケースの音が響いて、近所迷惑になっているかもと心配な人には嬉しいのではないでしょうか。

ただ、年2回までという上限があること、2週間前までに申し込む必要があることがデメリットです。

出張の日程が直前までわからない場合は、使えませんね。セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは回数制限はありませんが、利用可能なのは復路だけです。でも、帰宅してすぐ洗濯したりお土産を出したりしたいから、意外に帰りは手荷物サービスを使わないんですよね。

トラベルコースの他にエンタメコースと楽天市場コースが選べる

手荷物サービスが使えるのは、楽天プレミアムカードでトラベルコースを選んだ場合です。トラベルカードの他にも、ライフスタイルやカードの使い方に合わせたコースが選べます。

  • エンタメコース:楽天ブックス・Rakuten TVご利用分ポイント+1%
  • トラベルコース:手荷物無料サービス、楽天トラベルでの決済がポイント+1%
  • 楽天市場コース:毎週火・木曜日に楽天市場利用でポイント+1% など

旅行にあまり行かないという人は、エンタメコースや楽天市場コースを選ぶことで、より楽天スーパーポイントをポイントを貯めやすくなります。

ちなみに楽天プレミアムカード会員の方は楽天市場を利用すると、楽天ポイントプログラムにより還元率が5%と高還元ですよ。

楽天プレミアムカードなら、年会費10,800円でプライオリティ・パスが無料で手に入ります。10,800円で$399(2018.7.2レートで44,161円)のパスがついてくるのですから、とてもお得です。

カードが届いた後にプライオリティ・パスの申し込みが必要なので、忘れないように手続きしてくださいね。

楽天カードのデメリットは?コールセンターとETCカードが有料

  • ポイントが貯めやすくて使いやすい
  • プレミアムカードならプライオリティ・パスが無料で申し込める

以上の理由から超オススメの楽天カードですが、デメリットもあります。ここまで紹介したデメリットの他にも、申し込み前に知っておくべきデメリットがあるので、ご紹介します。

紛失・盗難の際の連絡先がフリーダイヤルじゃない!

楽天カードについては「デザインがおしゃれじゃない」「メールが多くてうっとうしい」という意見が多いほか、紛失や盗難の場合でもコールセンターが有料というデメリットがあります。

同じ年会費無料のカードでも、リクルートカードなどは紛失についての連絡窓口はフリーダイヤル(通話料無料)です。紛失や盗難などめったにありませんが、ちょっと悔しいポイントですね。

通常の楽天カードだと国内旅行保険が付帯していない

年会費無料の楽天カードには、海外旅行保険は利用付帯(旅費を楽天カードで払った時に保険が適用)しますが、国内旅行保険はついていません。

この点は、年会費無料の楽天カードが弱いポイントです。楽天プレミアムカードなら、国内・海外とも保険は自動付帯です。

ETCカードは年会費500円だが楽天会員ランクによっては無料

クレジットカードと一緒にETCカードを申し込もうと考えている人も多いですよね。楽天カードの場合、ETCカード年会費は有料(500円+税)となります。

ただし、楽天の会員ランクがプラチナまたはダイヤモンドなら無料です。

プラチナ、ダイヤモンド会員の条件はこのようになっています。

  • プラチナ:過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得
  • ダイヤモンド:過去6ヶ月で4,000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得、かつ楽天カードを保有

「6ヶ月で2,000ポイント」という条件を利用額になおしてみました。光熱費や通信費をカード引落にして、楽天市場での買物でも利用していれば、すぐ達成できる条件です。

期間 利用額(還元率1%で計算)
6ヶ月 20万円
1ヶ月 約3.4万円

人気カード3枚の貯めやすさ・使いやすさを徹底比較してみた結果

ここまで楽天カードのメリット・デメリットを紹介してきました。楽天カードの良さが伝わったでしょうか。

もしかしたら、他の人気カードとの比較で、まだ悩んでいる人もいるかもしれませんね。そこで、楽天カードと、Yahoo!JAPANカード、リクルートカードのみを抜き出して比較してみました。やっぱり、楽天カードが最強でしょう?

カード 貯めやすさ ポイントの使いやすさ
楽天カード ○還元率が比較的高い
○ポイントアップキャンペーンが多い
○加盟店でのポイント優遇
○楽天市場で使える
○楽天Edy(電子マネー)として使える
○コンビニやガソリンスタンドなどのポイントカード加盟店で使える
○サークルKサンクスでポイントでクーポンを発行し、飲み物などが安く買える
リクルートカード ○還元率が高い ○Pontaカードが使える店舗で利用可能
Yahoo!JAPANカード ○還元率が比較的高い ○Tポイントが使える店舗で利用可能
カード その他メリット・デメリット
楽天カード ○引き落とし口座を楽天銀行にすれば普通預金の金利が2倍
○入会キャンペーンのポイントが大きい
○海外旅行保険あり
国内旅行保険なし
ETCカードに年会費がかかる(会員ランクが高ければ無料)
紛失・盗難についてもコールセンターが有料
リクルートカード ○入会キャンペーンのポイントが大きい
○国内・海外旅行保険あり
○ETCカード年会費無料
Yahoo!JAPANカード 国内・海外旅行保険なし
ETCカードに年会費(税別500円)がかかる
楽天カードには、ポイント還元率以外のメリットもあります。

特に、カード利用の引き落とし口座を楽天銀行にすると、普通預金の金利が倍になるのは嬉しいですね。幅広く金融業を展開している楽天グループならではのメリットです。

楽天カードは貯めやすさ・使いやすさ・コスパの総合力で断トツ

デメリットを考慮したうえでも、ポイントの貯めやすさや使いやすさ、楽天プレミアムカードのコストパフォーマンスは群を抜いています。

旅行にあまり行かない人には、年会費無料の楽天カードがおすすめです。海外出張や旅行が多くて空港ラウンジをよく使うなら、楽天プレミアムカードを強くおすすめします。今すぐ申し込んで、お得なクレジットカード生活を始めましょう。

メニューを閉じる
閉じる
10秒で分かるクレジットカード適性診断